今日のお天気は?

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 蜂蜜と | トップページ | またも不正が »

2018年7月10日 (火)

往復びんた以上

○ 悪夢のような週が終わりホッとしています。9日,やっと梅雨明け宣言が出されました。同日歯医者の治療費が…,泣いています。楽しみを削ざろう得ません。

 さらにフィルムスキャナーの修理見積もりを見て…。そしてさらに炊飯器が…。治療費や炊飯器を優先せねば,追い出されます。女・子どもは出す気がない。強い。

 「壊れちゃった」と一言,いつもの家電量販店に駆け込みました。フィルムスキャナー,製造元の台湾から部品を取り寄せる(為替変動)から1ヶ月以上かかるそうです。

 これは往復びんたどころではありません。泣いています。豊田の御大のように壊れた,買換とスイスイできる方ならばいざ知らず,往復びんた以上に…。

 皆さんも同じだと思いますが,先週西日本(+岐阜)を襲った豪雨,総雨量が1千ミリ(1メートル)を超えた所もあると聞きます。考えられない量です。

 そして悲しい知らせがどんどん伝わってきます。被害の詳細が分かるにつれ,死者・行方不明者の数が増えています。犠牲者の数は,2百人を超えるでしょう。

 鉄道では在来線,一般道もそうですが(大動脈)山陽道・九州道は不通になっています。再開の目処は立っていないようです。物流への影響も甚大です。

 我が家は,築45年を超える平屋建てです。ここにあのような濁流が…。こんなことを想像したら,思わず身震いをしてしまいます。怖いですねえ。

 家の中に泥が溜まっています。放心状態,そして今まで大切にしてきた家具類・電化製品・車など,全てがゴミ化していきます。大変なことです。

 さらに梅雨開けともなれば,日中の高温が働く気力に襲いかかってきます。昨年の九州豪雨の後始末も終わっておらず,仮の家屋に住んでおられる方も見えます。

 便利な時代になったと思っていると,このような自然の猛烈なしっぺ返しが襲ってきます。時代が変わっても,方丈記の時代と何ら変わりがありません。

 これで大地震でも発生したら,日本列島は縮み上がります。また自然の驚異的な力に驚くとともに人間の無力さを感じます。災害は忘れる前にもやって来る。


◇ 右肩上がり
”エアバスは,2018年から2037年までの20年間の民間航空機市場予測を発表した。今後20年間で航空輸送量は年平均で4.4%ずつ増加,100席以上の旅客機3万6563機(前年比2393機増)と,10トン以上の貨物機826機(96機増)の計3万7389機の新造機が必要との見通しを示した。昨年予測した3万4900機から2489機積み増した。地域別で旅客機の需要がもっともが見込まれるアジア太平洋地域は,全体の43%にあたる1万5643機と予測。
 現在世界で運航されている航空機2万1450機が2037年までに2倍以上に増加し,約4万8000機になると予測。約3万7390機ある新造機需要のうち,2万6540機は輸送量の成長に伴う需要で,1万850機は経年機を燃費の良い機体に置き換えるものとみている。地域別の旅客機需要では,欧州が7072機,北米の5964機,中東の2825機,ラテンアメリカの2707機,CISの1221機,アフリカの1131機と続いた。
 一方,貨物機は北米が343機で最多,アジア太平洋地域252機,欧州103機,中東54機,CIS38機,アフリカ23機,ラテンアメリカ13機。
 また,今後20年間でパイロット54万人が必要になるとの見通しを示した。
 エアバスでは,機体サイズに応じて,A320neoなど座席数230席以下,航続距離3000海里(5556km)以下を小型(Small)セグメント,A330neoなど300席以下,5000海里以下を中型(Middle),A350-900など350席以下,1万海里以下を大型(Large),A380とA350-1000など350席を超える機体を超大型(Extra-Large)と四つに分類。小型セグメントは,2万8550機の新造機需要が予測され,総需要の76%,金額ベースで54%を占める。中型セグメントは,A330neoなどの小型ワイドボディー機と,A321LRのような航続距離の長いナローボディー機を含めて5480機(総需要の15%,金額ベースで25%),大型は1760機(総需要の5%,金額ベースで10%),超大型は1590機(総需要の4%,金額ベースで11%)の需要を見込む。”

 少子高齢社会の我が国では考えられない航空需要,アジア(中国・インド)の高成長がその支えとなっているようです。気がかりは,やはりパイロット不足でしょうね。

 特に小型機(ライバルボーイングで言うならば,B737)の需要が非常に高くなることが予測されています。その半分以上は,LCC需要ではないかと思われます。

 エアバスは,新機種の開発は行っていると思います。が,A320/A350を中心に製造販売をしていくことでしょう。ライバルは,B777Xで対抗することでしょう。


○ 今日の1枚
Dsc_2789


« 蜂蜜と | トップページ | またも不正が »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/73831888

この記事へのトラックバック一覧です: 往復びんた以上:

« 蜂蜜と | トップページ | またも不正が »