今日のお天気は?

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

誘致の真の目的は

○ またまたCPが不調ですが,調子のいいときには"facebook"のお友達の新規投稿(タイムライン)を訪問しています。グループ投稿にない気安さもあります。

 図々しいですが,"facebook"も"give and take"だと思っています。お互いに飛行機撮影が共通しているのですから,お互いに紹介し合うべきだと思っています。

 と言って,頻繁な投稿も疲れます。私の場合は,型式写真を主眼とした友達に限定しています。見知らぬ航空会社の写真を見たいと願っています。

 毎日友達の3分の1位は,投稿してくれています。グループ写真よりも先に見ます。これで失望したら,(無情ですが)残念ですが切ります。

 それとやたらネットサーフィンをして動画をリンクさせる輩,これも切っています。数は少なくとも共通基盤をもった者だけが生き残っていきます。

 私の回りには,フィルムからディジタルへ移行するにあたって,この道から離れていった人が何人もいます。「来る者を拒まず,また去る者を追わず」

 人それぞれに考えがあり,去って行った人達の理由は問いません。ただ「もったいない」とは内心思っています。せっかく築いた財産がもったいない。

 facebookの友達の中には,1960年代頃からの写真を投稿してくれる人が数人います。私は10歳にならぬ前からのスポッターです。もちろん今でも現役です。

 使用機材の変化があろうと,黙々と己の趣味を続ける姿勢,例え見ず知らずのfacebookのお友達であろうと,高く評価し,尊敬しております。

 何事もそうですが,ポリシーをもち,続ける(継続する)ことの大切さを学びたいと思っています。地道に地道にレジを集めていく,やはりこれかなあ。


○ 長年の慣習も多くの人達にとって苦痛なことがあるようです。このブログでも数回取り上げてきた”サマータイム”,EUでのパブリックコメントの速報が出ました。

 それによると,「8割以上が制度の廃止を支持した」そうです。夏時間がもたらすさまざまな影響を徹底的に評価,必要な場合は改正も検討するそうです。

 EUにおけるサマータイムは,約半世紀の実績があります。しかし,経済的効果・エネルギーの節約などには至らなかったようで,健康面でも不安視されています。

 1時間時計の針を進めることが,睡眠・健康に及ぼす影響を考えるならば,その廃止を支持する人が増える訳です。パブリックコメントを重視している点が素晴らしい。

 ただ単にオリンピック期間中の暑さ対策のために知らぬ所で勝手に話を出し,数の横暴により強引にサマータイムを導入使用とする国との違いです。

 東京オリンピックでしょ。東京都がオリンピックを誘致しようとしたとき,7~8月の開催をどういう過程で決めたのでしょう。「何を今さら」と言われても疑問です。

 これで2020年夏が冷夏ならば,一体どうするつもりでしょう。場当たりな考え方・公共施設を作ることによる経済効果を狙ったものであり,”復興”が聞いて呆れます。

 要するにオリンピックを誘致し,ゼネコンを始めとした大企業に利益をもたらすことが主眼なんです。それを隠すかのような”復興”であり,”サマータイム”なんです。


○ 嫌気がさす日本のスポーツ界ですよね。日大アメフト部から始まり,ボクシング・剣道,そして今度は体操と立て続けに問題が発生しています。

 これまた大なり小なり組織の硬直化,多くはオリンピックのメダル至上主義からきているものと見ていますが,皆さんはどう思われますかねえ。

 問題が起こるとマスコミは取材合戦,しかし一方では(やはりマスコミも)メダルの数ばかりを報道しているという,何ともおかしな現象です。

 メダルを取ることが,組織にとっては最重要課題です。その為の強化費を国からいただいている訳です。今行われているアジア大会もオリンピックへの…。

 こうした組織である限り,アマチュア精神はどこ吹く風,メダルを取ればそれでよし。その代弁者マスコミも売らんがためには,なりふり構わずですよね。


○ 今日の1枚
Dsc_5769


2018年8月30日 (木)

愚かな…

○ また馬鹿な買い物をしてしまったものです。先月修理に出したフィルム・スキャナー,「異常が見当たらない」とのメールが来ました。呆れました。

 ”facebook”の私の投稿,あれを見られて「妙に青っぽい,汚い画像だなあ」と思われる方が多いと思います(最も友達だけの公開ですがね)。

 先程書きましたように「異常が見当たらない」とのことですから,その程度のスキャンしかできない代物(それでも約4万円!)であったという訳です。

 「点検料+送料は,こちら持ち」と言うことで返ってきます。が,もう一度試してみてだめならば,お蔵入りですね。フラット・スキャナーで我慢します。

 改めてネット・ショッピングの難しさを認識,高価なものは触ってみる(実物を触る)ことが大切ですね。「こんなもんだ」と思っていても不良品だったりしてね。


○ ニュースを見ていたら,「異常気象なのか,銀杏の葉が紅葉を始めた。」とありました。散歩コースの銀杏も実が黄色くなっています。ビニル袋の用意?

 そして我が家の日よけゴーヤ,約5cm程になると黄色くなっていきます。また,白いゴーヤ…本来は緑色,これまた黄色くなります…もいくつかなっています。

 ところが最近受粉したものは,約5cm程になっても黄色くなりません。どれほど成長するか分かりませんが,緑色のままどんどん大きくなってきています。不思議。

 ドウダンツツジの日焼けも収まりました。乾燥に弱いドウダンツツジですが,やっと一安心?何せ赤と絞りには投資していますから。特に赤は3本目の挑戦です。

 7・8(まだ2日残していますが)月の猛暑日は,新記録です。34+α,華のお江戸が暑いと言っても,この三分の一の日数です。電気代の請求が怖いです。


○ バッテリー,携帯やタブレット等,一般の修理扱いになってユーザーが自分で交換できなくなってきました。その理由を説明してくれるところあるかなあ。

”バッテリーは消耗品,充放電を繰り返すうちに,給電能力は次第に衰え,容量もどんどん落ちていく。
 サイクル劣化は,充放電を繰り返すことで生じる化学変化によって引き起こされる。特に,リチウムイオンバッテリーは充電容量が定格の半分程度になると,以降は急激に劣化が進む。定格容量の50%に至る充電回数を寿命とし,800回前後を見込む。
 バッテリーを高温にさらすと化学変化が活発になり劣化しやすくなる。満充電が長く続く状態もリチウムイオンバッテリーにとって厳しい。バッテリー内部で高電圧が維持され,化学変化が促される。
 一方で,完全に放電(0%)した状態のままにすると,それ以上の放電を防ぐために,リチウムイオンバッテリーの保護回路が働き,充電できなくなる場合もある。
 充電回数は,継ぎ足した数ではなく,充電量が合計で100%に達した時点で1回と数える。バッテリーの寿命を考えた場合,最も現実的な対策は,充電容量を一定範囲内に収める。一般に,定格の40%から85%程度が望ましい。
 リチウムイオンバッテリーは,充電を繰り返すと,劣化によりバッテリー内部の制御回路が誤った残量を認識してしまうことがある。”

 夏場のバッテリーの衰えは,暑さに起因している場合が多いということです。また,充電も約9割程度のところで止めておくことが,長持ちの秘訣のようです。 

 いろいろな機能が満載の携帯・タブレットですが,ユーザーが電池交換ができる設計に戻していただきたいものです。約1年ほどで電池交換,そのたびにメーカー送りでは。

 携帯・タブレットを販売する際,こういった後々のことを一切言わない販売,これもおかしな商売だと思っています。利益至上主義の現れだと思っています。

 便利なように見えますが,バッテリーの消耗が激しくなってきています。そのバッテリーが消耗品であるだけに,こうしたアフターサービスも大切ではないでしょうか。


○ 今日の1枚
Dsc_1895


2018年8月29日 (水)

期待してますが

○ 選挙目当て(家計負担を減らし高齢者や若年層の支持を得る狙い)と言えども,これは評価したい。「我が国の携帯電話料金は,4割ほど下げられる?」といった発言。

 OECD参加国の平均値でも約2倍と言った高価格,菅氏の発言が遅すぎたとも言えるものです。「公共の財産を使って高利益追求」などといった考えもあります。

 確かにdocomoを例にまでもなく,元々はNTTは(準)国有企業でした。電波の届き具合は,かなりの過疎地にまで届くのは,docomoだけだと思っています。

 それだけに維持費のかさむことは理解できます。が,それはどこの国でも同じ条件だと思っています。docomoだけが維持費がかさむとは,理解しがたいです。

 安さに押され,他の2社にシェアを奪われているのも現実です。菅氏が指摘したように,高利益をユーザーに還元する一番の方法は,電話料金の引き下げです。

 docomoの反応は早かったです。来る5Gを軌道に乗せる為には,さらなる設備投資が必要であり,そこで資金が要るとね。これは論理のすり替えでしかありません。

 初期投資をいくらしても,全体が5Gに切り替えていく(かなりの年月を要する)なかで,初期投資が可能だと思います。利益至上主義が問題なんです。

 公共の電波を利用している公共性を考えれば,菅氏の指摘したくらいの値下げをすべきだと思います。docomoがやれば,他の2社もやらざろう得ません。

 この会社の設立経緯を考えるならば,経営の方針の大転換…ユーザー(国民)第一…を図る時期ではないでしょうか。そうなるとマイナー企業は潰れますがね。

 いずれにしても携帯電話料金が家計を圧迫していることは,確かです。政府として携帯電話会社に最大限の圧力をかけていく必要があると思います。

 電波の認可にこうしたことを考慮してこなかった反省に立ち,来たるべき5Gの時代での電話料金の引き下げを(国民の一人として)期待したいものです。

 最後に,総務省とイタチごっこ(2年・4年しばり)している3社の姿勢,独占禁止法に触れるか否かに気を使った料金体系よりも,根本から経営を見直してもらいたい。


○ 足下を揺さぶられる?
”シンガポール市場ではガソリン価格が1バレル81ドル前後,ジェット燃料が86ドル前後,軽油が84ドル前後。
 内需拡大に備え,10年ごろから年率5%前後のペースで精製能力増加が続く。能力拡張に内需の伸びが追いつかず,15年暮れから石油製品輸出が急増した。
 17年の中国によるガソリン輸出先のシェア,シンガポール向けが約59%。同国向けの輸出は現在も増加基調で,18年に入るとシェアは75%前後まで伸びた。アジアのハブであるシンガポール市場では短期のスポット取引の比率が高い。このため中国の輸出急増は相場へダイレクトに反映されやすい。
 軽油の輸出先シェアはシンガポール向けが26%,フィリピンや韓国など多様な国に輸出している。”

 OPECばかりに目が行きがちな石油製品ですが,需要と供給のバランスが崩れている大陸,特にガソリンがシンガポールに大量に輸出されているようです。

 お上の鶴の一声で大転換する大陸,これが社会主義の恐ろしさです。これで需要と供給のバランスがとれれば,ピタッと止まる。まさに自国第一主義の典型です。

 原油のほぼ100%を海外に頼る我が国,安さに惹かれて大陸と絆を太くすれば,今に猛烈なしっぺ返しを食らうことになると思います。怖いですよ。


○ 今日の1枚
Dsc_5597


2018年8月28日 (火)

隠遁生活?

○ 久し振りに餃子を作った。野菜を控えめに挽肉をたっぷりと入れた肉餃子,果たして女・子どもの反応はいかに?私は,エビス+肉餃子で満足です。

 そう昼食は,エビス+肉餃子でした。昼間っからビール,ささやかな贅沢です。餃子の焼き方も回数をこなしてきていますから,いい焼き加減にできました。

 大陸では,餃子は蒸すか水餃子にします。日本人は,ラーメンといい餃子といい,日本人好みにうまくアレンジし,国民食にしてしまいました。

 餃子で言えば,毎年群馬県と静岡県でその消費量を競争しているくらいです。ラー油をたっぷりと降りかけ,辛さを増して食べる焼き餃子,いいですねえ。 

 隠遁生活を送っていると,「○○,お願いします。」「あっ,私の○○も」と言いたい放題,昨日は洗濯機を3回回しました。まあ短時間で乾くのでいいですが。

 こんな私を見ているお隣の奥様,「まあ毎日感心して見ていますわ。」だって。洗濯・草取りの様子を見られていた!出不精の私を見ている!

 でもね,また図書館へ行って返却・貸出をしてきました。7・8月の猛暑の期間,涼しい部屋で本を読み,目が疲れたら音楽を聴く,自己満足の極みなり。

 これで晴天が三日間続き,最高気温が下がれば,ちょっとは生活が変わると思うんですがね。南の海を見ていると,また台風ができそうな気配です。

 それでも空港は,ランチェンしない限り楽なものです。石仏は,ポイントを回らなくてはなりません。エアコンも効きが…。とても車中泊は暑くて…。

 と言う言い訳を書き連ね,まだまだ隠遁生活は続く模様です。涼しい部屋でのんびりと過ごすことにします。皆さん,頑張ってくださいね。


○ お医者さんと言えば,賢い!お金持ち!(まるで川口の不動産王様のよう)と思ってきました。私の掛かり付けの医師は,「わしらは4Kに従事している」と言われます。

 町医者は,評判が第一です。そして休診日が少なく,診察時間が長いとさらに喜ばれます。歯科医は,もはや満杯状態,町医者の中ではさらに…。

 確かにお医者さんは,超高級な外車に乗り,ご自宅も立派です。医療報酬もしっかりと稼いでおられます。お金持ちですが,使い道に困っている?

 何せ休診日を増やせば,患者は他の病院へ逃げて行ってしまいます。木曜・日曜と週休二日がいいとこではないでしょうか。いや木曜午後休診かなあ。

 開業医のほとんどが個人経営,これでは一般人のように旅行もできない。やはりお金の使い道に困っている?いや最新の医療機器を導入するならば借金?

”厚労省は,医師の残業上限は一般労働者の年720時間よりも緩くする。厚労省内では「最大でも年960時間」との意見がある。”

 先日来,東京医科大学の入試に不正があったと話題になりました。女性の受験者は,一律マイナス点を貸していたことが判明しました。不正入試は,何もこの大学…。

 こんなお上の発想では,緊急医や産科医はなり手がなくなるのではないでしょうか?何が働き方改革だ,無理をしてでも成立させた訳が分かってきました。

 最悪地方自治体が経営する病院(例えば,市民病院)は,緊急医のなり手がなくなり,救急車に乗っても病院のたらい回しになりかねません。

 医師とて労働者です。税制上優遇されていると言っても,自分の身体を壊してまで働くことはできません。医師(労働者)は,消耗品ではありません。


○ 今日の1枚
Dsc_6318


2018年8月27日 (月)

現金と

○ 豊田の御大のブログに”1万円金貨”のことが書いてありました。目の付け所が違いますねえ。私は,この新聞記事を読んでも…。縁のない世界。

 1円・5円・10円・50円・100円・500円のコイン,500円・1000円・5000円・10000円の紙幣,そう言えば2000円紙幣というものがありますが…。

 発行された年に1枚記念に…。保管してあります。が,2000円札を使っている人を見かけたことがありません。政府・財務省の大失敗ですよね。

 何しろ紙幣偽造防止の為に最先端の製造技術が投入される紙幣,2000円札でもビックリするほどの税金を使って作られた(作られている)と思います。

 2000円札の表裏の図案が言える人は,100人の内に何人いるのでしょう。全く考えられない税金の無駄,これは早々に回収・廃止に向けて取り組んだ方がいい。

”世の中に出回る1円玉が大幅に減っている。劣化した1円玉は回収される一方,政府が流通用の製造を中止したため。1円玉の製造コストは1枚約3円とも言われ,造れば造るほど赤字になる。”

 お金のことを書いてきましたが,日本人は(治安がいいのか…最も最近はそうも言えない?),現金を持ち歩くことを好む民族だと思います。

 大陸の人達が訪日の買い物の際,銀聯カード(実はデビットカードがほとんど)でお買い物するそうです。これに対応していないお店は…。

 彼らは愛国心が旺盛で,銀聯カードしか持っていない人が多いと言います。(これは嘘で,VISA/MASTERなどの審査が通らない人が多いと言います。)

 さらにきついことを書くならば,大陸では偽造紙幣(そう言えば半島の北でも偽造ドル紙幣がさかんに…)が多く,信用されていないこともあるようです。

 これだけ携帯電話が普及した時代であっても,現金至上主義の人が数多くいる。前にも書きましたが,レジの前できっかりと払おうと財布をほじくり返す人!

 私から見れば,カードの方がはるかに便利で安心です。スーパーマーケットのレジの流れはスムーズになります。人件費も浮くのでは?カード専用レーンを作れ!

 今時,コンビニでもカード決済を狙っています。高速道路のETCの普及を見ても,カード決済のいいところが出ています。さらに鉄道・バスしかり。

 そして消費税が10%に引き上げられたら(本当に来秋からかな?),今よりは補助貨幣(コイン)の流通量が変わってくるのかしら。ひょっとしたら激減?


○ 世の中そんなに甘いものではないようです。湿気+高温状態が戻ってきました。予報に寄れば,火曜日くらいまで続くようです。再び出撃意欲がなくなりました。

 昨日,久し振りにブタ・キムチを作り,エビスをいただきました。猛暑に打ち勝つスタミナ食です。本来ならばゴーヤ・チャンプルなんですが…。

 暑いときには,無性にブタ肉を食べたくなります。そしてニンニクをすり下ろし,キムチに混ぜます。人様に前に出ることがないとき,これが実に美味しいです。

 朝の散歩,ついつい欲が出てきました。1万歩を越す距離を歩くようにしました。シャワーを浴び,すっきりとすると一日が始まる気がします。

 先にブタ肉と書きましたが,散歩の後には500ml程牛乳を飲むようになりました。そして野菜サラダを食する訳ですが,炭水化物の摂取量を控えることとしました。

 米または小麦は,一日一回です。さらに食事は朝夕の二回です。慣れない内は辛かったけど,今では慣れてきました。汗をかき,炭水化物を減らすことです。

 私の摂る野菜では,偏りがあります。そこで野菜ジュースを加えることとしました。相変わらず野菜は高いですから,野菜ジュースで補うようにしています。


○ 今日の1枚
Dsc_5050


2018年8月26日 (日)

生き残る為に

○ いやースズメさんは賢いなあ。早生米に穂がつき始めたら,ドーンと押し寄せてきます。案山子やビニルヒモなどで農家の人達は自衛策です。イタチごっこ?

 台風20号が過ぎ去ってもコースが悪いのか,台風一過の青空は望めませんでした。それどころか,この1週間の予報を見ても,お天気は芳しくありません。

 高温の上に雨が降ったものですから,雑草の元気なこと元気なこと。蚊よけスプレーをして雑草採りです。土が軟らかくなっていますから,軽く抜けます。

 35℃を越す猛暑は,少しずつ過去形になってきました。窓を開けておれば(防犯上お薦めはしませんが)エアコンなしで眠れるようになりました。

 最近のニュース,池江選手の大活躍,ただそれ以外となると天下のNHKも小さな報道しかありません。サッカーWCのときの大騒ぎと対照的です。

 もう一つ,大阪府警の威信にかけても…。未だに逃走中。埼玉と並んでお騒がせな大阪府,一体いつになったら逮捕できることかしら。情けない,恥ずかしい。

 因みにこのニュースもマスコミは…。最初の1週間位は熱を上げていましたが,ニュース性に乏しいと判断されれば,熱しやすく冷めやすい日本のマスコミの姿ですね。

 これに関連するならば,金足農フィーバーも凄いですね。寄付金は2億円を越したそうです。応援団の遠征費,秋田からですから多額であったと思います。解消?

 数日間マスコミの金足農の扱いは,優勝校よりも凄かったです。さすが後ろめたい気持ちがあったのか,桐蔭高のニュースもあとから流していましたがね。


○ 日本の職人さん達の技
 昨夜,名前は知っていましたが,始めて”大曲花火大会”をテレビで見ました。28組(1組欠場)で争われる花火のコンクールです。間に挟まったスターマイン!

 花火師の技,それぞれに得意技をもち,花火の色や形が異なっていることも興味をそそりました。また花火師の自由な発想を花火に託す,これもまた素晴らしい。

 約3分間の持ち時間,そのために365日研究に研究を重ねてこられたと思います。部門・総合の発表は,今日大曲花火大会のHPで発表されるそうです。

 残念なのは,風がほとんどなく煙がなかなか動かなかったことです。もう一つは,カメラワークが悪いです,と言うか下手です。音もほとんど聞こえませんでした。


◇ 赤組の逆襲?
”日本航空は東南アジアの航空大手,ガルーダ・インドネシア航空と包括提携する。日航は17年春に解除されたのを受け,アエロメヒコ航空や中国東方航空など加盟する航空連合の枠を超え,成長市場の航空大手と提携を拡大。17年9月には,ハワイアン航空と共同運航を決めた。
 国際航空運送協会(IATA)によると,17年の旅客数で日航は世界22位,ガルーダは同44位。両社は9月にも正式決定する。共同運航で合理化する。日本航空が就航している日米路線の一部もガルーダとの共同運航とする見通し。両社は日本経由で米国と東南アジアを移動する需要を取り込む。一部の国内線も共同運航する。共同運航より水準の高い「共同事業」と呼ばれる包括提携にも踏み込み,運航ダイヤや料金も協力して調整できる。インドネシアから日本を訪れた人は1~7月に前年同期比で15.5%増えた。日航とガルーダは路線拡大で需要を取り込む。
 日航は20年に予定される羽田空港の発着枠拡大で,枠の配分を有利にする狙いもある。空港に離着陸できる数には制限があるため,国土交通省が発着枠を航空会社に配分している。発着枠は日本と就航先の国との2国間で協議して増やす仕組みのため,海外大手との包括提携は協議に有利に働く。
 世界の航空業界では,低コストを武器にしたLCCや,航空連合に所属しない中東の新興航空会社などが台頭し,既存大手を脅かす存在になっている。航空連合内の航空会社との提携だけでは,就航都市の多さなどといった既存大手のメリットを生かし切れない。変わる航空業界の勢力図が既存大手の背中を押し,航空連合など既存の枠組みを超えた連携に動かしている。”

 「空の世界の流れは,アライアンスが主流になった。」と思っていましたが,やはり航空会社のお家事情によって例外があるものです。例外は,エミレーツ航空?

 そもそも日本には,スカイチームに所属する航空会社がないことが原因だと思います。スカイチームに属する海外の航空会社は,日本の国内線の提携先がない。

 ですから日本のガリバーは,スカイチーム狩りに走っている訳です。次の標的は,中国南方航空・アエロフロート・エールフランス・KLMかな?

 デルタ航空は,日本の空からどんどん姿を消していっています。主要路線以外は,切り捨ての感がします。半島・大陸にシフトを進めています。

 いずれにしても結合・離反の動きは,空の世界でも頻繁に起こっています。特に東南アジアに関しては,LCCとの真っ向からの挑戦を受けているだけに厳しいと思います。


○ 今日の1枚
Dsc_6463


2018年8月25日 (土)

女性ドライバー

○ 夢も希望もない年金生活者ですが,若者達の活躍を目にすると嬉しくなります。これからの日本を担っていく若者達,期待に応えるべく精進をして欲しい。

 そんな中,新聞を読んでいたら,松島美紗2等空尉の記事がありました。新田原基地にてF-15の訓練過程を無事終了,晴れて航空自衛隊のイーグル・ドライバーの誕生です。

 彼女,映画”TOP GUN”を見て,「大きく動く航空機で自由に空を飛べるようになりたい。」と思ったそうな。私もこの映画を見ましたが,そこまでは…。

 夢の実現に向けて,彼女は頑張ったと思います。自衛隊員募集の要項変更により,初の女性戦闘機ドライバーの誕生です。次に続く人達が出てきますように。

 今後,数か月の訓練を経たうえで,F-15戦闘機の操縦士として領空侵犯の警戒任務などに当たるそうです。領空侵犯に備えていただきたいものです。

”肉体的・精神的な負荷は高く,部隊配属まで約3年間の操縦訓練を受ける必要がある。高速で旋回する戦闘機内では体重の9倍にあたる重力が全身を締め付け,外国軍機にどう対処するか高度な判断を迫られることもある。「自分の判断が国家の意思と受け取られる非常に強い緊張感のある仕事」という。”

 因みに米軍では性差に関係なく募集,何人かの戦闘機ドライバーを見てきました。少子高齢の社会にあって,さすがの自衛隊も募集の少なさに焦りを覚えたのか?

 できたら小牧基地に隣接する○菱重工で定期点検を受ける際,新田原から小牧まで(さらにその逆)F-15を運んできて欲しいですね。手を振って応援?

 恐らく豊田の御大ならば,私よりも情報収集に長けておられ,「撮ったぞ!」と連絡が来ると思います。SC駐車場には,数多くのファンが彼女を待っています。

 RWエンドでのエンジンチェック,プラット・アンド・ホイットニー社のF100ターボファンエンジンの熱量の多さは,その後方を見ているとよく分かります。

 1回,2回,そして3回目,数百メートルでエアボーン,誠に力強い上昇,たまらない魅力です。高機動をしてくれたら,これまた言うことなし。

 F-15は,大型戦闘機なだけに改修のしがいのあるものだと思います。これからも様々なグレードアップが施されると思います。松島さんの飛行を見たいなあ。

 と書くと,御大は「みんな同じじゃん」と言われると…。いや航空自衛隊初の女性ドライバー,ほのかに漂う色気が分からないかなあ。分からないだろうなあ。


○ ストローで驚いていたら,今度はレジ袋だそうです。安価で使い捨てのプラスティック製品,時代の流れを感じさせる動きだと思います。

 スタバから始まったプラ製ストローの廃止。代用品に注目が集まりました。そしてレジ袋:米食品スーパー最大手クローガー,2025年まで全廃だそうです。

 私は買い物に行くとき,布製トートバックを持っていきます。汚れると洗っています。随分とくたびれてきましたが,用途が限られており,破れるまで使います。

 日本の各地方自治体では,プラスティック製品(特にペットボトル)の回収に力をいれています。スーパーでもトレイの回収ボックスを設置しています。

 レジ袋は再利用が可能ですが,いかんせん貯まって仕方がありません。資源の無駄使いです。そのためにトートバックを使うようになりました。中身が見えないしね。


○ またしても携帯の調子が悪い。22日にdocomoに行ったのですが,症状は回復して安心していました。が,翌日またしても同じ症状が出てきました。

 電源を入れると「カードを認識できませんでした」とテロップが流れ,通話・メール等ができません。dアカウントを再度設定すると…。

 しかし,しばらくすると…。昨日,朝一で予約なしで並びました。ファームのアップデートとカードの作り替えをしてもらいました。今度症状が出たら,メーカー行きです。

 どうやら不良品をつかまされたように思います。簡易測定器を使った検査では,どこも異常は見当たらず,しかしカードを認識せず。外出時・非常時に出たら…。


○ 今日の1枚 
Dsc_4043

2018年8月24日 (金)

24時間空港が

◇ 21世紀の黒船
”ノックスクートは,関西―バンコク路線を10月に就航。415座席のB777を採用,座席をほかのLCCよりも広く設定。機内食や手荷物の預け入れなどサービスも充実させ日本人のビジネス需要も取り込む。17年の搭乗者数は前年比36%増の107万人。成田―バンコク線を6月に就航。
 エアアジア・グループはバンコクと関空や成田空港を結ぶ路線だけでなく,10月には中部―バンコク線を就航。以遠権を行使し,関空―ホノルル線などにも進出。
 ベトジェットエアも19年1月の成田―ハノイ線の就航を発表。相次いで日本に乗り入れるのは,域内の飽和と言われる。東南アジアでは国内線でLCCのシェアがすでに6割程度。日本と比べると…。

 これまで安さを売りに短距離路線で航空大手の顧客を奪ってきた。今度は,さらなる価格競争に陥りかねない。そこで中長距離路線。最新の機材は従来に比べて性能が向上し,燃料費を抑えながら航続距離を伸ばすことが可能になった。
 東南アジアの主要都市と日本の飛行時間は片道7~9時間程度。空港での駐機を含めて1日以内に往復でき,機材を有効に活用できる。17年の訪日外国人客数では東南アジアの各国はほとんどが前年比で2ケタの大幅増。特にベトナムやインドネシアは30%増。
 アジアの航空旅客輸送量は毎年5%以上成長し,36年には17年に比べ3倍となり世界最大の航空市場になると予測されている。ピーチは,20年に東南アジアを視野に入れた国際線を始める。25年には中距離路線?間に合わない。日本航空もLCCを設立,20年に中長距離国際線を展開する。まず2機体制で始め,5年で10機体制にし急速に成長させる。主要路線でアジア勢が先行することで,路線の取捨選択や価格など戦略への影響は避けられない。

 LCCの中長距離化=航空大手との本格的な競争に入る。航続時間が長くなれば座席の狭い機材では快適性が劣る。エアアジア・グループは5月に成田―ジャカルタ線を就航したが,9月末に運休することを決めた。全日本空輸や日本航空,ガルーダ・インドネシア航空との競争に破れた?LCCの長距離化がもたらす競争は,航空大手も巻き込んだ路線や企業の淘汰に新たな波をもたらすことになる。”

 アジアの東の端:日本,政治や治安が安定し,ほどほどの文明国。年中暑くて雨量のある東南アジアの人々にとって,この国は訪問するのに適した国と思われている?

 訪日客にとっては,まだまだインフラの整っていないマイナス面があります。特に日本語には,どこの国から見ても難解な言葉と思われています。

 それでも東南アジアの旅行業者は,リスクの少ないこの国へのツアーを組み,多くの観光客を送ってきてくれます。ありがたいことです。

 欧米で始まったLCC,これは高密度・高稼働をすることによって運賃を安くする方法をとっています。予約もネットで行うのが一般的です。

 あらゆる無駄をそぎ落とし,低運賃にもかかわらず高収益を目指すLCC,欧米や東南アジアでは,立派に市民権を獲得しています。

 振り返ってみれば,B747の誕生により日本人の海外旅行が爆発的に増えていきました。今はそれをLCCが担っている訳です。但し,リスクはあります。

 またLCCの特徴として,オプションが豊富にあることが挙げられます。ミール・飲み物も有料の所が多いです。預け荷物に関してもオプション設定です。

 日の出の勢いのLCCであっても,そろそろ影が出てくるようになりました。そこで従来の商法をとりながらも,中長距離路線を開拓する時代となりました。

 ここにおいても”21世紀の黒船”,またしても日本のガリバー以外の取組が後手後手に回っています。そもそも日本の航空会社が苦手とする商法だと見ています。

 数少ない航空会社,お上に助けられ守られてきた日本の航空会社,LCCを受け入れる素地がなかったと思っています。ピーチですら,後手に回っているくらいです。

 一番の問題は,関西・羽田以外に24時間空港がない(他もありますが,アクセス等問題が山積しています)ことです。飛行機の乗り換えすら満足にできません。

 過去の騒音問題(これは新幹線ですら例外ではありませんでした),24時間空港の道が開けないネックです。(例えば)深夜に関空・羽田到着,福島に行くには???

 せっかくLCCを使って来たのに,国内線乗り継ぎ便がない!まるで詐欺に遭ったように空港で日の出を待たねばなりません。これがネックです。

 どの航空会社にも言えることですが,成長を阻害するものがあります。まずは航空燃料の高騰,そしてパイロット不足です。特に後者は深刻な問題です。


○ 今年に入って一番風の強い台風のようです。以前書いたゴーヤ,少し大きくなると…。そして風によりネットは無残にも先端が切れ,無残な姿になりました。


○ 今日の1枚
Dsc_4321


2018年8月23日 (木)

優柔不断

○ 図書館へ本の返却と貸出(最近の読書量は,我ながら…),珈琲豆の買い出し,食料の調達と動きました。久し振りの運転です。ゆったりゆったり。

 帰宅し電話をしようとしたら?「カードが挿入されていません」とテロップが流れています。よく見るとアンテナ(Wi-Fi)も見えません。

 速攻ドコモショップへ,待たされました。結局「接触不良ですね」と一安心です。何の前触れもなく突然のことで,「壊れたか」とも思いました。

 待たされる間,「またメーカーに持って行きます」なんて言われたら,また10~14日代替機となります。アプリを入れたり,設定をし直したり面倒です。

 いずれにせよ安心して帰宅,こんどまた同様の症状が出たら…。今までこのようなことが起きなかったのは,「運が良かったのか?」とも考えてしまいます。

 さて台風19号続いて20号が日本列島に接近しています。19号は日本の西の方を北上するようですが,それでも台風による南風,猛烈に蒸し暑いです。

 問題は,台風20号です。これは直撃するような動きです。内心「少々お疲れモード,散歩を休みたいなあ」とも思ったりしています。そうすれば読書ができます。

 週間天気予報を見ていると,またしても台風一過の青空は期待薄のようです。延び延びになっている西方遠征,一体いつになったら実現するのでしょう。

 川口の不動産王様は,予定通り西方遠征,夜間撮影を含め充実した撮影ができたそうです。やはり日頃からの心がけがいい証拠です。また,決断力があります。

 先日も書きましたが,不動産王様は,かの有名な青木勝氏の後継者とも言われています。どんな作品をFacebookのグループ写真に投稿されるか,楽しみです。

 優柔不断な私は,晴れマークが並んでいないと決行できません。ですからいつになったら西方遠征ができるのか,何とか9月中には行きたいものです。

 ランチェンに備え,また脚立を持つ為に車で行く予定です。当然スイートルームどころか安宿も無理ですから,いつもの日帰り入浴+高層駐車場(車中泊)です。

 昔,O氏が頻繁に西方遠征をしておられ,私もたまにはお付き合いしました。やはりランチェンと午後の撮影ポイント移動を考えると,車・脚立が必要です。

 余裕があるのならば,あるいは複数で行くのならば,FDAを使いレンタカーが一番楽ですね。しかし,今の私には…。夜間3割引を使うケチケチ作戦です。

 距離があるだけに片道5千円くらい助かります。山陽道・九州道は,ほとんど混雑しませんから予定通りに走れます。また,天ぷらのひらおも楽しみの一つです。

 そうそう午後の撮影ポイント(RW34)ですが,犬小屋が廃業して更地になっています。ここでは手前をインターの誘導路,降りも何とか撮影できます。

 RW16ならば水門ですが,近くの駐車場の屋根のおかげで日陰ができます。椅子に腰を下ろし,エアーバンドを聞いていて,撮りたいときだけ動けばいい。

 福岡ルールがありますが,やはりこの空港はRW34が美味しいですね。最も蓆田会館BS前では,使用滑走路はほとんど関係がありませんがね。あー行きたい。

 東方遠征,そろそろ夏至から2ヶ月が経ち,陽の高さも低くなってきました。こちらも10月にかけて夏スケのヨーロッパ便を押さえておかなくては…。

 こう書くのも,あと3~4回の遠征でプロビアの在庫がなくなります。現像代も7月から値上がり,いよいよ年貢の納め時と思っています。いよいよデジ一本?

 昭和末期から続いたポジ生活もいよいよ財政難を理由に…。それとも自分だけ(一コマ)作戦に切り替えるか?そうなれば交換ができなくなりますがね。ウーン。


○ 今日の1枚
Dsc_3804


2018年8月22日 (水)

サムライならば,切腹ですな

○ これで高校野球のお話は最後ですが,面白い記事がありました。
”今夏の甲子園に出た全選手の出身中学を都道府県別で見てみると,最多の大阪府(94人)に続き福岡県(68人)が多い。”

 つまり高校進学に際して,少しでも甲子園に近い(と思われる)高校を選んでいると言うことです。大阪桐蔭の柿木蓮投手は佐賀出身です。

 昨日も書きましたが,レギラーの半分以上は地元中学校出身にしたら,今のような行き過ぎた(野球)高校進学に歯止めがかかるのではないでしょうか。

 勝つ為には手段・方法を選ばず,美しい面ばかり強調している高校野球ですが,裏では大人の子どもの醜い姿が浮き上がっています。半プロ集団の誕生です。

 私が,不利な条件(これにはいろいろありますが)の中でも甲子園に来る公立高校を応援したくなる理由が,ここにあります。姿が純粋です。

 また,都道府県の代表に相応しい姿ではないでしょうか。秋田の人達を歓喜させている金足農の活躍は,心の中に”郷土の代表”という意識があるからだと思います。

 これだけ長期間宿泊しているのならば,相当なお金がかかっています。地元の人の寄付活動も行われていると聞きます。なにせ”郷土の代表”ですからね。

 立派な合宿施設,夜間照明をもった専用グランドなど,もはや高校野球の存在自体を疑う現実です。地区の代表でもなし,ただただ学校・個人の名誉に打ち込んでいます。

 もう一つ,春の甲子園に向けてもうすぐ地区予選が始まります。3年生引退直後には,公式戦が始まる。これまた異常な姿です。夏一本で十分ではないでしょうか。

 最も春の甲子園の歴史は,夏と較べると短いです。朝日新聞と毎日新聞の競争が,こんな点にも出てきています。それに年度末~年度初めの開催も疑問です。

 これでは選手は,10代後半から消耗品扱いではないでしょうか?特に投手に与える負担(肩・腕全体)は大きいものがあります。これまた気の毒なことです。

 高校野球の魅力は尽きないものがありますが,代表の意味や選手の負担を考える時期にさしかかっているように思います。新聞社の横柄な態度に疑問をもちます。


○ 衝撃のニュースが飛び込んできましたね。アジア大会バスケットボールの選手の引き起こしたお粗末な事件です。山下団長の決断の早さにも驚きました。

 国費を使った国際試合,国の代表として出場しています。これは気の緩みといった軽いものではありません。永久追放に値する恥ずべき行為です。

 ”JOCは日本選手団の行動規範で「アジア大会への派遣は国費で賄われる。競技での活躍だけでなく,競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける」と定める。”

永吉佑也(京都)・橋本拓哉(大阪)・佐藤卓磨(滋賀)・今村佳太(新潟)の4選手です。彼らは,国賊です。永久追放+日本国籍も剥奪させるべきです。

 この日本バスケット協会もボクシング・剣道と並び第三者委員会を作る?自浄作用のない組織ばかりです。それとも責任転嫁を目論んでいるのでしょうか?
 
 インドネシアにおいて彼らのとった行動は合法?違法??か知りません。しかし,日本国のユニフォームを着て出かけた場所も問題です。日の丸が付いています。

 もしも違法行為ならば,自腹を切ってインドネシア警察へ出頭,司法の裁きを受けるべきです。それが自らの行為に対するけじめです。サムライならば,切腹ですな。

 謝罪会見を見ましたが,大の大人の会見としては恥ずかしいの一言です。5月にあった日大アメフト部の宮川選手の姿と較べると,どちらが大人かと思ってしまいました。

 日本国のイメージ悪化,くたばれ(B)プロ・バスケットボールと言いたい。よくもまあこんな選手を国代表として選んだものです。日本国民として恥ずかしい。


○ 最後は,少々変わったものを紹介します。高齢者にとっては懐かしい,若者にとっては「えーっ,そうなの」と言えるものではないかと思っています。

 ”重要科学技術史資料”がそれです。と言って,学ぶと言うよりも懐かしく,かつ我が国の科学技術の高さ(先人は偉大であった)を示すものです。

 リンク・アドレスは http://sts.kahaku.go.jp/material/ です。別名:未来技術遺産というものです。毎年新たに指定されているようで,始めて知りました。

 例えば,FUJI: FinePix4700Z ,これをコンデジと呼べるかどうかは別として,ディジタル・カメラの未来を示す画期的なものです。これが出発点です。

 現在では,約3千万画素子と言った高性能のディジタル・カメラがあります。元をたどれば,FUJIの技術から始まった訳です。開発競争の始まりです。


○ 今日の1枚
Dsc_2247


2018年8月21日 (火)

午後2時,楽しみだ

○ ニュースを見ると,秋田県は高校野球一色,もの凄い応援です。秋田県立金足農業高等学校…県立?!農業?!…応援してきた甲斐があります。あと一つです。

 金足農は地元出身の3年生9人が交代することなく,全試合に出場しているそうな。横浜戦で逆転3点本塁打を打った高橋選手,畜舎では子豚が9匹生まれたそうな。

 そうかれは,週2回バットをスコップに持ち替え,鶏舎の掃除や餌やりをしているそうです。さすが農業高校です。ハンディーを乗り越える一人だと思います。

 そりゃあ優勝して欲しいけど,県立高等学校が夏の甲子園決勝に進出しただけでも嬉しいです。それほどに全国どこでも私学の壁は厚いものがあります。

 何せ一度甲子園に出れば,学校の知名度はグーンと上がります。何を言わなくても天下のNHKが,全校津々浦々に学校名を流してくれます。CM代ゼロです。

 そして一般新聞・スポーツ新聞を問わず,夏の甲子園を話題にしない新聞はありません。映像・画像・活字に学校名・学校名を付けたユニフォーム姿が流れます。

 これを期待して私学の野球に対する思い入れは…。勢い全国から有望な選手が集まってくる・引っ張ってくる訳です。公立では,とてもこのようなことはできません。

 甲子園ベンチには入れるのは,該当県の中学生に限るなんていうお触れが出たら面白いですよね。まあ裏をかいて,中学校まで設立する所も出てくるでしょう。

 そして今日は,記録のかかった桐蔭高校(半プロ集団)との決勝戦です。疲労困憊の吉田投手の出来いかんで試合は決まりそうです。頑張れ金足農!!!!!!!!!!!


○ 話はディジタルカメラの話です。それも古いコンデジの話から,パナソニックとキャノンのコンデジを持っています。共通するのは,短3電池駆動のものです。

 その理由については,これまでも何度も書いてきましたから省略します。未だにどちらも動きます。画像は,パナソニックの方が好きです。色調が穏やかです。

 もう一つのキャノンのもの,製品登録したら,大変にためになるメールマガジンを送ってきてくれます。ただ”CANON PHOTO CIRCLE”には加入していません。

 あるメールマガジンで,機関誌の無料送付(抽選)がありました。欲しかったのでクリックしましたが,もう随分前のことで忘れかけていました。

 そうしたら昨日8月号を送ってくれました。ありがたいことです。特集は,「渾身のヒコーキ写真」です。情景写真ばかりですが,見るのは楽しいものです。

 (これも前に書きましたが)個人的には,青木勝プロの写真が好きです。ポジの時代からこの人の作品に敬意を表してきました。ポジならではなの色調,感動ものです。

 現在活躍しているプロ写真家,どれを見ても…。青木さんのあとを次ぐのは,やはり川口の不動産王ではないかと思っています。ただこの方,ポートレートの方が…。

 ご自身は謙遜されておられますが,腕は相当なものだと思っています。ヒコーキよりもポートレートに凄さを感じますが,ご本人はそれが分かっていない。

 その内に写真集を発行されると思いますが,その折にはこのブログでも紹介させていただきます。また,写真集の販売も協力したいと思っております。


◇ B747-400Fはなくなる?
”NCAが,自社整備体制を確立したのは2007年。当時はB747-400Fのみを運航していたが,2012年からB747-8Fを導入,整備部門の業務量が増加した。機材数も,2011年度に比べて2016年度は約1.6倍に増えたが,整備部門の人数は微増にとどまり,人手不足が起きた。これに対し,整備部門のマネジメント層やスタッフ部門が現場を十分サポートできず,独自判断や解釈が横行するようになっていった。
 改善措置については,保有する11機の貨物機のうち8機がB747-8F,残り3機がB747-400F,人員規模に合わせてB747-8Fに絞る。現在は2機が運航を再開しており,残り9機も耐空検査を受けた後に復帰させる。
 また,整備の間接部門の担当者を現業部門に常駐させたり,今回起きた不適切整備や記録改ざん,隠ぺい内容を全社で共有し,グループディスカッションを実施。連続式耐空証明を剥奪されたことへの対応や,整備体制を再構築するまで香港の整備会社「HAECO」や台湾の「EGAT」へ委託するなどの対応を進める。”


○ 今日の1枚
Dsc_4306


2018年8月20日 (月)

組織の崩壊?

○ やっと書く気になってきたので,お粗末な事件ですねえ。何って?富田林警察から逃走した件です。接見室のアクリル板が,押すと隙間ができる!

 さらにドアのインターフォンの電源オフ…。何ともお粗末な施設であり,管理です。何かドラマ・映画を見ているような感じすら思います。恥ずかしいですね。

 「警察の威信でも…」と,これまたドラマ・映画を見ているようです。連日約3千人の警察官を動員しても1週間見付からず。さらにお粗末としか言いようがありません。

 さらにこの逃走犯,富田林警察に何度もお世話になっていると言うではありませんか。犯罪を起こした罪が軽すぎるのではないかと,司法にも疑問をもちます。

 例え軽犯罪であっても,更生するする気持ちをもっていないような者に対し,どう対処したらいいのか,この際再検討をする必要を感じます。

 恐らく逃走や犯罪に使っているバイク,キーを付けたまま放置しておく所有者,これまた問題ですね。ガソリンがなくなるまで使い,さらに放置バイクを探す?

 それに生きていく為には,食べねばなりません。コンビニ・小売店等からの情報もないのかしら?捜査に無関心なようで,これまた情けない社会だと思います。

 捜査の情報公開,これまた警察から出される情報の少なさ,これでは民間からの協力もなかなか得られないのでは?警察の体質からもきているとも思っています。

 そうそう山口県で起こった幼児の捜索でもそうでした。ローラー作戦も結構ですが,子どもの心理状態を読み,捜索することをしませんでした。結果は…。お粗末!

 今回でも流れてくるのは,宿泊施設を回りながら捜査協力,これだけ騒がれていて宿泊施設に泊まると考えているから不思議です。違いますかねえ。

 外で寝ても気にならない時期です。それに(恐らく)昼間は(近くにバイクをおいて)寝ていると思います。昼間の捜査もそういった観点で絞っていくのもいいのでは?


○ 恥ずかしい話ですが,(特に)昨年来官僚のふがいなさ・公務員としての資質欠如が目立ってきていることは,日本国民ならば感ずることがあると思います。

 「長いものに巻かれよ」と言った発想は,個人はともかくこの国の前途を暗いものとしてしまう可能性があります。森友・加計問題は,どうやら霧の中に…。

 このブログでも批判をしていますが,サマータイム導入(欧州では,廃止か存続の国民の声を聞く場が設けられています。)も,いつの間にやら…。

 欧州で問題となっていることは,健康問題と経済効果です。言い換えるならば,睡眠不足とエコにつながらないと言う声が,徐々に高まってきているからです。

 日本人の平均睡眠時間(442分)は,世界でも有名なくらいに少ないです。中国(542分)アメリカ(552分)イタリア(513分)イギリス(506分)と較べても…。

 大都会のサラリーマンや学生の通勤通学時間,サマータイムになっても変わりません。朝が早くなれば,ただでさえ少ない睡眠時間がさらに短くなる可能性があります。

 「睡眠時間を週平均1時間増やせば,短期的には1.1%,長期的には5%ほどの生産性アップが見込まれる」と言う研究結果もあるそうです。

 日本の緯度・時間帯・生活習慣・睡眠不足・労働災害・交通事故・費用・健康影響など,マイナス面が気になります。労働者の長時間勤務(サービス残業)も。

 冒頭にも書きましたが,創造性豊かな,公僕としての心構えをもった官僚の存在,どこにも見当たりません。民間企業でもずさんな製品管理が問題となっています。

 来月行われる自民党総裁選挙,提灯持ちばかりの政治家,何も変わらぬごり押しの聞く総裁が選ばれる可能性が高いです。サマータイムも知らぬ間に…。


○ 今日の1枚
Dsc_5218


2018年8月19日 (日)

健康寿命を延ばす

○ 毎年この頃になると話題になるのが,(速報値ですが)日本人の平均寿命の数値です。男性は81.09歳,女性は87.26歳が最も新しい数字です。

 単純に己の現在の年齢を引くと…。しかし,その数字はあくまでも(平均的な)”余命年数”です。ポックリさんならばいいですが,実際には…。

 そこで考えられたものが,”健康寿命:健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間”です。つまり先程貴殿が計算した数字のなかで健康寿命は?

 (例)65歳の男性(平均余命19.55年)では,健康寿命は14.09年・健康上の問題が日常生活に影響3.88年・要介護2以上1.58年となります。

 つまり5年以上は,何らかのことで人様のお世話になると言うことです。お世話になる=在宅でも介護保険の自己負担だけで月2万~3万円ほどかかる。

 もちろんこの数字は平均的なものですから,頭から数字を信用してはいけません。が,平均余命をはじき出したら,健康寿命を頭の片隅に入れておく必要があります。

 介護が長期にわたると負担が重いし,介護保険や医療保険を通じて国の社会保障費もふくらむ訳です。それだけの蓄えを残しておく必要があります。

 私は健康寿命を延ばす為に何をしなければならないのか,真剣に考えています。そして癌でもって苦しむ期間が少なく,(あまり)迷惑をかけずに…。


○ 今度は台風19号が接近,来週西日本は大荒れになるかもしれません。台風,やはり思い出すのは”伊勢湾台風”です。今でも良く覚えています。

 我が家の雨戸は,全部ぶっ飛び,家の中を雨風が通り過ぎていきました。電柱は傾き,停電が続きました。水に浸かった町の様子も知りました。強烈な台風でした。

 この台風,水害災害に備えて対策がとられるようになりました。もちろんその前からそれなりの準備がなされていましたが,さらなる対策が必要とされました。

 農家の人にとって,この時期は稲の実りにとって大切なときです。少しでも台風の被害から稲を守ろうと”早場米”の栽培が始まりました。もう稲刈りです。

 毎年お盆過ぎには収穫,懲りもせずに毎年同じようなニュースが流れてきます。この夏の高温のおかげで,今年の稲の実りは上々だそうです。

 散歩コースにも早生品種を栽培している農家があります。もう稲穂が伸びてきています。受粉→結実の段階が迫ってきました。最も大切な時期です。

 この時期に台風が来て水浸し,倒れたり,低温であったりすると,稲の収穫量に大きく響きます。ですから(できることならば)台風飛来を止めたい?ものです。

 昨日,我が家の悲惨な様子を書きましたが,あまりの高温に野菜どころか果実にまで影響が出ています。自然相手の営み,”例年並み”が一番いいようです。

 自然相手は,陸上のみならず海でも同じです。こんな記事が
”苦潮(にがしお)が発生。西寄りの強い風が吹いた日,普段は水深5mより下にある溶存酸素量の少ない貧酸素水塊と細菌が浮き上がって起きる現象。”

 写真を見ると,見た目は赤潮のようです。赤潮はプランクトンの大量発生が原因ですが,苦潮は海底の酸素の少ない海水が上昇することによって起こるようです。

 酸素量が少なければ,魚介類は生きていけません。干拓が進み,この自然現象の規模が大きくなってきているとのことです。潮干狩りができなくなる可能性も?


○ 夏の高校野球もいよいよ佳境にさしかかっています。ベスト8の顔ぶれを見ると,個人的には秋田:金足農高校を応援したくなります。事前の予想にはないチームです。

 あれはPL学園:スター軍団,KKコンビの頃です。全国からかき集めた選手達,そこに無名(失礼)の金足農の挑戦でした。バックグラウンドも雲泥の差でした。

 今や地方大会でも公立高校が勝ち上がっていくことは,至難の業です。(失礼)勝ち運もあるでしょうが,正々堂々と戦い,生き残っていく。

 金足農のこれまでの活躍は,全国の公立高校に光を与えているようにも見えています。施設も人材も不利な条件ばかりの公立高校,金に任せた私立高校,応援したくなるのは?

 最後の2ラン・スクイズ,痺れました。あんなに緊張した場面で,最高のスクイズを。日頃の練習の賜物ですね。4強の一角に入りました。明日が楽しみです。

 ここまでの試合,少ない公立高校でしたが応援してきました。初戦敗退であっても,「甲子園に出た」と言う実績は消えません。これからの人生にプラスになります。


○ 今日の1枚
Dsc_5920


2018年8月18日 (土)

夏場のバナナ

○ 残暑は続きますが,ちょっと小休止,爽やかです。西方を考えましたが,赤組は多外れです。お天気と飛来機がなかなか一致してくれません。

 窓の外を見ていると,(日よけ)数センチの長さのゴーヤがたくさん目につきました。が,5センチくらいの大きさになると黄色くなっていきます。

 ハーブも半日陰に逃げていましたが,サッパリです。かろうじてイタリアン・パセリは生き残っています。ミニ・トマトの花が今頃になって咲き始めました。

 スーパーマーケットに行くと(相変わらず)野菜の値段はビックリするほど高い!野菜ジュースに切り替えていますが,プロの方でもこの夏の暑さに…。

 素人の家庭菜園を何カ所か見ていますが,今年は実りが悪いですねえ。里芋の葉も枯れかけている所を見ています。こうなれば期待するのは,サツマイモかしら。

 ところで新聞を読んでいたら,五日連続で台風が発生したそうです。これは新記録だそうです。レーダーを見ていますと,南の海には台風の卵が…。

 暑い箇所は徹底して暑く,雨の降る箇所は徹底して降る。この7・8月の特徴ですね。偏西風の蛇行により,例年と違った気圧配置になっていることが原因のようです。


○ 夏場のバナナ,傷みが早いですよね。こんなことが…
”バナナは,15~20℃の風通しのよい場所での保存がおすすめ。気温の高い夏場のバナナは熟成が早く進みますが,熟したバナナは,新聞紙かビニールに包んで冷蔵庫の野菜室で保存すれば,若干日持ちする。一方,寒い時期は,13℃以下になると熟成が止まってしまうため,日当たりのよいリビングなど,比較的暖かい場所での保存をおすすめ。
 フックにバナナをぶら下げる『バナナスタンド』を使うと,バナナ自体の重みで柔らかい果肉が傷んでしまうのを防げる。房のまま置く場合は,床との接地面が少しでも少なくなるよう,山型に伏せて置く。
 バナナは熟成度が増すにつれ,衝撃に弱くなる。”

 バナナ,本当に小さい頃,市で買ってもらったことを覚えています。始めて食べたバナナ,「世の中には美味しい果物があるんだなあ」と感心した記憶があります。

 次第に小腹が空いているときにバナナをムシャムシャ,サツマイモ感覚で食べてきました。今では腸内の調子を整える(整腸剤?)として朝食べることが多いです。

 日本では99%以上バナナは輸入品,完熟バナナを食べたい気持ちがずっとありました。プーケットの市場で完熟バナナを食べたときは,それは感動ものでした。

 青い状態でもぎ取られ日本に運ばれるバナナ,木についた状態で熟するものとは,味が違います。それにバナナってそんなに高額な果物ではない?点がいいです。

 3~5本ついた房で売られています。暑い季節には,残りの1・2本が茶色?黒色?になってしまいます。皮に含まれるポリフェノール類の酸化により皮が褐変する。

 ラップに包んで冷凍庫に入れますが,色が変わってしまいます。これは失敗でした。今では,牛乳を足してバナナジュースとして残りを片付けています。

 もう一つ,ビニル袋にバナナ+キウイフルーツを一緒に入れ,キウイフルーツを後熟させることもできます。リンゴを使うよりもキウイフルーツが甘くなります。


○ ドラエモンの世界?
”空飛ぶクルマの2020年代の実用化に向け,政府は電動化技術の開発支援に乗り出す。プロペラなど動力の電動化は空飛ぶクルマのカギとなる技術で,海外勢との開発競争が激しくなる中,民間の取り組みを後押しする。
 経済産業省が19年度当初予算の概算要求で,空飛ぶクルマに使われるバッテリーの開発費に対し,一部補助を盛り込む方向で調整している。
 空飛ぶクルマはドローンや電気自動車の技術を応用し,電動でプロペラを回転させて垂直に離着陸し,時速100~200km/h前後で飛行することが想定されている。実用化には軽くて出力の高いバッテリーが不可欠で,少なくとも現行の電気自動車の数倍の水準に出力を引き上げる必要があるとされる。
 宇宙航空研究開発機構が中心となり,航空機の電動化を実現するための共同事業体が発足した。メーカーでは日立製作所や三菱電機などが参加する。航空機の電動化技術は,空飛ぶクルマへの応用も期待されている。”

空飛ぶクルマ,実現されるならば,年2回の民族大移動持の高速道路の渋滞は少なくなる?どこから上昇し,どこに降りることを考えているのでしょう。

 今は軽飛行機の数は少なく墜落事故も少ないのですが,空飛ぶクルマとなればその数は…。今度は空の事故が多発するように思えます。テロに使われたら…。

 まあ実現しても超高額,(知り合いで)買えるのは不動産王くらいでしょうかねえ。恐がりの私には,空飛ぶクルマは無縁のようです。それよりもリニモに乗れるか?


○ 今日の1枚
Dsc_1374


2018年8月17日 (金)

時代の流れ?

○ NHKでは夏の高校野球全試合を放送しています。テレビ放送が始まって以来のことで,貴重な映像は宝の山です。今回も大会前に二夜に渡って特集を組んだくらいです。

 とても全試合を最初から最後まで観る余裕も気力もありませんが,それでもどんなドラマが生み出されるか,やっぱり高校野球は面白いです。

 田中・ダルビッシュ・大谷を始めとする大リーグで活躍している人達,彼らの甲子園での活躍は私の記憶に残っております。甲子園は,金の卵をふ化させる場所?

 それにしても最近の高校生(別に高校生だけではありませんが),体型が素晴らしいですね。また,日頃の練習でしっかりと身体を鍛えています。

 攻守の切り替えも全力ダッシュ,これまた見ていて清々しいものです。ノラリクラリと歩くプロとは大違いです。やはりプロ選手は,年寄りなのかな。

 NHKの方針なんでしょうか,アナウンサーも解説者も両校選手を讃える内容が多いです。私はこのポリシーに賛成です。各地区を勝ち上がってきたチームへの敬意です。

 56チーム,部員数(大雑把に)100人としても5600人,高校野球の裾野の広さを考えると,この数字は本当に恵まれた者の数字です。それだけでも讃えたい。

 公式ボールを握ってそんなに時間は経っていない高校生,金属バット仕様がどうして必要なのか,今でも疑問があります(バット代の節約かなあ)。

 そんな中気になることがあります。以前は,伝令伝える前後に帽子をとっていました。また新しいボールを球審から受け取るときも。これらをあまり見なくなりました。

 もう一つは,派手なガッツポーズが増えてきたように思います。先日も球審から注意を受けた投手がいました。プロ野球の見過ぎ(おかしなことは真似る?)かな。

 高野連は(これに関してご都合主義と批判する人もいますが)
”ルールでは禁止されてはいませんが,マナーの問題です。高校野球の精神として相手をリスペクトすることが大事。ガッツポーズで喜びを表すというのは自然の姿ではあるものの,球審が度が過ぎると判断した。国際大会では,こうした行為はやってはいけないという『アンリトゥンルール(暗黙の了解)』があります。」”

 そう言えば,卓球男子でも雄叫びを上げる選手に注意しましたね。相手があってゲームは成り立つもの,対戦相手を尊敬し,不快な思いをさせないと言うことでしょう。

 関連して監督さんもタイムの後,審判に向かって帽子をとる人が減ってきたように思います。選手も選手ならば,監督も監督です。教育の場ですがねえ。

 全国のジュニア・チームからスカウトしてチームを作る今の高校野球,正確に言うならば私立高校,これに何ら規制のないのもおかしなものです。

 こうした苦言は,そう思うものが歳をとったからかも知れません。高校野球も社会の毒に犯されてきているように思います。これも時代の流れなのかしら。厳し過ぎるかな。


◇ 民間機の世界では,4発機の姿を見る機会が減ってきました。それでも次期エアフォースワンは,やはりB747-8と言うのが,いかにもアメリカらしいと思います。

 そう4発機と言えば,その代表格がB747でした。成田空港=B747と錯覚するくらい世界中からB747が飛来していた時代がありました。成田空港が輝いていました。

 アジアでは,まだB747がわずかですが残っています。一部は貨物機として生き残っています。が,やはり世界の潮流は,双発機の時代です。利益優先の時代です。

 ニュースで今日新しい政府専用機(N509BJ)が,千歳空港に飛来するとありました。B777-300ERを2機購入したそうです。機体のデザインは,なんともかんとも…。

 政府専用機にも双発の時代と言うことになります。ボーイングで作られ,スイスにて内装をこしらえたという訳です。自衛隊,またピカピカに磨くだろうなあ。

 訓練で日本の主な空港への離発着訓練をするはずです。最もスケジュールは,秘密?だと思いますがね。近くの空港にも来てくれるかなあ。

 まことにつまらない一文を書きますが,最初に搭乗するVIPは,是非是非平成天皇にお願いしたいものです。日本を北から南まで遊覧飛行でもいいです。


○ 今日の1枚
Dsc_3430


2018年8月16日 (木)

軍資金次第

○ この約1ヶ月半,遠出することもなくガソリン消費は激減しました。一つにガソリン価格の高騰,一つにあまりの猛暑に気力が奮い立ちません。

 ガソリン価格,150円の大台に乗ったままです。裏では元売り業者の4~6月の純利益が記録的な伸びをしているとも言います。もちろん輸入価格上昇も一因でしょう。

 その一方で全国のガソリンスタンドの倒産・廃業は進んでおり,残った所も大手のスタンドばかりになってきました。これに出光=シェル連合が誕生します。

 日本の石油業界は,エネオス・出光=シェル・コスモの三つのグループで9割を越すものとなります。これを独占企業と言わずして何と言うんでしょう。

 一方では,ガソリン消費量の少ない車=エコカーの誕生,ガソリン消費量減少につながっています。もうかつてのような価格競争の様相はなくなってきています。

 150円の大台は,多くの消費者に心理的な負担をしくものだと思っています。事実お盆を除けば,ガソリンの消費量は落ちてきています。

 私は,遠出する以外には(できうる限り)車の使用を控えています。これは足腰を鍛えるために歩くことを念頭においているからです。ケチっているのではありません。

 それに遠出する以外は,スタンドに行っても10~20L位しかいれません。それでも1ヶ月近くスタンドには行きません。少量注入をしている人は…。

 昨日も書きましたが,私の場合は軍資金が限られており,お天気を気にしています。「撮りたいなあ」と思っても(お天気が悪ければ)出撃しません。

 これは撮影に対するモチベーションが下がってきたこともありますが,やはり現役時代とは違い,軍資金不足が大きいです。生活様式を変えざろう得ないからです。

 ここに至れば撮影ポリシーなんぞ,富のある=余裕のある人のものであり,今の私には通用しません。貴重な軍資金,曇りや雨ではもったいない。

 こう考えるのは,先月ポジの整理をしていて2015~2017年に撮影したものを改めて見ました。やはり残すのは光が大切です。撮れなかったものは,縁がないと思っています。

 趣味の世界とは言え,あくまでも生活の一部です。余裕のある方ならばいざ知らず,私のような者はできる範囲内で趣味を続けるしか道はありません。

 富の偏りはあります。人それぞれです。趣味を続けるためには,いろいろ我慢すべき点があり,素晴らしいポリシーも軍資金次第でなんとでも変わってきます。


○ 民族大移動,MAX40km程の渋滞が…。ドライバーの皆さん,ご苦労様・お疲れ様です。年末年始と併せて年2回の試練の場ですね。交通量の増加,こればかりは…。

 私も大昔40kmを越す大渋滞に出遭ったことがあります。まずはトイレの問題があります。そして併せて休憩時間があります。喉が渇き,お腹も…。

 渋滞,イライラしますねえ。でも何ともならない,逃げるに逃げられない高速道路。この時間をいかに短くするか,まずは渋滞時間を割けることです。

 例えば私の成田遠征,最終日は(夏場)午後4時頃には撤退します。首都高にはいくつもJCTがあり,分岐合流の繰り返し,まずはここで混雑します。

 諦めているのが大橋JCT,ここは一日のほとんどの時間混雑しています。これを抜ければ,あとは事故渋滞以外はかなり流れが順調です。しかし思わぬ所で…。

 渋滞時,私ははやる気持ちを抑え,走行車線を走ります。合流地点(IC/JCT)では,お互いに譲り合いの気持ちをもって…。その方が事故に遭わない確率が高い!

 渋滞時,前の車の後ろのタイヤが見える車間距離を保ちます。大型車などノロノロとかなりの車間距離を空けているのを見かけますが,あれは迷惑行為です。

 渋滞の先頭?トンネル入り口・坂道などが挙げられます。そう自然とスピードが落ちてくる場所です。スピードメーターを見ずに運転していると思います。

 渋滞時間の回避・走行車線走行・車間距離・車線変更なし,これで渋滞を抜けるまでひたすら我慢!我慢!私,これ以外の渋滞対処の仕方を知りません。


○ 今日の1枚
Dsc_4241


2018年8月15日 (水)

外に向かって

○ この夏の暑さは異常?それとも今後もあり得る?暑さにも寒さにも負けない…人間が耐え得る温度内ならばいいのですがね。いろいろ提案が出されてきました。

 夏休みの延長…何と文科省が都道府県教育委員会に通達を出したそうです。現実的には,設置者である各教育委員会が決めていくことですが。

 多大なる税金を使わなければなりませんが,学校の空調設備を整えることをやるべきではないでしょうか。最もその後の光熱費代は負担になりますがね。

 先日も書きましたが,東京オリンピックにおける暑さ対策…サマータイムの導入を検討…社会に与える影響は多大なものがあります。体内リズムも狂います。

 そして真剣に渋滞対策を練り,提案されています。時差出勤・休暇取得の推進・流入規制や車線規制などなど。一極集中の国ならではの話題ばかりです。

 オリンピック招致に向けての検討が,いかに杜撰なものであったか,徐々に化けの皮が剥がれていくようです。まさに高みの見物なり。

 まあ私の場合暑ければ,今年の夏のように空港(この場合は成田空港か)に行かなければ,関係は薄いと思います。それに人混みは好きではないですから。


◇ 旅客機の路線決定・便数・仕様機材を探ってみると面白い。例えば,日本(いや世界)の路線のなかでも最も有名なのが,羽田~千歳路線だと思います。

 時刻表を見るとビックリします。ガリバー2社+LCCが参入しています。17年度では9百万人以上の人が利用したそうです。因みに2位は,羽田~福岡(850万人)。

 ガリバー2社は,1時間に1本はあります。それも大型機ばかり,(競争は激しいですが)まさにドル箱路線です。確実にお客さんは増えています。

 千歳については,東南アジアからの便数も劇的に増えてきています。長く遠征をしていませんが,行きたい空港の一つです。ネックは,運賃が高額です。

 福岡については前にも書きましたが,もはや満杯状態,平行滑走路も実現するようです。さらに地の利を生かして半島との往復も混雑の一因とも言われています。

 国内幹線路線(羽田~札幌・福岡・那覇・伊丹・鹿児島)のように脚光を浴びているにの反して,経営が難しいのが地方路線です。便数は少なく,機材も小型化?

 代表的な路線は,宮古~石垣・関西~旭川・函館~奥尻・札幌~釧路・福岡~徳島等の路線は,利用率50%以下という状態だそうです。厳しい数字です。

 路線維持を仕様とすれば,70~80%の利用率が望まれると言われています。実際はもう少し低いと思いますが,空席では1円も収入がありません。

 もう一つ忘れてはならないのが,日本の空は羽田一極集中になっていると言うことです。日本の人口の約1割が集中する都市:東京,人の動きの中心になる訳です。

 一極集中とともに地方との人口・経済などの格差は広がる一方です。言い換えれば,過疎過密となっています。地方での少子高齢は,切実なる問題となっています。

 このような現状,そして将来はさらなる少子高齢が進んでいくだけに,輸送産業における頭打ちが見えてきます。また,新幹線網の充実も加わってきます。

 これからの輸送産業は,限られたパイの奪い合いと言っても過言ではないと思います。自社の発展を望むならば,外に向かって攻めていくしかありません。

 これからの日本のお空は,こうした社会的現象に否が応でも対応していかなければ,外からの攻めに押しやられることになるかもしれません。


○ 今日の1枚
Dsc_3936


2018年8月14日 (火)

季節は動く?

○ 散歩コースの某家,キャンピングカーがない,今年4回目の出動です。久々に走る,キャンピングカーも喜んでいることでしょう。ガレージに眠ったままでは…。

 前日の雷雨により水田の水の量は,劇的に増えていました。排水口から勢いよく水が排出されています。水田は,まさにダムの貯水湖です。

 棚田でもそうですが,水田は一時水を溜め,徐々に水を流していきます。これが休耕田にでもなれば,雨水は一気に下の方に流れていきます。古人は賢いです。

 順序は逆になりますが,早朝お墓参りに行ってきました。お花を供え,お線香を焚いて合掌です。除草・剪定・水垢取りを事前にしましたから,例年よりは美しい。

 お墓参りの帰りにコンビニに寄りました。レジ横には,「おでん始めました。30円引き」と張り紙がありました。またまた発売が早くなりました。

 ところでにわかに台風の発生が増えてきたように思います。あの異常な暑さが遠のくのはいいことですが,週間天気予報を見ると,曇りの日が多いようです。

 お盆明けには動きたいのですが,この予報を見ていると躊躇してしまいます。貴重な財源,少しでも有効活用する為にも,はやり晴れマークで動きたいものです。


○ 興味深い話(エアコンの節電)ですが,いざやろうとすると面倒なことも…。
・ 設定は28度。(27℃から28℃に上げると年間で30kWhの節電,700円程度の節約)
・ 2週間に一度はフィルター掃除(目詰まりで約4%無駄な電力が発生)
・ 室外機の周囲にモノを置かない(室外機に直接日光を当てない)
・ 風向きを調整(室内の空気を循環させる)
 
 ネット上では,エアコンのオン・オフについても実験結果が出ています。車でもそうですが,発進時(駆動持)には多大なエネルギーを使うことはお分かりですよね。

 また夜間時のエアコン使用は,コンプレッサーに与える負荷は少ないです。冷えすぎに気を配りながら,エアコンを使用することは身体にもいいと思います。

 フィルター掃除,私は百均で薄い不織布を買って,付属の両面テープでエアコン吸入口を覆っています。それにフィルター掃除,素人には…。

 市販されているジェット式洗浄液を使ったこともありますが,効果の程は…。ドレベンバルブから汚れた水が出てきます。内部の汚れは,やはりプロの仕事?


◇ また寂しいことが
”国土交通省航空局(JCAB)によると,2018年7月の航空機登録は,予約登録受付が5機,新規登録が12機,移転登録が14機,変更登録が11機,抹消登録が6機,予約登録取り下げが1機。
 新規登録では,ANAホールディングスA320neoやA321neo,日本航空B787-9,ジェイエア(JAR/XM)が運航するE190など。
 抹消登録では,JALグループの日本エアコミューター(JAC/JC)が運航していたDHC-8-400の初号機(JA841C)など。2003年2月1日に就航した機体で,当初は旧日本エアシステムの「レインボーカラー塗装」をまとっていたが,アーク塗装を経て鶴丸塗装に塗り替えられた。”

 JA841C,JACの意地を見せたように最後の最後までアーク塗装を拒んでいた期待です。詳細の理由は素人には分かりませんが,「まだ残っている」と思ったものです。

 15年という飛行機としては短命?ではなかったかと。まあ一日の飛行回数が多い短距離機でしたから,機体の痛みも進んでいたのかも知れません。


○ 今日の1枚
Dsc_3786


2018年8月13日 (月)

雷雲が大暴れ

◇ ホライゾン航空(QXE/QX)のDHC-8,映像を見られた方も多いと思います。飛行機の盗難,それも民間機ですよ。さすがアメリカで起こる事件は,違います。

”シアトル近郊の国際空港で,航空会社勤務の男が整備中の無人のプロペラ旅客機を盗んで操縦し,無断で離陸した。旅客機は,緊急出動した空軍のF15戦闘機2機に追跡され,約1時間後,約32km南西の島に墜落。男は死亡。
 旅客機はホライゾン航空が所有するDHC-8(76人乗り)で,男は空港で航空機の誘導などを担当していた。地元当局は男が自殺しようとしたとみており,テロの可能性は低いとの見方を示した。
 米連邦捜査局(FBI)と米国家運輸安全委員会(NTSB)は,男が旅客機を盗んで離陸できた経緯などを調べている。”

 まるでDHC-8の耐空検査のような飛行,それもF15戦闘機を2機引き連れて,参った参った。管制官,最初は威圧的でしたが,次第にお願い調に変わってきました。

 パイロットではない者(整備士)が,よくもまああんなに長い時間飛行できたかと思うと,余程シュミレーターに凝っていた者ではないかと邪推してしまいます。

 ドラマのフィナーレが,これまたさすがアメリカならではのものです。森林に激突,それも自殺行為でした。これでまた空港・工場へのセキュリティーが一段と…。

 これで航空会社は,数十億円が消えてなくなりました。保険に入っていたとしても,その被害は…。繰り返しますが,何とも変わった滅多に起きない事件でした。

 また,群馬県山中でのヘリの墜落事故,9名全員の死亡が確認されたと言うことです。亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。合掌。


○ これは実に嬉しいこと。昨日午後,”Yahooの雨雲予報”がありました。いつものことですが,便利なものです。頃合いを見計らって洗濯物を取り込みました。

 1回目の夕立は,短時間で終わりました。2回目の夕立は,土砂降りを伴い,雷雲が大暴れでした。稲妻を見るたびに停電を恐れていました。

 これで庭木は生き返りました。やはりたまに降る雨は,ありがたいものです。驚くべきことは,雨で濡れた庭石が短時間で乾き,元の色に戻ったことです。

 連日の猛暑に庭石も熱が蓄積されているんでしょう。高層住宅の最上階が暑いのも同じことです。昼間の熱が十分放熱されることなく翌日を迎える訳です。

 さて今日から16日までお盆ですね。仏壇と墓地の準備をしながら,改めてこういったことは,私の世代限りのような気がします。子ども達には期待は…。

 昨日散歩をしていたら,漫画喫茶には開店前約30人ほどの人達が並んでいました。せっかくのお休みなのに,朝から漫画喫茶に行くなんて…。

 一宮・岐阜と違ってこの地方のモーニングは,コーヒー+トースト+ゆで卵くらいです。それで漫画を読む,他にやることはないのでしょうかねえ。

 民家をのぞけば,駐車場が空の所が多いです。旅行?帰省?いずれにしてもうらやましい限りです。私は実家と行っても世代が変わり,もう行く気にはなりません。

 それでも墓地に行けば,隣同士ですからお花と線香くらいは…。世代の交代とともに社会のいろいろな因習も変わっていくのですね。

 いよいよ墓地撤退を真剣に考えねばならなくなりました。その為には,どこにそういった施設があるのか探さねばなりません。また,費用が気になります。


○ 今日の1枚
Dsc_3991


2018年8月12日 (日)

笑える

○ 新聞を読んでいたら,こんなくだらないことが事件になっているそうです。大陸,一党独裁国家(ろくな国ではない),こんなことにまで口を出す。

 ”「くまのプーさん」の実写版映画「プーと大人になった僕」について,中国当局が公開を認めていないと報じた。理由は不明。”

 知っている人は,これを読んで笑えてくると思うと同時に,そこまで神経質になるのかと首を傾げたくなると思います。この国には,説明責任はありません。

 まあこの国の批判はできないかもしれません。どこかの国も説明責任はありませんし,いつまで経ってもモヤモヤが残っています。悪がはびこっていますからね。

 古今東西,社会風刺にまで口を出す為政者,その結末は歴史が証明しています。無理矢理口を閉じさせても,いや口を閉じさせられると,余計に反発したがるものです。

 江戸時代に大流行した狂歌・川柳は,思わず膝を叩きたるような巧みな表現が素晴らしいと思いました。今でも川柳は好まれ,某飲料メーカーのラベルにまで…。

 「スマホとは 猿が喜ぶ おもちゃなり」「焦点を ずらしちゃいかん ボケるから」「実像を 暴いて稼ぐ 週刊誌」など,思わず笑ってしまう同感してしまうものなり。

 言論の自由は,国民の基本的人権の一つです。現行憲法を批判する人がいますが,国民の基本的人権を保障した点は,素晴らしいと思いますよ。

 戦争終了後,新憲法を日本人だけで作ったのならば,これほど国民の基本的人権に踏み込んだ内容になったのか,私には疑問です。国民主権しかり。

 しかし,今では現行憲法の欠点が出てきているのは事実です。世の移り変わりに対応できていない点があります。ただ自衛隊の憲法明文化は,難しいと思っています。 

 どこの国であっても国民の基本的人権を保障していないならば,それは為政者の都合であって是正する必要があると思います。大陸もおかしいと思っています。


○ 分析ができたら対応を知りたい
”西日本豪雨は,偏西風の蛇行によって停滞した梅雨前線に,大量の水蒸気が流れ込んだ。その後の猛暑も,蛇行によって太平洋高気圧と大陸のチベット高気圧が日本付近で重なって起きた。下降気流で大気が圧縮され,気温が上昇した。
 こうした豪雨と猛暑は,ともに長期的な地球温暖化が影響しているとの見解を示した。将来の見通しについて,「条件が重なれば更に暑い年もあるだろう。今回のような豪雨災害は,この先も起きると覚悟し,備えていくべきだ」と話している。
 今年は日本だけでなく,欧州や米国の一部が猛暑と乾燥に見舞われたり,北極圏の一部が30度を超す猛暑となったりするなど,異常気象が世界各地で起きている。こうした現象も,北半球上空の偏西風が北に大きく蛇行した結果,中緯度での7月の気温が平年より約1.5度高くなったことが背景にあるとした。”

 地球温暖化については,日本だけの問題ではありません。地球上のあらゆる国の英知を集め,対応する必要があります。地球を怒らせない方法をね。

 異常気象による干ばつ・水害等については,それぞれの国の事情があると思います。日本の国は自然災害が多い割に対応の仕方が悪いと思います。

 ハザードマップを作っても周知徹底ができていない。避難時期・方法等についても地方自治体任せで,対応がバラバラです。先人の知恵も生きていません。

 むしろ開発を最重点に本来人間が居住するのに相応しくない場所に民家が建っている。建築基準法に適合しておれば,建てることができる。

 例えが悪いですが,広島での(二度の)土砂災害地域,山からの土石流を全く想定していません。ただただ便利な理由で家が建ち並んでいます。

 河川の氾濫,これも毎年のように起こっています。堤防が決壊したらどう動く(避難する)など,地方自治体の危機管理にも問題があると思います。

 東日本大震災における津波,どれくらいの高さ(場所)が安全なのか,これも先人の知恵が生かされていませんでした。後から報道されて知った人も多いと思います。

 まだまだ残暑(猛暑・酷暑)が続くと思います。自然災害への対応,これは本腰を入れて取り組む必要があると思います。水瓶も心配です。


○ 今日の1枚
Dsc_3977


2018年8月11日 (土)

丑二つ時

○ また大失敗をしてしまいました。エアコンのリモコン,どういう訳かタイマーを押したようです。夜中に目が覚めました。暑さに目が覚めた訳です。

 慌ててスイッチを入れたのですが,一度目が冷めると,なかなか寝付けられない質でして,睡眠不足です。散歩中も頭がクラクラしました。

 よって昼食後,お昼寝をしました。やっと頭がスッキリしたという訳です。どうも思い込みが激しく,小さな脳みそが腐食し始めたようです。

 涼しい部屋で本を読む,グータラ生活が一番似合っています。図書館様々です。疲れたらCDを聴いて目を休める。庶民のささやかな贅沢?

 そいて今日の丑二つ時,また目が覚めました。理由は簡単です。何と久し振りに雨です。窓ガラスを叩く雨の音に目が覚めました。30分程降りました。嬉しかった。

 さて,昨日フランス人からポジを送ってきました。いつもながら感心するポジが含まれておりました。今回は,私の好きなCCCP時代の機材が数枚入っていました。

 無骨な機体・非力なエンジン,アントノフのレシプロ機は味があります。もうこのような飛行機は飛来しないと思います。古き良き時代の飛行機です。

 同時代?DC-4/5/6と較べてみてもアントノフの古さは,味があります。CCCP時代は,遙か彼方に追いやられました。今のロシアは,生ける屍でしょうかねえ。

 だからこそプーチンに多くの支持が集まるのかもしれません。独立していった他民族が恨めしいでしょうね。例えば,ウクライナがやり玉に挙げられました。


○ 蒸し暑い午後,さらに汗を流そうとホット・コーヒーを飲む,好きです。因みにアイス・コーヒーは,あまりお好みではありません。

 熱いコーヒーもさることながら,作りたての天ぷらもいいですね。邪道ですが,魚の天ぷらが好きです。福岡空港横の”天ぷらのひらお”を思い出します。

 そうだ私の趣味の一つは,飛行機の撮影だった!もう2ヶ月ほどカメラを持っていません。いつになったら空港へ出かける気になるのでしょう。

 これからの1ヶ月のお天気予報では,平年よりも気温は高め・降水量は低めと言っております。ならば3ヶ月以上家にくすぶっていることになります。

 来週はお盆,さらに夏の甲子園の真っ最中,西へ向かう高速道路はさらに混みます。当然ホテル・飛行機などは稼ぎ時,庶民には辛い時期です。

 K市の不動産王,お盆明けに西に向かって…。都合つけば小生も…。まあ毎夜接待に明け暮れ,飲めや歌えやの宴会となるのでしょうか。凄い誘惑です。

 片や全日空ホテルのスイート・ルーム,片や車中泊,この違いも大きいですねえ。必要経費で小生の分まで落としていただきたいものです。

 私が好きな西の二つの空港は,誘導路・滑走路が近くであったり,アクション・ショットも撮りやすい初心者向けの空港です。是非実現させたいものです。

 
◇ 今さらながらB787への依存度が高いことが分かります。
”全日本空輸は,9月1日から10月27日までの57日間で,国内線を593便欠航する。
 欠航の対象となるのは,中部発着の福岡と那覇の各線と,福岡-宮崎,那覇-石垣,関西-札幌の計5路線。このうち,期間中の欠航が最も多いのが中部-福岡線の224便で,福岡-宮崎線の114便,関西-札幌線の113便と続く。9月からの欠航対象には,羽田発着の旅客便は含まれていない。
 1日あたりの欠航便数では12便が最も多く,9月3日から5日までなど計23日間で設定。最も少ないのは,10月18日の6便。
 今回の欠航対象となる路線は,B737などB787以外の機材で運航している。これらの機材をB787で運航する国内線に代替投入することで,欠航が発生する。今回の発表分を含め,国内線は累計で1590便が欠航し,約17万4300人に影響が出る見通し。
 9月からは,一部国際線も欠航する。成田-ロサンゼルスと香港線,中部-香港線の3路線が対象で,57日間で212便を欠航し,約1万6500人に影響が出る見込み。国内線と国際線を合わせると,欠航便は1802便となり,約19万800人に影響が出る見通し。”

 さすが我が国ナンバーワンの航空会社,しかもB787を世界のどの航空会社よりも多く所有しているためです。リスク管理を怠ってきたからです。

 赤組は,稲森さんのご指導でリスク分散を考え,A350の導入を決めました。補修部品代がかさみますが,リスク分散を考えるといい方法の一つでしょう。

 どうも政権・国土交通省への忖度なんでしょうか,アメリカ(ボーイング)に偏っているように思います。どうでもいいA380を購入しますが…。


○ 今日の1枚 
Dsc_4221


2018年8月10日 (金)

開発も苦しいですが,販売も…

○ 風がドライアーから出てくるようです。乾燥していますが,クラクラする熱風,一体いつまで続くことやら。日本中で一番暑い東海地方!雨降らず!カラカラ!

 しかし,お盆を前にして気になっていた墓石の水垢取り,炎天下の元亀の子たわしを持参してやってきました。完全には取れませんでした。

 庭石もそうですが,雨ざらしの墓石,いろいろな汚染物質が溶けている雨水に365日あたっています。まるで東南アジアから飛来してくる飛行機のようです。

 次回はネット検索をして,墓石の水垢取りを勉強して,もっと綺麗にしてあげたい。帰宅し,仏壇の掃除も時間をかけてやりました。準備万端?

 仕事を一つやり遂げるたびに冷たい麦茶をゴクゴク,胃液が薄くなり食欲減退につながりますが,飲まずにおられるか。そして飲むたびに汗が出てきます。

 そしてまた麦茶を作り,冷やして飲む。昔ならば缶ビールを…。しかし,本当にアルコールを飲む機会は減りました(それでも冷蔵庫には冷やしてありますがね)。

 そうそう娘がテレビ番組で”枝豆”の上手な茹で方を見たそうです。なんでもフライパンで蒸しながら茹でると栄養素が逃げず,美味しいそうです。

 アドバイスを受けて作ってみましたが,食べてみて,なーんにも変わりがない。まあ目に見えない世界でのこと,騙されたつもりで茹で方を学びました。


○ 本家本元のEU内でもサマータイム導入を再検討すべきとの意見があるそうな。
”短期・長期で睡眠や心身の健康に悪影響を与える。夏時間に伴う社会的な時間の変化に体内時計が同調するまでに数週間かかる可能性が指摘されている。省エネ効果はごくわずかで,地理的な要因にも左右される。屋外での活動を推進する効果がみられる一方,人間のバイオリズムには従来考えられていたよりも厳しい影響があることが示唆される。総合的な影響は結論が出ていない。”

 ただ単に暑い時間を割けてオリンピックを開催しようとする短絡的な考えです。特に日本でのサマータイム導入は,労働者にさらなる長時間労働を強いる可能性が大です。

 昨日も書きましたが,なぜ一年で一番暑い時期に開催するのか,一体誰がそれを決めたのか,そこを知りたいものです。東北復興もとってつけたような感じがします。

 本当に国民生活にプラスであるならば,過去においてもっと論議がされ,その妥当性が検討されていると思います。思いつきで何でもできる…暴君ですな。

◇ やっと光が見えてきたが
”三菱航空機は,MRJについて,商用運航で必要となる「型式証明」を2020年初めまでに取得する方針を明らかにした。最大の関門となる国土交通省のパイロットらが実機で操縦する型式証明飛行試験は今秋には始めたい考え。順調にいけば,20年半ばの初納入達成が大きく前進する。
 MRJの開発責任者を務めるアレクサンダー・ベラミー氏が,「型式証明飛行試験を19年末までに終え,2~3カ月後には型式証明を取得できるだろう」「MRJ90の設計はほぼ完了した」と現状を説明した。
 型式証明を得るためには国交省パイロットらの飛行試験が求められており,この試験をワシントン州の拠点で10月以降にも入れるよう準備を進めている。
 北米に投入する約70席の「MRJ70」については,機体のコンセプトを練り上げており,18年終わりごろから開発を本格化させる。”

 この秋から国土交通省のテストパイロットによる試験飛行を行うというものです。これが約1年数ヶ月,様々な飛行を想定し,さらなる改善を行うことになります。

 MRJ90に関しては,現在受注している数で終わる可能性もあります。やはり初期投資を回収する為には,機数をこなさねばなりません。三菱は北米用に70を…。

 これまでも何度も書いてきましたが,ボーイングがエンブラエルとの合弁会社を設立,MRJ90とはまともにぶつかります。そしてこれはアメリカの事情で…。

 ならばMRJ70を売ろうと考えている訳ですが,アフターサービス及びその拠点に関してボーイングとの連携は欠かせません。自社の飛行機のライバルと支援?

 MRJ支援が重荷になるようならば,ボーイングは契約を破棄する可能性だってあります。いやその可能性の方が高いような気がします。エンブラエルとの関係から。

 さらに弱肉同士(中国やロシアなど)の小型機とは,まともにぶつかります。値引きを考えながら商談すると思いますが,それにしても新規受注がありません。

 そうなると可能性があるとすれば,アジア(中国を除く)での商売となります。ここでエアバスとボーイングとの熾烈な受注合戦となる訳です。

 例え型式証明を取得しても,販売面での苦戦が予想されます。開発も苦しいですが,販売も…。予想もしないライバルの動きにどう対応するのか,注目したいです。


○ 今日の1枚
Dsc_4628


2018年8月 9日 (木)

通販に適さないもの

○ 鈍感と言えばそれまでですが,靴っていうのは製造元によって微妙な違いがあることが(やっと)分かりました。もう余程のことがない限り,通販では買いません。

 昔人(高齢者)には,足の幅が広い人が多いそうです。私も例外ではありません。靴を選ぶ場合,4Eサイズ/26cmを基準に選んできました。

 そしてこれも何度も書いてきましたが,左足は(本当は)26.5cm右足は26cmが最も適しています。お金がもったいないので26cmの靴を買っています。

 ですから左足の指が,少々きついんです。4Eサイズであってもきついんです。左足の親指に随分負担がいっているようで,最近痛みを感ずるようになりました。

 3足の靴をローテーションを組んではき続けていますが,その内の1足が微妙に幅が狭く,左足親指の痛みの原因になっていることが判明しました。

 近くの靴屋さんに行って実際に履いてみて,左足の指に負担が少ないものを探してこようと思います。他の2足は,そんなに負担がかかっていません。

 恥ずかしい話,サイズ+値段で決めてきました。私はメーカーは問いません。靴は消耗品ととらえ,まあ身分相応な値段の靴を買ってきました。

 これでは却って足に負担がかかる場合があり,無駄なお金を使うことになります。せっかくの散歩であっても足を痛めるようならば,元も子もありません。

 今修理に出しているフィルムスキャナーも通販での買い物の失敗の一つです。近くのお店で買った方が,アフターサービスが効くものは多少高くとも…。

 通販に適したものと適さないものをしっかりと区別し,お金の有効活用を図らねばなりません。もう一つは,保証期間内でのクレーム(できればないようがいい)も。

○ またアベちゃんの思いつきで振り回されるかもしれません。”サマータイム”導入です。これは今までも試行が試みられ,全て失敗に終わっています。

 北海道での取組も無視し続けてきたのに,オリンピックの開催を理由に…。日本で一番暑い頃に開催,そもそも出発時点から間違っているのに…。

 古くから日本の夏休みは,7・8月の高温の時期は学びに相応しくないと設定されてきました。最初のオリンピックは,10月に行われたではないか。

 ”サマータイム”…たった1時間時計の針を進めるだけですが,社会に個人に与える影響は,多大なものがあります。1時間早く職場・学校が始まります。

 この生活のリズムに慣れるのに時間がかかります。そして学校では終業が早く終わる=部活動時間が長くなる・塾通いが増える?職場では,就業時間が…。

 われわれ高齢者は,暑いからといって部屋の中ばかりにいたら,、社会的接触や活動が減ってしまう。高齢者にとってマイナスはあってもプラスは…。

 暑い夏の夜,睡眠の深さや長さが問題となっています。エアコンの力を借りて眠る,朝1時間早くなります。学習にも労働にもマイナス面が出てきます。

 今年の夏,我が家の電気代の請求が怖いです。これがサマータイム導入ならば,さらにエアコンに頼る時間が増えるのでは?エコではありませんよね。

 最初のつまずきを国民生活の悪化にまでつなげる無責任さ,またまた一個人の思いつきに呆れます。片方で熱中症に注意,考え方がおかしいと思います。 


◇ 先の福岡,今度は伊丹,どうも事故が多発する青組,気になります。B787のエンジン整備に多くの人員を配備しているのか,他の飛行機の点検が疎かになっている?

 いつも思うことですが,あの狭い機内に何時間もボーッと待たされる乗客,”お客様ファースト”の言葉が空しく響いてきます。口先だけです。

 これは先のACA/AC:B787の時でも同様です。荷物はさておき,まずあの狭い空間から開放する(誘導路ですから)ことをなぜ考えないのでしょうねえ。

 恐らくやることもなく,ただひたすら空虚な時間が過ぎ去るのみです。ターミナル内に移動し,荷物が到着する方がはるかに疲れが違います。


○ 今日の1枚
Dsc_3769


2018年8月 8日 (水)

省エネ

○ お盆の休診を前に4週に一度の通院をしてきました。予想以上の混み具合,借りてきた本を持参したのが大正解でした。涼しい部屋で本が読めました。

 こうなると夢中で本を読みます。待ち時間もいつものようには気になりません。涼しさの為ならば,我慢ができます。新しい看護師さんとも会話ができました。

 それでも問診は,ちょっと嫌な気分です。待合室で何人かの人がいる前で,個人情報を話さなくてはなりません。町医者の宿命でしょうかねえ。

 診察室に新しい看護師の顔が,「新しい人?」「そうです」と。となりの先輩が聞きもしないのに「彼女二十歳ですよ」と。「それがどうした」と突っ込みを入れたく…。

 (敷地内の)調剤薬局へ行くと,ここにも5人ほどの人が…。薬剤師,(ここも狭いへやで)「今日の血圧は…」など,個人情報に関しては全く無頓着です。

 私は,以前このことでクレームをつけました。私には,薬と諸注意のみで終わりです。まあ小さな調剤薬局ですが,ちょっと薬剤師のやり方には疑問をもっています。


○ 新しい冷蔵庫がやっと届きました。仕事から帰ってきた女・子どもは,「みつびしー?!」と一言。冷蔵庫は三菱か日立ですよ。モーターがタフです。

 いまいちな点が一つあります。野菜庫が一番下でその上が冷凍庫,逆の方が使いやすいと思います。もう一つ上の容量のものは,そうなっているのですが…。

 購入前にいろいろ検討しました。ただ幅は,最大限65cmと制限があります。この制限がなければ,もっと大きな500L以上を買うんですが。電気代もそちらの方が…。

 夏は冷やすものがたくさんあり,氷も大量に消費します。冷やす力の差はわずか,それでも冷凍庫の容量も気になります。アイスキャンデーもたくさん入る。

 冷蔵庫・風呂釜・エアコンなどは,最も優れたものを購入するのが一番です。買換のサイクルも長いし,何より使い勝手の良いものがいいです。

 一時期フィーバーしていたLED,未だに蛍光灯の約2・3倍のお値段です。これって暗いですよね。消費電力と元の価格差を考えるならば,蛍光灯の方がお得では…。

 自分が言ったことを忘れているアベちゃん,情けないですねえ。蛍光灯・白熱灯の製造を止める…,あれって一体どこへ行ったのでしょうね。官僚の作文か?

 そうそう昼間の外出時間が40分以内ならば,エアコンのスイッチを切らない方が省エネに貢献するそうです。サーキュレーターや扇風機も貢献するそうです。

 長男は随分前からサーキュレーターを使っていましたが,私も使っています。部屋の空気を撹拌するだけですが,それでも省エネにつながります。


◇ 些細なことでも気に食わねば
”中国民用航空局(民航局)は,公式サイト上において,関連する海外航空会社のウェブサイトに掲載される香港・マカオ・台湾関連情報の整備・改善をめぐる状況について通達を発表。7月25日の時点で,海外航空会社44社が改善作業に着手し,うち40社が作業を完了。
 民航局は,「一つの中国」なる原則を遵守し,ただちに整理・改善を行ったことについて,海外航空会社各社を評価した。事実確認の結果,各社の公式サイトは整理・改善プロセスにあるが,内容の改善は100%終わっていない。民航局は今後も注意を払い,状況によって民用航空管理プログラムを発動すべきか否かを決定する構え。”

 香港・マカオならばまだしも,台湾にまで口を出すのはどういうものでしょう。個人的には,台湾を独立国として認めたい立場です。歴史的経緯からそう思います。

 民間航空機の世界にまで口を出してくる民航局,まあ一党独裁国家ですからねえ。人口も多く,大消費地ですから周りもあまり口をとんがらせないようです。

 つまり自社製品を買ってくれるならば,使ってくれるならば,まあ口うるさい国だから渋々付き合っているのでしょうかねえ。これで人口減少となると…。


○ 今日の1枚
Dsc_3828


2018年8月 7日 (火)

ブツブツ

○ ”立秋”ですが,言葉だけですね。この30年,人間は社会の発展と称し,CO2を大気にどんどん排出してきました。地球の怒りでしょうか,地球温暖化につながりました。

 無限な人間の欲,これが豪雨・干ばつなどの異常気象を産んでいるにもかかわらず,人間なかなか懲りないものです。国家の思惑に振り回されています。

 広島・長崎に原子爆弾が投下されましたが,未だに原子・水素爆弾を持つことに夢をもっている国がいくつもあります。自国に落とされたことがないから…。

 個人であっても国家であっても自分(自国)が痛い目に遭わないと,分からない。いかなる理由を付けようとも原子・水素爆弾は,正当化できません。

 シンガポールでの歴史的会談,選挙や権威付けと言った個人の思惑に終わりました。半島も未だに核開発を続行している報道もあるくらいです。

 外ばかりではありません。内においても災害を政治的に利用しているようです。「全力で取り組む」と言っておきながら,一体何年仮設住宅に住まわせるのでしょう。

 選挙に勝つ=権力を握る,多くの国でこのことが行われ,少数派や弱い者のにしわ寄せが行っていることを忘れてはならないと思います。

 いつも言っていることですが,惑星に衛星を飛ばす科学技術力をもちながら,降雨をもたらしたり台風の進路を変えられない人間です。自然の力を過小評価しています。

 西で豪雨があったかと思えば,北でも豪雨がありました。救いは,早めの避難によって人的被害がなかったことでしょうか。少しは賢くなってきたかなあ。

 そして貧困な我が家は,乾燥フェーン現象に連日猛暑(酷暑)に見舞われています。冷えた美味しい桃を家族で分かち合い,しばしの幸福感に浸っております。


○ 青組やそのグループの4~6月の収支が発表されました。B787の間引き運行による影響もさることながら,やはり燃料費高騰が経営を圧迫しています。

”ANAホールディングスの2018年4-6月期連結決算は,純利益が前年同期比68.5%減の161億8百万円。前年同期はLCCのピーチ・アビエーションを連結子会社化したことによる特別利益があったため,今期は大幅減となった。売上高は7.3%増の4848億89百万円,営業利益は21.1%減の2百億76百万円,経常利益は21.6%減の194億23百万円で増収減益。燃油費増加など営業費用が膨らんだことなどで,営業益と経常益も前年を下回った。営業費用は9.0%増の4648億円。営業利益率は4.1%(1.5ポイント低下)。航空事業の営業費用のうち,燃油費・燃料税は市況が上昇に転じたことなどにより17.7%増の856億円,整備部品・外注費は13.1%増の370億円,人件費は6.2%増の517億円。”

 稼ぎはプラスを示しているものの燃料費高騰が,相殺しているということです。7~9月という稼ぎ時には少しは回復するかもしれません。

 しかし,秋の燃料費の交渉は厳しいようです。これは私達自家用車にも言えます。150円台をずっと維持し,家計・小遣いを圧迫しております。

 アメリカの対イラン制裁やベネズエラ・シリアの政情不安など産油国をめぐる緊張は解けず,世界的な原油高騰が続いている為と言われています。

 特にイランへの経済制裁は,半島の北と並び世界情勢を不安定なものとしています。これはEUも巻き込んだもので,(例えば)航空機も売らない制裁です。

 今週末から我が国では,年2回の民族大移動が始まります。高額なガソリンを使って,大渋滞に巻き込まれ,大変な移動になると思います。

 青組の間引き運航で空の便もチケット入手が難しいこの夏,ますます自動車依存が高まるのではないでしょうか。遠距離ならば,相当な出費となります。


○ 今日の1枚
Dsc_4265


2018年8月 6日 (月)

西と東では

○ 連日の高温多湿,この状態に身体が適応できていません。まあやせ我慢は別として,異常な暑さが続いています。どうしても冷たいものに手がいってしまいます。

 暑いからといって冷たいものをたくさん飲んでしまうと胃液が薄まり,消化機能が低下して食欲が落ちるといった悪循環に陥っています。睡眠も浅いです。

 エアコンの効いた室内と熱い外との温度差に身体がうまく対処できず,身体が混乱して自律神経失調状態になってしまいます。温度差が大きすぎるためです。

 エアコンの冷気を直接浴びないよう,(安物の)サーキュレーターで部屋の空気を撹拌しています。最低首振り機能がついておれば,安物で十分です。

 私は枕カバーをバスタオルに替え,なかに保冷剤をいれています。それ程の時間は期待できませんが,眠りにつく間だけでも後頭部を冷やすようにしています。

 昨日も書きましたが,枝豆(大豆)はいいです。大豆と言えば?私は冷や奴や糸引き納豆を好みます。納豆+白菜キムチ+オクラの組み合わせが好きです。

 豆腐は冷や奴にあきるとゴーヤチャンプルを作ります。豚肉だけならば,生姜焼きです。作るときに汗が出ますが,少しでもスタミナ源を確保する為…。

 その他食べるもので言うならば,酢漬けのらっきょう・モズクもいいですねえ。また,夏こそスパイスの効いたカレーもいいです。残ったらタッパーに入れ,冷凍庫に。

 最後に(やっと再開した)散歩ですね。速く歩く・普通に歩くのインターバルを採り入れるようになりました。もちろんハンドタオルで汗をふきながらです。

 運動という大げさなものはしませんが,一日一回強制的に汗を流し,身体の新陳代謝を促すようにしています。しかし,それでもこの暑さでは…。

 汗を流している地域もあれば,北海道では今度は低温に注意とありました。前線の影響で東日本には,局地的な豪雨も…。西と東では随分気象が異なりますねえ。


◇ びくともしない製造メーカー
”日本航空機開発協会の2018年から37年までの航空機需要予測によると,運航機数は37年に17年比1.8倍の3万9867機に拡大する見込み。航空エンジンは航空機1機当たり2基あるいは4基搭載され,機体価格の約2割相当を占めるといわれる。スペア分も含むと,機体以上の台数成長を期待できる。
 航空エンジンは,機体と異なり,消耗が激しいため,アフターサービス需要が大きい。補修部品やサービスは価格競争の影響を受けにくく収益性が高い。今後,エンジン納入数が増えれば,乗数的な収益機会も得られる。ただ極めて高い安全性を求められる航空エンジンはハイリスク・ハイリターンな事業でもある。開発期間は長期化傾向が強まり,開発・生産技術の高度化も進むため,巨額の投資に耐えられる財務基盤を求められる。その結果,航空エンジン業界はGEを筆頭にロールス・ロイス,プラット&ホイットニーの3大メーカーで6割以上のシェア(売上高ベース)を占めるまで再編・集約された。IHI,三菱重工業,川崎重工業は,3大メーカーの下請け。航空エンジンは,国際共同開発が主流となり,日本勢は開発パートナーです。
 航空業界で懸念されているのが,B787に搭載するトレント1000の回転翼などの部品の耐久性問題。全日本空輸は同エンジンの補修対応のため欠航を余儀なくされている。18年4月,欧州の航空当局が安全性を確保するため,航空会社に改善を指示し,国土交通省も続いた。改善対象のエンジン数は世界で約600基。トレント1000を採用する世界の航空会社が同時期に改修するうえ,型式が異なる複数のエンジンで改善指示が重なったため,供給部品が不足。全日空は機材繰りが回らなくなり欠航が長引いている。
 一時的な費用負担は大きいが,同社は航空機エンジンで12兆円規模の受注残を抱えている。航空機エンジンの市場全体をみても影響は限定的。
 一方,同じB787を扱う日本航空が欠航していないのは,GEのGEnxを採用しているため。航空会社は運航・整備実績,価格,経済性などを総合的に判断してエンジンを選ぶ。B787エンジンのメーカー別シェアは,GEが6割,ロールス・ロイスが4割。”

 MRJ,「国産,国産」と言いながらも,肝心のエンジンはアメリカ製(P&W)です。飛行機製造と同じ長年の経験がものを言う世界です。作る技術がありません。

 ボーイングだってエアバスだって「国産」とは言いません。世界中の優れた技術を採り入れ,組み込んでいます。これらをサプライヤーと言います。

 サプライヤーは,部品(親会社の指示に従ったもの)を作るだけ,完成品を作る訳ではありません。また,エンジンは消耗品,ここに部品メーカのうま味があります。

 少量生産かつ高品質を求められる航空機のサプライヤー,飛行機本体以上にエンジンのサプライヤーにはうま味があります。MRJはここも忘れています。

 先日も書きましたが,RRは受注数が半端ではありません。今回トレント1000でつまずいています。航空会社から補償を求められ,一時的には赤字になるかも?

 それでもバックオーダーの数を考えるならば,RRはびくともしません。過去の製品の補修部品も売れます。それにエアバスとの関係は,一心同体に近いものがあります。


○ 今日の1枚
Dsc_4306


2018年8月 5日 (日)

台風に期待?

○ 「冷蔵庫のビールを切らした。でも飲みたい。」…キッチンペーパーを水で濡らし,絞って水を切る。そのキッチンペーパーを缶に巻きつけ,冷蔵庫に入れる。あとは2分ほど待つだけ。これで冷えたビールが出来上がる。

 ニュースを読んでいたら,こんな記事が目につきました。別にビールでなくとも,缶入りの飲物ならば何でもいいと思います。やってみましたが,確かに冷えます。

 こんな話から始めるのには,訳があります。毎日毎日猛暑日,もう猛暑日以外が珍しい地域です。ついつい冷たいものを飲んでしまい,冷たいものが切れて…。

 名古屋で40.3度,これで驚いてはいけません。ポルトガルでは,45.2度を記録したそうです。HEAT WAVE(熱波)襲来,Uweもドイツの暑さを嘆いています。

 もう室温30度でも冷房は必要ありません。水分補給さえしておれば,まあ慣れました。これが33・34度となると,冷房が要ります。夜間もタイマーを使って…。

 流れる汗,毎日毎日下着が3枚は必要です。そして洗濯物の乾きの早いこと早いこと。乾燥フェーン現象のおかげで,このようなすご技が生まれました。

 しかし願わくば,台風13号(12号は肩すかしを食らいました)により,降雨を期待したいです。雑草まで元気のない程,降雨はありません。水不足が心配です。

 先日も雷注意報が出て,県内に雨雲が飛んできました。が,私の住む地域だけを外して過ぎ去っていきました。雨乞いをせねばなりません。

 もう一つ,ス-パーマーケットへ行くと野菜がビックリするほど高い!朝のサラダ用に「キャベツを買おう」と思っても…。水耕栽培品で代用です。

 外食産業もこれだけ野菜の価格が高騰すると,きついですよね。長崎ちゃんぽん:リンガーハットも数%の値上げを発表しました。まだ他にも出てきますよ。

 これも新聞に書いてありましたが,コンビニでは”稲荷寿司””梅入りおにぎり”の売れ行きが凄いそうです。紀州の梅干し作りも忙しいそうです。

 ところで,貧困家庭を見かねて”白桃・黄金桃”の贈り物が届きました。女・子どもの目つきが変わりました。私は,箱の底まで探しましたが,入っていませんでした。

 と言うのも,送り主は川口の不動産王様です。桃の下には,○束が潜んでいると思っていました。もうすぐ豊田からも美味しいものが届きます。何かなあ。楽しみです。

 所で,田舎のスーパーマーケットでも白桃は売っていますが,黄金桃は売っていません。黄金桃と言えば缶詰?ですから,生のものとなると目つきが変わるはずです。

 7月以来の猛暑の原因…しかし人間はなすすべがない
”猛暑の一因となったのが,フィリピン沖からの気流。これが大気上層の偏西風を北に押し上げ,チベット高気圧が張り出しやすくするとともに,大気下層の太平洋高気圧の勢力も強めた。その結果,二つの高気圧が重なって列島を覆う形となり,晴天が増えた。
 大気上層からの下降気流も影響した。下降気流が生じると,地表の空気が圧縮されて温度が上がる。チベット高気圧の気流と,フィリピン沖から来た気流が列島上空で合わさって強い下降気流となり,列島の大気を暖めた。”

 このバランスを崩すことは,人力では無理です。崩す一番の要因と考えられるのが,台風だと思います。しかし,その台風も気流の影響を受けてどこに進むのか…。

 暑いときには暑さが中途半端で終わらず,降るとなったら局所に豪雨をもたらす。偏りがあり過ぎます。気象庁の報告では,この点が欠けています。

 暑さ対策とともに自然災害を防ぐために何をしなければならないのか,国も地方自治体も企業も各家庭にも示して欲しいものです。やはり地球温暖化に対して…。

 トランプも全米で起こっている異常気象・山火事について,その原因が地球温暖化につながっていることを認識すべきです。パリ協定を脱退,失敗ですね。


○ 今日の1枚
Img_0004


2018年8月 4日 (土)

賛否両論

○ ネットに1枚の写真が載っていました。オレンジ色の服,後ろには黒い服。銃を持った人が二人いました。もう何の写真かお分かりでしょう。

 黒い服のグループは,オレンジ色の服を着た国に身代金を要求しています。この国は,身代金の要求には応えるつもりはありません。よって…。

 賛否両論あると思いますが,身代金=彼らの活動費になることは間違いありません。命と金は天秤にかけられるはずもなく,命が大切です。

 だからと言って,安易に身代金を支払っているのならば,第二第三の事件が起こることは必然です。どこで歯止めをかけるか,難しい点です。

 よく”ジャーナリストの使命”と言う言葉を聞きます。報道の自由を糧にした言葉です。この自由と言う言葉が,非常に危険です。自由=責任・義務の構図です。

 政府は,度々このような国・地域に対して”渡航の制限”を出しています。そうなれば”自己責任”と言うことになります。命を省みず,己の意思を通すのですから。

 こう考えると,”ジャーナリストの使命”とは自己責任の類いに入ると思います。思想の違いをはっきりと認識し,自己責任を負うならば使命を果たせばいいとね。

 確かに自分の目で確かめないと本当のことは分からないと思います。と言って,分かってどうするの?広く世界に現実を知らせる?それも一理ありますが浅慮です。

 自然災害で人命を助けるのとは違います。自由には責任が伴うこと,そんなことに貴重な税が使われるのは,疑問をもちます。また,テロ組織を助けるだけです。

 ”ジャーナリストの使命”に燃えることは自由ですが,危険な国・地域に入るのは,(多くの人が,このグループの犠牲になっています。)自己責任だと思います。

 一方で誠に無責任な報道もあることは事実です。確かに現場に駆けつけ,現地の様子を詳細に紹介する報道です。なかには被災地の人達の邪魔になる?ものも。

 取材に駆けつけるのならば,「少しでも現地の人達に役立てるようなことをせよ」と言いたい。スクープを狙う自己満足に陥った報道が多いようです。


◇ まさか…
”三菱航空機は7月17日,英国で開かれたファンボロー国際航空ショー2018で予定されていた2回目のデモ飛行を中止した。16日のデモ飛行後,機体にけん引車が接触し,機首の一部が損傷した。16日,性能をアピールするデモ飛行を同国際航空ショーで実施。約10分間飛行した。
 2020年半ばの1号機納期まであと2年。リージョナルジェット(RJ)市場に参入するための離陸態勢に入る。最終日,ようやく2回目のデモ飛行にこぎ着けたが,ファンボロー国際航空ショーの商談期間(16~20日)中,MRJの新規受注はゼロだった。17年のパリ航空ショーに続いて,2年連続で新規受注はゼロに終わった。
 そんなMRJを尻目に,世界の航空機市場では再編の動きが急速に進んでいる。世界航空機2大メーカーのエアバスとボーイングが相次いで小型旅客機事業に本格参入する方針を表明。MRJの先行きに暗い影を落とした。
 エアバスは,小型機世界1位のカナダのCシリーズ(100~150席)を手がける会社に50.01%出資,傘下に収めた。CシリーズはA220に名称を変更した。
 一方,ボーイングは,世界2位のエンブラエルの小型旅客機事業を買収することで合意した。80~150席のEジェットを持つエンブラエルの事業を切り離し,19年末までにボーイング主導でつくる共同出資会社に移管する。
 150席以下の小型機市場では,ボンバルディアとエンブラエルが合わせて世界シェアの8割を握ってきた。小型機はアジアのLCCを中心に需要増が見込めるとあって,中大型機で覇権争いを繰り広げているエアバスとボーイングが取り込みを急ぐ。
 MRJのライバルであるボンバルディアとエンブラエルは,大手の傘下に入った。MRJは座席数88席のMRJ90と,76席のMRJ70のに2機種で構成,エアバス=ボンバルディア,ボーイング=エンブラエルの2強ともろに激突する。
 ボーイングはMRJの補修部品の調達などのサービスを支援しており,三菱航空機の親会社である三菱重工業とは民間航空機分野で提携関係にある。”

 開発機の費用増加で,1千百億円の債務超過になりました。これは今後さらに増えていくと思われます。イースタン航空の40機のキャンセルも痛い。

 毎年5百億円の赤字が見込まれ,抜本的な解決にはなりません。1機も売れていませんから,儲けはありません。もう一民間企業の力では…。

 エアバスやボーイング傘下に入った2社に太刀打ちできるかと言えば,希望的な観測をもってしても無理というものでしょう。三菱航空機の精算を行うべきです。

 傷は浅い内に…,おかしなプライドだけが一人歩きするならば,債務はさらに増加するだけだと思います。残念ながら,MRJは消え去る運命にあると思います。


○ 今日の1枚
Dsc_4239


2018年8月 3日 (金)

いつまで続くのかなあ

○ 窓から入ってくる風は,熱風です。ディジタル時計についている温度計,お昼の時点で36度です。7月も暑かったけど,8月に入っても暑さは続いております。

 冷房を効かせてない部屋は,36度!湿度64%です。(笑い話のようですが)トイレに行くのも決断を要する毎日です。座っている間に汗が流れていきます。

 台風12号,典型的な迷走台風でした。降雨量は期待外れ,これでは木曽川上流のダムの貯水量が心配になってきます。今月中は水田には水が必要です。

 予報を見ていてさらに驚いたのは,午前0時の時点でも30度以上が予想されると言います。エアコンなしでは寝ることもできません。さらに蒸し暑い!

 気象庁は「30年に一度あるかないか」と言っていますが,これから地球はどんどん暖かくなる予想です。そんな言葉を毎年聞くようになることでしょう。

 電力会社はホクホク?これで石炭・天然ガスを燃やし電力を得るならば,地球温暖化に拍車をかけるだけです。効率悪くても太陽光発電なんでしょうかね。

 新聞に「エアコンの室外機が高温になると効率が悪くなる」とありました。近くのホームセンターへ行って,小さなよしずを二つ買ってきました。

 南側に設置してある二台のエアコン室外機,これの効率を上げる(=節電)ために暑い中取り付けました。多少の風にも耐えうるように工夫してね。

 一つは,上向きルーバーを室外機に取り付けたいのですが,金属に穴をあけるか強力なマッグネット(これが高価なもの)でつけなければなりません。諦めです。

 この暑さ,予報に寄れば来週半ばまで続くようです。汗を流しながらも,エアコンの誘惑に負けている(根性なしの)私です。麦茶がいくらあっても足りません。

 そうそう左足首ですが,シップ状態は続いております。汗をかくと気持ちが悪い(剥がれそう)ので,涼しい部屋に閉じ籠もり,本を読んでいます。運動不足です。

 シップ薬は最後の1枚になっています。明日から恐る恐る散歩を再開したいと思いますが,違和感を感じたらまた中断となるでしょう。足腰がなまっていきますから。


○ 美味しいビールの注ぎ方
 美味しい(大好きな)ビールをいただきました。ビール+枝豆,これぞ日本人のビールの飲み方と思っています。お金をかけず,美味しいビールを!

 今までもあちらこちらでビールの注ぎ方を言われていますが,今一度しっかりと覚えておきましょう。こだわりは,ズバリ泡をもたせることです。

 外で飲むビール,瓶ビールはたいがい(ほとんど)冷えすぎです。冷えすぎたビールの泡立ちは,決してよくはありません。直ぐになくなってしまいます。不味い!

”1回目は高い位置から泡をたくさん立てるように注ぎます。
 2回目は2分程度待って,泡が落ち着いてきたら低い位置からそっと注ぎます。グラスから1cmほど泡が盛り上がるくらいまで入れたら,また少し待ちます。
 3回目,盛り上がった泡がグラスの縁よりも下がる前に,そっとビールを注ぎ足します。グラスから2cm程度,泡を盛り上がるところまで入れる。”

 グラスですが,私は陶器のものを使っています。しっかりと油分や汚れを取り,乾燥させてから使います。グラスは冷やしません。冷えすぎに注意です。

 世の中缶ビールが主流ですが,やはり瓶ビールの方が美味しいです。缶ビールを持ってそのまま飲む,これはちっとも美味しくありません。泡がないですから。

 飲む回数や量は激減しましたが,やはりこの暑い夏,冷たいビールは美味しいですね。量を求める人は別として,美味しいビールをちょっぴり飲みたいです。


◇ 国際線専用機材も
”ANAは787のエンジン整備の影響により,7月6日から国内線の一部を欠航。現在公表している8月31日まで,累計で989便が欠航,約15万9千人に影響が出る見通し。
 8月までの欠航便数は,1日あたり17.5便,28百人程度に影響。9月以降は国内線・国際線合わせて,1日あたり15便程度が欠航。
 8月までは提携他社便や新幹線など,代替手段の確保を最優先としたと説明。9月以降は,影響する旅客数を最小限とするため,欠航便を選定した。
 国内線9月分の欠航については,8月9日に公表する。10月28日から始まる冬ダイヤでは,運航スケジュールを見直すことで,欠航便の発生を抑える。
 このエンジン整備の影響により,8月31日まで累計で989便が欠航,約15万9千人に影響が出る見通し。”


○ 今日の1枚
Dsc_2660


2018年8月 2日 (木)

散歩は中断

○ 数日前から左足首に違和感を覚えるようになりました。古傷です。よって湿布薬をして,しばらく様子をみることにしました。散歩は中断します。

 日常生活にはほとんど支障がありませんが,1万歩の歩行は痛みを感じます。時間があり,気になっていたマルツゲの剪定と洗車・ワックスがけをしました。

 自分の足で歩けることは,健康のバロメーターだと思っています。これまで当たり前と思っていたことが当たり前でなくなる,これが次第に増えてきてます。

 食事についても減塩は当たり前,外食がなかなかできなくなってきたことも一例に挙げられます。糖も下り始めてきましたから,次に来るのは…。歳ですねえ。

 ところで,最初は「いいなあ」と思って植えたマルツゲですが,突然一部分が枯れるというのが玉に瑕です。ツゲの木にはこれがあり,できたら他の木に植え替えたいです。

 また,大切にしているドウダンツツジ,白/赤/絞りともに暑さにやられました。水をやっているのですが,高温に耐えることができないようです。ネットを被せました。

 これでどれだけ直射日光を緩和できるのか分かりませんが,まあやらないよりはやった方がましかなあ。赤/絞りは若い木だけに根が十分に張っていません。

 以前病気だったロウバイも枝をかなり切りました。今のところその他の枝(葉)は問題がないようです。一体あれはどんな病気なのか,知りたいものです。

 夕方歯医者さんに行ってきました。半年に一度の定期検診,いろいろ悪い箇所が出てきます。約2ヶ月…年間4ヶ月?…余りに長い歯医者さん通いです。あーあ。


◇ しばらく行っていない成田空港,NCAは未だに…
”日本郵船は,100%子会社で国際貨物専門の日本貨物航空で整備記録の虚偽記載をきっかけに欠航が続いている問題で,2019年3月末までに全11機の運航を再開するのは困難との見方を示した。
 整備記録に事実と異なる記載が見つかり,6月中旬に全11機を欠航。現在も2機の運航にとどまる。19年3月期は貨物量が前年よりも4割超,減る見通しで,日本郵船の航空運送事業は160億円の経常赤字に転落するという。”

 NCAといった運輸業のみならず,日本の製造業の信用は地に落ちた感があります。ごまかしてまで企業活動を進める,こういった体質は一体どこから来るのでしょう。

 NCA,振り返ってみれば赤組の貨物部門に対抗する為に青組のバックアップを受けながら設立されたと記憶しています。いつの間にやら青組は抜けていきました。

 そして赤組の貨物部門閉鎖(旅客機のコンテナを除く)に伴い,本来ならば赤組が取り扱ってきた貨物を独り占めできる絶好のチャンスであったと思います。

 しかし赤組も最後には,B767Fを所有したように,いつもB747を満載できるほどの貨物があるとは限りません。NCA:B747の離陸を見ていると分かります。

 貨物が少なくとも(燃費の悪い)B747を使わざろう得ない苦しさ,経営を圧迫する元です。FDX/FXはB747を持っていません。B777が主流になってきています。

 経営が厳しいが何とかやり繰りをしなければ,ここに無理が生じ,整備記録の不備が出てきたのではないかと推察しています。間違っているかもしれません。


◇ 新会社発足
”日本航空は7月31日,中長距離LCCの準備会社「ティー・ビー・エル(T.B.L.)」を設立した。パイロットなど人材募集に関しては,秋ごろをめどに始める見通し。2020年夏ダイヤをめどに,成田空港からの中長距離を運航する。
 T.B.L.はJALが100%出資する連結子会社で,資本額9億8千万円,資本金4億9千万円。資本額のうち,資本金を除いた4億9千円を資本準備金とする。本社は,成田空港内のJAL成田オペレーションセンター内に設ける。
 準備会社名のT.B.L.は,「To Be Launched(立ち上げ)」の頭文字から命名。ブランド名のほか,アルファベット3文字で表すICAO(国際民間航空機関)コード,2文字のIATA(国際航空運送協会)コードは,今後決定する。
 LCC新会社は当初,B787-8を2機投入。2020年3月29日に始まる夏ダイヤをめどに,成田空港からアジアや欧米など中長距離を展開していく。”

 赤組も青組も作っては消え,作っては消えを繰り返してきました。結局思い描くような成長が望めず,いつの間にやら本体に吸収,消えていきました。

 
○ 今日の1枚
Dsc_4060


2018年8月 1日 (水)

新しい規格

○ 夏休みに入ろうと思ったら,思わぬハプニングに遭い,延期することとしました。それにしても毎日暑い!エアコンの売れ行きがもの凄いらしい。

 先週書きましたが,我が家の冷蔵庫,ついにダウンです。近くの量販店に行き,冷蔵庫を探してきました。ここで威力を発するのが,”価格com”です。

 平日ですから,お店は参観としています。対応のお兄さんとガチンコ勝負です。陳列されている冷蔵庫の型番をサイトで調べます。お兄さんの表情が…。

 我が家のエアコンは,全部”白クマ君”(三菱)です。洗濯機と電子レンジは,日立製です。メーカーはいろいろありますが,得意・不得意があります。

 モーターを使った電化製品は,日立か三菱と決めています。使い勝手のいい八方美人は,やはりパナソニックだと思っています。みなさんは,どう思われますか。

 液晶テレビは,母屋はシャープで離れは東芝です。まあこれは,お値段と発色で決めました。そこで冷蔵庫,三菱と日立が候補に挙がりました。

 サイトを見ると,日立の方がユーザーによるコメントが多く,好意的なものが…。幅は60~65cmと限られています。消費電力と容量などを検討,日立にしました。

 女・子どもはいませんから,私が勝手に決めることができます。お金を出すのも私です。色は,今まで白だったのでゴールドに近い色にしました。6日に来ます。

 冷蔵庫の廃棄処分代は,5千8百円ほどかかります。値段+消費税+廃棄処分料(サイトの価格には,これが入っていません)で値引き交渉です。

 最安値と較べると高いですが,10年保証をつけてくれました。サイトでクレームをつけるときに冷蔵庫は,面倒だと思います。清水の舞台から飛び降りました。

 ただでさえ出費が続いているところに冷蔵庫,ますます苦しくなります。打ち出の小槌を貸していただけません。そしてますます粗食に甘んじた生活に…。

 そうそう打ち出の小槌をお持ちの方,昨日も書きましたが,「世の為・人の為に尽くす…」の助言に「ノー」だそうです。大変に残念に思います。


○ イタチごっこ
”無線LANの最新セキュリティー規格「Wi-Fiプロテクテッド・アクセス(WPA)3」が,業界団体のWi-Fiアライアンスから正式発表された。18年後半から,このWPA3に対応したアクセスポイント(親機)や端末が登場する予定。
 WPA3が登場する直接のきっかけとなったのは,WPA2の脆弱性「KRACK」。
KRACKは,4ウェイハンドシェイクに存在する脆弱性である。KRACKを悪用すれば,4ウェイハンドシェイクの途中に攻撃者が割り込む中間者攻撃が可能になる。これにより,暗号化した通信を復号されて盗聴されたり,別のコンテンツを挿入されたりする危険性がある。KRACKは製品の実装ではなく,WPA2というプロトコルの仕様に起因しているので,早急に新たな仕様を策定する必要性に迫られた。
 そこでWPA3では,4ウェイハンドシェイクの際に「SAE(同等性同時認証)」と呼ぶ手続きを導入。SAEでは,アクセスポイントと端末との間で,特定の問題とそれをパスワードやキーで解いた答えをやり取りする。やり取りを何回か繰り返し,問題と答えの組み合わせがお互いに一致すれば,相手が持っているパスワードやキーの情報が正しいと判断する。パスワードやキーといった重要な情報をネットワーク上で直接やり取りしないことで,盗聴による攻撃を困難にする。
 WPA3ではWPA2と同様にパスワードを使った「WPA3パーソナル」以外に,IEEE 802.1X認証サーバーと組み合わせる「WPA3エンタープライズ」というモードも用意する。WPA3エンタープライズでは,新たに暗号化アルゴリズムとして192ビットの暗号強度を持つ「CNSA(米国家安全保障局が定めたセキュリティーアルゴリズム)」を導入。WPA2で使っている128ビットの「AES(次世代暗号化標準)」よりも高い暗号強度を実現できるようにする。
 Wi-Fiアライアンスでは,WPA3とほぼ同時に「Wi-Fiイージーコネクト」と「Wi-Fiエンハンスド・オープン」という二つの新方式も発表した。厳密にはWPA3とは別の規格だが,WPA3と同じタイミングで導入される可能性が高い。
 Wi-Fiイージーコネクトは,QRコードを使ってあらゆるモノがネットにつながるIoT端末など幅広いデバイスをアクセスポイントに接続する規格である。
 アクセスポイントに記載されたQRコードをスマートフォンで読み取る。続いてIoT機器のQRコードを同じスマートフォンで読み取ると,双方が安全につながるように自動的に設定される。キーを入力したり,ボタンを押したりする必要がないため,ディスプレーや入力装置がないデバイスでもアクセスポイントに簡単に接続できる。
 もう一つのWi-Fiエンハンスド・オープンは,公衆無線LANでのセキュリティーを強化する規格。現在のWPA2では,このオープンWi-Fiではアクセスポイントと端末の間の通信は暗号化されていないので,簡単に盗聴できてしまう。そこでWi-Fiエンハンスド・オープンでは,「OWE(日和見無線暗号化)」というプロトコルを使って,接続した端末ごとに別々の暗号鍵を割り当てて個別に暗号化する。これにより,パスワードなしで利用できるという利便性を維持しながら,通信の安全性を守れるようになる。”

 世の中,ワイヤレスの時代です。それだけにセキュリティーが難しくなる訳で,まさにイタチごっこの様相を呈しています。世の中悪知恵の働く人がたくさんいます。

 新しい規格が普及し始めると,我が家の無線LANも新しい製品に切り替える必要に迫られます。これがWindows 10と上手くマッチングすればいいのですが…。

 私が期待したいのは,公衆無線LANのセキュリティーが向上することです。ここでも悪知恵の働く人は,懸命にハッキングに精を出していますからね。


○ 今日の1枚
Dsc_3859


« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »