« 縁がないことばかり | トップページ | 羽田の補完かあ »

2019年5月18日 (土)

明日は我が身?

○ 認知症という病気が,少子高齢社会に突入した日本の課題の一つであることは,言うまでもないと思います。その症状は様々で,その予防も見付かっていません。

”厚生労働省の推計,65歳以上の認知症の人は15年時点で約520万人おり,65歳以上の人口の約16%。25年には約700万人となり,約20%に達する。”

 どこから予想が出ているか分かりませんが,恐らく高齢者(65歳以上)の割合が増加することから考えられた数字だと思います。高齢者の5人に一人の割合です。
 高齢者の介護,何も認知症ばかりではありません。ここでも持てる人は,完全介護の有料介護施設で過ごすことができます。私?まあ無理でしょうね。できません。
 横道に逸れますが,新聞の折り込み広告を見ていると,介護関係の募集の多いこと!雨の後のたけの子のごとく,小さなものを含めれば介護施設の多いこと!
そう言った施設に入れない,あるいは通えない高齢者は,いったいどうすればいいのでしょう。家族の世話になるしか道はないと思っています。重症にでもなれば…。
 国は泥縄式に保険料・介護保険料を徴収していますが,現状を見れば焼け石に水の状態です。それでも消費税の増税を他目的に使うように考えています。
 焼け石に水ならば,さらなる消費税の増税は避けることができません。社会保険料の増加が,国の財政を圧迫しているにもかかわらず,選挙対策のためには…。

 認知症には,様々なパターンがあるそうです。そして何より(総合的に)気を付けたいことが,四つあるそうです。もちろんこれは個人差があります。
 バランスの悪い食生活・運動不足・アルコールのとりすぎ・喫煙だそうです。そして引き起こすものは,糖尿病・高血圧・脂質異常症・脳卒中などだそうです。
 なるほどと思ってしまいます。高齢者に食生活の見直しや軽い運動を勧める訳です。認知症ばかりか筋力の衰えなどを(少しでも)遅らせるためです。
 何より当てはまるのが自分と思うと,ますますポックリさんに願をかけるしか道はないのでしょうか。「自分は大丈夫」と過信するのが,一番怖いのではないでしょうか。

◇ B737 MAXのその後がなかなか出てきませんでしたが,やっと…
”ボーイング16日,B737MAXのソフトウエア更新を完了したと発表。操縦士による自動飛行制御システム対応の詳細など,米連邦航空局(FAA)が要請していた追加情報を提出したことも明らかにした。すべての要請が満たされた時点で,ボーイングとFAAは飛行認証試験の日程を調整し,最終的な認証申請文書を提出する見通し。
FAAは,世界の航空規制当局と会合し,ボーイングのソフト更新やパイロットへの新訓練などについて状況報告する。”

 大企業の現場と経営者の意思疎通のなさを露呈した今回の事件,さらには重要な項目でありながらオプション扱いにしたつけが出ました。
 これで審査・説明が順調にいけば,B737 MAXの生産再開そして航空会社が保有するB737 MAXの改修が終われば,再びB737 MAXが空を飛ぶことができると思います。
 公共交通機関,とりわけ飛行機は信頼性が大変に重要です。一度空に舞い上がれば,全ての乗客・乗員の命は,飛行機に預けられます。一蓮托生の最たるものです。
 安全に関わる全ての項目に全力で取り組み,航空会社に引き渡した後もフォローをしっかりし,修正すべき点が出てくれば,速やかに直して欲しいものです。
 人間関係もそうですが,企業間においても信頼性の熟成には時間がかかります。崩れるのは一瞬です。それだけに飛行機製造は,ミスの許されないことです。

○ またまたぼやきです。ニフティーがさじを投げました。しかし,どうにも納得できません。と言うのも,5月2日まではタブレットからもアップできていました。
 ニフティーが言うようにタブレットが壊れているのならば,アップできなかったはずではないでしょうか。「タブレットメーカーと相談してください」は,無責任では?
 この以前の状況を知らせても反応がありません。私が思うに,3月の大改訂以来一発でログインできない状態が続いています。2・3回やり直してやっと入れます。
 非常時にタブレットからでもアップしたい気持ちがあります。このPCが不安定なだけに余計にその思いが強いです。携帯電話の小さな画面では,文字が判読できません。
 こうなると最後の手段は,OSの再インストゥールしか道はない。初めてやりました。ダウンロード~インストゥールから各種設定(不十分),4時間半かかりました。が,ブログは…。疲れました。

○ 今日の1枚

Dsc_1827

 

 

« 縁がないことばかり | トップページ | 羽田の補完かあ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 縁がないことばかり | トップページ | 羽田の補完かあ »