« 財政危機? | トップページ | またしても »

2019年5月15日 (水)

下手な鉄砲,数打ちゃあ…。

○ 私の写真,飛行機=型式写真,石仏=真正面全体,サクラ=全体像ってところかな。風景写真では,朝夕の光が好きです。もう何十年もそういった時の海は…。
 一度”雨晴海岸”でそういった時間帯に撮ってみたいと思っています。が,今年もその時期を逃してしまいました。もしも撮るならば,初冬まで待たねばなりません。
 まだあります。山口県や佐賀県の海に面した棚田,これも何年も前から構想の中に入っていますが,なかなか実現しません。そう,棚田からも遠ざかっています。

 そして最近は,花の撮影を好むようになりました。これまた頭の中にあるものが,なかなか写真となって表現できずにいます。下手な鉄砲,数打ちゃあ…。
 頭の中にあるもの,それは”色調”です。豊田の御大のように芸術写真ではありません。ひたすらパステル調の穏やかな色調の写真が撮りたいです。
 先日日よけ代わりに朝顔の種を蒔きました。双葉が出てきて,そろそろ間引きをしなくてはなりません。色はミックスを買いました。約2ヶ月後に開花します。
 日よけと書きましたが,実は私の写真撮影の練習台を兼ねています。朝顔は毎日咲きますが,晴れていれば眺めるだけです。朝顔の咲いている時間,雲ったら…。
 どういう訳か,お日様の光の下での花の撮影は苦手です。コントラストが強すぎて,とても写真にはなりません。facebookに投稿したバラは,全て明るい曇り空です。
 どんな色の花が咲くのか分かりませんが,朝顔の花の大きさならば,私の持っているレンズで事足りる?のではないかと思っています。それとも…。

 それに都市緑化植物園に(平日に)行けば,三脚を使用した撮影も人様の邪魔には…。これまた絶好の練習台です。それに温室ならば,風はない!
 ただできるのならば,助手が欲しいです。花の後ろに黒(あるいは白)のケント紙を立てかけて欲しいんです。誰でも撮れる対象物ですが,それをどう料理するか…。
 もう一度,下手な鉄砲,数打ちゃあ…。撮影後,外付けHDDに保存してから,1枚1枚の見て反省会です。露出・絞り・シャッタースピード・構図など…。
 どうしたらパステル調の穏やかな色調の写真が撮れるか,この一点に焦点を絞って花を撮りたいと思っています。その点,バラは最高の対象物ですね。

 そして次は,紫陽花です。これまた色の変化が楽しめる花です。小雨/曇りの日に狙いたいと思います。その前に綺麗な紫陽花を見付ける事から始まります。
 いつでも撮れるようにみえて,諸条件を加味しないと花は撮れません。場数を踏み,露出補正や絞りなどを身体で覚えなければなりません。一朝一夕にはできません。
 こう考えると,サクラも大変に難しい対象物(花)です。今年撮ったサクラも撮り直しをしなければならないものがあります。特に夜桜は難しかった。

 いずれにしてもカメラが安いAPS-Cですから,大伸ばしをすればアラだらけです。せいぜいディスプレイの大きさまでが限度だろうと思います。
 飛行機は別として,AFを使わずピントはマニュアル操作の私です。しかし,どうも視力低下が原因か,ピンが合わなくなった(甘くなった)ようです。
 気に入ったものは,facebookに投稿するか,CP/タブレット/携帯電話の壁紙に使うくらいしか用途はありませんがね。壁紙に使えるような写真が撮れたら嬉しいですね。

 これは余談ですが,カメラ屋さんに現在のもの(D500)をD850に買い替えたら…。カメラ本体だけでなく,バッテリーパック等を装備しなければ,(連写は)現行に劣る。
 さらに動体予測に関してもD500の方が優れているとのことです。30万円以上出して買うメリットは…。2台目として購入するならば,良い選択だと言われました。
 売れれば利益が上がるはずですが,ここまで正直に2台のカメラを比較されると,2台目なんて夢のまた夢です。D850の1台では,30万+α円を投資しなければなりません。
 これも何度も書いてきていますが,NIKONやCANONは,ミラーレス一眼に力を入れてきており,余程のマニアでなければD850は手が出ませんね。
 さらに一眼=交換レンズ,新設計の交換レンズもミラーレス使用が出てくるだけのようです。これが進めば(従来のカメラ用)中古レンズの価格下落が始まります。
 まあ最高あと3年は,D500を使うことに決めました。できればもう少し明るい標準ズームレンズに交換したいのですがね。今後を考えると必要になります。

 

○ 今日の1枚
Dsc_1847

« 財政危機? | トップページ | またしても »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 財政危機? | トップページ | またしても »