今日のお天気は?

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月21日 (土)

化石燃料に替わるものは?

○ ”市場価格(市場において,需要と供給との関係によって現実に成立する価格)”とは,何とも恐ろしい数字を出すものです。先物取引にも似ています。

 アメリカでの野球・バスケット・アメフト選手,世界的にはサッカー選手の移籍持には,この市場価格が大きくものを言います。仲介者・税金額は分かりませんがね。

 これまでの価格から天井が見えないような高騰があります。サッカーWCで活躍すると,その選手の市場価格は考えられない数字をはじき出します。

 4百万ユーロ(約5億2千万円)→1億5千万ユーロ(約195億円)…何と3650%の上昇です。フランス代表選手のエムバペ選手に付けられた市場価格です。

 先日書いたWCで得たボーナスを全額慈善団体に寄付した選手です。彼が欲しいチームはいくつもあると思いますが,パリ・サンジェルマンに留まるそうです。

 いかに高額を提示されても母国に残る選手が多いのが,イングランドとフランスだそうです。サポーターから見ても応援のしがいのある選手達です。

 高額の年棒を手にすると,お金の使い方も派手になります。C・ロナウド選手,自宅のガレージには世界の高級車が納まっているそうです。

 今回イタリアのユヴェントスに移籍,これまた1億6千万ユーロ以上のお金が動いたようです。リゾート地でのチップは,2万ユーロ(約260万円)だったそうです。

 スポーツ選手の世界でも富の寡占が当たり前ですね。僻み根性丸出しの私としては,「ずっこけろ」と心の中で思っています。しかし,プレイは凄いねえ。


○ 評価できる取組
”富士通や丸井グループなど10社が10~30年かけて段階的に再生エネに切り替える。企業の電力消費量は国内の6割を占めるが,再生エネの利用は欧米に比べ遅れている。  富士通は使うエネルギーを全て再生エネで賄うことを目指す企業連合"RE100"に加盟する。約7%の再生エネ比率を2050年までに100%に引き上げる。丸井は30年までに全量を再生エネに切り替える。RE100は14年に始まり,アップルやBMWなど138社が加盟。日本企業では,リコー,積水ハウス,アスクル,大和ハウス工業,ワタミ,イオン,城南信用金庫,エンビプロ・ホールディングスと10社。日本気候リーダーズ・パートナーシップによると,全10社の年間電力使用量は計約120億KW時と,原発約2基分に相当する。
 日本では12年に再生エネを普及させるため,一定の価格で再生エネを買い取る「固定価格買い取り制度(FIT)」が始まった。さらに16年の電力小売り全面自由化で競争が激化。
 普及には課題も多い。再生エネは天候で出力が変動,発電コストも割高。容量不足を理由に大手電力が送配電網への接続を拒否するケースも増えている。FITの買い取り費用の一部は,国民が年間約2兆1千億円負担する。
 大口需要家である企業が利用を本格化すれば,再生エネの発電や送電を巡る事業採算性は上向く。事業者の投資拡大やコスト低減が普及を後押しすることになる。”

 化石燃料の消費=産業の発展,それにつれて私達の生活は便利なものとなっています。しかし,化石燃料の消費に伴いCO2の大気中に占める割合が大きくなってきています。

 これまで燃やしてきた化石燃料から放出されたCO2は,地球の大気の温度を2度押し上げたとも言われています。極にある氷河の溶解にもつながっています。

 今や異常気象とは言えない状態・大気汚染など,地球規模での問題となっています。自動車では,EVの開発が凄い勢いで始まっています。

 しかし,電気を得る為に化石燃料を燃やしているのには,変わりがありません。太陽光発電も効率が極めて悪い(太陽光エネルギーの数%しか利用できていない)。

 水素ガス(TOYOTAのMIRAI)は?これもかなりの設備投資が必要であり,水素を取り出すのに多くの電気を必要とします。つまり化石燃料に替わるものがない?

 さらに気温上昇が続くならば,海面の水位は約7mは上昇すると試算されています。こうならないためにもCO2の削減が必要であり,代替を検討する時期なのでは…。


○ 今日の1枚
Img_0401


2018年7月20日 (金)

熱中症にご注意

○ 今年の夏,己の身体が暑さに耐えきれないことを分かりました。どちらかというと,暑い夏は耐えられても寒い冬は絶えられなかった身体だと思っていました。

 これも高齢者の仲間入りなのかしら。こういった身体の状況が影響しているのか,出不精に輪がかかったように,散歩・買い物以外の外出はしなくなりました。

 それでも身体の冷えすぎには注意しております。エアコンの設定も28・29度と高めだと思います。暑さもそうですが,湿度を下げることが身体にとっていいことです。

 腰痛の為にコルセットをしている関係で汗をかかないように…。歩くときには痛みを感じませんが,前屈みになったときは痛みが走ります。車はいけません。

 本来ならばジェットバスでの刺激がいいのですが,お風呂屋さんまで遠いので諦めています。起き上がるのも辛く,椅子から立つときも辛いです。

 昨日歯医者さんに行きましたが,うがいの為に椅子を起こそうとしますが,断っています。口内が気持ち悪いですが,痛いよりは我慢ができます。

 西日本の豪雨に遭われた方々,後片付け,本当にご苦労様です。私ならば,この暑さの中での後片付けはとてもできません。熱中症に気を付けてください。

 熱中症と言えば,先日T市の小学生が亡くなられました。それに関係して,放課中の外での遊びを控えたり,(外での)学習活動を自粛する動きが出てきました。

 子ども達の健康管理は学校のみがするのでしょうか。自己管理を学ばせるのも教育の一環だと思います。管理職の責任逃れにもつながり切れない方法だと思います。

 休憩と水分・塩分補給を適切にすることにより,外での遊びや学習活動は可能だと思っています。学校生活のほとんどを狭い部屋で過ごす…教育の放棄ですね。


○ 科学技術の進歩
”米特殊ガラス大手のコーニングは,従来品に比べ耐久性を2倍にしたスマートフォン用のカバーガラスを開発した。1mの高さから15回落としても割れない。今年後半に各社が発売するスマホから採用が始まる見通し。スマホ市場の成熟で使用期間が延びる傾向にあるため,耐久性を高めることで需要に応える。
 新製品は化学薬品処理で表面の強度を高めた「ゴリラガラス」。スマホに搭載した状態で1mの高さからアスファルトの地面に落とした場合に,平均で15回までは割れずに済む。2016年発売の従来品と比べて2倍の耐久性。コーニングによれば,スマホの利用者はポケットから取り出す時などに平均で年7回スマホを落下させている。”
 

私も5月に落として修理をしました。保険に加入していても,6千円弱かかりました。安物ですから仕方がないのですが,できることならば割れにくいガラスが欲しい。

 「平均で年7回スマホを落下」とありますが,落下の程度もあります。私の場合は,座っていた状態でポケットからスルリと落ちて割れました。安物の証拠かな。

 もう一つ,電池交換やガラス交換などは,全てメーカーに送って行います。10日から2週間程度は代用品で我慢しなければなりません。せめて電池交換くらいは…。

 年々も契約問題で揺れ続けている携帯業界ですが,規制すればスルリと抜ける道を考える悪知恵,本当にこういったことを考える人って頭がいいですね。感心します。

 まるでウィルスを考え出したり,新手のオレオレ詐欺を考え出す人と変わりがないと思っています。これで給料もらっているんですねえ。頭脳犯ですね。


○ 逆ギレする人
 これは昨日の散歩の最中のお話です。道幅3m程の農道,向こうから犬の散歩をしている人が目に入りました。リードをしていません。犬は私に近付いてきました。

 立ち止まり,「すいません,リードをつけてもらいませんか」と言いました。そしたら「ええ歳して,お前自分を何様だと思ってる」ときました。

 さらに「おまえどこに住んどる」とね。私の住んでいる所が,この場合何に関係するのでしょう。恐らく地元の者か否かを知りたいのでしょう。よそ者ならば…。

 さらにこの人,手ぶらです。犬は散歩中に自然現象を起こすものです。つまりこの人は,その始末をする気もない人です。「犬の散歩のマナーをご存じですか」と。

 私,明日から散歩に行くときは,携帯電話を持つようにします。証拠をつかむ為です。このような犬の散歩のマナーを知らない者は許せません。


○ 今日の1枚
Dsc_4908


2018年7月19日 (木)

売れるかなあ

○ 何ともお粗末なことを。ちょっとやらないと雑草は伸び放題です。花壇を見たらゾッとしました。朝の(少しは)涼しい内に草取りを…。

 当然しゃがんでします。採った草を後方に…。場所を変えようと身体を伸ばしたら…。やってしもうた,腰に激痛が…。これで三度目です。

 タンスからコルセットを出してきて装着,この暑い日に装着するのは億劫です。エアコンを効かしていない部屋やトイレは,午後36度以上あります。

 午後2時30分より歯医者さん,行く前に温度計を持って外気温を測ってみました。42度ありました。時折吹く風は,熱風です。山一つ超えると,さらに気温は…。

 この猛烈な暑さ,今月中は続く?まあ水不足にはならないと思いますが,我が家の7・8月の電気代は…。年々平均気温は高くなっていくようです。

 動物も人間もこの暑さに食欲減退,私なんぞ朝作った麦茶2リットルのお替わりを作っておかないと,夕方・夜帰ってくる女・子どもに何を言われるやら。

 据え膳の方がうらやましいです。昨日「台所の換気扇,油が…」と言って出かけていきました。あぶらとり用洗剤+薄いゴム手袋を買ってきました。今日,やります。

 誰とは言いませんが,据え膳の方はぜーんぶ奥様にやらせていることでしょう。それとも業者任せなのかしら。いずれにしても私とは随分違うことは確かです。


◇ 決まった!
”ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は,A321LRを2020年度に2機導入する。単通路機では世界最長の航続距離を誇り,2020年10-12月期に初号機を,2020年度内に2機目を受領する。アジアでA321LRを導入するのは,ピーチが初めて。
 A321LRは,A321neoの航続距離延長型,今年2月に初飛行した。最大離陸重量(MTOW)を97トンに引き上げ,3個目の中央燃料タンクを追加,航続距離を単通路機では世界最長となる約7408キロ(4000海里)に延長。大西洋路線にも投入できる能力を持つ。
 ピーチは,2016年11月に締結した10機のA320neoの発注契約のうち,2機をA321LRに変更。ピーチを傘下に持つANAは,2020年度に中距離LCC事業に参入するとしており,A321LRを投入する。
 ピーチはこれまで,片道4時間を目安とする路線を開設してきたが,A321LRの就航により,プラス3時間のエリアまで拡大。”

 ピーチの方針は,確かなものです。少子高齢・人口減少の国では,外に打って出ていくしか活路を見出すことは難しいです。さらに海外のLCC攻勢もあります。

 と言うか,やられるだけやられ,やむを得ず中距離路線に進出していくのかもしれません。青組本体との路線調整が必要となるのでしょうか。それとも同士討ち?

 A321は,横3列3列(エコノミー)ですね。これで7時間はきついですね。私の場合,トイレに立つのが辛いです。窓側ならば,二人を越さねばなりません。

 逆に通路側ならば,内側二人が座席を離れる時に動かねばなりません。これが深夜便ならば,ろくに仮眠もできません。ただただ長距離を飛べるだけの飛行機です。

 数は少なくなりましたが,B767(2-3-2)が一番好きな飛行機です。まあ上級クラスならば,大型機が楽でしょうが,庶民にはちょっとねえ。

 
◇ 飛行展示をしたが
”米国には,スコープ・クローズと呼ばれる大手航空会社とパイロット組合の間の協定がある。地域航空会社が大手の路線を侵すのを制限するため,RJ機の最大座席数や最大離陸重量に上限を設けている。座席数で76席,重量で39トンが代表的なスコープ・クローズと言われる。MRJ90はこの制限にひっかかる。スコープ・クローズが緩和されない限り,MRJ90は米国の空を舞えない。三菱航空機は今後20年で座席数70~100席のRJ機の需要は5000機以上と見込む。そのうち,約4割を当て込んでいるのが米国を中心とした北米。このままでは事業の前提が大きく狂うことになる。
 スコープクローズの次の見直し時期は19年末の見通し。ローンチカスタマーの全日本空輸はMRJ90を導入するため,当面はANA向けの供給でしのげる。その間,座席数70席級のMRJ70の型式証明(TC)取得を急ぐ。
 ただ,MRJ90のTC取得作業中,開発資源をMRJ70には割けない。MRJ70の開発が本格化するのは,MRJ90の初号機を納めてから1~1年半経過した後になる見込み。MRJの現在の受注数は約400機。その大半が米国の地方航空会社。MRJ70に発注を切り替えるにしても,投資回収時期は大幅に遅れる公算が大きい。
 20年3月期以降の三菱重工の業績には不安がある。収益の稼ぎ柱は火力発電機器と民間航空機向け部品。ところが,火力発電機器は世界的な環境意識の高まりで需要が低迷,航空機部品もB777がB777Xと入れ替え時期に差し掛かり,当面の収益環境は厳しい。
 MRJの開発費はすでに6000億円超と当初計画の4倍以上に膨らんでいるが,さらに追加費用が必要となる。19年3月期は約1000億円の開発費が見込まれている。さらにMRJ70の開発費やアフターサービス網の整備などに多額の資金が必要となる。
 MRJ,投資の回収には1000機以上の受注が必要。販売・マーケティング力を高め,北米依存度を軽減できる受注を積み上げられるかが問われる。”

 実は,開発途中からスコープ・クローズのことは話題になっていました。90にするか70にするか,ローチンカスタマーの意向により,90を優先となりました。

 ローチンカスタマーを悪者にはできませんが,やはりここで迷ったと思います。国の後押しがある飛行機を差しのいて,海外から飛行機を買うことは難しいです。

 B737-500の老朽化は止められません。DHC-8を急遽3機増やしましたが,五度の開発延期が響いています。ライバルは,E195を増殖中です。

 航空会社は路線に応じた適切な機材が欲しい。また低燃費の機材が欲しい。適切な時期に切替を行いたいと言うのが,本音です。国産にこだわると…。

 悪いときには悪いことが重なる訳です。ボーイングとエンブラエルの合弁会社の設立です。MRJの販売・整備等をボーイングと提携していますが,これは将来…。


○ 今日のⅠ枚
Dsc_3906


2018年7月18日 (水)

レディーファーストは?

○ もう書くのを止めようと思っていたけど,同じような考えの人がいると…。何かと言えば,16日未明のWC表彰式の様子です。試合後しばらくすると雨がぽつりぽつり。

 ジャンニ・インファンティノ会長・プーチン大統領・マクロン大統領・コリンダ・グラバルキタロビッチ大統領などが壇上に立ち,表彰式が始まりました。

 次第に雨が激しくなってきました。そこへ一本の傘が…。会長とプーチンが雨に濡れないように…。しかし,次第に傘はプーチン一人に…。

 後ろに控える大会ガール達…雨で化粧が落ちていく…しばらくたってやっと数本の傘が到着…大会ガールはずぶ濡れ…選手のずぶ濡れは,かえって輝かしいけど…。

 マクロン大統領・コリンダ・グラバルキタロビッチ大統領二人のスーツは,ずぶ濡れでした。それでも一人一人の選手・監督を労う姿は良かったなあ。

 私は試合後半から雷鳴が聞こえたので,大会の事務局は当然傘を用意していると思っていました。万が一のことを考えるのは当たり前のことです。

 一本の傘だけ持って駆けつける,考えられない失態です。それともプーチンの怒りを恐れたのでしょうか。西洋のレディーファーストは,ここにはなかった。

 伝え聞いている西洋のレディーファースト,プーチンは傘を女性であるクロアチアの大統領に傘を譲るべきだった。そんな姿を世界中の人達が見たら…。

 そうですよね。あの冷徹な無慈悲な男が,レディーファーストを自ら見せたのならば,世界は変わるかも知れませんよね。しかし,やはりプーチンは独裁者だ。

 ロッカールームを清掃して退室した日本チーム,試合後の観客席を清掃するサポーターなど,心温まるニュースに心打たれた大会,最後にプーチンが台無しにしました。


◇ 少々遅いように思われますが
”ボーイングのデニス・マレンバーグ会長,社長兼CEOは日,ロンドンで会見を開き,797とメディアが呼ぶ737 MAXと787の間に位置する中型機「NMA(New Middlesize Airplane)」について,2019年にローンチする方向で,検討を進めていると述べた。
 NMAは,737 MAX 10と,787-8の間に位置するサイズで,757-200/300の置き換え需要が期待できる。
 マレンバーグ会長は,ローンチした場合の就航時期については,従来通り2025年を想定していることを示した。一方で,797に関する具体的な仕様などの言及はなかった。
 エアバスは,757の置き換え需要をA321neoや航続距離延長型のA321LRで獲得しつつあり,世界2強がファンボローでどのように受注を伸ばすかが注目される。
 ピーチ・アビエーションが,航続距離の長い小型機による中距離国際線を計画。現時点では,条件に合致する機体が事実上A321LRのみだが,797がローンチすれば,航空会社の選択肢が広がりそう。”

 日本ではなじみの薄いB757ですが,欧米では今でも随分使われています。老朽化及び燃費を考えると,もっと早い時期にデリバリーされてもおかしくないと思っています。

 また,B767-300を未だに国際線・国内線で多数使っている日本のガリバー2社,置き換えたくても適応できる機材がないと言うのが現実です。

 このことは前から指摘してきました。青組は国内線でもB787-8を多数導入していますが,機体が大きすぎて融通がきかないのではと危惧しています。

 と言って,B787 MAXでは…。現在B757/767を使っている航空会社が,A321に置き換えるのならば,ボーイングにとって大きな痛手となるのではないでしょうか。


○ 今日の1枚
Dsc_4669


* どこにも参加せず,ただただ私的な出来事を書き込んでいるこのブログ,昨日17万人の訪問を受けました。皆様方のご訪問を受けることにより,励みになります。これからもよろしくお願いいたします。

2018年7月17日 (火)

これから4年間

○ またカエルさんがアオサギの餌食になっていました。自然界は厳しいものです。しかし,自然の力を借りて稲はグングン成長しています。

 地球の約70%を占める海,例え1万km離れた海であってもちょっとした変化が,地球に及ぼす影響は大です。この猛暑もいわゆるエルニーニョ現象及びラニーニャ現象か。

 ニュースでは,偏西風の蛇行が原因と言っています。が,それを引き起こすのは,やはり海の水温の変化だと思っています。大気の対流は,海に影響されます。

間違っているかも知れませんが,偏西風の蛇行は,北極海の水温の影響も考えられるかも知れません。この暑さ,まだ1・2週間続くとも言われています。たまりません。

 さらに(最近は聞かなくなりましたが)オゾン層の破壊による有害光線(紫外線の増加),これは人体に与える影響が大です。エアコンの冷媒も変わってきましたね。

 先日も書きましたが,海の汚染も酷くなってきているそうです。身近では,海水浴客の減少があげられます。今はプール(アトラクション目当て?)の時代です。

 海と言えば,そこに住む魚たち,先日北海道で競りにかけられたサンマの値段を聞いてびっくりしました。アジもイワシも高級魚仲間に入っています。

 こう見ていくと,海に関する国際的な会議や規制をもっともっと活発に論議していただきたいものです。地球温暖化の取組に消極的なトランプは,ダメ親父ですな。


○ サッカーWCを振り返って,改めて少数のスーパースターの時代は過ぎ去ったように思いました。短期決戦では,やはり総合チーム力が生きてくるとね。

 イギリス/ドイツ/イタリア/スペインなどのリーグ戦ならば,まだスーパースターの活躍が生きると思います。クラブチームは,メンバーがほぼ固定ですから。

 堅守そして走力を生かしたカウンター+セットアッププレイ,今回の試合を見てきて,これが現在の主流だと思いました。さらに加えるならば,諦めないことかしら。

 クロアチアを応援したくなるのは,この国の歴史とともに最後まで諦めないプレーだと思います。選手層は薄いですが,無名に近い選手でもハートが違います。

 ただ個人的には,VARは疑問です。確かにレフリーの誤審はあると思います。が,試合を止めてまでやることかとなれば,やり過ぎだと思います。

 誤審はあってはならないが,そこは人間のやること,100%正確な審判を期待するのが無理というもの。それもゲームの一つです。それよりネイマール病の方が…。

 もう一つ,「次回のカタール大会でベスト8が目標」とマスコミは騒いでいますが,こんなに甘いものではありません。予選リーグでどこに入るか,まず運です。

 さらに言うならば,選手層の薄さです。優勝したフランスの平均年齢は,約26歳でした。が,それまでにこなしてきた国際試合の数は,相当なものがあります。

 ドイツ/ベルギ-などの国は,国を挙げて10代選手を育成しています。育成プログラムも徹底していて,サッカーを盛り上げています。もちろんリーグ戦も盛んです。


○ あるものを返品の為にヤマト運輸の営業所に行ってきました。伝票を作るのにタブレットを出され,入力・出力しました。ひらがな打ちで時間がかかります。

 そして本当に久し振りにGSへ。看板に偽りあり!電光掲示板は,144円也。エッソ・モービル・ゼネラルのGSで使えるスピードパス,これで132円也。ニンマリ。

 この1ヶ月,走行距離は100kmにも満たない私です。ガソリンは減りません。もちろん自己防衛もあるんですが,まずもって空港に行かないからです。

 アクションショットならばいざ知らず,型式写真を撮ろうとすれば,陽炎が酷くて話になりません。もちろん伊丹・福岡と言った誘導路・滑走路に近いならば…。

 それも早朝と夕方くらいしか撮れません。よって空港からは遠ざかっています。もちろん撮りたいものはありますが,陽炎メラメラではフィルムの無駄遣いです。

 こう考えると,次回GSに行くのは?車中泊にも辛いこの時期,じっとじっと我慢の子です。それに遠征先で熱中症にでもかかったら,迷惑をかけます。


○ 今日の1枚
Dsc_4287_2


2018年7月16日 (月)

祝フランス

○ 昨日,散歩中に真新しいタクシーを見ました。TOYOTAが満を持して発表したJPN TAXIです。走っている姿を見ると,今までのCROWNとは随分イメージが違います。

 「タクシーだなあ」と思うのは,何とフェンダーミラー仕様が標準?だと言うことです。(見慣れてないから)そして随分背が高いです。いや驚くほど高いです。

 これから徐々にこの車に替わっていくと思います。20万キロ以上は走るタクシー,丈夫な作りでしょうね。大切に使うと言う点では,不動産王F氏もそうです。

 古いインプレッサを愛車として使っておられます。本当ならば,センチュリーの後席でふんぞり返ってもおかしくないF氏,周りの目を気にしておられます。

 K市の高額納税者に入っておられる方ですが,大変に気さくな方です。私のような下々の者にも声をかけていただけます。本職?は,ポートレート写真撮影です。

 さて熱帯夜が続くこの地方ですが,農家の人達は早朝より水田に入り,雑草を採っておられます。また草刈り機を使って畦の草刈りに精を出されています。

 (失礼ですが)近代的な田植機を使いながらも,雑草採りは人力です。一区画300坪程あります。腰をかがめての雑草採りは,肉体的にもきついものがあると思います。

 思い出してみれば,私の(両方の)祖父・祖母は,4人とも腰が曲がっておりました。長年のきつい労働がそうさせたと思います。今の高齢者は,背筋が伸びていますね。

 私は汗びっしょり,ハンドタオルは汗に濡れて重たくなります。Tシャツも汗で重たくなります。帰宅して水分補給をすると,また汗が噴き出してきます。

 気象情報では,「熱中症に厳重注意」「冷房を適切に使って」と言いますが,一度涼しい部屋に入ってしまうと,なかなか外には出られません。身体の変調が心配です。

 買い物があり,午後1時過ぎに車に乗りました。外気温41度!熱風の中,駐車場に行くまでも億劫になります。これでは飛行機も石仏も諦めです。

 また,こんなに暑いと水分補給ばかりして,食欲が減退します。少々早いですが,ゴーヤの初なりを使ってゴーヤチャンプルを作りました。

 これは私の数少ないメニューの一つで,木綿豆腐を角切りにして焼き目を付けることがポイントです。豆腐の崩れたものは,どうもお好みではありません。

 もう一品は,手羽元のニンニク生姜焼きです。骨に沿って切り込みを入れ,ニンニク醤油に半日ほど漬けておきます。朝茹でのトウモロコシは,醤油をつけて焼きます。

 娘と二人ですから,やはり主夫です。作るのは主夫,後片付けは娘がやってくれます。本業主婦はほとんど不在ですから,いつも以上に気を使う休日です。

 ここでアクシデントを一つ,冷蔵庫の氷入れの引き出しが(中でトレイが傾いた?)引き出しが不可能となりました。必死でガタガタ・ゴトゴトやっていますが…。

 いくつかネジが見えますが,どうも専門家でないと無理なようです。このアクシデントのおかげで,引き出し内外や奥の方を掃除ができました。

 この時期氷がないと不便この上ない状態です。スーパーでかち割り氷を買うしか方法はありません。泣くに泣けない状態です。この猛暑の続く日々に…。


○ サッカーWCが終わりました。応援していたクロアチアは敗れましたが,決勝戦に相応しい試合内容でした。負ければ悔しい,でもここまで勝ち残ってきた彼らは…。

 一番印象に残ったのは,グリーズマン選手とモドリッチ選手でしょうかねえ。グリーズマン選手,地味ですねえ。試合後の涙が印象的でした。監督に並びました。

 最優秀選手に選ばれたモドリッチ選手,笑顔はなかったけど,クロアチアの快進撃の源は彼でした。ヒーローを生み出す絶妙はパス,超一流ですね。

 表彰式,毎度ながら驚喜した選手達,あの黄金のトロフィーが勝者に微笑みをもたらしていたように見えました。あの雨は,クロアチア国民の涙かな?


◇ 我が家上空に時折航空自衛隊KC-767を見かけます。見かけは空中給油機ですが,同隊に大形燃料タンクを装備していない?らしい。どうしてかな。

 名前の通り,これはB767-200を原型に改造されたものです。本家では,さらに新しい空中空輸機が生まれようとしています。B767は,思わぬ所で命をつないでいます。

”KC-46Aは旅客機のB767-200を母機とした空中給油・輸送機。コックピットはB787と同様15インチ・ディスプレイを装備。エンジンはP&W製PW4062,最大離陸重量は41万5千ポンド,搭載燃料は21万2299ポンド。空中給油のほか,輸送機として人員や物資,負傷者を運べる。
 給油方式は,米空軍機が採用するフライングブーム方式のほか,米海軍・海兵隊機のプローブ・アンド・ドローグ方式の2形式に対応。ブームはフライ・バイ・ワイヤ方式で,給油オペレーター席には24インチの高解像度3Dディスプレイが備えられる。また,前部胴体上部には自らブーム方式で給油を受けられる給油口を備える。
 ボーイングはエバレット工場で,2027年までに米空軍向け179機の製造を計画しており,現在は34機を受注済み。また,航空自衛隊も3機導入する計画を進めている。”


○ 今日の1枚
Fhpji


2018年7月15日 (日)

不合理なこと

○ 昨日,こういう予報は実によく当たります。午前10時の段階で室温は,30度を超しました。もう窓は全開です,それでも室温は上がっていきます。

 昼前には,プランターの花は萎れかけていました。と言って水をやれば逆効果です。夕方までじっと我慢の子です。プランターの下には,煉瓦でかさ上げしていますが。

 昼過ぎ,コンビニへ買い物に出ようとしたら…。家の前の道路に出たら,弱いですが熱風が顔に当たります。顔はヒリヒリします。止め!

 そして今日はさらにさらに気温が上昇すると言います。一人で麦茶2リットルは飲めます。豊田の富豪T氏は,エアショウにウキウキ,Facebookに載せてありました。

 夕方は風がありましたが,夜は無風,エアコンは作動中。3位決定戦をテレビ鑑賞。アナウンサーや解説者の声が聞き苦しい。ベルギーの勝利,素晴らしい内容でした。

 母国と己の名誉をかけた試合,さすがここまで勝ち残ってきたチーム同士です。運もありますが,やはり自力が上回っていたのでしょうね。

 さて泣くも笑うも今夜の試合が最後です。本当にこの1ヶ月,テレビ観戦をして睡眠不足の日が続きました。是非クロアチアに勝ってもらいたいものです。


○ 散歩をしているとイヤホンをした高校生に出会います。また,片手で携帯電話を操作している人を見かけます。こうした行為に罰則はないものでしょうか。

 マナーでは効き目が薄い,やはり罰則規定を設けた方がいいのではないかと思います。自動車運転中の携帯電話には,罰則規定がありますよね。

 昨年末横浜で起こった学生の携帯電話片手の運転,高齢者を転倒させ死亡に至りました。起こした本人は,きっと後悔をしていると思います。大学も辞めたそうです。

 上にも書きましたが,自動車では罰則規定があり,自転車にはないのが不合理だと思います。今後あのような事故を起こさない為に,法整備が必要だと思います。

 と言うのも,検察の求刑は「禁錮2年」だそうです。因みに自動車では,違反点数2点反則金9千円です。今回は,相手を死亡させたために重くなったのでは?

 過失運転致死傷罪(7年以下の懲役もしくは禁錮又は百万円以下の罰金),これは道路交通法だけです。いかに自動車と自転車の違いが大きいのか分かります。

 世の中急激に便利になってきたため,法整備が追い付かないのかもしれません。それでも遅れながらも法整備を行うことが,二つ目三つ目の事例をなくす方法では?

 これは聞いた話ですが,赤信号待ちの間の通話・メールも違反に該当するそうです。やはり安全な場所に車を止めてから,通話・メールをすべきなんでしょう。


○ また興味深い記事(身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち)を発見しました。これで神経質になるか否かは,お読みになる方の考え次第です。

・ スマホ:手・顔についた雑菌が…。細菌の数は,トイレの10倍?
・ キーボード:手についた雑菌+唾液+食べ物のかす…。細菌の数は,トイレの5倍?
・ 寝起きの口の中:睡眠中は唾液の量が減る。
・ 台所のスポンジ:濡れているスポンジの菌は,なんと便座の20万倍
・ ペットボトル:時間をかけチビチビ飲むと雑菌の繁殖が…。

 清潔好きの日本人ですが,少々潔癖すぎる傾向もなきにしもあらず。人体は,持って生まれた抵抗力があります。少々の雑菌にも負けない身体です。

 むしろ少々の雑菌にまで抵抗力がなくなってきていること自体が問題なのでは?と思ってしまいます。特に水,何が何でも塩素の力を借りないといけないのかしら?

 と言うのも,本来ミネラルウォーターたるものは,天然水ですよね。加熱処理したものは,本来の天然水とは全く違った代物となっていると思います。

 雑菌ではありませんが,日本人の内臓は硬水に弱い。軟水に慣れた身体,海外旅行に行くときは「生水を飲まないように」とくどいほど言われます。

 まあ主夫と致しましては,四つ目のスポンジですね。よく水を切って,少しでも乾かすように心がけたいと思います。この感覚,F氏には無縁の世界ですがね。


○ 今日の1枚
Dsc_2897


2018年7月14日 (土)

青組,踏んだり蹴ったり

○ 暑い!暑い!そしてさらに蒸し暑い!気圧配置の影響で西・南風になるとさらにさらに暑くなります。埼玉・群馬も暑いですね。でも,こちらは”蒸し”暑いんです。

 午前中に室温は30度位まで上昇,午後になるとエアコンなしでは過ごせません。6月も暑かったけど,梅雨が明けたらさらに蒸し暑くなりました。

 ふと気付いたことですが,今年蝉の鳴き声をあまり聞きません。例年ならば,暑い午後うるさい位に蝉の鳴き声が聞こえるんですが。蝉さん,どうしたの?

 この蒸し暑いの”蒸し”が,問題です。一日に三度下着を替えます。パジャマは毎日洗濯,シーツも二日に一度は洗います。最も洗濯は自分の仕事?主夫です。

 また横道に逸れましたが,明日から一段と蒸し暑くなる予報です。電気代に泣きますが,もうエアコンのスイッチを入れっぱなしです。夜も10持過ぎないと下がりません。

 しかしねえ避難所生活を送っておられる約7千人の人達と較べると,贅沢は言っておられません。国も自治体も何から手を付けたらいいのか,分からないでしょうね。

 JR日本は,復旧に1ヶ月以上かかると言っています。山陽道に至っては,目処すら立たないようです。そして,何より””ですよね。


◇ 設計ミス,RR程のエンジン製造に長けた企業が,とんでもないことをしたものです。B787に搭載されるRR製のエンジン・トラブルです。

 北半球では,おりしも航空需要の高まる時期です。エンジン改修,簡単にできるものではないと思います。まして世界で最も多くのB787を所有する青組です。

 聞く所によれば,今月約3週間で終わると言われていました。素人には,それだけの部品が補充できるのか,改修できるのか,驚きの目で見ていました。

 しかしやはり無理なようで,今月末からまた間引き運行をせざろう得ないそうです。「お盆の帰省客に直撃」とも言われています。5万人以上に影響を与えるそうです。

 この数を見るならば,青組がいかに国内線においてB787を重宝して使っているのかが分かります。こちらの完全復旧も早くして欲しいものです。

 青組は,混乱を避ける為,お盆期間の8月9~19日に羽田空港を発着する伊丹,岡山,広島,福岡の4路線で予約の受け付けを停止したそうです。大損益です。

 年末年始とともに最も国内線の需要が高まる時期です。こうなると自動車での移動が増えるような気がします。高速道路はさらに混み合うのではないでしょうか。

 ただ今回の件で言うならば,人身に関わる事故につながらなかっただけでも救いです。離発着回数の多い国内線です。エンジンを含め機体への負担は大きいです。


◇ 同じく青組関係の記事がありました。世の中,悪人がいっぱいだな。
”全日本空輸の客室乗務員らの制服納入で受注調整したとして,公正取引委員会は,独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで高島屋,そごう・西武,名鉄百貨店に計3186万円の課徴金納付を命じた。
 受注調整に関わったのは計6社。課徴金納付命令を受けた3社に,伊藤忠商事とオンワード商事を合わせた計5社には,再発防止に向けた排除措置命令を出した。残る丸紅メイトの違反も認定したが,違反行為を早期に取りやめたなどとして処分を見送った。
 公取委によると,受注調整があったのは平成26年12月~29年5月に納入した制服。各社は事前に受注予定業者を決め,その業者が最も低い見積価格を提示。全日本空輸に制服の仕様を助言する立場だったオンワード商事が,他5社に完成品の見本を提供するなどしていた。受注総額は計約25億円。”

 青組と言えば,全従業員1万人以上です。華々しい職業ですから,制服も一流のものです。それも一流のデザイナーのデザイン,目立つ訳です。

 それだけに原価以上にそれ以外の付加価値にウェートがかかり,1着の価格には(最初から)不透明なものが含まれる訳で,業者の立場が強くなります。

 談合,最近ではリニア新幹線にまつわるものがありました。本当に懲りない企業が多いようです。不正な取引…大企業が多いのも問題だと思います

 余談ですが,携帯キャリアも公正取引委員会に是正を求められていますね。まあ悪知恵の働くこと働くこと,利益至上主義の極みですね。


○ 今日の1枚
Dsc_6621


2018年7月13日 (金)

ゴミの減量

○ ビニル・プラスチック等の石油製品から生み出される便利なもの,これが世界中で問題となっています。これは単なる”使い捨て”だけの問題ととらえると…。

 Facebookの友達のページに日本人の生活風景の写真がありました。階段を行儀良く歩く姿・電車やバスをきちんと行列を作って待つ姿などがあります。

 歩道横のゴミの分別ボックスもありました。可燃物・不燃物・ガラス類など,私達が普段当たり前に行っているゴミの分別,これが珍しい光景らしい。

 新聞記事にあったスターバックスのストロー問題,何を今さらとも思いました。しかし,世界中に進出しているスターバックス,国によりゴミ出しが異なります。

 我々日本人からすれば,ストロー一つとってみても分別し,処理を行っています。なぜ問題となるのか,やはり国による差が大きいように思います。

 我が家にはありませんが,生ゴミ処理機たるものも市販されています。これを使うならば,可燃物の量もさらに減ると思います。これを花壇に蒔けばいいのですから。

 ペットボトルだって,ラベルをとり,キャップと分けてゴミ出しをするならば,さらに再利用の可能性が増します。キャップは,この他にも利用されています。

 私が一番気になるのは,ビニルラップとアルミホイルです。何とももったいないものです。ビニル袋の普及が遅れていますし,アルミの代用品がなかなか見付かりません。

 アルミホイルを使った(例えば)鍋焼きうどん,便利なように見えますが資源の無駄遣いも甚だしいものの一つではないでしょうか。考えものです。


○ いつものごとく洗濯を終え,新聞を読んでいたら,宅配便のお兄さんがやってきました。また女・子どもが何かを注文したものと思っていたら,宛先は私でした。

 送り主を見ると,Boseでした。約3ヶ月待たされました。やっと(ウェーブサウンド用の)FMアンテナが届きました。汎用品を受け付けないプラグ方式です。

 早速アンテナを張り,FM放送を聴いてみました。かなりボリュームを上げてもノイズは聞こえません。(最ももう1台のウェーブサウンドで実証済み)楽しくなりました。

 そもそもこうなったのは,1台目にアンテナが梱包されていなかったからです。直ぐに気が付けば良かったのですが,すっかりと忘れていました。

 もう持っているウェーブサウンドは,生産中止です。大切に大切に使わねばなりません。次に来るトラブルは,CDのオートローディング機構かしら?


○ 恥ずかしい記録ですが,明日は我が身と気持ちを引き締めて
”昨年度まで15年連続で交通事故の死者数が全国ワーストの愛知県,今年も上半期終了時点で交通事故死者が95人(前年同期比3人増),ワーストで折り返した。65歳以上の高齢者が6割を占め,買い物や散歩など普段の生活をしながら事故に遭うケースが目立つ。形態別にみると,交差点での死亡事故が53人と前年同期より15人も多く(交差点での事故死者53人のうち,高齢者は33人で六割超を占めた。),県警はドライバーに歩行者保護の意識を徹底してもらおうと,特に交差点での取締に力を入れる。”

 交通事故の死亡者の約6割が,65歳以上を占める。私も散歩中に事故に遭ったら,ここに含まれます。それにしても異常な数値だと思います。

 このブログでは何度も書いてきていますが,私自身何度もドライバーに怒鳴られてきました。(横断歩道で)手を上げて横断の意思を示していても止まってくれない。

 これは道路交通法違反です。私はこの経験より,横断歩道を使う歩行者・自転車をチェックする習慣が身に付きました。自分自身歩いてみると分かります。

 さらに左折ばかりか,右折時にも気を付けたいものです。横切れると思って発進すると,歩行者が…。高齢者になれば,歩くのが遅くなるのは当たり前です。

*参考までにワースト5は,2位千葉(93人),3位埼玉(91人),4位神奈川(74人),5位兵庫(72人)です。千葉県では,赤信号でも交差点に入ってきますからね。埼玉県は,超高級車の事故なのか?何せリッチマンの県ですからねえ。


○ そうそう豊田の御大,やれ長期九州遠征,やれグアム,そして今度は大英帝国とお金の使い方に困っておられるようです。約2ヶ月でこれですよ。凄いなあ。

 今頃はエリザベス女王主催の晩餐会にでも出ていることでしょう。そう超VIP待遇ですなあ。過密スケジュールのようですが,帰国後の土産話が楽しみです。

 こちらは蒸し風呂の世界です。この地域の夏の暑さ+高湿度,これで熱中症にかからない方がおかしい。予報を見ると…。もう昼前に室温ですら30度をこしています。


○ 今日の1枚
Dsc_3936


2018年7月12日 (木)

もう少しで開放

○ 昨夜は,ベルギー対フランスでした。今日はイングランド対クロアチアです。心密かにクロアチアを応援しました。この国の歴史を鑑みれば,応援したくなります。

 決勝戦は,フランス対クロアチア…誰がこの組み合わせを予想したことか…短期決戦の面白さです。クロアチアの挑戦をフランスはどう受けるか,楽しみです。

 長い長いサッカーWCでしたが,残すは決勝戦だけです。これでやっと睡眠不足から解消されます。ダブったもの以外,全部テレビ(生)観戦をしました。

 こんな生活をしていると,豪雨に見舞われた方々に申し訳ない気がします。ここは義援金でお許しをお願いしたいものです。F氏やT氏ほどは出せませんが,郵便局へ。

 ところで”ウンカ送り”というのをご存じですか。小さい頃人形を持って,田のあぜ道を練り歩いたものです。大切な稲に虫がつかないように願って行います。

 散歩をしていたら,お天王様の入り口に注連縄が張られ,ウンカ送りの準備がなされていました。こんな時代でも昔からの風習が残っているのに驚きました。

 昨日は,アオサギが見事にカエルを捕獲,嘴からカエルの後ろ足がのぞいていました。恐るべしアオサギ,カエルの骨まで砕くんでしょうか,強靱な胃袋です。

 下着もTシャツも汗びっしょりになる散歩です。午前8時30分までには終わるように,朝ご飯を早めに作り(女・子どもは寝ている)食べるようにしています。

 いつもいつも書くことですが,奥様をあごで使っている(亭主関白の見本)F氏やT氏,ああいった身分になりたいものです。世の不平等は,ここにもありますね。


◇ いずれやるとは思っていましたが…
”エアバスは,ボンバルディアが開発した小型機CシリーズをA220に改称し,自社のラインナップに加えた。Cシリーズの製造や販売を担う事業会社「CSALP(C Series Aircraft Limited Partnership)」を7月に買収したことによるもの。
 CシリーズはCS100(108-135席)とCS300(130-160席)の2機種で構成。部品は2機種で99%共通化,パイロットは同じライセンスで操縦できる。
 エアバスは,CS100をA220-100,CS300をA220-300に改称。これまでエアバスは,100-150席クラスに収まる機体としてA318を製造していたが,新型エンジンを採用したA320neoファミリーでは後継機を開発しておらず,ラインナップに空白が生じていた。
 Cシリーズは現在,402機受注,航空会社3社に38機を納入済み。
 エアバスと民間機市場を二分するボーイングは,エンブラエルと民間機の合弁会社設立に向けた覚書(MoU)を締結。合弁会社の持ち株比率はボーイングが80%,エンブラエルが20%で,ボーイングは新会社を通じてリージョナルジェット機をラインナップに加える。
 エアバスとボーイングともに,自社で製造しなくなった100-150席クラスをパートナーと協業することで補完し,民間機のラインナップを一層強固にする狙いがある。”

 エアバスにしてもボーイングにしても品揃えを全部自前で行うことは,企業経営において無理があると思います。一般的には,企業の吸収・合併が普通でしょう。

 航空機の生産は,自動車の何万分の1です。しかし,部品点数は何倍もかかっています。さらにその部品は少量生産=高価格となります。

 そして時代は,航空機の生産と言ってもメーカーは組み立て工場です。サプライヤーとの連携を保ち,最終組立を行っています。非常に高価な乗り物です。

 昔ボーイングがマクドネル・ダグラス社を吸収・合併する際,B717(MD95)を引き続き製造しました。が,B737と競合するするために生産中止になりました。

 競合と言っても実際はB717は,B737と較べれば小型です。この生産中止が,後々つけとして回ってきた訳です。エアバスの動きを見て,エンブラエルを誘い込んだ訳です。

 日本では,ボンバルディア製はCRJ(IBXのみとなりました)700を運用しているだけの貴重な機体です。エンブラエルは,赤組とFDAが採用しています。

 開発中のMRJのライバルの一つが,このエンブラエル(E175/195)です。これがボーイングとの合弁会社で生産されるようになれば,MRJの生きる道は…。

 A220シリーズは400機以上の注文を受けています。ここでもMRJは大きく水を空けられています。右に転んでも左に転んでも痛いです。もう自力でしか…。


○ 今日の1枚
Dsc_2886


2018年7月11日 (水)

またも不正が

○ 事実上の決勝戦?ベルギー対フランスの戦い,実に素晴らしい試合内容でした。常日頃はクラブチームでみんなバラバラですが,祖国と己の名誉を賭けた戦いです。

 1点に喜んだフランス,1点に泣いたベルギー,幸運もありましたが,フランスの堅い守りでした。「緊張感あふれる」と解説がありましたが,攻めあぐねていました。

 ベルギーと言えば,日本との戦いを思い出しますね。「なんとかなる」「楽勝?」と思っていたら,何と前半は0対0で終わりました。

 そして後半も一時0対2と言う有様でした。もちろんここで覚醒したのですが,日本の戦術をその後の対戦チームに伝播され,苦しんだのも事実です。

 これからあのような戦いの再現があるのかないのか分かりませんが,日本の試合の中であの前半の戦いが頂点であったと思います。素晴らしかった。


○ 昨日,ダイソンからバッテリーが送られてきて,取り替えました。小さな+ドライバーで5分もかからず交換終了です。充電もできました。作動も異常なし。良かった。

 あの時パイロット・ランプの点滅回数のことを書きました。知らないのは私だけで,航空機・ヘリコプターなども同様だそうです。それが日常生活の中にも入ってきている。

 不都合な場所をパイロット・ランプの点滅回数で知らせる,世の中には本当に賢い人がいるんですねえ。いわゆる自己診断機能でしょうか,素晴らしいと思います。

 しかしできることならば,そんな機能は飾りであって欲しいものです。その為にはメーカーの品質保証のための努力が必要でしょう。

 ここで思い出すのが,また”日産自動車”の排ガス測定の不正です。そうまたです。国土交通省,度重なる不正に対して少々甘いような気がします。

 確かに自動車産業は,日本の輸出品の中でも優等生の位置にあります。が,そのもの作りに対して不信感をもたれるような行為が続発しています。

 新聞には,その原因が書かれています。「人手不足のために時間をかけて行いない」とね。冗談じゃない,消費者を欺くまで儲けたい考え方が誤っています。

 神戸製鋼でも管理職(それもかなり上層部)まで不正を知っていて見て見ぬ振り,利益優先の考え方,消費者を騙してでも成果を上げることしか考えていない。

 日本製,この言葉には信頼という意味があったと思います。それを一流企業が利益優先のために揺らぎ始めてきています。競争相手は,このミスに乗じて…。

 人間関係でもそうですが,築き上げるまでの時間と労力は大変なものです。しかし,崩れ去るのは一瞬です。企業の活動とても同じですよね。

 さらに日産自動車,約10億円のサラリーをもらっているトップ,またしても謝罪会見を開こうとしていません。社長しかり。トカゲのしっぽ切りでしょうか。

 日産自動車をV字回復させたカルロス・ゴーン,しかしやることは汚い奴ですねえ。この国の企業トップとして何をなさねばならぬのか,分かっていません。


○ 今日の1枚
Dsc_2793


2018年7月10日 (火)

往復びんた以上

○ 悪夢のような週が終わりホッとしています。9日,やっと梅雨明け宣言が出されました。同日歯医者の治療費が…,泣いています。楽しみを削ざろう得ません。

 さらにフィルムスキャナーの修理見積もりを見て…。そしてさらに炊飯器が…。治療費や炊飯器を優先せねば,追い出されます。女・子どもは出す気がない。強い。

 「壊れちゃった」と一言,いつもの家電量販店に駆け込みました。フィルムスキャナー,製造元の台湾から部品を取り寄せる(為替変動)から1ヶ月以上かかるそうです。

 これは往復びんたどころではありません。泣いています。豊田の御大のように壊れた,買換とスイスイできる方ならばいざ知らず,往復びんた以上に…。

 皆さんも同じだと思いますが,先週西日本(+岐阜)を襲った豪雨,総雨量が1千ミリ(1メートル)を超えた所もあると聞きます。考えられない量です。

 そして悲しい知らせがどんどん伝わってきます。被害の詳細が分かるにつれ,死者・行方不明者の数が増えています。犠牲者の数は,2百人を超えるでしょう。

 鉄道では在来線,一般道もそうですが(大動脈)山陽道・九州道は不通になっています。再開の目処は立っていないようです。物流への影響も甚大です。

 我が家は,築45年を超える平屋建てです。ここにあのような濁流が…。こんなことを想像したら,思わず身震いをしてしまいます。怖いですねえ。

 家の中に泥が溜まっています。放心状態,そして今まで大切にしてきた家具類・電化製品・車など,全てがゴミ化していきます。大変なことです。

 さらに梅雨開けともなれば,日中の高温が働く気力に襲いかかってきます。昨年の九州豪雨の後始末も終わっておらず,仮の家屋に住んでおられる方も見えます。

 便利な時代になったと思っていると,このような自然の猛烈なしっぺ返しが襲ってきます。時代が変わっても,方丈記の時代と何ら変わりがありません。

 これで大地震でも発生したら,日本列島は縮み上がります。また自然の驚異的な力に驚くとともに人間の無力さを感じます。災害は忘れる前にもやって来る。


◇ 右肩上がり
”エアバスは,2018年から2037年までの20年間の民間航空機市場予測を発表した。今後20年間で航空輸送量は年平均で4.4%ずつ増加,100席以上の旅客機3万6563機(前年比2393機増)と,10トン以上の貨物機826機(96機増)の計3万7389機の新造機が必要との見通しを示した。昨年予測した3万4900機から2489機積み増した。地域別で旅客機の需要がもっともが見込まれるアジア太平洋地域は,全体の43%にあたる1万5643機と予測。
 現在世界で運航されている航空機2万1450機が2037年までに2倍以上に増加し,約4万8000機になると予測。約3万7390機ある新造機需要のうち,2万6540機は輸送量の成長に伴う需要で,1万850機は経年機を燃費の良い機体に置き換えるものとみている。地域別の旅客機需要では,欧州が7072機,北米の5964機,中東の2825機,ラテンアメリカの2707機,CISの1221機,アフリカの1131機と続いた。
 一方,貨物機は北米が343機で最多,アジア太平洋地域252機,欧州103機,中東54機,CIS38機,アフリカ23機,ラテンアメリカ13機。
 また,今後20年間でパイロット54万人が必要になるとの見通しを示した。
 エアバスでは,機体サイズに応じて,A320neoなど座席数230席以下,航続距離3000海里(5556km)以下を小型(Small)セグメント,A330neoなど300席以下,5000海里以下を中型(Middle),A350-900など350席以下,1万海里以下を大型(Large),A380とA350-1000など350席を超える機体を超大型(Extra-Large)と四つに分類。小型セグメントは,2万8550機の新造機需要が予測され,総需要の76%,金額ベースで54%を占める。中型セグメントは,A330neoなどの小型ワイドボディー機と,A321LRのような航続距離の長いナローボディー機を含めて5480機(総需要の15%,金額ベースで25%),大型は1760機(総需要の5%,金額ベースで10%),超大型は1590機(総需要の4%,金額ベースで11%)の需要を見込む。”

 少子高齢社会の我が国では考えられない航空需要,アジア(中国・インド)の高成長がその支えとなっているようです。気がかりは,やはりパイロット不足でしょうね。

 特に小型機(ライバルボーイングで言うならば,B737)の需要が非常に高くなることが予測されています。その半分以上は,LCC需要ではないかと思われます。

 エアバスは,新機種の開発は行っていると思います。が,A320/A350を中心に製造販売をしていくことでしょう。ライバルは,B777Xで対抗することでしょう。


○ 今日の1枚
Dsc_2789


2018年7月 9日 (月)

蜂蜜と

○ 随分前,パリのオペラ座?の屋上で”蜂蜜採取”を行い,瓶詰めして販売している話を聞いたことがあります。パリのような市街地でもできるんですね。

 (今は財政難で無理ですが)私の大好きな蜂蜜は,ニュージーランドの”マヌカハニー”です。これは先住民マオリが古くから愛していた蜂蜜です。

 マヌカハニーには,他の蜂蜜と較べると抗菌作用・整腸作用・アレルギーの抑制などの効果が高いことが知られています。但し,高純度のマヌカハニーですがね。

 私は喉の痛みがあるときにマヌカハニーを飲んでいました。あまりの高濃度に普通の使い方(例えばトーストに塗る)は,あまり好きではありません。

 余裕のある方は,一度マヌカハニーを試していただきたいものです。通販で正規品を購入すれば安心です。また,ニュージーランドお土産にも最適ですよ。

 先程市街地と書きましたが,日本でも各地で養蜂農家があり,地道に国内産蜂蜜を作っておられます。私の散歩コースにも一軒蜂蜜採取されておられる方がおられます。

「農林水産省によると,国産ハチミツは国内流通量の約7%と希少。」だそうです。農家のいろいろな試みが,特色ある地場産業につながるといいですね。

 純度100%の蜂蜜(バラの花が主体の元)です。1リットル入りの瓶詰めで売られていますが,私には高額で買えませんがね。きっと美味しい蜂蜜だと思います。

 雌のミツバチが花を巡り採ってくる蜜,巣箱の中で蜜の純度が増し,人間がいただくという図式です。これを約1万年前から行っていたとは,驚きです。

 現在では,砂糖はサトウキビやテンサイから作られています。砂糖のない時代,蜂蜜の甘さは格別なものであったと思います。また,蜂蜜=薬ではなかったのかしら。

 そう言えば,狂言「附子」では太郎冠者と次郎冠者の主人の言葉を守らず,桶に入った砂糖を全部食べ尽くしますね。砂糖の貴重であった時代のお話です。

 甘いもの,今ではいろいろなお菓子(スイーツ)が生まれ,テレビで放映されようものならば,たちまち行列のできるお店になる時代です。

 私なんぞ縁のないスイーツですが,我が家の女・子どもはこっそりと二人で食べています。それでいて「体重が,ウェストが心配」とは,笑えてきます。


○ CPがおかしいのか,Facebookがおかしいのか,どちらか分かりません。ホームの閲覧ができない状態が,約1週間続いております。

 ここはよくトラブルを起こしますが,クレームを受け付けてくれません。常に上から目線の立場を崩しません。皆さんはどうでしょう。私だけ?

 それにメッセンジャーを立ち上げないと書けません。「何らかの原因で…」とメッセージが出ますが,なかなか改善をしてくれません。これも私だけ?

 Facebook,これまでも幾度も書いてきましたが,世の中確かに”同好の士”がいるものです。それに毎日一度は,更新された友達のホームを訪れています。

 せっかく友達になったのですから,どんな人か深く知りたいと思っています。ここで「?」と思うならば,切っています。無理をすると嫌になります。

 毎日訪れる数は,30~40人程度でしょうか。なかなか更新されない方は,残念ながら切っています。友達は数ではありませんし,無理は禁物です。

 これが私のポリシーです。3桁を超えるならば,訪問するのに時間がかかります。これにそんなに時間をとりたくないので,2桁がちょうどいいです。

 そして現在残っている人は,本当に素晴らしい型式写真を残しておられます。アクションショットも好きですが,本当に下手です。基本は型式写真です。

 ニュース性があるから撮る姿勢ではありません。撮るからには,残したいあるいは残すに足りる環境で撮りたい。縁がないものは,縁がない。諦めています。

 これまでの経験から言うならば,やはり気温が下がっていかないと気力が充実してきません。それに石仏もありますから,開店休業?中。また本当に軍資金がありません。


○ 今日の1枚
Dsc_4110


2018年7月 8日 (日)

麺類は和食?

○ 今日7月8日は,おふくろさんの命日です。お天気が心配で,昨日墓参りを済ませてきました。が,お天気次第では今日も出かけます。車で10分程です。

 先日除草と剪定を行ったので,少しは綺麗になったと思います。こういった節目節目を大切にしていきます。なぜならば元来ずぼらな性格だから。

 そうそう昨日は4日振りに散歩ができました。5分短縮どころか5分伸びてしまいました。身体が重く感じられ,いつものスピードが出ませんでした。

 何より嬉しいことは,農家の人が植えた稲がスクスクと成長し,もう30cm程にまでなりました。稲の薄い緑色も見ていて飽きが来ません。いい色です。

 途中で雨が降ってきましたが,いつものコースを回りました。服は雨でビショビショになりましたが,久し振りの快感?でした。まあ汗をかいたようなものです。

 中学校のグランドでは,サッカーの試合をしていました。ちょっとのぞいて中学生と話してきました。さすがサッカー部員,WCをしっかり見ています。

 Facebookの友達の中にベルギー国民が数名います。彼らの書き込みは,クレイジーです。(ドイツ人・スペイン人・イタリア人は…)好きなんですねえ。


○ 和食と言えば和食ですが,どうも麺類をここに入れるのには抵抗があります。そば・うどん,各々に何種類にも分類されます。ここにラーメンって入るの入らない?

 海外で和食ブームがあると言っても,どうも定義が曖昧なような気がします。なかには台湾や半島の人達が作っているおかしなものもあります。

 その和食ですが,国連教育科学文化機関(UNESCO)が2013年に和食を無形文化遺産に登録したことは,ご存じの通りです。海外の人達もこれに刺激を受けたようです。

 2013年かた2017年にかけて日本から輸出される麺類は,約45%増加していたそうです。アメリカ・香港・大陸・オーストラリア・台湾・シンガポールが主な輸出先です。

 西洋料理や中国料理には,大量の油を使ったものが多いです。和食は,どちらかというと油を使ったものは少ないです。例外は,天ぷらかなあ。

 日本人は,(例えば)パスタにしてもカレーにしても日本流にアレンジをし,本来の味を知らないことが多いです。和食にしても外国の人達は,知っているでしょうか。

 と書くのも,大昔カナダの空港で焼きそばを見付けました。2男が「食べたい」と言うので買ってみました。豚肉×で牛肉でした。そばよりも牛肉が多い焼きそばでした。

 東南アジアでは,ラーメン店というので(これまた2男のリクエスト)入りました。驚きました,まるちゃんの乾麺を使ったラーメンでした。香草入りです。

 やはりアレンジしたものよりも本来のスタイルの方が好きです。その意味からも(本来の)和食を提供できるお店が増えていくことを望みます。


○ 娘が購入したダイソンのコードレス掃除機が動かなくなりました。「仕事だから,コールセンターに電話をしておいて」と,主夫の仕事の一つなのかしら。

 始まりは午前9時,掛け時計を見ながらドンピシャに電話,難なく通じました。いくつか選択をしてつながりました。もちろん0120です。

 まずは「お名前は」「住所は」「型式番号は」などが聞かれ,どういった症状なのかを聞かれました。「赤いランプの点滅回数を教えてください」ときた。???

 数えてみると「32回です」。「分かりました。バッテリーが原因のようです。新しいバッテリーをお送りします。それを充電し,症状が再び出るかを教えてください。」など。

 電話を切り終わってふと考えました。あまりの対処の仕方が上手すぎる,きっと他の人でも同じような症状が出ているんだなあ。クレーム慣れしています。

 何よりも驚いたのが,赤いランプの点滅回数でおかしい箇所が分かるシステムです。こんなのは初めてです。Microsoftもこれに似たシステム構築をお願いしたいものです。

 新しいバッテリーは,10日(火曜日)午後に宅配してくれます。また行動を束縛されますが,主夫と致しましては,ひたすら我慢の子です。


○ 今日の1枚
Dsc_4239


2018年7月 7日 (土)

裸の王様の暴走

○ 梅雨の末期なんでしょうか,各地に豪雨があり,被害が増えています。この地域も毎日毎日雨ばかりです。高速道路や鉄道もズタズタです。

 通勤通学・物資輸送など社会に影響を及ぼしています。崖崩れや堤防決壊のニュースを見ると,その凄まじさに驚きます。自然の威力の強さは凄いですね。

 窓から見る庭は,見る間に雑草が伸びてきています。雨が止んだら草取り,蒸し暑い中やらなければなりません。相変わらず槙の木は元気がありません。

 早々と梅雨明け宣言が出た関東・甲信地方ですが,当たっていますでしょうか。また,台風8号の動きも不気味ですね。自然災害に泣く日本列島です。

 ニュースを見れば,豪雨のことばかり。1000mmの雨,想像もつきません。濁流は小さい頃見た記憶が蘇ってきます。恐ろしいの一言です。

 いろいろな事情があろうかと思いますが,文明の利器=自動車を過信してはいないでしょうか。大丈夫と思い込むことが,大切な命を奪うことがあります。

 増水の様子を見に行って尊い命を落とされる,何度同じ過ちを繰り返したら…。早めの避難をしている人達,何より命が大切です。後1・2日の我慢です。
 
 さて現役時代は,いろいろな保険に加入していましたが,今は安い(生活に負担が重くのしかからない程度)保険に一つ加入しています。

 三大疾病はオプションでしたが,やはりこれは付けておきました。よく言われることですが,「葬式代くらいは用意しておこう」と思って加入しています。

 年1回わずかな還付金があります。雀の涙の金額ですが,掛け捨て保険と較べれば,(自分のお金ですが)一部戻ってくるのは嬉しいです。

 地震保険・火災保険は加入するのに越したことはありませんが,これはどれも高額,加入を躊躇しています。お薦めの保険はありますか?

 まあ猫の額ほどの我が家,そして築405年を越す木造平屋建てですから,高額と言ってもそれ程ではないと(勝手に)思っています。火災報知器も付いていません。


○ トラブルメーカ-,トランプ
”ボーイングは,エンブラエルとの商用機部門の統合を発表。ブラジル政府は当初,国防上の機密を理由に統合への反対を表明。ボーイングは軍用機部門を統合対象から外す譲歩案を提示,交渉をまとめた。
 ボーイングは課題だった小型機を強化するとともに,年間1億5千万$(約165億円)以上のコスト削減を見込める。ボーイングの業績は好調。民間・軍用ともにアジアを中心に需要が拡大,18年1~3月期の純利益は前年同期比57%増えた。新規受注も伸びた。
 航空機は今回の中国側の追加関税の対象にはなっていない。中国当局が4月初旬に示した対象候補には小型航空機が含まれていたが,6月公表の最終リストからは除外された。
 航空機は,米国にとって中国への最大の輸出品。17年の輸出額(航空機部品を含む)は162億$と対中輸出の12%を占め,大部分がボーイング。昨年11月のトランプ大統領の訪中に合わせて中国側が3百機を注文するなど,取引は政治色が強い。
 最終段階で航空機が関税の対象から外れたのは,米国との全面対決を避けようとする中国側の深慮と見る向きもある。だが,航空機がこの先も対象にならないという保証はない。トランプ氏は,中国が報復関税を発動すれば「2千億$分の中国製品に別途関税を課す」と警告。米国による中国製品の輸入額は17年で約5千億$だが,中国の米国製品の輸入は約1千3百億$にとどまる。仮に米国と同規模の追加関税をかけようとすれば,中国側には対象を選択する余地がない。
 中国にとっての携帯電話とコンピューター,米国にとっての航空機は両国産業の「本丸」といえる。両政府は互いをけん制しつつ,これまでは本丸への課税を避けてきた。だが,米国がもう一段の報復に動けば,中国側は航空機への課税に踏み込まざるを得なくなる。報復の連鎖はどこで止まるのか。”

 自国愛は尊いと思いますが,それはグローバルな世界の中にあっては,最も優先すべきことではないと思います。互いに恩恵を受けるような方法が賢明です。

 以前にも書いたと思いますが,保護貿易の在り方は,歴史が失敗だと証明しています。さらに言うならば独善的な態度は,相手に対して失礼ですよね。

 他国の人権問題を非難しておきながら,自国に向けてミサイルが飛ばないならば,黙認する。あるいは移民への冷たい仕打ちなど,やることなすこと支離滅裂です。

 これ程のトラブルメーカーたるアメリカの大統領はいませんでした。非難覚悟で言うならば,まだオバマ大統領の施策の方が良かった。アメリカ人には不評でしたが。

 あわせてエンブラエルの商業機部門がボーイングと提携,エアバスとの一騎打ちです。しかし中国との関係が損なわれるようならば,ボーイング株は下落ですよね。

 この裸の王様の暴走を止められる人は…。半島の白ブタ君にも騙されているような気がしてきました。余りに相手を甘く見て,目先のことばかり考えているような。


○ 今日の1枚
Dsc_6313

○ 番外編
”ドイツ移籍情報サイト:トランスファーマークトが算出した日本代表選手の「推定市場価格」ランキング,MF香川が16億7千万円でトップ。DF吉田の9億円,FW岡崎の7億7千万円と続く。メンバー23人中,22位(1億2千万円)のMF長谷部まで億単位の値段が付いているものの,今大会はミスばかりが目立ったGK川島の市場価格は,わずか3千万円。”
”サッカーキングでは,「WCで最も活躍した人は?」というユーザーアンケートを実施。1位 柴崎岳:1185票,2位 乾貴士:822票,3位 香川真司:220票…”

2018年7月 6日 (金)

暗い話ばかり

○ 梅雨の本番,毎日よく降ります。予報通りにいくならば,5日間散歩ができないことになります。カロリーの摂り過ぎ=ウエストが…,心配です。

 筋肉はどんどん萎縮していくのにウェストはどんどん…。この逆ならば嬉しいのですが,世の中なかなか思うようにことが運ばないようです。

 読書に目が疲れ,ふと雨が降っている外を見ると,キンカンの白い花がたくさんついているのが目に入りました。剪定と肥料のおかげなんでしょうか,嬉しいです。

 しかしその向こうのゆずの木は…。これまたなかなか思うようにはいかないようです。それとも花が咲く時期がズレているのか,しっかり肥料はやったのですがねえ。

 私はお好みではありませんが,好きな者が一人います。何かと言えば,ミョウガです。これは逞しい!毎年株は増え続け,根元を見るとたくさんの…。花が咲く前が旬です。

 さてまたもや失望させられる事件が起きました。これだけ官僚の不祥事が続くと,一体この国を動かしている者達は,影で何をしているのかと疑念をもちます。

 予算を動かせる立場の者,広く国民の為に仕事をすることを忘れています。便宜を図れば,その見返りを受けるのは当然のような風潮です。

 この事件の場合,一番気の毒なのは(不正入学した)息子です。これで大学にはいられないでしょう。将来有望な若者の芽を自分の親が摘んでしまった。

 他の役所でも問題ですが,日本の教育の元締めたる文部科学省の役人が(職権を使って)やったとなると,開いた口がふさがりません。緩んでいますね。


○ サッカーWC日本監督:西野氏の7月末退任が決定したそうです。功績は認めますが,やはり温情が徒となった為でしょうね。お疲れ様でした。

 ここで言う温情とは,YとH選手の奇妙な交代出場です。Y選手の交代の意味は理解できませんでした。H選手については,なぜCKをまともに蹴ったのか,意味不明です。

 あのポーランドの試合の最後約10分,賛否両論ありました。そして批判を承知で決勝トーナメントに進んだのならば,あそこで知恵が足らなかったと思います。

 例えば,ショート・コーナーを使って数分かければ,延長戦に持ち込めたはずです。馬鹿正直に蹴ったH選手,最後まで格好いい所見せたかったんでしょうねえ。

 監督の温情と一個人の見栄にやられました。相手もまともにCKを蹴るとは思っていなかったでしょうね。試合を知っています,いや流れを感じていましたね。

 また,成田空港では,大勢のファンが出迎えていました。たった一人サングラスをかけていた失礼な人がいました。我々日本人から見れば,非常識ですよね。

 昨日も書きましたが,試合運びを教えてくれる監督が絶対に必要です。2020年目指して新しい体制を敷き,若手・中堅をどんどん鍛えて欲しいものです。


◇ バッテリーからエンジンへ
”全日本空輸は,B787のRRエンジンに設計上の問題があり,点検や部品交換のために6~12日に羽田発着の国内線計113便を欠航する。
 全日空によると,国土交通省は4月,B787のRRエンジンで,内部の回転翼に振動によるひびが入る恐れがあるとして,点検を指示。全日空は66台の点検を進めてきた。
 6月に入り,別の同社製エンジンについても点検指示が出た。対象が66台から136台に増え,機材の交代で通常の便数を運航するのが難しくなり,113便が欠航。欠航するのは羽田―伊丹,羽田―福岡などの路線。予約していた搭乗客にはメールや電話で欠航を知らせ,振り替え先を案内する。
 エンジンの点検には1台あたり1~2日,修理が必要な場合は20日程度かかる。部品の供給も不足している。
 全日空は経営への影響について「精査中」としている。欠航や点検,部品交換に関わる費用についてエンジンメーカーに対して負担を求めることも検討する。”

 この飛行機,"Dream Liner"の別名が就いていますが,搭載するバッテリーでつまずきました。どうもこのトラブルは,原因解明が不明なままのように思います。

 何らかの改修を行ったようです。その後バッテリーが原因となるトラブルは,(表面的には)ないようです。しかし,不安が残ります。

 そして今度は,RRエンジンのトラブルです。このエンジンを搭載しているのは,(国内では)青組だけです。L-1011以来のRRエンジンだと思います。

 これで二度目の大きなトラブル,世界の航空会社の中で一番B787を所有している青組,その影響は多大なものがあります。これでB767/777が大忙しです。


○ 今日の1枚
Dsc_4878


2018年7月 5日 (木)

次に向けて

○ ”裸の王様”と言う言葉があります。周囲の雰囲気を読めず,いつの間にか一人孤立している状態です。それでも日本には”忖度”という言葉があります。

 王様に対して”忖度”をすることは,自己保身に役立つ訳です。対局を見ず,ひたすら自分自身あるいは組織の存在しか考えていないからです。

 このことは,日本の政治の世界を見てみれば,嫌と言うほど知らされました。政治だけかと思っていたら,日本サッカー代表にも現れています。

 ベルギー戦,マスコミはK選手のスーパー・セーブと叫んでいますが,あのフラフラ上がったボールを判断ミスし,ゴールされました。敵前へのパンチングもありました。

 敗因の一つが,失点の多さだと思っています。なかでもK選手の判断・動きには,いくつも疑問符が付きました。サブに大舞台を体験させ,次につなげて欲しかった。

 但し,K選手は試合後のサポーターへの感謝の気持ち:礼は,足を揃え一番深々と頭を下げ,感謝の気持ちを表していました。立派でした。下に書くH選手は…。情けない。

 GLで散々見てきた判断ミスを監督の目は曇っていた。さらに酷いのは,H選手を途中で交代してピッチに立たせた。これも温情による監督のミスです。

 彼のこれまでの言動を振り返ってみても,自分勝手なことばかりです。マスコミ対応でも一体自分を何様だと思っているのか,周りは本音でどう思っているか。

 彼も”裸の王様”であり,海外チームでの低い評価は,サッカーファンならば誰でも知っています。チームプレーになじまない人ですね。

 FK・CKを得たときに勝手にボールを持ち,「これはおれの仕事」と言わんばかりの態度,上昇機運の選手に譲ろうとしない態度,本当に嫌な奴だ。

 さて日本の代表監督にユルゲン・クリンスマン氏がなりそうです。世界に通用してきたことと足りないものを第三者の目で見て,代表を育てていっていただければ。

 まあ半分近くの選手の入れ替え,そして若手の育成でしょうね。”サムライ”は,寡黙な中に信念をもって突き進むものです。おおぼらは要りません。

 国によってチームカラーがあってもよい。サポーターの試合後の清掃,選手のロッカールーム:来たときよりも美しくもいい。お礼の言葉もいい。これが日本だ。

 サッカーWC,いよいよ佳境に入ってきました。国の為に己の名誉の為に死闘が繰り返されるのは,毎度のこと。これが終わらねば,遠征もできない?軍資金もなし。


○ 平賀源内も罪作りな男です。”土用の丑”に”ウナギ”を食することを提案した男と言われています。さらにあの醤油の焦げる=日本人のDNAを呼び起こす匂い。

 ウナギどころかマグロもサンマもイワシも不漁続きと言います。その原因はさておき,日本人の欲望の肥大化が招いたことは間違いありません。

 その点アイヌの人達は賢かった。自分達の食べる分しかサケもクマも捕獲しなかった。サケもクマも貴重なもの,天からの授かり物です。大切にしたそうです。

 科学技術の粋を凝らし,最新鋭の捕獲装置を使い,売れれば良い獲れれば良いといった安直な考えが,このようなことを招きました。自業自得です。

 転けて石で頭を打ったとしましょう。打った所の痛みばかり考え,石を目の敵と思うんではないでしょうか。しかし,石だって同じように痛いんですよ。

 アイヌの人達は,それを知っていました。欲張ったら,サケもクマも悲しむことを知っていました。自分のことのみならず,相手の痛みを感じ取れたんだと思います。

 人間のやることを正当化し,相手のことを考えなくなったんだと思います。大げさかも知れませんが,便利さ=豊かさと勘違いし,地球の大気をどんどん汚しています。

 もちろんそれを警告する人はいますが,馬耳東風,ひたすら生活向上に汗水垂らしていると思います。そう不便さ=悪=時代遅れとね。ブーメランを知らない。

 UNESCOの世界遺産,もっともっと守らなければならない大切なものがあると思います。世界遺産=観光地ととらえるようでは,真の意味が分かっていないと思います。 


○ 今日の1枚
P1000954


2018年7月 4日 (水)

病気の巣

○ 日本のサッカーWCが終わりましたね。一体ベスト8に残るのは,どこの国なのか楽しみです。GLと違い,いよいよ面白くなってきました。

 日本チームの敗退,一番素晴らしかったことは,世界屈指の強豪チームの一つベルギーに対して”本気モード”を出させたことだと思います。

 格下,貧弱な身体など日本チームの現状を見るならば,軽い気持ちが心の隅にあったと思います。攻め手も攻め手も運に見放され得点ができませんでした。

 そこへ2発のパンチを受け,”本気モード”にチェンジ,強豪チームが”本気モード”を出したときの凄さを体験できました。これが最大の収穫です。

 そしてこの収穫を次にどう生かすのか,監督は”成長”という言葉を口にしますが,解決策を図らねばなりません。これは難しい課題です。

 そのヒントは,三浦知良選手の生き様ではないかと思います。高校中退,単身ブラジルに武者修行です。レベルの高い環境で己を磨く,これだと思います。

 破れましたが,スペインのイニエスタ選手,この人テレビで見ても分かりますが,小柄(170cm?)です。しかし強靱な身体と身体能力,全体を見る目など学ぶ点が多いです。

 残っているチームで誰もが知っているネイマール選手,この人も小柄(175cm)です。ゴールを奪う為には,どこに動く・どこにボールを出す,分かっているんですよね。

 くどいですが,世界から笑われるような手段・方法を選ばぬ試合をしないことです。半島ではありません,正々堂々と戦って欲しい。”サムライ”でしょ。

 戦術を学ぶことも大切なことですが,サッカー強国の試合を見ていると,一人一人が試合運びを知っていると思います。日本のチームに一番欠けていることかも?

 そう言った意味からも,西野監督では不十分だと思います。90分間の使い方,勝負感を教えてくれる監督の招聘を望みたいものです。ベンゲル?


○ 半年に一度の歯科検診,現在通っていますが(またまた)悪化しています。歯周病がどんどん進み,歯茎がどんどん下がって行っています。

 新たに露出した歯の部分,ここは虫歯になりやすいことは知っています。朝夕の歯磨きの折には,力を入れず入念に行ってきた積もりですが…。

 インプラント治療をするようなお金もなし,70歳を超える頃には総入れ歯?になるかも知れません。現在虫歯になりかけの歯の治療を行ってもらっています。

 悪玉コレステロール,これも悩みの種です。「汗をかくほど運動をせよ」と言われ,日々速歩散歩を行っていますが,果たして効果の程は…。

 汗をかく時期ですから乾燥湿疹にはおさらば,東隣のご主人はこんな時期なのに乾燥湿疹に悩まされておられます。痒いのを我慢するのは,辛いことです。

 西隣のご主人は,糖尿病が進んでいるそうです。私のおふくろさんと同じで,何かを合併してくると,これまた辛いものがあります。決して贅沢病ではないと思います。

 (大変に失礼ですが)T氏やF氏ならば,贅沢病にかかることは理解できます。しかし西隣のご主人が贅沢病とは,考えられません。遺伝かなあ。

 私はおくろさんを見て育っています。糖尿病の怖さ,プラス目にきたおふくろさん,血糖値には細心の注意を払ってきました。虫歯治療にも影響を与えますね。

 と言うことで,我が家を挟んで3軒の男連中は,病気の巣に悩んでいます。65,70歳を超えると,身体のどこかにがたが来るものなんですね。

 最後に今日から日曜日(8日)まで降雨予報です。特に日曜日は,おふくろさんの命日で墓参りをしなければなりません。雨間をぬって??? 


○ 今日の1枚
Dsc_4555


2018年7月 3日 (火)

往生際が悪い

○ 桂歌丸師匠のご冥福をお祈りいたします。笑いをありがとうございました。


◇ やはり大幅な赤字,しばらくは同じようなことが続くのでは,
”MRJを開発する三菱航空機が公表した第11期決算公告によると,営業損益は559億5500万円の赤字(同494億3600万円の赤字),経常損益は589億5400万円の赤字(同511億7900万円の赤字)。貸借対照表によると,純資産合計は1100億4600万円のマイナス(同510億8300万円のマイナス)となり,債務超過。
 現在の確定発注は213機で,ローンチカスタマーである全日本空輸への初号機納入は,5度の納入延期により2020年半ばを目指す。親会社の三菱重工業は,資本増強などにより今年度内に三菱航空機の債務超過を解消する姿勢を示した。
 MRJは,メーカー標準座席数が88席のMRJ90と,76席のMRJ70の2機種で構成。今月16日からロンドン近郊で開かれるファンボロー航空ショーでは,ANA塗装を施した3号機(JA23MJ)を持ち込む予定。”
()は,17年度3月期の数字

 航空機製造には,最先端の技術とともに製造過程における経験の蓄積が必要です。今となっては,ライバルとの技術的な差はないに等しい状態です。

 B社やE社と言った製造経験の豊かな企業ですらエアバスやボーイングの傘下になろうと(なった)世界情勢,資本力に乏しい一民間会社では無理があります。

 そうは言っても「今さら引くに引けず,開発を続けていくしか道はない」と考える三菱航空機,YS-11の教訓が生かされていません。

 現在型式証明に必要な飛行時間の3分の1は終了しているようです。売れる売れないは別として,そこで得られたデータを生産機に生かして欲しいものです。

 故障の少ない安全な飛行機を作り出すならば,もう少しは売れるのではないかと…。甘いかなあ。甘いよな。これは私の期待値としておきましょう。


○ 源信の往生要集の解説本を読んでいたら,面白い言葉を見付けました。どこかの国に”往生際が悪い人”がいます。まともに答弁しない,誤魔化しの連続の人です。

 まあ往生(死)と言うのには当てはまりませんが,懺悔することもない破廉恥な人です。古来往生に当たって”三種の愛”からの解放を僧侶から説かれるそうです。

・ 境界愛(この世に対する執着)…自分の権力への執着
・ 自体愛(自分の身体がどうなるかという執着)…思い描く宰相への執着
・ 当生愛(来世はどこに生まれるかという執着)…例え降りても権力への執着

 こう考えると権力者というものは,いくら時代が新しくなろうと考えることは同じですね。いつの時代においても泣くのは,下々の者達だけですね。

 各種世論調査に寄れば,内閣支持率が再び上昇傾向にあると言います。本当に不思議です。やりたい放題,自分に都合の悪いことは隠蔽,それでも支持がある…不思議です。
 

◇ 偶然かも知れませんが,最近航空機のトラブルがよく起こっているように思います。最大のものは,KE/OZの接触事故です。KEの機体損傷は無残なものです。

 NCA/KZに至っては,同じようなトラブルを何度も起こしています。利益優先,期待管理の杜撰さ,どうもこの会社の体質は疑問だらけです。

 別に航空機に限らず,起こるときにはよく起こるものです。青組のエンジントラブルは,先月(報道されているだけでも)3回ありました。いずれも緊急着陸しています。

 これも偶然かも知れませんが,いずれの事故でも死傷者はゼロです。信頼性が高くなったエンジンと言えども,ゼロというのはあり得ません。


○ 今日の1枚
Dsc_4732(消えるぞ)


2018年7月 2日 (月)

防災の必要性

○ 梅雨明けした関東地方,一方では台風7号の影響を受け,多大なる降水量を記録し,土砂災害などがいくつも起こっています。JR高山線は,またしても被害に遭いました。

 先日は大阪府北部の地震で騒いでいたら,今度はまたしても水害です。東北・北海道でも梅雨前線の影響でしょうか,よく降っているようです。

 こんな小さな国であっても気候の地域差は大きく,また自然災害の偏りもあります。幸いなことに私の住む地方は恵まれ,自然災害の被害はありません。

 が,大阪府北部のような地震がきたら,あばら屋の我が家は,きっと大きな被害を受けると思います。これがいつやって来るのか,心配です。

 そもそも古くから防災の必要性を感じながらも,その対応の遅さ・未熟さはご存じの通りです。痛くならねば歯医者に行かないと同じようなものかしら。

 お役所は賢い,「50年に一度あるかないかの…」「想定外の…」とちゃんと逃げ道を作ってあります。マスコミもその宣伝に使われています。

 東北地方の復旧,あれ程国民から特別税として徴収しておきながら,未だに仮設住宅に住んでおられる方の多いこと,まさにのど元過ぎれば…。

 これもちゃんと逃げ道を作ってあります。「労働力の確保が思うようにいかず…」とね。絆も復興もただ単に言葉の綾,いつも泣くのは国民ですね。


○ 部屋の東側に植えてあるゴーヤ,ずいぶんと背丈が伸びてきました。一番伸びているものは,窓のひさしまで達しました。よく見ると,実が三つついています。

 ご存じのようにゴーヤは,虫たちが蜜を吸いに来て受粉します。この確率はかなり低い(我が家の者だけかも知れません)もの,地面に黄色い花がいくつも落ちています。

 同じように咲かせる花であっても,受粉するか否かで運命が変わっていきます。なにか人間の社会のように思えてきます。さしずめ私は,落下した花なのか…。

 それでもあの小さな花をつけるため,ゴーヤは地面から水分や栄養を吸収しています。数多くの葉によって光合成が行われています。それだけに落下は悲しいです。

 そしてめでたく受粉,実はどんどんと大きくなり,人間の口の中に入っていきます。実は子孫を残す為に中にたくさんの種を含んでいます。

 人間は,この種を食すどころかスプーンで掻きだし,捨ててしまいます。人間が食するものの命は,かくも儚いものです。いやだから人間は生き延びることができるんです。


○ Facebookのお友達がD7500をお買い上げ,賢い選択だと思いました。当初はD500を思い描かれていたそうですが,こちらに落ち着いたそうです。

 D500は購入後泣きます。まあお金に余裕のある方ならば,持っていても少々鼻が高いでしょうが,後々泣きます。そう例のメディアの高いこと!高いこと!

 それにカードリーダーも専用のものが必要になります。メディア同様,これまた滅茶高い!秒10コマの為にかなりの出費を強いられます。

 高速シャッターをかなりの頻度で使われる方ならば,D500は良いかもしれません。使用目的にもよりますが,ほとんどの方は不必要なのではないでしょうか。

 個人的には,D7500の方がはるかにコスト・パフォーマンスが高いと思います。このクラスのカメラを購入予定の方は,メーカーに騙されないように。


○ 今日の1枚
Dsc_2755


2018年7月 1日 (日)

ゴミの山を築く?

○ 企業は顧客の個人情報を守っているのか,不安になりませんか。私も参加しているFacebookでも大問題(個人情報の流出)が問題になりました。

 Facebookの個人データ管理ツールを開いてみると,
HTML形式で作成された個人データファイルでは,メッセージ,投稿,投稿へのコメントやいいね!,アクセスした時刻とIPアドレスやなど,Facebookでの活動がすべて確認できます。蓄積された情報は驚くほど多いです。

 特に”個人のプロフィール”の公開範囲には,気を配りたいものです。携帯電話番号とメールアドレスは本人だけで十分,生年月日も友達内がほどほどのところかな。

 プロフィールページで友達・グループも公開範囲を設定し,ほとんどが「自分のみ」で十分だと思っています。他人に知られたくない情報は,「自分のみ」です。

 携帯電話からの閲覧では,Facebookの個人情報+電話内の個人情報も盗まれる危険性があります。私の場合,見知らぬ海外の友達が多い為に電話にアプリは入れていません。

 いずれにせよ個人情報流出に関して,企業は顧客を守る意思に乏しいです。「ごめんなさい」「防げなかった」と言われるだけで,責任を負おうとしません。

 デスクトップ・タブレット・携帯電話,一契約三種類のインストールできるトレンドマイクロのウィルス対策ソフトは便利です。それでも不安になります。

 最近もC社のメール・マガジンで「全員に○○ポイント差し上げます」とありました。アンケートの後半部分になると,個人情報を巧みに引き出そうと…。止めました。

 様々なメール・アドレス登録もフリー・メール・アドレスで登録しています。企業が守ってくれない,漏洩しても責任をとらないから,自己防衛をしています。

 あと2ヶ月ほどでExcite mailが終わるのが痛いです。私は,比較的簡単に取得できるAOL mailに乗り換えをしていきます。フリー・メールはありがたいです。


○ 関東地方は,早梅雨開けだそうです。当地は生暖かい南風+曇り/晴れですが,時折にわか雨もあるお天気です。それでも梅雨開けはそろそろかな。

 小雨でも散歩は続けています。6月に散歩中止にしたのは,2日だけです。しかし目標の5分短縮は,未だに実現されていません。情けないです。

 長い空白があるサイトの更新ですが,少しずつ少しずつ行っています。現在は,サムネイルのリンク先のチェックを行っています。根気が要ります。

 それに激減しましたが,写仏も時折行っています。これは信仰心から来るものではなく,技術向上を目指すといった大それた考えから来るものです。

 空港遠征・上州詣では,軍資金不足の為に今月も無理でしょう。と言うのも,発泡スチロールに保管してあるポジの整理,重い腰を上げました。

 スライドファイルは,アマゾンで1箱2千円強です。まだ20箱以上は必要です。これに小遣いをとられ,遠征ができなくなってしまいました。

 この作業をして残ったポジを一挙に整理・処分し,少しでも場所を確保しなければならない状況に追い込まれました。何せ狭い自室です。

 スライドファイルを並べる棚が欲しいですが,”ゴミの山”と揶揄される存在,どこに置くか,置く場所がない。随分前に書きましたが,CDにも困っています。

 結局”ゴミの山”を築き,その間を歩くという何ともおかしな部屋になってきました。一時断捨と言う言葉が流行りましたが,もうそれでも追い付きません。

 CDは市に寄付できるものの,ポジは間違いなく燃えるゴミ化していくと思います。かくして”生きた証”は,灰とともになくなっていくと思います。


○ 某新聞にもありましたが,これは自作?です。賢治さん,ごめんなさい。
 暑さにも負けず 喉の乾きにも負けず 押されて倒れぶつかってつぶされ 非力な体力に泣き 欲だけあり 決して退場せず いつも静かに戦っている
 一日に三度の食事を摂り 栄養価を考え あらゆることを トーナメント入りに向け
情報を集め そして忘れず 
 快適なキャンプ地にて 東に応援の声を聞けば 行って感謝を伝え 西に敵がいれば 密かに情報を集め 南に敗退チームがあれば 優越感に浸り 北に強豪チームがあれば 個人技に振り回され 
 攻め込まれればオロオロし ボールをとられれば守りに徹し 世界から卑怯と罵られ 褒められもせず 苦にもされず そういったチームに 私達はなりたい


○ 今日の1枚
Dsc_2986


« 2018年6月 | トップページ