2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

独自路線を貫け

◇ SKY/BCと言う航空会社は,我が国の航空会社の中ではちょっとユニークな存在だと思います。設立当初(767-300)から派手に”飛ぶ広告”をやっています。
 現在は,20数機のB737-800で運航されていますが,その前が面白い。ミニスカートの客室乗務員で物議をかもしたA330-300,そして幻のA380(3機)です。

 ただ経営陣の先を読む目の甘さか,倒産してしまいました。この再建が面白い。何としても日本国内線が欲しいDAL/DLとさらにグループを太らせる青組の取り合いでした。
 まあこの裏には,国土交通省の指導があったと思います。結局これが引き金となってDAL/DLの日本パッシングが行われ,来年夏スケからは羽田のみの運航となります。

 野次馬としては,SKY/BCのスカチー・カラーを見たかったです。将来の布石として,世界のアライアンスに参入する絶好の機会でしたけどね。
 それでもチケット販売における独自のシステムを未だに堅持しているはずです。共同運行もしていないはずです。援助を受けたが,独自姿勢は崩さず?

”スカイマークは,東京証券取引所に再上場を申請した。上場の可否や時期などは,今後の日本取引所自主規制法人の審査を経て決まる。スカイマークは2000年に東証マザーズに上場。13年に東証1部にくら替えしたが,15年に経営破綻し上場廃止となった。
 その後は投資ファンドのインテグラルやANAホールディングスの出資を受けて経営を再建した。19年3月期の売上高は前の期比6.5%増の882億円と過去最高を更新。”

 こうなれば支援されたお金を返し,さらに独自路線を貫くと面白いです。いよいよ国際線(成田~サイパン)から新しい時代の幕開けとなります。
 どうしてサイパンを選んだのかは知りませんが,成田だけでなく中部・関西・福岡からも飛ばして欲しいですね。LCCとはまた違った国際線サービスに期待大です。

 個人的には,S/Cをなかなか捕らえることができず,いつの間にか消えて言ってしまうことの繰り返しです。さらに左右絵柄が異なるとなると…。
 あの絵柄もそれなりの広告収入があると思います。今は特殊なシールですから,貼ったり剥がしたりが,短期間でできます。目の離せないSKY/BCです。

 これは数日前(これが実に多い私です。ごめんなさい。)のニュースです。「JAL/JLがMAS/MHの支援に乗り出す」と言うニュースが流れました。 
 経営破綻=国税を使い=株主には大損,独り立ちまでは税制優遇のおまけ付きです。路線・機材の縮小などを通して,やっと再建の目処が立ちました。

 内部留保の使い道に困って,海外の航空会社(ワンワールド仲間)を支援する。国民や旧株主に還元するようなことをするかと思ったら,これです。
 経営陣には,過去の反省がこれぽっちもない!?「馬鹿にしないでよ」と言いたくなります。これでは酒気帯び乗務がなくならない訳ですよね。

○ 今日の1枚

Dsc_5125

2019年10月30日 (水)

流出と楽しみ

○ 先日ファミマのくじで”3連勝”のことを書きました。その後,ローソンでは完敗,セブンでは”2連勝”と絶好調です。年金生活者にとって嬉しい出来事です。
 他人から見れば,「何とくだらないことを」と思われるかと。それでも本人は,(有料)くじになかなか当たらないだけに,当たれば何でも嬉しいものです。

 何でもと書きましたが,訳の分からぬメールで「当たりました!」と来るのは,ごめんですよね。さらに”無料”と謳うものもごめんですよね。
 どこからメール・アドレスを探してきたのか,私はそれが知りたいです。どこかの”登録”にメール・アドレスを使ったものが流れてきているのでしょうか。

 メールで思い出したのですが,アマゾン,作戦を変えてきましたね。商品を探して(見ている)と,もう翌日にはその商品の購入を促すメールがやって来ます。
 アマゾンも価格COMも冷やかしでサーフィンするならば,翌日からくどいくらい購入催促メールがやって来る時代となりました。単なる冷やかしなんですがね。

 何かの登録に使うメール・アドレス,買い物の確認のためのメール・アドレス,個人情報のはずですが,迷惑メールを生み出す温床となっているのかしら。
 これで携帯メール・アドレスを登録するならば…。毎日毎日不必要なメールがやって来る?ようになるのでしょうか。これは苦痛以外何ものではありません。

 時代の移り変わり,もうとってもついていくことができない私です。便利=不必要なメールとも考えられます。着信拒否もできない,困ったものです。
 送る側と受け取る側のズレ,料金を支払っているにもかかわらず,利用者にとって不都合なものです。このズレを解消する気持ちもないでしょうね。

○ そろそろ松の剪定に取り掛かろうと…。珍しく早い気持ちに無常の雨が降りました。散歩もできません。ふと考えれば,先日山の神がインフル予防接種を…。
 天気予報をしっかりと確認しておれば,正倉院展(奈良市)にでかけていたものに,あーあ。そこで私もインフル予防接種をうちに出かけました。

 駐車場を見たらほぼ満車状態,「これは時間がかかるな」と暗い気持ちになりました。ここまで来て出直しは,時間とガソリン代の無駄になります。
 待合室は当然満席状態です。それでも患者さんの回りがあり,しばらくしてやっと座ることができました。雑誌”サライ”では,奈良特集をやっています。

 奈良県の主なお寺さんは,ほぼ全部回っています。再訪・再再訪のお寺さんばかりです。今年は”安倍文殊院と岡寺”に行こうと思っています。
 ここは文殊菩薩もいいですが,善財童子がお気に入りです。動きがあり,なかなか可愛い童子です。表情豊かなものです。文殊様にお祈り,少しは頭脳明晰?

○ 今日の1枚

Dsc_3731

 

2019年10月29日 (火)

10月は梅雨?状態

○ 千葉県民の方々がいつになったら立ち直れるのでしょう。右に左にダブルパンチを浴びてしまいました。そして災害ボランティア不足も報道されていました。
 屋根の修理一つとってみても,「まあ一年待ち」と言いますから,人手不足の影響がここまできているのかと驚きます。東京オリンピックに人手がとられています。

 ところでNHKのニュースセブンの天気予報のコーナー,驚くべき報告がありました。今日(29日)を入れると,東京で雨の降らなかったのは片手もなかったそうです。
  東京の10月,これは過去に記録のないものだそうです。成田も似たりよったりです。むしろ成田の豪雨の方が注目を浴びました。また,空港宿泊の方も…。

 某方が言われるのは,即位正殿の儀に出席する海外のVIP,珍しい機材が機体が使われ,羽田空港へゴー!が,あまりのお天気の悪さに参ったそうです。
 それでもディジタルはいいですよね。曇りでも雨でも綺麗に?撮れますから。これが銀塩フィルムだったら,完全にお手上げです。指をくわえて…。

 あと二日で10月は終わります。新しい月(もう今年も残すところあと2ヶ月!)になったら,大雨・暴風は要りません。日本国中,お清めをせねばなりますまい。
 全国八つの地域では,大なり小なり自然災害の被害を受けています。今にボロな我が家の屋根瓦がぶっ飛んでいく台風がくるでしょう。他人事ではありません。

○ これも書くのが随分遅れて恥ずかしい話です。私,打ち上げ花火が大好きです。海外の打ち上げ花火をテレビで何度も見てきていますが,やはり日本が一番!
 夏の全国大曲花火競技会に続いて,土浦花火競技会をNHN:BSプレミアムで実況していました。どちらも録画しています。BVDに焼いてUwe Meierに送りました。

 残念ながら日本語オンリーで内容はさっぱり理解できなかったそうです。私がドイツ語が理解できないのと同じです。それでも日本の花火を初めて見て…。
 Great!の連発だったそうで,奥様と興奮して美しい日本の打ち上げ花火を鑑賞したそうです。手先の器用なそして向上心に富む花火師,やはり日本が一番!

 大曲の花火をDVDに焼きましたが,土浦は止めました。何でも安全点検のために二度も大きな中断!そう言えば,ここ昨年も同じようなことをやりました。
 何十万人の観客をガッカリさせたことでしょう。桟敷席以外ならば無料で見ることができ文句は言えませんが,せっかくの準備が台無しです。

 恐らく前日の豪雨のために最終チェックがずさんだったのではないでしょうか?何せ桟敷席や通路はもちろん,花火師の仕事場もドロドロ状態であったそうな。
 それでも開催にこぎ着けたことは立派ですが,あの長い中断と尻切れトンボはいただけません。来年こそは,二年続けての汚名返上を期待したいものです。

○ 今日の1枚

Dsc_5097 石仏探訪の折に  

2019年10月28日 (月)

美しいものを

○ これは私の予感ですが,台風21号が過ぎ去って季節は””になってきたように思います。”紅葉便り”を見ると高地では”紅葉”が真っ盛りのようです。
 写真を撮るには,透き通った秋や冬の青空はたまらない魅力です。青空に紅葉,(もしも撮れるのならば)年金生活者へのご褒美なのかもしれません。

 お休みの週末だけでは,必ずしも紅葉・青空が重なるとも限りません。年金生活者ならば,「おっ!明日は天気がいいぞ」と撮影地を選択することができます。
 しかし悲しいかな,今現在の紅葉真っ盛りポイントは,遠く離れています。いくら深夜割引を使っても高速道路料金は馬鹿になりません。ひたすら下道です。

 下道=時間がかかる=疲れる,まあ(私の場合)成田遠征は高速道路だけですが,石仏・サクラ・紅葉となると,そんな贅沢はできません。下道です。
 下道もいいものです。道の駅やコンビニがあります。休憩=コーヒータイムがとれます。高速道路では,まだまだコンビニは少ないし,セブンがなかなか…。

 下道を走っていて,岐阜県・長野県・群馬県などは,ガソリン価格が滅茶苦茶高いですね。失礼ながら,田舎に行けば行くほど価格は上がっていきます。
 ですから満タン給油して出発,"go go gas"を見て,少しでも安いGSで復路のガソリンを最低限給油することをしています。もちろん””のつく運転は,論外です。

 そうそうもう一つ,平日は観光地(撮影地)の駐車場が,比較的空いています。もちろん朝夕は別にして,下道も空いています。これはありがたいことです。
 今週?来週?に行くであろう奈良市は,駐車料金が高い!狭い!ことで有名です。奈良県警東の駐車場は,その中でも広くそれでもあっと言う間に埋まってしまいます。

 東名阪道路も新名神高速の迂回路ができたために,朝夕の混み具合が激減しました。これで京都~大阪の部分が開通したら,さらに車の流れは変わっていきます。
 伊丹空港への往路・復路の混雑解消につながります。首都圏と違って道路整備が遅れています。日本の大動脈(東名・名神)の整備が本当に遅れています。

 話が変わりますが,内界の診察室にカレンダーが貼ってあります。私,このカレンダーを見るのを楽しみにしています。毎月美しい写真が出てきます。
 私の撮りたい(風景)写真は,カレンダー写真と言っても構いません。もちろんディジタル写真が元ですから,(カレンダーは)かなり加工されていると思います。

 それでも誰しも「美しい」と感ずる写真は,残しておくのにピッタシだと思います。技巧に走った写真も面白いのですが,私にはそんな写真は撮れません。
 飛行機も石仏も型式写真のようなものです。記録として残すには,やはりこれが一番です。そして風景写真は,「美しい」と感ずるものを撮りたいです。

○ 今日の1枚

Dsc_3609  

2019年10月27日 (日)

何事も備えを

○ 半年に一度の歯科定期検診,歯石の除去と虫歯になりかけの治療です。4・5回(週)は歯医者さんに通ばねばなりません。もっと早くやって欲しいですね。
 予約はありがたいのですが,もう少し長く治療をして,早く終わって欲しいものです。歯医者さん,あの診察椅子に座るたびに腰が痛くなります。どうにかならないもの?

 私の歯医者通いは,少しでも悪くなるのを遅らせるためのものです。歯周病の為に歯と骨が離れかけています。さらに歯茎がどんどん下がってきています。
 もう遅いですが,20代の頃より歯科定期検診を受ける必要がありますよね。それくらいの歳から歯の管理をしっかりとしておかないと,私のようになります。

 内科(血圧や脂肪)も同じようなものです。若い頃より塩気のものを,脂っ気のあるものを好み,汗をかかないようでは,これまた私のようになります。
 まあ血圧だけは,かなり塩分摂取に気を付け,一日の総塩分をおおよそ計算して食事をとっています。これで血圧も下がり,降血剤も飲まなくて済むようになりました。

 雨の日をのぞき,自宅におれば散歩をしています。汗をかくようなるべく速歩であるいています。散歩後の牛乳とシャワーが気持ちがいいです。
 歩けば1万歩以上を目指し,ひたすら汗をかく歩き方,これです。ただ靴の消耗は,懐に痛いですね。安物にはこりごりです。また軽さも要注意です。

○ 台風15号の被災どころか,台風21号崩れの低気圧による豪雨,日本各地の河川の氾らんが目立ちます。こうなると,この先の対策を考えねばなりますまい。
 北陸新幹線の車両基地,上空から見た映像に愕然としました。水たまりに玩具の新幹線が並んでいるような光景です。まあ考えられない光景です。

 私,危機管理体制が不備であったのではないかと思っています。それとも過去の他社の対応を学んでいないのかもしれないとも思いました。
 なぜ新幹線が運休と決まった時点で,車両基地から高架線路上に車両を動かさなかったのか,東海道新幹線はやっていたそうです。1編成30億円×10ですよ。

 長野県が作成したハザードマップでも浸水の可能性がある場所です。まあ車両基地=広大な土地=余っているのは条件が悪い土地なんでしょう。
 だからこそ念には念を入れ,高架線路上に車両を動かす手を打つべきであったと思います。数年間は車両が足らず,ダイヤ通りの運行は無理と言われています。

 これは結果論ではありません。大型の台風が生まれる可能性が,年々高くなってきています。それだけに計画運休・車両の安全確保などをしっかりと練るべきです。
 国や地方自治体においても河川の氾らんに備えた調査・補修を早急に推し進めることです。台風毎に1千億円以上の被害が出るような国であってはなりますまい。

○ 今日の1枚

Dsc_3717

2019年10月26日 (土)

今年はいずこへ

○ 私は写真に関しては,ずぶの素人です。いつも言っていますが,PCにせよディジタルカメラにせよ,その機能の何分の一を使っているのか,情けない限りです。
 まあ自分が使わないような機能はさておき,知っているともっと作業が撮影が楽になることだってたくさんあると思います。もったいないですね。

 ”weather news”を小まめに見ています。東方遠征は,来週になっても(もう二ヶ月同じことを書いている…くどいですがね)お天気は安定しません。
 もう夏スケジュールの取りこぼしのフォローは無理です。さらに日の出(遅くなり)日の入りの時間(早くなり)を考えると,撮影時間は短くなってきました。

 次には,「春のサクラ,秋の紅葉」となる訳ですが,これまたお天気に左右されます。と言うか,曇天・雨の日にサクラも紅葉も撮り方を知りません。
 仮に知っていたとしても,腕が伴いません。まずもってホワイトバランスをどうしたらいいのか,分かりません。照度計が必要になるのかしら。

 それに雨に濡れる,三脚・カメラ・レンズが濡れる,これまたオンリーワンのものばかりですから,故障でもしたら…。それなりの装備?そこまで気力が…。
 素人は,やはり晴天です。特に紅葉は晴天の元での撮影が好きです。先の天気予報をチェック,そして紅葉の状態を見比べています。シャッターチャンスは少ない?

 記録を見ていると,昨年の秋は4回も出撃しています。それだけお天気に恵まれたと言うことでしょう。それでも”五色楓”のように雲海に悩まされたものです。
 今年こそはと思っているものを一つ。先日富士山に初冠雪のニュースが入ってきました。サクラ+富士山もいいですが,紅葉+富士山もいいのではないかと…。

 もう一つ,過去の苦い経験を書いておきます。何かの参考になるのではないかと。天気予報にある”紅葉情報”,あれって数日遅れていることが多いです。
 むしろあと1・2日で見頃という情報の時に行った方がいいようです。これはサクラでも同じです。サクラ吹雪や落葉が始まっているのは,遅いと思っています。

 いずれにしても(全て)お天気+紅葉状況が合わないと撮影には出かけません。いくら撮りたいポイントがあっても,自分の腕ではカメラではお手上げではねえ。
 長野県や群馬県の紅葉は,さらに未撮影(発見できなかった)の双体道祖神の撮影を兼ねることができます。一度で二度美味しい場所です。何とかお天気が…。

 こう書いてくると,セミプロの豊田の御大は,今年いったいどこの紅葉を撮られるのかしら気になります。ウーンと唸るような作品,見てみたいものです。
 ショートズーム用の偏光フィルターを買おうかどうか。それとも絞りで誤魔化すか?やはり両方をやってみて,これからの撮影の参考にしたいですね。

○ 今日の1枚(昨年のものですが)

Dsc_8051

 

2019年10月25日 (金)

時代と共に

○ 今日は,”人相”から。と言って,人相を占うようなことではありません。”即位礼正殿の儀”を見ていて,ふと”人相”のことを思う浮かべただけです。
 平成天皇そして令和天皇のお顔をじっと見ていると,心穏やかな人格がにじみ出ていると感じます。あくまでお顔をから受けた印象です。間違っているかもしれません。

 それでも親しく話す機会もないし,いつまでたっても自分一人の印象です。でも印象って大切ですし,結構それが当たるものです。これまでの人生を振り返ってみてもね。
 あの穏やかのお顔を見ていると,令和の時代が波乱のない時代になることを願うのみです。と言って現実は,台風による多大な被害・多くの人命の損失…。

 まあ私には関係がないことと思いますが,(気の早い話)この次の天皇は?弟に移るのかしら?私,この人の”人相”を見ていると,不安になります。
 さらにその次ぎ(まだ中学生ですが)は,さらに不安になってきます。どうして近代になって天皇は,男性ばかりなんでしょう。女性天皇がなぜ生まれないのでしょう。

 大英帝国は,エリザベス女王が国家元首です。国家元首にどうして性の差別があるのでしょう。皇室典範,これが生まれた時代のまま今に至っています。
 女性天皇・女系天皇に猛烈に反対する人がいることも知っています。どうして女性天皇・女系天皇を認めないのか,広く議論すべきだと思っています。

 まあ現実的には,(初代天皇と言われている)神武天皇から126代も続いてきていると言われている天皇家,これだけ長く家系が続くのも例がないと思います。
 長い歴史の中で天皇家の在り方・存在も大きく異なってきています。天皇家の親類(皇族)の方々も数が減ってきています。やはり時代に合った天皇を模索すべきでは?

○ 先日も書きましたが,15年間使って来た”風呂釜”がついに寿命になってきました。着火がそして給湯が不安定になってきました。女・子どもは「困った」だけです。
 この状態は数年前もありましたが,何とか騙し騙し使ってきましたが,いよいよもって寿命が尽きようとしています。「ああ,またお金が出ていく」とため息です。

 新聞やネットでは,格安商品が出回っています。が,電化製品もそうですが,風呂釜も最低10年は使うものです。安さに飛び付くとあとから痛い目に遭うのでは…。
 そこでいつも修理に来てくれているお店に行ってきました。「高い!」,思わずのけぞってしまいました。が,説明を聞いていると高い理由が分かってきました。

 ガス代を節約する機構が付いています。今使っている型式よりも新しいだけあります。単にガスを燃やすだけでなく,その熱を使って温めを速くする機構です。
 カタログでは,年間約1万円の節約になるそうです。これが10年ならば…。1ヶ月3千円強のリースもありますが,10年間の支払総額を考えると高いです。

 どういう訳か高額商品の購入となると,女・子どもの財布のひもは極端に固くなります。これはいつもの通りです。となると,1回払いはきついが,総額を考えると…。
 そして考えようによっては,まだまだ暖かいです。寒くなって交換をするよりも今交換した方が,安心だと思います。あと1週間,騙し騙し使います。

○ 今日の1枚

Dsc_3673a

2019年10月24日 (木)

六度目?

◇ スペースジェットに関して不可解な情報が流れていますね。相変わらず試験飛行を含めた情報を流さない三菱航空機,是非正確な情報を流して欲しいものです。
 と言うのも,日本経済新聞のネットにあったもの(納入延期に向けた調整)が物議を醸し出しているからです。会社側は,公式のものではないと否定していますが。

”三菱航空機は,開発中のスペースジェット(旧MRJ)の初号機納入について,6度目の延期に向けて調整に入った。2020年半ばの納入を目指してきたが機体開発の遅れで国土交通省からの型式証明(TC)取得作業が長引いている。親会社の三菱重工業が外部に納入時期の再精査を依頼しており,11月中にも新たな時期を決める。
 延期の最大の理由は機体の開発遅れ。スペースジェットは飛行試験を続けているが,最終的な試験機の開発が配線系の部品の不具合などで長引いている。もともとTC取得には膨大な書類の審査作業が必要。書類申請の遅れもあり,初号機の予定通りの引き渡しが難しくなっている。”

 ご存じのようにスペースジェットを最初に契約したのは,ANA/NHです。まあ国土交通省からの強い指導?が裏にあったことは間違いないでしょう。
 B737-500/DHC-8の後継機としての位置付けと思われます。が,過去五度の延期から,3機のDHC-8を追加,B737-500に関しても未だに使っている有様です。

 航空会社は,将来の需要予測を考え,使用機材の発注を行っています。これが五度の納入延期ともなると,(口には出さないものの)相当苦しい機材繰りと推察します。
 一方の赤組グループは,エンブラエルを導入,ほぼ全てを導入済みとなっています。特にE-190の多さには驚いています。CRJ-200はあっと言う間になくなりました。

 DHC-8は,ボンバルディアが航空機製造から撤退することもあり,新造機を求めることは不可能になりました。ORC/OCは,中古機を探しているとも言われています。
 赤組グループは,DHC-8を切り,ライバルのATRに乗り替えたことはご存じの通りです。ですからスペースジェットの納入が遅れても青組ほど焦らない?のではないでしょうか。
 
 スペースジェットは,本来ならば2013年に納入開始であったはずです。そして過去五度の延期をしてきています。来年の今頃には青組カラーで飛んでいるはずです。
 さらにここに来て標準型(SpaceJet M90)よりもより小型(SpaceJet M100)なものを優先する?流れになってきています。アメリカ国内で売りたいがためです。

 つまり標準型のオーダーは作るものの,会社としてはより小型なものに主力を注ぐという迷走です。E-175の快走を横目ににらんだ決断であったと思います。
 いずれにしても”型式証明”を早く取得することに全精力を注ぎ,予定通り青組に納入できることを願っています。もう言い訳は聞きたくはありません。

○ 今日の1枚

Dsc_3677

2019年10月23日 (水)

好みのものは

○ 田舎人,それでも現役時代には,(アイルトン・セナに憧れ)タグ・ホイヤーの腕時計を買ってしまいました。かれこれ22年になりますかねえ。
 この間には,オーバーホールや給油を含めて多額の出費をしてきました。8月22日オーバーホールと3針交換のために出しました。2ヶ月経っても…。

 でも考えてみれば,あの時ロレックスの自動巻を買っていたら,もっともっとランニングコストはかかっていたと思います。時計のオーバーホールは欠かせません。
 今はやりのソーラー電波時計,あれって本当にメインテナンス・フリーなんでしょうか。浅学の私には,その点がよく分かりません。サイトにも何も書かれていません。

 タグ・ホイヤーは出していますが,カルティエのサントスガルベは元気です。こちらは仕事用に買ったものですが,今では出番は少なくなりました。
 サントスガルベ,今でも新しいタイプのものが売られています。あの横から見た曲線の美しさ,私のものは(初代から続く)キャタピラー・タイプのものです。

 ランニングコストはかかりますが,現役時代に気に入って買った二つの腕時計,新しいそして素晴らしい機能が付いたものが出てきても,浮気はしません。
 BOSEのウェーブサウンドもそうですが,自分が気に入ったものは修理に出しても長く使う私です。これで自動車が加わればいいのですが,なかなか自動車だけは…。

○ 長男がヴェトナム旅行に行ってきました。お土産は,(当然)機内誌です。乗り継ぎですからCES/MU,HVN/VNの2社の機内誌をもらいました。
 スラスラとは読めませんが,何となく分かれば良しとしています。例え社会主義の国の航空会社であっても,機内誌を見る限り資本主義の国と変わりがありません。

 お土産がもう一つありました。ヴェトナム・コーヒーです。日頃飲み慣れているコーヒーとは,一味も二味も違います。ミルクが必要です。
 ミル(予備でもっています)を中挽きにセットして,ガリガリと豆を挽きます。そしてこれまたヴェトナム・コーヒー独特のアルミ製のセットを使って淹れます。

 飲んでみたら,大昔ヴェトナムで飲んだコーヒーの味を思い出しました。これを飲み続けることは難しいですが,これはこれで美味しいコーヒーだと思います。
 別に有名ブランドだから,あるいは限定(少量)生産のものが自分の舌に合うかは別問題です。いつも飲んでいるコーヒーで大満足しています。

 次は娘がフィンランドで買ってきたコーヒーですが,ケチな娘はちっとも「はい,これ飲んで」とは言いません。紅茶党の娘ですが,どうして買ってきたのか…。
 年金生活者には,もはや海外旅行は…。それでも現役の子ども達がお土産として買ってきてくれるものは,親としてありがたいし,嬉しいです。

○ 今日の1枚

Dsc_3673   

2019年10月22日 (火)

確率が高い?低い?

○ 一昨日”運勢(占い)”について書きました。牛丼御三家と並びコンビニ御三家では,忘れたことに○百円毎に”くじ”を1本引けるキャンペーンをやります。
 現在ファミマでもキャンペーンをやっています。消費の落ち込みを少しでも減らそうと今の時期に打って出たのかもしれません。でも,これは歓迎です。

 ファミマのキャンペーン,昨日で3回のくじを引きました。驚くなかれ3回共に当たりくじを引いてしまいました。3回連続は,初めての体験です。
 まあ景品は2百円以下のものばかりですが,それでも当たれば嬉しいですねえ。この悪運?が,例の十万円金貨であったら,さらに嬉しいのですがね。

 世の中にある貨幣を吸い上げるのならば,希望者全員に発行すればいいのに…。日本の各家庭に眠っている”タンス預金”を引き出す一方法だと思うんですが。
 コンビニのキャンペーンもそうですが,「当たれば儲けもの」と思うと気が楽です。宝くじなど,わざわざお金を支払ってくじを買うのは,私はできません。

 と言うのも,世の中で売られている”くじ”の確率を知ると,とっても買う気にはならなくなりました。(以前は夢を求めて買っていましたが,今は買っていません。)
 余談ですが,宝くじに当たる確率と交通事故に遭う確率を較べてみるといいと思います。いかにその確率は格段に低い,それでも欲望が勝って買うのでしょうね。

○ 今日は,即位礼正殿の儀で祝日です。しかし,(またしても)台風20号の影響で荒れた天気が予想されます。都内では厳戒態勢がしかれるそうです。

”天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿の儀」が,皇居・宮殿で執り行われる。外国の国王や元首、国内の各界代表者ら約2千人が参列予定で,陛下は高御座(たかみくら)の上からお言葉を述べられる。”

 平成天皇の即位礼正殿の儀が,(記憶力の悪い私でも)平成天皇の時のことが頭にあります。京都から高御座を運び,皇居で組み立て,中に天皇・皇后陛下が入られます。
 古くは天皇家の財政難でこの大切な儀式も省略されたこともあったようです。国民同様天皇家も長寿の時代です。令和の時代が長く続くことを願っています。

 不謹慎ですが,各国の国王・元首及び諸機関の長の来日,羽田・成田空港にはVIP機のオンパレードのようです。FR24にも映し出されるものもあります。
 が,華のお江戸はお天気が芳しくありません。先月から二日続けてお天気がよかったのは,数回です。ましてや三日連続は皆無です。今週も荒れるようです。

○ 今日の1枚

Dsc_4266

2019年10月21日 (月)

あるところにはあるもの

○ 見知らぬ土地(国)へ旅するのは,実に好奇心をくすぐるものだと思います。過去にはいろいろな土地(国)を訪ねましたが,どれもいい思い出となっています。
 (私には全く関係がありませんが)2020年,ヴァージン・ギャラクティックが”宇宙旅行”を始めると伝えています。その費用は,約2千7百万円也。

 これまでは限られた(選ばれた)人しか宇宙には飛び立てませんでした。お金を積めば,誰でも?宇宙旅行を楽しめる時代がやって来るようです。
 私なんぞ,ちょっと長生きして”リニア新幹線”に乗りたいと思っています。これならば(現行の)新幹線とお値段はそれ程違わないし,華のお江戸にまっしぐら。

 ヴァージン・ギャラクティック,頭にヴァージンが付きます。そうやり手の英国人:リチャード・ブランソンがアメリカで作った子会社です。
 この人はいろいろと話題に事欠かないもので,仕事からプライベートまで多いこと多いこと。「人がやらねば俺がやる」と言ったタイプですね。

 記事を読んでいたら,費用の中には自分専用の”宇宙服”まで含まれていると言います。当然,氏名と(出身)国旗が入ったものだそうです。記念になります。
 世界の富裕層の中でもアメリカが占める割合が大きいです。そんなお金の使い道に困っている人達のために,お手軽な話題性に富む宇宙旅行が立案されたんですね。

 日本ならば,そのお金で建売住宅が買える?夫婦二人の宇宙旅行では豪邸に変身でしょうね。台風の接近毎に心配な家に住んでいる私なんぞ縁がありません。
 早々,この宇宙旅行ですが,既に約6百人が予約を入れているそうです。1回に付き定員6名ですから,百回分の予約となります。あるところにはあるものです。

○ 散歩をしていると,あちらこちらから”キンモクセイ”の匂いが漂ってきます。昔人間は,キンモクセイを外トイレの近くに植え,臭いを消したものです。
 キンモクセイは樹勢が強く,花が終わったらきつめの剪定をしておかないと大きくなり過ぎます。ですから面倒なので,我が家には植えてありません。

 散歩コースには約200枚の田んぼがありますが,まあ95%くらいは刈り取りが終わっています。お天気が続かないだけに刈り取りのタイミングが難しいと思います。
 天気予報を見ると,台風20・21号がまたできています。どちらも日本に向かってくる可能性があります。何とか東・北日本には近付かないで欲しいものです。

 キンモクセイが季節を知っています。が,今年の台風発生はなかなか衰えることがないようです。私の住む地域では,風も雨もたいしたことがありません。
 それでもこれだけ天候不順が続くと,露地栽培の野菜には悪影響を与えると思います。野菜サラダを欠かさない私としては,野菜の高騰も頭の痛いところです。

○ 今日の1枚

Dsc_3682

2019年10月20日 (日)

運勢(占い)

○ 久し振りに近くの入浴施設に行こうと…。着いてみたら「アレッ」,入り口に”臨時休業”の紙が貼ってありました。ガッカリというか,なぜこの日に…。
 朝風呂は4百円なり。年金生活者には嬉しい価格設定です。炭酸風呂に入りたかったから,と言うか思いつきでしたがね。裏目に出ると一日の”運勢”は…。

 皆さんは,運勢を信じられますか?手軽なところでは,新聞の片隅に今日の運勢欄があります。テレビのモーニングショーでも必ずと言っていいほどやります。
 考えてみれば,(例えば)同じ星座の人は全国に何百万?何千万人?はいることでしょう。その中でも何人の人が,今日の運勢にあたるのでしょうね。

 ですから私はあまり占いというものを信じませんし,頼ろうとも思いません。ましてやわざわざお金を支払って自分の運勢を占ってもらう,考えられないことです。
 運勢(占い)というものは,どこか”宗教”に似たところがあるように思います。すがりたい・助かりたいなどの人間の弱い部分に侵入してくるようです。

 また歴史の話になりますが,平安貴族ほど”占い”によって行動をしていた日本人はいなかったと思います。方違え・洗髪などは,その際たる例です。
 有名な安倍晴明(陰陽師)などのプロが現れ,高級官僚などこぞって(安倍晴明宅に)足を運んだそうです。まだまだ自然の力・様々な病気に恐れていた時代です。  

 21世紀になっても世界中で運勢(占い)が行われ,己の不安を取り除く役目を果たしています。「なるようにしかならないよ」と思っていた方が幸せ?
 そうそう吉田兼好も「死は突然後ろからやって来る」と言う名言を残しています。一人の人間が何歳まで生きられるのか,それは運命です。逃げることはできません。

 運勢(占い)に頼ることなく,少し欲望を満たし,たくさんの不満を胸に秘めながら生きていくのが,普通の人間の生き方と考えております。
 死後の世界は誰しも分かりません。地獄・天国があるのか,誰にも分かりません。イエス・キリストもお釈迦様も見たことがあります。頭で考えたことですよね。

 それでも科学の発達した現代社会において運勢(占い)が消えることなく,むしろ盛んになってきているのは,一体どのような理由(原因)なのでしょう。
 人間は,どの動物よりも高等な頭脳をもっていることから来ていると思います。また,考え過ぎて悩む,さらに社会における希薄な人間関係からも来ていると思います。 

 人間の思考の中で一番困ったことが,この悩みだと思っています。現役時代における人間関係から来る悩み,あるいは業績が上がらない悩みがストレスになります。
 そういった社会の中で現代人は生きています。ですから何とか解決?逃避?したい思いが,運勢(占い)や宗教にすがるものと思っています。

○ 今日の1枚

Dsc_3657

2019年10月19日 (土)

やはり無料は

○ 東京の某方から大量の画像が送られてきました。原版ですから少々重いファイルです。ですから分割送付の形をとってもらっています。
 今回のメインは,(何と)ヨーロッパ編です。(恐らく)奥様の体調が回復し,気分転換に海外旅行(と言っても,ご自分はお仕事で何度も)にいかれたのでは?

 ヨーロッパ全体は,狭いです。が,”空の自由化”が進んでおり,新興航空会社の誕生・唖然とする倒産劇・旧植民地とのつながりと,目新しい機材が…。
 FR24を見ていて面白いのは,ヨーロッパ・アメリカでしょう。超過密な空の世界,眠ることのない世界,これを見ていると我が国は”後進国”なんだと思います。

 「ないない」と言っておられてもちゃんと海外の航空ショーに出かけられる方,心の底からうらやましいです。もう私には,海外旅行は過去形ですから。
 また横道に。未だに細々と”スライド交換”をしている私です。送られてきているスライドにない航空機(塗装)があります。現像をしながらため息が出ました。

 そしてお仕事で行かれたバンクーバー,ここの空港は私も一度だけ撮影に出かけたことがあります。Cレジが多いですが,ヨーロッパ便も頻繁に飛んできます。
 小さなリージョナル機も嬉しいですね。これなど現地に行かないと撮ることはできません。古い機材を大切に大切に使っています。ボンバルディアのように消えていった…。

 思い出したオリエンタル・エアー・ブリッジ,あそこどうするんでしょう。1機のボンバルディアを使っての運航ですが,もう製造中止の機材です。
 現在青組の参加に入っており,青組のDHC-8が一部使われています。本家よりも便数が多く,一体この会社,将来はどうなることでしょう。DHC-8の中古機探し?

 青組のB737-500(ドルフィン)も一体いつまで使うのでしょう。スペース・ジェット待ちなのは分かりますが,運航実績のない機材に期待は禁物です。
 本家は,スペースジェット待ちです。が,オリエンタル・エアー・ブリッジはそういう訳にはいきません。DHC-8にこだわるのならば,やはり中古機探し?

 横道の横道に逸れましたが,現像が終わり,サインを入れ,縮専(他にもっと優れたものはないかなあ)をかけ,ホームページビルダーでアップです。
 ページ編集が終わって,転送をしようと…。無料のページです。アップまでに待たされます。昨日は,1時間待ってもつながりません。回線が細いのでしょうか。

 いくら無料と言ってもアップロードできないようなものを提供されても…。仕方なく(約2時間無駄な時間を使ってしまいました)本体の一部に間借りすることに。
 無料ページ,比較選定をして借りています。しかし,どうも容量制限の半分を過ぎる頃よりアップロードに時間がかかるようになります。どこもそうです。

○ 今日の1枚

Dsc_4770

2019年10月18日 (金)

育てる

○ もうテレビのニュースを見るのも,新聞を読むのも嫌になるくらい毎日毎日”暗いニュース”ばかりです。こんな中,”即位礼正殿の儀”が22日行われます。
 国民そろって”新しい天皇誕生”を祝いたいのですが,台風19号の被災地の人達のことを思うと,なかなか素直に喜べないのではないでしょうか。パレードは延期です。

 それに最近私事で落ち着いた生活を送っていないこともあり,このブログのアップもバラバラとなっており,ご迷惑をおかけしていると思います。一応生きています。
 それにあれ程マイペースで行ってきた”散歩”にも出かけていません。頭の中にこびりついていることがあり,散歩どころではありません。困った困った。

 それに前(先月)から書いていますが,東方遠征(空港・石仏)も好天気が続いても二日では,とても出かける意欲がわいてきません。天候不順ですねえ。
 さらに遠征は,”一人旅”です。日程を組むのも直前(前日)にならないと決められません。事故・病気・けがなど,不安材料がいくつもあります。

 昨年そして今年初め,遠征時に左足を痛めました。幸いにして左足ですから,自動車の運転が可能でした。あれが右足だったら,家族に迷惑をかけてします。
 「これを機に遠出を止めたら」と言われるような気がします。「私の楽しみを奪わないでくれ」と言いたくなりますが,事故・病気・けがをしたら…。

 ところで,朝食のサラダに必要な野菜を確保するために,”二十日大根”の種を蒔きました。約10日間のインターバルを設けて3回種を蒔きます。
 さらに”パセリ”の苗を一株買ってきて,育てています。随分大きくなりましたので,少しずつサラダに入れています。”二十日大根”を早く食べたいです。

 これならばわずかの時間に手入れをしたり,灌水を行うことができます。たいした手間暇がかからないのが,選ぶ第一条件です。”レタス”がうまくいきません。
 口に入れるものの一つ二つ育てることは,そんなに大変ではありません。むしろ気を紛らわせることができます。できれば花も植えたいのですが…。

 育てる”と言うことは,時間がかかります。口に入れたら直ぐに胃袋に落ちていきます。また,病虫害にあえば,水やりを怠るのならば,直ぐに失敗します。
 毎日ほんのわずかな時間であっても,その様子をチェックすることが大切です。本当に”教育”とよく似ています。崩れるのは,一瞬ですよね

 違うのは,野菜も花も口をきかないことです。ですから相手の様子を注意深く観察し,水が必要か,肥料が必要かなどを推し量ることが不可欠です。
 野菜や花のせいにすることはできません。育てる人間が試されていると言うことでしょう。何とか家族の口に入るように育ってくれることを祈っています。

○ 今日の1枚

Dsc_3619

2019年10月17日 (木)

災害派遣

○ 世界遺産:富士山,日本人ならば誰でも知っている山,その姿は神が宿るものとして映り,古くから”富士山講”が盛んに行われてきています。
 また,多くの歌人・画家からも富士山を讃える様子を謳われ,描かれ続けてきました。これからもそれに変わりがないでしょう。私もレンズを向けたくなります。

 その富士山,静岡県側から見ると(富士山の南東側)に大きな口を開けているのが見えます。18世紀初頭に起こった”宝永大噴火”に跡です。
 現在の(静岡県)小山町と(神奈川県)山北町は,噴火による火山灰・火山弾などの影響を一番受けた地域です。酒匂川流域は,長く土石流に悩まされ続けました。

 私が歴史が大好きなことと,この二つの町は”双体道祖神”の宝庫であり,小さな部落にまで足を伸ばした地域でもあります。昨日の千曲川流域と同じです。
 山北町?と思われる方は,東名高速道路(下り線)で大井松田ICを越して二つに分かれる場所,あるいは渋滞のメッカ:都夫良野トンネルと言えばお分かりでしょう。

 この山北町も台風19号の影響を受け,断水状態となりました。「困った人達を救え」と陸上自衛隊駒門駐屯地では,夜を徹して”給水車”の準備をしました。
 翌朝の早朝には現地に到着という行動です。朝夕は,一般家庭でも一番水を使うことが多い時間帯です。「さあ給水!」と思ってもできません。

 自衛隊の災害活動に関して,都道府県知事の災害派遣申請が必要だからです。自衛隊は,それを見越し,現地に着いた頃には出されていると判断したと思います。
 ところが神奈川県知事は,自衛隊に対して災害派遣申請を出しませんでした。目の前に水を求めている人達がいるにもかかわらず,3台の給水車は帰ったそうです。

 神奈川県側の言い分は,「県の力や水道協会の力でやれるだけのことをやる」ことを優先したそうです。(結局給水は午後早くに始まったそうです。)
 県の行政としての”意地?か,目の前で水に困っている人達が優先か,皆さんはどう思われますか?これが文民が,自衛隊をコントロールしている姿でしょうか?

 大都市ならば大騒ぎになっている事案です。(失礼ながら)山北町のような人口過疎地で起こったことは,多くのマスコミも取り上げようとしませんでした。
 印鑑がなければ,あるいは書類の不備があれば,役人は決して動きません。選挙では「県民の皆さん,市民の皆さん」と連呼している首長・議員,おかしいのでは?

 職務に忠実なのは大切なことですが,時として臨機応変に事案に対処できる判断も必要ではないかと思います。”文民統制”も同様ではないでしょうか。
 そして被害状況も十分に把握できていないのに”災害対策費”を計上し,火の粉が降りかからないように考える安倍首相,(国会)休会してでも視察に出かけて欲しい。

○ 今日の1枚

Dsc_3398

2019年10月16日 (水)

他人事ではない

〇 日本の平地は、土地欲しさに埋め立ててできている所が多いです。私が幼いころ、“伊勢湾台風”という強烈な台風がありました。我が家の雨戸がぶっ飛びました。

 そして名古屋市西部から海部地方にかけては、浸水被害にあい、多くの方々が亡くなられた記憶があります。また、市内では堤防決壊のこともありました。

 

 風そして雨をもたらす台風は、本当に恐ろしいと思っています。あとは落雷でしょうか、これも大木に落雷、生木が裂けた光景を見て、トラウマ状態です。

 台風19号で何本もの河川が氾濫、堤防の決壊がありました。土砂とともに流木が流れ、物凄い力で押し寄せてきたそうで。映像で見るとゾッとしました。

 

 なかでも“千曲川”の堤防決壊、県庁所在地でもある長野市で起きました。一言で“災害復旧”といいますが、この世の中“人手不足”、なかなか元通りには…。

 台風15号の復旧もままならぬ千葉県、ここまで苦しめられると泣くに泣けませんね。屋根の修理に1年間待たねばならぬと聞いています。その間には…。

 

 今日も不謹慎なことを書きますが、千曲川の氾濫した地域、私も回りました。そう“双体道祖神”の撮影で小さな部落まで回ったものです。あの濁流で…。

 数年前は、群馬県沼田市及びその周辺でもありました。狭い地域の集中豪雨です。私が廻った“双体道祖神”は、いったいどうなったことでしょう。心配です。

 

 概して“双体道祖神”を今でも大切に祭ってある地域の人たちは、心優しい人たちでした。私の道楽にも嫌な顔を見せず、協力してくださいました。

 それだけにそういった地域の人たちの生活が脅かされていると思うと、自分はいったい何ができるかを考えてしまいます。また“募金”でしょうかね。

 

 もう一つ、台風19号のことで残念なことがありました。これは安倍首相も国会答弁でありました。「避難所は、すべての人に公平に設置されなければならない」です。

 東京での出来事ですよな。避難所の受付係は、“ホームレス”の人たちを“住所不定”ということで受け入れを拒否したそうです。考えられない出来事です。

 

 避難所に入れず、ホームレスの人たちはいったいどこへ避難すればいいのでしょう。確かに受付係の言い分は一理あります。が、“避難所”を杓子定規に考えすぎでは?

 “避難所”は、避難を求める人たちに公平に開かれたものにならないでしょうか。“関東大震災”のような首都圏を襲う大地震が起きても、同じ対応でしょうか?

 

 “炊き出し”ってご存じですよね。食べるものに困っている人たちに、無料で食事をふるまうものです。例え“住所不定”の人たちを除外するでしょうか。

 大地震の場合、自信を知らない外国人もきっといることでしょう。右往左往している人たちに今回のような杓子定規な対応をするのでしょうか。

 

 ラグビーWCで日本人が見せた“おもてなし”は、本物であったと思っています。避難所の受付(恐らく公務員でしょうね)とは、随分差があるように思います。

 困った人たちに温かい手を差し伸べる、ラグビーであろうと災害被害者であろうと、私な基本的に同じだと思っています。本当に嫌なニュースでした。

 

〇 今日の1

Dsc_0084a_20191016014201

 

 

2019年10月15日 (火)

桜ユニフォーム

〇 台風19号で亡くなられた方々、心よりご冥福をお祈りいたします。また、残された家族の皆様方のお気持ちを察するならば、改めて自然の力の恐ろしさを感じます。

 気象庁は、日本接近前から警戒を喚起する知らせを度々流していました。それでも50人以上の尊い命が奪われました。台風の勢力が年々増大しているのかしら。

 

 台風15号でも史上空前とも言われた風水害でした。特に第1次産業に従事している人たちは、立ち直れないままで台風19号を迎えた訳です。悔しいでしょうね。

 また、マスコミや地方自治体の首長の動きを見ていると、台風15号の反省が少しは生かされているかとも感じました。東京電力いじめは、ひどいものがありました。

 

 (不謹慎かもしれませんが)そんな悲しみをぶっ飛ばすニュースがありました。私もテレビ観戦(残念ながら録画ですが…やぶ用がいくつも)しました。

 この4年間の強化合宿が最大限に生きていました。試合最初の10分程は、「これは初めての黒星?」と思っていたら、あっという間に同点です。

 

 特集番組でやっていましたが、ヘッドコーチが替わって約1年間は、「今までを否定するコーチに反抗した」そうです。リーチ・キャプテンですら反抗していたそうです。

 日本チームにも外国人が約半分います。が、WCでは、堂々と日本人になっていたようです。国家:君が代も必死で覚えたそうです。立派ですねえ。

 

 私が(失礼ですが)見て笑えたのは、リーチ・キャプテンを先頭にくさび型に並んで歩く隊形です。あれは、薩摩藩を代表とする戦い方(陣形)ですよね。サムライ!

 15人が一丸となって戦う姿勢が、あれです。薩摩では、周りが崩れようとも主を守り戦ったそうです。少数でも敵を倒す必死の戦法です。よく取り入れました。

 

 トレーニング施設・練習施設そして厚い指導陣にも恵まれ、前回までの戦いが嘘のような大進撃です。地の利を最大限に生かしたものだと思います。

 そして(私を含めて)にわかラグビー・ファンの熱い声援、スタンドを埋める赤と白のジャージ姿、これで燃えなければ選手じゃありませんよね。

 

 あのスクラム後の芝生の剥げ、いかに8人の力対力の凄さが分かります。ルールはよく分からないけど、あの力対力の迫力は心を揺さぶるものがあります。

 次第に残り試合が少なくなってきましたが、決勝戦まで全部見たいと思います。最後にカナダ選手、泥の始末に手を貸していただき、ありがとうございました。

 

 ボランティアの方々の各国の国歌をプリントし配付されました。どちらのチームの国歌もスタンドからも聞こえ、選手の方々も驚いたそうです。

 サッカーWCでも見たことがない光景、そしてサッカー人口よりもはるかに少ない日本、本当にボランティアの方々の言動は素晴らしいものがあると思います。

 

 話が飛びますが、日本の国技:相撲ですよね。こちらも力対力のぶつかり合いであり、下克上があるのならば、桟敷性も大喜びのスポーツです。

 が、終わってみれば87敗がずらり並ぶのには、いまだに解せません。まさか八百長をしているとは思いませんが、それにしても87敗はいただけませんね。

 

〇 今日の1

Dsc_8587_20191015041501

 

2019年10月14日 (月)

地道な研究

○ またまた時間が経ったものを取り上げます。ノーベル化学賞に吉野彰氏の受賞が決まりました。NHKの臨時ニュースでも伝えられました。でも…。

 受賞対象のリチュウム乾電池については分かりました。しかし,”旭化成の名誉フェロー”と言われて???だって”フェロー”の意味を一般人は理解できる?

 

 フェロー,意味が分からないので調べました。フェロー…その分野で優れた貢献をした人に与えられる称号,天下のNHKでも不親切なことがあるものです。

 フェローの前に”名誉”が付きますから,フェローの中で特に際立った功績を残した人ということになるのでしょうか。またまたNHKの不親切さにブツブツ。

 

 昭和・平成・令和と日本人ノーベル賞受賞者が続いていることは,日本国民の一人として誇りに思います。正真正銘世界の人が認めた功績ですから。

 ノーベル賞には,分野毎に選考委員がいます。よく分からないのですが,各国から業績を記した推薦書が出されるのでしょうか。一体誰が書くのかしら?

 

 吉野ご夫妻の記者会見を見ていたら「今年もダメか,ああ今年もダメか」と,内輪話を聞けました。やっぱり推薦書を出して審査されているように思います。

 しかし,あのような内輪話を堂々と話されたのには驚きました。少なくても今までの日本人受賞者の記者会見とは違うものを見たような気がします。

 

 吉野さんの言葉に 「 無駄をやらないと成果は出ない。1千人のうち999人が役に立たない研究をし,1人がとんでもない成果を出す。」があります。

 政府が産業界に奨励する”実用化”,もちろんこれも大切ですが,”基礎的な研究”も大切だと指摘されておられます。この二つは車の両輪のようなものです。

 

 いちいち政治家に口出しされずとも,理論と実践が上手くかみ合ってきているからこそ,多くのノーベル化学賞受賞者が生まれてきていると思っています。

 そもそも研究というものは,「何が無駄で何が無駄でないのか,はっきりとしない」のではないでしょうか。吉野さんも営利第一の旭化成で苦労されたようです。

 

○ 名古屋飛行場に”(スーパーマリン)スピットファイヤー”が飛来しました。メッサーシュミットの好敵手だった飛行機です。子どもの頃,プラを作ったものです。

 第2次世界大戦勝利国イギリス,スピットファイヤーの素晴らしさ(ドイツも欲しかったほど)を長く記憶にとどめたいと,修理保存に力をいれているようです。

 

 スポンサーIWCのステッカーを貼ったスピットファイヤー,イギリス~アメリカ~カナダ~ロシア~日本~フィリピン?と飛び続けるそうです。

 名古屋飛行場では,ゼロ戦も撮影ができました。特にスピットファイヤーは,二度と日本の空を飛ばないだろうから,人混みを我慢して出陣しました。

 

○ 今日の1枚

Dsc_4504_20191014173801 

 

2019年10月13日 (日)

排気量のかさ上げ

○ HONDAN-BOXが売れに売れていると言います。買いもしないのにネットでこの車を見ました。正直言って,(まあカタログ写真ですから)購入意欲をかきたてますね。

 HONDAのその他の軽自動車もざっと見ましたが,「今時の軽自動車は普通車と変わらない」と言うのが実感です。まあ”軽自動車規格”がネックですがね。

 

 軽自動車規格…全長3.4m以下,全幅1.48m以下,全高2m以下,排気量660cc以下です。居住空間を生み出そうとするならば,車高を上げるしかありません。

 町で見かける軽自動車は,ほとんどが背高のっぽのもの(エアコン効くかなあ)ばかりです。さらに言うならば,後席スライド・ドアが今風の自動車でしょうか。

 

 高くなったと言ってもまだまだ税金面での優遇措置はあります。最初の車検までに普通車と較べてどれくらい安上がり(消耗品・燃料を含む)になるのでしょう。

 軽自動車税と自動車税(例えば,アクア)と較べれば,3万2400円と9万1500円となります。実に5万円近くの差が,3年間で生まれます。驚くべき数字です。

 

 大まかな比較ですが,N-BOXの車両価格160万円ほどします。アクアの車両価格は180万円ほどします。N-BOXに較べアクアの方が値引きは大きいようです。

 つまり強引な見方をすれば,車両価格はそんなに大差がないと言うことです。昔は,軽自動車が100万円を超えると,「高いなあ」でした。今なら笑われます。

 

 普通車と較べ,軽自動車の車両価格の伸びが大きいように思います。ATPW・オートACなどなど,装備品を較べても昔の軽自動車の面影はありません。

 さらに有料ですが,”白ナンバープレート”も付けることができます。一見するならば,装備に関してそして外観を見ただけでは,軽自動車の存在は大きいです。

 

 さらに言うならば,昔からエンジンの非力さをカバーするための一助として,軽自動車の製作は,「いかに軽く作るか」です。当然高速度料金も安くなります。

 蛇足ですが,私は高速道路でよく軽自動車に抜かれます。660ccのエンジンをめいっぱい動かしているのでしょうな。「あれで燃費は」と心配になるくらいです。

 

 一家に何台もの自動車が必要な家庭は,軽自動車への依存が高くなりますよね。ランニングコストを考えたら…。タイヤもホイルもバッテリーもオイルも安くつきます。

 これで軽トラックとなれば,さらに安くつきます。軽自動車は,そう言った意味からも地方(鳥取県、佐賀県、長野県など)の自動車と言えるのかも知れません。 

 

 ただ一番のネックは,排気量制限です。完全なガラパゴス化しています。日本の自動車メーカーは,海外生産では1千cc程のエンジンを搭載しているようです。

 ここです。私の言う”国民車”です。海外生産のような自動車が国内で安価に売られれば,飛び付く人が多くなると思います。排気量のかさ上げをして欲しいです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_8587_20191013172901

2019年10月12日 (土)

難しいですが

○ 人員不足なのか怠慢なのか知りませんが,日本の警察は,違反=お金(反則金)ととらえているのではないかと…。また,取り締まりしやすいものを優先?
 歩行あるいは自転車に乗っているとき,あるいは結構な雨量のとき,道路には危険なものが…。気になるのは,自宅前の”段差ブロック”です。

 ほとんどが硬質プラスティック製です。雨が降ると滑りやすいです。歩道から車道へ出てすれ違うとき,自転車のタイヤがスリップします。危ないです。
 また多量の雨が降ったとき,道路上の水はけを悪くしたり,流れを変えていないでしょうか。歩道下のますに雨水を流しているところは,明らかに水はけを悪くしています。

 近所にもこの”段差ブロック”を置いている家がいくつもあります。路上を私的なものが占有しています。これ一つとってみても疑問符が付きます。
 「隣もやっているから我が家も」と,「赤信号,みんなで渡れば怖くない」と同じ感覚なんでしょう。また,違法と分かっていて放置している警察も問題です。

”自宅や駐車場出入り口前の道路上に,段差を解消するための段差解消ブロックや鉄板などを設置することは道路法(道路法第43条2号)で禁止されています。自宅や駐車場出入り口前の段差を解消したい場合は,道路法第24条に基づく手続きにより,道路の歩道部分や縁石などの切り下げ工事を自己負担で行っていただくことになります。”

 道路交通法で禁止されている=私物の道路占拠です。これを取り締まるって聞いたことがありません。あるいはいちいち見付けて指導する・摘発するのが面倒?
 騒がれている”あおり運転”,これに絞った法律はありません。東名高速道路でのあおり運転事故直後,散々マスコミは騒いでいたのに,その後は…。

 そして常磐自動車道でのあおり運転,やっと重い腰を上げて法整備に向けて準備中と言われています。死者が出たり,国民の注目を浴びてやっと動き始めました。
 これで先に挙げた”段差ブロック”が原因で死者が出ようものならば,マスコミも国民も目が覚めると思います。騒がねば動かないのかしら。

 確かに”切り下げ工事”は,手続きが要りますし,工事費も自己負担です。だからと言って違法な”段差ブロック”を設置して済ませるのは,おかしなことです。
 また違法な設置が予見されるものを売っている業者も問題です。「販売時に自宅前の道路に設置するのは,違法行為ですよ。」と伝えているのでしょうか。

 ひところ危機管理体制の不備がいろいろなところで指摘されてきました。悲しいかな(失礼ながら)犠牲者が出ないと,その危険性が分からないようです。
 できるところから地道に危険箇所をなくしていく,何も”段差ブロック”だけではありません。尊い命を犠牲にしてやっと動き出すようなことは,人命軽視です。

○ 今日の1枚

Dsc_3392

2019年10月11日 (金)

不安と断罪

○ 台風19号の予想進路が出た。もちろんこれまでも予想は発表されていますが,日本に近付くにつれて正確な進路予想が出た訳です。台風15号のコースに似ています。
 と言うことは,またしても首都圏直撃,さらに3連休中です。慰めは,通勤・通学の方々がお休みと言うことだけでしょう。特に千葉県の被害拡大が心配です。

 99%以上電力は復旧したそうですが,テレビで流れる映像では,屋根を覆う青いビニルシートが痛々しく,そこにまた同じような勢力の台風がやって来る。
 国会でも千葉県・千葉市では,責任追及の声が上がっています。そこには政争だけしかありません。復旧を妨げている原因は,はっきりしています。

 そう東京オリンピックの為に多くの労働者がかり出されています。別に千葉県のみならず,東北の復興の遅れも同じ原因です。浮かれているのは,華のお江戸のみ。
 屋根の葺き替え工事,下手をすれば一年待ちだそうです。その間に家屋はどんどん雨水にやられていきます。建て替えた方が早いのかもしれません。

 我が家もそうですが,その為の資金が…。ローン返済している人だって多かろうと思います。そこにさらなる借金,お先真っ暗,やはり国・県の補助が必要です。
 家屋の保険に加入している人だって,修理・建て直しをするにも相当な時間がかかると思います。いずれにしても責任問題を争っている場合ではありません。

○ 毎日のように新事実が報道されている神戸市立東須磨小学校,限られた情報でもって断定的な言い方は避けたいと思いますが,まあ「酷い」の一言でしょうか。
 学校現場のみならず社会の至る所で”いじめ”が問題となってきています。しかし,人間教育を旨とする学校において,しかも指導的立場の者が…。

 確かに職場にも”お局様”がいますよね。私も随分叱られ,人間関係の難しさを学ばせていただきました。ご機嫌を損ねれば,巧妙なサボタージュですからね。
 いじめの加害者が,30~40台(中堅ですよね)の教師,しかも動画までネットで流されています。ドライブレコーダーではありません,意識して撮っています。

 情報では,校長ですら指導できないくらいに校内で隠然たる力をもっていたと言います。教頭から校長に内部昇格したらしいですが,それにしても…。
 管理職の働きの一つは,職場での円滑な人間関係構築にあると思っています。特定の人物に遠慮しているのでは,己の職務の怠慢と言われても仕方がありません。

 他の職員からも「言いたくても言える雰囲気ではなかった」と言われています。この世界は,いつからブラック企業(職場)になったのでしょうね。
 昨日のブログではありませんが,前校長・現校長及び4人の教員は,懲戒免職処分が妥当だと思います。子ども達に「いじめは犯罪です」と指導しているでしょ。

 ネットにて長時間記者会見が放映され,私も見ました。前校長・加害者・被害者は全て匿名,これは犯罪です。氏名公表は当然のことだと思います。
 肝心のその内容ですが,わざわざ記者会見を開く程の内容は,全くありませんでした。未だにこの事件への真摯な取り組みが見られず,とても残念に思いました。

 文部科学省においても“いじめ”に関して厳しい姿勢を見せています。子ども達に対しても指導者に対しても同じ姿勢で臨む必要があります。
 「旗振れども現場は馬耳東風」ではないでしょうか。一部の方が指摘していますが,これは”刑事事件”として扱った方が,白黒はっきりすると思います。

○ 今日の1枚

Dsc_4363_20191011060201

2019年10月10日 (木)

甘い処分

○ 自転車にも酒気帯び・飲酒運転があること,ご存じですよね。自転”車”ですから,自動二輪・自動車と同類なんですよね。自転車を引っ張って…。
 道路交通法の改正により,酒気帯び・飲酒運転の罰則が強化されました。全国的には,酒気帯び・飲酒運転が激減してきているようですが,ゼロではありません。

 自損事故ならばいざ知らず,アルコールが入った状態で事故を起こされ,巻き添えを食っては泣くに泣けません。法の厳しくなるのは,当然のことです。
 もう時代が変わりました。酒気帯び・飲酒運転=悪の時代です。「飲んだら乗るな」のキャッチフレーズを頭の中にたたき込んでおかなければなりません。

 

 個人でも厳しくなったのですが,公共交通機関従事者ならば,さらに厳しい姿勢が必要だと思います。例えば,バスの運転手の酒気帯び運転なんぞ,免職・免許取り消し!
 これがちっとも分かっていないのが,日本航空のパイロットです。昨年からもう連続して酒気帯びチェックで引っ掛かり,乗客・会社に迷惑をかけています。

 国土交通省の指導も甘いと思っていましたが,ヒースロー空港でのコパイ,ついに免許取り消し処分が下りました。随分遅い処分だと思います。
 同じ会社に在籍しておりながら,乗務前のアルコール検査が義務化されても,まだ酒気帯び乗務がなくならない。「他を見て吾を見直さない」とは,情けないです。

 新聞によると,
”一連のパイロット飲酒問題は,昨年10月末に日航の副操縦士(当時)がロンドンの空港で,酒気を帯びた状態のまま乗務しようとして逮捕された事件が発端。その後,他の航空会社でもずさんな飲酒検査の実態が次々に明らかになった。飲酒検査が義務化され,日航は国土交通省から事業改善命令を受けた。今年6月に始めた新たな展示は,こうした経緯や行政処分,日航の改善策を4枚のパネルで表している。
 問題発覚の当初,日航社内では「個人の問題」ととらえる風潮があったという。だが,同社安全推進本部の向山正人マネジャーは「飲酒問題は安全の問題。少しでもおろそかにしてしまった過去を決して忘れずにいるために展示を始めた」と。
 不正のしにくい検知器を導入したり飲酒教育を改めたりしていた。ところが今年4月以降も乗務前の飲酒検査でパイロットからアルコールが検知される事案が相次いだ。そのため国交省は,日航のパイロットへの飲酒教育は不十分で,経営陣が関わるなどの改善が必要と判断した。
 国交省は飲酒量に関する基準も新たにつくる。これまでは,乗務前8時間以内の飲酒を禁止する基準はあったが量に関する統一の基準はなかった。そこで,1時間あたり約4グラムのアルコールが体内で分解されることを示し,各社ごとに飲酒量の基準を示すよう求める。”

 私は,これでも甘い処分だと思います。「業務改善内容を国土交通省に提出,それが認められるまで”運行停止処分”が妥当だ」と思っています。
 酒気帯び・飲酒運転が世の批判を浴び,その撲滅に国全体で取り組んでいます。まして公共交通機関団体及び従事者となれば,さらなる厳格化が必要です。

 運転免許証取消処分と言う重い処分が,酒気帯び・飲酒運転撲滅への引き金になっています。ならば,”運行停止””操縦免許取消”となるのが,妥当な線だと思います。
 世界の空の安全を国土交通省の手でやっていただきたい。「厳罰を課さなければなくならない」とは悲しいことです。しかし,事故が起こってからでは遅いです。

 

○ 今日の1枚

Dsc_3359_20191010060001

2019年10月 9日 (水)

これもマナー

○ これは(正直言って)私も当てはまる?
・ 人も自転車も自動車も交差点での左右確認をする
  ”止まれ”の標識があるなしに関わらず止まる。止まるとは車輪が動かない状態
・ 交差点通過時は左右確認する
  青信号で進んでも交差点内では,0%過失なしにならない
・ 赤信号で交差点内に飛び込まない
  これは実に多い,私の知っている限り,千○県民は最低?
・ 動きながらの携帯電話はしない
    例え自転車であっても歩行者を倒せば負けます,まして自動車では…

 世の中,”あおり運転”に注目が集まっていますが,”動き携帯”も同時に厳しく取り締まることに法の改正が行われるようです。どんどん厳しくして欲しい。
 これに加えるならば,(信号のない場所)横断歩道手前では,アクセルから足を離す(シフトダウン)こと。(歩行者がいて)怠ると切符を切られる可能性は大です。

 少子高齢社会になるにつれ,交通事故死の内容も変わってきています。幼児・高齢者の事故死が増えてきています。自転車も怖い乗り物です。
 自動車製造メーカーもやっと”安全対策”に力を入れるようになりました。自動運転に資金を投入する前,いかに事故を防ぐか,本腰を入れて欲しい。

 高速道路(自動車専用道路)での事故は,大きな事故になります。前も後ろも横もキョロキョロするくらい注意をしていないと,もらい事故につながりかねません。
 まあ普通ならば100km/hが最高速度です。自動車の夢かもしれませんが,超高性能の自動車が日本に必要なんでしょうかねえ。セールス・トップ10は軽自動車がズラリ。

 「狭い日本,そんなに急いでどこへ行く」ではありませんが,走行車線がガラガラでずっと追い越し車線を走り続ける輩,法を知らない?マナーを問われます。
 もう一つ,1台がそれをやるとアリの行列のように走る輩達,走行にムラが出る元です。定速走行していると,実にそのことがよく分かります。時間に大差がありません。

 思い出した,もう一つありました。犬を抱いて運転する人がいます。皆さん,これをどう思いますか?これが愛犬家なんでしょうかねえ,疑います。
 散歩をしていると,犬の糞が…。あるいは手ぶらで犬の散歩をしている人が…。私から見れば,犬の所有者の我が儘としか見えません。自分の言うことを素直に聞くもの?

 最後に道路=公共の場であると言うことです。だからこそ法が(遅まきながら)整備され,お互いに気持ちよく道路を利用するようにしたいものです。
 そして道路=交通事故,見知らぬ人に殺されたくない。自分を含めて流れを大切にしながらも事故を起こさない,事故に遭わないようにしたいものです。

○ 今日の1枚

Dsc_4420  

2019年10月 8日 (火)

台風被害

○ 台風15号の社会に与えた影響は,大変に大きなものがありました。東京電力への批判があれ程高くなったのは,福島の原発事故以来のものだと思います。
 しかし,県知事・市長が声高に東京電力を批判したことを残念に思いました。あれ程広い地域での被害を正確に把握し,迅速な対応を求めることが可能であったのか?

 千葉県の各市町村で働く人を合計すれば,相当数になるはずです。東京電力の社員数よりも多いかも知れません。それでも自分達の市町の被害状況を正確に把握…。
 さらにNTTの対応となれば,さらに遅れています。どうも東京電力=悪のイメージに踊らされたようです。例のゴルフ打ちっ放し場は,どうなったのでしょう。

 農業・水産業・牧畜業などの第一次産業の被害状況すらまとまっていないのでは?さらにその対応となれば,遅れるものとなっていると思います。
 もう次の台風がやって来るようです。コースによっては,また関東地方南部を襲うかもしれません。一体今どうなっているのか,是非知りたいものです。

 千葉県,落花生が有名です。国内ブランドとして確固たる地位を占めています。大陸産の落花生の倍以上の値段がつけられ,手が出ないものの一つです。
 昨日,お友達から落花生をいただきました。丹精込めて作られた落花生,実もたくさんついており,実をとり洗い,たくさんの塩を入れて茹でました。

 小さい頃,落花生は商品作物でした。売れないような屑の落花生を食べていました。そのせいか屑の落花生,小さいですが身が柔らかく美味しいです。
 たくさんありましたから,半分は実をつり出し醤油味で煮ました。これもおばあちゃんやおふくろさんがよく作ってくれたもので,懐かしい味です。

 バターピーナッツ,好きではありません。売っている落花生で買ってくるのは,殻付きのものです。殻は細かく砕き,土に混ぜています。土の硬化を予防に使います。
 落花生は,本当に素朴な味です。塩茹でしたものは,柔らかく落花生の味がしみ出てきます。未熟な落花生は,ホワイトアスパラに似た味ですね。

 先程書きました落花生の醤油味,これがまた冷めて味が染みこむと美味しいです。もちろん薄皮はとらないでそのままの状態で煮ます。お薦めですね。
 最初の話に戻りますが,千葉県産の落花生は不作ならば,農家の人は収入源ですね。さらに落花生が高騰し,加工業者も困るのではないかと思っています。

 概して第一次産業は,天候に収穫(漁獲)高が左右されるものです。付加価値をつけるのならば,あるいは天候の影響を受けにくくするならば,さらに高くなります。
 台風による風水害,あまり知られていませんが塩害,毎年のように繰り返されています。今度の台風の被害がないことを願うばかりです。神様仏様○様。週末,さらに強い台風19号が…。

○ 今日の1枚

Dsc_4308

2019年10月 7日 (月)

一週間が経ちましたが

○ 日本に消費税が導入されて30年が経とうとしています。8%に増税が,5年前?だったと記憶しています。消費者から広く浅く税を徴収しようと導入されました。
 消費者が真面目に税を納めながらも,事業者の(正規の)納税が行われなたっかことは,過去に何度も報道されてきています。憤慨したものです。

 特に8%に変わったときは,大規模な”景気の落ち込み”があり,事業者は頭を抱えました。当然これは為政者への批判(不支持)につながりました。
 今回の10%導入に当たって,約半年間の移行期間(様々な軽減)が行われているのはご存じの通りです。しかし,中小の事業者の混乱は続いています。

 消費税10%導入に当たり,いかに”景気の落ち込み”を防ぐかが為政者の最大の悩みであったと思います。それが消費税8%と10%の同時採用でした。
 もう一つは,お得意の税のバラマキです。全世代型の福祉対策と当初の目的を大きく逸脱したやり方です。これで国家財政の赤字は解消する目処がなくなりました。

 時の権力者にとって都合のいい(自分達の世が長く続く)ために消費税までもが使われています。”景気の落ち込み”どころか,変わらぬ”デフレ”体質です。
 その一例を外食産業に見ることができます。法を精査し,8%と10%を使い分けています。松屋の牛丼を例に出すまでもなく,二つの価格です。

 それにしても私がお世話になっている”コンビニ・コーヒー”,何とか百円を維持していますが,なかには8%の納税でイートインをしている輩もいると…。
 私?買ったコーヒーを駐車してある車の中でのみ,終わったら紙コップを店内のゴミ箱に捨てに行っています。二度入店・駐車時間は長くなります。

 せっかくの保育料ゼロも,施設管理者の(堂々とした)違法行為?便乗値上げ?まで起こっています。「労せずいて金を国からもらおう」と考えています。
 まだまだその他のこうした行為が話題になっていませんが,そのうちに出てくるは!出てくるは!とね。正直者が馬鹿を見ないようにしてもらいたいものです。

○ 今日の1枚

Dsc_4458

2019年10月 6日 (日)

今月は

○ やっと秋らしい青空が。しかし,たったの二日間(最も週末と重なり,大喜びの人も多かろうと思いますが)です。湿度が低いと言うことは,ありがたいことです。
 開催中のラグビーWC,世界の一流選手が”ノッコン”の連発です。彼らが経験したことのない高湿度の日本です。流れる汗,戦うのも大変なことです。

 来年夏(もう何度も書いてきていますが),日本の夏にスポーツの祭典,狂っていますよね。野外のスポーツは,日本の夏:高温多湿のもとで戦う訳です。
 ご存じのように”地球温暖化”の影響でしょうか,世界中の月・年平均気温は上昇しています。なぜ酷暑の日本で開催されるのか,どなたかご存じですか?

 さて今月は,おやじさんの命日と(奈良)正倉院展があります。まあ例年のことですが,正倉院展は東京でも開催される(出展品は異なる)そうです。
 奈良ならば,例年の事ですが近く,安く行けます。東京都なると,遠く,高いです。よって行きたくとも見たくとも行けません。楽しみは奈良だけです。

 正倉院展,間もなく50回目の訪問となります。我ながら「よくもまあ毎年毎年通ってきたものだ」と感心しています。それも開館2時間くらい前から並んで…。
 あの狭い奈良国立博物館新館,遅く奈良に到着しようとすれば,まずもって駐車場探しに時間がかかります。さらに熱気で空気が極めて汚れています。

 歴史には興味がある私です。聖武天皇・光明皇后の頃も血の臭いがプンプンします。天皇家を取り巻く,あるいは天皇家内部の抗争は,誠に醜いものがあります。
 そうは言ってもその当時の最高権力者の力の大きさに驚きます。シルクロードの終着駅でもあり,さらに当時の工芸技術の高さには驚くばかりです。

 今名古屋三越で開催されている”日本の伝統工芸展”にもありますが,”漆器・木工・竹工”など正倉院の御物と較べると,8世紀の作品は見劣りしません。
 なかでも漆器に関して言えば,今よりも高品質な””を使っていたのではないかと思っています。千年を超してもその輝きは褪せることがありません。

 もちろん細かな知識なんぞ持ち合わせていない私です。なかでも”楽器”が出品されると,一番最初にそのブースに近づき,4面から舐めるように鑑賞しています。
 しかし,残念ながら近年”楽器”の出品がなく,渋い作品が多いことには,少々ガッカリしています。今年も”楽器”の出品はありません。あーあ。

 それでもコンビニにて”前売り券”を購入,28~31日の間でお天気を見て奈良に行ってきます。見終わったら,今年はどこに行こうか思案中です。
 これも恒例のことですが,”平宗”の”柿の葉寿司”を買ってこなければなりません。娘の大好物です。日頃は食べない鯖を好む娘,変わっています。

○ 今日の1枚

Dsc_4363

2019年10月 5日 (土)

絵本

○ 食に関するものを意識して続けましたが,三日坊主で終わりました。今日は,これまた久し振りの”絵本”の登場です。これが一番言葉が少なく楽ちん?
 と言うことで,絵本の題名は”私の散歩コース”です。今まで断片的には書いてきましたが,今回は”絵(写真…コンデジ)”の枚数を少し増やしてみました。

 この地点は,家から約1km地点です。用水路の土手から,西方を見ています。ほとんどが水田で,所々稲刈りが始まっています。今日・明日は稲刈りデー?

Img_0002_20191005060201

 前から気になっていました。”ホテイアオイ”の花です。この花の命は短く,何となく儚さを感じてしまいます。しかし,よく見ると美しいです。

Img_0004

 いつもいつもお願いをしている”お地蔵様”です。御利益は期待していませんが,大きく裏切ることのない優しい石仏です。そろそろ澱掛けを新調?

Img_0006

 畑の隅にある”コスモス”,毎年同じ場所に咲きます。コスモスの花は好きです。次から次へと花が咲き,長い間花を楽しむことが出います。

Img_0008_20191005060401

 縦位置が2枚続きますが,これも前から写真に撮りたかった。敢えて”半逆光で立体感”を出してみましたが,いかがなものでしょう。考えすぎ?

Img_0015 

 パパイヤと思いますが,間違っているでしょうか。いろいろな形それも大小あって面白いと思います。袋井市の友人宅にも実を付けているそうです。

Img_0017

 日本人の主食””です。台風18号で被害を受けた水田が多かったです。倒れると機械で刈ることが難しくなると思います。最後の最後で…。ガッカリですよね。

Img_0018

 ”曼珠沙華”,独特な形をしていて,かつ見事な赤色です。秋の入り口に相応しい花だと思っています。ここに赤とんぼでも止まっていてくれたら…。

Img_0022

 農道散歩も終わりにさしかかってきました。東西に約700mです。これを一筆書きに3往復します。これに約2kmが加わる高齢者かつ排気ガス嫌いの人向けコースです。

Img_0021

お終い

 

2019年10月 4日 (金)

のんびりのんびり

○ 今度は高知県ですか,台風による風水害,全国至る所で発生しています。そういった災害に遭わないだけでも…。それにしても車の水没はお気の毒です。
 ここ数年の傾向,特定の場所に集中的に多量の雨が降る,困ったものです。”避難勧告”も随分早めに出るようになりました。素直に避難すべきですね。

 昨日,”大腸癌検診”の結果を聞きに行きました。やはりポリープが原因で”血便”が続いていたそうです。2回にわたるポリープ除去,果たしてこれで終わるのかしら?
 某先輩の”食道癌”も同じお医者さんによるファイバースコープでの検診で分かり,手術をされました。昨年来,親しくしてきた人は,全て癌です。

 待合室に置いてある某週刊誌,「健康診断を受けるな」とありました。こんな無責任な,そして他人事のような記事があるものです。歳をとるのは順番です。
 むしろ若い頃の不摂生が,高齢者になってつけが回ってくると思っています。「まあ高齢者になれば,大なり小なり病気と闘うものだ」と思っています。

 私も(前から書いてきていますが)墓仕舞いをせねばなりません。もう親戚付き合いも(世代交代をしていますから)随分希薄になっています。
 そろそろ年賀葉書の予約が入るような時期になりますが,あと数年経ったら年賀状も止めにしようかと思っています。対外的なお付き合いも程々に。

 定年退職そして再雇用(再任用)を終えて年金生活に入るとき,いかにスケジュールを空白にするかを考えました。気の向くままに余生を送りたいと思います。
 スケジュールが埋まっていないと,あるいは何かやっていないと不安になる人がいます。お気の毒?うらやましいとは少しも思いません。のんびりのんびり。

 これは(海外)旅行に行くとあれもこれもと欲張る人みたいです。私なんぞ一カ所に滞在し,のんびり時間を使うのが好きです。三食昼寝付き,最高の贅沢です。
 できたら車中泊をしながらのんびりとしたいです。足の向くまま気の向くまま,これぞ勤労時代に夢見た旅です。携帯電話は,ニュースと天気予報+非常時の連絡です。

 年金生活に満足感を覚え,好きなことも我慢しながら,時として発散しながら,毎日を送ることです。まあ現実は,掃除・洗濯じいさんですがね。
 朝食→散歩→洗濯→新聞購読,これで午前中は終わってしまいます。掃除→洗濯物の片付け→読書(音楽鑑賞),これで午後が終わってしまいます。

 ですから週の内で車に乗るのは,1回?2回?程度です。ガソリンはなかなか減りません。歩くか自転車で買い物は済ませています。それでも生きておれば税金が…。
 先がなかなか見通せませんが,2男の病気が完治しない限り,厳しい年金生活です。本人が一番苦しんでいると思いますから,刺激せず,気長く待つしかありません。

 もちろん私だって”物欲”はありますし,いや人よりも強欲なのかもしれません。が,壊れない限り,修理不可能に陥らない限り,今あるものを大切に大切に使います。
 ”足りを知る”ことでしょうか,それとも”流行”を追わないことでしょうか。衣・食・住全てにわたって”足りを知る”,そして健康管理ですね。

○ 今日の1枚

Dsc_4382  

2019年10月 3日 (木)

秋の青空は?

○ やっと(散歩コースの)稲刈りが始まりました。しかし,台風が心配です。稲穂が重く,倒れやすくなります。強風が吹き荒れないことを願っています。
 先月は,高温少雨の月でしたが,果たして今年の稲の実り具合はどうなんでしょう。半年間丹精込めて育てられた稲です。台風の被害もなく,豊作だといいです。

 それにしてもスズメさんは賢いですねえ。夏の間姿を見せなかったのに,稲穂がつき始めると徐々に数を増しています。農家の人にとっては,天敵ですね。
 毎朝散歩をしていると,こうした何気ない変化を見ることができます。コスモスも「今は盛り」と言わんばかりに咲き誇っています。コスモス,好きだなあ。。

 散歩をしていると,(お天気次第ですが)DLH/DL:A340,FIN/AY:A350の姿をよく見ます。特に前者,名古屋空港でもよく撮りました。未だに使っているんですね。
 さらに驚いたことは,(何機施したか分かりませんが)新塗装を見ました。まだ使うんですねえ。SWR/LX,SAS/SKも来年の夏スケから替わるようですが…。

 狭い,燃費の悪い,シーラカンスのようなA340,DLH/LHも経営状態が思わしくないのかしら?普通ならば,燃費のいいエアバス機に替わっていると思うんですが。
 そうそうFDX/FXと並んで未だにMD-11を使っていますね。もちろんB777Fも飛ばしていますが,カーゴ部門も台所が苦しいのかも知れません。もの・人の動きが心配です。

 FR24を見ていたら,関西空港にRNA/RA:A330が来ているんですね。この空港,一度も訪れたことのない私です。どうも海上空港は,私にとって鬼門のようです。
 この会社,B757を使っていた頃,名古屋空港にチャーター便で飛来していました。あの頃と違って今風の塗装に変わっていますね。知らなかった。

 と思っていたら,FBを見ると成田に飛来しているんですね。しかもRW34Rの午後に。連続して3日は晴れ間が欲しい私です。2日程度では,疲れに行くようなものです。
 その為に先月の東方遠征はゼロ,今週も来週も難しい(諦め)です。何とか夏スケの内に行きたいと願っているのですが,こうもお天気が不安定では…。

 週間天気予報を見ても来週も曇りの日ばかりです。思い出してみれば,昨年も同じようでした。梅雨よりも秋雨前線の方が質が悪い,台風を伴いますから。
 そして豊田の御大のように心がけのいい人は,青空の下で撮影会があったそうです。きっと会心の作が撮れたと思います。どうしてこうも差があるのかしらね。

 やはり気温が高い(先月の月平均気温は,平年よりも2.5度程高かった),さらに湿度が高い。これでは秋の青空を拝めませんね。はやく涼しくなって欲しいです。
 あたためている上州詣も雑草が枯れてこないと困ります。落ち穂拾いの上州詣,かなり広範囲に渡ります。この秋で終わるのかと心配になります。

○ 今日の1枚

Dsc_4388

2019年10月 2日 (水)

カレーはお好き?

○ 昨日は,”町中華”について書きました。ラーメン・中華そばの好きな方は多いと思います。特にラーメンについては,新規・老舗ともに元気いっぱいです。
 私はと言うと,次第に脂ぎったラーメンを敬遠するようになりました。歳です。それでも醤油を使った中華そばは,時に食べたくなります。

 そもそも中華料理と言っても,私達が食する中華料理は”日本風”にアレンジしたものがほとんどです。餃子,これは日本人は焼いたものが好きですよね。
 本家では,これは蒸したり水餃子にしたりして,焼くことは少ないようです。焼き餃子は,やはり日本風中華料理の一つと言えると思います。

 中華料理の特色の一つに,この進出していった国(地域)に上手く適応し,世界中の人達に好かれてきていると思います。食材も当然地元のものを使います。
 これとよく似たのが,(これまた日本時が大好きな)”カレー”ではないかと思います。と言っても最近は,カレールーの売れ行きがカレー(レトルロパック)に押されている?

 日本で言うカレーは,後ろに”ライス”をつけています。ご飯にカレーを付け足すのが,日本人のカレーの食べ方です。家庭では,カレールーを使って作ると思います。
 私の作るカレーは,肉+タマネギ+ニンジン+ジャガイモと言う定番ものです。面倒なのは,タマネギを時間をかけて炒めることと食べ終わった鍋の始末です。

 ラーメン同様カレーもチェーン店が広まっています。有名なコ○イ○,最初の頃はよく利用しましたが,ここ数年は利用していません。高い!トッピングも高い!
 人件費を除けば,ラーメンもカレーも驚くほど原材料費は安価だと思っています。自宅で作ってみれば,「どうしてあんなに高いのだろう」と思ってしまいます。

 そして不思議なことは,ラーメンと違ってカレーは,1ヶ月に二度ほどは作りたくなるんです。女・子どもは1回ですが,私は3回くらい続けても平気です。
 その3回ですが,冷蔵庫にあるものを茹でたり炒めたりして,トッピングにしています。冷蔵庫の在庫処分を兼ねてカレーを食べています。

 そしてこれは日本人が生み出した傑作と思っているのが,”カレーうどん”です。和風味の出汁にルーを入れて作ります。これも私のレパートリーの一つです。
 自分で作って自分で食べるものですから,これまた冷蔵庫の在庫処分を兼ねています。また,炒め物でもカレールーを溶いてカレー味にすると食が進みます。

 カレールーには,加えると黄色を出すことができるのがターメリックが入っています。ターメリックに含まれるクルクミンというポリフェノールの一種に注目です。
 これは,抗酸化・抗炎症作用が認められており,これが認知症予防に効くのではないかと考えられているそうです。認知症,将来きっとやって来る?

 認知症患者には,アミロイドβの蓄積があることが分かっているそうです。このアミロイドβの蓄積を拒むものが,先に挙げたクルクミンだそうです。
 カレーが国民食のインド人,彼らに認知症患者が少ないのは,カレーの香辛料の一つとしてターメリックを使っているからだとも言われています。

 塩分たっぷりのラーメンを食するか,それとも認知症予防に役立つカレーを食すか,食の好みもありますがね。過剰な塩分=高血圧,どうしてもここに落ち着きます。
 歳とともに身体にはいろいろなガタが来ます。高額治療費を支払うと思えば,少しでも身体にとってプラスとなるものを食したいものです。どうでしょうか?

○ 今日の1枚

Dsc_4329

2019年10月 1日 (火)

町中華

○ 最近よく聞く言葉に”町中華”というものがあります。世の中には,”B級グルメ”と称するものもあるようですが,こちらは何やら商業主義の塊のような…。
 もちろん商売ですから繁盛することに越したことはありません。が,細々と経営している”町中華”のお店に大勢のお客さんが来られては,かえって迷惑では?

 そう儲けんが為にやたらと”チェーン店”を出し,それにマスコミが飛び付き,表現力に乏しいレポーターが「美味しい」といった番組をよく見ませんか?
 安価な制作費で番組を作るのには,グルメ番組が一番です。店側から見れば,テレビでお店が紹介され,馬鹿らしいコメントにお客さんが押しかける。

 さて”町中華”です。まあ多くは,ご夫婦でお店を切り盛りしているケースが多いようです。昔,名古屋空港の近くにありました。実によく通ったものです。
 待たされる時間は長かったけど,「もうこの店に来るのは止めよ」と思ったことは一度もありませんでした。撮影・職場の昼食や家族での夕食に使っていました。

 お世辞にもお店は綺麗ではありませんでした。来店者は,ご主人が作る中華料理の味に惚れ込んで来る訳です。店の宣伝はありません。人づてで広まったものです。
 ”町中華”の定番の各種ラーメン・チャーハン・餃子など,どれをとってみても量が多い,かつ美味しいものでした。自宅近くにもありますが,”中華飯”が美味しい。

 空港近くのお店(芳蘭)は,新しいご主人の下,改装し綺麗になりました。しかし,以前のお客さんは来店しなくなったようです。私も一度行って止めました。
 理由は簡単です。味が落ちた!”町中華”の一番は,料理人にかかっています。料理人が替われば,味も替わります。味が替われば,以前のお客さんは来ません。

 大金を狙った大型中華料理店は,料理人が一体誰か分かりません。かの有名なチェーン店”餃子の王将”をれに出すまでもなく,行くたびに味が異なっています。
 ”町中華”に求められる料理人とお客さんのつながりは,そこにはありません。ただただ食するためにだけ存在するお店です。まことに味気ないものです。

 ”町中華”,そこに引き寄せられる魅力,それは古くからある人と人との結び付きではないでしょうか。提供される料理に料理人の顔が現れるものです。
 ただただ評判だけで店を訪れる,それは今で言うインスタ映え?それとも話のネタ作り?自宅では不可能な強力なガスの力で一気に料理する,”町中華”ならでは。

 近くの”町中華”で餃子を注文,生ビールを飲みながら店の人を巻き込んでの会話,そして〆は大好きな中華飯(上に目玉焼きがのっています),幸せだなあ。
 ただ全てを評価する訳ではありません。この店,麺類はまるきっりダメです。よくもまあ「これで満足しているなあ」と言った努力不足です。

○ 毎度お騒がせな日産自動車,”ぶっちぎれ 日産”と格好いいキャッチフレーズ,その割には完全な新型車がなかなか出てこないのは,なぜでしょうね。
 そう思っていたら,出ました!やったぜ日産,軽自動車業界の先陣を切って発売だあ。軽トラック”NT100 クリッパー”に先進技術:安全装備が付きました。

 法改正の前に高齢者(75歳以上)に優しいサポカーを出すところが偉い。これで軽自動車製造メーカーも追随すること間違いなし。日産は偉い!
 しかし!やはり日産です。農家対象のグレードはサポカー装備がありません。せっかく褒めたのに,これでは農家のじいちゃんばあちゃんはガッカリです。ダメ日産か。

○ 今日の1枚 

Dsc_2727 この塗装,次第に減ってきました。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »