« 合法的>マナー? | トップページ | 悪知恵 »

2019年5月25日 (土)

お買い物

 コンビニでの買い物,私も大変にお世話になっています。と言っても,深夜に行くとはまずあり得ません。ですから24時間営業を止めたって,困ることはないと思います。

 24時間営業って,1日に何度も運輸業者を使って品物を運んでいるのだろうと思います。と言うことは,品物を作っている人も昼も夜もない?

 深夜の営業を止めるって,そういったコンビニ経営者だけの話で終わらないのが難しいところです。何より恐れるのが,お客さんが他チェーンに流れていくことです。

 24時間欠品なく品物を棚に置くって大変なことですよね。生鮮食品(コンビニの一番のッ稼ぎ頭!)となると,先に書いたように影響は広がっていきます。

 ”セブン・イレブンとローソンが,「消費期限接近の弁当やおにぎりなどを購入する顧客に対し,カードのポイントを通常の5倍還元する」と言います。

欠品しないように多めに作る=売れ残りが出る可能性もある。売れ残り=産業廃棄物となります。作っても売れなければ儲けゼロ!おまけに処分料がかかります。

 私なんぞ,「ミックスサンドが売り切れている。じゃあおにぎりにしようか」と,あるものを買っている不精者です。お店の経営に協力?しているのかなあ。

 当然人気あるものの(美味しく安価なもの)売れ行きは早いでしょう。世の中こだわりをもっている人が多いのでしょう。悪く言えば,融通が効かない?

 横道に逸れた。産業廃棄物の話に戻します。そもそもこんなことを言い出した原因は,コンビニ本部の権限が大きく,加盟店店長に権限を与えないことではないでしょうか。

 私,スーパーによく行きます。製造からある程度時間が経つと,消費期限が近付くと,閉店間際になると,新しい価格表が貼られます。これを狙っています。

 つまりスーパー経営者には,そのような権限が与えられ,いかに売れ残り=産業廃棄物を減らすかを考えています。ここがコンビニとの大きな違いです。

 キャンペーンも本部の指示通り,コンビニ経営者にはほとんど経営の自由はないと言っても過言ではないでしょう。今回のポイント5倍還元しかり。

 やはり欠品を恐れて作りすぎが,最大の原因だと見ています。そう店のイメージです。本部はブランドを大切にしますが,コンビニ経営者にとっては違うと思います。

 仕入れて売れない,引き取り処分料を支払う。「欠品のないブランド」のために,コンビニ経営者を苦しめているのです。売り上げの約半分を本部はもっていきます。

 そして吸い上げた甘い汁を売れ残り処分のためにポイントを与える,まさに本部の本部のためのシステムを築こうとしています。コンビニ経営者とは…。

 我々消費者は,欠品に対してもう少しおおらかにならないものでしょうか。私は,スーパーでベビーリーフが欠品ならば,他の野菜を考えますし,買います。

 「文句を言ったってないものはない」と思いますし,欲しいものがあっても高ければ買いません。高くて売れないものをたくさん並べるでしょうか。

 それがコンビニとなると,どうしてこうも対応が異なるのか,やはり各本部の独裁的なやり方が問題ではないでしょうか。そして欠品におおらかにならない消費者…。

○ 今日の1枚

Dsc_0452

« 合法的>マナー? | トップページ | 悪知恵 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 合法的>マナー? | トップページ | 悪知恵 »