2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 願望を込めた夢? | トップページ | 令和の始まり »

2019年4月30日 (火)

平成の終わり

○ マスコミに流される訳ではありませんが,今日(4月30日)で”平成”の時代は終わります。明日からは”令和”の時代が始まります。日頃元号にうるさくない者まで…。
 新しい元号になっても私の環境が変わる訳でなし,連続した時の流れに身を任すだけです。振り返ってみれば,平成の30年間は早く終わった様に思います。
 仕事の最中,小渕官房長官が”平成”を発表した記者会見を見ました。当時の政治の舞台裏が次第に分かってきました。元号は,時の権力者の意向を受けたものであると。
 今回の”令和”も首相の「日本の古典も…」が予告でした。国文学者,なかでも古典を専門に研究されている方の発案であったと聞いております。
 日本国憲法では,「天皇は日本国の象徴であり…」とあるように,元号一つ決めるのにも口を挟むことはできないようです。様々な会議もうわべを取り繕ったものでした。

 個人的には,やはり靖国神社問題を解決すべきだと思っています。これを解決しないのならば,いつまで経っても忌まわしい戦争は終わっていないと思います。
 戦犯を動かすか,その他大勢の霊を動かすか分かりませんが,全てを一緒に詣でることはおかしいと思っています。近隣諸国の声も理解できます。
 そういったことに天皇は口を出す訳にはいきません。ただ自分も戦争が続いていた時代に育った訳です。戦没者への慰霊や侵略された国へのお詫びを胸に秘めら…。
 アジア各国での慰霊の旅,国内なかでも沖縄への度々の慰霊の旅,平成天皇は30年の間,これに尽くしてこられました。平成天皇としての役割だったのでしょうか。
 大日本帝国憲法の元,「天皇は神聖にして犯すべからず」の最後となった昭和天皇,今思い出せばやはり神様の様な存在でした。平成天皇は,初めから”象徴”でした。

 戦争のなかった平成30年間,自然災害は多かったけど平和な時代でした。戦争を知らない私ですが,つくづく平和のありがたさを感じた時代でした。
 平成天皇で一番印象的なことは,膝を折り,相手と目線を同じ高さにして会話をされてきたことだと思います。天皇としての姿の様変わりを見ました。
 明日からの令和天皇,平成天皇の何を受け継ぎ,何を伸ばしていかれるのか,あるいはどんな天皇像をもっておられるのか,一挙一動が注目されます。

 

◇ AALのプランニング担当バイスプレジデント:バス・ラジャ氏の話を聞いて,AAL(いや他の2つのガリバーも)A380を買わなかった理由が…。

”B777-300が我々のネットワークにフィットする最大サイズの旅客機。BAWを例にとると,世界中の人々をヒースロー空港に集め,その先に送り出すことがすべてです。恐らくA380が,経済的合理性を持つ唯一の航空会社。同じ理由で彼らはB747の最大の運航会社です。
現実として,我々はすべての乗客を一つのハブに集めることはできない。我々はアメリカ国内に九つのハブを抱えている。つまり,毎日1便500人もの乗客をさばき,機能させることができるハブはない。仮にそれができ数路線でやるとしても,旅客機を20~30機,いや40機購入するには不十分。航空機を保有するにはインフラを整える必要があり,それをカバーしきれない。
 我々が旅客機を購入する場合はいつでも,特に新しいタイプの旅客機の場合は,膨大なインフラの整備が必要になる。一定数以上の専用パイロット,パイロットのトレーニング体制,メンテナンス体制,メンテナンスプログラムの整備,一定量のスペアパーツなどを整える必要がある。これらにはすべて膨大な固定費がかかる。だから,数を揃えてスケールメリットを出さなければならない。そうした需要とコストをカバーできる場所を見つけることは難しい。”

 結局世界最大のA380購入航空会社UAE,ハブ機能として役立てる条件をもっている地域・航空会社は限られていると言いたいのでしょう。やはり大過ぎる!
 そして膨大な固定費を維持していかなければならないこと。それが世界最大のAALですら経営に響くと考えていると思います。アメリカのハブ機能に合わないと言うことです。 2021年には,A380の製造を中止しました。出てくる時代が遅かった,この一言でしょうね。中古機になったら,買い手はいない飛行機ですから。

○ 今日の1枚

Dsc_9841

« 願望を込めた夢? | トップページ | 令和の始まり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 願望を込めた夢? | トップページ | 令和の始まり »