« 24時間営業 | トップページ | 何が起こったのか »

2019年4月10日 (水)

マナー遵守

○ 恐ろしいなあ  「この時期に撮りたい」,分かるなあ。私も過日”サクラ+SL”でやられました。数時間前に場所取りをして一日2往復のSLを待っていました。
10分前くらいから画面に入る所に…。この時も周りの方から大声がしました。レンズの違い(焦点距離)で前にいったんでしょうね。これはどうかと思いました。
 上記の映像を見ていると,線路~道路~撮影者と想像できます。長い時間待っていて「さあ来たぞ」と思っていると,前を車がゆっくりと…。
 頭に血が上りますが,車を運転している人は,邪魔をしていた訳ではありません。全くの偶然です。が,かの人に浴びせられた罵声は,醜いです。
 人の前に出て写真を撮るのは,マナーとしてどうかと思います。が,これは偶然のなせたことです。「仕方がない,運がなかった」と思うしかありません。
 これまで飛行機の写真を撮ってきた私ですが,撮りたい飛行機が前に来たときだけ””が…。前後の時間は,お日様の光が燦々と注いでいたのに…。
 まさか雲に文句を言ったって仕方がないし,「まあ運がなかったんだなあ」と諦めるしか手はありません。"only one chance"の場合には,悔しいですがねえ。
 サクラだってそういう場合があります。満開の頃の雨や曇り(もちろんそういったお天気でも綺麗な写真を撮る凄腕の方も見えます。)に泣いたことは何度あることやら。
 映像に戻りますが,大勢のカメラマンが構えている前を通る。前後に車がいなかったら(あるいは急いでいなかったら),車を止めてみるのも…。強制はできませんがね。
 ”サクラと列車”のコラボを狙っての場所かと思いますが,その間に道路(公道)があるのならば,リスクを覚悟する心構えがあってしかるべきです。
 撮りたい一心で立ち入り禁止区域に入って撮影,過去にこんな事件が何度もありました。マナーを守らなければ,新たな規制が導入され,結局同好者に迷惑が…。
 
○ 紙幣のデザインが変わる。何でも20数年周期でデザインを変えるそうです。理由は,偽札防止だそうです。日本の紙幣の印刷技術は,凄く高度なものと思っていました。
 1万円(福沢諭吉→渋沢栄一)・5千円札(樋口一葉→津田梅子)・千円札(野口英世→北里柴三郎)が予定されているそうです。相変わらず明治の偉人ばかり。
 前例を踏襲というのは,官僚の発想です。できたら1万円札に女性を採用して欲しいものです。と言うのも5千円札では,地味ですからねえ。
 最高紙幣に女性を採用ともなれば,アベちゃんの女性社会進出が本気と思わせる効果があると思うのですが。皆さんはこれをどう思われるのかしら。
 口先だけのことならば,やはり多くの方が(世論調査で内閣不支持者)人間性を信頼していないと言うことにつながります。美辞麗句を並べる首相かあとね。
 どうも首相は,女性を”客寄せパンダ”ととらえているように見えてなりません。アメリカが先か日本が先か,大統領・首相に女性がなるのは…。
また蛇足を。東京駅・藤の花・富嶽三十六景,これらが各々の紙幣の裏側だそうです。表と裏の関係は?せっかくですから表面と関連したものが欲しいですね。

 

○ 今日の1枚

Dsc_9614

 

« 24時間営業 | トップページ | 何が起こったのか »

コメント

おはようございます。雨降りです。
花粉症の症状が一段落しますが、写真が撮れないのが泣きです。
ご承知でしょうが、紙幣のデザインで半島の国が吠えだしました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000116-sph-soci
なんでもかんでも、被害者ビジネスに結びつける、かの国は
ネジが外れているようですね・・・紙幣には縁遠いですが、500円硬貨の方に
興味がわきます、素晴らしい技術で作られそうです。海外の物とは、格段の違いが
あるようです。ま~紙幣の顔の偉人伝は詳しく知りませんが、
熊本県小国がでできて温泉を思い出す。良いお湯が出るところが、
点在しています。今年も寄れればよいのですが・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 24時間営業 | トップページ | 何が起こったのか »