2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

これでいいのかな

○ FBの友達が日本にやって来た。関東の空港を終え,中部そして関西へ移動すると言います。まったくもって大変な時期に来日したものです。感染しなければいいのですが。 メールで面白かったことの一つ,「日本のビールはなぜこうも高いのだ!」と嘆いていました。確かに本国(ドイツ)と較べれば,高いですよね。

 

 返事に「日本のビールの値段の半分近くは,税金です。」と書いてやったら,「クレイジー」の一言でした。因みに私のお薦めしたYEBISは,気に入ったようです。
 さらに第二・第三のビールも飲んだそうですが,疑問符が付いていました。ビールであってビールでありませんからねえ。まあ税金対策のビールですからね。

 

 そう言えば新聞に
”日本は野菜の国内流通量のうち約2割を輸入に頼っており,そのうち半分を中国産が占めている。なかでもニンニクは6割,ショウガは3割,タマネギも2割が中国産と,中国への依存度が高い。”(その他,キャベツ・ニンジン・ネギもそうです。)

 

 確かにスーパーマーケットに行けば,青森産のニンニクや(私の好きな(殻付き落花生などは,国内産は高いですねえ。2~3倍の違いがあります。
 外食産業が,輸入農作物に頼る(いや肉類もそうですね)ことは知っています。輸送費を差し引いたら,原価はどれくらい?と言いたくなる値段でしょうね。

 

 冒頭のビール,確かに税金の塊です。さらに大麦やホップと言った主要原料のかなりの部分を輸入品に頼っているのでは?コーンスターチは間違いなく輸入品でしょう。
 日本の農業は,(ほとんどの地域で)労働集約型です。諸外国と較べれば,大型農作機械の導入は遅れています。さらに兼業農家の存在です。

 

 過去にも書きましたが,食糧自給率(カロリー計算)をしていけば,それ程低いものがあります。それでも先程の理由により高額な農作物に変わりがありません。
 ましてやコストダウンが至上命令の外食産業にとって,農作物も魚介類も世界中からかき集めている状態です。これが安さの秘密ですよね。

 

 コストダウンばかり考えていると,今回のような非常時に困ります。己の携わる会社(店)の繁栄ばかりを考え,国全体を考えない浅はかな商売です。
 「なぜ高いのか」を考え,「何とかもっと安価に国内産が入手できないものか」と考える会社(店)はないものかしら。ここにも金の亡者がいますね。

 

 例えば,漁業について言うならば,日本は世界の中でもトップクラスの養殖技術を築いてきました。「獲る漁業から育てる漁業へ」との転換です。
 難しい養殖技術も官民一体となって取り組んできた成果です。身近に素晴らしい実績があるにもかかわらず,どうも農業の分野では遅れが目立ちます。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6899

2020年2月28日 (金)

弱ってきたなあ

○ タイヤ交換,若い頃は平気で4本交換をしていました。が,一度ギックリ腰をやってからは,縁遠いものになりました。お金を支払ってもやってもらいます。
 随分暖かい日がやってくるようになりましたが,未だに冬用タイヤを履いています。しかし,ソロソロ交換をしても…。タイヤは廃棄処分,またお金がかかります。

 

 また,小さい頃から布団を干すことが好きな私です。花粉症の方々には申し訳ありませんが,お日様の光を浴びた布団は,実にいい匂い,余分な水分を飛ばしてくれます。
 が,その布団干しもだいぶ苦痛になってきました。我が家は強い北風の時も干すことが可能です。飛ばされる心配もありません。が,布団が重たく感じられ…。

 

 昨日図書館の帰りに(珍しく車で行きました。)JAに寄って,骨粉入り油かすと乾燥鶏糞を買ってきました。(どちらも)庭木に施すためのものです。
 この肥料,車のトランクに入れること・出すこと,これまた苦痛でした。ギックリ腰が再発しないように慎重に慎重に。本当に情けない身体です。

 

 強い北風,青い空,本当に久し振りです。しかし,こういうときに限ってJA16FJは…。一体どれだけ待ったら撮影できるのかしら。縁のない飛行機の一つです。
 そうそう某方のブログに書いてありましたが,お近くの飛行場,完全二重フェンス化がなされました。こうなると重い脚立をもっていかねばなりません。腰が…。

 

 これは蛇足ですが,日本の主要空港に押し寄せていたBレジ,その勢いは完全に止まりました。運休・間引き・ダウンサイズなど,人やものの動きが鈍くなりました。
 そうこうしていたらHLレジまでおかしくなってきました。我が国よりも感染者数が多い半島,こちらも来て欲しくないレジとなっています。

 

 日本のガリバー2社,人の動きが鈍ってきたから運休し始めました。なぜもっと早くこの措置をとらなかったのか,素人には理解しがたいことです。
 全国の都道府県で患者数は増加の一途をたどっています。人の多く集まる所,イベントの中止・延期も相次いでいます。これも対応が遅かったです。

 

 元に戻り,ジムにも通わず,ただ歩いているだけの私です。身体中の筋肉が細り,腹部周りだけが脂肪で豊かになってきています。運動不足ですね。
 これで膝の故障がなければ,少しは動いてみようと思うんですがね。疲れたときに出てくる膝の痛み,本当に刺すような痛みです。これも怖いんです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6845

2020年2月27日 (木)

青組が面白い

◇ やはり青組は面白い,先を行く。B787-10を11機,B787-9を9機新たに発注するそうな。B777-200を順次B787-10に置き換えていく方針のようです。
 10は国内線に初めて導入(国際線には導入済み…これの転がりがなかなか撮れず,まだ1機という情けなさ)し,今回のものは国内線用だそうです。

 

 青組,振り返ってみればB777-200を国内では初めて導入,尾翼に”777”(これがフフフとも見えました。)と,新しい機材を誇らしげに見せたものです。
 因みにB777-300は,”風”をイメージした爽やかな水色・青色のウェーブが記憶に残っております。いずれにしても先取りのイメージが漂っていました。 

 

 残るB777-300は,B777Xに置き換えることは発表済みです。これまた楽しみな飛行機です。ただ主翼の折りたたみの光景は,撮る機会はないでしょう。
 ただ一つ,新たに導入するB787,エンジンは(これまでRR製)GE製を使うというちぐはぐなことをやります。いつもどこかに疑問符が残るやり方です。

 

 まあ単純に考えれば,RR製エンジンでは痛い目に遭いましたから,別のエンジンを発注したんでしょうね。これで余分なパーツが増える訳です。
 予備エンジン+保守パーツを加えるならば,新たに出費が重なる訳です。3機のA380の時と同じように(素人が考えるに)無駄なことと思えてきます。

 

 これも分からないのが,B737とA320の併用です。さらにA321の増機,航空機製造メーカーへの青組からの配慮なんでしょうかね。無駄ではないでしょうか。
 世界的に見てもB737とA320は,猛烈なセールス,ライバル同士です。普通ならばどちらか一方を選択し,無駄を省くのが経営に優しいやり方です。

 

 もう一つ気になること,B767はどうなるのでしょう。これは赤組でも同様で2020年代半ばまでは使っていくような気がします。貨物機に転用?
 巨大なウィングレットを追加装備したB767が,国際線で使われています。B767-300の寿命が長いですが,ウィングレット時代は短いような気がします。

 

 残るはDHC-8ですね。公表はされていないようですが,青組はほとほと困っていると思います。六度の延期をして(それもいつになったら)いるスペースジェットです。
 これが海外の航空機製造メーカーならば,とっくにキャンセルしていると思います。(一応)国内産のスペースジェット,キャンセルもままならない。

 

○ 今日の1枚
Dsc_0002(王様のまぐろ食堂:切り出し丼:800円…以前と比べると落ちました。)

2020年2月26日 (水)

非常事態宣言を出せ

○ 新型コロナウィルス,何とイタリア北部閉鎖のニュースが入ってきました。感染者数の急激な伸び,「感染力はインフルエンザ以下」は,本当なのかしら。
 昨日も開店(ドラッグストアー)前から何人もの人が,マスクを買い求めて並んでいました。世間では,相変わらずマスクの品薄・買い占めがあるそうです。

 

 ネットニュースでは,わずか一日で百万円以上の利益(マスクの転売)が載っており,ワイドショーで紹介されたとも。ワイドショーも品格が問われます。
 私は家にある在庫品で細々と防衛をしています。世の中にマスクが(再び)出回る頃,なくなるような気がします。買い物以外は,ほとんど外出しませんから。

 

 もう一つ,驚いたのはイスラエルのとった措置です。半島からの便の乗客に対して”入国拒否”をとったそうです。まことに過激な措置,あの国らしいです。
 これで来月からテレアビブ~成田の定期便を就航させるんでしょうか,まあ延期されるのではないかと見ています。航空ファンはガッカリでしょうね。

 

 さらに現在イスラエルに滞在する半島観光客(約1300人),イスラエル政府がチャーター代を出すから,「帰国してくれ」と言い出したそうです。
 入国拒否に次ぐ過激な措置です。無料の航空券を餌に半島の人間は喜んで帰っていくことでしょう。新型コロナウィルスの蔓延している半島へお帰り。

 

 新聞を読んだら,日本政府は急激な患者数を見越して,「症状の軽い人は自宅療法をしてください。」だって。誰がその線引きをするんでしょうね。
 こうなれば武漢の様子と変わりがありません。当初の(自信をもった…全力で取り組む)水際作戦の失敗を隠すかのようなやり方を発表しました。

 

 これまでの約1ヶ月間の政府のやり方を振り返ってみると,見通しの甘さを痛感します。そして企業活動に対する規制の甘さ,公共交通機関への対応などに問題ありです。
 感染者に対する企業の姿勢,いまだに「仕事を休ませる」といった当たり前のことしか言いません。時差出勤・在宅勤務など,どこを見てものを言っているのかしら。

 

 様々な業種から感染者が出ており,感染経路をたどることはもはや困難だと思います。鉄道・空・道路封鎖,国民生活に必要な物資以外の移動を禁止すべきです。
 「拡大・収束はこの1・2週間が山場」と言うならば,現状のままで言うのがおかしいことです。企業・学校等,1・2週間休ませてはどうでしょう。

 

 「多大な損失が生まれる」と言う意識が頭の中にある限り,大陸や半島と同じように拡大の一途をたどっていくと思います。金が大切か命が大切か。
 危機管理能力,これに欠けていると思います。これだけの騒動,収めるには非常事態宣言を出すべきです。不満が出ようが,命が大切ですよね。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6835

2020年2月25日 (火)

車談義

○ ある会で「どんな車が実用的か」と言う話題になりました。私(一番のロートル)を含めて5人,まあ自分の所有する車・憧れの車を含めて盛り上がりました。
 二人は,ディーゼル車を薦めていました。これだけ石油製品が高止まりしていると,軽油の安さは懐に優しいでしょう。私も過去には何台もディーゼル車に乗りました。

 

 が,いかんせん燃料は安くとも(レギラーガソリンよりも約10円は安い?)元々の車両価格が高いです。また搭載しているバッテリーも高出力=高価です。
 「M社のディーゼル車は評価が高い」と言われますが,あのアクの強いデザインが10年もつでしょうかねえ。と言うのも,現役世代で元をとるほど走れる?

 

 これは私が常々疑問に思っているT社のハイブリッド・カーも同様です。都市部のタクシーにハイブリッド・カーが多いことは,よく理解できます。
 渋滞+相当な走行距離,これならばハイブリッド・カーの高額の元が取れます。間違っても「ハイブリッドカーは燃費外から購入する」とは思わない方がよろしい。

 

 私の知り合いに大変に行動力のある方が見えます。当然ハイブリッドカーに乗っておられます。タクシードライバーと同じ,相応距離は相当なものです。
 ディーゼル車もハイブリッドカーもお値段が高いです。その元を取り戻すには,それなりの距離を走らねばならないと言うことです。私もよく走りました。

 

 次ぎに出てきたのが,いわゆるワゴン車です。家族全員がゆったりと乗れる,ワゴン車ならではの長所です。T社のワゴン車は売れています。それも高級なものが。
 笑ってしまいます。T社の高級ワゴンのプラットフォームって,一昔前のものです。化粧を替えているだけで中身は古いです。但し,エンジンは置き換えています。

 

 それに現役世代,いつも(通勤)はあの広い空間にドライバーだけですよね。当然重たく燃費も悪い。私ならば,必要なときにレンタカーで済ませますね。
 それにこの種の車も例外なくどんどん大きくなってきています。ただ優れた点の一つをあげるのならば,後席のスライドドアでしょう。狭いところでも乗降できます。

 

 家族構成,日常使いで何人乗るか,経済性や安全性などをあれこれ考えます。ですからベストカーは,人それぞれ異なってきます。今売れている車が自分にとっては…。
 「メーカーにとらわれず,自分の使用状況をはっきりさせて決める」と言う結論になりました。流行に流されず,自分の考えが大切と言うことでした。

 

 5人の中には,高級車を所有する者はいません。各々の事情により所有する車を決定した訳です。それに世の動きは,燃費からサポカーに移ってきました。
 私の年齢を考えるのならば,次の車が最後の車になると思っています。75歳(それまで生きられるか?)になったら,運転免許証を返上しようと思います。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7096

 

2020年2月24日 (月)

自分(自社)のことばかり

○ ネット企業4社の2019年のスマホ決済関連の赤字額は1100億円を超え,前年に比べて倍増したそうです。世の中”○○ペイ”の大流行,最も地方に行けば…。
 これだけの赤字を出してもdocomo,au,softbank,楽天は強気です。と言うか,やはりこの世界も弱肉強食のようです。吸収合併・連携により乗り越えようと。

 

 消費税10%のアピールに役立ったように見える”○○ペイ”,普及している携帯電話で決済ができる簡単性に多くの人達が共感したのでしょう。
 飴と鞭ではありませんが,”還元ポイント”の存在がこれを後押ししています。すなわち”囲い込み”です。消費者の多い都市部では有効かも知れません。

 

 以前これも書いたことですが,私は”ポイントカード”そのものに”囲い込み”を感じ,それ程熱心なポイント猛者ではありません。財布がふくれるポイントカードです。
 各お店が発行するポイントカード,一見消費者に賢い買い物をしていると錯覚させられます。損して得する,最も損をしていませんがね。

 

 冒頭の”○○ペイ”,ここに来ると企業の体力勝負です。携帯電話の安売り時代を思い出されます。これが進めば,ますます4社の寡占が進みます。
 寡占が進めば,結局消費者に不利な状況が生まれてくると思います。まあ「還元ポイントと言う甘い汁に乗せられた」となるような気がしてきました。

 

○ アベちゃん,新型コロナウィルス対応で各方面から批判を浴びているのは,ご存じの通りです。危機管理意識の薄さが,その原因です。
 まあその追求はさておき,毎日毎日患者数は増え,各地方自治体の対応のまずさ・受け入れ体勢の不備など,今からそして今後どうしていくのか,不安になります。

 

 ダイヤモンド・プリンセスから下船した人から(新たに)患者が出る,難しいとは思いますが検査の不備を指摘されても仕方がありません。
 千葉県では,中学校の教師が感染,3連休の後学校を休校すると言います。これが職場であったら,企業のトップはどう判断するのでしょうねえ。

 

 SARS以上に世界経済に大きな影響を及ぼし始めている現在,「不要不急の外出は控えて」「イベントの中止は慎重に」などと,今になっても対応が甘いです。
 飛行機・鉄道など不特定多数の人が使う交通手段,この中に新型コロナウィルス患者が混じっていたら…。保菌者の宿泊した施設,翌日異なる人が…。

 

 大陸では,武漢封鎖を続けています。その効果は出ていると思います。プーさんも思い切ったことをしたものです。それでも封鎖しなかったら…。
 この状態が続くのならば,(例えば)映画館・観光地など不特定多数の者が集まる場所に行くことは不安になります。安心なのは,自宅に閉じ籠もることになります。
 
 アベちゃん達が考えているのは,「経済に悪影響を与える措置はしたくない」と言うのが本音だと思います。ですからやることなすこと生ぬるい。
 もはや政治機能は滞り,政権維持しか頭にないアベちゃんです。「国民の命と安全を守る」と言う言葉が,なにか空々しく聞こえてくるのは私だけでしょうか。
 
○ 今日の1枚
Dsc_6810

2020年2月23日 (日)

今必要なことは

○ またお天気が周期的に変わる,朝からどんよりとした曇り空,いつもの散歩にしては気合いが入りません。それに予報に反して時々小雨が…。
 世の中3連休の初日,いつものお休みの日と較べると交通量は多いようです。そんな中,ドラッグ・ストアーのシャッターの前には行列が…。

 

 「何の大売りですか」と野次馬根性丸出しの私です。帰ってきた言葉は,「マスクを買いに来ました」だって。何でも全国的にマスク不足だそうです。
 たくさんのマスクを買い占めて,一体どうするんでしょう。一つは転売目的だそうです。アマゾンでは,マスク代1500円+送料8000円というのを見付けました。

 

 東南アジアでマスクを買って大陸で売る。何でも1ヶ月で1000万円の利益を上げた猛者もいたそうです。何とも恐ろしい金の亡者がいるものです。
 まあ大陸も日本も”精神的バックボーン”がなく,”自分(達)さえ良ければいい”と言う考え方が当たり前になっているんですねえ。日本も変わりました。

 

 私の生い立ちで言うならば,「たくさんできたからお裾分け」と言うのが当たり前の時代でした。お互いに支え合う気持ちが当たり前,困ったときは助け合う。
 こういった考え方,大災害に遭ったときに見られるようですが,とても一般的なものとは言えません。やはり”自分(達)さえ良ければいい”ですね。

 

 もう一つ,自分(達)が使う・食べるものしか手を出さない。日本で言うならば,アイヌ民族がこの考え方を徹底いたそうです。この考え方は時代遅れでしょうか。
 金さえ出せば何でも揃う,こう言った考え方(思考)ですから,「人が困っていても助けない,自分(達)さえよければいい」と言うことになると思います。

 

 アマゾンのマスク,あれなんぞその典型的なものです。それに対する社会的な批判は部分的であり,類するやましいことをしているんでしょうね。
 マスクを本当に必要とする人(達)が,マスク不足を嘆いていることを知っているならば,あんな馬鹿げたことをしませんよね。狂っています。

 

 こう書いてくると,(先日も書きましたが)つくづく日本の国の教育に”教育勅語”に類するものが出てこないかと思ったりします。心の育成です。
 これを天皇性賛歌とか教育の国家統制と批判する輩がいます。そういった輩は,どうしたら日本国民に”精神的バックボーン”を育てていくのか聞きたいです。


○ 今日の1枚

Dsc_6817

2020年2月22日 (土)

責任転嫁では

○ 先日”負の遺産”について書きました。地球温暖化は加速度的に速まってきていることも事実です。二酸化炭素の発生を抑えることが大切だと…。
 そして(例えば)自動車メーカーは,電気自動車の開発(内燃機関が不要になる)を推し進めていることも既成事実です。しかしこれにも疑問があります。

 

 過去に自動車メーカーは,燃費向上(石油製品の使用量を減らす)と言うことで,アイドリングストップと言う機構を開発,今では主流となっています。
 が,この機構をもった車の(交換)バッテリーの高価なこと。ユーザーから見れば,普通バッテリーとの差額を考えると,ない方がいいようにも思えてきます。

 

 日本のメーカーが先頭を切っているハイブリッドカーも同様です。確かにガソリンの使用量は減りますが,その分バッテリー代をかさ上げした車両価格です。
 自動車メーカーは,自分達の都合のいい二酸化炭素削減方法を開発しているだけです。ユーザーの負担増なんてこれぽっちも考えていません。燃費の話にすり替えています。

 

 今開発している電気自動車…一部は既に販売されています…これとて自動車メーカーへの批判をそらせるやり方であることを論じて欲しいものです。
 電気自動車の電気は,何から作られるのか,もう少し幅広く二酸化炭素排出を考えねばならないと思っています。しかし,そんな話題が登ることは…。

 

 悲観していたら,何とMAZDAは5年くらい前から電気自動車への疑問を発表していたそうです。私なんぞ,このことを知ってMAZDAの首脳陣に拍手を送りたくなります。
 そもそも自動車という乗り物は,地点移動の役割が第一です。その際に(過去にはもの凄い量を)二酸化炭素を空気中に排出してきた訳です。

 

 そのことと石油製品を使わないことが,地球温暖化につながると言えるのでしょうか。MAZDAの首脳陣と考えは同じです。さらにさらに二酸化炭素の排出を抑える大切さです。 電気を作るために石油製品や天然ガスを燃やし続けるのならば,排出元が替わっただけの問題ではないでしょうか。電気自動車=環境に優しい?本当でしょうか。

 

 MAZDAの技術陣は,いかに少ない石油製品でしかも二酸化炭素を排出量を抑えるか,ここに技術の粋を集めようとしているそうです。逃げではなく攻めです。
 攻めとは,自動車メーカーとして責任をもって二酸化炭素排出量を減らす努力です。逃げとは,自分達はいいものになって責任転嫁を図ろうとする考え方です。

 

 ハイブリッドカーで誤魔化し,アイドリングストップでも誤魔化し,次ぎに電気自動車で誤魔化すような動きには,私は反対です。どう思われますか?
 世界中の自動車メーカーが,逃げ腰にならず,メーカーの責任において二酸化炭素排出量を減らす姿勢になって欲しいものです。きっとできると思っています。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7830

2020年2月21日 (金)

今日2本目

◇ 空の世界は水もの,世界経済如何によっては良くもなり悪くもなります。これは特に国際線と国内線の占める割合がどうかで大きな分岐点になっています。
 もちろん現在の状況から言えば,大陸便の運休はやむを得ないでしょう。一時的?とは言え,かなりの収入源になることは間違いないでしょう。

 国際線に占める割合(シンガポールや香港は,100%国際線です。)が大きい航空会社,これは大幅な減便を余儀なくされています。SQは,3~5月まで減便を発表。
 その前からCXは大減便を実施中です。さらに減ってきているのが,国際貨物です。経済大国である大陸の工場が正常に操業できない。入るも出るもものが動かない。

 SQ/CX程ではないものの,半島の航空会社は飛ばすところがなくなってきています。半日で飛ぶ先を大陸に向けたら,こんどの騒ぎです。済州島便ですら,大減便です。
 最近耳にしなくなった半島の大統領,それでも航空会社に緊急融資を行い,何とか倒産を防ごうと躍起になっています。仕方なく我が国に戻ってきています。

 またアベちゃんの失策を書きますが,政府の掲げる訪日客数の目標,あれは一体何が目的なんでしょうねえ。ただただ数が増えれば観光立国と言えるのでしょうか。
 国内での患者数が増える一方の昨今,打つ手打つ手が後手後手に回り,右往左往している政府です。言うことは(いつも通り)いい響きの言葉ばかりですがね。

 もう一つ,既成事実が先行しているのが,南風時の羽田の滑走路運用です。某方からお聞きしたのですが,あの急激な降下(たった0.5度)は神経を使うそうです。
 今までほとんど経験したことのない降下です。シュミレーターでも経験の少ない降下,それが間もなく本格的実施になるそうです。先日予行が行われました。

 いろいろな空港への離発着をしているベテランパイロットでも,あの降下率は刺激的(辛い)ものがあります。DALは,あのコースを拒否しました。
 さらに品川区・大田区あるいは川崎市では,航空機騒音が凄まじいものがあると伝えてきています。国土交通省の役人は?そう「想定内」と口を揃えています。

 振り返ってみれば,最初の騒音問題として新幹線騒音が裁判にまでなりました。空港で有名なのが,伊丹(大阪)空港の騒音問題でした。国のごり押しです。
 そして今回の羽田の問題です。地域住民に丁寧な説明があったのでしょうか。想定内と言いながら,それを丁寧に説明したのでしょうか?私は知りません。

 国の施策のために国民の健康と安全が脅かされる,そして裁判となる。政権に忖度したような判決が出され,ますます国の強権発動の回数が増えていく?
 まあ羽田の場合は,南風(原則北風運用)の時だけですから,数分ごとに走る新幹線や年中上空を飛ぶ伊丹(大阪)空港と較べれば,まだまだ…。

 別件ですが,新型コロナウィルスの影響でアジア各国の航空会社の収入は,約3兆円の減益と伝えてきています。リーマンショック以来の大減益です。
 アジア便を休止しているアメリカのガリバーは,その機材を(何と)国内線に転用するといいます。UAL/UAはこの機会に新塗装に生かすつもり?

 以前にも書きましたが,FR24で見る大陸は,1機1機のレジが拡大せずとも分かる状態です。減益の約半分が大陸の航空会社というのも肯けます。
 欧米のガリバーの素速い動き,これが我が国にも影響を及ぼしてきています。終息宣言が長引けば,間違いなく7月のオリンピック開催に影響するでしょう。

雑談

○ 毎日歩いています。冷たい北風の日が少なくて嬉しいです。風に向かって歩くと,やはり速度は落ちますし,疲れが倍増します。風呂に入ると直ぐに分かります。
 発見,ハウジングセンターでの建て直しが4軒,この勤め人の自家用車=4分の1は外車!住宅産業は,そんなにサラリーがいいとは知りませんでした。

 

 発見,コース途中にあるお宅,キャンピングカーを手放したようです。年5?6?回では,いくら便利だとは言え無駄ですね。車両価格で何泊できる?
 発見,軽自動車からソリオ・バンディットに替えられたお宅,奥様が毎日嬉しそうにお出かけ!これが実によくお会いするんですねえ。もちろん挨拶を交わします。
 発見,田起こしを完了している田んぼが8割以上,あと2ヶ月少々で田植えですよね。野鳥が掘り起こした田んぼに来て,小さな虫を食べています。

 

 先日図書館へ本を返却,また新たに本を借りてきました。今年も目標を楽々達成できるペースです。本を読むことは本当に好きです。番茶を飲みながら,最高ですな。
 そのついでに本屋さんに立ち寄りました。久し振りに(何年ぶり?)月刊"AIRLINE"を買ってしまった。「日本の旅客機JAレジストリー」特集,衝動買いかなあ。

 

 図書館の雑誌コーナーでこの雑誌を見かけても,「ああ相変わらずだなあ。マンネリズムだ」と思ってパスしてきました。が,レジ特集となると…。
 それにしても1500円+税,この雑誌も高くなったものです。私が購入していた頃は,約半分の価格でした。こんなに高価な雑誌を定期購読はできませんなあ。

 

 悪口を言うつもりはありませんが,バックナンバーを見てみると,やはりネタ切れ?海外の雑誌の方がはるかに面白いと思います。昔は買っていたなあ。
 海外の雑誌の特徴は,読者からの投稿写真にたくさんページを割いていることです。私も数回掲載してもらいました。世界中の読者に見てもらいました。

 

 マンネリズムを避ける方法の一つが,投稿写真に力を入れることです。優秀な作品は,もっともっと大きく掲載=ファンを大切にする姿勢,できないものか。
 私の知る限り,航空写真のプロと称する方々,少々鼻高ではないでしょうか。某氏のカレンダー写真,「これがプロの写真?」と思われるものまで…。

 

 空港に行かないスポッター,2月も終盤にさしかかっています。相変わらずお天気が安定しません。ガソリン代・高速度料金(夜間料金ばかり)など,お金がかかります。
 楽に車中泊ができるようになれば(冬の車内は冷蔵庫です),「晴れ間をぬって数日間粘ってもいいかなあ」とも思っています。とにかく冬スケ中です。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6569 (DL/BA/SK/SU,他にも…寂しくなります。)

2020年2月20日 (木)

豊かさとは

○ 一頃我が国では”ブータン”ブームというものがありました。マスコミが作り出した”幸福度No.1を誇る国ブータン”,新しいものに群がるいつもの習癖です。
 と言う私もブータンを旅行したことはありません。そこでブータンという国を頭の片隅に入れておいて,テレビでブータンを紹介する番組をいくつか見ました。

 

 まずしょうかいされたのは,北はヒマラヤ山脈,南はインドと接する平原,国土のほとんどが斜面という自然,人々の宗教(仏教)に対する信仰心は厚い。主な産業は農業。 ヒマラヤ山脈からの雪解け水を利用した水力発電,余った電力はインドへ輸出されているそうな。それでも流れてくる映像を見ていると…。

 

 ブータンを紹介する映像を見ていて一番感ずることは,”もの”の量が大切ではなく,”こころ”の大切さを知ったことです。多くの日本人が,忘れ去ったものです。
 その一つが,やはり”宗教”です。日本人の多くが(名前だけかも知れませんが)仏教徒です。が,お寺さんに足繁く通う人となったら…。

 

 もう一つ(これは賛否両論あると思いますが),”教育勅語”のような精神的バックボーンがないことです。日本人の多くにかけているものではないでしょうか。
 大量に流され続ける”消費は美徳”,いつしか日本人の多くはこれに染まり,絶えず刺激を求め,新しいもの新しいものを求めるようになってきました。

 

 そういった民族から見れば,ブータンという国は遠く置き去ってしまった”こころ”を思い出してくれるのでは?しかし,ここに帰りたいとは思わないだろう。
 最初にブームと書きましたが,今ブータンという国に興味・感心をもっている日本人がどれくらいいることでしょう。何もかもが,”消費”となっている国です。

 

 そろそろ今日このことを書こうと思った理由を。私は京都龍安寺の本堂裏に置かれている(レプリカ)つくばい,これに刻まれている”吾唯足知”です。
 ここで大切なのは,”足るを知る”という文言です。間違ってはいけないことは,ここではお金のことを指しているのではありません。あくまで”こころ”です。

 

 毎月の年金額を見ると,その額の少なさにため息が出ます。税金・保険料等,出ていく額を差し引くと一体どれだけ残るでしょう。何もせずとも出ていきます。
 私が就いていた職業では,年金積立額が他の職種と較べると高かった。それでも年金生活に入れば,戻ってくると信じて我慢してきました。ところが現実は…。

 

 相変わらず”物欲”に走っていた当初は,毎日が不平不満の連続でした。しかし,それも3年目が過ぎ去ろうとしている頃になると,順応する力がついてきました。
 それは,”足るを知る”というものです。「あれが欲しい。これが欲しい」と物欲に走っている姿,自分が見えていないと思うようになりました。

 

 (一例)「フルサイズのカメラが欲しい」と思っていました。ついでにそれに見合ったレンズも…。よくよく考えれば,どこにも資金がありません。
 こんなことは,この3年間で幾度も経験をしました。そのほとんどが”夢物語”に終わってしまいました。今思えば,それで良かったと思うようになりました。

 

 「もので満足するのではなく,心で満足する」と言った生き方をすることが,幸せな人生ではないかと。お金に対する欲,これには天井はありません。
 例え念願のものを得たとしても数年(数ヶ月・数日)も経てば,また新しいものが欲しくなるものです。あるもので満足する=足るを知る。なければ諦める。

 

 別にブータン国民に限らず,精神的バックボーンをもった人(達)は強い。そして富裕とは,お金やものの量ではなく,心の豊かさだとね。
 ブータンブームを作ったマスコミ,よくよく考えてみれば自分達の作った番組は,番組制作者への痛烈なしっぺ返しと気付いているのでしょうかねえ。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6486

2020年2月19日 (水)

忖度がないと

○ やりたい放題,あべちゃんどうしたんだろう。権力者,古今東西その位置につく(ついた)ものの宿命か,周りにはイエスマンばかりがそろう(そろった)ようです。
 森友・加計問題にしても隠蔽体質が表面化したものであり,検事長定年延長問題も,サクラ問題もあべちゃんの(汚れた)裏の面を見ているようです。

 

「丁寧な説明,国民の皆さんに納得できる説明に心がけたい」と,よくもまあ白々しく言ってきたものです。この言葉を言うときは,逆のことととらえた方がよろしい。
 そう臭いものには蓋をする,消し去る,熱した雰囲気が冷めるまでのらりくらりと問題をすり替え,ひたすら逃げまくる。これの連続ではないでしょうか。

 

 最初に言っておきますが,これほどひどくとも自民党内にはあべちゃんに替わる人材がいない?それとも育っていない?消去法で,「他に任せる人がいない」となります。
 もちろん首相の専権で衆議院議員選挙を己に優位なときにやれる,そう勝てる時期に解散・総選挙にもってきたことも大きいと思います。

 

 野党が追及をしようとしても文書破棄(サクラ…これもトカゲのしっぽ切り),そして前夜祭の会場を巡るやりとり。あの場所で5千円で宴会ができる???
 そこにほころびが出てきました。驚きました。あべちゃんに不利なことを民間(ホテル)が回答した。これはトランプ同様報復措置があることでしょう。

 

”野党が示したANAホテルの見解について,首相は同日の衆院予算委員会でホテルへの照会結果として「個別の案件については営業の秘密にかかわるため,回答に含まれない」と答弁し,夕食会が見解の対象外とする見方を示したが,ANAホテルはこの部分を「申し上げた事実はございません」と否定した。”

 

 政権政党と青組は,しっかりと結び付いています。例の赤組倒産の折に立場が替わった原因がここにあります。その青組グループのホテルが…。
 まずは,政権政党,二度とこのホテルを使わないことでしょうね。けつの穴の小さい,子どものやるようなことです。こう言った記事もあります。

 

”首相側近は「なんで(ANAホテルは)回答を出したんだろう」と困惑し,自民党幹部の一人は「もうANAホテルを使うのはやめよう」。同党ベテランは「ANAホテルは外資系だからかな。(対応が)スッキリしている」と述べ,忖度のない対応だと感想を漏らした。”

 

 時の政権政党にすり寄り,己の立場を強くしようとする。よくあることです。ここに霞が関の官僚までを巻き込んでいくから質が悪い。闇の世界です。
 権力をもつ,それ自体にも問題があると思います。が,それを悪用するとなると国民一人一人の問題に関わってくるから恐ろしくもあり,批判の対象になります。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6463

2020年2月18日 (火)

恐ろし百均

○ 近くの百均をよそに,久し振りに車に乗ってダイソーへ行ってきました。我が市では一番規模の大きい百均です。以前と比べると,店の規模は大きくなっていました。
 驚くべきことは,平日の午前中にもかかわらず駐車場は,ほぼ満杯です。恐ろし百均,いやダイソーです。百円+税で済むのならば,こだわりを捨てて…。

 

 これは近くのセリアでも同様です。百均の繁盛している訳は?やはり消費者の心理・懐・品揃えでしょうね。いつまで経っても変わらぬ日本経済です。
 「わざわざ高いものを買わなくても百均のお店で済ませられるものならば,済ませたい。」と言う日本人の心理でしょうかね。それと豊富な品揃えでしょう。

 

 天井からぶら下げてある看板を頼りに店内を物色しました。まずもって欲しいものを探し,しっかり見付ける事ができました。あとはウォッチング?
 いやいやただ単に見ているだけでは済まされないのが,百均の魅力です。「あったら便利だろうなあ」と思わせるものが,これでもかこれでもかと置いてあります。

 

 買う方も「まあだまされたつもりで買うか,どうせ百円だし」と,財布のひもがついつい緩くなるのが,店側の狙いなんでしょうね。ただ百円を超すものも…。
 他の買い物客の籠を見ていると,皆さん籠の中には買おうとするものがいっぱい入っています。店側の心理作戦が大成功だと言うことが分かります。

 

 但しよく見ると,百円でも高いと思われるものが混在しています。例えば,三菱ジェットストリームと言うボールペン,他店では90円を切っていると記憶しています。
 百円の品物,原価はどれほどでしょう。20~30%あるかないかではないかと見ています。これが50%を越すようなものを見付けるのが,消費者の目です。

 

 例えば,プラスティック製品には様々なコーナーで置いてあります。台所・風呂・掃除・文具などのコーナーの一角を堂々と占めています。原価は安いでしょうね。
 それでも多少の付加価値を付けたホームセンターの似たような品物,あれは利益率が非常に高いと思っています。但し処分する際には,要注意ですね。

 

 百均の品物の回転率は高く,次の入荷までどれくらい時間がかかるか分かりません。あるいは1回の生産で終わってしまう不人気なものもあるでしょう。
 全国の消費動向をしっかりと見極める目,これが百均経営の要だと思います。まあそれにしても買わなくても店内をぶらつくだけでも学ぶことが多い百均です。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6560

2020年2月17日 (月)

うーん,難題

○ 毎日毎日天下のNHKニュースの大半は,新型コロナウィルス関係のものばかり,うんざりしています。他にニュースはないものかと思ってしまいます。
 大陸の死者は片手,患者数は両手の大台に乗ることでしょう。権力保持に躍起なプーさん,訪日どころではないでしょう。オリンピックも危ういと見ています。

 

 ところで昨日は,終日雨でした。昨年秋口の台風以来,季節に関係なくお天気の周期が短いと思います。安定した気圧配置にはなりません。
 最大(もって)5日間の周期でしょうか,曇りや雨の日も格段に多いような気がします。外出時のダウンジャケットの出番も少ないような気がします。

 

 当然雪らしき雪もほとんどなく,金沢に住んでいる長男も「曇りや雨の日ばかり」と行っております。雪の兼六園を目論んでいましたが,どうやら無理なようです。
 そう言えば,散歩途中に見る遠くの山々,なかでも伊吹山の様子もおかしい。ここも降雪が少ないのかしら,黒い部分がかなり上の方まで広がっています。

 

 世の中”地球温暖化”を叫んでいますが,実際問題冷静にこのことを考えると,本当に難しい問題だと言わざろう得ません。エネルギーを何から得るのか?ここです。
 自動車の世界では,”電気”に頼ったものに取って代わろうという動きが出てきています。さてさてその電気は,何から作るのかしら?原発反対ですよ。

 

 工場を動かす電気は?鉄道を動かす電気は?照明器具の電気は?考え出したら,次から次へと電気!電気!電気!ですよ。それでいて火力発電所建設反対ですよ。
 水力・風力・太陽光など他にも考えられますが,いかんせん効率が悪い。さらに電気料金アップは間違いなし。今度は電気料金値上げ反対でしょうか。

 

 世の中の進歩・発展の負の遺産でもあります。と言って,グレタお嬢さんのような発言は,私から見れば枝葉末節にとらわれたものとしか受け取ることができません。
 代替エネルギーの研究・開発が一番の道だと思っています。太陽光発電の効率の悪さ(20%にも満たない悪さ,そして広大な土地を要する)です。

 

 火力・水力発電と較べると,この発電能率の悪さが一番のネックです。さらに言うならば,緑をなくし広大な土地にソーラーパネルを敷き詰める。
 それでも太陽光発電を推進するならば,新築家屋にはソーラーパネル設置を義務付けることかしら?そうすれば当然建築主の負担増につながります。また反対の声が…。

 

 負の遺産と言いましたが,地球温暖化はまさにそれに当てはまります。ソーラーパネルを安い大陸産に頼ることなく,高効率のパネルを国内産になれないものか…。
 20世紀21世紀は,エネルギーを制するものが世界を制するとも言われています。Co2ばかり問題にしていないで,その先に取り組む姿勢が欲しいものです。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6576

2020年2月16日 (日)

ここにも落とし穴が

○ テレビ・ラジオは公共放送ですよね。局の登録一つとってみても国の許可(認可)が必要です。限られたチャンネル数,そこに参入する意図とは…。
 新聞のテレビ欄では収まり付かないほどのチャンネル数,BS放送には特色あるチャンネルも見受けられますが,終日ショッピングを流しているのもあります。

 

 これが果たして公共放送と言えるのか,私には理解しがたいものです。国もようもまあこんなチャンネルに許可(認可)を与えたものかと呆れているくらいです。
 そこで流れている内容と言えば,「今だけ」「無料」などといった常套文句が流されています。商売は,「損して得する」とも言います。損しているように見えても…。

 

 ですから,通信販売にはいろいろと問題が起きています。当たり前です。損するように見せかけ(消費者が得する様に思わせる),美味い汁を吸っているものです。
 大手家電店と同じで大量購入(仕入れ)でメーカーよりも優位な立場,まあ一般よりも安く買い叩くのでしょうね。メーカーも数をさばきたいですから。

 

”「初回実質無料」や「1回目90%オフ」といった宣伝で低価格を強調する一方,一定期間の継続購入の義務付けや2回目以降の購入価格が高いケースでトラブルが多い。”

 

 非常に細かな文字であったり,注意書きとなるような内容は,短時間でさらりと流す=消費者が確認する暇もない,汚い商売のやり方です。読まれては困りますからね。
 訳の分からぬ大学の研究所の人を引っ張り出したり,賞味期限切れの(過去の)有名人を引っ張り出したり,あの手この手と考えるものです。

 

 これは新聞の旅行案内でもそうですが,一度利用するとダイレクトメールの襲来です。我が家の女・子どものためにどれだけゴミ(ダイレクトメール)が来ることやら。
 これなど,申し込む際,ダイレクトメールは必要・不要を問うてもよさそうなものです。またまた国のやることはザルである証でもあります。

 

 さらにこのザルの一例を挙げるならば,
”ネット通販は原則クーリングオフの適用外,返品や解約を受け付けない事項に同意した場合は返品や解約もできない。現状では購入前にサイトを細かくチェックすることが消費者にとっての最大の対策になる。”

 

 あのアマゾンですら,大変に苦労した経験があります。注文と違ったサイズが届けられ,返品・交換を求めたときでした。即,メーカーにたらい回しです。
 注文履歴がアマゾンのサーバーに残っているのに,面倒なことは出品者に押しつけです。時間と労力がかかりましたが,何とか返品・交換にあいなりました。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6500_20200216065101  

2020年2月15日 (土)

牛丼だあ

○ 外出していて昼時,「さー久し振りに外食,何にしようかなあ」と。まあ一人だし,手軽に食べられるものに…。走っていて最初に見付けたところに。
 直ぐに見付かりました。吉野家です。「まあ久し振りに牛丼,これもいいなあ」と決定です。牛丼御三家では,一番味があっさりしていると思います。

 

 若かりし頃は,大盛りでも平気でしたが,さすが今では普通盛りで十分です。時間が異なれば,小盛りでも十分です。タマネギ大盛り?何じゃこれ。
 牛丼御三家で共通しているのは,なぜかご飯が熱々に当たったためしがありません。余程運が悪いのか,それとも他に理由があるのでしょうか。知りたいです。

 

 遠征に行くと,朝ご飯は牛丼御三家の朝定食にすることがあります。納豆にしても生卵にしても,やはり熱々のご飯に混ぜて食べたいのに…。
 炊飯器の保温温度が低すぎる?それとも私が熱々のご飯を求めすぎなんでしょうか。猫舌に併せてあのようなちょっと温かい程度のご飯を出すのでしょうか。

 

 遠征時,すき家の混ぜのっけをよく食べます。温泉卵+オクラ+おかかを混ぜ合わせ,小鉢に牛丼の具が少し付いてきます。これに豚汁にすれば,さらによし。
 因みに朝ですから,いつも小盛り(ミニ)で済ませています。あれで野菜ジュースの紙パックでも付けてくれたら,さらに嬉しくなりますがねえ。

 

 まあつまらぬ詮索を置いておいて,久し振りに食べた吉野家の牛丼,やはり美味しいです。あの値段で牛丼が作れる,いや商売になる,不思議ですねえ。
 会計の折,今はやりのキャッシュレス決済+Tポイント,ちりも積もれば山となる。この5%還元もあと4ヶ月足らず,制度を有効に活用したいものです。

 

 そうそうここでまた失敗をしました。食べる前にマスクをとりました。食べた後,マスクが?「一度外したマスクの使い回しはよろしくない」と言われています。
 ショルダーバックあるいは車の中に予備のマスクを入れておく,これだけ各地で新型コロナウィルス患者が出てくると,いつ我が県でも発生するか分かりません。

 

 まあいつもながらの出不精です。それ程神経質にならなくても…。しかし,もしもを考えると,外出時(買い物を含めて)やはりマスクは手放せません。
 ドラッグストアーに行ってもマスクがない!皆さんも私同様に不安なんでしょうねえ。我が家では,女・子どもがウィルスをもらってっきたら…。ドキッ!

 

 思い出した。吉野家では牛丼のレトルトパックを販売していますね。これも一度挑戦したいのですが,お値段がねえ。あの値段ならば自分で作ってもいいかな。
 さらに驚くべきことが,牛丼・豚丼などの吉野家のメニューが,缶詰でも売られているそうです。これはご飯付きですから,非常食になりますね。試食したいです。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6343

 

2020年2月14日 (金)

また,ザル?

○ さらに
” 全日本空輸は,日本と中国を結ぶ中国線(香港を含む)で追加の減便・運休計画を発表。中国を中心とする新型コロナウイルスの感染拡大で中国線の需要が減退しているため。今回のさらなる減便・運休により,中国線の週間便数・路線数は通常時から半数近く減ることになる。”

 

 聞くところに寄ると,成田~上海便(A320neo)2月8日9名・2月9日8名の乗客であったと言います。飛ばせば飛ばす程赤字が累積することになります。
 本来ならば”渡航禁止”措置がとられてもいいような現況です。プーさんが怖いんだろうなあ。そのプーさん,果たして3月国賓として来日できるでしょうか。

 

 それにしても大陸のお偉方の言動は,私達では考えられないことをするものです。まずは,”トカゲのしっぽ切り”が堂々と行われ,地方役人は震え上がっています。
 さらに”絶対に己の非を認めない”,共産党独裁国家ではよくあることです。白ブタ君を見ればよく分かるのではないでしょうか。恐怖政治です。

 

 いずれに国々も過去は資本主義の勢力下にあり,富の集中が極端になっていたものです。ブルジョアジー批判,多くの国民の支持を受け,彼らを倒したものです。
 しかし,共産党内でも同じような階層が出来上がったのは,やはり人間の性でしょうか。すなわちブルジョアジーが共産党トップの連中に入れ替わっただけです。

 

 共産主義そのものの実践は,白クマ君やプーさんの国を見れば分かります。失敗です。一体富の分配は,どこにいったんでしょう。

富は相変わらず一部の者に集まっています。 ですから共産党指導部が最も恐れるのは,せっかく手に入れた美味い汁を取り上げられることです。その為に国内の不穏分子に目を光らせるようになります。

 

 強権指導,批判は許されない,これは歴史を振り返ってみればよく分かります。国民に都合のいい情報しか流さず,不穏分子をでっち上げるのは常套手段です。
 所得倍増を打ち出し(どこかの国でもあったなあ),国民の批判を逸らそうと躍起になる。革命を恐れ,徹底して国民を監視する国でもあります。

 

 元へ戻って,あれだけ新型コロナウィルスによる患者・死亡者が増え続けているのに,まだそんな国との往来を許している。考えられない対応だと思います。
 チャーター便に搭乗した人は,国の厚い保護を受けられます。これで民間機の利用者の中で新型コロナウィルス患者が出てきたら…。恐ろしいことです。

 

 ダイヤモンドプリンセス号における患者の数の増加,これにも正直驚いています。国内での患者数も3桁に乗りました。今月はさらに増えるのでは?悲しい新型コロナウィルスによる死亡までが…。
 そうです。増えて当たり前の措置しかとっていません。”入国拒否”とかっこよく行っていますが,まだまだザルです。往来を一時停止すべきです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_7590

2020年2月13日 (木)

違反,ドキッ!

○ なぜか時々嫌な夢を見ます。己の深層心理を己が解明するのは無理というものです。嫌な夢の一つが,自動車を運転していて警察官に止められるものです。
 不思議と今まで”一旦停止無視”では,捕まったことはありません。だからこそ「ついに」と止められる夢を見るのかも知れません。正夢にならぬように。

 

 最近散歩をしていて駐車している自動車のフロント・ガラスに”ドライブ・レコーダー”をつけている人が増えました。例のあおり運転対策なんでしょうかね。
 考えてみれば,やられる側に立った意識です。一旦停止を無視する車の多さ,その中の何分の一の人が,「止まった,証拠はある」と,レコーダーを差し出せるのでしょう。

 

 つまりやられる側に立って装着しても,自分の犯した違反を違反でないと証明するものとなるのか,私,その点が理解できないんです。余りに多い一旦停止無視です。
 先日書いた横断歩道に歩行者が立って渡るのを待っている,約25%の車しか止まらない事実です。これらの中には,ドライブ・レコーダーをつけている人も…。

 

 一旦停止無視に次いで多いのは,スピード違反です。恥ずかしながら,私も過去に二度捕まりました。しっかりと反則金をとられ,納入しました。
 法定速度の○%位は,許容範囲らしいですが,正確には知りません。高速道路では,法定速度も達するか達しないかのスピードで走っています。

 

 問題は,一般道です。我が県では,移動式オービスを使って取締を始めたと聞いています。そう言えば,レーダー探知機をつけている人,減ったのでは?
 固定式のオービスならば,気を付けることが可能です。しかし,移動オービスとなると防ぐのは,難しいですね。制限速度そのままで走っていたら,後続車は…。

 

 スピード違反,免許保有者1000人あたりの最高速度超過のベスト10!北海道・大阪・石川・長崎・京都・富山・香川・島根・高知・山口の順だそうです。
 北海道を除けば,全部中部以西の府県です。因みに中部以東で出てくるのは,(やはり)13位:埼玉です。我が県は41位です。しかし死亡事故は,全国トップクラス!

 

 北海道は広く,道も直線が多く,スピードを出しやすいからでしょう。あおり運転で有名になった宮崎は,大阪です。トンネル内無灯火の多いところです。
 名神・山陽高速道路を走っていると,関西人の運転マナーは決して褒められたものではありません。スピード違反の多いことも肯けます。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6556

2020年2月12日 (水)

アドバイス

〇 先日「恥ずかしい話」について書きました。(私にとって恥ずかしい話を正直に書けば、もっともっとあります。)機会があったら、続編を書きたいと思います。
 その話ですが、old man様より大変に大切なアドバイスしていただきました。読まれましたか?読まれてない方は、是非お読みになってください。

 

 その中で目からうろこが飛び出すようなことがありました。それは“ズームぶれ”のところです。今やズームレンズは、交換レンズの主流を占めています。
 フレーミングするのに立ち位置を移動しなくともズームを触るだけ、カメラマンも随分と横着なってきたものです。もちろん私もその仲間入りをしています。

 

 埼玉の富豪は、単焦点レンズも何本もお持ちだそうです。まあ金に糸目をつけず、素晴らしい単焦点レンズをお持ちです。なかでも105mm、奥様撮影専用のレンズだそうです。
 昔、私は135mmを持っていて大変重宝した記憶があります。これくらいのレンズでは、ポートレート撮影の時にいいボケ具合を出してくれます。

 

 私、埼玉の富豪に「是非ポートレート写真を1枚ください。」と懇願しました。人物撮影には、プロ級の腕前をお持ちです。飛行機の写真は、疑問符を付けますが。
 送られてきたら、プリントし額装したいと思います。もちろんこのブログでも“今日の1枚”として紹介させていただきます。期待して待っていてください。

 

 また話が横道に逸れました。これまた昔話ですが、W1の仲間の中で50mmレンズでの撮影が盛んでした。当然転がってくる飛行機ごとに移動しての話です。
 確かに50mmレンズでの仕上がりは、秀でたものがありました。昔は、このレンズのことを“標準レンズ”と言っておりました。画角が自然ですよね。

 

 フィルム時代のズームレンズは、周辺光量の点で難がありました。f2,8程度で妥協していました。私もこの明るさのズームレンズで短いの長いのを使っていました。
 ディジタルの世界が主流になったら、メーカーは暗い(f4以下)ズームレンズを平気で出すようになりました。カメラがカバーすることでごまかしています。

 

 ズームレンズで構図を決める、そのあと撮影時に微妙に動く=ズームぶれです。目からうろこと書いたのは、私はそれほど左手をしっかりと押さえていなかったからです。
 ただ単にシャッタースピードを上げるだけでは、ぶれを抑えることができないと言う話です。ガーンと頭を殴られたような(ものすごい)ショックです。

 

 「私は写真が下手だ」と公言していますが、その一つにブレがあります。それを本当に的確に教えてくださった豊田の御大、まるで神様のようですね。
 これからの撮影時、ズームレンズを使う時、ズームぶれを起こさないように左手の動きに気を付けたいと思いました。これで少しはブレが止まってくれるかなあ。

 

〇 今日の1枚
Dsc_6568_20200212001801

 

2020年2月11日 (火)

次の訪問は

○ やはり昔人間です。アマゾンで”新潟県道路地図”を買いました。近くの書店では,注文受付ですから,この方が便利です。田舎だねえ。
 随分前に”群馬県道路地図”を買い,石仏探訪の折には重宝していました。やはり紙の地図は使いやすいです。”全国道の駅”も同様です。

 

 車にはナビが付いていますが,拡大・縮小しながら運転はできません。目的地がはっきりとしているのならば,ナビは使いやすいのですがねえ。
 ですからナビはついているものの,ほとんどの場合,画面を消しています。何のためのナビなのか,果たして本当に必要なのか,疑問です。

 

 携帯電話の地図も便利ですが,これまた指の運動をしているようなものです。どうも液晶画面での地図を見ることは,苦手な高齢者であります。
 今回買ったのは,今年から始める新潟県の石仏探訪の為です。これにおおまかなポイントを記入しておき,なるべく一筆書きになるようにコースを考えます。

 

 今までの経験からすると,このポイントを置くまでに随分と時間がかかります。”日本の古本屋”で購入した古い(昭和の時代のもの)本から探します。
 情報化の時代ですが,ネットではほんのわずかしか情報はありません。最も私の探し方が雑で,いい加減なこともあるでしょう。とにかく時間がかかります。

 

 そして撮りたいものが見付かっても,書いてある場所に限らないのが辛いところです。時には盗難にあっている場合もあります。行ってみないと分かりません。
 とりあえず地図を購入,そこから初めの一歩です。以前津南町で撮影しました。今年から新潟県西部地域から始めたいと思います。(道の駅も重要です。)

 

 石仏探訪は,初めて行く土地,どんな人に出会うことができるのか,とっても楽しみです。予定していたものが撮影できると,さらに嬉しくなります。
 国道19号を長野市内まで,それとも安曇野から国道148号?かなあ。群馬県も遠いけど,新潟県も遠いです。一般道をノロノロ走って,のんびりのんびり。

 

 それに北上していくと懐かしい新潟空港があります。これまた撮影しやすい空港の一つです。もう十数年行っていませんが,まだ撮影可能なのかしら。
 道の駅+温泉,群馬県もそうですが,これまたたまらない魅力です。安いし,いくつもあります。運転の疲れをとるには,温泉が一番ですよね。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6534

 

2020年2月10日 (月)

お恥ずかしい

○ 今日は(久し振りに)恥ずかしい話から始めます。まずもって銀塩フィルムから。私のフィルム・スキャナー(Plustek:台湾製),結構な値段がしました。
 これって不思議です。KODAKのポジをスキャンしたときとFUJIのポジをスキャンしたときと,随分発色が異なります。元の特性が異なっているだけとは思えません。

 

 日本の販売代理店へ郵送し,見てもらいました。その時参考のポジを2枚付けて送りました。結果は,「異常が見られません」との回答でした。
 FUJIのものをスキャン,この時オートにしておくと,全体に青っぽくなります。今では,このソフトでの画像処理はしません。ディジタル化だけを行っています。

 

 画像処理,これは私の未熟なせいもあると思います(否,それが原因であろう)が,いくら時間をかけてもやはり全体の青っぽさは残っています。
 OSが古い頃に使っていたMINORUTA製の方が安く,FUJIでもKODAKでも満足のいく発色にスキャンしてくれたものです。今の日本製は安価なものばかりです。

 

 数回フルサイズのディジタルカメラの話を書きました。私が興味をもっているのは,花や風景写真(石仏を含む)をフルサイズで撮ってみたいからです。
 それに付け加えるのならば,アダプターを買って,マクロレンズでスライドのディジタル化をしたいと思っています。飛行機は適切なレンズがありません。

 

 もう一つは,手ぶれ(カメラブレ)をよくやります。手ぶれ補正機能の付いたレンズでも限度があります。まして安価なレンズです。解像度は低いです。
 自分では「やったね」と思っていた写真,PCのディスプレイで拡大をしていくと…。粒子が丸いことが,あるいは楕円形になっているのが分かります。

 

 皆さんは,私と違って高価なカメラ+レンズを使っておられるので,そんな結果にはならないと思います。それにしてもひどい画像が出てきます。
 粒子の輪郭がぼけている,これはレンズの解像度が一番影響していると思います。これは諦めがつきます。フルサイズを使っても(ほとんど)同じだと思います。

 

 カメラブレ,例え1千分の一でシャッターを切っても拡大すれば,出てきます。テレコンを付ければ,暗くなりますし本体ほどの解像度は…。
 さらに付け加えるのならば,(夢物語の始まり)やはりズームレンズのキレは悪いですね。三脚+マクロレンズで撮った写真は,本当に美しいです。

 

 できたら飛行機の写真でも一脚を使った方が賢明かとも思ってしまいます。拡大画像を見るならば,カメラブレはかなりの割合で起こっています。
 できたら半切くらいに伸ばしてみたいのがありますが,とてもとても…。(夢物語は続き)ズームレンズから離れた写真(昔に戻る)を撮ってみたいものです。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6500

 

 

2020年2月 9日 (日)

続きますねえ

◇ 空にまつわる”?”と思わせることが続いています。三菱を除きますが,

 

 (トルコ)ペガサス航空B737のオーバーラン,デルタ・アシアナ航空(偶然か)A350コックピット・クルーの飲み物こぼし,B737 MAXの復活?新たなソフトウエア発見,ノックエアーと地上支援車の衝突,羽田新進入路確認飛行,自衛隊ヘリ着陸失敗,そして新型コロナウィルスによる中国便の激減…。

 

 何年に一度の割合?トルコの航空会社は,着陸時の事故を起こしていますね。パイロットの技は大丈夫なんでしょうか?生まれるのは早く潰れるのも早いトルコの空。
 私もPCのキーボードに珈琲をこぼして使えなくなった経験があります。コックピットの精密機器に飲み物をこぼして,エンジン1機ストップ,「おいおい」と。

 

 もうヨレヨレのボーイングですが,何とか型式再認証の目処がたってきたかと思ったら,また新たなソフトウエアの欠陥,どうなっているんでしょうねえ。
 案の定,羽田の東京都心進入経路,賛否両論があります。伊丹・福岡では当たり前のこと,自分達のこととなると騒ぎだし勝手のいい住民達。

 

 自動車事故と較べれば圧倒的に少ない鉄道・飛行機の事故です。しかし,一度起こるととんでもない数の人の命が…。運転手・パイロットの厳しい国の目があります。
 それでも人間のやること,ミスはつきものです。今では全ての乗り物が”電気”に頼っています。コンピューター制御は当たり前の時代,それでも…。

 

 飛行機に乗る機会がなかなかない私ですが,自動車・バス・鉄道は利用します。その時事故が起こったら,恐怖心が先に立ちます。でも利用しなければなりません。
 事故が起こってから事故原因を解明することは,大切なことです。しかし,もっと大切なことはその情報を次ぎにいかに生かすことができるか否かです。

 

 蛇足ですが,成田に第3滑走路ができると言います。国・空港会社は,さらなる増便に備えた建設を目論んでいます。私,これも疑問に思います。
 不安定な気流を生みやすい空港,大事故は風によるものです。国も空港会社も避けていること=横風用滑走路建設,これこそ真剣に取り組むことではないかと思っています。

 

 確かに地権者との難しい問題があり,なかなか進展が見られない横風用滑走路です。開港して40数年,未だに横風用滑走路のない欠陥空港です。
 どうも国も空港会社もふんぞり返っており,上から目線が板についています。謙虚に反省をし,地権者と真剣に向き合う態度にならないものでしょうか。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6444

2020年2月 8日 (土)

乱れた道徳観

○ ”空港に行かないスポッター”として有名になるかも?それでも毎日FR24とAIR RADIOは見たり聞いたりしています。成田・羽田の航空無線は,楽しいですね。
 私は小型のIC-R6と言うエアーバンドを空港にもっていきます。近くの飛行場の航空無線も何とか聞けるものです。IC-R1の頃は聞けなかった,技術の進歩ですな。

 

 FR24を構築した人は立派ですね。我が国でも協力者が何人もいるのでは?その恩恵を受けている人は,相当数あるのではないでしょうか。まさに人の為=ご立派です。
 FR24に加えてFlight Awareを使っていると,時の経つのを忘れてしまいます。これはひょっとして年金生活者のためにあるのではないかと思ってしまいます。

 

 皆さんご存じのように新型コロナウィルスの大流行とともに,欧米のメジャー・エアラインは中国便を止めています。香港・台湾はしぶとく残っているようですが。
 もちろんあの広大な国土と14億人の移動,飛行機は欠かせません。が,FR24を見る限り飛行機マークが見えるようになっています。?以前は重なって見え辛かった。

 

 飛んでいる飛行機も通過していく機体がほとんどです。先月末に飛んだJA607Aなんぞ,飛び始めてずっと目立っていました。周りに他の機影が映っていませんから。
 何か一度に30~40年年前に戻ったような寂しさです。これは国民生活や経済に大打撃を与えていることは間違いありません。これは水紋のように世界へ広がっていきます。

 

 不思議に思うのは,新型コロナウィルスが重慶でどうして発生したのは?感染源は一体何だったのか,さっぱり分かりません。一説には,他の動物とも言われています。
 大陸の人は,昔から様々なものを口にしてきています。口が肥えているのか,あるいは好奇心の塊なのか分かりません。(例)ツバメの巣を珍重してきています。

 

 SARSもそうですが,どうも大陸で発生したウィルスは,このような雑食?人種によるものではないかと思ったりします。少なくとも文明人が好むものではないと思います。
 毎日流れるニュースを見ていると,何か新型コロナウィルスに効く療法が出てきたような気がします。最も臨床実験を繰り返さないとはっきりしたことは言えませんがね。

 

 一方文明人は,利に賢いと言うか,マスクを消毒液を買い占め,ネットで高く売りつけようとしています。どうしてもそれらが必要な人達は,困っているでしょう。
 人様が困っても自分が儲かればいい,やはりこの国の道徳観は崩れてきています。これを立て直すのは,容易ではありません。政治の力が必要ですね。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6515

2020年2月 7日 (金)

出不精と吝嗇

○ 私,本来出不精の怠け者です。と言う訳で,このところ(散歩・買い物以外)外出する機会がめっきり減ってきています。あとは,図書館・医者通いくらいか。
 音楽も所蔵品を取り出しては聴いたり,NHKFMを聴くくらいです。新刊本や新録音を買うというのはありません。もちろん欲しいものはありますがね。

 

 と言う訳で,365日休日の私,生活のリズムは狂うことなく過ごしています。まあ昔から徒党を組んで何かしらやることは苦手な質で,今の生活が似合っています。
 しかし,先日の医者通いで血液検査の結果を聞いたときは,がっかりしました。またまた食事制限が厳しくなりました。特に夕食に関して指導を受けました。

 

 金銭面で外食が減ったこともありますが,こうも「あれやこれや気を付けよ」と言われると,外での食事は引っ掛かるものばかりです。困った困った。
 これではますます出不精に輪がかかります。もちろん買い物のほとんどは,徒歩か自転車を使っています。車を使って買い物をする?ないですねえ。

 

 それでもまだまだ望みがあると思っています。それは毎日飲まねばならぬ薬が一種類で済んでいることです。降血剤は,もう2・3年飲まずに済んでいます。
 あとは半年に一度ある歯科通いですね。朝夕歯を磨いていますが,磨き方が下手なのか(雑なのか)歯の状態もよろしくありません。

 

 

○ ご存じのように欧米のメジャー・エアラインは,軒並み大陸便を休止しています。アメリカと経済の覇権も争う大国との空の便です。
 何せ空いては14億人の人口を要する国です。これ程商売相手に相応しい国はありません。当然人もものも交流が盛んになり,互いに豊かになるというものです。

 

 それがストップ,ここには白ブタ・白クマやホメニイの存在すら忘れる程のインパクトがあります。私なんぞ,真っ先にSARSのときを思い出しました。
 「人とものの交流が途絶えるって,今の時代に…」とね。当たり前のことが当たり前でなくなる,これがSARSのときのように長引けば…。

 

 事実SARSによる死亡者数を上回り,大陸では週当たり1千人の患者が増えてきているそうです。病院のベッドも対応する医師も不足,もちろん医薬品類も。
 それでも民間機を飛ばしている我が国,全く危機管理・意識の欠如が甚だしいものがあります。マスク等を送ったのは報道されていますが,その後は…。

 

 日本のガリバー2社,損益のことが頭にあって,大陸を支援する気持ちはこれぽっちもないようです。デルタは,中国紅十字会に25万ドルを寄付するそうです。
 これは金額の大きさを問題にするのではなく,困っている相手に手を差し伸べることの大切さの一例です。企業として個人としてできることを…。

 

 先にも書きましたが,人とものの交流は当たり前の時代です。それが何らかの理由で止まったとき,国家の企業の品格が問われると思います。
 そろばんばかりはじいている,(昔日本人を揶揄する言葉がありました)エコノミック・アニマルと言った本性が現れるようでは,何とも情けないです。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6485

2020年2月 6日 (木)

これでいいの?

○ マスクが不足していると言います。中には買い占めたマスクをフリーマーケットで高く売る輩まであると言います。これは大陸でも起こっているそうです。
 石油ショック時のトイレットペーパー騒動を思い出します。自己防衛に使うマスクをこのような商売に,まあこれこそ欲望の塊ですよね。

 

 私は,4週に一度の医者通いの折にマスクをするくらいです。あの待合室は,インフルエンザ(そう言えば,この冬聞かれなくなりましたね。)のウィルスが…。
 あとはスーパーマーケットに買い物に行く時くらいでしょうか。近くに大型ドラッグストアーがあるような地域でマスク不足が言われているようです。

 

 (間違っているかも知れませんが)風評というのは,恐ろしいものです。テレビの番組表を見ていると,これでもかと言うくらい新型コロナウィルスを取り扱い…。
 一番は,天下のNHKでしょう。余程他にニュースがないとみえて,連日ゴールデンタイムのニュースで大々的に流しています。あの取材費は…。

 

 呆れかえるのは何もNHKだけではありません。国会の審議を少し見ていたのですが,血が騒ぐ学生の討論そっくりです。国民の代表でも日本人は,討論が下手ですね。
 あれが公共放送の電波にのって全国に流されていること,感情あらわな言動が国民にどう映るのでしょう。支持と共感が得られる内容と言えるでしょうか。

 

 元に戻りますが,マスクや防護服などを大陸に送っている方・集団がいくつもあるそうです。別に見返りを求めての行為ではないことは分かります。
 「困ったときには助け合う」との心,これは別に日本人だけではないと思っています。今自分ができること,そう考え行動に移している人・集団,素晴らしいですね。

 

 前から書いていますが,私は日本赤十字には疑問符をいくつももっています。この組織を通さずに行動に移している,臨機応変にできることから,これですね。
 ここまで書いて(皆さん),新型コロナウィルス関係で日本赤十字が動いたと言う話を聞いたことがあります。(少ない情報ですが)私は知りません。

 

 「病人・けが人に敵味方はない」と考えたのは,ナイチンゲールです。その意思を受け継ぎ世界中に設立されたのが,赤十字のはずではなかったのか?
 善意で集まった義援金の配付ですら,赤十字内のフィルターを通さねば困った人に配付されない組織です。赤い羽根共同募金と似ています。得体の知れぬ組織では?

 

 最後に新型コロナウィルス,ついにSARSを越す死者・罹患者を記録しました。まだまだ増加傾向にあります。一部には対処法も見付かったとか。
 一日でも早くワクチンを開発,地球上から撲滅させて欲しいものです。長引けば長引くほどその影響が大きくなります。もう人類を救えの段階ですから。

 

○ 先日,「日本の航空会社がまだ中国便を運行している」と書きましたが,かなりの便数はキャンセルあるいは機材のサイズダウンをしているそうです。
 政府の言う「徹底した水際作戦」が,まるでザルのようなものに見えてきます。残念ながら大陸の国民そして日本国民を守る為には,決断が必要だと思います。

 

 それは大陸に進出している日本企業とて同じです。特に自動車産業は,裾野が広いものです。組み立て工場を再開しても必要な部品が入ってこないのでは?
 そう旅客ばかりに目が行きがちですが,旅客機の下(カーゴ)あるいは貨物専用機も動きが鈍ってきています。米中の貿易摩擦の最中での出来事です。

 

 これではプーさんは動かざろう得ない=お得意の上意下達,見せしめのあるのも彼がよく使う手です。自らに降りかかった火の粉,責任転嫁ですね。
 西側の多くの国々は,大陸14億人を相手に商売をしてきました。動くに動けない14億人です。それだけ世界の国々は,密接な関係にあるという証です。

 

 日本のマスコミもそうですが,この点の突っ込みが甘いです。さらに甘いのは日銀総裁の国会答弁です。「注意深く見守っている」だって,まるで他人事です。
多くの航空会社は,少なくとも2月いっぱいの中国便の減便や休止を発表しています。感染者の急増や国際的な観光客の減少などによる悪影響ばかり口にしています。

 

 それは航空貨物の輸送量の大幅減少という形で現れてきています。「注視する」程度の対応の甘さでいいのでしょうか。国会ではこの点の突っ込みも甘いです。
 それぞれの国同士が密接な関係にあり,私達の日用品や食糧なども海外から輸入されたものが多いです。どうも対応の甘さばかりが気になります。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6405

2020年2月 5日 (水)

庶民の味

○ 先日テレビで”CoCo壱番屋”をやっていた。見られた方も多いと思います。東西に巨大な二つの工場を持ち,カレーの素を生産し,各地の店舗に陸送しています。
 一番面白かったのは,カツカレーのカツ,これは愛知県で一手に生産しているそうです。肉の選別が人海戦術というのも面白かったです。

 

 このチェーン店,創業者は大手業者に身売りし,ますます商売繁盛ってところでしょうか。トッピングの数と言い,絶えず「エーッ!」と思うものを出したり…。
 最近はあまりこの店に行かなくなりましたが,足柄SAではたまに訪れています。私のトッピングは,無料の福神漬けなり。これが美味しいんですよね。

 

 人件費がかかると思いますが,ここのカレーは高いですよね。家で作っていますから,その価格設定の高いのには驚きます。味も特別美味しいとは思いません。
 若い頃からカレーライスと言えば,福神漬けです。市販されている福神漬けの多くは着色料(無害とは言え)を使って赤いです。これはとっても嫌です。

 

 そう思っていたら,日本人の国民食=カレーライス,これがイギリスで受けているそうです。なかでもカツカレーが,イギリスの若者を痺れさせているそうです。
 寿司・ラーメンに次ぐ日本食の波です。イギリス人が好きなカツは,ポークではなくチキンだそうです。それでも肉+ころも→油で揚げる,ことには違いはなし。

 

 記事に寄れば,"comfort food"とカツカレーを表現していました。「ホッとする味」の意味だそうです。フィッシュ&チップスだけではないようです。
 食べるものは,別に高級な食材を用いることはなく,親しみのわくホッとする味がいいですね。豚肉+ネギ…塩胡椒(ねぎま)を振りかけて焼くだけ,美味しいですよね。

 

 話変わって,これは私の(また)夢の一つですが,車中泊をしながら日本各地を回りたいですねえ。石仏を風景を花を撮りながらのんびり一人旅,人生最高の贅沢と思っています。
 大衆食堂でご自慢のものをいただく,これまた旅ならではのものと言えましょう。さらに温泉が加わろうものならば,もうこの世の天国ですね。

 

 連日の(私の)夢物語,日頃変化の少ない日々を送っているとついつい頭の中を巡ってしまいます。別に海外に行かなくても行ったことのない所ばかりです。
 さてその為には,今の車では少々(いやだいぶ)辛いものがあります。キャンピングカーとは言いませんが,横になって睡眠がとれる車が必要です。

 

 そう夢を適えようとするならば,大前提があることに気付きました。そうなると多大なる出費が必要になります。これまた夢のまた夢物語ですなあ。
 それでも買い替えたら,また7年は最低乗ることになります。75歳に届きます。気ままに運転できるのは,これから約7年ほどではないかとも思っています。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6379

 

2020年2月 4日 (火)

こう考えます

○ 随分前,”百科事典”が大流行したことがありました。親戚宅を訪れると,それがドデンと置いてある光景をよく見たものです。おかしな流行でした。
 私の書棚(壁一面を使った…特注品)は,ぎっしりと様々な本が詰め込んでいます。最近それらの本を少しずつ処分(読まないもの・興味を失ったもの)しています。

 

 数千枚あったCDも知人に”催促なしの貸出”をしています。それでもCDラックには,相当数あります。その他LP/LD(これは死蔵だ)/DVDなどがあります。
 狭い部屋にこれらが場所を占めており,処分を考えねばならないと思っています。本や趣味の為に人間の動きたい場所を占められていることに…。

 

 さらにFUJIのスライド・ボックス,これまた大きな場所を占有しております。これは処分する気持ちはさらさらありません。1枚1枚に思い出があります。
 空いた壁には,(安物がほとんどですが)リトグラフやエッチングの版画が飾ってあります。こういったものは,随分値下がりをしており,売るだけ損をします。

 

 私の趣味(お好みのもの)には,他の家族との理解はほとんどありません。まあ版画(絵画)くらいならば,邪魔にはならず目の保養になっているのでは…。
 しかし趣味を失えば,人生なんと無味乾燥としたものになることでしょう。趣味が家族の理解を得ていない=自己満足→死後はゴミの山?となるような気がします。

 

 現役時代ならば,まだ許される(と,自分で勝手に思っていますが)?。が,年金生活者となった今,同じような調子では趣味は(とても)続けることは不可能です。
 年金生活者のエンゲル係数は,どこも非常に高くなっていると思います。外食の回数も減るか質の低下は避けられないものです。(川口市の)資産家は別ですよ。

 

 私の言っていることは,一般的な年金生活者です。最も私のしてきた仕事は,年金(長期掛け金)が高かったことで有名です。75歳以上の方は美味しいはずです。
 例の年金機構の統合により,一般企業の方と同じ待遇になりました。若者と同じ給料から天引きされていた額を(生涯かけて)受け取ることも不可能です。

 

 横道に逸れました,趣味は自己満足の世界に戻ります。趣味を生き甲斐とすることには,大賛成です。しかし,年金生活者には重いブレーキがかかります。
 さらに優柔不断な私です。遠征=高額資金となるとどうしても慎重にならざろう得ません。例えば,福岡遠征で四日間ほとんど晴れ間なし=無駄な出費とね。

 

 写真(ポジ+デジ)を撮ることを目的とし,満足な成果が得られないのならば,貴重なお金が無駄使いとなります。それにそんなに出かける回数も多くありません。
 これが石仏の写真撮影となると,余程の雨でない限り,目的を達する(紛失をのぞく)ことができます。それでも雨が降らないに越したことはありません。

 

 趣味の世界を長く続けるには,やはり家族の理解を得ることが大切だと思います。自己満足に浸っている=独りよがり,最後には家族に迷惑をかけるのでは?
 趣味の世界,どうしてもお金がかかります。限られたなかで我慢し,細々と続けられたらいいのでは?消費=美徳の世界にいつまでも浸っておられません。

 

 私が昨年終活の一つとしてフォットブックを作りました。今後も写真撮影を続けると思いますが,一つの区切りとして作りました。薄いですから邪魔にはなりません。
 自己満足の世界を否定はしませんが,自己中の最後を迎えることは,いかがなものでしょう。趣味は生き甲斐であるとともに最後が大切だと思っています。

 

 ○ 今日の1枚

Dsc_6431

 

2020年2月 3日 (月)

後手後手に

○ 天下のNHK,今度は東北大学の某教授もクビ?(怨念を込めて)神奈川県の某研究所の方は,全国に流された自分の見解を(今)どう思っているのでしょう。
 青組のJA607A,完全消毒をしてもあなたは搭乗する勇気はありますか。運行乗務員・客室乗務員は,約2週間隔離(?)状態で,仕事を免除です。

 

 欧米のメジャー・エアラインは,軒並み中国への定期便を運休しています。対応が後手後手に回っている日本政府,まだ日本の旅客機を中国に飛ばしています。  これから重慶のように日を追って新型コロナウィルス患者が増えていくのでは?そう思って間違いはないと思います。人混みに行くからば,マスク着用が原則です。

 

 それに帰宅したら,マスクは即ゴミ箱,手をアルコール消毒するのが効果的だそうです。なにせインフルエンザ並に拡散する可能性が高くなりました。
 ニュースでは,「世界的なピークは4月」と言っていました。ワクチンの登場は,5月以降と言われています。急速な終焉を望みたいのですが…。

 

 今一度書きますが,これまでの初期対応においても日本政府のやってきたことは,後手後手に回っています。日本国内で感染が広がれば…。
 これで7月末からのオリンピック・パラリンピックを無事開催できるのでしょうか。世界中からオリンピック・パラリンピック観戦を予定している方も…。

 

 現在は,罹患者は(失礼ですが)特別待遇です。これがインフルエンザ並に患者が増えたのならば,いったいどうなるのでしょうね。訪日客は激減でしょう。
いつもながら政府の「全力を挙げて…」と言う言葉が,私には空しく聞こえてきます。優柔不断な政府,これではプーさんと全く同じではないでしょうか。

 

 そして全国の医療機関へ危機意識をもってもらうような対策を練ること,いや実施することです。これが全力で取り組む一端ではないかと思います。
 (失礼ですが)武漢のような措置を講ずることがないことを願っています。その為にも対策をどんどん前のめりに実施していただきたいものです。

 

 ニュースで武漢の様子を映し出していました。まるでゴーストタウン(都市機能の停止)です。武漢市民の堪え忍ぶ姿,思わず応援したくなります。
 今一度書きますが,できることは限られています。政府としては,一時的に中国との往来を停止する措置を早くとることです。人命第一を忘れています。

 

 

◇ 皆さん,電波法第59条ってご存じですか,知ってますよね。
”何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか,特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事業法第四条第一項又は第百六十四条第三項の通信であるものを除く。第百九条並びに第百九条の二第二項及び第三項において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし,又はこれを窃用してはならない。”

 

 エアーバンドをイヤフォンで聞くことは,法に触れていません。が,聞いた内容を第3者に伝えることは,違法と言うことが書いてあります。罰則もあります。
 まあ罰則は別にして,撮影ポイントでイヤフォンをつけずに大きな音量で第3者に聞かれるのは,この第59条に触れることを忘れないで欲しいものです。

 

 

○ 今日の1枚 

Dsc_6215

2020年2月 2日 (日)

20%が現実

○ 歩いていると風が冷たい。「やっと冬が来たか」と言わんばかりの冷たさ,向かい風の時は歩みがのろくなります。お地蔵さんは,暑さや寒さに耐えておられます。
 (細いたんぼ道を)歩いていると,向こうから自転車に乗った高齢者が犬の散歩に付き合っておられます。見ればリードもつけず,犬の糞の始末もしません。

 

 マナーの悪さに「リードはつけませんか」と聞いてみた。全くの無視です。いい歳をした者が,リードもつけず糞の始末もしない。情けなくなります。
 他にも犬の散歩で見かけたのは,糞の始末をする用意をしておりながら,あれは飾りでしょうか。人の目を気にしながらも,見ていないと思って…。

 

 散歩をしていると,犬の糞の始末をしていない箇所に出会います。空き地の入り口には,それを止めさせようと看板が立っているところが,何カ所もあります。
 私は,「愛犬家って自分勝手だ」と思っています。自分の家の前に犬の糞があったら,一体どんな気持ちがするのでしょう。犬のせいにはなりません。

 

 それでも嫌なことばかりではありません。毎日同じコースを歩いていると,見ず知らずの人とすれ違います。それでもお互いに挨拶を欠きません。
 健康のためと同じ目的で歩いている人達です。すれ違うのならば,挨拶をする。マナーの一つだと思っています。内心お互いに励まし合っているのかもしれません。

 

 ところで(これも何度も書いてきていることですが),先日三重県警が面白い調査を行いました。私服の警察官が,信号のない横断歩道を渡る実験です。
 横断歩道手前に人が立っている場合,自動車は一旦停止が求められています。これは道路交通法に書いてあります。どれくらい忠実に守っているかの実験です。

 

 一つの横断歩道で50回往復したそうです。歩行者を見て止まる自動車は,20%以下だったそうです。最低の場所は5%を切っていたそうです。
 調査した三重県警,実験結果に愕然としたそうです。これでは歩行者を巻き込んだ交通事故が減る訳がありません。因みに優良県は,長野県だそうです。

 

 そうしたら我が県,昨年は交通事故死亡者数のトップの座を明け渡しました。喜んでいたら,1月の歩行者の死亡事故が昨年を上回ったそうです。
 三重県どころか我が県も似たようなものです。昨日も買い物に(自転車で)出かけました。早速いつもの場所でパトカーが隠れていました。儲かるだろな。

 

 と言うのも,違反者を見付けるとサイレンを鳴らして追いかけます。家にいるとこのサイレンが直ぐに止むと,「あっまた捕まった」と分かります。
 私の散歩の経験から言うと,三重県が特別に悪いとは思っていません。まあ20%と言う数字は,現実的な数値だと思います。このマナーを向上させるには…。

 

○ 今日の1枚
Dsc_6174

2020年2月 1日 (土)

結論は

○ 先日は,夢物語を書きました。不思議なもので夢は続くものです。別に「宝くじに当選したら」と言った二重の夢ではありません。あくまで夢物語です。
 大空港では,安全確保のため(特に成田空港は,未だに機動隊に守られていますね。)滑走路から随分と離れたポイントからしか撮影は困難です。

 

 もちろん人によっては,空港にあるオブザベーション・デッキからの撮影を好む人もいます。これならば随分と飛行機に近付くことができます。
 またアクション・ショットを好む人にとっては,柵はそれほど大きな問題でもないと思います。対象が飛行機であっても,撮り方次第では随分変わってきます。

 

 私のようなグランド・ショットを好むものにとって,成田空港は課題の多い(RW16ならば随分悩みが軽減されます。それでも午前中は…。)ところです。
 日本の空港は,基本的に北風運用を元として作られています。成田空港の場合,RW34LですとB747クラスで約200mmが必要です。小型機ともなれば…。

 

 こう考えると,(先日の話の続きですが)成田空港のRW34Lでの撮影に適した機材(NIKONの場合)は,一体どのような組み合わせになるでしょうか。
 因みに私は,D500+70~300mmの組み合わせて撮影をしています。陽炎の影響は別問題として,この組み合わせならば,RWに関係なく型式・アクションともに撮影可です。

 

 これがD5/D850などのフルサイズとなると話は変わってきます。70~300mmに匹敵するレンズは,(純正では)NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6Gしかありません。
 ところがこのレンズは,希望小売価格:352,000円(実売27万円から)になります。そうD850/D780の価格よりも高額です。揃えるのならば軽く50万円を越します。

 

 このレンズと組み合わせるのならば,RWに関係なく撮影が可能です。いつものポイントで撮影していると,数名のNIKONファンが使っておられます。お金持ち!
 因みにミラーレス用の交換レンズでは,(予定には)100~400mmを出すそうです。ライバル(CANON)を考えると,需要予測を間違っているのでは?

 

 伊丹空港の午後のポイント(HARADA)ではどうでしょう。80~400mmは困ります。ショートズームが必要になってきます。車内でレンズ交換をする必要が出てきます。
 これは福岡空港(午前中)でも同じようなことが言えます。こちらは車内でレンズ交換ができません。小牧空港でも伊丹空港と同じことが言えます。

 

 ディジタルカメラでは,できることならば屋外でレンズ交換をしたくありません。理由はご存じのことと思います。ましてミラーレスともなれば,さらにその思いが…。
 と言う訳で,(冒頭に書いたように)夢物語と書いている理由がお分かりになると思います。しかし,できたら中古品・旧製品でフルサイズが欲しいです。

 

 それは,スライド・フィルムのディジタル化(アダプターが必要)です。さらにマクロ・レンズを使った花の撮影にフルサイズが欲しいと思っています。
 NIKONのフルサイズ・カメラは,私の通う空港では使い辛いと言うことです。妥協するならば,TAMRON 100~400mmでしょうかねえ。我慢できる?

 

それとも大決断をして,EOS 5D Mark IV+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの組み合わせに換えるかですね。実売価格では,約45万円ほどです。
 カメラ+交換レンズを下取りに出せば,その約半額ほどは調達できる?のではないかと思っています。ただマクロ・レンズがなくなり買換となると…。

 

 夢物語を終わりにします。結局,全てが夢=妄想に終わります。まあ現有機材でシコシコ撮っているのが,一番身分相応だと思っています。受けを見ればきりがありません。
 何よりカメラやレンズだけにこだわるような生活者ではありません。己が年金受給者であり,2男の医療費を考えるならば無理と言うものです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_6241

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »