今日のお天気は?

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 海の向こうで | トップページ | 時代の流れ »

2018年5月13日 (日)

航続距離で決めた?

○ 自由な妄想,半島の北の人々が「新幹線を見たら…」と思ってしまいました。電力事情が極端に悪い国だそうです。平壌以外の生活している様子を見てみたいものです。

 以前テレビで新平壌国際空港の様子を流していました。空港内は閑散としていました。免税店の品数も少なく,店員も手持ちぶさたの様子でした。

 国際空港と言っても,海外の航空会社で就航しているのは???考えられるのは,大陸と北の白クマくらいだと思います。帰りの燃料を提供してくれるのでしょうか。

 半島で冬季オリンピックが開催され,白ブタ君の妹や偉い人が特別機で南に来ました。飛行時間は30分あったでしょうか。映像を見て驚きました。

 Il-62ですよ,まさに”空飛ぶシーラカンス”ですね。国の偉い人が,スクラップ同然の飛行機を使っている国です。いかに貧しいのか,これでも分かります。

 最新鋭機,余り性能がよろしくないとの評判のTu-204(航続距離3600海里),An-148(航続距離2200海里)をもっています。やはりエンジンのパッフォーマンスが余り。

 Il-62…ソ連が威信をかけて開発した長距離機でした。この頃のソ連は西側の飛行機を持つことはありませんでした。軍需産業は盛んでしたがね。

 トランプおじさんと白ブタ君の初めての会談がどこで行われるか,マスコミは騒いでいました。いくつかの候補が挙げられましたが,もう限られていましたよね。

 「Il-62の航続距離が会談場所を決める」と言っても過言ではなかったと思います。まあ大変に恥ずかしい話ですが,実情はこうだったと思っています。

 この地球上で最も最貧国の一つに挙げられる北,国の一番お偉い人とてこの有様です。ミサイルに使うお金を間違えていました。時計は戻りません。

 南の情報だけでなく,国外の情報を制限(検閲)しなければ,国民が騒動を起こすと怖がっています。力による抑圧も限度が近付いてきたようです。

 白ブタ君が考える第一番は,国家の存続だと思います。三代にわたる金王朝だけの繁栄を願っているだけだと思います。自分達さえよければ,国民のことは…。

 仮に経済制裁が解かれ,海外からものが入ってきてもお金がない。最貧国であるだけにずる賢いものだけが富んでいく訳です。これが社会主義なんでしょうかねえ。

 前にも書きましたが,マルクスの理論は(一面において)素晴らしいと思います。しかし,机上の空論です。人の正直な気持ちといった要素が足りませんでした。

 かくして権力者とその服従者の階層がはっきりと分かれ,社会に新たな身分制度ができあがっていきました。ソ連の崩壊とロシアの誕生です。

 西洋人の思考はドライだと思っています。遊牧民族の典型的なものです。しかし,東アジアは農耕民族です。”土地”への執着度が格段に強いです。

 この本来農耕民族がもっている考え方を改めるには,相当な時間を要すると思います。単に「土地は国有」と宣言するだけでは,人の気持ちを踏みにじっています。

 どれくらい時間がかかるか予想もつきませんが,東アジアの社会主義国は消えると思っています。今繁栄している大陸ですら,足下は揺らいでいると思っています。

 白ブタ君がトランプおじさんにお願いするのは,地位安泰でしょうね。そのためならば核やミサイルの開発断念・破棄もするでしょうね。

 これで経済援助でもしてくれるならば,「おれのおかげでこの国は栄える」と(何も知らない)国民にえらそうに言えますからね。自分達だけが問題なんです。


○ ゴーヤ(ニガウリ)の発芽,成長が早いです。もう約2cm程になりました。たくさん蒔きましたから,成長具合を確かめながら間引きをします。

 ゴーヤの成長は早く,週の中頃までにネットを張っておこうと思います。朝日がもろに当たる私の部屋,ゴーヤの緑のカーテンは欠かせません。

 ゴーヤは病虫害に強く,頼りないほど細い幹や枝ですが,風にも強いです。沖縄で盛んに作られている訳が分かります。ただ放置しておくと最後に泣きますがね。

 
○ 今日の1枚
Dsc_3892


« 海の向こうで | トップページ | 時代の流れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/73476067

この記事へのトラックバック一覧です: 航続距離で決めた?:

« 海の向こうで | トップページ | 時代の流れ »