« 焦りました | トップページ | もう1本必要か? »

2019年5月 9日 (木)

外れても

○ 交通事故,なかでも高齢者が起こす事故は増えてきています。そしてこう言う運転をしている人は,大事故が起こる前に運転免許証を返上してもらいたいものです。
 いずれも女性ですが,横断歩道を渡り始めたら右から左折車が接近してきました。当然歩行者が横断歩道を渡るまで待ちますよね。ところが目の前を左折していった!
 もう一つは,信号のない交差点での出来事です。私の目の前には,止まれの赤いおむすびです。当然私は一旦停止をしました。優先道路の車両が横切るのを待ちます。
 が,動かない。どうぞを手を振っても動かない。仕方なく直進して,ルームミラーを見ると動いている。どちらが優先なのか,分かっているのかしら?
 少子高齢社会において高齢者の運転が話題となっています。道路交通法がしっかりと頭に入っているのか,とても不安になります。もう勘だけで運転しているのかな。

 もうGWは終わってしまいましたが,10日間の渋滞速報が出ましたね。
”高速道路における10km以上の渋滞は553回発生。昨年のGW期間(4月27日~5月7日)に比べ225回(68.6%)増加。その内30km以上の渋滞は26回(104.0%)増の51回発生。
 全国の高速道路の主な区間の日平均交通量は前年比16.8%増の5万0100台,最大平均日交通量は同7.5%増の6万台。渋滞回数のピークは下り線が5月2日,上り線が5月3日。GW前の渋滞予測では,10km以上の渋滞は合計432回,予想を大幅に上回る結果となった。また,下り線の渋滞ピークは5月7日,上り線のピークが5月4日・5日と予測。こちらも予想と異なる結果となった。
 渋滞の最長は,5月2日18時10分頃,東北道上り線・久喜IC付近で交通集中および事故の49.7km。2位は5月2日8時15分頃,中央道下り線・上野原IC付近の49.5km,3位は5月4日17時50分頃,東名上り線・秦野中井IC付近の43.8km。”

 GW中ですから,大型車は少なかったと思います。ほとんどは家族連れの小型車ではなかったではないでしょうか。何千人という運転手さん,お疲れ様でした。
 実は事前予測をネットで見ました。そしてリアルタイムの道路状況も時々見ました。随分事前予測と違うのに驚いたものです。事前予測をした人を責めてはいません。
 ひょっとしたら渋滞予測を見て,比較的空いている時間帯を狙った人が多かったのかも知れません。また,前半の悪天候で動くのが後半になったのかもしれません。
 いずれにせよ初めての10日間という超大型連休,予測が外れても仕方がありませんね。渋滞を経験しても,どなたも楽しい思い出がいっぱいできたことでしょうから。

 渋滞,道路のキャパシティーを超えれば,当然起きます。そうでなくても緩やかな上り坂やトンネル前・中では,自動車の速度が低下しがちです。
 そのために”速度低下の注意”といった看板がいくつも立つようになりました。スピードメーターを見ていない運転手が多いですねえ。残念ですが,現実です。
 これも何度も書いてきていますが,トンネル内の無灯火,周りの迷惑を感じないのでしょうかね。早く自動点灯・自動消灯が義務付けられて欲しいものです。
 自動車メーカー,安全装備の充実を謳い文句にしていますが,もっと早く自動点灯・自動消灯に取り組んで欲しいものです。この装備も安全につながっています。
 最後に追い越し車線ばかりを走行し,自動車の性能を楽しんでいる人,いくら頑張ったても目的地への到着時間は,余り変わりませんよ。疲れるだけです。ガスの無駄!

○ 今日の1枚

Dsc_1417

 

« 焦りました | トップページ | もう1本必要か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 焦りました | トップページ | もう1本必要か? »