2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 残すには | トップページ | 平成の終わり »

2019年4月29日 (月)

願望を込めた夢?

○ 笑えてくる馬鹿らしい話を。それは夢です。どういう訳か,見た夢を結構覚えています。所は,某軽キャンのビルダーのお店です。そこはオーダーメード専門?
 まずは,軽ターボのワゴン車(どういう訳かスズキの車でした)の内部をどういじくってもらうかの所から始まりました。まずは断熱材ですね。これは要ります。
 次に運転席後ろに一人用のベッドを設置します。もちろん寝袋で寝ます。寝るからには全面遮光カーテンが要ります。後ろのドアを開けると,ベッドの下に脚立が入る?
 キャビンの後半分ですが,(小さいもので結構)冷蔵庫・電子レンジが,欲しいです。テレビ?要りません。ただ(100V)コンセントは,2個は欲しいです。
 ネットは,いつものごとく某コンビニで一日3回閲覧します。これで十分です。一日3回…60分を3回…無料です。他のコンビニ・チェーンを使えば,さらに…。
 ラジオは,手回し式ラジオを持参し,車のラジオは使いません。と言うか,運転中ラジオや音楽を聴くのは,私,そんなに好きではありません。ナビの画面も真っ黒!
 ナビは真っ黒でも,バックカメラを使うときはバッチシ後方が見えます。なにせ運転が下手なものですからね。ナビの最低1回の無料更新(メデイア版)は要ります。
 電化製品の下は,いくつかの収納ボックスが欲しいです。衣類をきちんと収納したいからね。床はカーペットがいいです,スリッパを使います。
 となると,靴箱・傘立て…これも1足・1本で十分な大きさです。天井は,小さなLED照明(調節機能なし)があるといいですね。そう内装は明るい色でね。
 運転席と助手席の間は,10cmは空けて欲しい。いちいち外に出るのが面倒ですし,雨が降っていたら余計に…。思い出した,ソーラーパネルは高性能なものが欲しい。
 忘れてはならないのは,外観は市販車と同じに見える(上のソーラーパネルは別)ようにさりげなく。当然ボディーカラーは,ライトグレイです。
 生意気にナンバープレートは,オリンピック寄付金付きの白ナンバー,間違ってもご当地ナンバーだけは嫌ですね。余分なもの贅沢なものは付けない!
 限られた予算,さらに付ければ付けるほど重たくなります。走りに燃費に車体に響きます。時にリアサスペンション,軽自動車は弱いですからねえ。
 まあこんな馬鹿らしい夢の話を書いたのは,豊田の御大が宝くじを当てたら,あるとき払いの催促なしでお金を借りられるからです。速く当たらないかなあ。

 

○ 昨日,今日とこの時期らしいお天気=春霞,いよいよ華のお江戸は厳戒態勢が敷かれるようです。平成から令和への移行,天皇家もお忙しいことです。
 私の様な一般庶民は,ただただ流れてくる映像を見るだけです。それにしても平成天皇,何かに取り憑かれた様に元気に振る舞われていますが,実際は…。
 日本国の象徴としての重責を30年間務められた訳です。これだけ長い間常に世間から注目され,健康に留意し,働かれたご苦労は並大抵なものではありません。
 一般庶民と違って,愚痴がこぼせません。また,人の性にもできません。普通ならばストレスの塊になり,精神的にも相当な強さがなければ務まりません。

 北海道では,やっとサクラの開花があったそうです。GWに入っても積雪があったそうです。北の大地の自然の厳しさ,それだけに花見は格別なものがあるのでは?
 南では,豊田の御大は(これまた何かに取り憑かれた様に)鹿屋基地詣でです。恐らく往復2千キロ近く走られることでしょう。やはり並の根性ではありません。
 詳細は分かりませんが,写団に出す写真を撮影するためではないかと思っています。決して一般庶民には公開されない方です。狙うは,入賞作品ですな。
 こうした目標があることが,御大の若さとバイタリティーの元だと思います。これまた凡人の私には,後ろ姿しか見えない訳です。素晴らしい生き様です。

 約1ヶ月の間サクラを求めてさまよい歩いてきました。最後の最後で泣きました。また1年間待たねばなりません。やはり7分咲きを知ったら行動ですね。
 私,日本のサクラに関する本を何冊も持っています。その中から自分でも撮ってみたいものに焦点を当てているのですが,これは相当な年数がかかります。
 と言っても,サクラの名所には興味はほとんどありません。興味があるのは,名木と言われる樹齢2百年以上はないとねえ。できれば垂れ桜がいいです。
 こう絞っていくと数は少ない様に見えますが,(私も最初そう思っていましたが)結構な数があります。それも南から北まで広がっています。
 さらにその間は,約1ヶ月(今年は少々長かったのですが)くらいしかありません。しかも毎日がお天気がいい訳ありません。素人は晴天のみ動きます。
 期間が短く,しかもお天気に左右されるサクラ,やはり追い求めたくなりますねえ。ここが紅葉とは違い,勝負をかける時間が短いサクラです。好きだなあ。

○ 今日の1枚
Dsc_3343

« 残すには | トップページ | 平成の終わり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 残すには | トップページ | 平成の終わり »