今日のお天気は?

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

撮りたい

○ GSの電光掲示板,驚きの数字が並んでいます。皆さんの地域ではどうでしょう。これでは物価指数を押し上げるだけで,消費意欲は減退するのではないでしょうか。

 例え遠征をしても車中泊しか防衛手段はありません。まあ天気予報を見ていると(どこも予報がコロコロ変わります…予報が難しい?)梅雨同然ですね。

 私は,ひたすら上州の石仏探訪の候補地を検討している毎日です。撮りたい石仏…一日当たり20数カ所…道の駅そして入浴施設,いろいろな要素を加味しています。

 今までの経験より,この事前の検討がなされればなされるほど,現地へ行って楽をします。無駄な動きが減ってきます=ガソリンの節約につながります。

 それに私は(自分で言うのも何ですが)運転に自信がありません。ナビに頼っていると,却って無駄なことも何度も経験してきました。地図の更新をしていないから。

 ナビと言えば,私は余程のことがない限り画面は真っ黒です。たまに人を乗せると,「ナビが壊れているの?」と聞かれます。面倒だから「そうです」と答えています。

 そして石仏探訪の折,ナビをつけても道がないことが多々あります。ナビの便利なのは,都市部だけなのかしら?私の場合,あまり当てにしていません。

 一番いいのは,地元の人のアドバイスです。上州の地図を持っていますから,それを見ながら教えていただくのが,一番確実な方法だと思っています。

 先程事前の検討と書きましたが,いかに一筆書きで回るかも大切なことです。一日に回る候補地を頭の中にたたき込んでおくと,かなり要領よく回れます。

 もう一つ,ナビをあまり信用しない代わりに,タブレットの地図アプリ(Mapion)を見たりします。これはナビよりもかなり細かな所までできています。

 これも今までに何度もあったことですが,撮りたいものが他に移されていたり,盗難になって存在しないこともあります。こういったときはガッカリします。

 それと地元の方(ご高齢の男性)でも首を傾げると,心細いやら悔しいやら,何とも複雑な思いを経験します。路駐時間も気になりますしね。

 不思議なもので,信州でもそうでしたが,上州でも山間部に撮りたいものが残っているんですよね。ところが訪れると,人の姿が見当たらない…これもガッカリです。

 いくら事前に検討を重ねても,ポイントがはっきりと分かるものは,本当に少ないです。行ってみて,(今までの経験を生かし)ありそうな所を歩く訳です。

 散歩を再開しましたが,石仏探訪で一日に歩く歩行数は,散歩よりもはるかに多いです。「撮りたい」と言う一念しかありません。おかしなことに興味をもったものです。


◇ 凄いなあ
”シンガポール航空は,シンガポール-ニューアーク線の直行便を10月11日から当初週3往復で開始し,追加のA350-900ULRを受領後の10月18日からは毎日運航。飛行距離は9000海里(1万6700km)。所要時間は18時間45分,世界最長の商業路線。
 シンガポール航空は2004年から2013年まで,A340-500でシンガポールからロサンゼルスとニューアークへの直行便を運航。同機の返却により運休していた。ニューアーク線はおよそ5年ぶりの再就航。
 同社は現在,北米4都市に就航,ニューアークが5都市目。ニューヨーク(ジョン・F・ケネディ)へはフランクフルト経由,ヒューストンへはマンチェスター経由,ロサンゼルスへは成田・ソウル(仁川)を経由し乗り入れ,サンフランシスコへは直行便のほか,香港経由便も設定。
 今後,A350-900ULRによるロサンゼルス直行便も計画。直行便の就航後も,成田・ソウルの経由便も継続する見込み。
 A350-900ULRは,燃料システムを改良,燃料タンクを追加。最大離陸重量(MTOW)は280tに増加し,航続距離を最高9700海里(約1万7964km)または20時間に伸ばした。燃料タンクの容量は,A350-900より2万4000l多い16万5000l。
 シンガポール航空は,A350-900を67機発注,21機を受領済み。67機のうち7機がA350-900ULRで,2015年10月に発注してローンチカスタマーとなった。
 初号機は9月に受領する見込み。座席数は2クラス161席で,ビジネス67席,プレミアムエコノミー94席。エコノミーは設定しない。”

 18時間45分…1日の3分の2を飛行機の中で過ごす!エコノミークラスはなし!当然でしょうね。そこまで直行便にこだわる理由が理解できません。


○ 今日の1枚 
Sdsc_5226


2018年5月30日 (水)

黒カビ退治に挑戦

○ 湿度の高い日が続いています。不思議なもので,人間,暑さよりも湿気に弱い人が多いのではないでしょうか。汗をかいて汗が乾かない,これが辛いです。

 高湿度が大好きなものの一つにカビが上げられます。風呂場の”黒カビ”をとりたいと思い,いつもの塩素系のカビ取りをスプレイ,約30分後に洗い流しました。

 しかし,この方法ではなかなか長続きがせず,また”黒カビ”が出てきます。逞しい生命力です。風呂場=高湿度=カビが大好きな環境ですからね。

 ネットの記事に”ライオン:ルックプラス おふろの防カビくん煙剤”がありました。散歩の後に近所のドラッグ・ストアへ行って買ってきました。

 これって例のゴキブリ駆除剤の亜流ですよね。生命力逞しいゴキブリ,各社いろいろな駆除剤を開発・販売していますが,その効果はあるのでしょうか。

 先日カビ取りスプレイをしたばかり,今のうちに新しい薬を使って”黒カビ”退治に挑戦です。なんでも効果は約2ヶ月,梅雨の間は安心?

 煙ですから,締め切っておけば風呂場の至る所に薬が行き渡ります。”主夫”といたしましては,家の中の管理をしっかりやらないと…。(楽をしたいだけ?)

 これで”黒カビ”が発生しないならば,現状と変わらないことになります。約2ヶ月後,使用後の報告をしたいと思います。小さな楽しみを見付けました。

 そうそうドラッグストアの帰りにホームセンターに立ち寄りました。目指すは,”売れ残り商品”なり。サルビア/マリーゴールド/コリアンダーなど9種類の苗で820円也。

 サントリーの黄色いミニトマトなんぞたたき売り状態,遅く植えて立派に育てる。コリアンダーは独特の匂いがしますが,朝食のサラダに混ぜるためです。

 なかでも鷹の爪は,30円でした。私はいろいろな料理にあの辛い鷹の爪を入れます。しっかりと乾燥させれば,一年間使いたいときに使えます。

 これらの苗は,GW前はとびきり高い?値段で発売されています。先程も書きましたが,残り物の苗をいかに大きく育てるか,これも楽しみの一つです。

 一つ残念だったのは,サニーレタスの苗が売り切れてなかったことです。今は毎日のように食していますが,次のことを考えると苗が欲しかったです。


○ 茅ヶ崎市での高齢者の起こした人身事故,不思議です。「赤信号は分かっていた。横断する人はいなかった。行けると思った。」と伝えています。

 また尊い一人の命が奪われました。歩道を歩いていて命を奪われる,ご家族の気持ちを思うとハンドルを握るのが怖くなります。運命なんでしょうか?

 私は歩く機会が増えてきています。いろいろなぼやきを書いてきましたが,まだ命は保っています。が,いつ何時このような事件に巻き込まれるか,私の運命は?

 道路は自分一人のものではありません。最低条件として,信号を守りたいものです。赤信号に変わっても平気で交差点に進入してくる車は絶えません。

 急ぎたい気持ちは同じです。万が一事故を起こしたら,果たして本当に急がなければならなかったのか,後悔先に立たず。なかなか事故は減りませんねえ。

 こう考えると,人間便利な乗り物を発明したものです。移動運搬手段としては,最高の乗り物です。それを動かすのは人間,ミスはつきものです。

 ミス=事故とはならないかも知れませんが,牛馬の時代と較べれば,人命を奪う事故は増えています。自分や家族の人生を狂わせる事故,恐ろしいです。


○ 今日の1枚
Dsc_2036


2018年5月29日 (火)

競争原理が働くなくなった

○ "go go gas"を見ると,全国的に石油製品の値上がりが続いています。レギラーガソリンは,150円を超えていきました。さらに値上がりが予想されています。

 今までは,防衛手段を講じて”満タン給油”を敬遠するドライバーが増えるのですが。それでも強気の値上がりが続いています。どうなっているのでしょう。

 自動車製造メーカーの収益もどんどん上がっています。燃費のいい車は,税制上の優遇を受けることができますが,結局売るための優遇のような気がします。

 何度も書きましたが,(アイドリングストップ車の)バッテリー一つとってみてもドライバーの負担が増しただけです。ほとんどの車が石油製品に頼っています。

 半島問題が(今のところ)落ち着きを見せていて,NYの石油製品の値下がりが始まりました。OPECやロシアも「ここで儲けたい」と動いています。

 ネットで調べてみると,
”17年3月末を期限とした「第2次エネルギー供給構造高度化法」で,元売り各社は原油処理能力を日量約40万バレル削減した。国内全体の供給量の約1割が減った。プレーヤーを減らし,供給量を絞り込んだ。”

 つまり石油精製能力を調整した,それも国の力を借りてです。国の動きに疎い私が悪いのですが,こんな限定法があったとは知りませんでした。

 国上げて自動車製造メーカーや石油精製業界を保護している訳です。そこにはGS経営者や我々ドライバーのことなぞどこにもありません。高速道路の割引と同じです。

 それでも年間約1千軒のGSが廃業していっているそうです。国は業界の援護射撃として,EVスタンドや水素ガススタンドを増やすよう声をかけていますが…。

 全国のGSにそのような投資ができる経営者は,一体どれだけいるのでしょう。疑問です。GSの経営自体,高燃費車の登場で減ってきているのに…。

 JXホールディングス(エネオス)と東燃ゼネラル石油(モービル/エッソ/ゼネラル)が経営統合も痛い。市場の半分以上を占める会社の登場です。

 つまり供給量を減らし,かつ元売り会社も経営統合し,「我が国の石油製品は適正なる競争原理が働くなくなった。」と言うわけです。値下がりの要因が見当たりません。

 円安を理由に値上げをし,円高になったらほおかむり,ひたすら利益を生み出す仕組みです。これに国が強力にプッシュ,苦しいのは国民だけか。


○ これまた散歩中での出来事です。横断ほどの手前で待っていました。なかなか両方向の車は止まってくれません。そこへパトカーが登場,止まってくれました。

 渡ろうとしたら,左側から来た車は普通のスピードで走り去って行きました。確認しなければ…。「あれっていいの?」「どうでしょう」だって。

 近くのグリーンベルト沿いにある横断歩道では,頻繁に”歩行者保護違反”を検挙しているんですが,ここではやる気がないようです。

 同じ違反をしてもあちらでは検挙,こちらでは無視ですよ。それに「どうでしょう」はないですよね。左側を確認しなかったら,私はもしかしたら…。

 その後川沿いを歩いていると,川の中になにやら…。足を止め,橋の上から眺めると10匹近くの亀さんがプカプカ,近くに亀さんの巣でもあるのかしら。

 よく見ると,亀さんの周りに黒い影が…。軽く50cm以上ある鯉さんです。さすがこの大きさになると泳ぎも堂々としたものです。そしたらまた1匹…。

 亀さんと黒い鯉さんを見ていると,どういう訳か赤い鯉(錦鯉)が1匹(こちらは40cmくらいかな)まで登場です。これで川の水が濁っていなかったら…。

 散歩から帰り小休憩,カメラを持って再び散歩です。I氏宅のバラの撮影です。が,今年は高温のために開花が早く,もう終わり?ガッカリです。数枚撮ってお終い。


○ 今日の1枚
Dsc_4626


2018年5月28日 (月)

梅雨入りが秒読みの段階

○ ふと思い出そうとしてもなかなか思い出せない,こういったことが日常茶飯事になりつつある私です。朝食後に薬を飲んだのか,不安になることもあります。

 女・子どもがいなければ,週末だとも分からない。曜日が分かるヒントは,家の前にあるゴミステーションのゴミの種類?これまた情けないことです。

 最近怖くなってきたのが,このほかにも視力の衰え・糖尿病・アルツハイマー病などが上げられます。どれ一つとってみても周りに迷惑をかけるものばかりです。

 女優:朝丘雪路さんがアルツハイマー病であったことを知って驚きました。それでも自宅で家族に見守られて息を引き取られたそうです。うらやましい最後です。

 (それにしてもこの芸名は不思議です。普通”朝丘”って”浅岡”と書きませんか。今までの人生で朝丘という名字の人に出会ったことはありません。)

 こう弱気になったのは,先日横になっていたこともあります。普段の生活の中では,健康のありがたみを感ずる人は少ないと思います。入院すれば…。

 「(私のような)貧乏人ほどお金に固執する」とも言われますが,今の私にとってはそれ以上に健康に固執したい気持ちです。(健康になれば忘れるかも?)

 毎日が黙っていても過ぎていきますが,計画を立てたくても身体が十分に動かないと,ストレスだけが溜まっていくような気がします。

 そんな私でも”値上げ”には敏感です。特にこのところの石油製品の値上げには驚いています。レギラーガソリン150円は,当たり前の価格となってきました。

 例のイラン情勢の悪化=不安定が原因と言われ,石油製品の値上げは世界的な傾向のようです。トランプのおかげで世界中が迷惑至極,とんでもないやつだ。
 
 まあ梅雨入りが秒読みの段階となってきました。遠出することも困難ですから,近場は徒歩,ガソリンを使わないようにしようかな。節約ですな。

 リュックサックを担いで図書館へ行って本でも借りてこよっと。一番節約生活がこれです。まだ完全には完治していませんから,ゆっくり歩いてね。

 最初の話に戻りますが,「ここってどこ?」と言った状態ではありません。加齢による健忘症,まだアルツハイマー病は先になりそうです。


○ だいぶ足の状態はよくなってきましたが,違和感は残ったままです。それでも身体を慣らす意味からもスローペースで歩き始めました。(距離は半分ですが)

 帰宅すれば,雨上がりの庭はあっという間に草原状態です。また毎日少しずつ草抜きが始まります。カモマイルも引っこ抜いて処分をしなければなりません。

 2週間以上前,一端は収まったかのように見えたロウバイの病気,再発してきました。樹形は崩れますが,思い切って病気の枝だけは切ろうと思います。

 雑草と較べれば成長の遅いゴーヤ(ニガウリ)ですが,だいぶ伸びてきました。そこでネットを張ることにしました。久し振りの脚立,怖かったです。

 これでつるがネットに絡んでくれば,立派な日よけになります。頭の中には,ゴーヤチャンプルの美味しそうな匂いが浮かんできました。

 日よけとゴーヤチャンプル,これこそ一挙両得ですよね。風にも日照りにも強い作物,土を深く掘り,土を入れ替えて準備してきました。今年も期待しています。

 使った土は,昨年プランターで使ったものです。天日にしっかりと干し,腐葉土+鶏糞を混ぜ合わせたものです。これも再利用,経費節減の一端です。


○ 今日の1枚
Dsc_7155


2018年5月27日 (日)

田植えの真っ最中

○ 接続が遅いのか,最新なのか分かりませんが,windows10 updateがありました。今回は,まだ許容範囲内のものでした。しかし,電波状態の悪いタブレットは…。

 歳をとると使い慣れたものを重宝しますが,やはりタブレットではもっと軽いOSのものを選ぶべきでした。3代目を購入するときは,windowsから離れます。

 さて,散歩をしていると田植えの真っ最中です。私達が食する大切なお米を作っています。ありがたいことです。そろそろ梅雨に入りますから,いいタイミングです。

 どこの作業を見ても田植機を使っています。と言うのも,半世紀前私は田植えをして実家のお手伝いをしたものです。子どもであっても腰痛に悩まされました。

 田植機ならば,じいちゃんばあちゃんでも田植えをすることができます。田植機のお値段を調べたら,約60万円くらいです。オプションを含みません。

 田起こしをするには別の農機具が必要です。米作りをするにも多大な投資が必要なことが分かります。こういった農業が,はたしていつまで続くことやら。

 もう一つ,これは驚きました。ハウジングセンター横に某メーカーのモデルハウスを作っています。4棟作っていますが,2棟はまあ普通の家です。

 1棟は,かなり大きな代物でして相当なお値段だと思います。最後の1棟,これが目を見張るものです。一番大きなモデルハウス,しかも現在は地下室の工事中です。

 まだ作業前と言うことで,監督らしき人にくだらない質問を浴びせました。地下室中央にくぼみがあります。「あそこには大きな金庫でも?」「エレベーターです。」すご!

 地下だけで6部屋あるそうです。「地下水は入ってきませんか」「入ってくることを前提に壁を二重に作ります。」だって。トンネル工事と同じですよね。

 いろいろな新築住宅現場を見てきましたが,これ程大きな地下室をもった家は初めて見ました。「高いですよね」「まあ手が出ないでしょうね。」だって。億単位?

 そう言えば,川口の御大はオフィイス・貸倉庫・貸し駐車場と手広くやっておられます。川口の長者番付の常連です。風貌も見るからにリッチマンです。私と対照的です。

 以前も書きましたが,「富の集中ここにあり」とはこのことです。豊田の御大に付きましては,小生の誤解もありましたから訂正をさせていただきます。

 戻りますが,地下室があるならば防音効果は抜群ですね。これこそ夢のリスニング・ルームができます。好きな音楽を周りを気にせず聴くことができます。

 
○ 九州南部が梅雨入り,恐らく今週には関東以西の地域も梅雨入りするような気配です。約1ヶ月後に夏至が来るというのに…。雨を待っている人もいますがね。

 昨年の今頃を思い出してみると,散歩の途中で見付けたI氏のバラを何度も撮っていました。雨上がりの時や曇天の時に行きました。

 各地のバラで有名な場所は,バラの開花時期の入園料はアップします。理解できますが,それまでしてバラの撮影にはこだわっていません。

 曇っていますから,ISOを曇天モードに切り替えることから始まります。マクロ・レンズがあれば最高ですが,これまた私には無理な話です。

 花の写真は難しいです。と言うのも,「おっ,あれいいな」と思ってレンズを向けると,花びらに虫食いの跡がある。バラや水芭蕉で何度泣いたことやら。

 個人的には,バラの撮影はやや斜めから花びらを撮るのが好きです。ですから曇りの日でないと花びらに影が出てしまいます。コントラストもきつくなります。

 市の植物園と併せ,今週の予定(目標?)にバラの撮影を入れます。飛行機・石仏が無理ならば,花がある。私のささやかな楽しみです。


○ 今日の1枚
Dsc_0050


2018年5月26日 (土)

考えられない

○ 山梨県教委の発表ですが,ブラック・リストに載っていますかねえ。
”教諭の平日の平均勤務時間は,小学校が11時間20分(全国調査11時間15分),中学が11時間30分(同11時間32分),高校が10時間58分,特別支援学校が10時間40分。教員の中で最も長かったのは,小学校では教頭で11時間55分,中学校でも教頭で11時間45分。高校では教諭が最も長かった。
 週60時間以上勤務している教諭の割合は,小学校は26%(全国調査34%),中学は53%(同58%),全日制高校は38%,特別支援学校は10%。労働基準法が定める労働時間(週40時間)を基準とした場合,週60時間以上だと1か月の超過勤務時間は80時間以上となり,脳卒中や心疾患で死亡した場合に労災として認定される目安として国が示している基準の「過労死ライン」に達する。
 教員の仕事は正規勤務と残業が区別しにくいために残業代は支払われず,代わりに基本給の4%分が上乗せされる。勤務時間に応じて残業代を支給する必要がないため,校長や教頭が勤務時間を管理したり長時間労働を抑制したりしようとする意識が働きにくいと指摘されている。勤務時間を意識させるため,県教委は4月から県立学校の教員に出退勤時間を記録させるようにしている。”

 自分自身を振り返ってみれば,現役時代最も多忙だった頃は,”セブン-イレブン”が当たり前でした。コンビニの名前ではありませんよ,出勤-退勤時刻です。

 これは大昔の話ですよ。しかし,上記の記事は山梨県の現在の実態を示しています。時代錯誤も甚だしいし,今まで誰も手を付けてこなかったのも疑問です。

 この山梨県の学校の調査,驚きました。要領が悪いのか,人手不足なのかよく分かりませんが,(恐らく)学校全体がこういった雰囲気なんでしょうね。

 新聞を読むと,文科省はこんな勤務実態には関係なく,教育現場にどんどん新しいことを求めています。増えることがあっても減ることがないんでしょうか。

 文科省は,永田町では弱い部類の役所です。お騒がせな財務省からお金を回してもらえないから,いつまでたっても教員の増加は見込めないと聞いています。

 ”基本給の4%上乗せ”が効いているのでしょう。出退勤時間をやっと記録させるくらいですから。残業は当たり前,上限なしが当たり前なようです。

 「健全な身体に健全な精神が宿る」としたら,山梨県の教育現場は(そのほとんどが)おかしいことになります。管理職は,この実態を異常と思わないのでしょうかねえ。

 ”働き方改革”と言っていますが,この数字を欧米の教育関係者が知ったら,「日本の教育現場は狂っている」と感ずることでしょう。考えられない数字(時間)です。 


○ こんな軽い処分なのかしら
”同僚の交通違反を見逃したとして,警視庁は,犯人隠避容疑で第8方面交通機動隊に所属する白バイ隊員の男性巡査長を書類送検し,停職1カ月の懲戒処分とした。巡査長は容疑を認め,「面識はなかったが,反則切符を切れば嫌がらせを受けるかもしれないと思った」と供述しているという。
 巡査長をそそのかしたとして,交通違反をした第9方面交通機動隊の男性警部補も犯人隠避教唆容疑で書類送検し,訓戒処分とした。
 巡査長の送検容疑は1月20日,東京都国立市の都道でパトロール中,禁止区間で車線変更した乗用車を取り締まった際に,運転していた警部補に反則切符を交付せずに立ち去らせた疑い。巡査長は警部補が警察手帳を示し所属を名乗ったため,「今回は指導警告にします」と告げて見逃した。警部補は非番で家族が同乗しており,「悪いのは俺だから切符を切ってもいい」と促したが,巡査長は断ったという。”

 例え初めての道であっても道路標識を見逃した者が悪い。大昔,神戸で一方通行無視として違反切符を切られたことがあります。「慣れない道だから」は通用しません。

 「どこに標識があるのか」を尋ねたら,車を降りて連れて行かれました。成る程一方通行の標識がありました。が,非常に見辛い場所に立っていました。

 しかし,一方通行無視を認め,泣く泣く切符を受け取りました。これが「同僚だったら見過ごされるのか」と思うと,合点がいきませんねえ。

 これで停職1ヶ月や訓戒処分とは,桜田門は身内には優しいと思います。違反を見逃すことで停職1ヶ月,冗談じゃないですよね。身内に厳しいのならば納得できますが。

 こういったことをするから,国民から厳しい目で見られるんです。桜田門の組織も腐っています。そして随分時間が経っているのも不思議です。


○ 今日の1枚
Dsc_9071


2018年5月25日 (金)

責任ある行動は?

○ 華のお江戸には,時ならぬ大風が吹き荒れていますねえ。財務省関係の2件の問題そして日本大学問題(もうアメ・フトではありません)です。

 まずは国会,恐らくアベちゃんは逃げ切れると踏んでいると思います。野党,アベちゃんを倒すことに力を注いでも,何も変わりませんよ。

 自分達と手を取り合ってこの国をよくする,その為には自分達は何を目指し何に心がけなければならないのか,はっきりしているのでしょうか,疑問です。

 一国の宰相が軽々しく「この問題で私及び妻が…」と答弁しました。ここに忖度の最大の原因があります。官邸に頭が上がらない組織を作ってきたのですから。

 私が一番期待しているのは,自民党の良識ある人々の行動です。単に首相(総裁)を狙うだけに終始するならば,この国はいつまでたっても変わりません。

 これは責任政党として責任ある政権運営をしていく気概をもった人,こういった人を選び直して欲しいと言うことです。安倍・麻生・菅ラインは,腐敗しています。

 日大問題ですが,こちらもトカゲのしっぽ切り,責任転嫁に終始していると見ます。学校教育がここまで腐敗しているとは,学生もOBも悔しい思いをしていると思います。

 テレビのワイドショーでは,批判ばかりの内容,これまた恥ずかしい番組構成です。(己に責任がないから)言いたい放題です。教育の場であることが大前提です。

 7万人以上も在籍する日大,一人一人の学生に最高学府としての教育を保証しているのでしょうか。監督・コーチも遅かったが,一体学長は何を考えているのか。

 このことに関して,マスコミは一度も声を出したことがありません。学内で起こったことの最高責任者は,学長です。この問題に関してどう対処するのか,聞いてみたい。

 例えば,トヨタの不祥事には社長自らが陣頭に立ち,説明責任を果たそうとしてきています。これがトップの役割で,ふんぞり返っているのが仕事ではありません。

 こう考えていくならば,役人の不祥事であれ,学内の部の不祥事であれ,常にトップが責任ある行動をとることが問題解決につながるというものです。


◇ 現在青組の国内線では,B777-300(514),B777-200(405),B787-9(395),B787-8(335),B767(270),A321(194),A320(166),B737-800(166),B737-700(120),B737-500(126),DHC-8(74)の11機種が就航しています(座席数には,プレミアム・エコノミーを含む)。

 これでB787-10が導入されれば,B777-200と重なります。と言うことは,順次これに置き換えていくのではないでしょうか。A320とB737-800は重なっています。

 B737-500は機齢が一番古く,早急な置き換えが必要となっているものです。先日も整備員の教育に1機提供され,商業運航から外れています。

 B737-500,DHC-8の置き換えにMRJ(90)を考えて注文を出したのですが,未だに何ら音沙汰なし。未確認ながらMRJ(70)の開発に切り替えるとも…。

 青組では急ぎB737/DHC-8のリース?をしていますが,全く先の読めない状況のようです。やはりB737-500の置き換えができず,次の一手が出てきません。

 誰しも不思議に思うのは,B737-800とA320の運用です。この両機の同時運用は,無駄です。(A380も問題ですが,ここは国内線だけに絞って考えていきます。)

 B737-500に次いで古いのが,B767-300です。相当数貨物専用仕様になりましたが,今なお国内・国際線で活躍をしています。座席数を見れば,使わざろう得ない状況です。

 国内線の準幹線路線を任せられる機材が,B767-300以外ありません。これはライバルとて同じです。B787-8では大過ぎるでしょう。B737 Max10では小過ぎる?

 いずれにしても青組のフリート構成は,何か釈然としない面があります。と言うか,随分無駄なお金を使っているように素人には見えます。

 たった3機のA380,数の上ではB737-800が屋台骨を支えているのに,A321/A320を買い足すやり方です。これでは儲けても儲けても不要な出費をしている気がします。

 ついでに赤組の国内線を見てみますと,青組の半分以下のの4機種に絞っています。系列会社ではユニークなものもありますが,本体だけを見ます。
 (赤組:B777-300,B777-200,B767-300,B737-800,これにB787-8が加わります。)

 これだけスペア・パーツは少なくて済みます。と言うことは,無駄な出費をいかに最小限にしているかが分かります。A300/MD90/MD81/MD87などは,切りました。

 経営方針の差と言ってしまえばそれまでですが,所有フリート構成を見ると,無駄使いの多い会社だと思ってしまいます。A380導入がとどめでした。


○ 今日の1枚
Dsc_2234


2018年5月24日 (木)

弱い者いじめ

◇ こんなところにも汚いやり方が
”航空燃料の販売をめぐり,同業者の取引を不当に妨害した疑いがあるとして,公正取引委員会は,独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで,業界大手のマイナミ空港サービスを立ち入り検査した。
 マイナミ社は遅くとも数年前から八尾空港で取引先に対し,同業者から燃料を購入すれば「混合した場合の安全性を保証できない」などと指摘。安価に燃料を供給する同業者の取引を妨害した疑いが持たれている。同業者から燃料を購入した取引先には「事故があっても責任は問わない」との趣旨の書類に署名させるなどして,事実上,自社から購入するように仕向けていた。国土交通省によると,航空機の燃料は規格が同一であれば,混ぜても問題はないという。
 マイナミ社は地方空港などで,ヘリコプターや小型プライベートジェット機に燃料を供給。警察や消防,自衛隊,報道機関などを主要得意先として抱えている。” 

 己の利益を第一に考え,相手の損益には目も向けないやり方,マイナミに限らず全ての経済活動に言えることです。競争原理は,どちらにも益があるものです。

 独占禁止法は,歴史の上に立った反省の結果生まれたものであり,人類の知恵です。それに逆らう経済活動は,およそ経営者のすることではないと思います。

 「混合した場合の安全性を保証できない」などは,まさにパワハラであり,立場を利用した悪質な行為そのもの。自動車で言うならば,違うGSで給油できないのか。

 日本の石油精製製品は,国の基準に沿ったものが販売されていると思っています。旅先で日頃とは違ったガソリンを給油することは,よくあることです。

 私なんぞ,"go go gas"を見て,安いGSを見付け給油しているくらいです。それでエンジンが不調になるならば,粗悪ガソリンということになります。

 今回の場合で言うならば,異なった空港で異なった業者からは給油できないことになります。「国際線の飛行機は,安全性を保証できない」と言うことでしょうか。

 弱い者いじめ,己の独占的な利益,業界最大手の会社がこのような姿勢でいること,恥ずかしいと思わないんでしょうかねえ。考えられない商法です。汚い!

 いつものごとく話は大きく変わりますが,久し振りに車の運転(左足ブレーキ)をしました。GSの電光掲示板,ほとんどが150円オーバーです。

 これでは遠征を苦しいです。撮りたい気持ちはあふれるごとくありますが,懐具合が…。楽しみを我慢することは辛いですが,背に腹かえられません。


◇ これが競争だ
”半島のLCC6社は,暫定集計で6社の1~3月期の売上高は1兆1760億ウォン(1202億6000万円)と前年同期比34.2%増加した。営業利益は1861億ウォンで130.9%急増。
 韓国の航空業界は,東南アジアや日本など路線拡充戦略が奏功し,業績が改善した。1~3月期にウォン高が続いたことも,航空機リースなどで外貨建て借り入れが多い業界にとっては追い風だった。
 チェジュ航空の売上高は前年同期比28.5%増の3086億ウォン,営業利益は70.6%増の464億ウォン。15四半期連続の黒字。ジンエアーは売上高が20.3%増の2798億ウォン,営業利益が55.8%増の531億ウォン。ティーウェイ航空は売上高が50.0%増の2038億ウォン,営業利益は194.0%増の461億ウォン,すでに昨年通年の営業利益に迫っている。
イースター航空は売上高1587億ウォン(36.1%増),営業利益220億ウォン(566.7%増),エアプサンは売上高1691億ウォン(33.0%増),営業利益167億ウォン(173.8%増)。エアソウルは,売上高が560億ウォンで337.3%伸び,営業損益は18億ウォン。
 一方,大韓航空は売上高が3兆173億ウォンで7.4%増加,営業利益は1768億ウォンと4.3%のマイナス。昨年従業員に支給した奨励金が反映された。アシアナ航空の売上高は10.0%増の1兆6028億ウォン,創業来最高を記録。営業利益も144.5%増の643億ウォンと,ここ3年で最も大きい。”

 例えば,福岡空港における半島のLCCラッシュ,距離的にも近いことがあってもの凄い数です。エアソウルは見たことがありませんが,他のものは…。

 半島でも国内旅行よりも海外旅行の方が安いと聞いています。飛行時間も短く(福岡~東京よりもはるかに使い),買い物・食事にでも気楽に行き来できます。

 買い物・食事にお金を使いたいから,飛行機は安全に乗ることができれば,ブランドにはこだわらないのでしょうね。それにしてももの凄い進出です。

 半島のガリバー:大韓航空・アシアナ航空もウカウカできません。最も大韓航空は,ピーナッツや冷水事件が大きく影響しているのかもしれません。

 いずれにしても仁義なき空の世界,これが競争だと思います。「安かろう不味かろう」
ではありませんが,安全運行してくれるならば,ブランドなんて関係がありません。


○ 今日の1枚
Img_1168


2018年5月23日 (水)

また出費が

○ 定期診断に行ってきました。「糖が下りている」と,ギクッ!脳裏を横切ったのは,おふくろさんです。長く糖尿病に悩まされ,目に来ました。

 中性脂肪を含め,血液検査の結果を待たねば全容は分かりません。心電図・X線撮影などは,無事パスをしました。胃カメラ・超音波・大腸癌検診が残っています。

 駐車場に向かっている時,ふと"BOSE"のことを思い出しました。次いでです○○アウトレットにある直営店に行って,料金の先払いをしてきました。優先権を得るためです。

 店内を見渡すと,アレッ!「何だこの値段は!」,私の買ったものが約2万円安く売っているではありませんか!「今年になって値下げしました。」とのこと。

 さらに「このモデルは製造中止です。現品限りのものです。」とね。これで故障したりすれば,修理に出せなくなる可能性だって…。ガッカリです。

 ガッカリと言えば,朝娘が「レンジに電源が入らない」と言っていました。帰宅し,車に壊れたレンジを積んで,いつものお店に行きました。

 「2010年製ですか,修理をしてもどれくらいもつかの保証,分かりませんよ」と。普通,製造後7年間は補修部品の保存が義務付けられているはずです。

 しかも修理の最低金額は,(電源が入らない故障の場合)約7千4百円だそうです。しかし,これまでの経験から1万○千円くらいはするそうです。

 日立製のものでしたから,同じ日立製のもので大きさが同じくらいのものを探しました。ありました。修理費の約2倍しましたが,買換の決断をしました。

 「リサイクル料・消費税分をサービスして(これが私の作戦)」と交渉,顔見知りの店員だけに商談成立です。テレビ・レコーダー購入の件を覚えていてくれましたから。

 買って8年目の故障,少々もったいない気がしました。しかし,修理費って本当に高いですね。作るのはロボット?,でも直すのは人間,人件費かなあ。


○ これをお読みの方は,昨日の日大アメ・フト部M選手(20歳)の記者会見を見られたと思います。また,ニュースでも見る機会がありました。

 あの会見内容が真実であるならば,もはや彼は加害者ではなく被害者ともとることができると思いました。大学部活動内でのパワハラです。

 彼は試合直後から自らの行動を悔やみ,被害者・その後両親及び関学関係者に詫びたい気持ちでいっぱいであったと思います。しかし事実は真摯に受け止めなければ…。

 「勝つためならば手段を選ばず」と言った意識,自分の気持ちを正直に相手に言えない雰囲気,これが教育の場なんでしょうか。汚い!この一言しかありません。

 日大が関学に提出した文書,もちろん関学及び被害者・保護者が納得できるようなものではありませんでした。「指示があったのかどうか」も文書で答えるとね。

 ここまで真実(会見内容をそのまま信ずるならば)が出てきて,「私,監督から降ります」では,話になりません。また,日大の対応の仕方にも問題があります。

 日大としては,まさか彼が記者会見を開き,時系列に説明したとなると,反論の余地はありません。大学の体質にもメスが必要になってきます。

 日大を除く関東のアメ・フト部をもつ大学,これは相当な危機感をもっています。徹底した原因解明を求めています。下手をすれば次年度からの新入部員も…。

 話変わって,愛媛県が県庁に残されていた文書・メモを参議院に提出しました。やはりアベちゃんは,従来通り「会っていません。話をしていません」と答えています。

 恐らく自分の政治生命の危険を感じていると思います。これだけ隠し通してきたこと,これからも隠し通せると読んでいると思います。違うかなあ。

 (これは私の勝手な推測ですが)柳瀬は,「あーやっぱり出てきたか」「あれだけ知らぬ存ぜずでアベちゃんをかばってきたのに…」。それでもシラを切るか。

 彼には日大の選手のような勇気もなければ,薄汚れた人生を貫くことしかないと思います。政治の世界の暗部ですよね。こういうのを”人間の屑”と言います。

 20歳になったばかりの青年,彼にはこれからも己を試す様々な試練があると思います。この貴重な経験を今後の自分の人生に生かしていって欲しいものです。

 あれ程好きだった「アメ・フトに魅力を感じなくなった」と言っていましたが,やはりくじけずアメ・フトを続けていって欲しいと思います。


○ 今日の1枚
Dsc_8674


2018年5月22日 (火)

日大も国会も

○ 4日半,自宅で横になっていましたが,やっと痛みが軽くなってきました。つくずく歳を感ずる私です。来週から散歩ができないものかと思っています。

 そろそろ「夏野菜の苗の売れ残りを買って植えようかなあ」と思っていた矢先のアクシデントです。仕方なく石仏探訪の準備に当ててきました。

 ところで,今日は健康診断の日です。無料項目の他に有料診断をして来ようと思っています。先日も書きましたが,”早期発見・早期治療”に心がけたいです。

 そして”胃カメラ”の予約も忘れずにやってきたいです。口から胃カメラを入れられることよりも,その前の喉の麻酔や注射の方が嫌です。

 そうそう健康診断時には,結構な血液を採取されます。こう考えるだけでブルブルする小心者です。小さい頃から注射は嫌いでした。あれって個人差があるんですよね。

 「どうか上手な人に当たりますように!」と願いを込めております。注射も胃カメラも上手・下手があります。胃カメラは,腕の立つ医者ですから安心しています。

 前回診察に行ったとき,何を考えているのか「おれは温室を作る」と言っておられました。突っ込んでみると,「ストレス解消」との回答でした。

 考えてみれば,今の町医者は”戦国の世”ですよね。歯医者のことは,以前書いた記憶があります。町医者=開業医の数も多く,生存競争が激しいようです。

 水曜・土曜の午後と日曜・祝祭日だけのお休み,お盆・年末年始もギリギリの休診です。しかし,このお医者さん,一日実労働は5時間半です。

 自家用車は,高級車AMGです。これは必要経費で落ちるんでしょうねえ。一度同乗させていただきたいものです。メルセデスに乗ったのは,海外のタクシーだけです。

 繁盛すればするほど自分の時間はなくなります。週休5日制をやっていたら,患者さんから敬遠されます。お金を稼いでも使い道に困っている?

 川口・豊田の御大のようにこの世の富が己に流れてくる,町医者も同じなんでしょうね。年金生活者には,まさに別世界の人達です。これが現実(富の偏り)です。


○ 新聞を始めマスコミばかりかお昼のワイドショーでも,例の日大のアメフト事件(問題ではなくなったようです)の話で持ちきりですね。

 明後日,日大が2回目の回答書を出すようですが,この事件の本質が分かっていて欲しいものです。教育の現場で監督(教育者)がどのような指導をしたのか,ここです。

 単に「自分が監督の場から去れば問題が解決する」と考えているならば,日大そのものの体質が疑われることにもなりかねません。本当に己の身の保身しか考えていない。

 私は前にも同じことを書きましたが,このことが起こって数日経った頃,「これって国会と同じではないか」と思いました。トカゲのしっぽ切りですよね。

 あれだけ審議を重ねながらも未だに森友・加計問題に納得していない国民,隠蔽・虚偽を重ねてきた政府の責任は,非常に重いものがあると思います。

 またまた愛媛県から新しい文書が出てきました。一部分ですが,やっぱりアベちゃん嘘を言っていたようで,柳瀬の必死のおとぼけも化けの皮がはがれたようです。

 残念ながら,内閣の支持率が上昇機運にあるということです。本当に世の中には,いろいろな価値観をもった人がいるものだと感心しています。

 これだけ長期間に渡って紛糾している森友・加計問題,佐川悪徳代官は不起訴と検察はしました。これを国民は納得するでしょうか。検察も権力には弱いですねえ。


○ 久々に白ブタ君らしいことがありました。核施設破壊の状況を視察するマスコミ(米・ロ・中・英)に対し,渡航費・取材費等で約3百万円を要求しているそうです。

 例えば,20人受け入れたら6千万円!国費に入ると言っても,自分の懐に入るのと同じです。もう用途不要な施設を破壊するための取材でお金を稼ぐことができる。

 白ブタ君のやりそうなことです。核施設やミサイルは,秘密のトンネルに隠しておけばバレることはありません。このことは過去にもやりましたよね。子どもだましです。

 先日も書きましたが,やはりリビア方式でないと白ブタ君の言うことは,全く信用がおけないことくらい分かるでしょう。トランプも馬鹿だよねえ。

 「己の大切が保証され,人権問題を追及されないとなれば,嘘の爆破ならばいくつでもしてやる」とね。経済援助と称して金をせびる,彼の本質は変わっていません。

 半島の南の大統領,トランプ,目先の餌に飛び付き,白ブタ君の本質を分かっていないようです。気に入らなければ「やーめた」と来ます。またオロオロ…。


○ 今日の1枚
Dsc_3620


2018年5月21日 (月)

成田国際空港開港40周年

○ 昨日(5月20日)は成田国際空港開港40周年,私も4分の1世紀以上この空港に通ってきました。「東京の手前(西側)にあったら」と幾度思ったことか。

 通い始めたころ,まずもって機動隊の尋問の多さに驚きました。撮影ポイントの探索(これも機動隊とのイタチごっこ?)も苦労しました。

 撮影ポイントの悪化は,日本の他の空港と同じです。カメラマンと犯罪者を同じ目で見ることは,なんら変化がありません。常に上から目線です。

 この春,地元との3本目の滑走路建設の合意が成立しました。反対住民の高齢化・羽田との競争激化など,裏にはいろいろなものがあると思います。

 そして未だに機動隊の手を借りなければならない空港です。この空港の建設が,閣議で一方的に計画を決め,土地を収用し,機動隊を投入して抑えこむやり方であったか。

 ”防人”ではありませんが,全国から1・2年の成田勤務を命ぜられ,(今では)「税金の無駄使い」と言われる仕事ぶりです。機動隊員も気の毒なものです。

 ゲート入り口の検問もやっと廃止され(監視カメラが代役),ターミナル(私の場合は余り行かないスカイデッキですが)への行きやすくなったこと。

 願わくば,第3滑走路が無事に建設され,「もう機動隊は要らない」と言われる空港になって欲しいものです。地域と共存できる空港になることです。

 これに関連して朝日新聞が一面を使って特集を組んでいました。これを読まれた方も多いと思います。随分勝手のいい解釈をした記事だと思いました。

 これまで述べてきたように,この空港は国の勝手な政策によって建設され,非常に使い辛い空港であることを分かっていません。霧・乱気流の多発する欠陥空港です。

 24時間空港である羽田との棲み分けを簡単に書いていますが,その経緯を見るならば,ことを簡単に片付けることは危険です。富=羽田・貧=成田のように受け止めています。

 さらに言うならば,LCC誘致…関西の成功…地方空港にまで,何とも理屈だけで地方格差を上から目線で述べています。国の施策の犠牲空港であり,その責任は国にあります。

 難しい工事となりますが,羽田に5本目・6本目の滑走路を作り,成田は縮小していく方がけじめを付けることにつながると思います。国の玄関に門限があっては…。


○ ”道の駅”,毎年毎年その数は増え,地域活性化の一つの原動力になっているそうです。一般道路を長時間走っていると休憩がしたくなります。いい場所です。

 駐車場・トイレは,原則24時間使うことができます。私なんぞ仮眠施設としてなくてはならない場所です。近くに入浴施設があるならば,尚のこと嬉しい施設です。

 しかし,大型車のエンジンかけっぱなしには頭を悩まします。静かな場所に大きなエンジン音,余計に大きな音に聞こえます。そこで自衛手段を考えました。

 (いつもながら)百均へ行って”耳栓”を購入,多少小さな音でエンジン音は聞こえますが,あるとないのでは大違いです。安物ですが,アイマスクも使っています。

 歳をとってくると,夜間走行は体への負担が大きいものです。昼間ひたすら下道を走り,入浴施設を見付け疲れをとり,道の駅で仮眠をするパターンがいいようです。

 水平になっては眠れませんが,例え斜めであってもできうる限り平らになるように,あれこれ工夫をしています。軽キャンも憧れましたが…。

 軽キャンを含めキャンピングカーには憧れますが,先立つものが…。憧れは憧れとしてとっておきます。まあそれでも車中泊,もうすっかり慣れました。

 横道に逸れますが,JRの豪華列車そして外回りのクルーズ船,私とは住む世界も違う人がたくさんいます。これも憧れ,いや夢でしょうねえ。

 前にも書きましたが,これに電源対策をプラスしたら,一人旅には最適な方法と思っています。あとは栄養管理を自分なりにもって食事をとることです。

 と言うわけで,地図と資料を見比べながら撮影ポイントを考えております。陽炎メラメラな空港よりも石仏探索の方が,この時期似合っています。

 
○ 今日の1枚
Dsc_3663


2018年5月20日 (日)

一条の光

○ ニュースを読むと,世の中暗い話ばかりです。そんな中藤井聡太七段の誕生は,一条の光が差し込むような快挙だと思います。素晴らしい昇進ペースです。

 私は将棋を指しませんが,一つの世界で道を極める(極めていく)ことは容易なことではないと思います。凡人から見れば,まるで夢のような出来事です。

 とにかく将棋が好きで,将棋に集中するために学業を断念するとも言われていました。結局高校進学の道を選んだわけですが,学業と将棋の両立となりました。

 これだけ社会の成長が早いと,長い目で見れば学んでおくことは自分にとってプラスになると思います。両立の困難さを覚悟の上で,さらなる夢を実現して欲しいものです。

 将棋にせよ囲碁にせよ相当先を読む,それも相手のあることです。相手の動きを予想しながらいかに勝利にもっていくのか,深い洞察力が必要だと思います。

 考えてみれば,社会という組織は一人では生きていくことができません。必ず自分以外の者との接触(関係)が生まれてきます。周りを読むことが必要になります。

 学業は学校という組織内で行われるものです。いわば実社会への準備の場であり,まずはそこで自分以外の者との関係構築に励んでもらいたいです。

 先程「長い目で見れば」と書きましたが,それはそういった体験を積んできた者だけが言えることです。”将棋馬鹿”では,世の中を渡りきっていくことは難しいです。

 自分自身,学業と将棋を両立させるべく努力,これが己が窮地に立ったときに役立つものと思います。難しいことだからこそ挑戦しがいのあるものです。


○ 「北の体制を保証する」,これが彼の政治なのか,他国の国民の苦しみよりも己の選挙で勝つことが優先するのか。アメリカには良心というものがないのか。

 噂に寄れば,誰もできなかった歴史的快挙をする=ノーベル平和賞が頭にあるのではないかと。エルサレムへの大使館移転しかり,これが平和への道だとね。

 私の生きている間にこれ程酷い大統領を見たことがありません。彼の顔,まさに死に顔です。なりふり構わず己の論理を他国に押し付け,脅しをかけるやり方です。

 アメリカ=正義とは決して思いませんが,北の非核化に関してはボルトン氏のリビア方式が正しいと思っています。北は秘密裏に核弾頭を隠すことでしょう。

 見せかけの核施設の破壊で騙されるよりは,徹底して非核化に向けての行動を起こすときだと思います。北の体制は彼らが決めることではありません。

 彼が民主主義の国家の大統領ならば,誰が国の体制を決めるのかは,自明の理です。有名なリンカーン大統領の名言を引っ張り出すまでもなく,国民です。

 中東情勢も彼一人に振り回され,不安定なものとなってきています。これは世界経済にも多大なる影響を及ぼすものです。世界のどの国もどの国民も影響を受けます。

 さらに言うならば,また彼の国では銃の乱射事件が学校で起きました。彼のうわべだけのコメント,銃規制をする=選挙に不利,本気で取り組み気持ちはありません。

 彼はアメリカの政治史に多大なる汚点を残し,歴代大統領の中で一番低い支持率という名誉を背負って生きて行くに違いない。再選されるならば,アメリカは終わります。

 この約2年間,自らが信頼をおいて任命したポストで何人が去って行ったことでしょう。彼の人徳のなさ,度量の狭さを垣間見る気がします。

 政治が商取引の場に変わり,何が正義で何が悪なのかすら分からないやり方です。彼の愛国心は,偽善者そのものです。相互に繁栄する社会,これすらない。

 歴史にもしもはタブーですが,あの選挙でクリントン氏が当選していたら,世界はこれ程迷惑・混迷を受けなかったと思います。それ程酷い人物です。


○ 今日の1枚
Dsc_3633


2018年5月19日 (土)

次の準備期間

○ 昨日は午前中から室温は25℃を越し,さらに湿度も高い一日となりました。東北地方から北海道にかけての豪雨,北に偏った停滞前線の影響でしょうか。

 週間天気予報によると,全国的に”梅雨”の状態に近いものがあります。こうなるとさらに空港からは足が遠のき,上州詣の準備に切替です。

 私は小心者です。動物,なかでも蛇は大変に苦手としております。草むらから突然出てくる蛇を見ただけで恐怖心が先に立ち,逃げる次第です。

 それだけに草の成長の早いこれからは,なるべく市街地の石仏を探索・撮影に心がけています。埼玉県・栃木県の県境から平野部にかけてが,次回の候補地です。

 ”日帰り入浴施設+道の駅”を考慮しながらの探索・撮影です。しかもなるべく”一筆書き”となるように回りたい,下調べがとても大切になってきます。

 地元~岐阜~長野~群馬と下道を使います。(前にも書きましたが)往路・復路ともに一日を計上(当然入浴が加わります)すると,本当に長旅(約350km)となります。

 上州詣もあと2・3回もやれば,だいたいのところは撮ったことになります。いや撮りこぼしも相当ありますが,そこまでこだわりをもっていません。

 まあ今一番気にかかるのが,燃料費です。近くのGSの電光掲示板では,150円間近です。当然海から遠い岐阜・長野・群馬は,それ以上と覚悟しなければなりません。

 燃料費・食料費・入浴費,節約できるのは…。コンビニを見たら停車・休憩も減らさねばなりませんかねえ。何ってコーヒータイムですよ。好きなんです。

 上州の次は,”越後”が控えています。ここは”棚田”を含めて回る積もりです。日帰り入浴施設+道の駅,ここにもいくつかの候補地があり,楽しみです。

越後の石仏は難しいです。今まで探索した地域とは比べものにならないくらい情報が少ないです。以前サイトがありましたが,某市だけのものです。

 越後にどれくらい時間を要するか分かりませんが,ここをやらないとどうにも気持ちが落ち着きません。まだまだ先の長い私の”石仏探訪”です。


◇ 記憶の隅にはあるのですが,かなり薄らいだものとなった"MRJ"。今年7月にイギリスで行われる”ファンボロー航空ショー”で飛行展示を行うようです。

 現在アメリカにて4機のMRJが,試験飛行を繰り返しているようです。曖昧なのは,情報が入ってこないからです。名古屋飛行場でも最近は忘れられた存在?

 「内部設計のやり直しに取りかかる」と言われ,その後の進展は…。聞くところによると,機体組み立て工場は閑散としているそうです。当然でしょうね。

 愛知県航空博物館(こういった名前かどうかも曖昧ですが)のオープンの時,博物館前まで引っ張り出され,ネットでも写真を見ました。意味のない展示ですね。

 以前から言っていますが,前?社長の初飛行時のコメントが忘れられません。よくもまああんなおおぼらが言えたものかと,未だに信じられません。

 私もMRJの渡米前に撮影しようと名古屋空港へ出動したものですが,これだけのブランクが空くと,冒頭にも書きましたが記憶からどんどん消えていってしまいます。

 青組にB737-500が何機もあります。青組は,これらをMRJに切り替えようと注文しました。が,五度の開発遅れの発表,慌ててDHC-8,B737を数機補充したものです。

 赤組の本音は,ボンバルディアやATRにあるように思えます。ここに来てE-195の増殖,JACのATR導入などを見ていると,MRJ購入はお付き合いのために嫌々かな。

 これで約2年後に青組に引き渡すことができるのか,はたまた六度目の延期があるのか,まいどお騒がせの機体です。あるいはキャンセルが生まれるのか?

 CRJ/ERJと言った小型機のガリバーの力,そしてエアバスやボーイングと言った中・大型機メーカーのグループ傘下となれば,MRJの生きる道はさらに厳しくなると思います。

 
○ 今日の1枚
Dsc_4265


2018年5月18日 (金)

無料(フリー)メール

○ 無料ホームページ”@ページ”の閉鎖に伴う作業は,いまだに細々と続いています。リンク切れがかなり残っています。根を詰めてやっていると,目も頭も…。

 世の流れに逆らう。コマーシャル料に頼る無料ホームページ運営にとっては,無理なようです。大手のみが残るような,それも小容量のみがね。

 昨日新聞記事の片隅に”無料(フリー)メール:exciteは9月18日に閉鎖”と言うものがありました。”無料(フリー)メール:goo”の閉鎖に次ぐものです。

 gooや@ページ同様,exciteも大変にお世話になってきた(いる)ものです。このメールアドレスは,いろいろなところで登録メールアドレスとして使っています。

 まだ約4ヶ月先の話ですが,直前になって慌てないように徐々に登録メールアドレスを替えていかなければなりません。これまた残るのは,大手ばかり。

 昨年末からの約半年で,私の使っている便利なものが次から次へと失われていきます。裏返せば,便利な無料なものほど姿を消していくということでしょうか。

 私が毎日読んでいる各種のネットニュース,これも有料記事が増えています。それだけではありません,広告も格段に増えてきています。運営が厳しいんでしょうね。

 ネットニュースの有料購読者が増えても(紙媒体の)新聞の購読者数が減っては,新聞各社の経営にプラスにはならないと思います。両立が難しいのでは。

 話を元に戻しますが,無料(フリー)メールまでが衰退していく時代が来るとは思いも寄りませんでした。登録メールアドレスにプロバイダー・メールアドレスは怖いです。

 インターネットの世界では,メールアドレスをIDとして使うことが多いです。アンドロイドの世界では,”googleのメールアドレス”を使っていますね。

 これなどまだ良心的なものです。これがプロバイダー・メールアドレスになったら,流出が怖くて使い物にならないとも思っています。

 こういった考え方は,多くの人がもっておられると思います。日常生活の中にインターネットが当たり前のように入ってきている時代,消えていくものもあるんですね。

 私にとっては,また一つ面倒な作業が増えたことが一番辛いです。一難去ってまた一難,ネット社会で生きていくのも楽ではありませんねえ。


○ 森友・加計問題だけが,疑惑ではないようです。連日報道されている関学VS日大アメフト問題,ここでも疑惑だらけの報道がなされています。

 日大:内田監督の雲隠れ?も何やら加計問題に似ています。この人,日大の中ではかなりの実力者であり,経営者から厚い信頼を得ているとも言われています。

 (野次馬根性丸出し)勘ぐった見方をすれば,日頃の厳しい指導の中でポロリと出た本音,当該選手はそれをまともに受け,反則をしてしまった。

 と言うのもゲームのVTRを見ると,当該選手の退場の場面では,日大の選手・コーチは何やら「よくやった,ご苦労さん」的な雰囲気がありました。

 日大チームの中では,あの行為は当たり前のことであり,何ら非難に当たらない雰囲気があったと思います。これぞまさに勝利至上主義の塊と言えます。

 こうした雰囲気,あるいはチームを作ってきた監督の責任は,非常に重いと思います。国政で言うならば,アベちゃんに当たります。アベちゃんは逃げています。

 日大としては,内田監督が泥を被るのを避けたいのでしょう。該当選手の責任と責任転嫁を図ろうと必死です。ここもアベちゃんとの共通点があります。

 この問題が社会問題にまで発展した原因は,まさにここにあります。問題が起これば,トカゲのしっぽ切りで済ませればいい,ボスが安泰ならばいいとね。


○ 今日の1枚
Dsc_2173


2018年5月17日 (木)

AFが危ない?

○ NIKON S/Cに行ってきました。「保証書は?」「???」,と言うことで一般受付に回されました。以前はセンサー・クリーニングだけでしたが,今はセット価格です。

 NIKONのサイトを見てもどこにも表記されていません。まあセット価格をやってよかったこともありますから,余りくどくは言いたくありません。

 と言うのも,ピンと調整がズレていたそうで,全般的に”後ピン”になっていたそうです。使っている本人は,そんなことを気にしたことがありませんでした。

 もう一つ(私には縁遠いことですが),ファームウェアの書き直しをしてくれました。自分でもできるそうですが,まあ慣れた人にやってもらった方が安心です。

 ただセンサー・クリーニングだけの頃は,朝一番に入ればものの30分程で終わった作業が,約2時間を要するのには参りました。暇つぶしに困りました。

 お昼にかかるので,久し振りに地下街を歩き,天丼ランチにありつけたことは嬉しかった。”天ぷらのひらお”を思い出しました。720円定食,あれはいい。


◇ 先日,AFR/AF&KLM/KLの経営状態が芳しくないことを書きましたが,一部訂正をします。経営状態の芳しくないのは,AFR/AFだけだと言うことです。

”エールフランスは今春の賃上げ交渉が難航し,経営側は「2021年までに7%の昇給」などの条件を示した。だが社員を対象にした投票で55.44%が反対して否決。エールフランスKLM会長兼最高経営責任者とエールフランス会長に就くジャナイヤック氏は,直後に二つの役職からの辞任を表明した。労組側はさらなる待遇改善を求め,スト継続を辞さない構えだ。2月以降のストの合計日数は2週間を超え,エールフランスの4月の乗客数は前年同月比9%下がった。KLMの乗客数は同月に5%伸びた。エールフランスKLMの株価も3カ月で約3割下がっている。”

 中東情勢が不安定なことが原因で,石油製品の値上がりが激しくなったことは,ご存じの通りです。飛行機も石油製品を燃料に飛んでいます。

 航空会社の支出の中で多いのが,航空燃料費と人件費です。航空燃料費は,これから秋口にかけて一段と値上がりが予想されています。燃油サーチャージも当然…。

 ただ航空燃料費は,どこの航空会社の経営に負担がかかることは同じです。違うとすれば燃費のいい航空機が占める割合くらいで,どこも大差がないと思います。

 問題は,人件費です。AFR/AFの売上高に占める人件費は30%位だそうです。参考までにBAW/BAは,約22%と言われています。いかに人件費が経営を圧迫していることか。

 AFR/AFは,AZA/AZの二の舞を踏む可能性が生まれてきた訳です。EU内の取り決めで,国は航空会社の倒産・再建に直接手を下すことは御法度です。

 AZA/AZは,長距離路線は比較的利益を上げているようで,現に日本への飛来への影響はなかった・ないと思います。しかし,EU内ではLCCにことごとくやられています。

 AFR/AFも同様で,EU内はLCCにことごとくやられています。AFR/AFの短・中距離での乗客数は17年,RYR/FRの3分の1しかなかったようです。

 長距離路線で稼いだものが,中短距離路線の赤字を埋めているようなものです。数年前にリストラに成功したかのように見えたAFR/AF,やはり人件費がネックです。

 日本のガリバー2社を見ても青組の人件費の高いことは,よく知られています。運行乗務員は,世界的的にも高額な給料をもらっているといないとか…。

 SAB/SNやSWR/SRと言ったナショナル・フラッグ・キャリアが消えて久しいですが,どうやら次が生まれる可能性が出てきました。さて誇り高きフランス人はどうするかな。


○ 今日の1枚
Dsc_2274


2018年5月16日 (水)

身体もカメラも…

○ 市から”各種健康検診の受診券”と”市長選”の知らせが送付されてきました。昨日は4週に一度の通院日,健康検診のために”問診票”をいただいてきました。

 ”問診票”に記入し,いつでも受診できることを確認してきました。その際,例年6月に行っている”胃カメラ”の予約をしたいと思います。一つずつ消化です。

 検診に熱心な理由があります。歳とともに体のあちこちにがたが来ます。”早期発見早期治療”のためには,(せめて)年一回位は検診を受けた方がいいと思うからです。

 そうそう先日友達と話していて,話題が”ポックリさん”になりました。誰しもそうだと(勝手に)思っていますが,寝たきり状態が一番辛いと思います。

 それは本人にも介護をする周りのものにとっても辛いものです。思い出すのは,おばあちゃんです。足かけ12年間寝たっきり状態,嫁さん大変だったろうな。

 そう考えると,(例えば)心臓発作でポックリと息を引き取る,本人は苦痛はありませんし,周りに迷惑をかけるのではなし。できたらこうなりたいものです。

 神社仏閣詣での一つに”ポックリさん”を加えねばなりませんねえ。さてさて近くに御利益のある”ポックリさん”は,どこにあるのでしょうね。

 もう一つの”市長選”,宣伝カーが毎日回ってきます。立候補者を見てビックリです。現市長+無所属(実態は○産党系)の一騎打ちです。これは困った。

 例のBIの件以来,現市長を引きずり下ろしてやりたい気持ちが芽生えました。自衛隊を何と心得ているのか,考えられない自分勝手な市長です。

 ではもう一方,これはさらに困った方です。ここの政治信条は,昔から私とは相容れないものがあります。と言うことで,市長選は棄権を考えております。

 今回のような一騎打ちは,ベターもありません。右か左かもありません。まあ白紙投票と言った手段も考えなくもありませんが,それだけで投票所にいくのか…。

 因みに前回の市長選の投票率は,何と30%を切っています。諦めムード?嫌悪感?それとも他にどんな棄権理由が考えられるのかしらねえ。
 

○ 身体の定期検診で思い出しましたが,カメラの”イメージ・センサーのクリーニング”に行かなければなりません。現在のカメラになって初めてです。

 NIKON S/Cは,午前10時30分から午後6時30分が開店時間です。会社が傾きかけてると言われていますが,たった8時間の労働,組合が強いのかしら?

 まじめな勤労者にとっては,NIKON S/Cに行けるのは,土曜日のみ(日曜日は閉店)となります。ユーザーのことをこれっぽっちも考えていない会社です。

 今時10時30分開店,どういった”殿様商売”なんでしょうね。それも腕時計を見ながらピッタリしかドアを開けません。遅くとも午前10時ですよね。

 NIKONユーザーでまじめに働く勤労者のためには,早くとも午後7時閉店でしょうね。まあ365日ホリデーの私には関係がありませんが,ちょっと酷いですよね。

 私は,2本しかレンズを持っていません。ショートズームは,まさに石仏撮影用です。本来ならばこのレンズを使って飛行機を撮りたいのですが…。

 ですからレンズ交換をする機会は少ないです。しかし,ズーム時に小さなダストを吸い込み,センサーに付着したものと考えられます。2カ所付きました。

 これはアクション・ショットの場合に都合が悪いので,(もう一つはお天気が芳しくないので)一度センサー・クリーニングに出そうと思った次第です。


○ VTRで何度も見ましたが,これは酷い!スポーツマン・シップにも欠ける犯罪行為です。日本大学アメリカン・フットボールの一選手の行動です。

 これはニュースでも流され,各方面から批判を受けています。現時点では,日本大学から(コーチと選手は謝罪に赴いたそうですが)コメントはありません。

 大学の広告塔?勝利至上主義?いろいろ考えられると思いますが,どうであれスポーツマン・シップにのっとった正々堂々と勝負をして欲しいものです。

 これは横綱白鵬にも言えることです。横綱としての品格,そして堂々と胸を出し,横綱の強さを発揮してもらいたいのですが,どうにも通じない人のようです。


○ 今日の1枚
Dsc_2214


2018年5月15日 (火)

新鮮なものを

○ ハーフパンツを着てしゃがんだら,ポケットからスルリと電話が…。見事に保護ガラスにひびが入りました。あーあ,ガッカリです。そう言えば大昔もやったな。二度目です。

 散歩の最中,美しい(名前がいつものように分からない)花を見付けると,ついつい写真に納めたくなります。今回それが徒となりました。

 電話予約をしてdocomo shopへ参上,修理費の最大は5千4百円なり。中古品との交換ならば5千円なり。誰が使ったか分からないものよりも…。

 約2週間の入院と相成りました。もちろん代替品を貸してくれますが,製造元が違うと微妙に異なります。まあ慣れた頃には,修理は終わっていることでしょう。

 と言うのも,以前Wi-Fi機能が作動しなくなり,修理に出したことがあります。初期設定に戻して返ってきますが,10日ほどかかります。

 帰宅し,約2ヶ月ぶりに洗車を行いました。汚れが目立たないグレーですが,さすが雨の後には縦縞の筋が何本も…。水垢取りの後は,液体ワックスです。

 室内は掃除機を使って綺麗にしているつもりですが,どうも外観はそれ程気を配らない横着な質です。青空駐車と言うこともありますが,面倒です。

 これから雨の降る日が多くなります。車内のかび臭いのは嫌です。と言うか,エアコンからの嫌な匂いも気になります。これまたケミカル製品のお世話にならねば…。

 ケミカル製品と言えば,洗車をしたらフロントガラス以外は,ガラコをしっかりと塗ります。これは雨の日に視界を確保するために必要なことだと思っています。

 最後に22分の22…つまり100%の発芽率を達成しました。昨年の収穫時にとっておいたゴーヤ(ニガウリ)の種,一晩水に浸してから蒔きました。

 双葉から本葉になり始めました。この調子で他の種も発芽率が高いと嬉しいのですが。自分の為に二十日大根とブロッコリー,そして貝割れ大根の種を蒔きます。

 ブロッコリーと貝割れ大根は,(ヨーグルト)ビヒタスの空容器を使っています。1週間の間を置いてそれぞれ四つずつ作ります。収穫時期をずらします。

 これらは種は安いし,作り方は簡単です。毎日野菜サラダ用に作っているものです。一つの容器が終わったら,また新しいサイクルに移るわけです。 

 必要なとき必要なだけ食するものです。水の管理さえすれば,あとは放置しておいても成長します。しかもその成長が早いから嬉しくなります。

 家人に言わせれば「買っても安い」,いとも簡単に言います。初期投資は,種を買うことだけです。食べたいときに新鮮なものを食する事ができます。

 二十日大根だけは,土が要ります。発泡スチロールの空き箱を使っています。プランターを使うほどでもなし,これは10日間の間を置いて種を蒔きます。

 これら3種類の野菜は,素人でも超簡単にできます。貝割れ大根やブロッコリー(これも発芽してしばらくしたものを食します。)に挑戦してみてください。


◇ ついにプレス・リリースが出ました。

 中長距離路線(短距離はJJP/GKに任せる?)に参入,それも2機のB787-8を使うこと・成田ベース(羽田の発着枠が取れない?)が主なものです。

 2020年と間があります。なぜここまで時間がかかるのか,これまた不思議な話です。やはり「石橋を叩いて渡る」のでしょうね。これでは世界の動きについていけません。

 千歳空港,FR24を見ていますと東南アジアからの便が多いことに驚きます。では,青組や赤組が千歳空港から東南アジアに飛ばす気があるのか,ないでしょうね。

 日本第2位の関西空港ですら,欧米路線に躊躇する青・赤組です。人口減少国で生き抜く方法をもっと早く手を打たないと…。内弁慶ですね。

 かつて成田空港に路線を敷きたくてもキャパシティーの関係で無理だった時代があります。また国際線のハブ化もほとんどなされませんでした。変わらないですねえ。

 成田空港ですら,タイやインドネシアからエアアジアXが飛来しています。以前はマレーシアからもありました。ナショナルフラッグ・キャリアだけの時代ではありません。

 市場調査を行い素早い路線拡張,これこそが世界の空で生き抜くものです。2020年夏スケを目処,その間に海外のLCCブランドが中国際線を占めてしまいます。

 こう書くのもAFR/AF,KLM/KLの経営不振の一番の原因は,中距離LCCの台頭です。この現状を知っていてもまだ2年後を目処?考えられません。


○ 今日の1枚
Dsc_2224


2018年5月14日 (月)

時代の流れ

○ カシオ計算機には,様々な商品があります。今では計算機よりも電子辞書の方が有名かも知れません。忘れてはならないのが,Gショックでしょうか。

 カシオが初めて世に問うたディジタルカメラ”QV-10”の出現は,驚きと歓迎の声が聞かれたものです。1995年ですから4分の1世紀にもなりません。

 その後,各メーカーによる熾烈な開発競争が始まりました。日本のメーカーがお得意の付加価値を次から次へと付け,販売も右肩上がりでした。

 そんなコンパクト・ディジタル・カメラを追いやったのは,他ならぬ携帯電話です。これまた次から次へと開発競争,おまけに電波競争まで始まりました。

 緩やかですが,ディジタルの世界ではフル・サイズのディジタル一眼レフカメラも先行きが怪しいです。ミラーレス一眼レフの開発に力が入ります。

 怪しいと書いたのは,メーカー(CANON,NIKON)の交換レンズの開発と発売にかかっています。ミラーレス一眼レフカメラ用の交換レンズが充実したら…。

 そうなればディジタル一眼レフカメラは,一部の愛好家のものとなると思います。その内に「まだそんなに重いカメラ持っているの?」と言われることでしょう。

 逆に消費者は,メーカー(CANON,NIKON)の交換レンズが充実するか否かを見極めているとも言えます。カメラは見世物ではありません。使うものです。

 何年先になるか分かりませんが,私自身次にディジタル一眼を買うとしたら,ミラーレスを選択すると思います。高齢者に優しいカメラですから。

 軽くてコンパクトなことは,消費者にとって嬉しいものです。交換レンズとてもミラーレス用になれば,軽くなります。見栄で持つものでもありません。使うものです。

 最初に書きましたようにカシオ計算機が先便を付けたディジタルカメラ,元となるコンデジからの撤退のニュースが流れ,時代の流れの速さを感じました。


○ ”通せんぼじいじ(ばあば)”と言う言葉をご存じですか。他車よりも遅いスピードで右側レーンを走る車です。左レーンが空いているにも関わらずですよ。

 新東名高速の一部で制限速度が110kmと言う試行がなされています。ここでも”通せんぼじいじ(ばあば)”を何度も目にしました。走行レーンで追い抜きました。

 私は高速道路では時速95kmでセットし,燃費優先の走行に心がけています。それだけに右レーンの”通せんぼじいじ(ばあば)”は,開いた口がふさがりません。

 周りの状況が分からない・どこを走っても自由とでも思って,ゆっくりと右側レーンを走っているのでしょう。これは道路交通法違反ですよね。

 「追い越し車線を走って良い距離の目安は,およそ2km以内」と言うのが一般的だそうです。大型車=プロの運転手であるにも関わらず,これを知らない?無視?

 これだけではありません。”通せんぼじいじ(ばあば)”は,ライトすら切り替えることを知らないのかしら。遠目で走る=前の車はまぶしい!分からないのかなあ。

 自動車メーカー,最近ではLEDライトを装着したものを売り出しています。信号待ちなどの折後ろに来られると,まぶしいですね。サイドミラーをたたみたくなります。

 夜間の視野を確保することは,安全運転につながります。高性能なLEDライトは歓迎されます。一方では,これは前者に大変な迷惑をかけていることを忘れて欲しくない。

 特にワゴンタイプやSUDタイプの車のライトは,高い所にあります。(きちんと整備されているでしょうが)これはまぶしく迷惑な車です。


○ 今日の1枚
Sdsc_4233


2018年5月13日 (日)

航続距離で決めた?

○ 自由な妄想,半島の北の人々が「新幹線を見たら…」と思ってしまいました。電力事情が極端に悪い国だそうです。平壌以外の生活している様子を見てみたいものです。

 以前テレビで新平壌国際空港の様子を流していました。空港内は閑散としていました。免税店の品数も少なく,店員も手持ちぶさたの様子でした。

 国際空港と言っても,海外の航空会社で就航しているのは???考えられるのは,大陸と北の白クマくらいだと思います。帰りの燃料を提供してくれるのでしょうか。

 半島で冬季オリンピックが開催され,白ブタ君の妹や偉い人が特別機で南に来ました。飛行時間は30分あったでしょうか。映像を見て驚きました。

 Il-62ですよ,まさに”空飛ぶシーラカンス”ですね。国の偉い人が,スクラップ同然の飛行機を使っている国です。いかに貧しいのか,これでも分かります。

 最新鋭機,余り性能がよろしくないとの評判のTu-204(航続距離3600海里),An-148(航続距離2200海里)をもっています。やはりエンジンのパッフォーマンスが余り。

 Il-62…ソ連が威信をかけて開発した長距離機でした。この頃のソ連は西側の飛行機を持つことはありませんでした。軍需産業は盛んでしたがね。

 トランプおじさんと白ブタ君の初めての会談がどこで行われるか,マスコミは騒いでいました。いくつかの候補が挙げられましたが,もう限られていましたよね。

 「Il-62の航続距離が会談場所を決める」と言っても過言ではなかったと思います。まあ大変に恥ずかしい話ですが,実情はこうだったと思っています。

 この地球上で最も最貧国の一つに挙げられる北,国の一番お偉い人とてこの有様です。ミサイルに使うお金を間違えていました。時計は戻りません。

 南の情報だけでなく,国外の情報を制限(検閲)しなければ,国民が騒動を起こすと怖がっています。力による抑圧も限度が近付いてきたようです。

 白ブタ君が考える第一番は,国家の存続だと思います。三代にわたる金王朝だけの繁栄を願っているだけだと思います。自分達さえよければ,国民のことは…。

 仮に経済制裁が解かれ,海外からものが入ってきてもお金がない。最貧国であるだけにずる賢いものだけが富んでいく訳です。これが社会主義なんでしょうかねえ。

 前にも書きましたが,マルクスの理論は(一面において)素晴らしいと思います。しかし,机上の空論です。人の正直な気持ちといった要素が足りませんでした。

 かくして権力者とその服従者の階層がはっきりと分かれ,社会に新たな身分制度ができあがっていきました。ソ連の崩壊とロシアの誕生です。

 西洋人の思考はドライだと思っています。遊牧民族の典型的なものです。しかし,東アジアは農耕民族です。”土地”への執着度が格段に強いです。

 この本来農耕民族がもっている考え方を改めるには,相当な時間を要すると思います。単に「土地は国有」と宣言するだけでは,人の気持ちを踏みにじっています。

 どれくらい時間がかかるか予想もつきませんが,東アジアの社会主義国は消えると思っています。今繁栄している大陸ですら,足下は揺らいでいると思っています。

 白ブタ君がトランプおじさんにお願いするのは,地位安泰でしょうね。そのためならば核やミサイルの開発断念・破棄もするでしょうね。

 これで経済援助でもしてくれるならば,「おれのおかげでこの国は栄える」と(何も知らない)国民にえらそうに言えますからね。自分達だけが問題なんです。


○ ゴーヤ(ニガウリ)の発芽,成長が早いです。もう約2cm程になりました。たくさん蒔きましたから,成長具合を確かめながら間引きをします。

 ゴーヤの成長は早く,週の中頃までにネットを張っておこうと思います。朝日がもろに当たる私の部屋,ゴーヤの緑のカーテンは欠かせません。

 ゴーヤは病虫害に強く,頼りないほど細い幹や枝ですが,風にも強いです。沖縄で盛んに作られている訳が分かります。ただ放置しておくと最後に泣きますがね。

 
○ 今日の1枚
Dsc_3892


2018年5月12日 (土)

海の向こうで

○ 毎日、新聞を読んでいますが,今年はスポーツ欄が賑わっています。悲しいかな海の向こうの話がほとんどです。大リーグがこれだけ注目されたことはないと思います。

 野茂投手が先陣を切った大リーグ挑戦…もちろん先人はいましたが,日本まで声が聞こえたのは彼が最初と思っています…が,面々と続いています。

 日本人選手の大リーグ挑戦は,決してお金だけではない…そう勝手に思っていますが…から面白い,自分の実力を最高峰の場で試したいとね。

 プロ野球人として働き始めたならば,やはり己の実力を試してみたくなるものではないでしょうか。海を渡って実力を出し切れない,通用しなかった人も多いです。

 それでも近年パ・リーグから大リーグに挑戦している何人かの選手は,ビッグマネーを手にした人・純粋に己の力を試したい人など様々です。

 大谷翔平選手,日本にいた頃よりも大リーグに移籍した方が,格段にニュース源になっています。日本の一流企業が,彼のホームグラウンドの広告を出しています。

 よく「打って良し,投げて良し,守って良し,走って良し」などと野球選手を評することがありますが,彼の場合三拍子揃っているから凄いと思います。

 自分を理解し,育ててくれる球団を探し求め,エンゼルスに決まったと聞いています。過去に海を渡った日本人選手にはない理由ですよね。

 まだまだシーズンの序盤ですが,今後徹底的に研究され,厳しく弱い部分を突いてくると思います。また,誰しも1シーズンの中では好不調があります。

 また,彼の場合は他の投手と違って格段にけがに遭遇する機会が多いです。先日も足をけがしました。並の野手以上に速く走る彼,一番気になるのはけがですね。

 マスコミの美談かも知れませんが,彼は本当に謙虚な人間ですね。日本にいたときも寮生活,ビッグマネーをどう使うか,周りの方が気になるものです。

 これは海を渡っても同じようで,体調に一番気を使っているようです。当然三度の食事内容が気になり,その点でも周りに相談し,アドバイスを受けているようです。

 こんなに注目される選手,かたや日本のプロ野球の話題の少なさ,人気がますます下火になっていくはずです。野球に夢をもつ若者が減ったのかしら?


○ これは随分前から迷っている話です。”SANSUI AUD-907X”の修理です。SANSUIは,残念ながら倒産致しました。それにこのアンプは,随分古いものです。

 SANSUI+DIATONEの組み合わせて聴いてきました。現在は,弟分のもので聴いていますが,やはり上記のアンプで聴いてみたい気持ちがくすぶっています。

 ネットで調べると,確かにいまだにSANSUIのアンプの修理を行っているところが複数あります。しかし,どこが定評があるのか分かりません。

 往路・復路の輸送費も重たいアンプだけに相当かかると思います。そして肝心の修理代金も相当かかると予想しています。今の生活で支払えるかどうか…。

 古いオーディオ修理にどれくらいかかるのか,およそでいいから知りたいものです。また,修理に定評あるお店(会社)を知りたいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_2187


2018年5月11日 (金)

中華思想ですね

◇ 飛行機の客室の気圧を調節できるB787,ある実験によれば人体の最適な気圧は,客室の気圧は高度1,829m(約6,000ft)相当に設定するのがいいそうです。

 (貧乏人は)狭い客室・狭いシート・ピッチで何時間も過ごさなければなりません。利益幅の少ないエコノミークラスにお金をかける航空会社はありません。

 上級クラスで過ごす長距離路線,快適でしょうね。シートは,ほぼフラットになります。エコノミークラスの3倍以上もあるシートピッチのなせる技です。

 ならばエコノミークラスの3倍以上の価格設定が可能になってきます。客室内の面積は限られており,広く占有するならば,それだけ多くの支払いをして当然です。

 日本からの長距離路線,例えば欧米(東海岸)路線は片道約11時間はかかります。あの狭いシートピッチの座席で過ごす,苦痛以外何物でもありませんね。

 たいていは二度の食事,体を動かしていないのにですよ。まさに人間ブロイラーです。さらに時差を考えると,どうしても睡眠が必要になります。

 眠れない+風切り音,これらがさらに苦痛に上乗せされます。速くて便利なように見える飛行機ですが,どうやらこれは上級クラスに座れる人だけの特権のようです。

 しかしエコノミークラスでも裏技があります。閑散期の空の旅では,空席がある場合があります。肘掛けを上げれば,狭いですがベッドができあがります。

 これも例の飛行機のダウンサイズ化に伴って厳しくなっていると聞きます。せっかくの裏技も航空会社の知恵によって消されつつあるようです。


◇ そこどけそこどけ…
”中国民用航空局(CAAC)が30以上の外国航空会社に対し,台湾や香港,マカオを中国の一部ではないとする情報をウェブサイトなどから削除するよう要求した。
 対象には米国の航空会社も含まれ,ホワイトハウスは,超管理主義的な馬鹿げた行動と切り捨てた。中国に対し「米国の航空会社と国民への威嚇中止を求める」ともし,「自らの政治的見解の押し付けを強める中国共産党の行動の一環」と非難した。中国政府はコメントの求めに即座には応じていない。AALやQFAにも同様の書簡が送り付けられていた。DALは今年初め,自らのウェブサイト上で台湾とチベットを国家として表記し,CAACが公然と非難したことがある。同航空は即座に謝罪し,修正していた。
 世界の航空会社にとって拡大する中間層の旅行熱が強まる中国は重要な市場。国際航空運送協会(IATA)は昨年,中国は2020年までに米国を抜き,世界最大の航空市場に浮上すると予測。中国は経済力を武器に,世界の大企業に対し同国が抱える機微に触れる問題で自らの主張に沿った立場を迫る構えを強め始めている。この措置の対象には航空会社だけでなくホテルや衣料品大手も含まれている。”

 こうした動きは,大陸が進める”一帯一路”の流れに沿うものであり,経済力を背景にした外交政策と言えると思います。微笑みの裏には何があるのでしょう。

 最終的には,寄ってくるものには優しく甘いものを,対立するものには非難と恫喝を用意している国です。半島の南への対応が良い例だと思います。

 我が国に対しても海底の天然ガスが発見されたら,我が国の固有の領土だと言い出す始末です。ついでに尖閣諸島もいただこうというのが,彼らの本音です。

 3千年の歴史と豪語していますが,(ご存じのように)国はコロコロ替わって来ています。一つの国でこのような長い歴史をもっている訳ではありません。

 歴史までも自分達に都合の良いように作り替えている国です。一党独裁国家が,どれだけ持ちこたえられるか,また歴史が証明してくれます。

 確かに未曾有の経済の発展をしている国ですし,誰も異議を挟む積もりはないと思います。しかし,いつまでもそれが続くと思ったら,歴史を学んでいない証拠です。

 経済のグローバル化,どこの国とも仲良く,持ちつ持たれつの関係こそ,世界全体を反映させるものです。ここでも歴史から学び直す必要がありそうです。


○ 今日の1枚
Dsc_2070


2018年5月10日 (木)

やることがえげつない

○ 一種のパワハラだ
”アマゾンジャパンが商品納入業者に不当な「協力金」を負担させたとされる問題で,アマゾンが業者に無断で商品を値引きして販売した後,その差額分の補填を業者に要求していた疑いがあることが分かった。値引きは自社サイトでより安い出品があった場合,それを下回る最安値に設定するためだった。公正取引委員会は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いが強いとみて調べている。
 アマゾンは,自社サイトで商品を売る出品者から手数料を徴収するほか,自ら納入業者から商品を仕入れて販売する「直販事業」を展開している。炊飯器や掃除機といった家電や日用品などの直販の商品について,メーカーや卸などの納入業者に無断で値引きして販売した後,その差額分を補填するよう業者に要求していた疑いがある。その際には,実際の納入価格から,値引き分を考慮した低い価格で納入したことにするよう求めていたとされる。自社サイトで直販商品より安い出品があった場合,直販商品の価格を同等か下回る最安値に設定するシステムを構築している。最安値に設定すると,自社サイトや他社の価格比較サイトの検索結果で上位に表示されるため,販売促進に絶大な効果がある。納入業者側は自社商品がサイト上で不利に扱われることを恐れ応じた。
 独禁法は,取引上の地位が相手に優越していることを利用し,相手に不当な不利益を与える行為を禁じている。公取委は3月にアマゾンに立ち入り検査に入り,調査を進めている。”

 アマゾン・ジャパンの取引量は,群を抜いて高く,かつその成長は右肩上がりです。出品者からの手数料は理解できますが,不当な補填額を求めるとは…。

 ものは手にして吟味できませんが,我々購入者としては店に行く必要がない・品数が豊富・しかも安いことが多いなど,ネット販売は魅力的です。

 今回の場合,納入段階でかなりの(自分達に都合のいい)値引きを求めてきた可能性が高いと思われます。熾烈な争いだとは思いますが,やり過ぎです。

 結局,メーカーや卸といった弱い立場のものが損をするだけです。しかも文句を言えない立場であり,これは一種のパワハラであることは間違いないです。

 アマゾンは,独占禁止法に触れるか触れないかのギリギリのことをやっているように思えます。あるいはバレるまでパワハラを押し通しているのかもしれません。

 アメリカ人の考えるドライな商法,商取引の場合,「己だけの利益が上がればいい」と思っているようです。こういった取引は,先が見えています。

 古今東西,永久の反映を人間は願ってきました。がしかし,それが成功した試しは極めて少ないです。商取引でも心が伴わなければ,いずれ必ず滅びます。


 日本でも数多くの”老舗”と呼ばれる店があります。急成長してきた商売とは,やり方が大きく違います。作るもの・売るもの・買うものに幸をもたらすやり方です。

 例えば,ホームセンターに行くと庭箒を売っています。安いものは,大陸製です。使っている内に竹がどんどん抜けて行きます。使いものになりません。

 老舗の作る庭箒,確かにホームセンターのものと比べると値段は高いですが,本当に質が高く,竹が抜けてきません。良いものを長く使いたいものです。

 そこには,作り手・売り手・買い手の品物に対する”心”があります。だからこそ時代が変わっても作りたい・売りたい・買いたい気持ちが芽生えるものです。

 アメリカ的な商法は,利益が上がるかもしれませんが,”心”が全く伴っていません。ですから浮き沈みが激しい歴史をもっているのです。真似をしたら…。

 アマゾン・ジャパンが潰れたら困りますが,日本の法令に適した商法あるいは出品者に不当な圧力・負担を覚えないようなやり方を望みたいものです。


○ 知らなかった
”飲食店のコスト構造は,固定費と変動費から成り立っています。店を開けたことで,お客さんが1人もこなくてもかかるのが固定費(家賃や光熱費等),来た人数分に比例してかかるのが変動費(食材費等)です。したがってお客が1人も来なければ固定費分がまるまる赤字です。お客が1人来れば(1人当たりの料金-変動費)だけ赤字が減ります。したがってたくさん来れば来るほど,儲けは多くなります。
 例えば,あるレストランで普通の定食の値段が1000円だとします。変動費を300円だとすると,このお店では1人のお客が来るたびに700円の利益(固定費含まず)が出るわけです。もしこのお店の固定費が10万円だとすると,150人以上お客が来れば700円×150人=10万5000円ですから,固定費を入れても利益が出ることになります。
 一方,このお店がランチブッフェを設定し,値段が2000円で食べ放題とすればどうなるでしょう。仮に来たお客が3人前食べたとしても変動費は300円×3=900円ですから,このお客から上がる利益は1100円となり,むしろ400円増えます。つまりお客は「3人分食べてやったぞ,どんなもんだ!」と思っていても,店も普通の定食以上にがっちり儲かっているのです。
 また,料理というものは1人前作ろうが,100人前作ろうが,投入する食材の量が増えるだけで手間が100倍かかるわけではありません。それに料理を盛り付けて,一人一人の客席まで運ばなくてもいいわけですから,調理や接客にかかる人件費は減ります。さらに,どれぐらい注文が入るのかわからない一品メニューに比べたら,ブッフェスタイルの場合は,店側で用意していればいいわけですから,食材自体の仕入れコストも安くすることができるでしょう。”

○ 今日の1枚
Dsc_2064

2018年5月 9日 (水)

どこまで上がる?

○ 今これを書いているときも音楽(NHK:FM)を聴きながら行っています。BOSEのウェーブサウンドです。この機器は,本当にバランスのいい音がします。

 前にも書きましたが,FMアンテナの入荷を待っています。1台目で効果が絶大と分かったので,2台目にも取り付けようと注文しました。

 このウェーブサウンドを脅かす製品を知りました。PANASONIC:OTTAVAƒ SC-C70と言う製品です。日本製ですから,痒いところまで手が届く作りです。

 最初製品を見たとき,BOSEのパクリかと思いました。恐らくBOSEを徹底的に比較・検討して作り上げたものだと想像しています。価格は10万円なり。BOSEより高い!

 一体どんな音がするのか,是非一度聴いてみたいものです。CD/FMが聴けますが,製品が新しいだけにいろいろな機能が付いているところが面白いです。

 SANSUIのアンプの修理については書きましたが,気軽に聴けるという点では,BOSEが私には似合っていますし,もう生活の一部に入っています。

 (ここはここだけの話ですが)私にとって多くのテレビ番組は雑音です。本当に「見たい」という番組が…。朝起きたら,最初にテレビにスイッチを入れる者の…。


○ これでは下がる要因が見当たりません。
”ニューヨーク原油先物相場は,1バレル=70$を突破。70$台を付けたのは2014年11月下旬以来,約3年5カ月ぶり。国際的な核合意の見直しを求める米国の対イラン制裁をめぐる懸念から,米国産標準油種WTIの中心限月6月物は一時,前週末清算値(終値に相当)比0.52$高の70.24$を付けた。”

 資源は地球の財産です。先日も書きましたが,このところの石油製品の値上がりは懐に響きます。豊田の御大も「九州のガソリン価格は高い」と書いておられます。

 全国を見れば(Go Go Gas),私の住む地域は安い方の部類に入ります。高速道路で給油しようとすれば,15円以上高額となります。とんでもない価格が設定されています。

 石油製品は,世界経済そして政治情勢に大きく左右されます。悪名高き燃油サーチャージも同様です。この夏の旅行は,きっと高くなると思います。

 自己防衛にも限度があります。150円を超えたら…。格好良くハイオク・ガソリンを使った車ならば,プラス11円です。ますます遠い別世界の話ですね。

 やはり世界の火種は,中東地域なんでしょうかねえ。ここが平和にならないと世界中の人達の生活が苦しくなります。またしてもトランプ絡みです。


○ 新聞を読んでいたら,埼玉県(毎度お騒がせなところですねえ)では,連続不審な火事が続いていると言います。消防署も同時では大変ですよね。

 と思っていたら,我が県でも(この時期としては珍しく)火事が起こっています。糸魚川の大火事の記憶がまだ残っています。火災には原因があります。

 これが人為的なものであれば,本当に迷惑な話です。我が家でも両お隣との隙間はわずかしかありません。飛び火は免れません。怖いです。

 当たり前のことですが,火事は全てを焼き尽くしてしまいます。ゴミだらけの我が家ですが,いつまでもとっておきたい思い出がつまっています。

 これが火事でもって残らず焼け尽きてしまったら,もう呆然ですよね。火災保険にも入っていない我が家,いったいどうなるのでしょうね。

 地震ならば,大切な思い出は探し出すことが可能ですが,火事はダメです。意図的に火を付ける(放火)となれば,これは死罪に値する行為だと思います。

 冒頭に書いた埼玉の不審な火事,これが放火であるとするならば,警察の総力を挙げて(不祥事の連続の埼玉県警ですが,名誉挽回!)逮捕して欲しいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_0236


2018年5月 8日 (火)

庭の手入れ

○ 今年も一年で一番嫌な時期を迎えますね。
”鹿児島県の奄美地方が全国で最初に梅雨入りしたとみられる。平年より4日早く,昨年と比べて6日早かった。沖縄地方より先に梅雨入りしたのは2015年以来で,沖縄も近く梅雨入りするとみられる。”

 これで約半月後には,九州・四国・中国・近畿・関東までも梅雨入りとなるのが,例年のパターンです。家の中のものがジメジメ,カビ対策をせねばなりません。

○ イヤーよく雨が降りました。昨日庭木に油かすをやっておいて大正解です。鶏糞(前回)+油かす(花が咲く庭木には骨粉入り油かす)をやりました。

 元気のなかった槙の木も新芽が出てきてホッと一安心です。ロウバイの一部分枯れたのは,残念ながら消毒が効かなかったようです。投資の失敗ですね。

 新緑と言いますが,どういう訳か私は”柿の木”の若葉の色がとっても好きです。何とも表現に困る(単に語彙がないだけ!)色です。惚れ惚れします。

 この雨で先日蒔いたニガウリ(ゴーヤ)の芽が出てくれたら,さらに嬉しくなるのですがね。毎年ながら日よけ用+食用にこれは欠かせませんからね。

 庭木カレンダーに寄れば,今月はツツジやサツキの剪定を行う時期だそうです。生け垣の貝塚息吹は,もう少し先です。柑橘類の花芽が出てきてくれますように。

 アルバイトではありませんが,知り合い(鶏糞を施した庭木の家)からも剪定の依頼が来ています。肥料が効いて,今年の新緑は格別だそうです。

 こう言うお知らせを聞くと嬉しくなりますね。そうそうバラの剪定も行いましたが,見事にたくさんのバラの花が咲いたことも知らせていただきました。

 今週は無理ですが,来週くらいにお天気を見て剪定を行ってきます。こういった奉仕作業を続ける内に剪定の技能も向上するのではないかと思っています。


◇ 先を行きますねえ
”カタール航空(QTR/QR)は,高速度で接続できる機内インターネット「スーパーWi-Fi」の提供を開始する。通信衛星・インマルサットが航空機向けに提供する,「GXアビエーション」を使用する。対象となるのはカタール航空のB777とA350 XWB全機で,順次搭載する。130機以上が対象となる見込み。GXアビエーションの導入は,中東・北アフリカ地域では初めて。乗客はスーパーWi-Fiを1時間無料で利用できる。1時間以上の利用は有料。カタール航空は現在,Wi-Fi機器を使用した機内インターネット接続サービス「Oryx One」を提供している。対象機種はA380とA350,B787の全機種と,A320とA321,A330-200の一部。”

 我が国では,機内Wi-Fiを赤組が先に導入,赤組が続きました。純利益が高い赤組,こうしたところに投資する姿勢は評価できます。が,短距離の国内線では…。

 やはり機内Wi-Fiが最も欲しくなるのは,長時間飛行する国際線中・長距離ではないでしょうか。そうなるとまだまだ無料には無理があるようです。

 QTRの機内Wi-Fiが先を行っているのは,通信衛星を使ってより高速の機内Wi-Fiに移行していくことです。機内の娯楽は少ないだけにWi-Fiは嬉しいですね。

 いずれこれも各航空会社横並びになると思いますが,乗客の立場から見るならば,より高速なWi-Fiに取り組んでいる航空会社には好感がもてますね。

 どうも我が国は,地上においても無料Wi-Fiへの取組が遅いように思います。インバウンドを増やそうというならば,無料Wi-Fiに真剣に取り組む必要があると思います。

 見知らぬ土地に行くにも不安があります。ましてや世界屈指の難解言語:日本語です。自分のスマホを頼りにするインバウンド,環境整備が絶対に必要だと思います。


○ 今日の1枚
Dsc_2221


2018年5月 7日 (月)

雨戸

○ 前回の雨の日もそうでしたが,降るとなるとしっかりと降ります。そして強い南風を伴っているから,通勤・通学の人達は大変苦労されると思います。

 勝手がいいですが,久し振りの雨の日,仕方なく散歩は中止です。残念で仕方がありません???。本音は,久し振りに休むことができてホッとしています。

 我が家は,築40数年のボロボロの家です。現在の建築基準法以前の設計で,大地震が来れば恐らく崩れるような家です。耐震工事をする余裕がありません。

 ところでこのボロボロの家,設計が古い”平屋建て”です。そう我が家は,世にも珍しい平屋建てです。周りを見ても平屋建ての家はありません。

 子ども達が小さい頃,二階のない家と言うことで「恥ずかしかった」と聞きました。私から見れば,平屋ほど住み心地がいい作りはないと思っています。

 さて雨からおかしな方向にいってしまいました。今日書きたいことは,”雨戸”です。最近のハイカラな(この言い方も古いでしょうかねえ)家は,雨戸がありません。

 散歩していて雨戸のある家は,我が家同様古い家屋ばかりです。最近の家は,シャッターばかりですね。あるいはそれすら付いていない家もあります。

 木造からアルミサッシに替わったこともあるでしょうが,雨戸がなくなったのには何か理由があるのでしょうか。シャッターの上げ下ろしって力が要りますよね。

 こう書くと,「何を古いこと言っているの。現在は電動シャッターの時代です。」と言われそうです。そうすると「停電したらどうするの」と突っ込みたくなります。

 窓ガラスが汚れるのを嫌って,風の強い雨の日には雨戸を閉めるのが我が家のしきたりです。新築時からそうですから,誰も疑問をもちません。

 台風や暴風雨の時など,雨戸の威力は強いです。それに金属(シャッター)を叩く雨音がうるさいようにも思えますが,勝手な想像です。

 それに台風・暴風雨などで何かが飛んできたときも雨戸が防いでくれますよね。ひょっとしたらガラスが割れるのも防いでくれるかもしれません。

 それに昭和の人間は,シャッターのガタガタの音よりも雨戸のガタガタの方が心安まるような気がします。まあここまで思考が古くなったと苦笑いですがね。


○ 昨日でGWが終わり,今日から労働・学びの生活に戻っていく人がほとんどだと思います。昨夜のニュースでは,またしても民族大移動がメインでした。

 マスコミの常識,世の中の非常識と思っています。鉄道・飛行機,そして道路の混雑・渋滞を報道しています。その意図が全く分かりません。

 貴重な取材費を使って上空から渋滞状況を映し出して,一体何が言いたいのでしょう。取材費の無駄としか思えません。自らの無能振りをさらけ出しています。

 そうそう無能振りと言えば,国会が再開されるようです。今までの約2週間,よくもまあ税金の無駄使いをしてくれたものです。怒りを覚えます。

 野党6党が自民党に突きつけた4項目,何か成果はありましたか?何もない!今度は国民の厳しい目に曝され,何もなかったかのように審議に応ずると言う。

 これもマスコミ同様,意図が全く理解できないお金(税)の無駄使い以外何物でもありません。例え少数であっても審議には堂々と応ずるべきです。

 マスコミはこれを冷静に報道し,国民一人一人が審判を下すのが民主主義だと思っています。「人(自民党)を非難する前にもっと己に厳しくあれ」と言いたい。


○ 今日の1枚
Dsc_2071


2018年5月 6日 (日)

雨対策

○ 季節が替わり,雨の日が増えてきました。私は,随分前からガラコを使っています。フロント・ガラス以外には,これを塗っています。雨をはじき飛ばします。

 長時間の駐車時には,ワイパーを立てておきます。寝かせたままですと,ゴミや砂などが溜まってしまいます。これでいきなりワイパーを動かすと…。

 普段はあまりボンネットを開けませんが,ウィンドウォッシャー液の残量は気にしています。普通の安物をタンクで購入,不足分を補充しています。

 一番面倒なのは,フロント・ガラスの油膜取りです。スプレータイプは,効果が持続しません。昔ながらの超微粒子のものをゴシゴシこすって,とっています。

 随分神経質だと思われるかもしれませんが,雨の日の視界を保つことは安全運転につながります。また雨の夜間の運転,さらに視界良好が求められます。

 ここまでやってワイパーの拭き取りが残る場合,速やかにワイパー・ゴムの交換を行っています。ゴムだけですから,安いし自分で簡単にできます。

 エアコンのフィルターの状況や脱臭・バッテリーの状態など,本格的な梅雨時を前に一度はチェックしておきたいものです。全て安全運転につながります。

 私の車は青空駐車,ボディーやタイヤには好ましくない条件です。せめて室内だけでも小綺麗にしておきたいものと思っています。外観?汚いです。


◇ QFも…
”カンタス航空(QFA/QF)は,B747-400を2020年までに退役させる。同社のB747-400は2種類で,B747-400のほか,航続距離を延長したB747-400ERを保有している。アッパーデッキはいずれもCクラスのみで,10-12席配置。メインデッキはFCのほか,残りのCクラスとPE,Eを配置。現在10機保有し,今年7月から退役を開始。2020年末までに全機退役する見通し。”

 QFは,B747-300/200/SP.B767-300/200.B737-400の搭乗をしました。残念ながら搭乗機のほとんど全ては退役しています。ここにきて未搭乗のB747-400が退役です。

 現在のカンガルーはスリムになりましたが,私が搭乗したのは一つ前のカンガルーばかりです。機内食は???あの温めたトマトは苦手でした。

 客室乗務員のオージー・イングリッシュを真似てしゃべると,ニッコリ。とってもフレンドリーな客室乗務員でした。そして男性が多かった印象があります。

 もう一つは,搭乗するとコック・ピット見学を快くさせてくれたことも思い出の一つです。紀伊半島から名古屋空港のスポット・インまでが一番印象に残っています。

 その大好きなQFですが,残念ながら中部空港へは就航していません。搭乗する機会がなくなりました。退役するまでに一度B747-400に搭乗したいものです。


○ 今日の1枚
Img077a


2018年5月 5日 (土)

ゴミの山?

○ 昨日のブログで,新車から13年を超えた車の自動車税が上がっていくことを書きました。”環境>ものの大切さ”と言う理由からだそうです。

 私は使いっていませんが,iPhoneでもUSB-typeCに移行しつつあります。噂では,今度のiPhoneでは一段と急速充電が可能なものになるらしいです。

 となれば,旧製品を愛用してきている人達は…。世の中の先進的なものは,充電システムが標準になってきています。掃除機まで主流は,充電式になっています。

 掃除機については,娘が購入したものと新製品では充電時間及び作動時間が大幅に改善されていることも書きました。大げさに言うならば,電化製品のゴミの山?

 最初に車のことを書きましたが,ものを大切にしない風潮が加速度的に早まってきているように思えます。「そんなに急いでどこへ行く」ですよね。

 新製品の性能向上は当たり前のことです。旧製品から進歩がなかったら,新製品の意味がありません。いかに購買力を掘り起こすかが勝負ですから。

 大昔ワープロというものがありました。年2回新製品を出し,新機能を加えながら買換を促す商売でした。バブルの頃ならば,まだ理解できますが,今では?

 一つ例外?があります。携帯電話・スマホの新商品です。いつの間にやら年2回の新商品発表が,1回になってきました。意外にもこれが定着しています。

 一つと書きましたが,4年で1サイクルの車の開発も延びてきていますね。6・7年経っても新車が出なくなった。開発費を他に回しているのではないかとの見方も…。

 「何が何でも最新鋭の商品を持ちたい」と言う人もいると思いますが,これだけデフレ傾向の世の中でそう言った考えの人は,少数派ではないかと思います。

 これは最新鋭の商品を買えない僻みもありますが,ものへの愛着がなせる技,使い慣れたものが一番素晴らしいという考え方に変わったこともあります。

 最低でも使える内は使い続けたい。修理代金よりも新製品の方が安い,こういった場面に遭遇するまで使い続けたいものです。ゴミが減ります。


○ またしても…
 私は余り熱心な方ではありませんが,twitter…どこかの国の大統領がお好きなSNS…何とパスワードを暗号化するプロセスに問題があったそうです。

 よって全世界のtwitter利用者にパスワードの変更を呼びかけています。私も即パスワードの変更を行いました。一番力を入れなければならない利用者保護は…。

 横道に逸れますが,facebook/twitter/instagramなどのSNSで,自分が今どこにいるのか,何をやっているのかを紹介される方がおみえです。

 一体何の意図をもってして発信されているのか,高齢者には理解しがたい行為です。発信している人を知っていたら,発信者宅は不在と言うことを証明しています。

 と言うことは,犯罪行為の手引きをしているような発信だと思うんです。親切にも「○日に帰ります。」と書いてある記事もあります。恐ろしい記事です。

 そういう人に限って”個人情報の流出”にシビアだと思うと,「ご自分のなされていることは,犯罪を誘引することなんですよ」と言いたくなります。

 まあ他人の楽しみに水を差す積もりはありませんが,一度ご自分の発信を考え直されたらどうでしょうかね。他人に個人情報を流していると同じことです。


○ 今日の1枚
Dsc_2077


2018年5月 4日 (金)

自己防衛

○ 高地でない限りもう暖房用灯油は使わない季節となりました。灯油の移動販売者の価格,この冬も随分ブレました。それにしても高かった。

 灯油の使用時期が終わったと思ったら,今度はガソリン代がみるみる上昇,毎週値上げが続いています。予想では,来週も値上がりが予想されているらしい。

 こうなると飛行機も石仏も指をくわえて見ているだけになります。せっかくの節約旅行(昨日のブログ)もガソリン代の値上げで帳消しです。

 石油製品の値上げは,国内使用の99%以上輸入に頼っているため,円安になるともろに影響を受けます。輸出産業は大喜びですが,ことは単純には運びません。

 値上がれば,私のような人間は車に乗る機会が(またまた)減ります。ガソリンスタンドへ行ったとしても,(遠出をしない限り)満タン給油はできません。

 消費の低迷=販売量の減少,ガソリンスタンドの経営に響きます。このことは過去に何度も書いてきました。さらに低燃費車の占める割合の高さです。

 折しも5月に入り,今年度の自動車税の納付が始まりました。車は税金の塊(いまだに贅沢なものとの考え方なのかしら)です。また探しました。

 ・自動車購入時にかかる税金:自動車取得税・購入した車両に対する消費税
 ・ガソリン税(揮発油税+地方揮発油税)or軽油引取税or石油ガス税+ガス代とガソリン税等に対する消費税+環境税
 ・自動車税or軽自動車税±場合によりグリーン化税制
 ・自動車重量税

 そして「ものを大切に」と相反する13年を経過した車は,自動車税・重量税が順次アップしていきます。まあ一種の環境税と言うんでしょうか。

 納税は国民の三大義務の一つと理解しています。車を持てば,他のものを買うように消費税が付くのは当たり前のことです。が,二重取りは理解しがたいです。

 これで消費税10%になれば,さらに車は税金の塊化が進みます。高速道路の普通車の通行量の高さ,(ETC)割引率の低さが,利用者の負担増につながっています。

 一部の都市部を除いて車は,生活必需品だと思います。半世紀前の車に対する考え方=税のかけ方をいつまで続けるつもりでしょう。国会で論議されないのかしら。

 国民生活全体に与える影響を考えれば,森友学園の割引なんて小さなものです。ただただ権力闘争(あるいは政争)になっているだけではないでしょうか。

 と余分なことを考えながら,車に関する諸問題をぶつけてみました。まあ年金生活者は,エコドライブ+少量給油で自己防衛するしか手はなさそうです。


○ 例の積水ハウス,展示場の前にスーツ姿の二人,無視して歩きました。しばらくすると後ろから追っかけてきました。店長と張本人でした。

 さすが管理職,言葉使い・態度ともに素晴らしいと思いました。が,張本人は口ではわびを入れていましたが,目は違います。反省している目ではありません。

 誰でも失敗はあります。そこで学び取ることが大切です。言葉を換えるならば,自分磨きの場面です。彼は自分磨きの場すら逃していると思いました。

 失敗,それをプラス思考でさらなる人間性を高めることです。あれだけふてぶてしい態度の人間が,一つの失敗から学ぶ場でした。いずれ彼も分かるかなあ。


○ 今日の1枚
Dsc_2071


2018年5月 3日 (木)

快適さを求めて

○ またまたWi-Fiの話から。さらなる快適な環境作りと自分の勉強を兼ねて学んでいます。遅い速いの比較は難しいですが,少しでも…。

① 親機の再起動ですが,要は電源を切り数分待って電源を入れるだけです。これはCPでも行うと効果があります。何らかの不具合を解決できるかもしれません。

② いろいろなアプリでもそうですが,開発時点では予想できなかった不具合が出てくる場合があります。メーカーではこそっと新しいプログラムを発表しています。

 簡単なのは,オンラインで自動更新する方法だそうです。しかし,我が家の親機は私が買ったものではありませんし,メーカーも?そこから始めねばなりません。

③ こっそりと我が家に達する電波を調べてみると,数種類の電波があります。アプリでは,「チャンネルを替えろ」と出ます。やり方が分からなく放置したままです。

 やはりチャンネルの変更は,親機の設定からするそうです。「あーあ面倒」と思います。恐らく多くの人も私と同じような考えでは?

 そこを一発奮起,親機の型番からネットで調べました。親機をよく見ると,レンタルものです。そこで連絡をとってみたら,「こちらでリモートして見ます」と言う返事。

 何か肩すかしを食ったような,しばらく立って”Wi-Fiアナライザー”で見たら,やはりチャンネルを替えていました。少しですが改善されました。

 先日も書きましたが,もう1台中継器があれば,さらに改善されると思います。最も最速を望む私の考え方がおかしいのかもしれません。まあ5Gが使えれば…。

 同じWi-Fiですが,”docomo Wi-Fiルーター”の解約に行ってきました。今はネットで空いた時間を探し,申し込む体制なんですよね。待つこと10分ほど!

 当初考えていたとは違い,野外でのWi-Fiの使用頻度が極めて低いこと・思ったよりスピードが遅いことなどが解約の理由です。最初の説明と現実の違いでしょうか。

 それに外に出れば,コンビニ御三家の方がはるかにスピードが速いです。飲食コーナーのあるコンビニならば,快適です。他に使っている人がいなければ安心です。

 ただ他の公共Wi-Fiは,セキュリティー上問題が残っています。こういった場所では,ネットサーフィン位で,パスワードを要求するサイトは見ません。

 インバウンドを期待するならば,さらに公共Wi-Fiの使える場所を増やさないといけませんよね。この面は遅れているようです。半島は,スピードを含め,快適だそうです。

 これからは緊急の場合,テザリングと言う方法で切り抜けたいと思います。モバイバル電源を持っていますから,電池切れにはならないと思っています。

 欲を言うならば,”コンセント付きモバイルバッテリー”があるといいですね。ディジタル・カメラのバッテリー充電には,コンセントが必要ですから。

 そうなるとますます宿泊代が浮くことになります。現在ホテルに泊まるのは,充電の為に泊まっているようなものですから。6~7日ならばこの方法が可能です。

 高速道路台も要らない,宿泊代もいらないとなると,年金生活者にとって(川口・豊田の方々は,隠れ財閥ですから)上州詣でが安くつきます。

 上州の街中は知りませんが,山間部(北部・西部・南部)では,入浴料は5百円以下という所ばかりです。これで源泉掛け流しならば,さらに言うことなしです。

 今日から世の中GW後半戦,高い・混雑と言う期間は,とても出かけるきにはなりません。また,下調べをしっかりとする時間がとれそうです。


◇ ネット・サーフィンをして成田情報を収集しています。ますますLCCの占める割合が高くなってきています。ひょっとしたら現在の関西程(約40%)まで上がるか?

 インドネシア・エアアジアX,ジャカルタ路線+デンバサール路線となります。また,TG/MH/CP/CIなどの一部は,A350で運航をする/しようとするようです。

 そうなると次第にA330の姿が少なくなり,A350やB787のオンパレードになるかもしれません。個人的には,UZB/HYのB787を撮りたいですねえ。SIN/SQもB787-10が…。

 ダウンサイズ・省燃費,これこそ高収益をあげるための航空会社の切り札です。だからこそ世の中双発機の時代と言われる訳ですね。赤組も国内線B787を用意するようです。


○ 今日の1枚
S1864(photo by Stephane Golf Traveller)


2018年5月 2日 (水)

予想通りの内容

○ 来ましたよ!
「○○○様 いつも弊社がお世話になっております。この度,公開ホームページにてご連絡をいただきました件,拝読を致しました。路上駐車の件につきまして,ご連絡を有難うございます。お申し出をいただきました内容を,所轄事業所の責任者に伝え,厳重に指導を致しました。今後,十分に注意を致しますので,何卒宜しくお願い申し上げます。積水ハウス株式会社お客様相談室 森澤」

 先日書きましたように,まずもって社会人としてあるいは客商売として積水ハウスの例の輩は間違っています。横着なことをしたら,素直に改めるべきです。

 もう一つは,社用車です。己の勤めている会社に泥を塗るような行為です。これまた企業人としては,疑問符を投げかけざろう得ません。

 周りの会社の従業員は,定められた駐車場に車を置いています。他社と関わり合いをもちたくないのか,誰も注意しないから図に乗って幾度も同じ行為をしていました。

 ところで昨日お隣のご主人とお話をする機会がありました。昨日は南風,隣家のバーベキューの煙がモロにきました。奥様は,洗濯をやり直したそうです。

 隣家とのトラブル,これまでも幾度と書いてきました。食事時の痰をはく音,本当に気持ちが悪いです。自宅内で何をしようと勝手でしょうかねえ。

 生きている限り他者との関係は切ることはできません。ましてや隣人との関係となると微妙であり,複雑なものがあります。やはり迷惑をかけたくないものです。

 これも何度も書いてきましたが,トンネル内の無灯・方向指示器を出さずに路線変更など,一つ間違えば事故につながります。本当に人に迷惑をかけている行為です。

 そうそう道路の電光掲示板に「あおり行為は犯罪です。警察に連絡をください。」と出るようになりました。これも自己本位な行動から来るものです。

 
○ 「五月の風に鯉のぼり…」と言う歌がありますね。熱風のような南風ですが,なぜか鯉のぼりの泳ぐ姿を見ると清々しくなります。

 散歩の途中に5階建ての県営住宅が10棟ほどあります。ベランダには,ミニ鯉のぼりが泳いでいます。大きさは関係ありません,飾ることに意義があります。

調べてみました。
”「江戸っ子は皐月の鯉の吹流し」と言われるように,こいのぼりは「幟(のぼり)」とは名付けられているものの,形状は魚を模した吹流し形である。
 そもそも,こいのぼりは門松や雛人形と同じく,江戸時代中期の裕福な庶民の家庭で始まった習慣であった。端午の節句には厄払いに菖蒲を用いることから,別名「菖蒲の節句」と呼ばれ,武家では菖蒲と「尚武」と結びつけて男児の立身出世・武運長久を祈る年中行事となった。この日武士の家庭では,虫干しをかねて先祖伝来の鎧や兜を奥座敷に,玄関には旗指物(のぼり)を飾り,家長が子供達に訓示を垂れた。
 一方,大きな経済力を身に付けながらも社会的には低く見られていた商人の家庭では,武士に対抗して豪華な武具の模造品を作らせ,のぼりの代わりに黄表紙の挿絵などを見ると五色の吹流しを美々しく飾るようになっている。さらに,吹流しを飾るだけでは芸がないと考えたのか,一部の家庭で「竜門」の故事にちなんで,吹流しに鯉の絵を描くようになった。現在の魚型のこいのぼりは,さらにそこから派生したものである。ただし,これは主に江戸を含む関東地方の風習で当時の関西にはない風習であった。”

 桃の節句は女の子,端午の節句は男の子,しかし5月5日だけは「こどもの日」として祝日です。ついでに桃の節句も祝日にすると,男女平等のシンボルになる?

 と言うわけで,鯉のぼりは男の子の健やかな成長を祝ってのものです。やはり大小を問わず,鯉のぼりを飾って欲しいものです。風物詩ですよね。


◇ 18年3月期の営業成績が出ましたね。
青組:純利益が過去最高を更新し前期(17年3月期)比45.6%増の1438億8700万円と初めて1000億円台に乗せた。2019年3月期の通期見通しは,純利益1020億円(18年3月期比29.2%減)を見込む。
赤組:純利益が前期(17年3月期)比17.5%減の1354億600万円。2019年3月期の通期見通しは,純利益は1100億円(18年3月期比18.8%減)を見込む。

 路線・便数を考慮して数字を比較してみてください。(両社ともに)大なり小なり税制上の優遇を受けています。また,お上の過保護なまでの待遇もあります。


○ 今日の1枚
Dsc_2085


2018年5月 1日 (火)

先人に感謝

○ よく「趣味は道楽」とも言われ,また「自己満足の塊」とも言われます。事実私も今までそう思ってきましたが,どうやらこれに疑問をもつようになってきました。

 これも歩いているときにふと思いついたことから,帰宅し考えをまとめた結果です。道は先人が作り,後から来る人の為に役立っています。

 趣味もこれに似ていると考えます。趣味の世界には先人がいて,後からついて行っていることが多いと思います。自己満足の塊とは,とても偉そうにものを言うべきでは…。

 素直に考えれば,先人が切り開いてくれたからこそ,深い考えもなく趣味に没頭できるというものです。先人の残したものを知り,さらに深め広めるのが趣味です。

 「自分の好きなことなんだから…」と言うのは,謙虚さに欠ける言葉であり,先人に対しても失礼な考え方だと思います。少々厳しく書き過ぎたかな。

 随分前に写真のことについて書きました。そのとき私は,素晴らしい写真をたくさん見ることと真似をすることを奨めました。今でも考えに変わりはありません。

 飛行機を見て記録に残すことが,スポッターの始まりだと言われています。受け売りですから間違っているかもしれません。大切なことは,記録に残すことです。

 カメラの発明とともに画像を残すことが可能になりました。そのカメラも銀塩フィルムからディジタルに大きく変化してきました。銀塩カメラは,文化遺産?

 ところで今日は,飛行機の写真の話ではありません。石仏撮影のことを書きたいと思います。いつもながら前置きが長いのが,私の欠点です。ごめんなさい。

 私の石仏写真への入り口は,全く不純な動機からです。いわゆるお寺さんにある仏像は,撮影禁止となっているところがほとんどです。これが気に入らなかったからです。

 自分の見た仏像を記録として残したかった。ならば撮影可能なものは?屋外に置かれた石仏に行き着きました。最初は石仏ならば何でも撮っていました。

 が,ネットで双体道祖神を見て,「これは面白いものがある」と思いました。双体道祖神と言えば,一般的に長野県安曇野市が有名です。穂高駅を中心に回りました。

 その際,双体道祖神マップが非常に役立ちました。効率的に双体道祖神を見て撮って回れます。ならば他の地域では,このように見て撮って回れるか?

 ネットで検索をしました。まずもってこの道の先人の後を追うことから始めました。素晴らしい先人は,私のようなずぶの素人のために地図まで載せてくれています。

 こうして先人の後をたどりながら,少しずつ対象地域を広めていきました。長野県・静岡県を中心に回るようになりました。少しずつ知恵もついてくるようになりました。

 もう一つこの撮影の面白い所は,地元の人との会話です。いくら効率的に回りたいと思っていても,話好きなあるいは博識の人と出会うと,立ち話が弾みます。

 後日撮影した双体道祖神を見ると,そのときの会話や相手の顔などが思い浮かんできます。お寺さんの仏像参観では,このような温かい雰囲気はありませんね。

 私のサイトにある参考文献,平成の時代に出版されたものは皆無です。書籍の収集は,サイト:日本の古本屋に頼っています。安いものを根気よく探しています。

 かくして先人の残してくれたものが役立ち,道を切り開いておいてくれたことに感謝する次第です。つまりオリジナリティーはゼロの趣味です。

 夜間走行が次第に辛くなってきました。道の駅のお世話になることが増えてきました。斜めですが,いかに平らな状態を作るか,試行錯誤をしながら寝ています。


○ 別世界だな
”JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が,今日運行開始1年を迎える。この間,合計77回運行して約2400人が利用した。利用料は1人最高95万円と高額ながら人気が続く。
 JR東日本は2年目以降,増加するインバウンドを取り込むため海外の旅行会社にも売り込む。台湾やタイなどから月1回のペースでチャーター列車の運行を受け付ける。直近の外国人客による申込数は全体の2割を占める。
 四季島の投資額は関連事業も含め総額100億円とされる。収益への益貢献は限定的だが,沿線地域の振興という狙いがある。本格的な人口減少時代に入ると鉄道利用者も頭打ちが予想される。豪華列車の運行によって鉄道への関心を高めるとともに,地方にも観光客を誘導していく考え。”


○ 今日の1枚
Dsc_2036

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »