2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

やはり選挙目当て

○ これも以前書いたこと,日頃利用している近くのスーパーマーケット,キャッシュレス決済に(未だに)クレジットカードに関しては申請中の張り紙が。
 昨日言ったスーパーマーケットでは,クレジットカードが使えます。やはりキャッシュレス決済は,コンビニだけに終わるようです。いかがですか?

 ”○○ペイ”もよく考えてみれば,ポイント還元が目的のように思います。コンビニは国の制度に自社の還元策を合わせ,買い物の場で支払額を2%分差し引いてくれます。 

政府の考えた”中小企業支援”は,乞食のお粥(言うだけ)ということです。ただただ面倒なレジ計算が残っているだけではないでしょうか。

 ある調査に寄れば,ポイント還元を目的に日常の買い物をしている人が50%弱だそうです。これまた都市部に住む人達向けのものとなっているようです。
 さらにコンビニでは,40%以上のお客さんがキャッシュレス決済を利用しているそうです。ポイント還元+少額消費,これが現状の姿のようです。

 そして相変わらず中小企業では,現金のみの扱いです。例えば,たこ焼きを買うには現金が必要な場合が多いと言うことです。果たして全体で50%を超えるには…。
 キャッシュレスを始めた人と増やした人の利用場所も,中小が多い飲食店は11%に留まっているそうです。やはりなあ。約2800億円の財源は,どうなるでしょうね。

 その後,キャッシュレス決済の伸びとともに財源不足がはっきりしてきました。そこで,19~20年度の予算総額は昨年末時点の見込みより約3000億円多い7000億円規模に。
 結局また税金(国民が汗水垂らして働いたお金の一部)が,使われる訳です。お金を使えば使う人ほど恩恵を受けると言うことです。やはりなあ。

 もう一つ,例え中小企業においての買い物でもクレジットカード会社の上限を忘れてはいけません。損をしない程度に国に協力が基本姿勢です。
 中小企業,(経済産業省によると)登録加盟店は12月1日に約86万店まで増える見込み。100万店に満たない数字,探すのに苦労する程度ではありませんか。

 やっと消費税10%が実現しても抜け穴だらけ,支援策も来年6月末で終わります。あと約7ヶ月,なんともおかしな税の引き上げです。使用目的も変わりました。
 たった9ヶ月のために中小企業が重い腰を上げないことは,初めから分かっていることです。これも選挙目当ての措置ととられても仕方がないことです。


○ 今日の1枚

Dsc_6073

2019年11月29日 (金)

法改正と言いながら

○ ネット・サーフィンをしていると,次からは自分が見たサイトの商品がどんどん出てきます。サイトの裏には,”クッキー”を言う”足跡”が残っているからです。
 これだけならばまだしも,これが企業間で流れるようになると話は変わってきます。例えば,個人の”趣味・趣向”と言ったデータが蓄積されていくのです。

 人工知能を使い,個人にとっては自分の情報がどこで,どう使われているか把握しにくくなった訳です。現行では,クッキーは個人情報とは見なされていません。
 以前書いたアマゾン,これを露骨に利用し,閲覧商品をどんどん送ってきます。これで他の情報を結び付け,個人が特定されるようになったら…。

”政府の個人情報保護委員会は個人情報保護法を見直し,企業が個人データを分析する際の新ルールを整える。企業がクッキーと呼ばれるウェブ閲覧情報を,個人の分析に使う他の企業に提供する場合に,本人の同意を取ることを義務付ける。個人データがいつの間にか拡散し,本人が知らないうちに嗜好などが分析される事態を防ぐ。”
 
 クッキーによる個人分析そして企業間のデータのやりとりまでされたら,ネット閲覧がうっとうしくなってきます。「知らぬが仏」なんでしょうかね。
 しかしどうやら「個人を特定した詳細な分析のために他社からクッキーを取得する場合に適用する。」という範囲内で終わるようです。つまりあまり変わらない?

 ただ「今後は事前の説明項目を増やし,データをどんな手法で扱うか示すよう義務付ける。」ことは,少しは前進かな。ここまで来ると,私には関係がない?
 やはり就職情報サイト「リクナビ」の個人情報管理が頭にある法改正のようです。ネット詐欺同様頭のいい人が,いかにして楽に情報を金を得るかですよね。

 最終的には,個人情報保護と謳いながらの法改正のようですが,企業の目を伺いながら,「やってますよ」と言ったパッフォーマンスなのかもしれませんね。
 例が悪いですが,あおり運転や高齢者の暴走事故など現実と法に大きな差があるようなものです。これでさらなる個人情報流出事件が出てこなければ…。

 蛇足ですが,例の東名高速でのエアガン事件,検察は器物損壊について不起訴処分,道交法違反の罪で略式起訴し,名古屋簡易裁判所が罰金5万円の略式命令を出した。
 呆れかえるような甘い措置だと思いませんか,ここに心情と法の隔離を見ることができます。リクナビ事件もそのうちにムヤムヤに消えていくことでしょう。  

 
○ ”Emotet”(エモテット)”ってご存じですか?Eメールで爆発的に拡散しているものです。国内でも被害に遭われた方も多いとか言われています。
 Eメールに添付されてくるファイルなんですが,このEマールの送信者がよく知っている方となると…。まだ多くは中小企業・大学というものですが,拡散する可能性は。

 送信者が不審ならば,ゴミ箱へあるいは即削除なんですが,よく知っている方となると「何だろう」と開いてみる訳です。感染するとそのCP内のアドレスにメールを送る。
 これがエンドレスになり,徐々に拡散範囲が広がっていくと言うものだそうです。もはや「不審なメールは開かない」では対処できない時代です。

- 端末やブラウザに保存されたパスワード等の認証情報が窃取される
- 窃取されたパスワードを悪用され SMB によりネットワーク内に感染が広がる
- メールアカウントとパスワードが窃取される
- メール本文とアドレス帳の情報が窃取される
- 窃取されたメールアカウントや本文などが悪用され,Emotet の感染を広げるメールが送信される

 いつも思うこと。どうして中小企業や大学など,ウィルス対策にお金を使わないのか,不思議です。ウィルス攻撃にあった場合の損失を考えるならば,ウィルス対策費は安いものではないでしょうか。必要経費で落とせるでしょうに。


○ 今日の1枚

Dsc_6061

2019年11月28日 (木)

自分で作る

○ スーパーに行って“ニラ”を買ってきました。もやし+ブタ肉と一緒に炒めるのが,一番シンプルで美味しいと思います。が,マンネリ化は避けられません。
 そこでニラを使ったレシピを探してみました。いろいろありますが,これまたシンプルな”ピリ辛中華和え”たるものを見付けました。そうラーメン店にありますね。

 材料(2人分):ニラ 1束  ☆ごま油・白いりごま 各大さじ1  ☆しょうゆ 小さじ
2 ☆豆板醤・チューブニンニク・チューブしょうが・鶏ガラスープの素・砂糖 各小さじ1


 ニラを適当に切って,☆印を混ぜるだけ,冷蔵庫で丸一日寝かせておけば出来上がり。早速作ってみました。せっかくですからニンニク・ショウガは,自分でおろしました。
 ニラは臭いがきついですが,スタミナ野菜としても有名です。寒さに負けない,そして少しでも目先を変えるよう,こうして簡単なレシピを学んでいます。

 そうそう包丁研ぎも随分前から自分でやっています。これは庭木用のいくつかの鋏にも活用でき,二つの砥石を用意しています。切れ味は抜群です。
 安い包丁や鋏であっても定期的に砥石で刃を研いでいます。長持ちがしますし,食材や庭木を切る際,実に気持ちよく切れるものです。砥石の投資は安いです。

 台所用品,かなりのものを百均が占めている我が家です。鍋やフライパンなどは無理ですが,いくつかの百均を回ると驚くべき収穫があります。
 料理をするには,道具が必要です。道具を揃えると共に道具を長持ちさせる工夫・努力が必要です。安くて揃えられるものは,百均で勝負しています。

 それにネットというのは実に便利です。初心者にも分かりやすく,挑戦できるレシピをたくさん紹介してあります。場合によっては,複数のレシピまであります。
 それにサイトをサーフィンしていると,同じものでも違った作り方が載っています。いかに簡単に,そして美味しいものを作るか,無限の広がりがあります。

 こう思っていたら,家人曰く「いろいろ勉強して作ってくださいな」だって。余程暇人と思われているのでしょうね。掃除・洗濯以外もジワジワと…。
 まあ「料理の工夫や作っていると,ボケ防止になる」と言う人もいます。そして自分の(家族の)口に入ると思うと,いい加減な作り方では困ります。

 外食をすれば,簡単に食するものでも自分で作るとなると…。それに準備をしておくならば,自宅で(自分なりに)作ることができるというのが嬉しいです。
 これも現役時代には考えられなかった考え方です。ランチ巡りをしていた時代が懐かしい?ですが,年金生活者はいかに出費を抑えるか,至上命令ですからね。

○ 今日の1枚

Dsc_5894a

2019年11月27日 (水)

ガリバー2社

○ 日本経済新聞,私の好きな商業新聞です。ネットでも毎日チェックしています。とにかく欲しい情報を探し出すのは,時間がかかります。
 一つのニュースを粘り強くフォローしていかない新聞が(我が国では)多いだけに,日本経済新聞の過去記事の検索はありがたい存在です。

 過日面白い記事を見付けました。ディジタル一眼レフカメラのことです。どうやら世の中ミラーレス一眼レフカメラが主流になりつつあるそうな。また時代遅れの私。
 一眼レフカメラと言えば,CANONが圧倒的なシェアを誇っていると思いしや,どうやらそれは過去の話のようです。今は,SONYのシェアが拡大一途だそうです。

 因みに価格comを見てみると,「なるほど」と思いました。ミラーレス一眼レフカメラが主流になりつつある今,SONYのミラーレス一眼レフカメラの売れていること。
 初期の頃の欠点(弱点)を克服し,連射・ピント合わせなどは格段に進歩しています。しかし,電池の消耗の速さは未だに解決に至っていないのが残念です。

 もう一つ(これは貧乏人とは無縁の世界ですが),ライカのレンズもカタログに載っています。SONYは,世界のライカを自らの陣営に取り込んでいます。
 それ以外のレンズでも一般人が使うようなレンズは,しっかりと品揃えしています。大昔のミノルタ時代のレンズまで残って(販売して)います。

 そうなると一眼レフカメラのガリバー2社は,大慌てです。慌ててミラーレス一眼レフカメラを発売,しかし交換レンズが付いてこない。これではねえ。
 さらにいけないのが,誤魔化しのアダプターを販売,従来のレンズも使用できるとね。ユーザーを馬鹿にしたようなこのやり方,自らの首を絞めています。

 ガリバー2社,従来のマウントよりもはるかに大きなミラーレス一眼レフカメラ,大きくしたメリットはどこに?従来のレンズではできなかったことができるように…。
 つまりSONYのようにミラーレス一眼レフカメラに特化した製造・販売ではなく,従来のものと平行して売り出した訳です。矛盾が低落に結び付いています。

 カメラもレンズも開発費は相当なものだと思います。これでガリバー2社は,ディジタル一眼レフカメラ用の新レンズの開発は中断するのではないでしょうか。
 先細り,あるいは限られたユーザーのみを対象としたディジタル一眼レフカメラ・レンズ,当然高額商品の販売となります。ますますユーザーの減少につながっていきます。

 まだ踏ん切りは付きませんが,ディジタル一眼レフカメラ+交換レンズを全部下取りに出したいとも考えております。早ければ早いほど高額査定?
 日本(いや世界の)のガリバーと言われていた2社,道を誤りました。いきなり高額なミラーレス一眼レフカメラを出してもユーザーを引き付けられなかった。

 先にも書きましたが,大口径マウントの利点を生かした交換レンズの充実,ディジタル一眼レフカメラの縮小に早急に手を打たないと,ますますユーザーを失います。
 ディジタルの世界が銀塩カメラを駆逐したように,今度はミラーレス一眼レフカメラにディジタル一眼レフカメラを駆逐していくことでしょうね。

 銀塩カメラやその交換レンズ,二束三文の価格…中古品…になってきています。この減少がディジタル一眼レフカメラやその交換レンズにやってくることでしょう。
 記事にもありましたが,ガリバー2社の経営の傾きがはっきりとしてきています。大決断をどちらが先に行うのか,それがSONYを追いかける条件でしょうね。

○ 今日の1枚

Dsc_6018

2019年11月26日 (火)

どこまでも個が大切

○ 一昨日,電車や地下鉄の車内での携帯電話(ゲームに夢中)のことを書きました。その後YAHOO NEWSには,驚くべき記事がありました。映画上映中の携帯電話です。
 高いお金を支払って映画を見る,そんなときに小さな画面を見ている。高齢者には理解し難い行為です。これまた歳の差・断絶感を覚えてしまいます。

 記事には,「映画って2時間じっとしているのが結構耐えられない。」「2時間以上スマホをチェックしないと,自分が見ていない間になにか起きているんじゃないかと不安になっちゃうんですよね。」などの若者の声が載っていました。

 いかにも若者らしい考え方だと思います。まあ職に就けば,そのような考え方を直さなければいけないことは分かると思います。一面気楽な身分と言うことでしょうか。
 午前・午後と4時間ほどは仕事に集中しなければなりません。また,仕事中に私的なことが許されるはずがありません。これすら言われなければ…。

 さらに映画館は,照明は非常灯以外は点いていません。周りから携帯電話のわずかな明かりすら迷惑行為です。映画館側も断りを入れているはずです。
 己の行為が他人様に迷惑をかけていることすら分からないのでしょうか。下手をすれば観客同士のトラブルにもなりかねません。映画館側もそれを恐れていると思います。

 若者の間での”携帯電話中毒”が蔓延しており,公衆道徳すら守ることのできない者が増えてきていると言うことなんでしょうか。一昔前の地ベタリアンの新型か。
 映画館内でも「お金を払っているから自分の勝手じゃん」と思っていることでしょうね。そこには他人に迷惑な行為をしていることに気付きもしない。

 今の日本の世の中,困った行為をしていても誰も注意をしなくなりました。下手に注意をして逆キレをされるかもしれない。寄らぬ神に祟りなしでしょうかね。
 そうやって育ってきた若者は,組織内での融和と言う考えは納得できないことだと思います。ただ本音を上手く隠し,表面だけ相手に合わせるだけなんでしょう。

 先日も書きましたが,まずもって””が第一番に考えることです。隣人への挨拶も付き合いも自分の考えとは異なることでしょう。社会の形成者とはほど遠い存在です。
 こうした人が増えてきている,まあその頃には私はこの世にいませんから。自分が支えられ・助け合う人間だとも思っていないことでしょう。どう思いますか。


○ これも知らなかった。
”現在セルフ式のGSでは,従業員が店舗内で客の車を監視し,安全が確認された場合に備え付けの装置から給油許可を出している。店舗内に常駐する必要があるため,従業員はそれ以外の業務を行うことができない。”

 やはり夜間でも最低一人は必要と言うことです。給油だけがGSの仕事ではないはずです。となると,一人でマルチの仕事を兼務することになります。
 もう一つ,”給油許可”ってなんでしょう。不審と思われる者には,これを出さないでしょうか。暴走族・改造車などには,本当に出さないのでしょうか。

 どうもお上の狙っていることとGSの経営者との隔たりが大きいように思えます。暴走族・改造車への給油したGSは,厳罰に処すのでしょうか。
 少しでも売り上げを伸ばしたいGS,見て見ぬ振りをしてるのが現実ではないでしょうか。実際それらしき車への給油を見たことがあります。形式的ですね。

 人手不足から,座っての監視ではなく,移動式(タブレット端末を持って)に切り替えていくと言います。人手不足,この言葉は何よりも強い響きがあります。
 元へ戻りますが,お上の考える給油許可が現実に即したものかどうか,必要ならばさらに厳格化したルール(暴走族・改造車への給油の厳禁)が先ではないでしょうか。


○ 今日の1枚

Dsc_5790

2019年11月25日 (月)

メール・マガジン

○ 私,不思議なことにCANONのメール・マガジンをとっています。NIKONと違って,この分野への取り組みは,CANONの方がはるかに先をいっています。
 このメール・マガジンには,時期に合わせたフォット・コンテストも開催されており,人様の素晴らしい写真に出会うことができます。無料の展覧会です。

 まあCANONユーザーの人達にとっては,当たり前のことです。ライヴァル社のカメラ・レンズを使っている者にとっては,これは(実に)新鮮に映ります。
 私はかつてはNIKKORクラブに入会(これが会費が滅茶高い!),年鑑を送ってきていました。これでは今の時代,タイムラグがありすぎて学びになりません。

 フォット・コンテストで気に入ったもの(特に桜と紅葉)は,(私が行ける範囲内に絞っていますが)メモをとり,撮影候補地になっています。
 いわゆる自学の私です。展覧会に行く労をいとわず学び続ける豊田の御大との大きな違いです。カレンダー写真を目指す私には,このフォット・コンテストはありがたい。

 

 

 もう一つ,これもCANONならではのアイディアだと思っています。”自費出版”…自叙伝・小説・写真集など,これはかなりの出費を必要としています。
 石仏の世界でも長野県のK氏は,こつこつと撮り貯めた写真を自費出版されました。もちろん私も購入(5千円)致しました。写真が多いと高くなります。

 そのCANONのアイディアですが,16ページほどの小冊子ならば,約千円と言う破格のお値段です。写真の枚数よりもページ数でお値段が変わってきます。
 大別するならば,二種類の写真集があり,レイアウトも20種類近くから選ぶことができます。しかも2週間足らずで出来上がり,送ってきます。

 自費出版の高額なお値段でもって敬遠していた私ですが,これならば私にも手が出そうです。ここに”自己満足の極致”を見出した訳です。興味津々です。
 と言うのも,サイト”石仏の美”の一部を自費出版したい=足跡を残したいと以前から思っていました。が,あまりの高額に躊躇していた私です。

 また1冊から受け付けてくれます。石仏の美の要チェック・マークを参考に選び出し,一体何枚くらいの写真がかき集められるのかを(まず)やってみたいと思います。
 ページ数でお値段が直ぐに分かりますし,書籍の送料なんて郵便の中では安い方です。まさに自分の為の”世界でたった一冊の写真集”ができます。

 写真を選んだり,レイアウトを考えたり=楽しい暇つぶしができますよね。そして改めて石仏行脚の思い出に浸る=自己満足の世界に浸る,誰にも迷惑をかけません。
 そしてふと思いました。飛行機撮影の情熱は一体どこへ行った!風景や花の写真ばかりに夢中になっている現状,まあそろそろ潮時とも考えております。

 と言うのも,石仏もそうですが”棚田”の撮影から随分遠ざかっています。これも撮影時期が春から秋にかけてと制限があります。また,願い年月がかかります。
 もう少し車中泊がゆったりとできる車が欲しい。と言っても,キャンピングカーほど特化したものは困ります。実現すれば,あちこち放浪の旅ができます。

 

○ 今日の1枚

Dsc_5801  

2019年11月24日 (日)

異常が異常でない?

○ インフルエンザの大流行,これはすでに10月の時点で予想されたことです。私も今月初めにインフルエンザ予防接種を行いました。流行期間が年々長くなってきています。 考えてみれば,今の世の中”異常”と名の付くことが多過ぎます。例えば,”異常気象”という言葉がありますが,恒常的に気象が変わってきていると思います。

 異常の反対が”正常”ですが,この正常も時代の流れと共に変わってきています。先に挙げた気象,もう何が正常で何が異常なのかが,はっきり言って分かりません。
 最低気温が一桁にまで下がったかと思えば,昨日は台風崩れの低気圧の影響で20℃を越す最高気温でした。これが果たして異常なのか,専門家の声を聞きたい。

 まだまだ”異常”と思えることがいくつもあります。最近話題となっている某女優の麻薬事件,芸能界・スポーツの世界では頻繁に起こるようになりました。
 一般的に芸能界と言うのは,”流行”そのものだと思っています。一面”成金”のような世界,消耗品扱いです。しかし本人は,偉くなったと勘違い?

 流行は,別に芸能界の専売特許ではありません。これまた大流行したタピオカドリンク(私は一度も飲んだことはありませんし,飲みたいとも思いません。)しかり。
 流行を追い求める,これは絶えず”刺激”を求めることと同じようなものだと思っています。絶えず刺激を求め,新しいものを探し求めることです。

 先の芸能界でも全く流行に左右されることのない分野も存在します。また,別に流行しなくとも息長く人々に愛され飲まれ,食されているものもあります。
 異常の世界,流行の世界,このような軽薄な世界に身を浸しているようでは,己を見失うことになります。本物を求める姿,これが大切なのではないでしょうか。


 もう一つ寂しいことを付け加えます。先月そして今月街に出かけることがありました。電車や地下鉄の車内でも異様な光景を目にしました。みんな携帯電話に夢中です。
 何気なくのぞき見をしました。見る人見る人,いろいろなゲームに夢中になっています。携帯電話=ゲーム機なんですか,田舎人には考えられない光景です。

 ちょっと前は,イヤフォンをして音楽を聴いている人が多かったように思います。時代は変わってゲーム(何のゲームかは知りません)に夢中になっています。
 二人三人そろって乗車しても会話がなく,各々ゲームに夢中,余程””が好きなんですねえ。私なんぞ揺れる車内であんな細かい絵を見ていたら…。

 若い人達の世界,高齢者には理解し難いものです。コミュニケーション一つとってみても”肉声”が減り,文字(キーボード入力)に変わってきています。
 日本の社会,特に人口過密地帯の人間関係の希薄さが指摘されて久しいです。その上に携帯電話の普及が,さらに人間関係の希薄さに拍車をかけているのでは…。


○ 今日の1枚

Dsc_5770

2019年11月23日 (土)

下手は下手なりに

○ 先日も書きましたが,飛行機・石仏をそっちのけで紅葉を撮ってきました。ニュースでは,人気のある京都の寺社の紅葉を映していました。
 あれは見るのには(確かに)美しいと思います。しかし,人!人!人!。撮影をする人は,まあ携帯電話で…。もちろん三脚使用禁止でしょうね。

 それにしても”夜桜”といい”紅葉”のライトアップといい,日本人(もちろん私も入っています)は夜間鑑賞が好きですねえ。昼間の美しさとは異なりますから。
 夜間ドライブでもそうですが,余分なものは夜のとばりに消され,見たいものだけが見える,これですね。「対象がはっきりする」と言うことでしょう。

 カメラで撮影する時,ISO感度をかなり上げれば,手持ち撮影は可能かもしれません。私の安物のカメラでは,ノイズが目立ってものにはなりませんがね。
 どうしても三役が必要になります。余談ですが,また一脚がズルズルと縮んでしまいます。百均で小型六角レンチを買ってきて締め直ししました。

 豊田の御大にも指摘されましたが,シャッターブレがあります。三脚+(昔言葉で)レリーズが必需品です。さらに夜間の場合,小さな光源が必要です。
 ご指摘のように(CPのディスプレイ)もの凄く拡大していくと,デジタル粒子が○ならばいいのですが,楕円形ならばぶれていることになります。

 

 ところで(また笑われることを書きますが)ディジタルカメラの話を続けます。何を笑われるかと言うならば,現在”取説”を読みながら,カメラをいじくっています。
 同じメーカーのカメラと言うことで,取説もろくに読まずに今日に至りました。そして撮影の壁にぶち当たり,疑問を解こうと思い,読み始めました。

 一つは,(くどいと思わないでください)“ホワイトバランス”です。カメラには,晴天・曇り・蛍光灯などのマークが並んでいます。もちろんオートもあります。
 今までこの部分がいい加減になっていました。シャッターを押し,背面ディスプレーで確認の流れです。後の処理を楽にする為には,これではダメです。

 先日も書きましたが,ISOの勉強をして白いケント紙で試し撮りをしなければいけません。特に風景や花の撮影には,この努力が必要だと思いました。
 長年の経験と勘に頼っていては,いつまで経ってもホワイトバランスを理解できないことだとやっと分かりました。本当に恥ずかしい話です。

 もう一つは,カメラの”ピクチャーコントロール”です。これも風景や花の写真の撮影と時には注意が要ります。但し,これは個人の好みの範囲に入ります。
 紅葉写真,私は逆光気味のハイコントラストの写真が好きです。ピクチャーコントロールがノーマルでは,眠ったような感じになります。これを直そうと…。

 写真=自己満足の世界なんですが,カレンダー写真を目指す(心意気だけは高い)者としては,努力不足です。ディジタルカメラの中身を知る必要に駆られました。
 感性に乏しい私ですが,自己満足の世界に浸るためには,まだまだ努力不足(勉強不足)と言うことです。さあ,また取説とにらめっこだ。

 

○ 今日の1枚

Dsc_5185

 

2019年11月22日 (金)

新たな賢者?

○ これも田舎暮らしの私には関係のないと思っていました。世の中”ワン切り”と言った詐欺まがいの行為がはやっているらしい。賢い?それも対抗措置は?
 ガリバー3社は,迷惑電話の拒否サービスを行っています。私はケチなので加入していません。あるかないか分からないくらいの頻度ですから。

 電話番号,11桁の数字です。CPで勝手に数字を並び替え,発信すれば誰かに通じる?ほどの高確率です。国内の場合,頭3桁に留意すれば,さらに高確率です。
 マスコミの電話によるアンケート(世論調査)は,実はこれ(無作為抽出)を使っています。つまりこれを悪用することを思い立ったのでしょう。

 先日も電話をふと見ると,着信あり。080から始まるもので心当たりはありません。電話帳以外の電話番号からの着信拒否も可能ですが,それをしていません。
 「誰かなあ?」と思って折り返しかけてみると,通じた途端プッツンです。これが国際電話ならば…。これは正規料金をしっかりとカウントされます。

 今回話題となっている”ワン切り”は,これに当たります。海外から無作為に電話番号を選び発信する。折り返し電話の通話料の一部を稼ぐ仕組みだそうです。
 世の中便利になったとばかり喜んでいては…。悪知恵の働く者は,いかに楽して巧妙にお金を稼ぐかを考えています。ただただお金を儲けることしか頭にない者です。


 これまたお金を儲ける者の考えること。YAHOOとLINEの合併が話題となっています。何でも「世界のガリバーに挑戦する」と言った勇ましい言葉が載っていました。
 アマゾン・マイクロソフト・アリババなどの米中のガリバーに対抗しようとする会社を国内でも作ろうとしているようです。独禁法に触れるかな,触れないかな。

 伝えられる志は,もっぱら企業側の考え方ばかりです。利用者にとってどれだけその恩恵を受けられるか,伝えられる内容はその点が弱いと思います。
 例えばアマゾン,ネット通販は彼らの事業の一部です。数々の吸収合併を繰り返し,新たな企業を設立,ひたすらガリバーの道を歩んでいます。

 これは先日も書きましたが,巨大な”囲い込み”です。確かに先進的な技術を進取し,(彼らの考える)無駄を省き,利用者に便利さを訴えているものです。
 が,有料会員の利益がさらなる有料会員向けのサービスの原資となっています。アマゾンの扱う商品の配達者のことなんぞ,これぽっちも考えていません。

 YAHOOとLINEの合併しかり。ユーザーの囲い込みが本音であって,決してユーザーのために合併するのではないと思っています。(間違っているのかしら)
 彼らが考えていることは,世界のガリバーの甘い汁を少しでもいただこうとする行為だと思っています。拡大再生産に似た,利益がさらなる利益を生むことです。

○ 今日の1枚

Dsc_5725

2019年11月21日 (木)

人手不足から

○ これまで一概には言えないと思ってきた”24時間営業”ですが,考え方を変えざろう得ない時代となってきたと思います。一番の理由は,働き手不足です。
 日本の全てと言っていいほど様々な職種で,これは言われています。どうしても働き手が欲しければ,労働条件や給与体系の改善が必要になります。

 大手企業ならばいざ知らず,中小企業にとってこれは死活問題です。その代表格が,コンビニエンスストアーであると思っています。家族経営が多いです。
 これにアルバイトをいかに確保するか,ここに経営者の手腕がかかってきます。でなければ,自分達が休めない・健康に不安を覚えることになります。

 ことは,大阪のセブンイレブンの店主の行動から社会問題となりました。当初は強気一辺倒だった本部も社会の厳しい目に(少しは)変わってきました。
 経営者と本部の契約条項に”24時間営業”があるからです。これをパワハラの一種?公正取引委員会も力関係の優越を口に出すようになりました。

 確かに深夜営業は,突然の買い物に役立ちます。が,その為に人不足の世の中にも関わらず営業を余儀なくされている訳です。物流業者しかりです。
 災害時のお助け役にもなっているコンビニですが,利用者の意識改革で改善は可能だと思います。物流業者の人手不足も少しは解消されるのでは?

 コンビニに食品を卸している業者の売り上げは減りますが,そこでも深夜労働に携わる一体を救える?のではないでしょうか。最も全てが円満には無理でしょうが。
 人手不足をAIでという動きもありますが,それは一つの解決策です。しかし,これは物流業者・食品卸などには縁のない解決策です。

 深夜労働,高給を目的とした人もいると思います。しかし,昼と夜の逆転,長い目で見れば身体にいいとは思いません。なにせ健康第一です。
 そう言った意味からも物流業界に人手が集まらなくなってきた原因が理解できます。本当に大変な仕事です。身体のリズムに逆らった仕事です。

 コンビニの世界に戻りますが,
”ファミリーマートは現在は24時間としている営業時間について,フランチャイズチェーン加盟店との契約を改定し,営業時間の短縮(時短)を原則容認することを決めた。2020年3月にも契約を変え,約1万6000ある加盟店のほぼ全店に営業時間の選択を委ねる。
 時短店舗が広がれば,食品業界などの収益機会が減る一方,深夜の配送が減り物流業界の働き方改革につながる可能性もある。
 ファミマの新たな契約では,時短営業を希望する加盟店は本部と事前に協議をした上で,加盟店側の判断で決められる。時短営業は2パターンを用意し,深夜休業を毎日するか,日曜日だけに限るかを選べる。”

 店主によっては,収入源につながることは間違いないです。本部からの支援金が減額される訳です。それでも営業を継続することを第一に考えるならば…。
 さらに健康を考えたり,アルバイトを必死で探す苦労を思えば,これはいい方法だと思います。夜は(あらゆる動物も)睡眠の時間ですよね。

○ 今日の1枚

Dsc_5712

2019年11月20日 (水)

1枚の絵画

○ 久し振りに街に出かけました。(おおげさですが)たった1枚の絵画(法悦のマグダラのマリア:カラヴァッジョ)を見に行きました。よかった。
 西洋絵画,なかでもバロック・古典の絵画や塑像を鑑賞するには,どうしても聖書の内容を把握(理解)していないと分かりません。私も少し学びました。

 カラヴァッジョの作品は,国内外で何枚も見てきました。なかでもローマの美術館・教会での出会いは,強烈な印象を受けました。いわゆるでしょうか。
 彼の生み出した強烈な光のコントラスト,そしてその時代に生きた人をモデルとした宗教画は,後々まで広くヨーロッパにおいて影響を与えました。

 ラ・トッールやフェルメールにおいてもその影響が見られると思っています。光と影が織りなす絶妙なコントラスト,浮かぶ上がってくる人物,まさに毒です。
 彼の作品に共鳴すると,他の作品が褪せて見えてくるから困ります。それ程に彼の作品のもつ毒は,強いものがあると思います。一般受けするかどうかは…。

 さて見たかった作品ですが,わずかに開いた唇,もう血の気を失ったような絵の具を使っています。そして作品の一番注目すべき点:目!に至っては,言葉を超えています。 カラヴァッジョの作品には,このマグダラのマリアと聖母マリアがいいです。伝統の色彩(赤・青)を残しながらも,人物表現は彼ならではの独創性に満ちあふれています。

 後8点ほど彼の作品がありました。メドッーサの盾,見たとき「小さい」と思っていたら個人蔵とありました。私が以前見たものの前作(習作?)でした。
 それにしても全40数点の内たったの8点しか展示されていない。それでも1600円の入場料,保険料込みとは言え,日本の美術展は高額ですねえ。

 まあそれでも見たかった作品を空いた状態でじっくり鑑賞できたことは,さすが田舎の美術展ですね。これが華のお江戸ならば,平日でも人!人!人!ですが。
 西洋絵画の題名は,そのほとんどが後付けです。そのものズバリの題名です。近代絵画でもよく似たものです。凝りに凝った日本画とここが違います。

 私の好きな横山大観,まあこれでもかと言わんばかりの難しい題名を付けておられます。余程語彙力があるのか,辞典片手に題名を探していたのか,おかしなものです。
 写真の世界で言うならば,これまた好きなのが土門拳です。付けられた題名のシンプルなこと,そして写真も徹底したリアリズム・非演出です。

 今回もそうですが,イヤフォンガイドは要りません。説明をされて深く知る方法もありますが,絵画・塑像・写真などの鑑賞では,己の感性を大切にしたいです。
 事実カラヴァッジョの作品でも疑問符の付くものがあります。また,西洋絵画につきもののアイコンを知っておれば,クレジットは要りません。

D80b87b5cdf5a4e7d5e85192f52dec53 (法悦のマグダラのマリア)

 

2019年11月19日 (火)

悪知恵?

○ このブログをお読みの方,最近おかしな現象が出てきませんか。私だけのことでしょうか。「デバイスが壊れています」と言うメッセージ,3分後に自動で…。
 これが消せないんです。全くうっとうしいことです。microsoftのバナーが出てきますが,この会社がこのようなことをするとは考えられません。

 一体どのような仕組みで組み込まれたのか,私のような素人には全く理解できません。念のためにウィルスバスターでチェック,デバイスの状態もチェックしました。
 いずれも異常を感知していません。おかしなプログラムをダウンロードされ,コンピューターに収められたら…。慌てて再起動をかけるが私にできることです。

 私は復元用にと外付けHDDにバックアップをとっていますが,これとて完璧な防御とは言えないと思っています。最悪OSの再インストールになるのでは?
 あの不可解なバナーが出てきてもウィルスバスターが反応しない,これまた理解に苦しむことです。「防御は自分でせよ」ということなんでしょうか。

 それともダウンロードが始まってから,ウィルスバスターが反応を見せるのかしら。昔やったことがありますが,OSの再インストールって時間がかかります。
 データは外付けHDDに収められていても,各ソフトの中に記憶されているものは,全て消えてしまいます。アイコン・単語登録などが全て消えてしまいます。

 迷惑メールは,即消してしまえば終わりです。面倒でもこれを繰り返すだけです。フリーメールでは,撃退は難しいです。却って標的にされる可能性もあります。
 一体誰がおかしなプログラムをダウンロードさせようとしているのか,また優秀な頭脳を使ってCPの乗っ取りを謀っているのでしょうかね。

 インターネットの普及により世の中本当に便利になったと思います。(笑われますが)常時接続が可能になっただけでも嬉しいと感ずる私です。
 黎明期には,接続時間によってプロバーダーとの契約金が異なっていたものです。便利な時代に頭のいい者が悪知恵を働かす,これまた時代の流れなんでしょうか。 


○ これまた余分な話です。二十日大根(ラディシュ)の豊作なことは書きました。種まきは3回目を終了,発芽率もよく勢いよく芽が育ってきています。
 これだけ発芽率がいいと,種を一袋買えば,春先から秋まで栽培ができる。昨年やったベビーリーフも発芽率がよかったです。朝のサラダの一品となります。

 とにかくキャベツ・ニンジン(うさぎだな)をたくさん食べないと朝が始まりません。これに上記の二つを加えれば,なかなか彩りがいいではありませんか。
 柚子はさっぱり実が付かない我が家ですが,今年は昨年以上に豊作なのが金柑です。これも昨年金柑シロップをたくさん作りました。ヨーグルトと一緒に食します。

 氷砂糖を細かく砕いて,金柑の皮とサンドイッチにして放っておけばできます。我が家ではこれがなかなかの好評でして,今年もたくさん作りたいと思います。
 金柑の色が黄色から金色に変わっていきます。これだけでも高価に見えるから不思議なものです。ご自宅に金柑の木があったら,お試しあれ。


○ 今日の1枚

Dsc_5646a

2019年11月18日 (月)

囲い込み

○ (大上段に構えた言い方ながら)少子高齢+世界経済の不安定,GDPの伸びも微々たるもの,ここで儲けようと企業はあれこれ考えているようです。
 史上空前の利益を上げているTOYOTA,私の知り合いの話では「下請けは泣いています」とのこと。ピラミッドの頂点に立つ企業のみが儲かっています。

 企業のやり方で一番広まっているのが,”囲い込み”です。クレジットカード・各種ポイントカード・キャッシュレス決済(○○ペイ)など,様々です。
 消費の核は,当然人が多く集まる都市部です。ここでの囲い込みに成功すれば,ほぼ安泰と言ったところでしょう。○○ペイなどは,まさにここに当てはまります。

 私も以前は利用店のポイントカードを何枚も持っていましたが,そのほとんどを破棄しました。買い物の自由まで奪われたくないからです。ポイントで心が奪われます。
 特定のお店をよく利用する人にとっては,このポイントは魅力でしょう。もう私とは別世界の人です。必需品を買うにもネットで検索し,重い腰を上げる人間です。

 各お店も郵便の値上げによりダイレクトメールを止めたり,絞り込んだりしています。ですからお店に来てくれる人をいかに囲い込むか,それがポイント制度です。
 別にポイントに左右されなくてもお店が発行するカード=割引カード,これとても囲い込みの一種です。大型量販店に多いのがこれです。これも自由を奪うものです。

 ネットでの検索によく使うのが,価格COMです。しかし,単に安ければいいというものではありません。保証期間延長などを加味すると,グーンと価格が…。
 例えば,CPやカメラなどは,随分と安値で出ています。CPはオプションを加えていくと,とんでもない値段になります。近くの量販店で注文した方が安くなる?

 そしてこのブログをお読みの方も経験されていることですが,高額商品で大切なことはアフターサービスです。保証期間もそうですが,ここが大切です。
 田舎人間は,どうしても修理に手間暇がかかります。宅配便での往復となりますと,時間もお金もかかります。ネット通販の弱点だと思っています。

 少々高くとも”face to face”での販売の方が,後々安心という場合が多いと思います。ただ値段だけでのクリックは,購入商品によっては泣くことになります。
 先に挙げた囲い込みから抜け出し,確かなものを大切に長く使う,これが私の目指す消費者像です。「損して得する」とは極論ですが,一理あるのでは。

 商売人が,ポイント制度を設けて損をするとは考えてはいません。「得だ」と思わせるような内容を一生懸命考えてシステムを作っています。
 まあ利益の一部還元ならば良い方で,価格設定,その中に(ポイント還元額を)含んでいると思っても間違いではないと思います。安易な囲い込みにのらないように。

○ 今日の1枚

Dsc_5693

2019年11月17日 (日)

悲惨な結果

○ 天気予報では,「お天気が周期的に変わる」と言っていますが,週間天気予報を見る限り当たっていません。晴れ間を狙ってどう行動するか,ここです。
 飛行機も石仏も横に置いておいて,ひたすら”紅葉情報”を見ています。これまでにも行けなかったポイントはいくつもありますが,まあ来年以降にでも…。

 そんな中,ライトアップが17日までというポイントへ行ってきました。結論を先に言うならば,失敗です。あれは見るものであって,撮るものではありません。
 まあポイントのよりけりで断定はできませんが,夜桜と共に夜紅葉(新造語)ともに見るものですね。三脚を禁止されている場合が多く,どうやって撮るの?

 「ISO感度を上げれば撮れる」と言いますが,私のもっている安物カメラは,まあISO400が限度です。それ以上上げれば,ノイズが目立ってきます。
 いつも言っていることですが,「カレンダー写真を撮りたい」と思っている私には,高感度撮影は縁のない世界です。ですから今まで夜景を敬遠してきました。

 実際撮影してみると,構図の決め方が難しい。ハロゲンランプの色温度の設定も難しい。これは何度も失敗を繰り返しながら,体得するしか道はない?
 帰宅し,PCで確認をしたら4分の3はボツ作品です。一番の理由は,目では分からなかった世界が,ディジタルの世界です。暗闇の中の人物が…。

 狭い場所,大勢の人,こんな混雑した所で落ち着いて写真は,(少なくとも私は)撮れません。空いた空間では,気に入った写真を撮ることは難しいです。
 撮るときは,「これはいい」と思っていても,PC画面では暗闇に隠れていた人物が…。さらにクリヤーしたと思っていた写真も水面に人物が…。悲惨です。

 と言う訳で,先に書いたような結論に落ち着いた訳です。今年は夜桜も一度挑戦しましたが,あの時は桜の付近に人物が立ち寄らなかったからよかったですが。
 暗くて足下が不安定な中,人混みを気にしながら撮影するようなポイントは,私にとっては相当ハードルが高いことも分かりました。やはり昼間撮ります。 

 これで今年の紅葉撮影も残すところ1・2カ所,いずれも行ったことがあるだけに難しいです。前回撮ったものを見て,それ以上に気に入ったものが撮れれば…。
 基本的には,晴れの日です。が,空を入れなければ曇りでも雨でもそれなりのものが…。ただ雨の日は,カメラやレンズが濡れないようにするのが大変です。

 雨上がりくらいならば,ちょっと変わった光景が撮れるかもしれませんね。以前と状況が変われば,ない知恵を必死で絞り撮影すると思います。
 いずれにせよ桜も紅葉も期間限定,撮れるときに撮っておきたいと思います。撮った写真の一部は,FBにて一般公開しております。ご批評をお待ちしております。

○ 今日の1枚

Dsc_5624

2019年11月16日 (土)

老化現象

○ これは笑われるお話です。今日は”肉体の変化”から始めます。と言っても,興味ある方ではなく,小生の肉体の変化です。気にはなっていましたが…。
 まずもって筋肉がなくなってきて,特に下半身が随分と細くなりました。お尻にはもっと脂肪も付いていましたが,それすらしぼんでいってしまいました。

 上半身の筋肉も細くなり,もう力仕事は無理と思われるくらい痩せてきました。ただ腹部だけは脂肪の増加で太くなりました。真横から見れば,かっこ悪いです。
 ただ歩くだけでは筋肉の鍛えにはつながりません。ジムにでも通って肉体を鍛えない限り,筋肉はつきません。まして菜食主義の食事では…。

 お尻の話ですが,脂肪が減ってきたからでしょう,長い時間座っていると苦痛になります。車の運転をしながらもお尻の痛さを感じるようになりました。
 農具を使って土を起こす作業をしていると,もういけません。直ぐに力が入らなくなります。足腰を含め筋肉痛が数日は続きます。湿布薬が必要になります。

 先日も電化製品のネジを緩めようとしても力が不足,工具は一応揃えていますが。こうなれば電動工具を揃えないとネジ一本の作業ですら難しくなります。
 日常生活に次第に影響が出てくるでしょう。いやカメラ+三脚をもっての撮影も次第に苦痛になってくることでしょう。箸より重たいものは持てなくなる?

 もう一つ,今日から散歩の時にはTシャツ+ウィンドブレーカーに替えます。これから約3ヶ月半,このスタイルです。下は,年中ハーフパンツです。
 このスタイルはもう何年も続いています。確かに最初の約1km程は寒いですが,身体が温まるにつれてウィンドブレーカーすら脱ぎたくなります。

 寒がりな私ですが,どうも散歩の時は軽装でなければならないと勝手に思っています。すれ違う人の厚着を見ていると,余計に軽装で歩きたくなります。
 そして4kmを過ぎるようになると,背中にはうっすらと汗が出ているのが分かります。風邪を引かないように気を付けながらも,ウィンドブレーカーで調節しています。

 但し極寒の頃は,手袋が必要になります。これはマラソン選手でもそうですが,手だけはなかなか温まりませんし,腕を振っているせいか,余計に寒く感じます。
 手袋も薄手のものを用意し,陽気がよければとってポケットへ。寒くなればなるほど,歩くスピードを上げて身体の温まりを保持するようにしています。

 先程の話ではありませんが,筋肉の衰えと共に体質の変化もあります。その内にこのスタイルでは我慢できなくなり,防寒用タイツも必要になるかもしれません。
 雨の日・雪の日を除けば,毎日歩いています。生活のリズムを変えることを嫌う私です。石仏・花の撮影でも極力長く歩くようにしています。

○ 今日の1枚

Dsc_5586

2019年11月15日 (金)

分かりません

○ 私のよく行くスパーマーケット,(真実なのかどうか分かりませんが)1ヶ月半経っても”申請中”の張り紙がレジ横に貼ってあります。どうなっているのかしら?
 政府は,必死になって”キャッシュレス決済”の旗を振ってきました。が,言うこととやることの差がこれです。多少の恩恵があるのは,まあコンビニくらいでしょうか。

 と言うのも,スーパーで必死に呼びかけているのは,その店でしか使えないカードの利用です。これならばキャッシュレス決済の形を(一応)とっています。
 何と言うことない,カードを使ってもらえば,囲い込みになる。あるいはレジでの流れをよくすることができます。後は進歩したレジ任せとなります。

 先日,全国小売業者の団体が,支払いの煩雑さに悲鳴を上げていること・混在する税率に反対であることを伝えていました。要は現場無視です。
 私の住む地域では,キャッシュレス決済の恩恵を受けられるのは,コンビニ以外ありません。ここまで地方格差が出てくるとは,予想もしていませんでした。

 そして一度決まったこと=既定路線となれば,一切聞く耳をもたないのが政府です。来年6月までこの状態が続くことでしょう。またしても騙されました。
 政府の方針転換で財政健全化一本の方針が覆りました。当初の消費税2%値上げも,政権にとって都合のいいようにねじ曲げられました。

 給料も物価も上がらず,相変わらずデフレ傾向のままだそうです。中低所得者の財布のひもは,かくも固くなった=これが当たり前の生活,と言うことでしょう。
 そして店側は売り上げ下落を押さえようと,必死になってプライベート・カードを発行するようになった訳です。これも店側の体力勝負となることでしょう。

 

 贅沢は敵だ”とは言いませんが,年金生活者らしい節度ある生活,それでもこのスタイルがいつまでも続くとは思っていません。年金の値下がりが原因です。  私の場合,一番響いているのが趣味の世界です。カメラもレンズも遠い世界,海外旅行なんぞいくら安くても無理です。パスポートの更新すらできません。

 高くなったフィルム・現像代…フジは過去最高収益…こうなると,在庫を最後にお別れとなることでしょう。こうなると趣味の世界が変わってきます。
 となると,ディジタルカメラを持ってはるばる遠征,これも魅力がなくなります。いよいよスポッター人生からもおさらばとなるでしょうか。


 最初の話に戻りますが,政府にとって一体”キャッシュレス決済”の本当の狙いは何だったのか,批判をかわすための一方策であったのか,よく分かりません。
 たった半年間の救済措置で国民の批判の目を避ける?あれこれ情報を収集していませんが,納得いく内容は一つもありません。是非お教えください。


○ 今日の1枚
Dsc_3746_20191115060001

2019年11月14日 (木)

4機のうち1機は

○ 成田国際空港のサイトで国際線の離発着を見ていました。新たな航空会社を含め,大陸からの飛来が異常に増えていることが分かります。

”2019年の冬ダイヤで中国路線は夏に比べて19%増えた。旺盛な観光需要を見込み,中国の航空会社が成田空港や関西空港の発着便を増やしている。中国勢はLCCをはじめとして価格競争力が高い。19年の中国からの訪日客は9月までで約740万人と,前年同期に比べて15%増えている。
 国土交通省によると,19年冬スケに日本と中国を結ぶ定期便は週1406便と夏に比べて224便増えた。日本の国際線のうち中国路線は27%と,日本の空港を離着陸する航空機の4機に1機が中国との間を飛ぶ。
 発着枠に余裕がある成田空港などは原則として増便を受け入れる。中国路線のうち,中国の航空会社による定期便は1134便と238便増えた。中国南方航空が増便したほか,厦門航空が福建省・福州から成田に就航するなど,中堅も地方の旅行需要を掘り起こしている。
 中国勢は豊富な国内線の需要から得る収益が安定している。国策で大手の拠点空港が北京,上海,広州と緩やかにすみ分けられ,中堅航空も各地方で競合の少ない独自路線を持つ。国内線の収益を国際線の拡大に振り向けられる。
 ANAは中国線の機材を小型化するなど中国線の供給を絞っている。19年4~9月期の中国方面の旅客数は前年同期比7%減った。国際線旅客収入に占める中国路線の割合はANAが14%,JALは11%に達する。日本勢にとって中国路線は米欧路線などに次ぐ成長の柱。中国系に押されたままでは,戦略の練り直しが必要になる可能性がある。”

 米中の貿易摩擦なんぞなんのその。なにせ人口は,日本の約10倍です。競争が激しくなれば,航空運賃は下がり,さらに飛行機を利用する人が増える訳です。
 過去の話ですが,羽田~伊丹にB747が飛んでいたことがあります。需要に合う機材と共に羽田の離発着枠に理由がありました。北京~上海なんど24時間何機が飛んでいる?

 ただ単に喜んでいると痛い目に遭うのが,お空の世界です。撤退もあっと言う間です。観光地として,そしてビジネスとして成り立っていくには,無策ではね。
 まあ個人的には,これで宿泊施設の予約はさらに難しくなります。車中泊が増えますねえ。予約どころか,宿泊施設の強気な価格設定,ますます縁遠くなります。

 特に大陸の大型連休(2月)がある頃には…。日本のあちこちで大陸語が飛び交うようになりますね。観光業に携わる人達は,嬉しいでしょうね。
 まあ一応歓迎はしますが,できることならば公共マナーを学んで欲しいものです。また航空ファンとしては,機材の大型化と未就航の航空会社に期待します。

 それにしても青組・赤組,情けないですねえ。機材を小型化して,あるいは参加のLCCを利用して路線維持とは,何とも消極的な姿勢でしょう。
 ここはお得意のサービスに磨きをかけ,日系航空会社の魅力を伝える努力をすることです。また,定時運行も絶対に欠かせません。どんな作戦をとるのでしょうね。

 余談ですが,半島の航空会社は政府に対して様々な減免措置を要求しているそうです。ドル箱を失った今,行き先を失ったことへの救済です。
 そうそうアシアナ航空の売却先(HDC現代産業開発)が決まったようですが,エアソウルを含め,今後どのような道を歩むのか,興味深いですね。

○ 今日の1枚 

Dsc_3856

2019年11月13日 (水)

これでは国民の支持は…

○ 今度は,”サクラを見る会”を問題にすると言う野党,馬鹿らしい。今国民が困っていること,やって欲しいことから相当隔離しています。これでは…。
 天皇陛下のお言葉にありましたように,9・10月に台風の被害に遭われた人達をいかに速く救うか,書類申請などお堅い役所をいかに迅速に動かすか,ここです。

”台風19・21号の影響で,10都県の約2800人が避難所に身を寄せている。被災した住宅は31都道府県で9万830棟に上る。”

 一応堤防の仮復旧は完了したそうです。が,ローカル線の完全復旧は,全く見通しすら立っていないそうです。さらに災害排出ごみは山積したままです。農業被害は,3千億円を超えているそうです。
 政府の要人も当初は災害被害状況の視察をしたようですが,あとは役所へ丸投げです。臨時歳出を決めても,その使い道となるとなかなか進みません。

 東京都の避難所では,住所不定の人を避難所に入れなかったことが問題になりました。ハザードマップの不備も指摘されています。農業・漁業再建は…。
 こういった困っている人達,そうそう忘れてはならない東北復興,なぜもっともっと迅速に対応できないのか,どうしてそれを問題視していかないのか。

 近年の自然災害の中でも台風により被害は,甚大であり,来年以降も心配されます。国民の命や安全を守る,国としてやらなければならないことは山積しています。
 冷暖房の効いた国会内で頭の働きが狂っているのでしょう。彼らにとって”観桜会”は問題でも,一般国民にとっては二の次・三の次の問題ではないでしょうか。

 こんなことで彼らに国税から給与が支払われている,これこそ問題ではないでしょうか。彼らのかなりの仲間の選挙区ではないでしょうか。ああ情けない。
 こういった姿勢だから,口先だけの「全力で取り組む」に騙され続けてきているのではないでしょうか。家を仕事を失った人達の気持ちが分かっていません。

 今週から寒波がやって来る予報が出ています。被災された方々の身も心も凍てついている方々,その姿を彼らは一体どういう気持ちで見ていることでしょう。
 不満があっても彼ら野党よりはましな与党,多くの国民にそう思わせているのは自分達の政治姿勢です。対案を出さず,重箱の隅を突っつくだけの野党,魅力がありません。

 今一度言いますが,天皇陛下のお言葉を実行するのは,国会議員の努めです。なかでも弱者救済は,与党野党を問わず必ず実行する気持ちが必要です。
 お言葉を聞き流し,権力闘争に明け暮れているようでは,国民の支持は決して得られるものではありません。自分を支える選挙民の為にも少しは仕事をして欲しい。

◇ やっと光が見えてきた?
”ボーイングは11日,二度の墜落事故で346人の死者を出し運航停止となっている737MAX型機の運航再開の時期について,これまでの想定より1か月遅い来年1月になるとみられると発表した。ボーイングは,737MAX納入の年内の再開に道を開く米連邦航空局からの承認を来月得ることに引き続き期待感を示した。
 737MAX型機は2018年10月にインドネシアのライオン航空,今年3月にエチオピア航空の同型機が墜落したことを受け,3月半ば以降,世界的に運航が停止されている。
 ボーイングはシステムを改良し,同型機をめぐり規制当局や議員らから問題を問われ,運航停止は当初の想定より大幅に長引いている。”

○ 今日の1枚

Dsc_3737

2019年11月12日 (火)

あの儀式に思う

○ 祝賀御列の儀を見て思った,発表によれば約12万人の人が参列,それに対して約2万人強の警備員の配備でした。私の目には,異様な光景でした。
 さらに片側1車線を道路封鎖,警備員の間から目にする。日本の国情を考えたら,明らかに警備過剰ともいえるものだと思いました。おかしいですか?

 テレビというメディアの登場で,この祝賀御列の儀は国内外に知られています。特に海外の人達がこの光景を見たら,国情不安定な国の行事と映ったのでは?
 あのオープンカーのお値段,一説には8千万円だそうです。さらにあの行事に費やしたお金は,気の遠くなるような額ではないでしょうか?

 個人的には,あの行事は中止してもよかったのではないかと思っています。9・10月に東日本を襲った台風の被害で苦しんでいる人達がたくさんいます。
 家を失い家族を失い,まだまだ立ち直りのきっかけをつかめていない人が大勢いると思います。地方自治体・国の援助は口先だけです。ボランティアも不足だそうです。

 国民に寄り添うと言われるならば,このような自然災害に苦しむ人が多数いる中,あれだけの費用(正確には分かりませんが)を被害者支援に回したら…。
 偶然かも知れませんが,令和の幕開けと共に(皮肉にも)自然災害で苦しむ人達が急増しています。また平和の時代,それ自体に間違いはないのですが…。

 メディアから流れてくる声を聞くと,祝いたくてもとても現状をみるならば,不可能な人達がたくさんいます。国民全体から見れば少数かも知れませんが…。
 少数であっても同じ日本国民です。災害を受け,立ち直りに必死になっている人達を思えば,「全力を尽くして…」とのアベちゃんの言葉に空しさを感じます。

 地球温暖化の影響でしょうか,台風の力は強まってきているように思います。また,相変わらず地震が多発している日本です。その備えは十分でしょうか。
 国民の命と安全を十分に確保・保証するような国にはならないのでしょうか。例え災害に遭っても立ち直りの手を素早く整える組織はできないのでしょうか。

 「ここだけは安全」と首都東京に住んでいる人達は思っているのでしょうか。関東大震災のような地震が起きたら,人口密集地帯の東京は…。
 恐らく衣食住全ての面でストップするでしょう。医療機関も交通機関も当てにはなりません。地方のことと他人事のように思っているようでは…。

 いつの世にも光と影がつきものです。さらに富と貧の差もつきものです。それだからこそ光だけに目を奪われることなく,富にばかり目が行くのは疑問です。
 影があり貧があることを忘れてはならないと思います。救いは,前夜の式典での天皇陛下のお言葉でした。お話の前段は,被災者に宛てた内容でしたね。

○ 今日の1枚

Dsc_5561  

2019年11月11日 (月)

ちょっと古いですが

○ これまた時間が経っていますが,小牧にてブルーインパルスの展示飛行を撮ってきました。結論を先に言いますが,この撮影は大変に難しいと言うことです。
 一応エアーバンドを聞きながら撮影に臨んでいますが,イマイチ演技内容が理解できておらず,シャッターを押すタイミングがうまくとれませんでした。

 一つにピンが甘い!1000分の1秒で切っていますが,連写するとどんどんピンが甘くなります。ブレ防止もオンにしていますが,連写に付いていけない?
 一つに偏光フィルターを使っていますが,レンズのズームを使うと(偏光の)設定がズレてきてしまい,コマによる色むらが出てしまいます。
 一つに(これが最大の原因?)レンズの解像度が低い!恐らく一脚を使っていても,最後はここでガックリくると思います。単焦点レンズが必要です。

 言い訳ばかりしていますが,もちろん私の撮影技術の未熟さ,ここに極まれりかな。達人の作品を見てみると,ピンがしっかりとしており,その差を感じます。
 縦位置の写真もスモークをどれだけ画面に入れるか,まだまだ中途半端だと思いました。基地祭慣れした人は,やはり上手いです。尊敬します。

 それでも短いレンズを使った”ハート””六輪”を初めて撮りました。正直言って嬉しかったです。野外でレンズ交換,またカメラ内にホコリが入ったかもね?
 ただ位置取りは失敗です。半逆光では,空の色にグラディエーションが出てしまい,空の美しさが半減してしまいました。これは来年の課題です。

 基地祭でブルーインパルスを撮り慣れた豊田の御大にご指導を仰ぎたいものです。爪の垢でも煎じて飲めば,来年こそワンランクアップの写真が撮れる?!
 彼らの演技種目はたくさんあると思います。その中でも水平飛行の分だけでも頭の中に入れておいた方が,シャッターチャンスが分かるようになるかも?


○ これはちょっと古い話です。と言うか,ある程度事実を把握し,後に訂正・削除などをしたくないからです。”関西空港でのドローン”の問題です。
 ご存じのように空港周辺でのドローンの飛行は,航空法で禁止されています。また,レーザーポインターでパイロットに照射するといった行為も同様です。

 今まで飛行機の撮影をしていて,制限区域内に入っていったり,地主の人に無断で私有地に入っていったりした不届き者を何人も見てきました。
 その結果,その撮影ポイントがどうなったのかは,想像できると思います。撮影には節度というものがあり,後々のことを考える必要があります。 

 私,玩具みたいなドローンでいいから欲しいです。前から欲しいと思っています。しかし,未だに実現していません。いつかいつかきっと実現させて…。
 欲しくなった発端は,某場所でサクラを撮影している時です。現地で知り合った方が,バッグからドローンを取り出し,準備を始めました。いざ上空へ。

 モニターで上空からの映像を見せていただきました。見ていてワクワクしました。放送局の映像のようです。360度そして低空・高度を上げての撮影,たまりません。
 小型のカメラを搭載し,自分だけの画像が欲しくなりました。まるで鳥のように地上を俯瞰し撮影する。ここまでやるには,相当の投資が必要でしょうねえ。

○ 今日の1枚

Dsc_5510

2019年11月10日 (日)

11月と言えば

○ 時の流れは実に速い,そう思います。「11月に入ったなあ」と思っていたら,もう3分の1が…。毎日無為な日々を過ごしているような気がします。
 そう言えば,半年に一度の歯科定期検診も回ってくるのが実に早いような気がします。そう周りの変化は,自分が感じている以上に速い気がします。

 11月,1日には”年賀状”が発売,発行部数は年々少なくなってきています。それでも結構な需要数があります。私も枚数は激減しましたが,まだ買っています。
 一年を振り返り,お世話になった人,縁遠くなった人への挨拶,これで済むのならば結構な風習だと思っています。西洋では,グリーティング・カードと言うものが…。

 そして日頃撮りためた写真を一挙に発表するのが,年賀状と言う訳です。ここ数年50枚の年賀状を買っています。5枚×10セット=50枚…10種類の写真。
 飛行機・花・石仏と言った私の趣味の中から,(自己満足ですが)10枚の写真を選んでいます。5枚しか印刷しませんから,誰にどれが行くのか分かりません。

 と言うのも,印刷を終え,シャッフルして再び宛名印刷をしています。ですから,誰にどれが行くのか分からないのです。宛名に相応しい,考えておりません。
 裏面は印刷しましたが,メッセージが読めない(色の間違い)のがあり,大失敗です。これはクレームが来ることでしょうね。先に手書きで…。


 もう一つは,これまた一年前に書いたことを書きます。雑誌”サライ”の12月号には,カレンダーが付録(その分高いですが)についてきます。これが好きです。
 今年は,広重の作品です。これまたミーハーちゃんですから,広重の作品は好きです。(サライの12月号を)毎年買って,毎年同じ場所に掲げる。

 そうカレンダーまで超保守的な私です。毎日見るカレンダー,もちろんメモ書きともなります。携帯電話にも機能がありますが,やはりこちらが私には向いています。
 もう一つ,このカレンダーのいい所は,一年を終わったらゴミ箱に(直ぐに)行かないことでしょう。気に入った作品は,切り取っています。

 百均にて小さな額縁を買ってきて,そこに入れて飾っています。そこまですると,残り物はやっとゴミ箱入りという訳です。再利用もいいですよ。
 それに何枚か貯めてありますから,取替も自由に行えます。これまた気分が変わって新鮮な気持ちになれます。たかがカレンダー,されどもカレンダーなり。

 こんなことばかりやって貴重な時間をつぶしている私です。今週も関東の週間天気予報を見るとガッカリです。お天気とスケジュールがなかなか合いません。
 家事と読書以外にすることがありません。どなたかのように孫の世話でもあれば,気分転換+生きる喜びになるんですが…。世の中不平等です。

○ 今日の1枚

Dsc_5453

2019年11月 9日 (土)

おかしな使い方では

○ 昨日は快晴,散歩(未だにハーフパンツ・Tシャツ)をしていても気持ちが良かったです。今日は基地祭,その前日の予行練習の一部を見ることができました。
 散歩の途中,タンカーや貨物機の編隊飛行はいつも通り。北の方からジェット機の音が…。ブルーインパルスです。7機が縦列になって降りてきました。

 青空にブルーインパルス,いいですねえ。明日の各務原基地祭には出ないそうですが,間違っていたらごめんなさい。理解しない市長・市議会のある基地には来る?
 そうそうブルーインパルスの前に赤とんぼのような飛行機(静浜基地所属?),上空待機してブルーインパルスが先に降りました。速度の違いが原因か?

 

○ 前から気になっていることがあります。一つお聞きしますが,皆さんは””と言う言葉にどのようなイメージをもちますか。そのいわれをご存じですか。
 侍=皇族・公家・貴族などの地位の高い人達の護衛(身近に備える)する身分の低い武力に長けたものを指します。その後の歴史は略します。

 そして映画・テレビの時代劇に見る侍(この時代には,武士となりますが),脚本のせいでしょうか,何か格好いい人達に伝えられているように思います。 
 長かった徳川の時代,武士が武具をもっていても,もはや(一種の)飾りに過ぎません。武士道すら時代の流れに押され,形骸化していったことは言うまでもありません。

 さらに言うならば,武士層は全人口の1割にも満たないものです。徳川の時代,この支配層が経済的に苦しかった(収入と支出のアンバランス)ことも事実です。
 簡単に見てきましたが,これで日本を代表することとして侍が登場するのは,いささか違和感を覚えてしまいます。どうも感覚的なものが先走りしているようです。

 それがスポーツの世界において,日本を代表するチームのイメージになっていること,一体何を考えているかと思ってしまいます。マスコミも何も考えず使っています。
 先のラグビーWCの中で”サクラ”を使いました。これもこの世界での慣習に則ったものです。またこのチームを”侍・ジャパン”と言われずよかったです。

 もう一つ,””ですから女性陣は使えません。国のイメージを代表するのならば,性の差別なくして使えるものが妥当だとも思っています。
 ですから,(例えば)”なでしこ・ジャパン”と言うのも違和感をもっています。果たしてこの花が,日本を代表する花なのか,どうでしょう。

 国際試合を見ていると,日本の女性チームの肩身の狭さ・印象の薄さもここからきているように思えてきます。こう考えるのは,私だけでしょうかね。
 日頃性差別には敏感なマスコミ連中,何も深く考えず(言い訳は用意していると思いますが)”侍・ジャパン”を使っています。思考の崩壊ですね。

 日本を代表するイメージは,決して””ではないと言うことを強調したいです。時代錯誤甚だしいし,よく考えれば性差別的な要素を含んでいます。
 どこかのマスコミが,ここに突っ込みを入れてくれないものかしら。選手も考えたことがないと思います。それともサッカー代表が丁髷を結って試合に臨むのかしら?

○ 今日の1枚

Dsc_5368

2019年11月 8日 (金)

晴れの予報

○ 朝晩めっきりと冷え込むようになりました。最高・最低気温の較差が大きいです。体調管理に気を使います。特に上着は調節しやすいようなものを着ないと…。
 ただ風が比較的穏やかで,体感温度もそれほど低くなってきたとは思いません。それでも車中泊には厳しい季節となってきました。シェラフも冬用にしなければ。

 夏から上州の双体道祖神を何度もチェックしてきています。しかし,ここに来て今シーズンは無理ではないかと思います。群馬県,至る所で土砂崩れ=通行止め!
 道路サイトと地図を見比べていると,私が行きたい場所にたどり着くことが難しいです。例えば,甘楽町秋畑には見付ける事ができなかったものが一体あります。

 自分の道楽のために土砂崩れ=通行止めを非難することはできません。生活道路として使っている(きた)人達にとっては,通行止めは切実な問題です。
 恐らくかなり大回りしておられると思います。往々にしてそういった道路は,細くて曲がりくねっています。地元の人達に迷惑な人間が走る。これはいけません。

 これだけ最高気温が下がってきても,相変わらず(以前よりはましかなあ)お天気は長続きしません。何でも南シナ海に今年最大の台風が生まれたと言います。
 そしていつまで経っても”天気予報の晴れ”の定義が理解できません。薄い雲があっても日差しがあれば,あるいは時々雲の間から日が差せば晴れ?

 私のような天気で動くかどうかを決める人間にとって,天気予報の晴れを信じるか否かは大切なことです。何せお金が動くとなると,神経を使います。
 さて今日の午後早くに飛行場に(正確にはその近くに)行こうと思っています。天気予報では,晴れマークです。さあてこの晴れマークは,実際のお天気と較べて…。

○ 野次馬根性丸出しの私,「一度でいいから潜水艦を見てみたいなあ」,まあ浮上した状態でも言い,できたら旭日旗がはためいている姿を見てみたい。
 海上自衛隊の基地祭に行くと見ることができるのかしら?一体どこの基地祭で見ることができるのかしら?呉?横須賀?どちらも遠いなあ。

 主力潜水艦”そうりゅう”,このタイプで12隻を揃えると言います。これが全長84メートル!横幅9.1メートルだそうです。こんなでかい潜水艦があるんですね。
 因みに(飛行機で言うならば)An-225より短いですが,B747-8やA380よりも長いです。胴体径でも負けていません。日本の潜水艦建造技術は凄い!

 もちろん潜水艦の内部は,それこそ全てが機密事項だと思います。ほぼ無音の世界の中で敵国の船舶をキャッチする能力,これが随分性能がいいらしい。
 大国のように原子力潜水艦を建造しない(できない)我が国,ディーゼル・エンジンを使っていると言います。が,桁外れに静かなものだそうです。

 空はF-35,海はそうりゅうタイプ,陸は?大陸と較べると,兵力を含めて劣る?ものもあるようです。やはり一番心配なのは,尖閣諸島なのかしら。
 海上保安庁の船舶だけでは不安が残ります。国を守るに”軍備”と言えるかどうか,「軍備反対」を批判したりするならば,一体誰がこの国を守るんでしょうねえ。

○ 今日の1枚

Dsc_5364

2019年11月 7日 (木)

皆さんも気を付けて

○ ついに来た!新聞にも載っていましたが,”ショート・メールの悪用”です。内容は,「○時○分お届けに参りましたが,不在でした。http://・・・・」です。
 疑いながらも電話をしてみたら,通じません。目的は,サイトへのクリック=ウィルス感染を狙ったもののようです。電話番号なんぞ,数字を勝手に並べるだけです。

 新聞よれば,このサイトへアクセスすることにより,ウィルスをばらまく。そしていつの間にやら”個人情報”を盗み出す手口です。フィッシング詐欺?
 メール・アドレスは分からないけど,ショート・メールならば手当たり次第にだすことができます。またまた楽して金儲けを企んでいるんですよね。

 古くは”オレオレ詐欺”,もちろんこれも進化し続けており,未だに止むことはないそうです。クレジット・カードに絡む詐欺もなくなりません。
 さらに役所の名をかたり,保険金の返金を巡る詐欺もありますね。便利になった世の中の盲点をついたものばかり,大規模なものは海外から発信していると言います。

 千人に一人でも当たれば,大当たりですね。これはひょっとしたら宝くじよりも確率が高く,美味しい目に遭えそうなんですね。騙す人=お利口さん?
 私だって集中力が不足していたら,例のアドレスをクリックしたかも?なんだか携帯電話でのお金の行き来に不安を覚えますし,携帯電話を落としたら…。

 私は絶対に詐欺には遭わない,そう思ってきました。が,世の中詐欺に遭う人って一体どんな人?普通の善良な市民だと思います。そんな人が被害に遭う。
 特にPCや電話と言った”顔の見えない状態”での交信は,最初から疑ってかかるべきですね。”無料”に騙され,あとあと嫌な思いをしないためにも気を付けましょう。

○ 秋の恒例行事,(予定通り)奈良の正倉院展に行ってきました。今年は,令和元年というおめでたい年,”東京展”も併せて行われています。これが曲者。
 奈良も東京もほぼ同じ点数が出品されているようですが,その中身となると雲泥の差があります。今年の奈良展は,”出涸らし”ですね。目玉が地味すぎます。

 東京には,正倉院で最も人気の高い”五弦の琵琶”が出品されています。ガラスの器も東京だけ。奈良展は,2mm程のガラスの球体を連ねたネックレスのみ。
 (出品内容は)分かっていたんですが,実際に会場に赴くとガッカリします。東京展を見られた方々がうらやましいです。高いお金を使って”出涸らし”ではねえ。

 平宗の”柿の葉すし”を買って,奈良市内とはお別れです。これを買って帰るか買わないで帰るか,女・子どもの反応が全然違いますから。
 安倍文殊院,快慶作の文殊菩薩,十数年ぶりに見ました。運慶・快慶と並び称されるくらいの仏師です。あのお顔の品のあること。少々スマート過ぎる?

 聖林寺の観音様,こちらは一体何度見たことやら。ただ大昔と違って,何とも殺風景な鉄筋コンクリートの器に収まっておられます。やはり火災が怖い?
 沖縄の首里城,内外から悲しみの声が聞こえてきました。いつもながらマスコミの好きそうな内容です。しばらくして火災原因が分かったら,あとは知らない?

○ 今日の1枚

Dsc_3770

2019年11月 6日 (水)

ポカポカ陽気の日は

○ 昨日は,予報通り完璧な青空,しかし動かず。某紅葉の撮影ポイントの朝の最低気温は,(何と)マイナス3度でした。小心者です,路面凍結が心配です。
 ついでに回ろうと思っているポイントは,昨夜テレビのニュースでもやっていましたが,例年よりも1週間は遅いようです。これでは時間とお金の無駄です。

 こうなると後者での撮影は,来週に持ち越し?それとも断念?私の住む地域の紅葉は,(恐らく)今月末になるのでは?無理をせず,また一年を待つかもしれません。
 サクラもそうですが,撮りたい撮影ポイントはいくつもあります。が,やはり素人は晴天時に撮りたくなります。雨や曇りでは,出撃できません。

 さて,風呂釜の交換請求書,まずもってこれを支払わなくてはなりません。郵便局のついでに国際郵便を出してきました。その後,支払いを済ませやっと一安心です。
 過日書きましたが,国際郵便,形式的な書類に記入がうっとうしいです。バーコードまでついていながら,追跡調査用ではないと言います。使い道が不明瞭です。

 久し振りに本屋さんに行ってきました。第1巻は試し買い,JAS/JD B777は欲しかった。そして今日は,同会社のA300-600Rです。これも欲しかった。
 次回は,ジンベイサメですからパスです。やはり欲しいのは過去に活躍し,自分もよく撮ったものを記念にと思っています。やはり高額商品,厳選です。

 あのB777は,今思っても素晴らしい塗装だと思います。左右非対称というのもやきなものでしたが,それでも過去にあのような素晴らしい塗装があった!
 A300は,ポカリスエット塗装というものがありました。機体全面に描かれたポカリスエット,羽田で初めて実機を見て,撮りました。驚きました。

 あのB777,現在も飛行しています。が,A350の導入が進んでくると真っ先に売却の運命にあうと思います。見慣れた赤組のB777も機会があれば撮りたいです。
 「いつまでもあると思うな」「条件さえよければ,何度でも撮る」,この二つを信条に撮影しています。特にポジで残すものは,少しでもいい条件のものを。

 これも久し振りに洗車を行いました。ポカポカ陽気ですから,水も冷たくなく,気持ちよく?洗車ができました。思い出すともう3ヶ月洗車をしていない!
 野外駐車ですから,もっと小まめに洗車をする必要があるとは思うんですが…。液体ワックスは,塗りやすいし拭き取りが楽です。それでも小まめにしない,ずぼらもの。

 私の車,6年目から7年目に突入。急斜面から降りてくるときに前のバンパー下を傷つけ,酷い状態です。側面は狭い道を通り抜ける時についた細かな傷!
 高速道路での前車のはね石,フロントガラスは細かな傷がたくさんついています。1カ所は傷口が深く,リペアしてもらいました。本当に傷だらけの車です。

○ 今日の1枚

Dsc_4656

2019年11月 5日 (火)

ささやかな満足

○ お祭りや各種イベントに出かけると,屋台が出ています。無関心を装いながら店の前を通り過ぎる訳ですが,あの醤油の焦げた匂いには負けそうになります。
 みたらし団子・たこ焼き・トウモロコシなど,醤油の焦げた匂いには敏感に反応してしまいます。「高いだけ」と思いながらも,財布のひもは…。

 先日街に出かけたら,鰻を焼く臭いが漂ってきました。安物か特価品(大陸産が多いですが)しか食する事のない鰻,焼きたてを食したいものです。
 そうそうソースの焦げもいいですね。お好み焼きや焼きそばを焼くときのあの臭い,これで冷たいビールなんぞあれば,もう気分は天国です。

 また信州で新蕎麦を食しました。新蕎麦のいい香りに負けてしまいました。少々濃いめの汁にわさびを入れて,新蕎麦のザルをいただきました。もう気分は天国です。
 今は信州のあちらこちらで新蕎麦を食することができます。紅葉の撮影もいいですが,やはり時のおものをいただくのは,幸せですね。本当にいい香りです。

 鰻は高級魚ですが,醤油やソースの焦げた匂いのものならば,私にも手を出せる価格内です。そう一般庶民に手が出せる美味しいものこそ本物と思っています。
 この話を家でしていたら,「美味しいコロッケが食べたいねえ」と言う話になりました。コロッケ,これこそ一般庶民の日常食?ではないかしら。

 別に高級ブランド牛の肉を使わなくても,ジャガイモ+αと混ぜ合わせ,衣を付くて上げるだけです。幼い頃は,10円くらいで食べることができました。
 今でも近くのお店では,百円以下でコロッケを売っています。紙袋に入れてもらい,熱々を食する,幸せだなあ。普通のコロッケで十分,美味しいですよね。

 思い出した!新聞にサンマ漁の豊漁の記事がありました。11月に入って豊漁,油がのりきった頃からズレていますが,やっと新サンマを食することができます。
 コロッケ同様サンマも大衆魚の代表格です。それが不漁+小振り=それでも高額,今までなかなか買えませんでしたが,安くなったら買ってきます。

 テレビでは馬鹿らしいグルメ番組=制作費が安い,これだと直ぐにリモコンを使って他のキャンネルを探す私です。食べ慣れた身近なもの,それだけで幸せです。
 旅行もグルメも同じです。未知のものが多いだけに誘惑がありますが,エンドレスなものです。そんなことに貴重なお金を費やす時代なんでしょうかねえ。

 乾麺にない香り,やはり新蕎麦です。身と骨の離れのいいのは,新サンマです。舌が味を覚えている=やはり歳をとって保守的になってきたのでしょうね。
 珍しいものを夢中になって追いかける気力がなくなりました。食事も撮影も慣れた味・地道な探索,ささやかな満足を積み重ねるだけで幸せになります。 

○ 今日の1枚

Dsc_3775

2019年11月 4日 (月)

課題山積

○ 娘が怒って帰ってきました。ただでさえ某文科省大臣の不適切な発言の上,アレッと思っていたら,「諸条件が整っていないから延期します。」だって。
 全国公立高校の校長会からも”英語民間試験”の再考を促されていても,文科省は突っぱねていました。ところが大臣の失言+政治的判断により…。

”大学入試センター試験の後継となる大学入学共通テストの目玉の一つだった英語民間検定試験の導入が見送りとなった。早くから制度を問題視してきた大学教授らは,導入をゴリ押ししてきた政府の遅すぎる決断を厳しく批判。これまで振り回されてきた高校生からは憤りの一方で,問題がある制度が延期されたことに安堵の声が漏れた。民間試験を実施する企業や団体は慌ただしく対応に追われた。”

 そもそもこの大臣,あべちゃんの腰巾着ですよね。加計問題の折にも写真に載っていました。顔から言っても悪役そのもの,大変にイメージの悪い人です。
 さらに辞任に追い込まれた二人の大臣,まるで一昔前の選挙のやり方ですよね。揃いも揃って公職選挙法に触れています。「赤信号,みんなで渡れば怖くない」

 大学経営は,少子化に伴い学生数の減少,経営が厳しくなってきています。事務職員の中で派遣社員の占める割合が年々高くなってきているそうです。
 それだけに正規職員に対する労働条件も厳しくなってきているそうです。残業制限もいろいろ裏操作があるようで,帰宅時間も遅いままです。

 共通一次試験に英語民間試験の結果が加味されるとなると,大学側もその対応を迫られます。その準備だけで随分と残業をしてきたそうです。
 それが一方的な通知で延期?では,今までの準備は一体何だったか?怒るのも理解できます。そもそもこの試験に手を引く業者が出た時点で,再考を要したと思います。

 聞くところに寄れば,この英語の民間試験の受験料は相当高額だそうです。年2回受験すれば,(多いところでは)○万円以上ぶっ飛ぶそうです。
 ですから受験生を送り出す高校すら反対をしてきました。また,都市部と地方の格差も一切考慮されていません。明らかに差別が存在していました。

 いずれにしても英語の民間試験は,息を吹き返すと思います。が,受験生に平等となるような試験を考えて欲しいものです。これが最低条件です。
 入り口でふるい落とす旧態依然の試験体制,受験生の保護者の経済的な負担など,まだまだ日本の入学試験が抱える課題は山積していると思います。  

○ これに該当する人は少ないと思いますが,私は過去に手痛い目に遭っています。何かと言えば,アパートなどを借りたときの”原状回復措置”です。
 借りる際,この項目に同意しないと借りられない。敷金を支払っているものの,撤去する場合,この”原状回復措置”名義であれこれ請求され,まあ敷金は返ってこない。

”賃貸借契約書には借り手は「原状回復して明け渡さなければならない」などと書かれているのが通常です。原状回復の範囲については現行民法には規定がなく,借り手の義務がどこまで及ぶのか不明確でした。”

 極端な話,1週間借りても畳や壁紙交換などの名目で支払いを求められます。ネットで検索してください,これでどれだけトラブル(年間約1万5千件)があることか。
 国土交通省の指導に従わない悪質業者(私の場合,大東建託),民法の不備をよく知っています。壁紙のわずかな染み一つで,壁全体の交換,支払いを求めてきます。

来年4月より
”改正民法により,原状回復義務は借り手の不注意によって壁や床を汚したり傷つけたりする場合などが対象。普通に暮らしていて生じる損耗や経年劣化は範囲に含めません。家主から請求されても負担する必要はない。”

 そもそも国は,普通に暮らしていての損耗・経年変化は,家賃に含まれている立場でした。これをくぐり抜ける穴を見付け,支払いを求めてきました。
 携帯キャリアではありませんが,損をしないように法の不備をつついてくる。今回やっと法の網の目を細かくしましたが,これでトラブルが防げるのか?

○ 今日の1枚

Dsc_5190

2019年11月 3日 (日)

終わった

○ 結局一日半かかって松の木の剪定を終えました。位置を変えて眺めると今年もバランスの悪い状態が解消されませんでした。やはり難しいです。
 一つに枝と枝の混み具合の解消=どの枝を切るか,一つに来年の枝の伸びを誰にするかといったことが,考えれば考えるほど難しく,解決できていません

 切らなくてはいけない枝を残したり,またその逆であったりと判断ができていません。年末にみえる庭師さんのやり方を注意深く観察し,学びたいと思います。
 昨日も書きましたが,おおよその樹形はできています。それを崩さず,これ以上大きくさせないような剪定が必要です。特に上方への伸びは要注意です。

 我が家の槇の木もそうですが,頭でっかちは見た目も悪いです。二等辺三角形になると一番美しく見ることができます。言うは容易し,行いは難しでしょうね。
 もう一つバランスが悪くなったのは,枝が水平方向ではなく若干上にそり気味になってきているようです。ウエイトをぶら下げ,強制的に直そうと思います。

 猫の額の広さの庭にたくさんの庭木を植え,緑の美しさを愛でようと思ってきました。が,年とともに庭木は生長し,素人では手に負えなくなってきました。
 これは生け垣にも言えることです。カイヅカイブキを植えていますが,現役時代剪定を怠けた,あるいは年一回しかやらなかったために成長し過ぎました。

 人も庭木も日々の手入れが必要です。放置しておいては,まともな人間にはならないし,樹形の整った庭木にはなりません。食事をする,肥料を与える,これも大切です。

 私がそれらを十分できない人間だと分かっています。ですから,死を迎えるようなペット(動物)を飼いたくないんです。飼い主のせいで…。動物愛護も自信なし。

○ ラグビーWC,南アフリカの優勝で幕を閉じました。日本ではラグビーはマイナーなスポーツです。しかし,まさかの日本チームの大進撃で沸きに沸きました。
 日本を相手にしないくらい強かった南アフリカが優勝し,改めていいチームと対戦し敗れたとも思っています。この国もアパルトヘイトを克服した素晴らしい国です。

 相撲もそうですが,人間対人間の激しいぶつかり合い,1ヶ月半足らずでの試合数の多さ,決勝に残っても満身創痍ではなかったと思います。
 相撲だって本場所の多さが気になっています。あれだけ激しい当たりをして(当たりをされて)骨折がほとんどない。まあ打撲なんぞ,軽い方なのかしら。

 いずれにせよマイナーなスポーツに脚光が当たり,日本でもラグビー選手層が厚くなっていくといいですね。社会人・大学のラグビーの試合も見たくなりますよね。
 土俵の土が身体に付き,時には流血するほどの激しい当たりの相撲,80分間まともに戦うことが不可能なラグビーのフォワード選手,これは男のスポーツだな。

 相撲やラグビーを観戦した後,(例えば)サッカーの試合を見ると,ガスの抜けたサイダーのように感じてしまいます。手を使わないのに,不思議なものです。
 スポーツに国境はないと言いますが,ラグビーWCを見ているとその感を強くします。ラグビーの独特な参加資格も違和感なく受け入れることができます。

○ 今日の1枚

Dsc_3692  

2019年11月 2日 (土)

高いけど

○ ついに15年間使って来た”風呂釜”の更新です。チラシを見るならば安いところはいくつもあります。が,電話でお願いして直ぐに来てくれるのは…。
 街の電気屋さん,今ではほとんど見かけなくなりました。大型量販店の進出で経営が成り立たなくなったのでしょう。これには本当に困っています。

 風呂釜同様,街の電気屋さんは(確かに)高額です。それでも電話一本で自宅まで駆け付けてくれました。もちろん出張費なんぞとりません。
 照明器具を取り替えたいのですが,専門家でないと取り替えられないようになっています。こういったときに街の電気屋さんは便利なのにねえ。

 と言う訳で,今では貴重な街のガス屋さんに交換をお願いしました。支払いは私ですしね。これで私の寿命が終わるまで(?)交換は必要ないでしょう。
 その後,モーニング・コーヒー用の豆がなくなり,どうしても今日買わねばなりません。日~火まで週休3日の珈琲豆屋さんです。通販ならば,安くて楽ですがね。

 時間は戻りますが,朝から(小さい方の)”松の剪定”に取り掛かりました。慣れないものですから,どうしても考える時間(=手が止まる)が必要です。
 高さ・大きさと(最も大切な)形は,専門家の長年の苦労のおかげで決まっています。いかに現状維持できるか,そのために新たな枝のどれを切り残すか,難しいです。

 夕方には作業を中断,急いで歯医者さんへ。これで2回目です。来月中はかかると思います。その間をぬって,カラバッジョ展・正倉院展・紅葉/石仏/飛行機撮影?
 昨日書きましたが,そのためにイメージ・センサー・クリーニングをやってもらいました。1カ所どうしてもバイブ機能では除去できないものがありましたから。

 そうそう愛車の12ヶ月点検もあります。運良く?雨の日があったらやってもらおうと思っています。車検と違って,随分アバウトな考えでおります。
 とにかく11月の月間走行距離は伸びると思います。6年間よく走ってくれた愛車,あと何年乗れるでしょうかね。腕時計と同じでメインテナンスが大切ですね。

○ (重なりますが)歯医者さんへ。レントゲンを撮ってもらって春の写真と比べてみました。やはり(部分的に)悪くなっています。歯磨き・歯間歯ブラシの効果は…。
 体質的に歯がもろいのかもしれません。そう言えば,おふくろさんは総入れ歯だった。歳を考えれば,私の方が気を使っていると思います。悪くなるのを遅らせる。

 帰宅したら,久し振りに疲労感がただよい,早く風呂に入って疲れをとりたい気分になりました。そこを我慢して,読みかけの本を…。絶好の気分転換になりました。
 ブログを書いていて少しでも言葉を忘れないようにしていますが,やはり本を読むことが一番の薬と思っています。それに未知の世界を教えてくれます。

 定年退職して以来,一体どれくらいの本を借り,読んだことでしょう。超細かな活字は読み辛くなりました。借りるときに活字の大きさも判断材料の一つです。
 趣味を楽しむのもいいことですが,脳の活性化のためには読書がいいと思っています。著者の言葉の使い方や表現方法にも興味があります。

 ここが新聞との違いが出るところだと思っています。同じ活字が並んだ紙ながら,新聞と書籍とは違います。新聞の活字の裏にある信条は,どうもうさんくさいです。
 新聞は伝えることを主眼としていますが,書籍なかでも小説は心情を主眼としています。ですから気に入った(波長の合う)著者に巡り会うと他も読みたくなります。

○ 今日の1枚

Dsc_5152

2019年11月 1日 (金)

街に出て

○ 約2ヶ月ぶりに街に出かけました。最寄りの駅まで徒歩で約45分です。往路は少しずつ下っていますから楽です。時間がかかるのは,やはり信号待ちです。
 電車・地下鉄を乗り継いで。10時オープンと思っていたら10時30分でした。またまた健忘症が現れました。10時30分~18時30分,いい商売ですね。

 さらに以前は,イメージセンサー・クリーニングだけで千円ちょっとで済みました。今では求めてもいない作業が入って2千5百円+税です。これが最低料金。
 イメージセンサー・クリーニングだけならば,(早ければ)30分で完了です。が,今回は,待ち時間1時間45分です。作業員も減らしたのかな。

 NIKON,「経営状態が思わしくない」と言われ続けています。その上にこの殿様商売,売る前と売った後での落差の大きいこと,これでは離れていきますよね。
 それでも(交通費は要りますが)イメージセンサー・クリーニングがやってもらえるだけでも嬉しいです。宅配便で送るとなると,お金も時間もかかります。

 受付を終わったら,ついでの用が待っています。再び地下鉄に乗り,時計修理店に向かいました。2ヶ月以上かかりましたが,オーバーホールが終わりました。
 約5年毎にオーバーホールを行っていますし,間に電池交換も入ってきます。これで4回目のオーバーホールです。今年23年目を迎えるタグ・ホイヤーです。

 国産の最新鋭のソーラー電波時計,一時期興味があったのですが,今では…。やはり機械ものです。オーバーホールや給油はきっと必要だと思います。
 携帯電話に駆逐されてきた腕時計ですが,やはり直ぐに時刻が分かる点は捨てがたいものがあります。まだまだこの腕時計を使い続けます。

 また地下鉄に乗り,カメラの引き取りに向かいました。ソフトウェアの更新をしてませんから,やっておいてくれました。これは嬉しいことです。が,何を?
 地下鉄・電車を乗り継ぎ,強い日差しの中帰宅しました。ほぼ半日費やしたことになります。街は階段が多く疲れました。合計すれば,相当の歩行距離です。

○ 来年の東京オリンピック,マラソンと競歩の開催場所で揺れに揺れています。野外で行うスポーツ,暑さ対策は選手も観客も同じ,頭の痛いことでしょう。
 このブログでも再三言ってきたことですが,「なぜ高温多湿の8月にオリンピックを開催するの?」とね。理由を知っている人,教えてください。

 熱帯・亜熱帯に住む人ならばともかく,低い湿度で生活している人にとって,日本の高温多湿はそう簡単には慣れるはずがありません。9月のラグビーWCですら…。
 前回の東京オリンピックは,10月10日開会式でした。これならば納得できる(今年は例外と言うことで)というものです。それが梅雨開けからの開催です。

 IOC(JOC)・準備委員会・東京都の間の不協和音は,前から噂されてきています。今回のマラソン・競歩の札幌開催も水面下では,かなり前から噂されてきたそうです。
 知らぬは,開催都市の都知事さんだけ?ですから感情的な発言が飛び出すのも肯けます。これだけ人とお金をかけてきて,オリンピックの華マラソンを開催できない?

 この人「都民ファースト」が口癖でした。では,「選手・観客ファースト」はないのでしょうか。走る人も見る人も炎天下ですよ。考えられないことです。
 一説には,「スタートを午前3時にしたら」とも伝えられています。熱帯夜をご存じないのでしょうか。まだまだ激論が続くようでは,もう開催返上したらどうですかね。

◇ あーあ
”アメリカの地域航空会社のトランス・ステーツ・ホールディングス(TSH)との受注契約(百機の受注契約)を解消する。TSHは全日本空輸(ANA)に次ぐ2社目の契約先,海外では初めての顧客だった。三菱航空機はこれまでに約4百機を受注していたが,今回のキャンセルにより受注数は大幅に減少する。90席級は米国市場での地域路線の席数を制限する労使協定を満たせないため。”

○ 今日の1枚

Dsc_5255

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »