今日のお天気は?

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 快適さを求めて | トップページ | ゴミの山? »

2018年5月 4日 (金)

自己防衛

○ 高地でない限りもう暖房用灯油は使わない季節となりました。灯油の移動販売者の価格,この冬も随分ブレました。それにしても高かった。

 灯油の使用時期が終わったと思ったら,今度はガソリン代がみるみる上昇,毎週値上げが続いています。予想では,来週も値上がりが予想されているらしい。

 こうなると飛行機も石仏も指をくわえて見ているだけになります。せっかくの節約旅行(昨日のブログ)もガソリン代の値上げで帳消しです。

 石油製品の値上げは,国内使用の99%以上輸入に頼っているため,円安になるともろに影響を受けます。輸出産業は大喜びですが,ことは単純には運びません。

 値上がれば,私のような人間は車に乗る機会が(またまた)減ります。ガソリンスタンドへ行ったとしても,(遠出をしない限り)満タン給油はできません。

 消費の低迷=販売量の減少,ガソリンスタンドの経営に響きます。このことは過去に何度も書いてきました。さらに低燃費車の占める割合の高さです。

 折しも5月に入り,今年度の自動車税の納付が始まりました。車は税金の塊(いまだに贅沢なものとの考え方なのかしら)です。また探しました。

 ・自動車購入時にかかる税金:自動車取得税・購入した車両に対する消費税
 ・ガソリン税(揮発油税+地方揮発油税)or軽油引取税or石油ガス税+ガス代とガソリン税等に対する消費税+環境税
 ・自動車税or軽自動車税±場合によりグリーン化税制
 ・自動車重量税

 そして「ものを大切に」と相反する13年を経過した車は,自動車税・重量税が順次アップしていきます。まあ一種の環境税と言うんでしょうか。

 納税は国民の三大義務の一つと理解しています。車を持てば,他のものを買うように消費税が付くのは当たり前のことです。が,二重取りは理解しがたいです。

 これで消費税10%になれば,さらに車は税金の塊化が進みます。高速道路の普通車の通行量の高さ,(ETC)割引率の低さが,利用者の負担増につながっています。

 一部の都市部を除いて車は,生活必需品だと思います。半世紀前の車に対する考え方=税のかけ方をいつまで続けるつもりでしょう。国会で論議されないのかしら。

 国民生活全体に与える影響を考えれば,森友学園の割引なんて小さなものです。ただただ権力闘争(あるいは政争)になっているだけではないでしょうか。

 と余分なことを考えながら,車に関する諸問題をぶつけてみました。まあ年金生活者は,エコドライブ+少量給油で自己防衛するしか手はなさそうです。


○ 例の積水ハウス,展示場の前にスーツ姿の二人,無視して歩きました。しばらくすると後ろから追っかけてきました。店長と張本人でした。

 さすが管理職,言葉使い・態度ともに素晴らしいと思いました。が,張本人は口ではわびを入れていましたが,目は違います。反省している目ではありません。

 誰でも失敗はあります。そこで学び取ることが大切です。言葉を換えるならば,自分磨きの場面です。彼は自分磨きの場すら逃していると思いました。

 失敗,それをプラス思考でさらなる人間性を高めることです。あれだけふてぶてしい態度の人間が,一つの失敗から学ぶ場でした。いずれ彼も分かるかなあ。


○ 今日の1枚
Dsc_2071


« 快適さを求めて | トップページ | ゴミの山? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/73421431

この記事へのトラックバック一覧です: 自己防衛:

« 快適さを求めて | トップページ | ゴミの山? »