今日のお天気は?

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« いかに座席を埋めるか | トップページ | 抗菌て »

2018年6月 8日 (金)

生態系を守る

○ 以前も書いたような気がしますが,ご近所のお宅にはたくさん植えてあります。
”5~7月に黄色のコスモスに似た花を咲かせる外来種「オオキンケイギク」の生息が広まっているとして,神戸市が駆除への協力を呼びかけている。生態系への影響は大きいとされるが,花自体は美しく,市民の間で外来種との認識が浸透していない。
 オオキンケイギクは北米原産の多年草。街の緑化用などとして導入され,市内でも新設道路の土手などに植えられてきた。しかし,繁殖力が強く,日本在来の植物の生育場所を奪っていることが分かり,平成18(2006)年には「特定外来生物」に指定された。
 市は駆除を進めてきたが繁殖に歯止めがかからず,公園や空き地,河川敷などに生息域が拡大。今年も各地で群生が確認されたため,市は土地の所有者や清掃活動を行う団体などに注意喚起することを決めた。
 駆除するにはスコップで抜き取るか根元から刈り取るなどした後に,種子の拡散を防ぐためゴミ袋に入れて枯らせてから処分する。”

 花の色は私好みなんですが,繁殖力の強さには定評があります。それは年とともに広がっていくことからも分かります。在来種は駆逐されていきます。

 政府広報などを使って「オオキンケイギク」の駆除を呼びかけて欲しいものです。こういったことに税金を使って,世の為人の為になるといいですね。

 教育界は腐っていますが,全国に先駆けて取り組み始めた神戸市,「うちもうちも」と他市も真似をして欲しいですよね。ただ駆逐には,根気が要りますね。

 これも前に買いましたが,ブルーギルやブラックバスも日本の河川・沼池湖の生態系をすっかり変えてしまった事例があります。ブラックバスは偉い方の…。


○ これも度々登場する話題ですが,私のPCは外れだったのでしょうか。最初からWindows10なんですが,年2回の更新のたびにおかしくなっていく気がします。

 私でこうなんだから,8.0や8.1からアップ・グレードしたCPは,まともに動いているのでしょうか。困ったことはないのでしょうか,疑問です。

 それに突然インターネットにつながらなく状態…全ての電源を切り,コンセントからプラグを抜く。数分後に電源を入れる。…何事もなかったかのようにつながる。

 ネットで探してみたり,(いけないことですが)本屋さんで”Windowsのトラブル対処法”の本を見たりしていますが,どこも詳細には書いてありません。

 これまでも巨額の利益を得てきているMicrosoft,新機能を使いするのも結構(私には不必要なものばかり)ですが,こういったトラブルを解消してもらいたいものです。

 今のところルーターを入れ替えトラブルは解消していますが,また同様なことが起こるような気がしています。ただWi-Fiはかなり改善されました。

 我が家は無駄なシステムを構築していますが,ケーブルテレビ…テレビは女・子どもの必需品…から,NTT西日本の光テレビに替えて欲しいのですが…。


◇ SIA/SQのA380は…もう4機減っている
”ドイツのドクター・ペータース・グループ(Doric)は,A380の2機を解体,パーツ再販を決定。2機は完全な解体ではなく,コンポーネント確保のための解体で,特にトレント900エンジンはRRにスペアとしてリースバックされる予定。
 この2機はSIA/SQに10年間の長期リース契約を締結していた機材。リースによる投資家への利回りを確保する取り組みが行われたものの条件があわず,コンポーネントを再販することで利益確保を目指す。
 SIA/SQは4機(9V-SKA/B/C/D)のA380をリース元に返却済み。9V-SKAは2-DRPAとしてチャンネル諸島での登録,9V-SKBはマルタで9H-DPBとしてハイフライ航空での運航が予定。9V-SKCは,Doricがリースしていた機材。
パーツ再販は,VASアエロ・サービス(VAS Aero Services)が担当。VASの予備調査によると,市場にあるA380が今後迎えるメンテナンスの時期をにらみ,再販で4,500万ドル(49.4億円)を見込む。
 エンジンはRRのトレント900エンジンの需要が高まっていることを受け,このメンテナンスに伴うロールス・ロイス,または航空会社へのリース契約により最低でも月480,000ドル(5,272万円)の収入を見込んでおり,2020年末に売却する計画。
A380-800は近年,市場として発展しておらず,一部の航空会社の発注取りやめ,あるいは長距離旅客機でより小さな機材を選択する傾向にあり,市場は超大型機に懐疑的な中で,収益を確保できる優れた提案と言う。”

 世の中(燃費のいい)双発機の時代,空席を減らす為には機体のサイズダウンは,当たり前のこととなっています。中東御三家でもこの先は分かりませんよ。

 半島のガリバー2社も見栄で使っているようなもの,B777X/A350-1000を使った方が賢いです。そんな中たった3機のA380を購入するおかしな航空会社がありますね。


○ 今日の1枚
Dsc_9603a


« いかに座席を埋めるか | トップページ | 抗菌て »

コメント

おはようございます。
私の住む地域では、オオキンケイギクは駆除してほしいと広報に
記載されていましたが・・手ごわいですね・・生命力が半端では、
有りません。畑の隅に車を停めていますが、周りは黄色ばかり・・
大体、撮影する時に写真に黄色の花が沢山写りこむと黄色がはえて、
メインの被写体が見劣りしてしまいますので、注意して写しています。
色は良いのですがね・・・・・
PCには苦労されているようですが、私は10は一台だけ
その他は、いまだ古いOSを使用。サポート延長が切れれば
10に移行でしょうか?????
その10は写真印刷がメインですが、写真に付いて調べたりすることも
多いですが致命的なトラブルは有りませんよ・・更新は自動で
勝手に行っているようで、更新記録を見ると、何時も最新見たいな??
もっともWi-Fiは一切使っていませんが・・
多分、当りが悪かった???

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/73642691

この記事へのトラックバック一覧です: 生態系を守る:

« いかに座席を埋めるか | トップページ | 抗菌て »