今日のお天気は?

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 通販に適さないもの | トップページ | 丑二つ時 »

2018年8月10日 (金)

開発も苦しいですが,販売も…

○ 風がドライアーから出てくるようです。乾燥していますが,クラクラする熱風,一体いつまで続くことやら。日本中で一番暑い東海地方!雨降らず!カラカラ!

 しかし,お盆を前にして気になっていた墓石の水垢取り,炎天下の元亀の子たわしを持参してやってきました。完全には取れませんでした。

 庭石もそうですが,雨ざらしの墓石,いろいろな汚染物質が溶けている雨水に365日あたっています。まるで東南アジアから飛来してくる飛行機のようです。

 次回はネット検索をして,墓石の水垢取りを勉強して,もっと綺麗にしてあげたい。帰宅し,仏壇の掃除も時間をかけてやりました。準備万端?

 仕事を一つやり遂げるたびに冷たい麦茶をゴクゴク,胃液が薄くなり食欲減退につながりますが,飲まずにおられるか。そして飲むたびに汗が出てきます。

 そしてまた麦茶を作り,冷やして飲む。昔ならば缶ビールを…。しかし,本当にアルコールを飲む機会は減りました(それでも冷蔵庫には冷やしてありますがね)。

 そうそう娘がテレビ番組で”枝豆”の上手な茹で方を見たそうです。なんでもフライパンで蒸しながら茹でると栄養素が逃げず,美味しいそうです。

 アドバイスを受けて作ってみましたが,食べてみて,なーんにも変わりがない。まあ目に見えない世界でのこと,騙されたつもりで茹で方を学びました。


○ 本家本元のEU内でもサマータイム導入を再検討すべきとの意見があるそうな。
”短期・長期で睡眠や心身の健康に悪影響を与える。夏時間に伴う社会的な時間の変化に体内時計が同調するまでに数週間かかる可能性が指摘されている。省エネ効果はごくわずかで,地理的な要因にも左右される。屋外での活動を推進する効果がみられる一方,人間のバイオリズムには従来考えられていたよりも厳しい影響があることが示唆される。総合的な影響は結論が出ていない。”

 ただ単に暑い時間を割けてオリンピックを開催しようとする短絡的な考えです。特に日本でのサマータイム導入は,労働者にさらなる長時間労働を強いる可能性が大です。

 昨日も書きましたが,なぜ一年で一番暑い時期に開催するのか,一体誰がそれを決めたのか,そこを知りたいものです。東北復興もとってつけたような感じがします。

 本当に国民生活にプラスであるならば,過去においてもっと論議がされ,その妥当性が検討されていると思います。思いつきで何でもできる…暴君ですな。

◇ やっと光が見えてきたが
”三菱航空機は,MRJについて,商用運航で必要となる「型式証明」を2020年初めまでに取得する方針を明らかにした。最大の関門となる国土交通省のパイロットらが実機で操縦する型式証明飛行試験は今秋には始めたい考え。順調にいけば,20年半ばの初納入達成が大きく前進する。
 MRJの開発責任者を務めるアレクサンダー・ベラミー氏が,「型式証明飛行試験を19年末までに終え,2~3カ月後には型式証明を取得できるだろう」「MRJ90の設計はほぼ完了した」と現状を説明した。
 型式証明を得るためには国交省パイロットらの飛行試験が求められており,この試験をワシントン州の拠点で10月以降にも入れるよう準備を進めている。
 北米に投入する約70席の「MRJ70」については,機体のコンセプトを練り上げており,18年終わりごろから開発を本格化させる。”

 この秋から国土交通省のテストパイロットによる試験飛行を行うというものです。これが約1年数ヶ月,様々な飛行を想定し,さらなる改善を行うことになります。

 MRJ90に関しては,現在受注している数で終わる可能性もあります。やはり初期投資を回収する為には,機数をこなさねばなりません。三菱は北米用に70を…。

 これまでも何度も書いてきましたが,ボーイングがエンブラエルとの合弁会社を設立,MRJ90とはまともにぶつかります。そしてこれはアメリカの事情で…。

 ならばMRJ70を売ろうと考えている訳ですが,アフターサービス及びその拠点に関してボーイングとの連携は欠かせません。自社の飛行機のライバルと支援?

 MRJ支援が重荷になるようならば,ボーイングは契約を破棄する可能性だってあります。いやその可能性の方が高いような気がします。エンブラエルとの関係から。

 さらに弱肉同士(中国やロシアなど)の小型機とは,まともにぶつかります。値引きを考えながら商談すると思いますが,それにしても新規受注がありません。

 そうなると可能性があるとすれば,アジア(中国を除く)での商売となります。ここでエアバスとボーイングとの熾烈な受注合戦となる訳です。

 例え型式証明を取得しても,販売面での苦戦が予想されます。開発も苦しいですが,販売も…。予想もしないライバルの動きにどう対応するのか,注目したいです。


○ 今日の1枚
Dsc_4628


« 通販に適さないもの | トップページ | 丑二つ時 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/74008561

この記事へのトラックバック一覧です: 開発も苦しいですが,販売も…:

« 通販に適さないもの | トップページ | 丑二つ時 »