今日のお天気は?

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 食べ物は | トップページ | 年賀葉書届く »

2018年11月 6日 (火)

独占状態?

○ KODAKのフィルムからの(ほぼ)撤退に伴い,この世界では(世界的に見ても)FUJIの独占状態に近いものがあるのではないでしょうか。製造・販売の意図は分かりません。

 独占=競争相手がいない,このことには様々な弊害が生じます。まずは,価格の操作が思いのままです。さらにフィルム現像しかり。消費者に不利なものです。

 人によっては,「こんな時代に未だにフィルムを作って売ってくれるのはありがたい」と,好意的にとらえている人もいると思います。が,弊害が目に付きます。

 私だけかもしれませんが,まずもってあの価格の高騰(現像代もしかり)は,競争相手のいない世界だから勝手にできたものです。さらに5本パックの販売中止です。

 5本パックは,ヘビーユーザーにとってはありがたいものです。まずは段ボール紙の節約になります。が,FUJIは儲けが少ないと止めてしまった。

 現在,フィルムは一箱(1本)で販売,当然価格は上昇しました。1本当たり200円+現像代200円の値上がりです。もうこの世界,FUJIのやりたい放題です。

 もう一つ,消費者はサービスを受ける代わりにお金を出しています。お金の分に見合うサービスが得られることが条件です。が,競争相手がいなくなると…。

 その一つが,36コマ途中のキズです。その一つが自動化されたフィムル切断(マウント仕上げ)です。これが毎度となると,支払う分のサービスを受けていません。

 最近,これは初めてのことですが,乾燥が不十分のままに返ってきました。フィルム上に泡状のものが付いたままです。これは怒り心頭です。

 最悪フィルム1本を無料進呈で終わりです。FUJIに返した所,乾燥の不十分さを認めました。どのような形で返ってくるのか,楽しみです。

 恐らくもう新しい設備投資を行う気持ちはなく,古い現像処理機械を騙し騙し使っていると思います。そりのずさんさ,私以外でもきっとあると思います。

 1コマ1コマ,ユーザーの思いがこもったものであることを自覚し,支払いに見合った仕事をして欲しいものです。こうなったらモンスター・ユーザーになろうかな。

 冒頭にも書きましたが,資本主義の社会では独占の状態は,好ましいものではありません。なぜならば消費者に不利になる可能性が高いからです。

 KODAKは映画フィルムは製造を続けているらしいですが,今一度フィルムを販売して欲しいと願っているのは,私だけでしょうか。世界中から声を出しましょう。


○ 今日の1枚
Dsc_7190


« 食べ物は | トップページ | 年賀葉書届く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/74543912

この記事へのトラックバック一覧です: 独占状態?:

« 食べ物は | トップページ | 年賀葉書届く »