今日のお天気は?

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 丑二つ時 | トップページ | 雷雲が大暴れ »

2018年8月12日 (日)

笑える

○ 新聞を読んでいたら,こんなくだらないことが事件になっているそうです。大陸,一党独裁国家(ろくな国ではない),こんなことにまで口を出す。

 ”「くまのプーさん」の実写版映画「プーと大人になった僕」について,中国当局が公開を認めていないと報じた。理由は不明。”

 知っている人は,これを読んで笑えてくると思うと同時に,そこまで神経質になるのかと首を傾げたくなると思います。この国には,説明責任はありません。

 まあこの国の批判はできないかもしれません。どこかの国も説明責任はありませんし,いつまで経ってもモヤモヤが残っています。悪がはびこっていますからね。

 古今東西,社会風刺にまで口を出す為政者,その結末は歴史が証明しています。無理矢理口を閉じさせても,いや口を閉じさせられると,余計に反発したがるものです。

 江戸時代に大流行した狂歌・川柳は,思わず膝を叩きたるような巧みな表現が素晴らしいと思いました。今でも川柳は好まれ,某飲料メーカーのラベルにまで…。

 「スマホとは 猿が喜ぶ おもちゃなり」「焦点を ずらしちゃいかん ボケるから」「実像を 暴いて稼ぐ 週刊誌」など,思わず笑ってしまう同感してしまうものなり。

 言論の自由は,国民の基本的人権の一つです。現行憲法を批判する人がいますが,国民の基本的人権を保障した点は,素晴らしいと思いますよ。

 戦争終了後,新憲法を日本人だけで作ったのならば,これほど国民の基本的人権に踏み込んだ内容になったのか,私には疑問です。国民主権しかり。

 しかし,今では現行憲法の欠点が出てきているのは事実です。世の移り変わりに対応できていない点があります。ただ自衛隊の憲法明文化は,難しいと思っています。 

 どこの国であっても国民の基本的人権を保障していないならば,それは為政者の都合であって是正する必要があると思います。大陸もおかしいと思っています。


○ 分析ができたら対応を知りたい
”西日本豪雨は,偏西風の蛇行によって停滞した梅雨前線に,大量の水蒸気が流れ込んだ。その後の猛暑も,蛇行によって太平洋高気圧と大陸のチベット高気圧が日本付近で重なって起きた。下降気流で大気が圧縮され,気温が上昇した。
 こうした豪雨と猛暑は,ともに長期的な地球温暖化が影響しているとの見解を示した。将来の見通しについて,「条件が重なれば更に暑い年もあるだろう。今回のような豪雨災害は,この先も起きると覚悟し,備えていくべきだ」と話している。
 今年は日本だけでなく,欧州や米国の一部が猛暑と乾燥に見舞われたり,北極圏の一部が30度を超す猛暑となったりするなど,異常気象が世界各地で起きている。こうした現象も,北半球上空の偏西風が北に大きく蛇行した結果,中緯度での7月の気温が平年より約1.5度高くなったことが背景にあるとした。”

 地球温暖化については,日本だけの問題ではありません。地球上のあらゆる国の英知を集め,対応する必要があります。地球を怒らせない方法をね。

 異常気象による干ばつ・水害等については,それぞれの国の事情があると思います。日本の国は自然災害が多い割に対応の仕方が悪いと思います。

 ハザードマップを作っても周知徹底ができていない。避難時期・方法等についても地方自治体任せで,対応がバラバラです。先人の知恵も生きていません。

 むしろ開発を最重点に本来人間が居住するのに相応しくない場所に民家が建っている。建築基準法に適合しておれば,建てることができる。

 例えが悪いですが,広島での(二度の)土砂災害地域,山からの土石流を全く想定していません。ただただ便利な理由で家が建ち並んでいます。

 河川の氾濫,これも毎年のように起こっています。堤防が決壊したらどう動く(避難する)など,地方自治体の危機管理にも問題があると思います。

 東日本大震災における津波,どれくらいの高さ(場所)が安全なのか,これも先人の知恵が生かされていませんでした。後から報道されて知った人も多いと思います。

 まだまだ残暑(猛暑・酷暑)が続くと思います。自然災害への対応,これは本腰を入れて取り組む必要があると思います。水瓶も心配です。


○ 今日の1枚
Dsc_3977


« 丑二つ時 | トップページ | 雷雲が大暴れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/74019920

この記事へのトラックバック一覧です: 笑える:

« 丑二つ時 | トップページ | 雷雲が大暴れ »