« 眠れない夜に | トップページ | 歯周病に泣く »

2019年4月 7日 (日)

選挙に思う

○ 今日は県会議員選挙,国民の権利を行使しようと朝早く投票所に行きたいと思います。定員4名に5名が立候補,現職が揃って再選を狙っています。
 と言うことは,一人が落選の憂き目に遭う訳です。昔からそうですが,○産党は独自候補を立てて選挙に臨んでいます。組織の引き締めなんでしょうかねえ。
 他にも宗教団体をバックにした政党もありますが,(噂によれば)この2政党は組織票がしっかりとしているそうです。上意下達の組織なんでしょうかねえ。
 もう一つ盛り上がらない選挙,いや最近の戦況は盛り上がりませんねえ。全国的に見ても立候補者数が減ってきているそうです。不思議な現象です。
 最近面白かったのは,某副大臣の選挙応援演説の中身ですねえ。やはりこの方,辞表を出したそうです。久し振りに”忖度”という流行語を聞くことができました。
 思い出しても森友・加計問題で散々言い古された言葉ですが,政治家も熱しやすく冷めやすいのでしょうか,この二つの問題って解決しましたっけ。
 私は,野党諸君の勉強不足+根性なしではないかと思っています。アベちゃんはうまく逃げ切ったと思っているのでしょうねえ。明らかにグレーゾーンであったのに…。
 国会も地方自治体も身内に甘い体質,これが政治を活性化できない原因ではないでしょうか。まあ己の利権を守る為には,仕方のないことでしょうかねえ。

 この点,半島の大統領は違いますねえ。徹底して身内の利権を守り,5年間のこの世の春を謳歌する半島です。終わってみれば,鉄格子が待っている???
 選挙中,票を得ようと絵に描いた餅をばらまきます。が,いざ当選してみたら国を動かすのに特効薬がないことにぶち当たる。そして支持率が下がっていく。
 これは唯一の政権交代時に起こったことと似ています。バラ色の政策=財源確保ができていない→頓挫する=支持を失う,再び下野して叫ぶ(批判)のみの身になる。
 バラ色の政策を行う為には,税金をもっともっと支払うことです。財源なくしてバラ色の政策は実現できません。悲しいかなこれが真実です。違いますか?
 批判は容易いですが,それに取って代わる代案を提示することは,もっともっと難しい。政策を勉強する為に多額の俸給を国(地方自治体)からもらっている人達です。
 選挙の公約,前回立候補したときの公約で何が実現して何が実現できなかったのか,そういった分かりやすい選挙をしてくれる人はいないのかしらねえ。

◇ ボーイングが,B737 MAXの不備を認めるとともに生産量を減らすことを発表しました。自動失速防止装置の為のセンサーの不備だそうです。
 現代の飛行機は,自動化がかなり進み,パイロットの負担軽減に役立っているそうです。自動化の為には,いくつものセンサーが必要であり,バックアップも欠かせません。
 二重三重に自動化は守られている訳で,MAXの場合でもキャプテン側とコパイ側の数値の隔たりが問題となっています。製造ミスであり,FAAの審査も問題となります。
 最も安全な乗り物であるはずの飛行機ですが,どうも商売優先あるいはエアバスとの競争が元ではないかとも思えてきます。最終報告書が待ち遠しいです。

○ 今日の1枚

Dsc_9485

 

« 眠れない夜に | トップページ | 歯周病に泣く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眠れない夜に | トップページ | 歯周病に泣く »