今日のお天気は?

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« いつまで続くのかなあ | トップページ | 台風に期待? »

2018年8月 4日 (土)

賛否両論

○ ネットに1枚の写真が載っていました。オレンジ色の服,後ろには黒い服。銃を持った人が二人いました。もう何の写真かお分かりでしょう。

 黒い服のグループは,オレンジ色の服を着た国に身代金を要求しています。この国は,身代金の要求には応えるつもりはありません。よって…。

 賛否両論あると思いますが,身代金=彼らの活動費になることは間違いありません。命と金は天秤にかけられるはずもなく,命が大切です。

 だからと言って,安易に身代金を支払っているのならば,第二第三の事件が起こることは必然です。どこで歯止めをかけるか,難しい点です。

 よく”ジャーナリストの使命”と言う言葉を聞きます。報道の自由を糧にした言葉です。この自由と言う言葉が,非常に危険です。自由=責任・義務の構図です。

 政府は,度々このような国・地域に対して”渡航の制限”を出しています。そうなれば”自己責任”と言うことになります。命を省みず,己の意思を通すのですから。

 こう考えると,”ジャーナリストの使命”とは自己責任の類いに入ると思います。思想の違いをはっきりと認識し,自己責任を負うならば使命を果たせばいいとね。

 確かに自分の目で確かめないと本当のことは分からないと思います。と言って,分かってどうするの?広く世界に現実を知らせる?それも一理ありますが浅慮です。

 自然災害で人命を助けるのとは違います。自由には責任が伴うこと,そんなことに貴重な税が使われるのは,疑問をもちます。また,テロ組織を助けるだけです。

 ”ジャーナリストの使命”に燃えることは自由ですが,危険な国・地域に入るのは,(多くの人が,このグループの犠牲になっています。)自己責任だと思います。

 一方で誠に無責任な報道もあることは事実です。確かに現場に駆けつけ,現地の様子を詳細に紹介する報道です。なかには被災地の人達の邪魔になる?ものも。

 取材に駆けつけるのならば,「少しでも現地の人達に役立てるようなことをせよ」と言いたい。スクープを狙う自己満足に陥った報道が多いようです。


◇ まさか…
”三菱航空機は7月17日,英国で開かれたファンボロー国際航空ショー2018で予定されていた2回目のデモ飛行を中止した。16日のデモ飛行後,機体にけん引車が接触し,機首の一部が損傷した。16日,性能をアピールするデモ飛行を同国際航空ショーで実施。約10分間飛行した。
 2020年半ばの1号機納期まであと2年。リージョナルジェット(RJ)市場に参入するための離陸態勢に入る。最終日,ようやく2回目のデモ飛行にこぎ着けたが,ファンボロー国際航空ショーの商談期間(16~20日)中,MRJの新規受注はゼロだった。17年のパリ航空ショーに続いて,2年連続で新規受注はゼロに終わった。
 そんなMRJを尻目に,世界の航空機市場では再編の動きが急速に進んでいる。世界航空機2大メーカーのエアバスとボーイングが相次いで小型旅客機事業に本格参入する方針を表明。MRJの先行きに暗い影を落とした。
 エアバスは,小型機世界1位のカナダのCシリーズ(100~150席)を手がける会社に50.01%出資,傘下に収めた。CシリーズはA220に名称を変更した。
 一方,ボーイングは,世界2位のエンブラエルの小型旅客機事業を買収することで合意した。80~150席のEジェットを持つエンブラエルの事業を切り離し,19年末までにボーイング主導でつくる共同出資会社に移管する。
 150席以下の小型機市場では,ボンバルディアとエンブラエルが合わせて世界シェアの8割を握ってきた。小型機はアジアのLCCを中心に需要増が見込めるとあって,中大型機で覇権争いを繰り広げているエアバスとボーイングが取り込みを急ぐ。
 MRJのライバルであるボンバルディアとエンブラエルは,大手の傘下に入った。MRJは座席数88席のMRJ90と,76席のMRJ70のに2機種で構成,エアバス=ボンバルディア,ボーイング=エンブラエルの2強ともろに激突する。
 ボーイングはMRJの補修部品の調達などのサービスを支援しており,三菱航空機の親会社である三菱重工業とは民間航空機分野で提携関係にある。”

 開発機の費用増加で,1千百億円の債務超過になりました。これは今後さらに増えていくと思われます。イースタン航空の40機のキャンセルも痛い。

 毎年5百億円の赤字が見込まれ,抜本的な解決にはなりません。1機も売れていませんから,儲けはありません。もう一民間企業の力では…。

 エアバスやボーイング傘下に入った2社に太刀打ちできるかと言えば,希望的な観測をもってしても無理というものでしょう。三菱航空機の精算を行うべきです。

 傷は浅い内に…,おかしなプライドだけが一人歩きするならば,債務はさらに増加するだけだと思います。残念ながら,MRJは消え去る運命にあると思います。


○ 今日の1枚
Dsc_4239


« いつまで続くのかなあ | トップページ | 台風に期待? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/73972412

この記事へのトラックバック一覧です: 賛否両論:

« いつまで続くのかなあ | トップページ | 台風に期待? »