2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

2017年2月 6日 (月)

天ぷらと

○ ちょっと早いですが,春と言えば”山菜”が楽しみの一つに挙げられます。タラやコゴミなどの山菜の天ぷら,どれも”苦味”が売り物のものばかりです。

 ”山菜”をスパーで買ってきて,早速天ぷらを作ってくれました。熱々をほうばると,「春が来たなあ」と思います。栽培方法などとやかく言わず,美味しいですよ。

 普段の天ぷらでは,何と言っても”ゴボ天””キス”が好きです。福岡空港近くにある天ぷら屋さん”ひらお”が懐かしく思い出されます。安くて美味い店です。

 生ものが苦手の外人さんも,天ぷらには目がないと言います。目の前で上げてくれる天ぷら,余分な油を落としてから提供されます。”ひらお”も一つずつ提供されます。

 この天ぷら,最近では家庭で余り作らなくなったそうです。たくさんの油が要りますし,その油の始末に困るからだそうです。もちろん一人生活では無理な話です。

 そこで牛丼やファミレスを展開しているチェーン店が,目を付け,安い天ぷらを食べさせてくれるお店が増えてきたそうです。しかし,油は大丈夫でしょうか。

 (随分前に書きましたが)私にとって想い出は,墨田区清澄公園から蔵前まで歩いていたとき,偶然に入った天ぷら屋さんです。老夫婦の店,味も良かった。

 天ぷら屋さんで食べる天ぷらは,農産物・海産物を上手にミックスし,味に変化があることです。寿司屋と違って,お任せコースが一番です。

 寿司屋で江戸前と言いますが,天ぷらも江戸前です。ごま油を使って,カリッと揚げたテンプラは,至福の時を味わえます。「日本に生まれて良かったなあ」と。

 そして貝汁が付いてくると,貝から出たうま味が味噌汁を引き立てます。この貝汁も好きなんです。貝汁で思い出すのが,京都宮津で食べた貝汁が最高でした。


○ 久し振りに友人が出品している展覧会を見に行きました。訳の分からないグループの展覧会で,訳の分からない作品が床に置かれたり,天上から吊り下げられたり。

 考えて見れば,立体作品には余り興味のない私です。やはり展覧会は,平面図で十分です。プロの美術家の手による作品ではなく,アマチュアの作品です。

 友人が出品した作品”流れ去るときの輝き”は,とっても良かった。同年です。今までの歩みを振り返り,過去の喜怒哀楽を思い出し,残りの人生を考える。

 多色なグラディエーションの上にアクセントとして壁掛け時計が…。ここまで具体的な事物を描くと妙に生々しくなり,私の好みから離れていきます。

 それでもその絵から訴えてくるものが,ズシリと心に響いてきます。友人の力量の高さをも伝えてくれました。メールにてお礼をしておきました。次作が楽しみです。


◇ ロールス・ロイスと言えば…
”英国のロールス・ロイス(RR)と聞いて今でも高級自動車メーカー?商用ジェット機用エンジンで世界第2の規模を誇る「トレントXWB」は,ロールス・ロイス製。このエンジンの部品には許容誤差が50ミクロンのものもある。
 同社は,贈賄に及んだという疑惑を決着させるため,合計6億7100万ポンド(約950億円)を支払うことで米国,英国,ブラジル各国当局と合意した。
 同社は数十年という期間にわたり7カ国で十数件の汚職と贈賄に関わったことを認めた。RRは第三者コンサルタントの起用をやめ,全スタッフに対する監督を強化する。再び過ちを犯せば,そのときには今回の嫌疑に対しても起訴されることになる。
 が,エンジンの受注数が膨れ上がっているにもかかわらず,同社は利益の確保に苦労している。2014年と2015年に続けざまに5回も業績を下方修正したため,株価は半値にまで下がった。。2016年の業績では,利益が6億8000万ポンド(約960億円)にまで落ち込む?2014年には16億ポンド(約2270億円)。
 RRの収入の半分以上をジェット旅客機用エンジンが占める。エアバスは,過去最多となる688機の飛行機を2016年に製造した。ボーイングに至っては748機にのぼる。受注も堅調。新品のジェット機の価格においてエンジンはその3分の1を占めるため,エンジンメーカーが今後20年間で1兆ドル(約114兆円)以上を売り上げる。
 ライバルであるゼネラル・エレクトリックとユナイテッド・テクノロジーズはどちらも巨大な複合企業で,どこかで赤字が生じても他の商品を大量生産することで埋め合わせをすることができる。RRはこの2社に比べて外部からの影響を受けやすい。軍用機エンジンの需要が打撃を受けた。原油価格の低迷は発電タービンと船舶用エンジンの売り上げに響いた。ジェットエンジンは800億ポンド(約11兆3000億円)という膨大な受注に大きく貢献しているからだ。
 CEOとなったイースト氏は,航空宇宙部門以外の売却は軽率な行為だと考えている。成長の糧として,2020年までにエンジンの生産数を倍増し,年間600基を目指す。これは創立以来の最速ペース。生産が増せば工場におけるスケールメリットが拡大する。搭載されるエンジンの数が多いほど,その後10年間続くメンテナンスサービスから上がる収入が増える。エンジンの耐用年数が尽きるまでにメンテサービスから得られる収入は機体の販売価格の4倍にのぼる。
 販売するエンジン1基につき最大200万ポンド(約2億8300万円)の初期損失を被っている。これまでに従業員4000人以上(全従業員のほぼ10分の1)を削減するとともに,コストセンターの3分の1を閉鎖した。英国が欧州連合離脱を決めた。昨年6月以来のポンド安で英国内の組み立てコストは低下しているものの,欧州の単一市場から撤退することで同社の国際サプライチェーンは混乱する。急成長を続ける短距離航空機のエンジン市場から2011年に撤退した。現在製造しているエンジンのメンテサービスから得られる資金を元手とし,この市場に2020年代に再参入するかも。”


○ 今日の1枚
Dsc_2058a


2017年2月 4日 (土)

今日は立春

〇 今日は立春、暦の上では春が来たことになります。厳しく冷たい北風に悩まされた日が、遠く感じられるようになるのでしょうか。24節句の始まりは、平安時代?もっと早い?

 昨日は、節分の日でした。小さいころお袋さんに「大きな声で」と言われ、思いっきり「鬼は外、福は内」と豆をまいたものです。自分の年齢分だけ、豆を食べました。

 ところで、“福”をもったたぐいまれな人もいるものです。そこに至るまでに様々な人生体験をしてこられたと思います。その結果、自分にも他人にも“福”をもたらす訳です。

 貧乏人のへそ曲がりな私には、そのような“福”はありません。だらだら惰性で生きてきた私です。“福”をもった人がうらやましいですが、ないものはないです。

 私一人では、何ともご縁のないものでも、その方が見えるとご縁のないものが…。思わず首を垂れてしまいました。一つ二つならばいざ知らず、次から次へ…。唖然としました。

 このような方と人生の終わりに近いときに出会えたことを喜ぶとともに、もっと早く知り合えたらもっともっと“福”がいただけたかもしれません。残念です。


〇 やはりなあ、大陸の国の方々が大勢我が国を訪問してくれています。ホテル・航空会社・観光業者などは、絶好のかき入れ時ではないでしょうか。

 テレビのニュースや新聞を見ています(読んでいます)と、驚くほどの人が我が国に押し寄せてきています。安倍ちゃんを支持する人が多い我が国に、どうして来るのかしら。

 まあ前述の金もうけを企む人たちは、大喜びです。まあ自分のお金ですから、私がとやかく言うことはできません。面白いことに人ばかりか、船舶・飛行機まで勝手に来ます。

 これはこれで大迷惑なことです。折しも韓国・日本にアメリカのお偉い人が訪問、仮想敵国に対する話し合いが目的です。これが分かっていても、我が国に押し掛ける。

 ひょっとしたら私たちは、大陸の過激な言動ばかり聞かされ、大陸の人たちの気持ちを知らないのかも知れません。何せ我が国の約10倍の人口を擁した国ですから。

アパホテルの件でも我が国を訪問したい人たちにとっては、大した問題ではないかもしれません。一党独裁国家の中核を担う者たちに都合が悪く、国民を扇動しているのかもしれません。


◇ これも“外圧”?
“エアアジアX(XAX/D7)は、夏から関西空港経由のクアラルンプール-ホノルル線を開設する。日本からの以遠権を用いるもの。日本とマレーシアは、2011年2月にオープンスカイ(航空輸送の自由化)に合意。2013年からは、首都圏空港(羽田・成田)以外の空港について、以遠権が自由化された。エアアジアXの場合、現在週10往復運航しているクアラルンプールー関西線を以遠権により延伸し、ホノルルへ週4往復乗り入れる計画。機材は現在と同様A330-300(プレミアム・フラットベッド12席、エコノミー365席)となる見込み。
 エアアジアXは2015年4月、米国運輸省(DOT)に関西ーホノルル線の就航を申請。今年1月24日にFAA(米国連邦航空局)から承認を得た。マレーシア国民の約6割がイスラム教徒であることから、米国当局に安全対策を証明することに時間がかかった。エアアジアXが計画通り運航を開始すると、関空からのLCCによるハワイ就航は初めて。早ければ6月にも就航する見込みで、運賃は大手と比べて3割以上安い価格を目指す。関空からのハワイ路線は、日本航空とハワイアン航空、デルタ航空がホノルル線を各社1日1往復運航。低価格を売りにするエアアジアXがホノルル線を開設することで、関空からハワイへの選択肢が広がりそう。“

 これは拍手喝采、日本のLCCの最大の拠点空港:関西空港からハワイへ!日本人の大好きな観光地ハワイ、ここに海外のLCCが参入する。日本人にはない発想です。

考えてみれば、ピーチの成功は、24時間空港の関西空港であったことと関西の値段にシビアな人たちへの価格サービスにあったと思います。他のLCCへの差は、ここにあります。

〇 今日の1枚
Img805a

2017年2月 3日 (金)

特別塗装機

◇ 客寄せパンダ?
青組のSTARWARS作戦、ポケモンシリーズの後を引き継ぐ、青組の切り札です。国際線専用機は、海外のスポッターにも大変好評です。ネットを見れば、分かります。

赤組は、これでもかと言わんばかりに出してきます。が、ドラえもんですら小さなシールで終わり、後から出てきたものは定番の位置に貼ったものばかり。

JTAの青・ピンクのジンベイザメ、3年という長い期間の予定ですが、残りの年月がすくなくなりました。ここも赤組グループ定番の位置にしか貼りません。

SFJ,ゴジラはまだ残っているのかしら?撮っていません。ここも青組グループでありながら、ずっと赤組グループに右に倣え、面白くありません。

ADO,ここは機体全面に施したものばかりで、一番人気が高いのではないでしょうか。しかし、撮ろうと思うと北海道まで行かなければなりません。涙です。

残りは、SKYでしょうか。大昔張り切っていましたが、倒産のこともあり、大人しくなりました。が、宇宙戦艦ヤマトを出すようです。二番煎じですがねえ。

いずれにしても定番塗装だけではコマーシャルにならないのか、各航空会社は客寄せパンダを考えています。やはりやるからには全面塗装をして欲しいものです。

過去の撮影では、QFAがB747にやったウナラ・ナランジが最高でした。アボリジニーの絵を大胆に全面塗装した迫力は、誰しも驚いたと思います。

ここまで書くと、B777-300(あるいはA350-1000)は、大変に難しいですね。やらないけど、AFRのようなオールホワイト塗装では、様になりませんね。

将来、赤組が現在のような手でシールを貼ったら、笑っちゃいます。間が抜けたものとなるでしょうね。現在主流のオールホワイト塗装、どうもいただけませんねえ。


◇ 気の緩み
“全日空の機長が、定期便を運航中の操縦室からスマートフォンで富士山などを撮影、出会い系サイトで知り合った女性に画像を送信していたことが発覚、国土交通省が行政指導を検討している。ANAは2016年11月にコクピットで撮影された画像が公開されているとの情報提供を受けて社内調査し、この一件が発覚したことから、すでに懲戒処分を行っている。国土交通省は2015年6月、日本航空の機長に対し、運航中の操縦室内で客室乗務員と記念写真を撮影した不適切行為を厳重注意している。”


まあなんとお粗末なパイロットもいるものです。部下と喧嘩・客室乗務員を撮影など、なかなか自覚がないのか、気が緩んでいるのか分かりませんが、終わりません。

内緒の話ですが、このように厳しくなる前、私もお願いしたことがあります。那覇~千歳(国内線最長路線)は、富士山の南側をかすめて飛んでいました。

「機会があったら是非撮ってくださいね。」と頼んだことがあり、今でもその画像は大切に保存してあります。今ならば、羽田から西行きで撮影可能?

文部科学省が袋叩きになっており、その余波で他のお役人そしてOBもびくびくではないでしょうか。その腹いせにパイロット苛めが出てきたのかも知れません。


〇今日の1枚
Dsc_1859a


2010年11月30日 (火)

狼狽えます

今日のお話は、三つです。

1 新しいものが全ていい訳ではないと思うのですが・・・http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381949EE1E2E2E4858DE1E2E3E3E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2よく記事を読むと、何とコンパクト・フラッシュの話です。コン・デジの世界からは、とっくの昔に消え去ったコンパクト・フラッシュ。それどころか(例)最新のニコンD7000ではSDカード(2枚?)仕様です。今さら厚くて大きなコンパクト・フラッシュなんて・・・。

こんな訳の分からないことを書くとF氏に叱られるかもしれませんが、カメラの小型化は大きな流れです。例のミラー無しのカメラもいろいろ出てきています。

2 また鳥インフルエンザが・・・http://sankei.jp.msn.com/life/body/101130/bdy1011301744012-n1.htm数年かかった宮崎での口蹄疫を忘れた頃に、またまた鳥インフルエンザ!養鶏場の人達もきっと「恐れていたことが現実となった」と思われていると推察します。遺伝子から野鳥が原因と分かるような気がしますが、食の安全を考えると処分はやむを得ないでしょう。

養鶏場の人達にとっては、踏んだり蹴ったりの師走となるのか?お気の毒です。

3 BMW:EVミニを実証試験を開始する・・・http://mainichi.jp/enta/car/graph/20101130miniE/index.html私は、このEV(電気自動車)に関しては、現在の時点では反対です。確かにバッテリーで走れば、排気ガスが出ないから環境には優しい車と言えます。

プラグ・イン電気自動車は、バッテリーの容量が一番の問題で走行距離がまだまだ・・・。何が問題かと言えば、我が国の発電の3分の2は、火力発電によるものです。そう石油を燃やし続けて得られる電気です。安易な電気自動車の普及は、元となる石油消費をさらに増やし続ける元となります。

地球に優しい・・・単に排気ガスだけの問題ではないと言うことです。もう少し別の角度から地球に優しい車の開発を望みたいものです。

2010年4月30日 (金)

1ヶ月

やっと1ヶ月が終わりました。新しい任務は、日々環境が変わるものの神経を使うものです。でも、やりがいはあります。

昨日友人から、「ベルビアからプロビアへ・・・」とお聞きしました。ベルビア?エクタクローム?プロビア?一方では、「KRがなくなり、気が抜けた!」とも別な友人から・・・。確かに私も20数年KRを使ってきました。そしてKRの色調(賛否両論ありますが)は、大好きです。KMなき後、スポッターの間での「世界スタンダード=KR」でした。が、なくなったものをいつまでも語っていても仕方がありません。

ドイツの友人Uwe meier氏の言葉が真実です。"Digital is not original"と!いとも簡単な複製ができるものは、決して"Original"とは言えないと思います。私は、フィルムの好みはいざしらず、"Original"を求め続けていきたいと願っています。最近知った某BLOGの方もスポッター写真を撮っておられます。その他にも、私のサイトのリンクには、(数は少ないのですが)熱心なスポッターが国内にもおられます。時間がありましたら、是非ご訪問ください。

その他のカテゴリー