2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

今,急務なのは

○ 先日の首相の記者会見を見ていて,「またまた国民を騙す」と言う印象を受けました。確かに国が音頭をとって経済回復を目指すことは理解できます。
 ”現金給”と聞いてゾッとしました。東日本大震災後,様々な経済対策が打ち出されました。しかし,国民には”復興税”を課しています。

 

 冷静に考えてみれば,”埋蔵金”も”打ち出の小槌”もありません。ばらまけばばらまくほど後の増税につながっていきます。赤字国債しかり。
 税制制度の抜本的な見直し,このことを政治家から聞けますか?あの消費税10%の当初の意味も○明党がねじ伏せ,国家財政の建て直しからはほど遠いものになりました。

 

 「自分のお金ではありません」から「お金は常に選挙対策に使う」と言う発想しか政治家にはありません。一時の喜びに後の増税を隠すいつものやり方です。
 これだけの不況,企業からの税金もさぞかし減ることでしょう。こういったことは,誰にでも分かることではありませんか?そんなときのお金のばらまきですよ。

 

 税制制度の抜本的な改革,法人税の増税や累進課税のさらなる強化など,お金のあるところからさらに取る,所得税の見直しも必要となると思います。
 こんな人気取りのお金のばらまき,後の世に借金をさらに残すようなやり方,私は疑問をもちます。「何でも国が補償してくれる」と言う発想も疑問です。 

 

 人気取りで財政の裏付けのない政策(そう言えば某政党が政権をとったときにやりましたね。大失敗でしたよね。),ただでさえ貨幣の流通の悪かった日本です。
 与党から出てくる案は,どれをとってみても”選挙対策”で財政の裏付けのない,借金地獄行きのものばかりです。お金をばらまけば回復するものでしょうか。

 

 個への支援を行うにしても,相当な厳しい所得制限を設けて行うものであって欲しいものです。後手後手に回っている対策,弱者救済の妙案はあるのでしょうか。
 広く浅くと言う考えならば,消費税8%に一時期戻すのも効果があるかもしれません。無利子融資,あくまでも借りることです。もらうのではなく借りることです。

 

 くどいですが,財務を司る者達は,ばらまいたお金の回収を考えているものです。どう考えても一時凌ぎとしか映りません。ばらまいたお金・貸したお金は回収です。
 国民の信頼を失いかけている人,「白を黒と平気で言う人」としか映らない人です。実行を伴わない綺麗事・森友や加計問題を闇に葬った人です。

 

 さらに言うならば,日々増加している罹患者に対する措置,医療体制の確立が急務だと思います。収束後のことを話して,国民の批判の目から逸らしています。
 一国の舵取りを任されている人,時期を考えた会見かと見識を疑ってしまいます。今,国として何が急務なのか,会見では肝心なことにはふれていませんでした。


 海外の”医療崩壊”という言葉も出てきました。では,日本で罹患者が急増したら,医療崩壊は起きないのだろうか,多くの国民は不安に思っていると思います。
 ただでさえ検査を受けるのに厳しい状況,急激に悪化すると指摘される症状です。国民が安心できる状態を作り出すことが急務ではないでしょうか。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7237

2020年3月30日 (月)

準備を

○ 田舎です。雨の日の日曜日そして不要不出の外出を控える意識,実に静かなものです。365日休日の私です。曜日感覚がなくなってきても,不思議と日曜日だけは…。
 雨の日は(当然)湿度が高く,肌の乾燥もそれ程でもなく過ごしやすいから好きです。もちろんカラッとした青空が好きですが,肌のカサカサは堪えます。

 

 それに花粉症で悩まされている人にとって,花粉の飛ばない雨の日は「ラッキー」と思っておられるかも知れません。雨の日には雨の日らしい良さがあります。
 ぼんやり窓の外を見ていると,庭木に新芽が出てきています。植物も春の訪れが分かります。寒肥の効果がこれから出てくると思います。

 

 今年のロウバイは長い間楽しませてくれました。花が終わると剪定です。小枝の混み合っている部分は,随分カットしスカスカになりました。今度は実の除去です。
 キンカンもそろそろ古くて伸びた枝を切らねばなりません。そうしないと新芽の成長が悪く,実のつき具合が違います。庭木は世話が焼けます。

 

 いつもながら加賀棒茶を淹れ,ラジオから流れてくる音楽を聴いていると幸せになります。昨夜ネットサーフィンで,参考になるサイトを見付け,回る順序を考えます。
 ”一本桜”,結構あるものです。毎年のことながら,桜の開花~満開~落花は短い時間です。それも場所によって違いますし,必ずしもお手気がいいとは限りません。

 

 今年のテーマは,”桜と山”を考えております。できうることながら晴れがいいです。さらに山は雪に覆われていると言うことがありません。ピンクと白の競演?
 こうしたことを考える時間が好きです。石仏もそうですが,事前の下調べをいかに丁寧に行っておくかが,現地に着いてからの行動の”質”につながります。

 

 これに道の駅や入浴施設の選定が加わると,楽しさがさらに倍増されます。夜桜(ライトアップ)は,三脚制限があるところが多く,あまり好みではありません。
 せいぜい朝焼け・夕焼けが私にできることかなあ。信州は夜間冷えるだけに+毛布が必要になります。計画の段階でもうワクワクしてしまいます。

 

 信州は面白いと思います。結構”一本桜”が多いこともいいことですし,平地から高地への桜の開花がズレていて,場所を考えると結構長い間撮影に取り組めます。
 都会の桜の名所と違って,混み具合もそれほど過密と言うこともありません(甘いかなあ)。それに移動するのに道路もそれ程混んではいませんから楽です。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7539

2020年3月29日 (日)

八つ当たり?

○ これもネットで知りましたが,一方ではネット社会の恐ろしさを感じました。何かというと,”WHOの事務局長テドロスの解任”を求める運動です。
 確かに,私も1月の頃の彼の”楽観的な見方”に疑問をもった一人です。それでも解任と言うのは,何が何でも八つ当たりのような気がしないでもありません。

 

 この運動は,「十分な調査をせず,大陸に忖度したコメントを出した。」と言うものが根拠だそうです。後半に関しては,そうとられても仕方のない面もありますがね。
 その”大陸指導部の解任”の方が先のような気がします。が,そのような動きはありません(したくても国家権力の力が余りに大きい?)。違いますかねえ。

 

 大陸指導部は,”武漢ウィルス”と呼ばれるのを最も嫌っています。不名誉なこと,己に不利なことは,でっち上げても葬り去るのが彼らのいつものやり方です。
 我が国もそうですが,指導者は(時として)己に都合のいい結果を求めるものです。「例え陽性でっても症状が出なければ患者と数えない」としたのも,その一例です。

 

 ネットの恐ろしさ,これは何度も書いてきています。”匿名”による言いたい放題が蔓延しています。また,”マスク転売”なども含めていいと思います。
 ”マスク不足”を儲けの絶好のチャンスと”マスクの転売”に血眼になる。「人のことを考えることなく,ただただ儲けが出ればいい」と考える輩達です。

 

 ネットの恐ろしさ,フェイクニュースを流すにはもってこいの媒体です。もの・サービスの価格(値段)は”需要と供給”のバランスに成り立っています。
 これが”悪意ある投稿”によって,もろくも崩れ去り,世の中大騒動になる訳です。何と言うことはありません,”オレオレ詐欺”と変わりがありません。

 

 冒頭の解任を求める動きですが,彼をネット社会の犠牲者?となることだけは止めたいものです。国際的組織の人間の立場を尊重したいものです。
 WHOの在り方を先に検討すべきであって,個人を対象とした批判は当たらないと思います。そういった機会になるといいと思っています。

 

○ 「今年は無理かなあ」と思っていましたが,一昨日の雨と高温のおかげで新たにスクスクと伸びていました。もちろん散歩の途中で成長の様子を確認済みです。
 そうこのブログに毎年書いている”土筆”です。雨と高温でグーンと伸び,袴の間隔が広くなっています。下ごしらえが楽になります。

 

 散歩を終え,ビニル袋を持って自転車で土筆採りに出かけました。新たに伸びてきたものですから,気持ちよく採れます。ついつい欲張ってしまいました。
 帰宅し,早速袴取りです。約1時間かかりました。山の神,「手伝いかな」と思っていましたが,テレビの前から動きません。仕方なく一人で作業です。

 

 水で綺麗に洗って早速”土筆の卵とじ”を作りました。麵のように長いものもあります。醤油+味醂+砂糖で味を調整して出来上がり。調味料は今回は使いません。
 熱々のご飯の上に載せて,”土筆の卵とじ丼”の出来上がりです。土筆の苦さが口の中で広がりました。山菜もそうですが,春のものは”苦さ”が特徴ですね。満足!

 

◇ 3月の最終日曜日,お空の世界は今日からサマースケジュールへと移行します。NWA/NW,DAL/DLの成田から羽田へと移っていくひです。NWA/NWのレッド・テイルが懐かしい。
 またその他にも成田から羽田へと移っていく航空会社,一部は残すものの主力は羽田へと言った航空会社は,多数あります。貨物・LCCの空港化していくようです。

 

 しかし,羽田に移って行くにしても現在新型コロナウィルスの影響で,乱気流が吹き荒れています。当分の間は運休状態が続くものと思われます。
 そして羽田では,南風の午後,例の3.5度降下が実施されます。騒音問題を考えた措置と思われますが,国際線運行者にとっては難しい降下となりそうです。

 

 いずれにせよ国際線どころか国内線まで運休・間引き・機材の縮小が進んでいる現在,しばらくは飛行機の撮影遠征は考えられません。2・3ヶ月は無理かと思っています。
 お天気による撮影遠征の中断は,過去にも何度かありました。が,ウィルスによる中断はSARS以来です。新潟・長野北部の春をひたすら待ちます。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7361_20200329063801

2020年3月28日 (土)

いつの間にやら

○ 最近はそれ程うるさく言わなくなったのが,車の”燃費”ではないでしょうか。ハイブリッド・カーの車種が増え,またエンジンの改良が進んできたことも原因では?
 製造メーカーは,いかに車重を軽くするか,これには古くから取り組んできたと思います。鉄板一つとってみても,自動車専用のものがあるくらいです。

 

 確かに車重を軽くすることにより燃費は向上します。また日頃から不要なものを車載しているのならば,何のための燃費か分からなくなります。
 私もできうる限り重たいもの(伸縮脚立など)は積まないようにしています。例え積んだとしても,用が済めば降ろすように心がけています。

 

 そしていつの間にやらメーカーが(車重を軽くするために)やっていること,それはスペア・タイヤのオプション化です。”緊急パンク修理剤”のみを積んでいます。
 恥ずかしいですが,もしもパンクしたらこれ(緊急パンク修理剤)を使えるか,とっても不安です。さらに本格的パンク修理を速やかに行わなくてはなりません。

 

 さらにやっかいなことに,この緊急パンク修理剤には,使用期限(5年?)があります。長いこと同じ車を使っている人は要注意です。マニュアルにあります。
 これまたアイドルストップ機構による高価なバッテリーと製造メーカーは,役所に出す数値ばかりに目が行っています。ユーザーのことを考えているとは,とても…。

 

 ここでいいことを聞きました。もしもパンクをしたら,自分では緊急パンク修理剤を使わない。JAFを直ぐに読んで修理をお願いする方が賢明だそうです。
 私は,自分自身JAFには加入しておりません。山の神の”家族会員”となっており,JAFを呼ぶことに支障はありません。ただサイドをやられると…。

 

 スペア・タイヤをオプションで注文しようか迷いました。なぜならば,スペア・タイヤを搭載しないならば,巨大なトランクという空間ができるからです。
 小さな車ですから,トランクらしきトランクはありません。床下の有効活用をする為に(泣く泣く)スペア・タイヤを諦めた次第です。それだけにパンクが怖いです。

 

 と言うのも農道・林道を走る機会が多い私です。JAFを呼ぼうにも現在位置が分からない場合が多いです。林道に撒かれた砕石には,過去に痛い目に遭っていますから。
 都市部を中心に走っている人とは違います。石仏(双体道祖神)は,そのようなところに置かれているのは,極めて稀なことです。旧道を丁寧に走らねば見付かりません。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7294

2020年3月27日 (金)

完敗でした

○ ガッカリ4連敗,久し振りの連敗です。ひょっとして私が空港(飛行場)に行くと,「今日はテストを止めにしよう」とでも考えられたんでしょうか,落ち込みました。
 私が藪用で空港(飛行場)へ行けない時には,バリバリ飛んでいました。またまた三菱,黙り作戦なんでしょう。テストの結果,スペースジェット,どこかに不具合が…。

 

 アンテナが成層圏まで伸びている豊田の御大にも入ってこない,これは相当厳しい箝口令が敷かれているのではありません。どこが悪いんだろう。
 今までもずっとそうでした。不具合は一向に伝えない。10号機の初飛行で喜んだ首脳陣,これまた組織内でゴタゴタが出てきたかもしれません。

 

 これで今日(27日)から約1週間,曇天/雨の日が続く予報です。例えこの間にテストが実施されても空港(飛行場)には行く気になりません。ポジで撮りたいから。
 10号機の初飛行では,事前にマスコミ(撮影用のヘリが飛びます。)に流しまくった三菱,一般には黙りです。せめてサイトにでも掲載したらどうでしょう。また,縁のない飛行機が1機増えました。

 

 ところで久し振りに空港(飛行場)に行って驚いたことは,二重フェンスに変わっていました。全く国土交通省の考えていることは,さっぱり理解できません。
 大空港では,4m程の高いフェンスが当たり前になっています。監視カメラもどんどん設置しています。さらに関係者のパトロール,人件費がかかるだろうな。

 

 成田国際空港,確かに過去には大きな騒動がありました。世界的には,テロ行為も起きています。が,カメラを持った人達が,そんな行動をするとは考えられません。
 例え不審者がいるとするならば,携帯電話で空港会社に連絡をすることができます。こういった人達を敵に回すような横柄な態度,どこか狂っています。

 

 昔,このブログに書いたことです。南の島(セントレア)の警備会社の横柄な態度,空港会社の指示に従わず,勝手な解釈をした警備です。
 「人を見たら(テロと)疑え」と頭にたたき込まれた警備員・機動隊,まともな思考ができないほど病的な警備体制です。協力を仰ぐといった姿勢は,どこにもありません。

 

 さて華のお江戸及びその周辺が騒がしい。東京都・埼玉県・千葉県・山梨県・神奈川県の各首長が,一斉に不要不急の外出・東京都の往来を自粛しろとね。
 イタリア・フランス・スペイン・アメリカの様子を見るならば,これは国がイニシアチブをとって行うことではないでしょうか。各自治体は,それに協力する形では?

 

 武漢ウィルスを発生時から楽観的に見てきた政府,やることなすこと後手後手に回り,最近では収束後のバラマキばかりを発表している有様です。
 マスクは,トイレットペーパー騒動も一向に鎮まる気配はありません。長年の政権運営にたがが緩んでいるのか,情けない状態が続いています。

 

 緊急医療体制が急務であるにもかかわらず,集中治療施設を整備していると言った話を聞きません。感染の有無を調べるキットや施設も増えていません。
 ここでもドイツや半島とは大きな違いを見せています。彼らが一番心配したのは,国民の命ではなくオリンピック開催であったんでしょうねえ。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7242_20200327050201  

2020年3月26日 (木)

愚痴もありますが

○ 穏やかなお天気,歩いていると汗が出ます。歩きながら,ふと足裏に違和感を感じました。いい加減なものです,靴底が随分とすり減ってきていました。
 帰宅し,早速アマゾンで同じものを注文しました。またしても痛い出費です。3足をローテして使っていますが,果たしてその効果はあるのでしょうか?

 

 そう言えば,最近携帯電話の電池の減りも速くなってきました。ご存じのように,今では電池交換はメーカー出しにあり,2週間弱不自由な代替機となります。
 電池交換なんぞ店でやればいい(かつては店でやっていました),店の都合かメーカーの都合か,要はユーザーのことなんかこれぽっちも考えていない?

 

 昨日の朝で珈琲豆は切れ,翌日のことを考えると…。自分では淹れないけど,必ずモーニングコーヒーを飲む,こういった我が儘な女が一人います。
 掃除・洗濯はいつの間にか私の分担,おまけに暖冬の影響で雑草がよく伸びます。少しずつとっていますが,それでも後から後から伸びてきます。実に逞しい。

 

 その珈琲ですが,四分の一世紀以上お付き合いをしてきた豆屋さん,6月27日でもって閉店と聞きました。我が家にとっては,一大ショックです。
 あそこのブレンドは,安く・香りも良く・新鮮です。蒸らすときのふくらみを見ていてもよく分かります。あと3ヶ月,ありがたくいただきたいと思います。

 

 近くに豆屋さんがありますが,ここは炭焼き珈琲が売り物です。一度ブレンドを買いましたが,どうにもこうにも私好みの味ではありません。
 長年慣れ親しんだ味,これがあと3ヶ月となると…。ご夫婦でお店をやっておられますが,体調が思わしくないのが理由だそうです。ご年齢は,私とほとんど同じです。

 

 余分なことを書きますが,「何かご入り用なものはありますか」と奥様から聞かれ,「エスプレッソ・マシンを買い替えたいなあ」と言うと,「これ差し上げます」だって。
 まあ他にお客さんがいなかったこともありますが,このご夫婦と話をするのも楽しみの一つです。BOSEのWave Soundの良さを知ったのもこのお店です。

 

 もう一つ,名古屋飛行場の横にショッピングセンターがあります。シネマもあります。トイレをお借りした際,ふとこれから上映予定のシネマのパンフが…。
 ありました。7月10日封切り”マーベリック”(TOP GUNの続編),またまたトム・クルーズ主演のものです。F/A-18をふんだんに楽しめる映画かなあ。楽しみです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_8654

2020年3月25日 (水)

ますます貨幣が動かなくなる?

○ WHOテドロス事務総長,当初から彼の考えを疑問視する声が高かった記憶があります。スポンサー(大陸)に対する忖度,情けない限りの国際組織(WHO)です。
 国際的な組織へのアメリカの財政負担が減っている(減らしている)中,大国意識にどんどん拠出している大陸,それでもWHOの財政は貧弱なものです。

 

 新型コロナウィルス,全世界で25万人以上の患者数,死者は1万人を越しました。どこかの首相並みの楽観的な見通しが,世界を日本を陥れました。
 それでも一応国際的な組織と言うことで,IOCの考えもWHOの発表に左右されているようです。利益に賢い民間組織の方が,はるかに賢明な措置をとっています。

 

 そんな世界的に震え上がっている状態の中で,唯一疑問符がついている世界があります。そう,石油業界です。白クマ君に揺さぶられています。
 GSのレギラーガソリン価格も120円台前半まで落ちてきました。いわゆる石油のだぶつき・需要の低下・シェア争いなどが原因と見られています。

 

”石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど主要産油国の減産協議が決裂,今後サウジアラビアなど産油国が増産に踏み切る見通し。需要は新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に冷え込んでおり,4~6月は世界需要の約5%分の余剰が発生する見込み。”

 

 石油産出国の利害が一致しなかったことが原因です。限りある地下資源をいかに有効に使うか,OPEC参加国は足並みを揃えるようにしてきました。
 アメリカのシェールガスによる需要低迷を乗り越えたと思ったら,今回の新型コロナウィルスによる需要低迷です。世界経済の回復の見通しすらたっていません。

 

 ところで日本政府を始め世界の国々は,経済対策としてバラマキ政策をするようになりました。あのドイツですら,「赤字覚悟で財政投融資に踏み切る」と言います。
 バラマキを推進するよりも税制上の負担軽減が先のように思います。GDPの根幹をなす個人消費は,依然冷え切ったままで消費税10%増税をした国です。

 

 いつまでもデフレが解消していません。それは消費動向を眺めてみれば一目瞭然です。さらに(大)企業に対する税制優遇が,内部留保に輪をかけています。
 つまり貨幣の流通の流れが悪い,ですからいつまでたっても一般国民の消費が増えない。さらに年金に対する考え方の誤りも消費増に結び付いていません。

 

 ”マクロ経済スライド導入”が国民生活をいかに圧迫しているのか,導入経過を思い出してみても,自らの年金構想の失敗を隠すための方法です。
 先にも書きましたが,大企業の内部留保は国家予算の○倍?程あると言われています。今回の世界経済の低迷,内部留保を上手く使う気はないのかしら?

 

○ 昨日散歩をしてると,懐かしい音を聞きました。何の音かというと,学校のチャイムです。3月24日(多くの小中学校では)修了式です。
 3月2日以来,全国の小中学校が閉鎖され,社会にまで大きな影響を与えてきました。休業補償と言う言葉まで出てきて,その金額に驚いたものです。

 

 あの言葉が出てくる前,「今後1・2週間が感染拡大の山場」と言っていましたが,これまた外れましたね。今でも感染者数・死亡者数が増えてきています。
 一人も感染者を出していない都道府県の数は?それに検査サンプルは,今に至っても増えてきていません。厚生労働省の意図はどこにあるんでしょう。

 

 突然の学校の閉鎖,落ち着いて考えてみれば,約1ヶ月の学業補償はどうなるのでしょう。やらずして修了証を出すのですか,これまた問題ではないでしょうか。
 4月中は前学年の学習をして,夏季休業を短縮することは考えられないでしょうか。相変わらず前例のないことに消極的な文科省,どこを見て仕事をしているのでしょう。

 

○ 今日の1枚

Dsc_0004

2020年3月24日 (火)

少しずつ改善?

○ 昔から思っていること,「成田は遠い」とね。自宅から東関東道宮野木JCTまで約400km,若い頃と違って途中休憩の回数が増えてきました。
 足柄SAのお風呂も定番のものとなり,リフレッシュしてその後のドライブに臨むようになりました。と考えると,随分歳をとったと考えるようになりました。

 

 道路も替わりました。東名高速から新東名高速へと。時間短縮・アップダウンの少なさなど,これは嬉しい出来事です。はやく3車線化をして欲しいものです。
 首都高3→2→1号から大橋JCT→C2へと替わりました。全面トンネル,これまたアップダウンのない道路です。但し,カーブのきついところがあります。

 

 そして次は,東名高速道路と第三京浜道路を結ぶ首都高「横浜北西線」が22日午後4時に開通しました。これで東京ICまで行かず,狭くて怖い首都高ともさらばです。
 横浜青葉JCTから横浜港北JCTへと流れ,湾岸線を北上するルートとなります。安くするには,横浜町田IC→保土ヶ谷バイパスがあります。こちらは空くかなあ。

 

 いずれにしてもどこを通っても首都高は混みます。どこのJCTにおいても慢性的な渋滞…交通集中…空いているのは深夜のみ…があります。
 その為に成田遠征の最終日は,早めに切り上げるようにしてきています。それでも成田から東名高速に入るまでに1時間40分以上はかかります。疲れます。

 

 私の場合,帰りの日は土曜・日曜を避けるようにしています。自家用車の数が増えて,スピードを出し,交通事故の危険が増えるからです。事実多いです。
 湾岸線から東名高速に入る道の選択肢が増えることは,大歓迎です。少しでも渋滞の少ない道を選び,身体の疲れを軽減したいものです。

 

 次は御殿場JCTから伊勢原JCT,新東名高速の延長ですね。都夫良野トンネル~大井松田ICの危険箇所を避けるようになるはずです。これもう嬉しいです。
 しかし,これを使うと足柄SAをパスすることになります。お風呂に困ります。新東名の新しいSA(名前を忘れました)にお風呂の施設ができるといいですがねえ。

 

 最初に書きましたが,「成田は遠い」と。しかし,今でも歳をとったと感ずる私です。いつまでもこのような道楽を続けることは無理でしょうね。体力・気力とも。
 やはり下道をのんびりのんびり走るのが好きです。コンビニや道の駅など,休憩できる場所はたくさんあります。もちろん仮眠もできますね。

 

◇ ここまで来ると体力勝負?
”2~5月の減収見込みは各社計で4千億円以上。03年のSARS(重症急性呼吸器症候群)の流行時は年1700億円、リーマン・ショック時で年3000億円の減収だった。新型コロナの影響は4カ月でリーマンを超える見通し。” 

 

 たった4ヶ月でかつてのショック以上の減益です。飛ばせば飛ばす程赤字になってきます。お客さんがいない,間引き・運休をして乗りきろうとしていますが…。
 かつては,国際線での大幅な減益でしたが,今回はそれにプラス国内線にまで影響が及んでいます。戻り始めるのは6月以降と航空会社は見ています。果たしてそれが…。

 

 もう一つ個人的なことですが,三菱のスペースジェット,改良型が試験飛行を繰り返しているようです。6度目の延期で済まされるのか,これまた?
 今度は作ったにしても納入が可能な状態にまで(空の世界)戻っているのか,まさに踏んだり蹴ったりの新造機開発です。そしてさらに100型の開発が待っています。

 

○ 今日の1枚
Dsc_8092h

2020年3月23日 (月)

かゆい!

○ ここ数日異常に乾燥していませんか?心も身体も敏感?です。顔もそうですが,身体中がかゆくてかゆくて仕方がありません。無意識にかゆいところを…。
 顔だけならば,保湿クリーム+馬油で済みます。が,身体の至る所がかゆくなると,もう我慢の限界です。こうなれば日帰り入浴施設へ直行です。

 

 が,日帰り入浴施設でもこのかゆみに効く湯となると…。そこで思い切って以前行ったことのある”付知峡倉屋温泉”に行ってきました。(道を間違えるドジつき)
 天然温泉+掛け流しの施設です。恐らく鉱泉ですから加温はしていると思います。それでも全身のかゆみに効いた記憶があり,出かけました。

 

 時間は戻りますが,久し振りの3連休です。またサンデードライバーのドライブの人は,追い越し車線しか走らないようです。「そんなに急いでどこへ行く」です。
 ニュースでも多重衝突が伝えられています。ああいった横着な運転をしていると,交通事故の確率は高くなるものです。事故渋滞だけは勘弁して欲しいものです。

 

 私はいつもながら90km前後で燃費第一主義の運転です。軽自動車に毛の生えたような車ですから,高速走行は苦手なんです。そして本家軽自動車に抜かれてしまいます。
 約1時間半のドライブ,助手席は静かです。直ぐに居眠りが始まります。ラジオも音楽も聴きません。エンジン音は好きですが,車内の音楽は苦手です。

 

 入浴施設,さすが田舎です。まずもって駐車場からしてガラガラです。入浴が目的ですから,石けんを使っては洗いません。入浴前のかけ湯を念入りにしました。
 10分入浴+5分休憩を4パターンしてお終い。身体も拭かず,ベンチでゆっくりとクールダウンです。温泉成分を拭き取るのはもったいない。

 

 帰ろうと思っていたら,助手席から「道の駅に行こう。何か食べたい。」との声,逆らえません。気温はどんどん上昇,(こちらは)ビールでも飲みたい心境です。
 結局2カ所の道の駅に寄り道,買い物に満足したのか,またしても居眠りが始まりました。まあやわらかい”げんこつきなこ”を買ってくれたので我慢我慢。

 

 ここまでのところが昨日の話です。これを書いている最中,やっぱり身体中がかゆくなりました。温泉効果は,たったの一日限りです。またこそっと…。
 考えた。「湯治もいいなあ」とね。朝昼晩と3回の入浴を何日も続ければ,この乾燥湿疹も軽減できるかもしれない…あくまで素人考え…お薦めの場所ありませんか。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7493

2020年3月22日 (日)

お客さんがいない!

○ 成田国際空港,昨日の国際線出発便は87便が欠航でした。辛うじて運航している航空会社でも今後欠航(間引き)を予告しているものもあります。
 一日約100便ほどの欠航,1時間当たり約6便という単純計算,日本のガリバー2社も欠航する路線が出てきますから,100便を越すのも時間の問題です。

 

 1週間後から始まるサマースケジュールも開港以来の数字が出てきて,空港関係者・運輸業・観光業などに与える影響は多大なものがあります。
 そんな中,貨物専門航空会社は,さばききれない航空貨物に嬉しい悲鳴?をあげています。大陸・半島からの航空貨物の量に驚くばかりです。

 

 FR24を見ていると,空の過密な欧米ですら(一時期の大陸のように)機影が重ならず,レジが読み取れる状態です。9.11の時でもこれ程ひどくはなかった。
 さすがのトランプおじさんも驚いたのか(あるいは票を気にし始めたのか),保護主義的な発想をするようになったのも驚きです。こちらも税金のバラマキです。

 

 大陸から始まり新型インフルエンザは,ヨーロッパに飛び火しました。大丈夫と思っていた北米もあれよあれよという間に患者数は増えてきました。
 あとはアフリカと南米の流行がいつ頃から始まるか,収束が見えた地域でも新たな患者が出てくる可能性だって高いものがあります。今年中は地球を荒らしまくる?

 

 さてFR24を見ていて気付いたこと。CPA/CXは貨物便しか飛んでいないような…。香港航空・香港エキスプレスしかり。ネットには空港でお昼寝の様子が…。

 

”CPA/CXは,新型コロナウイルスの世界的な蔓延で空の旅行需要が激減しほぼ全ての旅客便を2カ月間欠航。4,5両月の運航便は1週間当たり3便。4,5両月には旅客便を96%縮小。キャセイドラゴン航空も同様の規模で減便。
 香港エクスプレスは事業活動の一時停止を計画。20日には来週から4月末まで全便の欠航。”

 

 香港での長期間に渡るデモ,そして今回の新型ウィルス,日本の空港でCPA/CXが見られない異常事態ですね。KLM/KL,AUA/OSも危ない,さらに体力がないLCCに至っては。
 欧米を含め,航空会社の幹部の予想では,「今後2ヶ月はお客さんは戻ってこない」と言うものです。先日青組の客室乗務員の特別休暇がニュースにありました。

 

 SIA/SQ,CPA/CXのように国内便がない航空会社は,今回の場合は辛いですね。例え国内線をもった航空会社でも人の動きは鈍く,減便を余儀なくされています。
 例え飛んだとしても空席が目立ち,航空会社としては飛ばせば飛ばす程赤字になっている路線すらあるようです。羽田~新千歳・福岡のドル箱路線であっても。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7210

2020年3月21日 (土)

拡散するウィルス

○ 相変わらず新型コロナウィルスの話ばかりで恐縮ですが,趣味の世界にも大きな影響を受けています。FR24,成田・羽田の離発着をサイトで見ています。
 大陸の空は,少しずつ戻ってきています。それでも何分の一しか飛んでいない気がします。半島も悲惨ですね。欧米に目を向けても「これは!」と思ってしまいます。

 

 イギリスのフライビーの倒産から,第二・第三が出てくるような気がします。そこまでいかなくてもリストラの荒波が吹き荒れています。
 あのアメリカのガリバー3社ですら,連邦政府に援助を申し込んでいるくらいの嵐です。大型機を持っている航空会社は,頭が痛いと思います。

 

 2021年度で生産を終了するA380,それを待たずして手放す航空会社もいくつか出てきました。B747-400も同様です。航空会社の経営戦略の見直しです。
 今,元気いっぱいモリモリなのは,貨物専用航空会社です。注文を支えきれないということで,旅客機の下だけを使って運んでいるような状態です。

 

 それにしてもイタリアの悲惨な状態,ついに大陸の死亡者数を上回ったと言います。フランスもドイツもまだまだ増え続けると言います。
 マスクの転売なんぞ可愛いもの,世界の投資家はこの困難な状態ですら,ひたすら金儲けに血眼になっています。人の欲望の限りのないことに情けなさを感じます。

 

 ところでオリンピック,マスコミが伝える所では「予定通り実施する」と言います。イギリスの某マスコミは,このことを名指しで批判しています。
 先のことは誰にも分かりませんが,今後まだ新型コロナウィルスが広まっていない地域(国)にまで及んでくるような気がします。SARSもそうでしたね。

 

 オリンピックに浮かれているのは,一部の名誉欲に駆られた者達だけのような気がします。確かに国家予算(20数兆円?)のかなりの額を投入しました。
 それでも「オリンピックは中止(延期)します。」とJOCが発表しても,批判をする人は少ないと思います。世界情勢を鑑み,「仕方がない」と言うのが大勢でしょう。

 

 人の動きにつれてウィルスも動いていく,何とも皮肉なものでしょうねえ。特に人口過密な地域では,患者数が増え続けています。おかしな現象です。
 我が国のウィルス検査,まだ5万人体制すらできていないのでは?潜在的な患者がかなりいるような気がします。これではいつまでたっても収束は見られません。

 

 航空貨物は元気いっぱいですから,一日でも早く企業の立ち上がりを期待したいものです。それでも今年中に取り戻せるかどうか,分かりませんねえ。
 ただ今言えることは,「未だに底が見えていない」と言った”暗闇”の中にいることだけは確かです。ただ対蹠的に税金のバラマキをすれば済むものではないと思います。

 

○ 今日の1枚
Dsc_8112

2020年3月20日 (金)

受難の時代

○ これも時代の流れについていけない話?です。かつてCDが出現,その手軽さに大きさに驚きました。最も音質に関しては,「固い」と思いましたが。
 それまでのLPと較べ,メインテナンス(静電気除去)が不要になりました。それにレコード針まで駆逐していきました。その後のLPの凋落は…。

 

 私もLP時代によく聴いたものをCDで買い直したものです。先程も書きましたが,あきらかに音質は異なっていましたが,便利さに負けました。
 私がCDをよく買っていた頃は,(いわゆる)巨匠時代末期(後になって分かったことですがね)でした。それでも新録音は,よく売れた方ではなかったかと。

 

 町の様子も変わってきましたね。いわゆる小売店がどんどん姿を消し,チェーン店・大型店が増えてきました。レコード屋さんも例外ではありません。
 大きな町まで出かけなければ,CDの現品を見ることができない時代になりました。それに替わってネットでの通信販売が,CD販売の主流になりました。

 

 ところが時代の流れは,CDを買う時代から借りる時代へ,さらにはダウンロードして聴く時代へと変わってきました。これまたついていけない時代です。
 聴きたい音楽をダウンロード(時間帯によっては,時間がかかります。)し,保存する訳です。これがDVDともなれば,さらに時間がかかります。

 

 それに私のような者にとっては,ダウンロードをして聴くのにまたまた資金投入(ディジタル・アンプ)が必要となってきます。これが辛いです。
 先程ディジタルの音は固いと言いましたが,これ自体はちっとも改善されているようには思えません。やはりアナログの音が懐かしい老人です。

 

 聞き流すようなFMラジオのような存在ならば,ディジタル録音は問題がないと思います。しかし,腰を落ち着けて聴くとなると,不満続出です。
 携帯電話やその他のメディアにダウンロードして気軽に聴ける音楽ならば,これからの時代は,買うからダウンロードへと変わっていっても差し支えないでしょう。

 

 世の中の動きは,便利なものへ便利なものへとなってきています。が,私のようにアナログ人間であったり,手元にものがないと不便に感ずるものもいます。
 時代の流れに取り残されていくような気がします。音楽をじっくりと聴きたいものにとっては,ダウンロードの時代は受難の時代と言えますね。

 

○ 今日の1枚
Dsc_7009

 

2020年3月19日 (木)

不快な広告

○ 時代の流れは速く,とてもとても高齢者にはついていけません。「無料ほど怖いものはない」,このブログでは何度も何度も使って来た言い回しです。
 「今だけ無料」「たった○円にて購入」「○○の高利益」などの甘い言葉が,世の中氾らんしています。これに一度引っ掛かったら,蟻地獄に近い目に遭うかも。

 

 昨日の続きの部分がありますが,テレビ視聴は”己の意思”がまあ尊重されるメディアだと思います。気に入らねばリモコンでチャンネルを替えればいい。
 ところが携帯電話の世界は,テレビ視聴のようには(なかなか)いきません。無料アプリなんぞ,見たくもない広告がどんどん出てきます。困ります。

 

 携帯電話は,(Wi-Fi以外は)通信料がかかっています。余り使わない私は,最小の通信料で契約しています。(まあそれでも高額だと思っています。)
 屋外でWi-Fiの範囲外ですと,少ない通信料に見たくもない広告は,全くうっとうしい以外何ものでもありません。無料アプリもできうる限り少なくしています。

 

 それでも無料アプリが数多く存在するのは,広告費をしっかりと稼げるからです。もちろん有料アプリをたくさんインストールしている富裕層は違います。
 我が国では,長年続いていたテレビ広告が首位の座から転落したと言います。ネット社会の波に押され,テレビ広告費は年々減少傾向と言います。

 

”2019年の日本の広告費でインターネット広告費が2兆円の大台を突破し,テレビ向け広告費を初めて上回った。スマートフォンの普及で動画広告などが好調で,食品や化粧品業界もネットへのシフトが進む。
 電通が発表した日本の19年の広告費は,インターネットが前年比19.7%増の2兆1048億円だった。テレビ向け広告費は2.7%減の1兆8612億円。ネット広告の約7割はスマホ向けとされ,動画広告が高い伸びを支える。
 ネット利用者が訪れたサイトや購入した品などの履歴を分析し,購入したくなる商品やサービスの広告を配信する手法で,ネット広告で揺るぎない地位を築く。”

 

 ここで問題となるのが,履歴の分析(クッキーを活用)です。クッキーを元にターゲットを分析,執拗なまでも同じような広告で攻めてくる訳です。
 パソコンならば,履歴の削除が簡単にできます。但し,全てのクッキーを削除できる(する)訳ではありません。携帯電話の仕組みは,分かりません。

 

 携帯電話製造メーカーは,パソコン同様に履歴の削除ができるように作るべきだと思います。まあそれもネット広告業者からの反発が怖くて…。
 しかし,プライバシーの侵害とも言える”ターゲティング広告”の制限をすべきだと思います。使用者が深いに感ずるやり方に疑問をもっています。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7307

 

2020年3月18日 (水)

悪を懲らしめる

○ 今日は珍しくテレビ番組の話から。ワイドショーや歌番組・グルメ番組には興味を示さないのですが,超長寿番組”笑点”は気になりますねえ。
 ”馬鹿笑い”ができる貴重な番組です。どうも笑いの少ないストレス社会にあってこの番組は,貴重なものと思っています。余程のことがない限り見ています。

 

 この後に”世界遺産”を見るのが,日曜日の夕刻のお楽しみです。私の持っている世界遺産のDVDと較べると,映像が格段に優れ,解説も丁寧だと思います。
 ただこの番組,SUBARUが撤退してからは,CANON専用番組になってしまいました。よってCMは,毎度同じものばかりです。トイレタイムになっています。

 

 それ以外のテレビ番組となると…。そうそう我が家のテレビは,4K/8Kに対応していません。NHKでは専用チャンネルがありますが,見たことがありません。
 我が家は,随分前からケーブルテレビに切り替え,屋根の上には魚の骨(アンテナ)はありません。ご近所を見渡しても,魚の骨は減りましたねえ。

 

 テレビを見る時間が少ない私,あえてテレビを買い替えて4K/8K番組を見ようとは思いません。量販店で見る映像は,本当に美しいと思います。
 まあ現在のテレビの調子が悪くなったら,買い換えの際4K/8Kが見られるものとなるのかなあ。50インチからさらに大きくなる?狭い部屋にねえ。

 

 そう言えば,一世を風靡した”倍返し”の番組が,来月から続編が始まるらしい。この番組が日本人好みなのは,ひょっとしたら”勧善懲悪”が元ではないでしょうか。
 これの元祖が,”水戸黄門”ですよね。番組時間の3分の2位から,黄門様達の活躍が始まり,最後は黄門様のご意向で一件落着ですよね。

 

 毎度毎度ワンパターンであるにも関わらず長寿番組として生きている。再放送・再再放送までしている極めて例の少ない(珍しい)番組だと思います。
 日頃のストレス解消がままならない人達にとって黄門様の活躍は,心のどこかで発散できるものがあるのかもしれません。これも長寿番組の一つですね。

 

 極悪関電経営者・利権に群がる土建業者・違法行為すれすれの利益誘導をする政治家など,今の日本には”悪人”と言っても差し支えない者がゴロゴロしています。
 マスク転売を法で規制,誠に馬鹿らしいことに税金を費やした政治家,これで警察が本気で動き出すとは誰も思っていないと思います。懲らしめられますかねえ。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7306

 

2020年3月17日 (火)

世の動きに

○ 今月に入って国内のインターネット回線が混み合い始めたと言います。テレワークの増加と原因を求めていますが,果たしてそうなのか?
 私は,学校閉鎖に伴い小~高校生のネットサーフィンが増えたためと思っています。数(利用者数)から言っても断然こちらの方が多いですよね。

 

 テレワークについてもいろいろな意見・考えがあります。確かに事務職に携わっている人達にとって場所はそんなに大きな要因ではないと思います。
 しかし,いわゆる現場で働く人達にとっては,場所が問題です。そしてこちらの方が圧倒的に多いと思います。お店・工場などは,現場が働く場所です。

 

 さてインターネットですが,随分前にWi-Fiの機能の根本的な部分に脆弱性があると書きました。その後これに注視してきましたが,何ら続報がありません。
 確かに公衆Wi-Fiに関しては,ID/パスワードを求められず,のぞき見も可能なことは分かります。これが職場・自宅となると,何とも恐ろしいことです。

 

 インターネット接続以来,自分の使っているデスクトップは有線です。そしてトレンドマイクロとずっと付き合っています。OSも自動更新に設定してあります。
 が,時代とともに自宅(今にも倒壊しそうな小さな平屋)でもWi-Fiが使えるように機器の導入をしてきました。2・3年もすれば,さらに高速なものが…。

 

 理論値はともかく,壁があり各種電化製品あり,スピードも落ちてきます。ましてやウィルスソフトのせいでしょうか,さらにスピードが落ちてきます。
 特に困るのが,安物のタブレットです。とにかく安く抑えるために部品は旧製品です。いくら電波を速くしても処理速度が非常に遅い,苛立ちます。

 

 タブレットとは言え,ノートパソコンの中級以上の性能を求めると,お値段はグーンと上がってきます。まあ携帯電話の通信費の節約くらいでしょうか。
 それでも狭い我が家ですが,どこへ行ってもWi-Fiが使えるのは,大変に便利だと思っています。庭仕事でも電波が楽に届き,これまた通信費の節約になります。

 

 世の中”5G”に向けて動いています。そうなるとまずもってそれに対応した機器が必要になってきます。携帯電話でも買い替える必要に迫られます。
 まあ年金生活者にとって,”5G”はありがた迷惑?なものかもしれません。私の場合,動画をネット環境で見ることは滅多にありません。

 

 5インチほどの画面で動画を見る,この感覚にまずついていけません。動画=大画面をイメージしてしまいます。それに毎日が多忙でもありませんから。
 いつものことながら,世の中の動きに一歩も二歩も遅れていく私です。川の澱みになじんでしまった我が身,とても世の中の動きにはついていけません。

 

○ 今日の1枚
Dsc_7305

 

2020年3月16日 (月)

開花の便りが

○ 平安の頃より,「花と言えば桜」が暗黙の内に理解されている民族です。世の中がどうであろうとも桜は,我々日本民族を心から楽しませてくれるものです。
 世界の国々の中で一つの花の開花予想や満開予想を出す国は他にあるでしょうか。私も毎日お天気サイトで開花予想を見ています。楽しみです。

 

 どうやら今年は,桜(染井吉野)の開花は1週間ほど速くなり,開花宣言が出ました。まあこれは序の口で,私の撮影したい一本桜(エドヒガン)となると…。
 これに垂れ桜が加わります。昨年お天気の関係で行けなかった所,これは何カ所もあります。簡単に南から北へと移動すればいいという訳にはいきません。

 

 そうそう紅葉もそうですが,桜にもライトアップがあります。一般的には,世桜見物と言います。ファインダーをのぞいているときは,「やった!」と思っても…。
 ディジタルカメラの感度を400位まで上げると,夜桜の撮影もできます。それだけに闇に隠れた人物まで…。そうなるとその写真はボツ!となってしまいます。

 

 そうでなくとも早くからの場所取り(三脚の設置)をせねばなりません。それでも撮影が終わった人の場所に移動してじっくりと撮影することが可能なことも。
 撮り鉄と違って,ライトアップの時間は数時間あります。終わりにしたがって見物客やカメラマンの数は減っていくものです。これを狙う手もあります。

 

 いずれにしても飛行機同様お天気が…。確かにカメラ雑誌を見ると曇天・雨天時の写真も掲載されていますが,これは腕と慣れが必要になってきます。
 いつも言っていることですが,技も慣れもなく,感覚だけで撮っている私です。偶然・たまたまの産物ばかりです。やはりお日様の光溢れる写真を撮りたいです。

 

◇ 赤組のドル箱観光路線日本~ハワイ,ついに減便に追い込まれた。A380を飛ばしている青組,来月には3号機が到着します。空港でお昼寝でしょうか。
 赤組に対抗して導入した超大型機,来年度には生産中止の飛行機です。これだけ世界不況の波が押し寄せているのに,利用客は増えるんでしょうかねえ。

 

 商売上手なエアバスです。利益幅の大きいA330neoの販売が,A350とともによろしいようです。さらにA320/321はライバルが転けているのも幸いして…。
 新聞記事に「ボーイング,倒産?」と言う刺激的なものがありました。普通ならば,耐えきれない状態だと素人でも分かります。ドル箱のB737Maxが売れない!

 

 アメリカは日本と違って”チャプター11”と言う企業にとって美味しい制度があります。一度倒産しても再生が可能な制度です。赤組の倒産と似ています。
 (投資家は泣きますが)債務を整理して,やり直す訳です。ここがEU諸国との大きな違いです。考え方の違いはありますが,企業にとってはアメリカはやりやすい?

 

 エアバスも殿様商売ができると思っていたら,大間違い。新型コロナウィルスの影響で客足減,空港に駐機する姿を見れば積極的に新規注文をすることは?
 いやそれ以前に航空会社は,収入源に対応する措置に大わらわです。エアバス,2月の受注数ゼロも驚きません。ただただ注文をこなすだけ?引き渡し延期もあります。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7163

2020年3月15日 (日)

底が見えない怖さ

◇ テレビから流れてくる観光地の映像,どこも閑散としています。不要不急の外出を控える人が多いと言う訳です。またお得意様の大陸・半島からの観光客も…。
 外食産業も宿泊業者も,もう新型コロナウィルスの影響は社会の隅々まで及んでいることが分かります。株価が下落する訳です。蓑虫のような生活をおくっています。

 

 寒の戻りはあるものの春の音が聞こえるようになってきました。野菜の成長はすこぶるいいようです。一部高額な野菜もありますが,安くなった方です。
 さらに魚介類,これまたものによっては,「エッ,こんなに安いの?」と言った掘り出し物も並ぶようになりました。外食産業や宿泊業者の買い控えの影響か?

 

 トピックスで「牛乳が余って困っている酪農家」と言うものもありました。牛乳の生産も止める訳にはいきません。無料配付をしている所もあるそうです。
 先日も書きましたが,ここしばらくは”デフレ傾向”に歯止めがかからないように思えてきました。値下げしてでもお客さんを呼び込もう作戦です。

 

 世界では,大西洋路線に急ブレーキがかかり,欧米の航空会社では凄まじいリストラや無給休暇などが始まっています。政府の援助を期待するむきもあります。
 ドイツでは企業に対して無制限の信用供与をすると言います。経済大国ドイツですらこう言った措置をとるまでに追い詰められていると言うことです。

 

 笑えてくるのは,事の起こり大陸は,欧米諸国の新型コロナウイルス感染症への対応が甘く,感染拡大を許したとして「反省すべきだ」と訴え,発表する余裕です。
 世界中に新型コロナウィルスをばらまき,窮地に陥っていた大陸政府,呆れかえるとはこういうことを指します。自らの失政を何ら反省していないです。

 

 学識者が述べていることで納得できることは,「底が見えない怖さ」に尽きると思います。保険が使えるようになったとは言え,検査対象は未だに十二分と言えません。
 ウィルス感染の有無を半島のように幅広く実施するならば,国内の感染者数はもっともっと多くなると思っています。医療体制も遅れていると思います。

 

 これでは蓑虫のように殻(自宅)に閉じこもるしか方法はありません。この1ヶ月半近く,一体何をやってきたのか,これまた不信感がぬぐえません。
 ダイヤモンド・プリンセス号においても専門的知識・技術をもった海保の出番はなし。マスク・トイレットペーパー騒動も収まる気配はまるでありません。

 

 「この2週間の取組が大切だ」と言ってきていますが,それを過ぎても何が解決できたのでしょう。国中が右往左往している現状をどう見ているのでしょう。
 まさに「底が見えない怖さ」に震えている国です。イタリア・スペイン・アメリカなどの措置をとらず,ずるずる時間だけが過ぎている国です。

 

○ 今日の1枚
Dsc_7127

2020年3月14日 (土)

宿泊予約が…

○ 私は宿泊施設を検索する場合,”じゃらんか楽天”を使っていました。私の場合,とにかく宿泊代金を安く浮かせたいものですから,ビジネスホテルを選びました。
 が,訪日観光客とものの見事に合致(あちらも宿泊にはお金をかけたくない。かつ団体客で早く押さえる。),予約をとるのには本当に苦労していました。

 

 経験された方も多かろうと思いますが,訪日観光客と同じフロアに当たろうものならば,ドアを開けて大声で話す。朝食会場では並ばない…。
 さらに朝食会場でも大声で話し,場所取りも平気で行います。せっかく宿泊しても,何とも嫌な思いをするだけでした。ですから車中泊が増えてきました。

 

 こんな嫌な目に遭うだけではありません。ホテルの宿泊料金の値上げです。今は名前を変えましたが,成田のKホテルは経営者が変わり,大陸・半島からの御用達ホテル!
 以前は宿泊料金も安くて駐車場は無料,朝食会場の品数も結構ありました。ところが経営者が変わり名前を変えたら,値上げ・駐車料金請求・朝食の中身のダウンです。

 

 部屋の内装をほとんど触らず,ひたすら利益優先のホテルに大変身です。ところが(試しに検索してみたら)最近は予約がとりやすくなりました。
 さらに若干ですが,値下げしています。あのぼったくり料金から,大陸・半島からのお客が減って収入源?慌てて値下げして日本人を呼び込もうとしているのでしょう。

 

 因みに福岡のホテルも予約がとりやすくなり,朝食付きのお値段と実質値下げのホテルが出てきました。これまた日本人旅行者の呼び込みに切り替えています。
 しかし,国内でもこれだけ新型コロナウィルスが広まっている今,旅行する人も減ってきていると思います。まあホテル業界は,ダブルショックでしょうな。

 

 まあ曜日による宿泊料の上下は仕方がありません。しかし,ホテルにはランクがあります。身の丈に見合った宿泊料金を設定して欲しいものです。
 昔話ではありませんが,”欲張りじいさん”ですね。それでもオリンピック需要を見越してホテルの建設ラッシュ,これでオリンピックが中止になったら…。

 

 まずは,身の丈に見合った宿泊料金をしていないホテルは,一部従業員の解雇もしくは,最悪倒産でしょう。”欲張りじいさん”のなれの果てでしょう。
 さらに”ブッフェ形式”にまで影響が出てきました。経費削減の一環で行ってきた自慢のスタイルが,今回揺れ初めて来ました。さあてどうなることでしょう。

 

 大相撲・プロ野球オープン戦の無観客は,異様な光景です。楽しみにしていた春の選抜高校野球も中止ですね。遊園地も美術館も図書館も閉鎖,楽しみは?
 莫大な利益を上げているとされるオリンピック,未だに老害は開催を叫んでいます。今世界中がどのようになっているのか,利権と個人の名誉しか頭にないようです。

 

 最後に,株価の大幅な値下げ1万8千円と言っていたら1万7千円台にまで,この下落はどこまで続くのでしょう。(ガソリンの価格も下がってきましたが…)
 収束の目処が立たないばかりか,トランプまで方向転換です。LHが転ければ,ドイツ経済も転けるのでは?これはリーマンショック以上になりそうです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7190

2020年3月13日 (金)

お空も荒れていますね

◇ 新型コロナウィルスが世界経済をストップさせた。経済・政治に翻弄される航空業界とて,世界中に広まりつつある中,体力勝負になってきました。


減便や運休は中国などアジア路線から欧米にも及んでいる。影響は過去の感染症のケースを大きく上回るとみられ,業界全体の売上高の2割が吹き飛ぶとの試算も出る。経営体力の弱い航空会社の淘汰が進む可能性がある。
 BAやLHなど大手が欧州域内の減便を決めた。UAも4月の国際便を20%減便し,米国内便とカナダ便も10%削減すると明らかにした。
 日本の国際便もこれからさらに減る。国内線の減便も始めた。9日以降は中韓からの観光客が事実上見込めなくなり,成田や関空から地方に向かう便が縮むのは避けられない。
 航空会社は人件費のほか航空機の減価償却費やリース料など固定費が費用の5割?を占める。感染症や大きな自然災害,リーマン・ショックなどの大きな「イベントリスク」で,急に減収の可能性は隣り合わせ。
 「特にLCCは機材をリースで調達していることが多く,資金の流出が大きい」と指摘し,LCCが大手に比べリスクに弱いとみる。LCCが消耗戦を繰り広げてきたアジアなどでは淘汰が進む可能性が高い。”

 

 今の(私の勝手な予想ですが)GW後になっても世界の感染リスクは減らないように思います。世界経済の停滞あるいは後退は,覚悟する必要があります。
 世界の株価市場は軒並み下降しています。2021年度の年金支給額にも影響が及ぶことを覚悟しなければなりません。もはや「いただけるだけでも…」とね。

 

 大変なのは,手持ち資金の少ない中小企業でしょうね。2020年の春頃から,”倒産”ニュースが頻発するかもしれません。その予兆が出ていますね。
 こう言った状況になると自己資金をもっている企業(店)は強いですね。ますます企業の吸収・合併のスピードが速まる可能性が高くなります。 

 

 LCCばかりか現在青組・赤組傘下の航空会社,企業として成り立っていくのか,心配になります。なにせSARS以上に深刻な状況になってきています。
 大陸・半島との往来に制限がかかり,頼りにしていた観光業は一大ピンチです。例えピークを越えたとしても簡単には客足が戻ってくる訳ではありません。

 

 運行に携わる人達も今までのようにはいきません。運休では,働く場所がありません。客足が落ちてきている国内線,カウンター業務を含め,暇になります。
 さあて余剰人数をどうするのでしょう。無給の自宅待機?非正規従業員の首切り?どれが出てきてもおかしくない状況です。まだ2・3ヶ月は…。

 

○ 今日の1枚
Dsc_7971(森本屋:ざる蕎麦+ミニマグロ丼)

 

2020年3月12日 (木)

島国根性

○ ガソリンスタンドのセルフ給油(それでも○○法にて最低一人は勤務することが義務付けされているようです。)が当たり前になって久しいです。
 そう言えば,同じようなスタイルでローソンが,セルフレジに取り組んでいることが新聞記事にありました。人件費よりも器械代金の安くつくということ?

 

 先日,靴下を買いにユニクロに行きました。考えてみれば,私の衣服の多くはユニクロ製品に替わってきました。Tシャツなんぞ,全部ユニクロ製品です。
 店に入って感じたことは,お客さんの8割以上がマスク姿です。時勢を反映する姿と思って見てきました。私?マスクなしです。他人とは間を置いています。

 

 ユニクロ,ガソリンスタンドやローソン実験店同様,セルフレジになっていました。買い物籠をオックスに入れると自動計算,支払いの段取りです。
 カウンター業務の方は皆無,こんなスタイルが今後増えていくんでしょうねえ。味も素っ気もないお店になっていきます。通販と同じですね。

 

 そうそう時勢を反映するものの一つを買いました。それは”トートバッグ”です。この夏までには,ほとんどの業種で”レジ袋有料化”が実施されます。
 これは前から欲しい(準備しておこう)と思っていました。これが2百円を切る代物,思わず籠の中に入れてしまいました。縫製に心配が残りますがね。

 

 買い物を終わって車に乗り込む前に念のためにアルコール消毒をしてきました。そうどこへ行っても出入り口に”アルコール消毒液”が置いてあります。
 ついでに立ち寄ったドラッグストアー,当然アルコール消毒液が設置されています。案の定トレットペーパーや使い捨てマスクの在庫はありませんでした。

 

 私の知らないお店でもレジのセルフ化が進んでいると思います。もはや店員さんとの会話がなく,ただ買い物をするだけです。味気ないですねえ。
 家でも話していますが,近くに本屋さん・靴屋さんなどの小規模店舗がどんどんなくなってきています。店員さんとの会話もなくなりました。

 

 少子高齢社会,それに未だに外国籍の方々の労働就役には制限がかかっている国です。それでいて違法な労働に外国籍の方を使う,悪い奴がいるものです。
 もしも外国籍の方のそうした制限がなくなったら,今よりは労働力不足と言わなくなると思います。ちょっとやそっとで島国根性が直らないものですね。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7537  

 

2020年3月11日 (水)

困っています

○ (些細なことですが)前から気になっていたこと,それはスニーカーの”タンの偏り”です。もちろん私が購入するスニーカーは安物ばかりですがね。
 それでもスニーカーでは名の通ったメーカー製ですが。また,私の歩き方が割ることが原因なのかもしれません。もう一つ,左足ばかりです。

 

 症状は,靴を履いたときには”タン”は正しい位置にあります。が,歩いていると少しずつ左の靴のタンが外側に寄っていきます。靴紐が足首に当たる程まで。
 ネットで調べたら,やはり同じ悩みの方が見えるものです。靴紐の途中をタンに縫う!と言うものです。やってみました。確かに前よりは改善されました。

 

 しかし,縫った場所から先の方が少し外側にズレていています。まあ足首に靴紐が直接触れる可能性は低くなりました。高級なスニーカーでは大丈夫でしょうか。
 3足のスニーカーをローテーションではいています。1足は革製のウォーキング・シューズですから,そのような症状は起きません。布製のものだけです。

 

 暇ですから一度シューズ・メーカーに問い合わせをしてやるか?一体どんな反応があるのか,これまた楽しみです。恐らく私の歩き方に問題があると…。
 こう考えると,どうして歩いたらタンが偏らないようになるのか,これもウォーキングの参考になります。一つ靴後方外側に重心があることは,分かっています。

 

 これも面白いです。スポーツ関係の専門家の話にありました。足を4分割し,どこに重心があるのかを分類しているそうです。後方外側が一番多い?
 タンの悩みから始まり,人の重心位置や歩き方の改善などにまで広がってきました。これが私一人の問題なのか,それとも共通の悩みをもった人が多いのか?

 

 もう一つ,様々な”花粉症”に悩んで折られる方が多いようです。各医薬品メーカーは,花粉症を緩和する薬やグッズを開発して,多大な利益を得ています。
 私が知りたいのは,どんな人(体質)が花粉症に罹るのかを知りたいです。薬やグッズといった小手先よりも根本的な原因を探ることの方がもっと大切です。

 

 私の悩んでいる”乾燥湿疹”でも同じです。様々な塗り薬・内服薬があります。が,薬に頼ることなく乾燥湿疹にならない方法はないものかしら?
 「そういった体質だから」と逃げないで,どうしたら乾燥湿疹にならないようになるのか,そこを知りたいですね。病気というものは,必ず原因があるものです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7364

2020年3月10日 (火)

株も円相場も

○ 春らしい青空,散歩をしていても気持ちが良かった。しかし,このお天気も…。相変わらずJA16FJは,いい時間に飛来しません。待ちくたびれました。
 散歩の途中,一年に二度はある交差点(広い水田の広がる場所ですよ),南北方向は一旦停止です。ところがここを止まらない車がほとんどです。

 

 昨日の事故も一旦停止無視が原因です。それでも交差点内の事故です。0対100にはなりません。優先方向を走っている車にも注意義務があるからです。
 それにしてもやられた方の軽自動車,勢い余って水田に突入,けがをしなくて良かったです。あれは双方相当な修理代を覚悟しておいた方がいいですね。

 

 私も大昔交差点(それも信号のある)でやられました。信号無視で交差点に進入してきた車にガツンです。それでも0対100にならないことを知りました。
 確かに道路交通法では,交差点内は徐行義務があります。しかし,それを忠実に守っていたら交通の流れを悪くすると思うんですが…。法と現実の違いか?

 

 ところで新聞を読むと株価は,毎日下がっています。2万2千円台から2万円を切るか切らないか,一体どこまで下落するんでしょう。投資家ではありませんが,心配です。 
 と言うのも,株価の下落=年金の原資が減るからです。さらに109円を推移していた円相場もあれよあれよという間に101円台と言う超円高,輸出産業は震えているでしょう。

 

 こうなると雇用問題に波及していきます。先日も書きましたが,需要が減ってくれば石油業界は生産調整をして価格維持を図ることでしょう。輸出産業は,相当な痛手を被ると思います。
 新型コロナウィルスが原因となる世界恐慌と言っても差し支えないと思います。特に輸出に頼る(大陸依存が大きい国ほど)と,影響は大です。

 

 これも新聞にありましたが,最近の世論調査によると内閣支持率が徐々に下がってきており,不支持が支持を上回ったそうです。これで秋までもつかなあ。
 支持者・大企業中心の施策を続けてきたことも一因です。森友・加計問題からの内閣の体質がそれに加わり,支持率の下落に影響を及ぼしていると思います。

 

 つまり内閣の仕事に信頼をおけなくなってきたと言うことです。後手後手に回っている対策(マスクの買い占めまで政治が介入),情けない限りです。
 長い間見てきましたが,言っていることは「なるほど」と思わせるだけです。実行力となると…。また外遊に逃げていくのかなあ。国費の無駄ですね。

 

 日本の企業の大部分は,中小企業です。これを救わない,大企業ばかりを優遇する施策ばかりをとってきています。これも政治献金目当ての政治です。
 自分の名誉のため,あるいは党利党略ばかりに走ってきたつけです。しかし悲しいかな取って代わる人や政党がない,悲しい国ですね。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7074

2020年3月 9日 (月)

変わるかな

○ 昨日は終日雨,よく降りました。そして今日はいいお天気ですが,明日はまた雨の予報です。晴れると最高気温がどんどん上がっていきます。
 朝夕は気温の低い日もあり,自宅にいても何を着るのか迷うようになりました。寒暖の差が激しく,体調管理が難しい時期になってきました。

 

 図書館に借りた本を返却,時間外の返却ポストの横に張り紙がありました。「しばらく休館をします。」だって,7日(土曜日)からだそうです。知らなかった。
 自宅にいて楽しみの一つが,読書です。新しい本が借りられない,これまた非常事態です。学校もそうですが,図書館の閉鎖は納得がいきません。

 

 公共のものです。裏には,責任逃れがあるような気がします。最も以前から(狭い)学習室は閉鎖になっていました。これは納得できる措置だと思います。
 まあ文句を言っても仕方がない,しばらくは自宅にある本でも読みます。いや音楽鑑賞の方がいいかなあ。ビデオやDVDを見るのもいいなあ。

 

 ところでここ数日乾燥湿疹が…。世の中花粉症に悩んでおられる方が多いと思います。私の場合は,乾燥湿疹です。身体の至る所が痒くて痒くて。
 1時間半くらい走って某日帰り入浴施設に行ってきました。「新型コロナウィルスの影響で人では少ない」と見込んで行ったのですが,駐車場はほぼ満杯です。

 

 ここの湯は私好みのにゅるにゅるです。身体を洗ってのんびりのんびり湯に浸かりました。保湿乳液や馬油に頼ることなく,全身を湯が包み込んでくれます。
 芋を洗うほどではありませんが,さすが日曜日,午前中から朝湯をしに来ている人が多かったです。最もいつ行っても高齢者主体の入浴施設です。

 

 帰り道,以前立ち寄った”幸楽苑”に入ろうとしたら,潰れていました。そう言えばこのチェーン店はお客さんが激減,いきなりステーキと同じ運命かな。
 私はここの醤油ラーメン,癖がなく飽きの来ない味と思っています。それに比較的安価で,新製品は高くて手が出ません。残念なことになってしまいました。

 

 新型コロナウィルスの影響で外食産業も相当な痛手を被ると思います。例え大手チェン店であっても倒産の目に遭うかも知れません。雇用問題も出てきます。
 これから立ち直るのには,相当な時間と努力が必要になってきます。世の中の仕組みを大きく変える要因となるかもしれません。それも世界中で起きるのでは?

 

○ 今日の1枚

Dsc_7122

2020年3月 8日 (日)

出費には敏感

○ また新聞の片隅に…
”ニューヨーク原油先物相場は,石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国による減産協議の決裂を受けて急落した。米国産標準油種WTIの清算値(終値に相当)は前日比4.62ドル(10.07%)安の1バレル=41.28ドルと,2016年8月初旬以来約3年7カ月ぶりの安値を付けた。
 産油国会合では,追加減産だけでなく,3月末に期限を迎える現行の協調減産の延長でも合意できなかった。このため新型コロナウイルスの感染拡大で原油需要が急減する中,供給が過剰になるとの懸念が強まった。”


 外貨欲しさ(それだけ経済がふるわない)のロシアの反対,要は供給過多の状態です。恐らくロシア(プーチン)の思惑は,そこにあると思っています。
 これで国内の石油製品の下落が始まるかと言えば,そうは簡単なものではありません。備蓄を増やし,生産調整(価格操作と置き換えてもいい?)を行うからです。

 

 ご存じのように我が国の石油製品の世界は,エネオスを中心に独占体制が構築されています。公正取引委員会は一体どこを見ていたのでしょう。ここにも政治の圧力?
 これだけの独占体制を敷いても独占禁止法に当てはまらない?上げるときは素早く,下げるときは徐々に…,これがまかり通っています。GS経営も圧迫しています。

 

 しかし,裏道もあります。大口需要者の長期契約割引です。大手運輸業者は大量の燃料を消費します。ですから長期期間の独占契約=低価格を結ぶ訳です。
 大手運輸業界は,高速道路においても恩恵を受けていることはご存じの通りです。道路を重量物が通る,道路に一番ダメージを与える大型車,これが優遇されています。

 

 そしていつも馬鹿を見るのが一般消費者です。下がらない石油製品価格,最大3割しか割引のない高速道路,どう考えても納得のできない世界です。
 そこへ車に対する定期点検制度や諸税です。ですから余計に出費に敏感になる一般消費者です。やはり燃料費を少しでも安く抑えたいですよね。

 

 余談ですが,7年間同じ車を使い続けると出費の一番少ないのは,やはり小型車(ガソリン車)だそうです。ハイブリッド車は,車両価格が高くトータルでは…。
 小型ディーゼル車あるいは輸入ディーゼル車は,やはり年間走行距離の多い方には,メリットがあるそうです。最も輸入車は高額ですから,出費はかさみます。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6994

2020年3月 7日 (土)

これも不安

○ これは身も縮む出来事ではないでしょうか。
”Wi-Fiデバイスに内蔵されたチップのバグにより,世界10億台ものスマホやタブレットの通信が傍受される潜在的脅威が浮上した。この脆弱性は,スロバキアのセキュリティ企業ESETが発見,「Kr00k」と名付けられた。Kr00kは,BroadcommとCypress社製のWi-Fiチップのバグに起因する脆弱性。この2社のチップは,世界で最も利用されているもの。BroadcoomとCypressは既にKr00kに対処する修正パッチを開発,リリースした。自動アップデート機能を備えているデバイスは,このパッチで対処が完了している。”

 

 私が使っているdocomo/ASUSサイトをのぞいてみても,使っている機種が自動アップデート機能があるのかないのか,はっきりとしません。不安です。
 Wi-Fiはコードレスになり,特に移動する際には貴重な機能です。その大本に欠陥が発見された訳で,大変に危険な状態であることが分かった訳です。

 

 安物の携帯電話でもこの自動アップデート機能がついているのかどうか,OSの自動アップデート機能は分かっていますが。トレンドマイクロも関係ないし。
 Wi-Fi機能をもったスマホやタブレットなどを販売している業者,早急に対応をして欲しいものです。一般企業や官公庁となると影響はさらに大きくなります。

 

 便利なもの=文明の利器,私達の生活に浸透しています。省エネにつながったり,コミニュケーションに使ったり,もうあらゆるものに広がっています。
 事実LANケーブルを露出させながら引っ張っていた時代がありました。Wi-Fi機能は,(遅さに不満があるものの)便利なものとなり,機器も安くなりました。

 

 そして世の中便利になるにつれて,ID/パスワードの氾らんする時代になりました。Wi-Fi機能もその中に含まれています。接続設定には,暗号化キーを使います。
 公衆Wi-Fiの不安な点はここにありますが,ただアプリを閲覧するだけならば,これ程年金生活者の味方はありません。皆さんは大丈夫ですか。

 

◇ また1社が姿を消した
”経営危機に陥っていた英地域航空フライビーが5日,管財人の管理下に入ったと発表。全路線の運航を即時停止,予約客には代替便が手配できない限り空港に向かわないよう要請している。英政府から最高1億ポンドの融資を巡る交渉がまとまらなかったことに加え,新型コロナウイルスの感染拡大による需要減が追い打ちをかけた。
 フライビーは2018年,不安定な為替相場や燃料コストの高騰,ブレグジットを巡る先行き不透明感などを背景に,経営が悪化。2019年1月には,ヴァージンアトランティック航空など3社のコンソーシアム「コネクト・エアウェイズ」への身売りで合意,同コンソーシアムから1億ポンドの再建資金を得て,今年後半に「ヴァージン・コネクト」として再スタートを切ることが決まっていた。
 フライビーの破綻により,従業員約2,000人が失職する恐れがある。同社はロンドンを除く英国国内路線の半分以上を運営している。”

 

○ 今日の1枚

Dsc_7017

2020年3月 6日 (金)

不安を煽るな

○ お空の様子,恐らくリーマンショックやSARS同様の悪雲が漂っているようです。

 

”デルタ航空は,新型コロナウイルスの感染拡大で旅客需要が減ったとして,日本と米国の各都市を結ぶ一部路線を減便すると発表。
 新型コロナウイルスの感染拡大,国内線予約が足元で4割減るなか,青組も赤組も国内線の減便を発表。3~5月の宿泊施設の予約は前年比5割近く減り,国内旅行取扱高の損失は年間取扱高の1割規模の3千億円近くに達する見通し。”

 

 これで先のUAL/ULに次ぐ第2弾,便数の少ないAAL/AAも(減便)発表すると思います。ヨーロッパ便を始めその他の路線でもも影響が出てくると思います。
 先日書いた半島では,もはや飛ばすところがないために駐機状態に陥っているとか。今でも半島からの便を受け付けている我が国,水際作戦はどこへ行った?

 

 (不謹慎ながら)面白いものでインフルエンザに関しては,全く聞こえてきません。そうニュース性に乏しいものは,マスコミは流しません。受けないから?
 熊本?から始まったトイレットペーパーやチッシュペーパー買い占め騒動,現在品薄なのは物流が追い付いていないだけだそうです。在庫は3週間分以上と言います。

 

 プロ野球のオープン戦,無観客で行っているそうです。そして選抜高等学校選手権の動向が注目されています。選び抜かれた学校・選手達,やりたいでしょうね。
 しかしねえ,プロのオープンがどうして無観客になったのかが,分かっていません。高校野球の無観客,気の抜けたビールですなあ。11日の発表が楽しみです。

 

 治療方法が見付かっていない違いはありますが,インフルエンザと同じではないかと思います。インフルエンザでも重症者は,(失礼ながら)死に至っています。
 インフルエンザでも様々なタイプがあり,予防接種もタイプが異なれば,役に立ちません。それに今回でも予防方法は,インフルエンザと同様だと見ています。

 

 ライブハウスでの感染が問題となっていますが,これはインフルエンザも同様ではないでしょうか。インフルエンザ拡散を防ぐ学級閉鎖・学校閉鎖しかりです。
 「何もしないよりもやった方がいい」と思ったのでしょうか,どうもアベちゃんを先頭にやることなすこと不安を煽っているだけのように思う私です。 

 

 今一度言いますが,新型コロナウィルスもインフルエンザも似たようなものです。対処方法は,応用が効くものではないでしょうか。違いますか?
 当初よりこの姿勢を一貫して貫いているのならば,ここまで大騒ぎにならなかったと思っています。うがい・手洗いの励行,不要不急の外出,人混みを避ける等です

 

○ 今日の1枚

Dsc_7242

2020年3月 5日 (木)

これが効くか

○ 散歩中,いろいろなところに目が行きます。そんな中で目を引くのが,ハウジングセンターでの出来事です。ここは実にいろいろなことを目にします。
 路上駐車はご遠慮ください」の張り紙が,何カ所にもフェンスにかかっています。そして路上駐車している車のほとんどが,ハウジングセンターで働く各社の従業員です。

 

 彼らの多くは,駐車場に入る際もウィンカーを出さず入っていきます。(前にも書きましたが)従業員,給料がいいのか外国車が半数以上占めています。
 一旦停止無視・運転中の通話など,本当に目に余る横着な(もちろん道路交通法違反だらけ)者が多いです。見られていないと思っているんでしょうね。

 

 運転中のスマホ,昨年12月から厳しい罰則に変わりましたよね。
”運転中に「携帯電話を保持して通話したり画像注視したりした場合(保持)」の罰則として,新たに「6月以下の懲役」が設けられたほか,罰金はこれまでの「5万円以下」から「10万円以下」に,反則金は普通車なら従来の3倍(6千円→1万8千円)に,違反点数が3倍(1点→3)にそれぞれ引き上げられた。
 「携帯電話の使用により事故を起こすなど交通の危険を生じさせた場合(交通の危険)」の罰則は,これまでの「3月以下の懲役又は5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」に引き上げられ,同時に,非反則行為として刑事罰(懲役刑または罰金刑)の対象となった。また,違反点数が従来の2点から6点に引き上げられ,一度の事故で免許停止処分の対象となる。”

 

 ハンズフリー機能を付けるなり,それ以外でも運転中の通話には便利なものがあります。別にスマホのゲームだけが問題になっている訳ではありません。
 さらに緊急を要する通話ならば,他車に迷惑のかからない場所に駐車して行えば済むことです。見るからに立場のある方が,ながらスマホとは,情けない。

 

 さらに今回閣議決定,道路交通法の改正が実現しそうです。今度は,○あおり運転への罰則○高齢者ドライバーに関する細則などが主だった内容です。

 

”高速道路上でほかの車を停止させるなどの危険を生じさせた場合は,最高で5年以下の懲役または百万円以下の罰金を科す。具体的な違反行為として,通行を妨害する目的で蛇行運転をしたりクラクションを鳴らしたりすること,さらに急ブレーキや幅寄せ行為などを規定。またあおり運転を行った場合は,行政処分による免許取り消しの対象となり,一定期間は免許を再取得できなくなる。
 新たな運転免許制度では,一定の違反歴がある75歳以上に「運転技能検査」が義務化される。無違反の75歳以上と70~74歳のドライバーにも,同水準の技能評価を行う「実車指導」が導入,包括的な対策強化が図られる。”

 

* あおり運転とは,通行を妨害する目的で,交通の危険の恐れがある方法により一定の違反をする行為です。対象となる違反は,・対向車線からの接近や逆走・急ブレーキ・車間距離の不保持・急な車線変更・左からの追い越しや乱暴な追い越し・ハイビームの継続・不必要なクラクションの反復・幅寄せや蛇行運転・低速度での走行・高速道路での駐停車だそうです。

 

 くどいですが,あおり運転に関しては一般道でも同じような法を適用されます。まあ宮崎のような輩は,永久に再取得できないようにして欲しいものです。
 高齢者(自分もそろそろ…)に関しては,サポカーの義務付けまで突っ込んで欲しかった。限定免許に関する内容が,まだまだ甘いように思います。

 

 道路というものは,公のものです。決して一人の独占物ではありません。狭い国土に多くの車,道路が混雑するのは当たり前のことですよね。
 それを自分の思いのままに走行できないからといって乱暴な運転が許される訳がありません。東名高速での傷まし事故,ああいった事故を繰り返してはなりません。

 

 もう一つ,私が常々思っていることです。追い越し車線を長々と走る大型車,空から陸からあおり運転を見付けるのならば,これも取り締まって欲しいものです。
 PA/SAの出切り口に駐車している大型車,これも危険この上ない行為です。普通車の取締に躍起になり,こうした危険行為は見て見ぬ振りですかねえ。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7099

2020年3月 4日 (水)

正確な情報を

○ ある日突然「明日から職場に来なくてもいい」と言われたら,あなたはどう思うでしょう。「やった!」「収入は?」など,脳裏をかすめるのは…。
 まあ最初の数日は疲れた身体を休める好機です。が,それを過ぎると次第にやることがなくなってくる?そうなると却ってストレスが貯まってくるのでは?

 

 「人間は環境の急激な変化に対応する能力が低い」と言われています。これは小さな子どもや高齢者に著しいとも。私もそれが当てはまります。
 今回の場合,自分の意思で環境が変わるのではなく,他者からの(一方的かつ唐突)考えで変わるのですから,多くの方が戸惑い・困っているのではないでしょうか。

 

 余程暇な輩が源と思われますが,マスク・トイレットペーパーなどの品薄も嘆かわしいことです。さらにこれらを買い占め,転売で利益を得る輩まで。
 日本の社会で品薄になること自体,どう考えたって疑問符が付きます。なぜならばメーカーが品薄になる要因に乏しいからです。ですから意図的な品薄です。

 

 様々な自然災害に見舞われても逞しく再興してきた国です。苦しいとき困ったときの対応の仕方を身をもって味わっている人も多いですよね。
 そんな国民が多い国ですが,買い占め・転売で自分さえ・儲けしか考えられないとは,本当に情けないことだと思います。自己中・金の亡者ですな。

 

 このような状況でなくても,人間の価値は平常時ではなく非常事態に陥ったときに現れるものです。あのきちんと並んで順序よく乗車する国民性はどこへいった。
 政府は,全国で一日に生産可能なマスク・トイレットペーパーなどの”正確な情報”を流すべきです。「十分にあります」では,説得力がありません。

 

 世の中情報化社会です。罹患者・死亡者数ばかり流していて,検査能力・感染経路など把握している情報を正しく流して欲しい。この点,半島の方が進んでいます。
 先日のアベちゃんの訳の分からぬ,不安を払拭するにはほど遠い会見,国会同様記者の質問すらまともに応えない人です。国の混乱の元凶は彼です。

 

○ これまた野次馬根性丸出しです。”埼玉県で黒い雨が降った!”と言うニュースです。地元ではその原因を解明しようと躍起になっているそうです。
 事が起こったのは埼玉県蓮田市を中心に”黒い雨”が降り,道路も車も黒くなったと言いますから驚きです。勝手な予想ですが,どこかの煤が雨に混じったのでは?

 

 公務員を中心とした不祥事が全国ナンバーワンの埼玉県,腹も黒いと思っていたら雨まで黒い…まあこれは冗談半分ですが,洗車が大変ですねえ。
 世の中には珍現象があるものですが,煤?の混じった黒い雨とは驚きです。ただでさえ白色の車は,雨による垂れ汁が気になるのに,さらに雨までが…。

 

 ところで新聞の隅まで読む私ですが,未だに新型コロナウィルスの発生場所や原因がなんなのか分からない?のはどういうことでしょう。大陸の隠蔽?が原因か。
 まるで降って湧いたかのような新型コロナウィルス,突然変異でもってできたのか,それとも自然界に存在していたものに人間が誤って拾ったのか?

 

 世界の最先端技術をもっている大陸,それでも発生から数ヶ月経っても分からないとは,世界中から批判されても仕方がありません。亡くなられた方々がお気の毒です。
 さらに半島や我が国やイタリアでは,未だに収束どころか罹患者数は増加する一方です。いろいろな方が解説しておられますが,根拠に乏しい話ばかりです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7096_20200304055401

2020年3月 3日 (火)

昨日は

○ 4週に一度の内科通い,まずもって駐車場に入って驚きました。いつもならば10台以上の車が止まっているのに…。受付を済ませ,待合室に入ったら…。
 例の影響でしょうねえ。怖くて医者にも来られない?人が多いのでは。まあ私としては待合時間・診察・会計の短縮につながり喜んでしましたが。

 

 帰りにスーパーマーケットに行ったら,菜の花を売っていました。これを茹で酢味噌か鰹節をたっぷりとかけたおすましを作ろうと買いました。
 そしていつもはポテトサラダですが,パスタに変更しました。野菜をたっぷり入れますから,たくさんできました。これで二品できました。

 

 あとはハンバーグと貝汁でお終い,夕飯のメニューは完成です。因みにハンバーグは,以前たくさん作っておいた冷凍品なり。これで娘が喜びます。
 NHK”きょうの料理”をタブレットを見ながら作ります。医者ではありませんが,混んだお店での外食はしません。下手ながら安くできますから。

 

 午後本を読みながら時々外を見ていました。予報は,「午後から晴れるでしょう」とありましたが,雲の多い晴れ?でした。予報が難しいのでしょう。
 1日(日曜)の予報も外れて,結構な雨量がありました。予報では,「北部はほとんど雨は降らないでしょう」でしたから。まあJA16FJが撮れないのならば…。

 

 お天気で思い出しましたが,先日FBのドイツ人,今は広島に移動しています。岩国基地を訪れ,自衛隊・米軍を狙っているのでしょうか。彼はお天気に恵まれて…。
 私は,毎週「来週こそは…」と思っていますが,今週は6日(金曜)以外は,曇りか雨の予報です。またまた動けません。エルアルの延期で安心?しました。

 

 思い起こしてみれば,昨年8月後半から(季節を問わず)大陸から高気圧と低気圧が交互にやってきています。冬本来の冷たい冷気は,数回あったのみです。
 3ヶ月予報(これもなかなか当たりません。それでも暖冬は当てました。)を見ると,ダラダラと今のような気象が続くようです。空港に行かないスポッターですな。

 

 仕方なくスポッター事務をやっております。エクセルを使った”撮影リスト”の追加作業です。これは随分サボっていましたから,相当な量になります。
 現在2017年まで何とか終了,まだまだ先が長いです。欠けた櫛のように未撮影のレジが多いこと,やはり小まめに空港通いをしなくては,レジは集まりませんね。

 

◇ 「お空は水もの」の言葉通り,新型コロナウィルスの影響が吹き荒れています。大陸便を数多くもっている航空会社ほど被害額は,大きくなります。
 また,半島では飛ばすところがない飛行機が駐機,場所がないそうです。LCCとガリバーともに大損益,なにせ「来るな」と言われています。

 

”チェジュ航空は,545億ウォン(約49億円)でイースター航空を買収すると発表。チェジュ航空は,イースター航空の株式の51.17%となる497万1000下部を取得,経営統合を通じて両社の運営効率を高める。”

 

 国内でも旅行業大手のHISが,黒字予想から一転赤字となる見込みだそうです。政治・経済だけでなく,過去にはSARSによる大損益もありました。
 私が何度も唱えているように,これは”非常事態宣言”の元,各都市部の遮断をすべきだと思います。新千歳空港が閑散としている,当然です。

 

 新幹線の車内販売,航空機内のサービスも大丈夫かと思います。なにせ感染ルートが解明できない事例が続出しています。新幹線内で感染したら…。
 狭い空間に大勢の人が閉じ込まされる公共交通機関,新型コロナウィルスが一番好きな場所です。感染から発熱まで約半月,インフルエンザよりも質が悪いです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6952

2020年3月 2日 (月)

電波は公共物

○ はやパンク状態,何とも事前の準備が…。3月1日から”NHK+”が始まり,その登録に多くの人が殺到したそうな。一時受け入れ中断だそうです。
 HNKの受信料を支払っているならば,使う使わないは別として登録はしておいた方がいいでしょう。なにせ受診料の一部で始まった訳ですから。

 

 PCでもスマホでもタブレットでも一度登録(これがやたら面倒…まあ受診料を支払っていない人を排除する目的がありありと)すればいい。
 何より見逃した・もう一度見てみたいと言う方ならば,このインターネットを利用したシステムは頼りになると思います。NHKの反応を見ながら民放も…。

 

 番組制作費をNHKと民放と較べれば,もの凄い差があると聞きます。使用機材もお値段が…。さらにチャンネル数(BSを含め)も違います。
 広告収入に頼る民放,世の中そんなに景気が良くありません。また,先週から株価が大暴落(それも世界中で…リーマンショック以来だそうです。)です。

 

 確かに民放もBSチャンネルをもっていますが,地上波ディジタルですら製作に困り,安直な(制作費が安くつく)旅・グルメ番組などに走っている民放です。
 BSチャンネルでは,古いものの焼き直しが多いです。さらに”4K”番組は,一日の中で1割もあるかないか,ここでもNHKに差を付けられています。

 

 これで”NHK+”が日本国民の熱い支持を受けようものならば,ますます民放は困ると思います。スポンサーは細々としかも安くて受けのいいものを…。
 民間企業では,企業の統廃合が進み,必死で生き残りをかけています。免許制度に安住し,中身の薄い番組を流し続ける民放,統廃合したらどうでしょう。

 

 そうそうラジオ局でも”ワイドFM”化を推し進め,AM放送は廃れる一方です。AM基地局の老朽化,最新設備に切り替える資金難だそうです。
 ここでもNHKは,AM局を2局・FM局を1局といった万全の体制です。日本の電波はNHKの寡占だと思います。情報操作もできるのではないでしょうか。

 

 BS/CS放送でも分かるように”専門分野”に限ったチャンネル(有料)は,幅広くはないものの生き残れる可能性が高いと思っています。
 民放ラジオのような”何でも屋=デパート”スタイルは,(恐らく)淘汰されていくような気がします。ラジオ番組もワイドFMの長所を生かした内容にせねば。

 

 テレビもラジオもただただチャンネルが多いだけがいいことではありません。裏には様々な利権が絡んでいると思います。総務省の認可も甘いと思います。
 公共の電波を使っているテレビ局・ラジオ局,世の中の動きに遅れているのではないでしょうか。チャンネル数はもっともっと減っても構いません。困りません。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7361

2020年3月 1日 (日)

直に説明が

○ 今日から3月,相変わらず世の中が騒がしい。新聞を隅々まで読むと,”小・中・高,全国一斉休校”や北海道”非常事態宣言”など,どれも賛否両論。
 UAL/UAは,一部路線の運休・間引きを実施すると言います。他の二つのガリバーも(恐らく)発表,それに連動してヨーロッパのガリバーも同じようなことを…。

 

 一斉休校も政権内でちぐはぐ,悪役文科省大臣までが「実態(実情)に応じて…」と言い出す始末です。働く親まで巻き込むこと,どこまで補償するするのでしょう。
 都道府県により休校措置がまちまちなのは,あまりに突然のやり方についていけないことの現れです。これが正直な所ではないかと思っています。

 

 確かなことは,各種イベント・施設の中止(延期)・閉園等の措置は正しいと思います。一方では,公共交通機関の取組は,未だに切実感が乏しいと思います。
 大陸や半島の都市,いわゆる”ゴーストタウン化”の映像が流れても,何とも思わずどこか他人事と思っている人が多いことに驚きます。違いますか?

 

 UAがこのような措置をとるのもアメリカでの新型コロナウィルスを拡散しないためにも,危機管理が働いてのことだと思っています。正しい措置です。
 公共交通機関の取組も批判していますが,「まだまだ大丈夫」と言った気持ちがあり,現在後戻りができない危機的状況であることを認識していないからだと思います。

 

 現に「大陸・半島の経済的打撃は計り知れない規模にまでなっている」と言います。それが世界中に波紋が広がるかのように影響を及ぼしています。
 某新聞記事に半島の患者数の多さは,先進的な医療技術により,保菌者を的確に把握しているからだとも書いてありました。事実ならば,我が国の体勢は…。

 

 今でも窓口は”保健所”に絞り込んでおり,検査資格者・検査試薬などの不備が露呈してきています。加藤厚労大臣も一部それを認めていますよね。
 一般の医療機関は,蚊帳の外の状態です。「軽度の者は自宅療養」と言う全くお粗末な指示しか出ていません。国民を不安におとしめているだけです。

 

 どうも一部に非常事態宣言を戒厳令と間違って認識しているようにも思えます。国の新型コロナウィルス対策が頼りにならないのならば,自己防衛するしかありません。
 それは不要不急の外出を控えることにほかありません。少なくとも感染者が出た都道府県あるいは市町は,非常事態宣言を出すべきです。不便は我慢です。

 

 アベちゃんがさらに突っ込んだ措置をとることを願っています。国民一人一人に公共放送を通して,直に今の状況を鑑み,やむを得ない措置と説明すべきです。
 どれだけ批判されようともやって欲しいと思います。金よりも命,経済的に困窮される方々への対応も併せて述べて欲しいものです。早くやって欲しいです。

 

  アベちゃん,記者会見をしました。しかし,たったの30分あまりです。詰めかけた記者団の質問も途中で遮り(これ以上己に批判が向かないように)退出です。何のために記者会見を開いたのか,さっぱり分かりません。
 よく指摘されているように”後手後手”の批判を避けるための実績作りとしか見えません。まさに裸の王様,こうなると自民党まで国民の批判対象になります。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7003

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »