今日のお天気は?

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

くわばらくわばら

○ 昨日,ダイレクトメールがめっきり減ったことを書きました。はがき代に見合う価値を見出せなくなったのでしょうか,理由はよく分かりません。

 ポイントカードの中には,住所・電話番号などを要求するものがあります。何に使われるか分かりません。個人情報を守るか,それとも流出を覚悟するかです。

 先日,Facebookの個人情報が,5千万人も流出したことがニュースになりました。その一部は,アメリカの大統領選挙にも使われたと言うことです。

 顧客の囲い込みもそうですが,世の中個人情報が欲しくて欲しくて仕方のない人がたくさんいます。SNSを使っているのならば,自分は大丈夫と思うのは…。

 先程のFacebook,ここにはいろいろな無料アプリがあります。あなたの友達が,(例えば)○○診断アプリを使ったとします。「使うな」とは言えませんね。

 その際,友達が「Facebookでログイン」と求められ,細かなことを見ずに○○診断アプリを使ったとします。ここで友達経由であなたの個人情報が流出する可能性が…。

 先程の5千万人の個人情報流出は,この手口だったそうです。今一度ご自分のプロフィールのチェックをしてみましょう。大丈夫ですか?

 そこには,電話番号・メールアドレス・誕生日などがあります。私の場合,全て”自分のみ”です。誕生日を入れておくと,パスワード解明の一助になるかも?

 これを友達のみ…数が多いほどお付き合いが広い…それだけ危険度が増します。以前から書いているように,私が友達を2桁に絞っているのはこのためです。

 友達申請がきて「いいよ」と単純に答えていると,また3桁4桁の友達の数を誇っていると,知らぬ間に個人情報が漏れていく可能性が高くなります。

 私,2桁と書きましたが,定期的に(全員の)個人のページを閲覧して回ります。知り合いは別としてFacebookのみの友達は,丁寧に個人ページを確認することです。

 個人ページを放置している人は,友達を切っています。ただ単に友達の数を欲しいだけのためととらえています。個人ページは,大切だと思っています。

 私の場合,飛行機の写真がほとんどです。投稿された写真を見て,その人を判断します。action shotや情景写真が中心の人は,切ります。見ても面白くありません。

 ツイッターも使い方を誤ると(昔の)BBS荒らしに遭遇します。また,Facebookも同様です。ですから携帯(スマホ)からの閲覧は,(便利ですが)止めました。

 くどいようですが,友達選びは慎重に。そしてプロフィールなどの個人情報のチェック,簡単にできます。一度ご自分の設定をご確認ください。


○ 涙が出ますよ。何だって,ヒヨドリですよ。ロウバイの花→キンカン→グミの花→ドウダンツツジの花と次から次へと被害が続いています。

 と言って,朝から夕方までヒヨドリを追っ払うために過ごしているわけではありません。ゴミステーションのカラス同様,ヒヨドリも悪質です。

 これから咲き始めるドウダンツツジまでヒヨドリの餌になるとは…。何か対策はないものでしょうか。生きるために必死な奴らに人間の気持ちは分かるまい。

 と言って放っておけば,被害はますます拡大するばかりです。困った困った。どなたかいい知恵をお貸しください。お願い致します。

 可愛い野鳥が訪れてきてくれると思っていたのが,浅慮でした。奴らにとって餌があるからやって来るんですよね。と言って,花のない庭なんて…。

 ところで,またPCの調子が悪くなってきました。IEが不安定になって,フリーズ(懐かしい言葉)するようになりました。一体どうなっているのでしょう。

 3週間前も似たような症状が出ましたが,その後次第に回復?してきていました。が,ここにきて三度同じような症状が出てきました。サイトの修復作業にも影響あり。


○ 今日の1枚
Dsc_0007


2018年3月30日 (金)

憂鬱な4~6月が

○ 最近”トリバゴ”のCMがやたら増えたと思いませんか。ホテル予約サイトですが,各社の値段を比較できることを売り物にしているサイトです。

 単独で予約サイトを運営していても,他社の方が安ければお客さんをとられる訳です。こうなると予約サイト側とホテルの交渉は難しくなるのではないでしょうか。

 最も宿泊客側から見れば,同じホテルならば安ければそれにこしたことはありません。私も試しに”疑似予約”を試みてみました。確かに各社の値段の違いは一目瞭然です。

 が,探すのにかなり手間暇がかかります。もう少しサイトの内容を凝縮していただけると,ページをめくる手間暇が省けて助かるのですがね。

 東京オリンピックに向けてホテルがどんどん建築されていると聞きます。が,成田国際空港周辺では聞いたことがありません。随分地域差があると思います。

 新しいホテルも古いホテルもお客さんの争奪が一段と激しくなり,代金の値引きも期待されるのではないでしょうか。最も私が使うような安宿は,変化が余りありません。

 ”民泊”の許可申請が緩くなり,宿泊業者も大変かと思います。大都市では,やはり富裕層向けの超デラックスなホテルは健在です。苦しいのは,ビジネスホテル級です。

 と言うのもアジアからの訪日客が宿泊代を浮かせようと,このクラスの大量予約をしているからです。騒がしいだけにホテル側も部屋の配置に苦労しているそうです。

 まあ私の場合は,充電のために数日に一度宿泊できればいいのですが,それでも予約には苦労しています。(来週まではおとなしくしている予定です。)


○ 毎年新年度を迎えるのが憂鬱になります。4月固定資産税・5月自動車税・6月健康保険と続きます。さして広い土地でもないのに税は毎年上がっています。

 そしてこの4月さらに憂鬱になるのが
”厚生労働省は,40~64歳の会社員,公務員らが負担する介護保険料が,2018年度は1人当たり平均月5723円(17年度比81円増,労使で折半)になるとの推計をまとめた。国民健康保険に加入する人は平均5659円(同103円増)だった。高齢化の進行に伴いサービス利用の需要が高まっているのが原因で,いずれも00年度の制度開始以来,過去最高になった。
 40~64歳の保険料は毎年度改定される。実際の保険料は,会社員らは健康保険組合などが料率を決めて徴収するため,給与水準によって異なる。
 一方,65歳以上の保険料は市区町村や広域連合ごとに4月分から見直される。”

 新年度からは,我が家の労働者は娘のみ(長男は飛ばされました)です。2男のこともあります。彼の国民年金の支払いは,私になっています。

 親は年金生活,この4~6月の支出は(仕方がないのですが)本当に辛いものがあります。市からは,4月からの介護保険料の話はきていません。

 製造業者は,中身を減らして価格据え置きというマジックで,なんとか消費者を逃がさないようにしています。ますます新製品の売り上げに妙案を出さないと…。

 先日も書きましたが,各社(店)のポイント制度も先が見えてきています。郵便料金アップで,ダイレクトメールも激減してきています。

 生鮮食料品は生きていくためには買わなくてはなりませんが,知恵を使えば多少安く買うことができます。チラシを見てのまとめ買いも生きる知恵です。

 少子高齢社会=年金生活者の増加,これで消費の意欲は増すでしょうか。その年金もわずかずつ減らされてきている現在,とても2%アップは無理でしょう。

 森友問題で公務員への不信感が増している現在,生活の苦しさを少しでも改善してくれる政治を望みたいものです。変わらない政府では,ますます不信感が増すばかりです。


◇ HACが創立20周年を迎えたそうです。もう何年丘珠空港に行っていないのかしら。撮影環境は悪くなっているのかしら。とにかく暇な空港です。

 HAC:Saab340を3機所有していますが,これまでにいろいろな塗装・デカールで楽しませてくれました。今では赤組グループの一員となりましたが,北海道からは出ません。

 最も名古屋空港時代,テクラン?なのかしら突然の飛来に驚いたり,嬉しかったりした思い出があります。今でもコミューターが機体整備を行っているはずです。

 ひょっとしたらSaab340の後釜は,ATRかも知れません。そうそう鹿児島空港もとんとご無沙汰しております。ATRを撮りに行きたい気持ちはあるのですが…。

 まあ行くとしたら,福岡遠征の前後に鹿児島空港に寄ることも可能なのですが…。これは綿密に計画を立て,何かを削らねば行けそうにありません。悲しいなあ。


○ 今日の1枚
Dsc_3065


2018年3月29日 (木)

肉桂飴

○ 天気予報をチェック,昨日は少々早く起きました。期待するのは,無風です。近くの公園のサクラの撮影,これは無風でなくては困ります。

 予報は,秒速1mですな。そう池に波が立ってもらっては困ります。鏡状態を期待しています。が,期待空しく…。また明日行くかなあ。それに亀さんがいなかった!

 頭の中にはきちんと構想が練ってあるのですが…。(もう一つ夜サクラもありますが,近くに照明がないために無理でしょうね。失敗しました。)要は鏡状態を狙っています。

 その他,公園内を散策しながら撮影ポイントを探しましたが,見付ける事ができませんでした。それに時間が経つと,人手が多くなり,さらに撮影が困難になります。

 帰宅し,手抜きの朝食,しかし珈琲だけは淹れておかないと…。どこかの人のように「おーいお茶」と新聞を広げながらリクエストできる家庭とは違いますからね。

 それにしても暑かった,室温20℃ですよ。おかげで散歩後に新たにTシャツ(2枚目)を着ました。この暑い中でアルバイトをしている人もいます。

 一方では,暇をもてあまし近所のサクラ撮影に行く人(「サクラ撮るなら奥様を撮れ」と言いたいです。)もいます。世の中,やはり不公平にできていますねえ。


○ 久し振りにおやつのお話を。私,時折無性にあめ玉をしゃぶりたくなります。大好物は,郡上八幡市にある桜間見屋(おうまみや)の肉桂(ニッキ)飴です。

 もう30年以上前になりますか,仕事で郡上八幡を訪れました。ボスは,宗祇水(名水百選第1号)に興味があったような気がします。昼食時のウナギも美味しかった。

 不思議ですねえ。ウナギと言えば海あるいは川のイメージがあります。が,我が県の山奥に行ってもウナギ屋があります。山にウナギ,面白い組合せです。

 ボスの水汲みの間に近くをブラブラすると,駄菓子屋(失礼)があり,肉桂飴を買いました。これがまた特別な美味しさと思いました。

 と言うのも,小さい頃肉桂の根っこを掘り,水洗いして囓ったものです。強烈な味です。しかし,この強烈な味が忘れられず,桜間見屋の肉桂飴で蘇りました。

 それ以来,肉桂飴と言えば桜間見屋のものに限ります。肉桂玉と黒肉桂(黒砂糖入り)がありますが,好物は肉桂玉です。これは美味しいです。好きです。

 便利な時代です。これも通販があります。最も2袋くらいしか頼まないので,送料の方が高くつきます。高速使って郡上八幡に行くことを考えれば安いものです。

 サイトの更新作業中も肉桂飴をしゃぶりながら,イライラを押さえております。肉桂飴=桜間見屋です。興味がわいた方,一度お試しあれ。


◇ 先日,ANAHDがLCCのピーチとバニラの経営統合をすることが発表されました。ANAHDの先の読みの甘さにやっと重い腰を上げたというのが,正直な感想です。

 ANAHD,本社自体吸収・合併の繰り返してきた会社です。先日はWACのことを書きました。作っては自然消滅の繰り返し,本当に懲りない会社です。

 これでバニラは消えていく運命,これを知って慌ててバニラを撮り始めた人も多かろうと思います。"creating new sky experience" は,一体何だったか。

 ジェットスター・ジャパンもそうですが,朝6時から夜11時の17時間の開港時間,ここに根拠地を置いていると,この制限が重くのしかかってきます。

 これで一日11時間以上飛行機を動かすことは,至難の業です。滑走路の運用も疑問だらけの空港です。とにかく飛ばしたいLCCにとっては,首っ玉をつかまれています。

 ピーチもバニラもA320で運用は簡単に見えますが,関西と成田に本拠地があっては効率が悪い。パイロットもどちらかに居住地を構えています。

 そして世界中でA320/B737のパイロットは不足しています。自社養成を始めるとのことですが…。地上要員はどうでしょう。重複している社員をどうするのでしょう。

 黒船(東南・東アジア)がどんどん日本に飛んできています。HKE/UOやJJA/7Cなどが急速に勢力を伸ばしています。また,エアアジアXとスクートも中距離路線を。

 パイロットの不足とともに中距離路線までLCCで飛ばしたいANAHDの考え,すべて後手後手に回っています。統合だけでは,市場を味方にできません。

 吸収合併による利益目標は掲げられるが,具体策となるとまるでないように見受けられます。先が見えているようで全く見えていないように素人には映ります。


○ 今日の1枚
Dsc_3056


2018年3月28日 (水)

またもや

○ サクラ,いくつかのお天気情報を参考に候補地をあげています。が,やはり私の撮りたいサクラは,来月中旬頃の開花予想です。そうエドヒガンの1本立ちです。

 昨年までもそうですが,どうも桜並木は撮りたいと思いません。それに桜並木のある所って,人手が凄いですよね。そして天敵?の電柱・電線が入ります。

 昔,伊那谷で道祖神を撮りに回っていた頃,いくつかのエドヒガンを見かけましたが,電柱・電線のために×印としたことがありました。

 もちろん画像編集ソフトで消すことは可能ですが,それでは自然な状態とは言えないと思います。もう一つ,ライトアップ,これも一度挑戦したいと思っています。

 華のお江戸と静岡方面のサクラの開花が早いために,今年のソメイヨシノの開花は(例年よりも)早そうではないかと思っています。あとは,お天気ですね。

 キャンピングカーに乗ってサクラ前線とともに北上,これは夢に終わりました。それでも日帰り範囲内のサクラは,毎年少しずつ撮っていきたいものです。


○ これまたくどい話ですが,散歩中にまた交通事故に遭遇しました。見通しの悪い交差点(田舎道ですがね)での軽自動車同士の衝突です。

 歩いて行く方向から車が近付いてきました。スピードが落ちない!そこに家の影に隠れた右側から車が…。大きな音がしました。けが人はなし。

 またもや目撃者は,私一人です。警察官が到着するまで散歩は中断?道ばたに咲くタンポポの黄色が妙に美しく見えました。待つこと30分以上,警察官が…。

 双方の言い分を聞いた後,証言者の出番です。私の正面から来た車は,若い美しい女性でしたが,それで証言を甘くすることはできません。国会とは違います。

 まあ話のつじつまが合った所で放免です。結局1時間以上のタイムロスです。事故を見なければ,自宅でのんびりできる時間が生まれたのに…。

 いつもの作業を始めようとしましたが,27日です。悪徳代官が登場する日です。聞きながら(見ながらではありません)作業をしました。

 さすが悪徳代官です。言いたいことは言って,都合悪くなると「訴追の恐れがあり…」と逃げの一手です。この証人喚問のシステムの欠陥を上手く使っています。

 「これで証人喚問が終わった。さあ次の審議をしよう。」と政府・与党が考えるならば,内閣支持率はさらに低下すると思っています。やってもやらなくてもいい時間?。

 午後は,ロウバイの実の摘果作業と金柑の剪定作業をやりました。せっかくの追肥を実に行かないように摘果をするのです。また,日が良く当たるように剪定をします。

 冬服をかなり片付け,春・夏物に入れ替えをしました。自分のことは自分でやらねばなりません。誰かさん達のように奥様にやっていただく身分とは違います。

 一度も着なかった冬服は,燃えるゴミの袋に入れました。ワイシャツ・靴下も古いものは処分です。これも自分でやらねばなりません。誰かさん達とは,大違いです。

 やっとサイトの改訂作業,約1ヶ月ほどコツコツやっていますが,やはり道は遠いです。目がかすんできます。目薬を買ってきて注すようにしています。


◇ こういったニュースが入ると,「早く撮りたい」と思う人が…。そしていつものごとく私は,B777-300のレジが全部揃っていない。焦る。

”B787-10による世界初の定期便は,5月3日シンガポール発関西行きSQ618便で,午前1時25分に出発し,午前9時5分に到着する。折り返しのシンガポール行きSQ619便は,関空を午前10時55分に出発し,午後4時40分に到着する。
 B787-10は,B787ファミリーで3機種目となる超長胴型で,2017年3月31日に飛行試験初号機(登録番号N528ZC)が初飛行に成功。長胴型であるB787-9の胴体を5.5m延長し,全長はB787最長の68mとなり,設計と部品はB787-9と95%共通している。
 シンガポール航空は,B787-10を運航する世界初の航空会社で,確定発注は49機。座席数は2クラス337席(Cクラス36席,Eクラス301席)となる。
 シンガポール-関西線は1日2往復で,どちらもA330-300(2クラス285席:C30席,E255席)で運航。関空を夜に発着するSQ622/623便も,年度内の下期をめどにB787-10に変更する。年内には東京と中部,福岡の各路線への導入も予定。東京は,成田路線への投入を軸に検討を進める。”


○ 今日の1枚
Dsc_0005


2018年3月27日 (火)

節約志向

○ 話のネタがなくなった?のでご近所の様子を書いてみます。我が家が建った頃は,周りに1軒も家はありませんでした。が,今では随分様変わりしました。

 年金生活,出不精の私は外出する機会は少ないです。まして現在は,サイトの修正に日々精を出しています。NHK:FMを聴きながら(今は高校野球)やっています。

 そんな静かな時間,斜め前のおばあちゃんは仲の良いお友達と門塀前にておしゃべり。まあ始まると2時間は続きます。何気なく聞いていると…。

 前の家では,元気な男の子二人が縄跳びやボール蹴りで遊んでいます。くじ運悪く転居3年目にして組長,お気の毒としか言えませんがね。

 西隣,ここはよくブログに話題を提供していただいております。散歩では,私の先輩です。が,最近ご主人杖をついて歩いておられます。そんなに年の違いはないのですが。

 東京読売ジャイアンツの大ファンで,娘さんの名前に亜希子(誰の奥様の名前かな)と付けられたほどです。最近は,毎日高校野球をテレビ観戦です。

 一軒おいた東隣,元気な男の子3人がいます。弟は,一卵性双生児です。奥様(お隣の長女)は,毎日大量の洗濯です。彼女の成長を見ると,歳を感じます。

 東隣,ご主人は会社の会長さんです。毎日モーニング珈琲から始まり,飲み仲間とゴルフ三昧,うらやましい存在です。娘婿に社長を譲って悠々自適な生活です。

 一番親しい東隣ですが,さすが人生の先輩,言われる言葉に重みを感じます。が,生活水準の違いは一目瞭然です。まあ隣は隣,内は内ですね。

 こう書いてくると,近所では我が家はどのように映ってるのでしょう。ちょっと気になるご近所の目です。まあご迷惑をかけないよう気を付けたいものです。


○ 間もなく新年度,新税ばかりか日用品・食料品までも…。
”1年前からの物価上昇はどれくらいかと家計に聞いた「体感」の物価上昇率と,実質値上げにあたる単価指数の相関係数は0.87。強い相関で,家計は数量減を物価高ととらえている。家計は実質値上げに敏感で節約志向を強めている。
 家計の体感物価が1%分上がると,実質消費を0.4%分押し下げる。今の景気回復局面で実施した実質値上げが,実質消費を0.5%悪化させた。
 消費拡大が期待される機運に値上げは水を差しかねないが,人手不足で人件費や物流費がかさみ原材料コストも上がるメーカーも苦しい。節約志向の壁を乗り越える値上げの工夫ができるかが、個人消費の行方を握る。”

 値上げをしたくても値上げがでいない。消費差し控えが怖いんですよね。ならば奥の手,中身を減らし価格は据え置く商法が広まっていきます。実質値上げですがね。

 我が家の台所,娘が備蓄品をチェックしました。賞味(消費)期限を過ぎたものがかなり出てきました。要は無駄使いです。従来の買い物の仕方に疑問が…。

 こうなると娘の口調は厳しくなります。あれこれ反論しても,言い訳に過ぎません。いかに出費を抑えるか,これからの年金生活の課題です。

 これで家の中の大掃除を行ったら,着なくなった服・はかなくなった靴など,不要品がかなり出てくると思います。(大げさですが)ものに溢れた生活からの脱却です。

 と言う私も,スーツ・ワイシャツ・ネクタイなどこの一年間身に付けたものはなし。礼服以外は不要品扱いになりそうです。プラス夏服・冬服を含めれば…。

 買い直す必要もなし,むしろ不要品を整理し,この狭い家を少しでも広げられたら嬉しいです。年金生活らしい質素なスタイルになりたいものです。

 節約志向は,もう大多数の日本国民の考えになっていると思います。値上げをすれば離れる,そして信用を失ってきた政治,自己防衛をするしかありません。


○ 新車以来交換していなかったバッテリー,アイドリングストップの時間も短くなり(要はバッテリーの能力低下),交換したことは既報通り。

 その際書いたことですが,アイドリングストップ車のバッテリーは,約5割は高くなっています。その差額をガソリンをどれだけ購入できるか。

 これは自動車メーカーの魂胆に陥ったことになります。ガソリンを節約=高燃費と言っていますが,わずかなものです。バッテリーの差額を埋めることはできません。 

 さらにこれからどんどんシェアを伸ばしていくEVはどうでしょう。やはりEV車のバッテリーは,高額です。日産(日本産業)のバッテリー交換が載っていました。

 初代リーフでは,再生バッテリーで30万円,新品は65万円だそうです。1リッター135円計算では,各々2222リッターと4815リッターと同価格になります。

 月50リッター使うならば,44ヶ月と96ヶ月位です。しかし,バッテリー代だけではありません。充電費用がかかります。自宅に充電設備を設置するならば…。

 T車のハイブリットカーもそうですが,別に普通のバッテリーも搭載しています。リーフは知りませんが,「地球環境に優しい,ガソリン代が浮く」とは…。

 こう考えると,EVもハイブリットもアイドルストップも要りません。誤魔化しです。ただ単にガソリンだけで燃費が伸びる車の製造を望みたいものです。

 こう考えていくと,MAZDAの車作りが正解のように思えてきます。最もディーゼル車は,高価ですね。ガソリン車との差額を埋めるだけの長距離ドライバーは別ですが。


○ 今日の1枚
Dsc_1261


2018年3月26日 (月)

約2時間半

○ 昨日から,散歩の服装はTシャツ&ハーフパンツにしました。出発時は少々寒いのですが,歩き始めるとちょうどいいです。まあ上だけは調整しますけど。

 スモモや木蓮そしてスイセンの白,レンギョウや菜の花そしてスイセンの黄,ムスカリの紫,歩いていると春を感じます。まさに春=花ですね。

 おかしなもので白=多くの白色塗装,黄=スクート,セブそしてバニラ,紫=FDA桃=ピーチなどを想像してしまうのは,なかば病的なスポッターでしょうか。

 各地でソメイヨシノの開花(満開)を知らせていますが,ご当地は2・3分咲きと遅いです。それでも今週は満開になることでしょう。まずあのポイントが…。

 これで入園式までもつかどうか,微妙なご当地のソメイヨシノです。日本では,花と言えばサクラです。入園式/入学式にサクラがあるかないかでは,大違いです。

 そして歩いていると,遠くを見ることができます。朝はビジが40~50kmありますが,時間とともにどんどん落ちてきます。これが春霞なのかしら。


◇ 一昨日,福岡空港でピーチA320の前輪がパンクしました。約2時間30分ほど滑走路は閉鎖となり,運休が続出しました。重大インシデント指定ですね。

 マスコミは,福岡空港のパンク状態をさかんに伝えています。何を今さらと言いたくなります。もうその為の解決策を何年も前から検討されています。

 福岡空港は,本当に便利なところにあります。それだけに空港用地拡張は難しいです。海上空港も検討されましたが,どういう訳かボツになってしまいました。

 そこで誘導路の滑走路化に落ち着きました。ターミナルビルの大移動も順次ことが進んでいます。そんなときに起こったパンク事件です。

 日本の空港は,ほとんどが滑走路1本です。滑走路が複数ある民間空港は,数えるほどしかありません。用地あるいは需要を考えると,無理(無駄)と考えられています。

 そう言った空港で,滑走路上での事故が起こった場合の解決方法を考えているか心配になります。例えば,トーバーレス・トーイングカーを全ての空港に置いたら…。

 今回のように前輪ならば,トーバーレス・トーイングカーで安全な場所まで移動させることができます。いくら何でもあれだけ長い時間滑走路閉鎖はないでしょう。

 ピーチの事故機,ステアリングまで壊れていたそうです。ならばなおさらトーバーレス・トーイングカーの出番となり,事故機の速やかな移動が可能であったはずです。

 万が一の火災に備え消防自動車が待機しています。同様にトーバーレス・トーイングカーも最低1台は用意したらどうでしょう。閉鎖時間を短くするためです。

 こう書くのも航空機の時刻表は,列車同様に組まれています。到着したら,次のディストネーションに向けて便名が変わります。(国内線)一日6~8路線飛んでいます。

 欠航になれば,その飛行機の次の便にまで影響を与えます。予定の飛行機が来なければ,新たな便は設定できないと言うわけです。福岡空港だけの問題ではありません。

 事故原因の解明も大切なことですが,再発事故の時にどのような対処をすればいいのか,そこを考え実行して欲しいものです。国土交通省の役人様,しっかりね。

 話は全く変わりますが,欧米社会(最もアメリカはすでに実行)ではサマータイムに入りました。欧米からの到着機は,約1時間早くなります。

 それによってヨーロッパ便は,最悪の出発時間となります。しかし,北米路線はこの1時間早くなるのが嬉しいです。明るい時間に到着,少しは出発まで撮影できます。

 早朝の降り,午後遅くなってからの到着・出発の撮影となります。昼間は陽炎がメラメラ,特に小型機は悲惨なものです。トップライトで,腹黒ですね。


○ 今日の1枚
Dsc_1324


2018年3月25日 (日)

郵便局も

○ 郵政民営化,小泉純一郎氏の遺産ですね。全国津々浦々まである郵便局,便利ですねえ。郵便局の先を行くのが,JAかもしれません。今や銀行屋さんに変身です。

 郵便局は,そこまで徹しきれない事情があります。大きな柱に”簡保”があります。これも実に曖昧な位置付けですが,地方には切実な事情があります。

 その郵便局,28日<名車コレクションフレーム切手セット トヨタ2000GT編>1セット3800円(税込)で6000セット限定品を発売するそうです。

 実に上手い商売です。62円切手×10枚+64分の1スケールミニカーです。3800円-620円=2180円です。切手も2000GTですから,使用する人はほとんどいないでしょう。

 この商売では先人がいますね。JR東日本の東京駅駅舎スイカです。私もついつい買ってしまいましたが,スイカを使うことがありません。トイカが使えます。

 この時も思ったことですが,記念トイカを使う人は…。つまりまるまる利益につながるわけです。約1年程待たされた人が現れた異常人気でした。

 こうした商売,記念切手ならば郵便局がお得意としてきたことです。が,発行部数が多くなって投資する価値がなくなってきたことも確かです。

 先日郵便局を訪れた際,半島オリンピックのゴールドメダリストの記念切手を売っていました。もうなりふり構わぬ商売となってきました。

 今回は,さらに豪華なミニカー付きです。それもかなりの高齢者が若かりし頃,トヨタが樹立した車,そして"007"に出てきた車です。

 この年齢層ならば,「懐かしい!」と郵便局に走ることでしょう。かくして3800円×6000=22800000円,刺激すれば約2000万円を懐にすることができます。

 かくしてその日のうちに(各種)オークションに出品,郵便局さん,随分罪作りなことをやりますねえ。東京駅舎の時も出品した人がいました。


○ 名古屋小牧空港,FDA/JHの12号機が到着しても,静かなものです。知人にお渡しするものがあり,二日連続で行きました。やはり静かなものです。

 話の中に珍しく"MRJ"が出てきました。青組カラーは,一体いつになったら動き出すのか,話の中心はここでした。が,朗報はありませんでした。

 アメリカに持っていった4機で飛行テストは終わってしまうのか?設計のやり直しは,一体どこまで進んでいるのか,相変わらず黙りの三菱です。

 MRJ博物館,生産ラインを見てみたいものです。動いていないような気がします。となると,まだまだ設計のやり直しが終わっていないのではないでしょうか。

 これはあくまでも私の推測で書いています。ひょっとして6回目?の延期も出てくるような気がしてなりません。青組どころか,またキャンセルが…。


◇ アリタリア航空とコードシェアするニュースに驚いていたら
”ANAHDと双日で共同出資会社を設立し,2018年度中にANAHDが過半を出資し,事業を始める。北米へ出張する日本企業のトップや幹部,政府要人向けに事業を展開する。双日が持つビジネスジェットの運航サービス会社とのネットワークと,ANAHDの日本企業への法人営業ネットワークを生かす。搭乗人数は数人から十数人まで対応し,機体も変更する。仲介事業は5年後をめどに10億~20億円規模の売上高にしたい考え。
 ANAHDは,ホンダエアクラフトカンパニーとも戦略的パートナーシップを結ぶ。
国際線で米国に到着し入国などの手続きを終えれば,すぐにビジネスジェットで次の目的地に乗り継げる。
 日本航空も欧州でビジネスジェットへの乗り継ぎサービスを手掛ける。現地企業と提携し富裕層や企業トップの需要を開拓している。”

 ガリバーは,お金持ちを対象に利益を生み出そうと考えています。機内の上級クラスへのサービスも同様です。Eクラスは,利益幅が小さいだけに当然の成り行きです。

 こうしたサービスを知らされると,アライアンスを乗り継ぐよりは,さらなる利益を取り込めるという考えが分かります。ますます肩身が狭くなります。


○ 今日の1枚
Dsc_3038


2018年3月24日 (土)

12号機

○ 商業運行が,18日から始まったFDA/JH:JA12FJ(白),15:40出雲行きを狙いました。その前もありましたが,トップライトで止めました。

 到着時のアクション・ショットも撮りたく15時少し前に到着です。エアバンドを聞いてみると,3マイル!慌ててディジタル・カメラを取り出しました。

 やはり今までのカラフルな機体と比べると,地味地味ですね。まあ(私にとって)お初ものですから,贅沢は言えませんがね。それにしてもギャラリーが…。

 水曜日までは雨/曇り,今日が初めての青空?それともデモ・フライトを撮られたのかな?あれも(確か)お昼頃,陽の周りは悪かったように思いましたが。

 定刻通り出てきてくれました。グランドからタワーに切り替えると,"cross GP,hold short(W1)"と指示がありました。これも慌てて短いレンズに交換です。

 さすがこの時間ですと,機体はテカりません。いい具合にゆっくりとタキシング。2コマ余ったので,助走中のショットを撮りました。29日現像仕上がり予定なり。


○ ワンセグ機能付き携帯電話,NHKによれば受信料を支払う義務がある。そして東京高裁(第二審)においても,NHK側の勝訴に終わりました。

 NHKの受信料,テレビを購入すれば「NHKの番組を見る見ない」に関わらず,受信料を支払う義務があります。しかし,世の中受信料を支払わない方も…。

 私自身,受信料は支払うべきだと思います。「見る見ない」の根拠が曖昧で,線を引きにくいことも根拠の一つです。公平にしなければならないと思っています。

 ただ現在のNHKの在り方については,再考を要すると思っています。受信料=設備費・人件費・取材費などと考えるならば,民放との差は開く一方です。

 しかも放送した内容をDVD化したり書籍化したり,二重の利益を得ているような気がします。それも結構なお値段で発売されています。受信料証明書を作って欲しい。

 そしてこの受信料証明書を提示すれば,幾分かDVDや書籍を安く販売してもいいのではないでしょうか。元でなしのいい商売なのが,納得できません。

 またNHKの使う放送設備は,民放と比べると一桁違う程の高級なものを使っていると言われています。例えば,カメラは格段の違いがあると。

 NTT同様,全国津々浦々まで電波が届くNHK,それはそれで評価しますが,受信料を支払っているのならば,当たり前のことです。違いますか。

 もう一つ,NHKは一体何チャンネルもっているのでしょう。地デジ/BSなどを全部合わせれば…。これをとってみても民放との差が歴然としています。

 要は,公共放送の隠れ蓑で民放との格差が著しいことが問題視されています。莫大な放映料を支払ったオリンピック,ここでも民放との懐の違いが出ていました。

 どんな法でNHKは守られているのか知りませんが,やることがどんぶり勘定であることは間違いないです。取材費につぎ込む金額も半端な額ではありません。

 受信料を支払っている国民に分かりやすい収支決算を公開して欲しい。HPでの公表では,大雑把すぎます。解説付きで放送したらいいと思います。


◇ FR24,雨の日でも見ています。空港に行かなくても見ています。どこの航空会社が,どのレジを飛ばしているのか,とっても興味があります。

が,時として苦笑いをしたくなります。これが空港に行っていたら…。GIA/GA,これはPK-GIF/GIGがほとんどです。FIN/AY,こちらはOH-LWBがよく飛来します。

 さすがここまで同じ機体が飛来すると撮影する気持ちは…。それがあるんですよね。初心者は,ディジタルカメラの操作と習熟を狙って撮るのです。

 例えば,降りでは斜め前から,機首部アップ,フレーム99%を狙った真横などがあります。よく飛来するからこそ練習ができます。しゃべっている暇はありません。
 
 飛行機の運用は,いろいろな要素があると聞いています。内部仕様や離発着回数などは,その重要な要素です。が,ここまでおきまりとなると…。

 逆もあります。成田でEVA/BRのA321/A330/B777でイレギラーが発生すると嬉しくなります。この航空会社の運用も頑なですよね。飛ぶ路線を宣言している?

 「一ヶ月に一度空港へ行ったら凄い」と思っている私です。狙いを定めるのは,飛行機ではなくお天気,中でも風向きになっています。邪道この上なし?


○ 今日の1枚
Dsc_3028


2018年3月23日 (金)

太く短く

○ 昨日は,朝の内雨は残ったものの次第にお天気は回復しました。(スタート時間は遅れましたが)久し振りの散歩です。どこかしら足取りが軽いような…。

 3日間の雨の後です。あぜ道を見ながら歩いていると,予想通り土筆がニョキニョッキ出ていました。帰宅し,ビニル袋を持って再び土筆採りに出かけました。

 やはり欲張るものではありません。袴取りが大変でした。今年の土筆採りは3回目,もうこれで終わりたいと思います。季節のものを十二分にいただきました。

 以前から寒肥の依頼を受けていた知人,土筆の卵とじをお裾分けしました。働いていると,なかなか土筆採りもタイミングが合わないようで喜ばれました。

 寒肥,ちょっと遅いようですが,木の芽が膨らむ際の肥料となります。持続性がありますから,青葉まで十分に庭木に栄養を送ってくれると思います。

 聞くところによれば,今まで寒肥どころか庭木に肥料をやったことがないと言います。人間は日に三度食しているのにね。「太く短く育てる」,これです。

 肥料をやることも剪定をすることも,「太く短く育てる」ために行うことです。これは亡くなられた先代の庭師さんの言葉です。忘れないようにしています。


○ 私の一番の友達:Uwe Meier氏,彼のメールを読むとうらやましくなることがあります。何がって,労働時間です。ドイツでは,一日10時間がメリットです。

 その為に働くときは脇目をせず,集中して行うそうです。日本人がブラブラしているとは言いません。が,年間の休みもはるかに多いです。

 つまり日本人の労働には,効率化が足らないように思います。それに昨日自分のことを書きましたが,”計画性”が不足しているのではないでしょうか。

 年間を見通し,いかに仕事量を平均化する計画性が問われると思います。一つの仕事のこなす時間をしっかり計画するんです。その為の集中力です。

 こうした仕事の仕方を繰り返していく内に「先が読める」ようになります。つまり仕事量の平均化に近付いていく訳です。

 DMG MORI森社長曰く,「当社は工作機械のメーカーなのだから,工作機械のプログラムを作るのと同じように,自分自身の行動もプログラミングしてください」と。

 日本人とドイツ人,気質は似ているように見えますが,やはり違います。ドイツ人のいいところを見習い,日本の労働者の労働内容が変わることを期待したいものです。


◇ エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ),一体いつまで中部~千歳のみの運行なんでしょう。運行乗務員が不足しているのかしら。それにしても時間がかかっています。

 エアアジアのマーケティング調査の確かさは,今までの経緯を見れば一目瞭然です。それだけにトニー・フェルナンデス・グループCEOは,国土交通省の仕事の遅さに…。

 エアアジアそしてスクートのハワイ路線,大盛況だそうです。ピーチの本拠地から中距離路線をいち早く敷きました。これもマーケティング調査の確かさです。

 羽田や成田ではなく,関西から始めたことに意義があるのです。そうなると次は,名古屋?福岡?千歳?とついつい考えてしまいます。

 この三つの空港からハワイ便を運行するとなれば,既存の航空会社も慌てることでしょう。明らかに関東のお客さんとは,考え方が違いますから。

 クアラルンプールから名古屋や千歳へ,以遠権を使ってハワイまで路線を敷く。恐らくこういった素人でも考えるようなことだと思います。

 こうして黒船が,日本からの中距離や(将来)長距離路線にまで切り開いていくのではないかと思っています。エアアジアXとスクートの戦いかもしれません。


○ 今日の1枚
Dsc_1248


2018年3月22日 (木)

便利になった?

○ ”コードレス”,この言葉の響きのいいこと。一昔前,職場ではLANコードが蜘蛛の巣のように張り巡らされ,事務机の移動にも不便を来したものでした。

 Wi-Fi,確かに通信速度は落ちますが,LANコードが消えてスッキリとしました。我が家でも家庭内は,Wi-Fiを使っています。最も自分のPCだけは,未だに有線LANです。

 最近,娘がダイソンの掃除機を買いました。今までの掃除機と比べると,独特な音がします。まあそんなにうるさい程ではありませんが…。

 ところが,充電に3時間ほどかかり,実働20分ほど(最新鋭機は長くなった)です。こんなものをよく買ったものだと内心思っていますが,口には出せません。

 因みに私は,いまだに紙パック式の掃除機を使っています。もちろんコードは付いています。ダイソンほど神経質にならずに使うことができるからです。

 その他,身の回りには充電式のものが氾濫しています。携帯電話などは,毎日のように充電が必要なものもあります。余り使わないが,シェイーバーしかり。

 カメラ類の99%以上は充電式です。私は,旅行用に乾電池式のコンデジを大切に使っています。アルカリ単3電池は,世界中で売られていますからね。

 これだけ充電式のものが増えてきて,便利になりました。が,充電式の充電回数をカウントすれば,その寿命は?携帯電話は,ほぼ1年ほどでしょうかね。

 そして電池交換は,(今では)メーカーに出してしまうのが普通になってきました。充電式は便利なようにみえますが,ものの使い捨てにつながるような気もします。

 毎年のように新製品が出て,ちょっと古くなった頃に電池交換,果たして電池の在庫はあるのかしら,これも不安になってきます。タブレットが心配です。


○ 悪徳代官の国会証人喚問が(27日)決まりました。まだ一週間あります。その間にいろいろなシュミレーションをこなして出席するのでしょうね。

 私の素朴な疑問,「このことで一年以上の審議がなぜ必要なのか」と言うことです。まるで日本の裁判の長さみたいにダラダラ長く続いています。

 前にも書きましたが,昨年の衆議院議員選挙の折,アベちゃんは「森友学園問題は解決した。国政を前に進めるべきだ。」とも言いました。が,相変わらず…。

 その理由は,(素人が考えるに)「自分(達)に不利益となることを隠しているんではないか」と言うことです。バレる前に他の論争に切り替えたいとかね。

 ですから国会答弁がよく訂正される,日付を気にして口裏を合わせるなどの愚かな行為が出てくる訳です。ここは半島や大陸とは違います。

 「文書は破棄した」と言っていたのが,わんさか出てくる。戦後の教科書のような「黒塗り(削除)したものが最後です。」が,(削除前の)原本が現れる…。

 国の行っていることが,こういった私利私欲に駆られたことではいけないと国民は思っています。納税したお金が,公明正大に使われてこそ納める価値があるというもの。

 こういった観点から現状を見るならば,政府は私達国民が納得するような答弁を国会の場で言うべきだと思います。世論調査でもそう現れています。

 身の保身を考え,役人のせいにして終わろうとする姿,これも実にみっともない。吉田茂・岸信介と言ったおじいちゃんが,この姿を見たらどう思うのでしょうね。

 納税者たる国民が納得できる答弁が出るならば,誰が辞めようと興味はありません。自民党出身者以外に国政を任せられる人材がないのも事実ですから。

 もう一つ,来年度の予算案の参議院での審議は?まさか自然成立ということはないでしょうねえ。一年間の国の施策をみっちり審議することなく…。冗談じゃない。


○ 今日の1枚
Dsc_1074


2018年3月21日 (水)

予定を立てる

○ 三寒四温の音が聞こえ,サクラの開花も伝えられています。が,今日明日と関東・甲信地方は大雪の恐れがあると言います。昨日は,気温が上がらず震えていました。

 四週間に一度の医者通い,珈琲豆の確保,郵便局(結局二度),そして一日早い墓参りをやりました。予報は今日も雨ですから,小降りの時に済ませました。

 お医者さん,診察よりも雑談が多いです。周りの看護師さんは,「先生があんなに他毎を話す人はいません。」と言われました。まあ一つ違いで気が合うのでしょう。

 私は,お医者さんのアドバイス通りの食生活に心がけ,血圧が下がったことで感謝していますし,そのことを通してお医者さんを信頼するようになりました。

 墓参り,恐らく今日は混みます。花を買うにも駐車場を確保するにも時間がかかります。仏花を買いたいこともあり,一度で済ませる横着者です。

 その仏花,仏壇の掃除をした後,自己流に活けました。罪滅ぼしに美味しい果物をお供えしておきました。次はおふくろさんの命日かなあ。

 月曜から木曜まで雨模様,咲き始めたサクラさん,急な寒さにビックリしていることでしょう。サクラの開花も自然現象に大きく左右されます。

 毎日単調な生活のように見えても,周りを見る気持ちがあれば,その変化に気付きます。ただCP作業で読書が進まないのが残念です。もっと読みたい。

 家人から見れば,毎日ブラブラ遊んでいると思われています。が,私は朝起きてその日の計画をまず立てます。歩く距離・掃除をやる場所・サイト更新○ページ等です。

 もちろんその他にも計画の中に組み入れています。掃除をやる場所,「まあ今日は止めておこう」と思うときがありますが,意地でもやります。

 今日やらないならば,明日もきっとやらないでしょう。予定をきちんと消化していくことが,単調な日々に活を入れてくれます。この考えを大切にしています。

 このブログだってそうです。毎日読んでくださる方は,わずかです。それでも己に課したことを黙々とこなしています。毎日足跡を刻んでいます。

 今日は,立春です。あとわずかで3月も終わります。今年も4分の1が終わろうとしています。先程書いたように日々黙々と計画をこなしていきたいものです。


◇ 科学技術の向上の一つにジェットエンジンの推力があります。それもただ単に推力を増すだけではなく,使用する燃料を減らすことも考えられています。

 飛行機の性能の大部分は,エンジンの推力にあると言っても過言ではないと思います。B747が生まれたとき,あまりの機体重量にエンジンの推力が追いつけませんでした。

 そしてエンジン一基当たりの推力も弱く,四つのエンジンを必要としたものです。貨物機を除き,B747の活躍の場は年々狭まってきています。

 「世の中双発機の時代」と言われるように,エンジン一基当たりの推力の向上とその信頼性が,双発機を産むきっかけとなりました。もちろん省燃費も。

 現在エンジン一基当たりの推力で最も大きなものは,B777-300ERに積まれているものだと思います。約400名(国際線使用)を乗せ,双発で飛ぶんです。

 このB777-300ERも間もなく発展型B777Xに積まれるGE9Xで,その性能が塗り変わります。約10万ポンド,ファンの直径は340cm…世界で最も大きなエンジンとなります。

 因みにB737の胴体径は376cm(A320は396cm)です。エンジンの外寸を加味すれば,ベストセラーのB737/A320とほぼ同径のエンジンを翼の下にぶら下げる訳です。

 それでいて燃費は10%以上上がっていると言っています。従来通りIHIが低圧タービン部品を納入,その他の部品でも日本企業が数多く参加しています。

 青組のB777X,赤組のA350-1000と日本のガリバーが二手に分かれることになりました。さてさてどちらの飛行機が,乗客に好まれるのでしょうね。


○ 今日の1枚
Dsc_1202


2018年3月20日 (火)

世の歪み

○ "point of sales"を略してPOSシステムと言うそうです。我々消費者が買い物をする際にレジにて行うものです。レジでは,ただ単に金額の合計をしているだけでは…。

 レジで打ち込まれた内容は,業者によって違いますが,(例えば)品別・性別・購入時間など様々だそうです。業者はこれを丁寧に分析するわけです。

 どの商品が売れ筋なのか,色・形・値段などを分析,今後の製造・販売の生きた資料作りとなるわけです。この分析は,長い期間のデータの蓄積と分析が必要です。

 恐らく多変量解析を用いていると思いますが,分析が正しければ次の販売に役立ちます。さらに売り上げの落ち込んだ商品の発見にもつながります。

 私が,このPOSシステムを知ったのは,コンビニでした。限られたスペースの中,いかに売れる商品を並べられるか,そのための根拠が欲しかったのだと思います。

 ですから定番商品と言えども,売れ行きが落ちてくれば棚から姿を消していきます。コンビニの中を一周回ってみると,このことがよく分かります。

 そして世の中,どの業種でも”人手不足”で困っています。求人募集のチラシも毎週(新聞に)入ってきます。例え,パートでもいいから人材が欲しいのでしょう。

 パートならばと女性が徐々に人手不足解消に役立つようになりました。そして今度は,女性の余暇を当てにしていた業種が困るようになったと言います。

 例えば,コツコツと時間のかかる”手芸教室”,参加していた女性が少しずつ止めていく。それにつれて手芸用品の売れ行きも悪くなる。

 どうも世の中,どこかに歪みが生まれるようにできているようです。コンビニ・百均など急成長を遂げてきたものの陰りは,案外女性客かもしれません。


○ 車を運転していると,ついつい目が行ってしまうGSの電光掲示板。どうも高止まりしているような気がします。恐らく製油所(元売り)での生産調整でしょう。

 自動車メーカーは,どんどん燃費のいい車を作って(きました)います。ガソリンの売り上げが低くなるはずです。おまけに電気自動車(EV)の出現,GSの倒産が…。

 先日も書きましたが,(本来)需要と供給のバランスで価格は決まるはずです。が,意図的な生産調整を行い,価格操作をすればどうなるのでしょう。

 それもメーカーが違っても同じようなことをしています。公正取引委員会の指導を受けるか受けないかのギリギリの商売を行っていると思っています。

 さらにお上は,時代を読み誤っているかのように保守的です。GSを規制によりがんじがらめに縛っています。EVの充電システムを併用して作れないものかしら。

 石油製品への需要はすぐになくなるわけではありません。が,先を見越し場所に余裕のあるGSからEV施設の併用を認めていく(自由にする)ことができないのかしら。

 GSの経営者も石油製品の売れ行きが悪くなって廃業と言うことが,少しでも減るような社会のシステムにして欲しいものです。副業を認めることです。


○ 混雑解消,有名な渋滞地帯(中国豊中~神戸JCT)が解消?さるようなバイパス(新名神)が部分開通しました。これで高槻JCT~大津JCTも完成すれば…。

 いやいや亀山JCT~四日市JCTもありました。これらが全部開通すれば,日本の大動脈の渋滞も随分解消されると思います。それ程にも酷い渋滞のメッカです(でした)。

 豊田JCTから御殿場JCTまで開通した新東名高速,東名高速と平行することにより,渋滞の解消につながるようになりました。それだけ通行量を支払っていますからね。

 ところで東名高速と名神高速を合わせて"E1"と名付けられています。新東名及び新名神は,付随という格付けで"E1A"と言う名前が付けられています。

 それほど全国の高速道路を走っていませんが,やはり"E1"の交通量は桁外れに多いです。平日夜間などは,長距離輸送の大型車ばかりです。

 E1/E1Aは,日本の物流を支える大動脈です。渋滞が起こるのは必然的なものがありますが,こうした複数の道路を走らせることにより,少しでも解消できたら…。

 こう書くのも,東方遠征の帰り音羽蒲郡~豊田の慢性渋滞には悩まされたものです。疲れて走ってきての渋滞です。余計に疲れました。

 今ではE1/E1Aができ,こんな渋滞も古き良き思い出になってしまいました。多額の通行料を支払っているのですから,E1/E1Aの整備にはお金をつぎ込んで欲しいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_0001b


2018年3月19日 (月)

相互扶助

○ 毎日サイトの手直しをしていますが,やっと約7分の1が終わったところです。毎日欠かさずやっても,あと四ヶ月はかかることになります。

 手直しをしながら,「今ならばもっと綺麗な画像処理ができたのに」と思ってやっています。が,それをやったらさらに月日が必要になります。

 もう一つ,やはり欧米のスポッターがうらやましいです。まずもって航空会社の数が段違いに多いですし,浮き沈みも激しいです。国の保護はないに等しいです。

 それに近年急速に延びてきているLCC,これのレジを集めることは至難の業です。やっと目処が付いたと思ったら,新機種導入があったりします。

 それだけにスポッターの皆さんは,空港へ行って写真を撮るのが楽しくて仕方がないでしょうね。と言うか,だからスポッターと言う言葉が生まれたのだと思います。

 それに比べて,日本の空港の撮影のし辛さは…。カメラを持っている人=テロリストと思っているのでしょうかね。保安に役立っているとは,少しも思っていません。

 それにお上の目が厳しく,民間航空会社とは言え,しっかりと保護されています。これでは新規参入が難しいはずです。利用者にとって不利益な状態です。

 話を戻して,それでも私の貧弱なスライドが(彼らにとって)価値のあるものなのか,それは(彼らから見れば)地の果ての国のスライドだからです。

 日本まで,それに撮影環境の悪い国に写真を撮りに来る,これは余程の変わり者だと思っています。それならば「スライド交換で済ませればいい」と考えるのが普通です。

 サイトでも紹介しているように,国内では制限区域外の写真ばかりです。それも年とともに劣化していく環境の元での撮影です。まあ相互扶助の世界ですね。

 これでポジフィルムを止めたら,欧米の貴重な写真が手に入らなくなります。20年以上続けてきたことを簡単には止められません。PROVIA様々です。


◇ これまた大変に遅くなったことを書きます。(思いついたら直ぐに書けばいいのですが,忘れてしまいます。記憶量が抜群に悪い…元々?いやさらに悪くなりました。)

 B737-100の初飛行は,1967年4月9日でした。と言うことは,間もなく51年になろうとしています。私は,100型は撮ったことがありませんが,ポジは持っています。

 B737は,この長い間に絶えず進化を遂げてきました。思い出してみれば,胴体はB707と同じであったと思います。もちろんB727も同様です。開発費の軽減です。

 日本には,B737-200から導入する航空会社があります。現在は,B737-800が日本の空の主流を占めています。一部B737-300/500が残っています。

 もうデリバリーされていますが,これからはB737 MAXの時代となります。これは7/8/9/10のシリーズが予定されており,B737 MAX10は過去最大のB737となります。

 原型から約2倍のキャパシティーのものができあがると言うことです。1クラス230人!写真を見ましたが,「これがB737?と驚く長さ」です。撮りたい。

 私,老朽化した(国内線)B767-300の後継機は,これではないかと思っています。確かにキャパシティーは小さくなりますが,今はやりのダウンサイズならば…。

 先程進化のことを書きましたが,胴体径は同じでも中身も外見も全く別物になってきています。やはり外観上の変化は,エンジンでしょうね。P&WからCFMに変わりました。

 余談ですが,このP&W JT8型は,軍用機のエンジンの転用です。B727/DC-9にも積まれた有名なエンジンです。地響きをするようなエンジン,ファンがいましたね。

 変わらないのが,主輪は折りたたむだけです。上がっていく飛行機を下から見ると,主輪が見えます。前輪は,普通の引き込み式です。普通席,3列・3列かな。

 このB737シリーズが,ついに製造1万機を超えたということです。原型→クラシック→NG→MAXと四世代の快挙です。今やボーイングの稼ぎ頭的な存在です。

 NGからウィングレットを付けたものが登場,その正面から見た姿は,まさに”悪ガキ”です。NOK AIRの鳥の嘴,悪ガキの変身ですね。

 世界中で使われており,特にLCCではA320とがっぷり四つを組んでいます。これからもこの二機のバトルは続くことでしょう。A320の方がおしゃれに見えるのは,私だけ?


○ 今日の1枚
Dsc_0224


2018年3月18日 (日)

迷走

○ また降ってわいたような”珍事”が…。名古屋市立の中学校で,元文部官僚前川喜平氏の講演内容に関してです。名古屋市教育委員会と同校校長の言葉も興味深いです。

 まずもって文科省が,一中学校の授業に関して”その経緯や目的,内容などを細かく尋ね,講演録や録音データの提供を求めるメール”と言います。

 財務省官僚ですら国会審議に過敏に反応している現在,文部官僚の勇み足には驚きます。さすが林芳正文科相,官僚の行き過ぎをたしなめることになりました。

 前川憎し,まさにこの一点に尽きると思います。嫌らしく言うならば,文科省お得意の”いじめ”ですね。現場にいじめの実態を調査させながら,自らは…。

 確かに教育基準・教育条件を全国的に統一するために文科省の果たす役割は,大きいものがあります。がしかし,教育内容に口を出すとは…。

 様々な経歴の人と接し,生き方に共感したり,懐疑的・批判的な視点を交えて討論したりすることは,大切なことです。いや,文科省はそのような学習を求めているのでは?

 文科省を去った人間=前川氏,文科省は次なる爆弾発言を警戒しているのでしょうか。森友・加計問題に新事実が出てきて困るでしょうから。

 いいですか,森友の後には加計問題が浮上する可能性があります。例の愛媛県の出張復命書の書き換えが行われました。その内容を精査すると新たな…。


◇ 大昔,"WAC"と言う幻に近い航空会社がありました。これを知っているのは,30代以上?の方だと思います。フルカラーは一瞬,すぐに小さなステッカーに変わりました。

 そして知らぬ間に消えてなくなりました。現在"Air Japan""ANA Wings"と言う航空会社のあることを知っている人,これはかなりの通ですよね。

 そして傘下に二つのLCCをもっている青組,特にバニラ・エアーが生まれたとき,誰しも???をもったことだと思います。「パイを多くもてばいい」と考えたのかしら。

 お得意の”効率化”は,一体どこへ行ったのでしょう。ピーチ一本で国内線のフルサービスとの棲み分けを図るのが,目的ではなかったのか。もう迷走が見えていました。

 その後の動きを見てみると,自由度の高いLCC(ピーチ・アヴィエーション)の方が業績がいいようです。利用者の声を上手く吸い上げながら関西中心で成長しました。

 ここです。ピーチの関空拠点は,大正解でした。あの頃はまだまだ関空の容量に余裕がありました。但し,アクセスに問題がありましたが。

 バニラ,ライバルのジェットスターもそうですが,混雑このうえない成田を拠点としました。さらに運用時間に制限がある空港です。LCCにとって辛い空港です。

 LCCの本来の姿は,いかに安く効率的に稼ぐか,これにあると思います。つまり経営陣の腕が試される会社だと思っています。出向者・天下りでは,柔軟性に乏しい?

 経営陣を見ても,バニラは"MINI ANA"ですね。本体の巨大化に伴って,ポスト配分の一部となっています。つまりLCCとしての成長戦略を自ら描けない会社です。

 結局バニラは行き詰まっている状態,つまりその存在価値を見い出せない航空会社なんです。こんなことは,最初から分かっていることです。つまり消える運命です。

 ここに歴代の青組の経営陣の弱みがあります。「追い付き追い越せ」の攻めの姿勢の頃は(まだ)良かったが,No.1となった今,発想の転換を図る必要があります。

 加えるならば,LCCをもたない赤組にさらに差を広げようとする魂胆です。競争相手を意識することも大切ですが,ポリシーはもっと大切です。

 ここに至りバニラは一年をかけてピーチに統合されていくことになりました。いくら青組傘下の2社とは言え,どうも青組経営陣,LCCの意味が本当は分かっていないのでは。

 私は,ピーチの従業員はLCCしか知らない人が多いように思います。つまり発想の自由が売り物のように思います。立ち上げ当初からそう見ています。

 今では約60%青組が出資をして子会社化しています。そこで生まれるのが,縦の関係です。せっかくの小回りの効く長所が,どんどん失われてきています。

 サウスウエスト/ライアンエアー/ジェットブルー/イージジェットなど世界のLCCのガリバー,とても柔軟な発想をもって急成長してきました。

 冒頭に書きました"WAC"同様,いずれは「昔,バニラという会社があったなあ」となることでしょう。全く同じようなことを繰り返す青組のようです。懲りないようです。

 (このことと関連するかどうか分かりませんが,青組の株価がなかなか上がらないのもこういった場当たり的なやり方に警戒心を持たれているのではないでしょうか。)


○ 今日の1枚
Dsc_2854


2018年3月17日 (土)

運が悪いだけ

○ また初心者のいい加減な感想を書きますが,間違っていたらお教えください。(私にとっては)新しいディジタル・カメラ,いつもながら多機能に驚いています。

 CPもそうですが,私の使うのはほんの一部の機能しか使うことができません。取説を丁寧に読んだり,新しく本を購入して学ぶ意欲のない怠け者です。

 そのカメラ,以前のものと比べるとバッテリーのもちが悪いようです。最もバッテリーは低温には弱いことは知っています。それにしても減りが速い。

 Wi-Fi機能やGPS機能などは,私にとっては無縁の世界です。JPGで圧縮しても1枚の画像の容量は相当なもの,そんなものをカメラ本体から飛ばす?時間は?

 それくらいならば,メディアを取り出し,カードリーダーで呼び込んだ方が遙かに速いと勝手に思いこんでいます。また,メディアの容量も大きくなってきています。

 思い出した。携帯電話もそうですね。使っていなくともいろいろな電波をキャッチし,見もしない情報がどんどん送られてきます。切りたいのですが,なかなか…。

 世の中の多くの人が便利でたまらないと思っている機能が,私にとってはバッテリーの消耗の速さとなる苦痛になっています。予備バッテリーが必要です。

 まあ付加価値をたくさん搭載すれば,高級(高性能)品にも見えますし,お値段を高く設定できます。商売が上手?せこい?ありがた迷惑です。


○ 突然おかしな話に変わりますが,「あなたは速度超過違反をしたことがありますか」と聞かれたら…。私は,数回あります。全部ねずみ取りです。オービスはゼロです。

 どこの道路でもいいですが,法定速度で走っていて安心ですか?交通の妨げと感じたことはありませんか?警察は,考え方が全く庶民とは違いますね。

 道路の法定速度は,一体誰がどのような根拠で決めたのか,知っていますか?もしも知っている方がおられましたら,是非教えていただきたいものです。

 こう書くのも道路を走っている車のほとんどが,法定速度を守っていません。まして高速道路になると追い越し車線に出て追い越す必要があります。

 (片道一車線)一般道路で法定速度を守っている車がいたら,後続車はつながり,イライラさせられます。私は,道路というのは流れが大切だと思っています。

 法で勝手に決められた…車の性能はどんどん良くなってきている…法定速度,安全との兼ね合いもありますが,余りに実態とかけ離れた数字としか思えません。

 おかしなことに速度超過違反は,(これは推察ですが)高速道路では25km以上の速度車が対象になっているのではないでしょうか?と,言うことは…。

 つまり高速道路では,+25kmまでは検挙対象から外れていると言うことです。100km以上で走っていても検挙されません。著しい速度超過車のみが対象です。

 ここに警察の矛盾があります。全ての速度超過車を検挙するには,警察官の数が足りません。さらに交通渋滞が至るところで発生することにつながります。

 ここまで書いてくると,ねずみ取りにひっかかった人は,ただ単に運が悪いだけということになります。違反切符による収入?も予算化?されているようです。

 道路は警察のものではありません。国民のものです。根拠のない法定速度よりは,自然の車の流れを尊重した方が,事故は却って減るように思います。

 取締をしたければ,事前予告をしたり立て看板を立てて置くなりする必要があります。取締の間だけ法を遵守すればいいのです。終われば,元の車の流れに戻るだけです。

 もう一つ,白バイによる取締です。なぜ大型車の影に隠れながら,違反者を見付けようとするのか,己のやっていることが恥ずかしくないでしょうか。

 念のために書いておきますが,私はこの5年間無事故無違反ですよ。検挙された方々,運が悪いだけですよ。私なんぞ,乗るたびに法定速度超過をしています。

 一旦停止,路上駐車などとは違い,法定速度違反の考え方を再考する必要があると思います。例えば,法定速度60kmの根拠はどこにあるのか,警察は説明して欲しい。

 違反金欲しさの取締,己のしていることの恥ずかしさはないのでしょうか。警察に良識という言葉は通用しないのでしょうか。税金で給料もらっているのにね。


○ 今日の1枚
Dsc_1324


2018年3月16日 (金)

家事に勤しむ

○ 昨夜遅くから降り始めた雨,朝起きても降り続いています。数日間ポカポカ陽気が続いただけに,ホッとする雨のような感じがします。

 今日からタンスの中の冬物を春物・夏物に入れ替えをしようと思っています。一部冬物を残しておきますが,自分でやらなければなりません。

 冬物に入れ替えたのは,つい先日のような感じがします。あの時感じたことは,連日洗濯をして過ごしました。冬物でもクリーニングに出さないものは,洗濯です。

 そこで(当たり前のことながら)この際着なくなった(この冬一度も袖を通さなかった)ものを捨てることにしました。そうすればの家事労働は減ると思います。

 このことは長男の部屋の残り物でも言えます。狭い部屋に(狭い家に)これでもかと思うくらい買い物をし(便利だから・新しいものを),詰まっています。

 昨年の4月1日から始まった年金生活,間もなく1年を迎えますが,我ながら家事労働に勤しんできたものだと感心しております。(誰かさん達とは大違い)

 着なくなった冬物(同時に夏物)や不要になったもの,この際少しずつ処分していこうと思います。他にやりたいことがあるのですが…。


◇ 今さらながら「どうしてあんなに気象条件の悪い場所に空港を作ったんだろう」と思う”成田国際空港”です。霧の多さと気流の不安定なことです。

 そんな愚痴を言っても仕方がないことですが
”国土交通省と千葉県,成田市など空港周辺9市町、成田国際空港会社(NAA)による成田空港の四者協議会,成田空港の機能強化について合意した。今後,第3滑走路(C滑走路)の新設や既存滑走路の延長などで,年間発着回数を50万回に拡大する。”

 このことを書く前に,以前現在のA及びB滑走路の同時運用について調査をしました。「同時離発着に問題はない」との結果だったと思います。現実は…。

 空港周辺の騒音問題のために,早朝のA滑走路の運用(着陸)を大幅に制限したことは評価できます。が,これもごね得を産むような状態です。

 今回の合意書では,C滑走路(3500m)の建設をまとめあげたことが一番の成果です。これまでも計画が発表されてきています。3番目の平行滑走路です。

 C滑走路は,計画に寄ればB滑走路よりも東側・南側に作る予定です。長い滑走路(B滑走路は2500m)となります。ここしか作れないのか?

 先にも書きましたが,成田空港は気流の不安定な場所に作られています。さらに横風対策の滑走路はありません。(当初の計画にはありました…誘導路として一部使用)

 今回合意した内容では,やはり24時間運用は無理なようです。騒音問題が一番大きな原因です。それでも次の二点は変わっていくようです。

 ・ A滑走路の運用時間は,午前6時から午前0時までとする。
 ・ 午後10時以降の便数制限を撤廃する。午前0時から午前0時30分までの30分間をカーフュー(離発着制限)とする。
 なお,B滑走路の運用時間は,これまで通りだそうです。

 いずれにせよ日本パッシングの続くお空の世界,鍵は”24時間運用空港”なんですが,その根本的な解決には結び付かないようです。


○ 今日の1枚
Dsc_1261


2018年3月15日 (木)

今年の春は

○ (出だしは格調高く?)ここ数日、春を超えて初夏の陽気のようです。昨日は、車のオートエアコンは、何と冷房が入りました。3月14日、初冷房の日です。

(何にも格調高くない?)春、冬の寒さが厳しいウィーン、鉛色の空から明るい日差しへと変わっていく春、心なしかウキウキした気分になります。

 シュトラウスの“春の声”なんぞ、まさにウィーン子の待つ春の到来です。ベートーヴェンも“春”を、そしてハイドンも“ひばり”を書いています。(少しアップ?)

 そして日本では、(そのものズバリ)“春”(春のうららの隅田川…)があります。人も植物も春の到来を大歓迎していることが分かります。

 ところが春の珍事が続いています。日本の国会は、揺れに揺れています。そしてトランプさん、気に入らないから解任だって。余程混乱が好きなんですね。

 もしも宇宙から地球を見たら、為政者たちの愚かな行為にあきれ返ることでしょう。下界は、何と醜いことか。人間は何と権力願望が強い動物なんだとね。違いますか。

 パラリンピックが開催されていますが、半島はそれどころではない状態です。ここでも“俺の名は歴史に残る”と思っている輩がいます。懲りない輩です。

 シロブタ君は、己の権力や国の制度を保証して欲しいと思っていることでしょう。保証されるのならば、いつもの二枚舌を使って乗り切っていけばいい。

 北と南の統一?できると思いますか。シロブタ君の身分は?1国2制度?仮に統一したら、北の人々は今まで騙され続けてきたことをどう思うのでしょう。

 それをクリアーしても北と南では経済格差は、月とスッポンですよ。南の経済力って(かつての)西ドイツ程あるんでしょうかねえ。冷静に考えて欲しい。

 まあわが国としては、連れ去った日本人(拉致被害者)全員を返してもらいたいものです。南以上にお付き合いしたくない国ですから。違いますか。

 蛇足ですが、桜の開花が約1週間早まる予想が出ましたね。日本の春=桜ですよね。私が幼いころ、桜は4月になってから咲いていたように思います。

 幼稚園・保育園・小学校の入園・入学式には、校庭に桜が咲いていました。3月末に桜が咲くようでは、入園・入学式には葉桜になってしまいます。

 これも地球温暖化の影響なんでしょうか、日本の春のウキウキした雰囲気がなくなってしまいますよねえ。3月下旬に花見ですか、何かピンときません。

 そして私は、1本桜それも枝垂れ桜、今年はどこで撮ろうか思案中です。桜と石仏に切り替え、空港は…。それに先立つものが、心細くなってきました。

 どこへ行くにも車中泊が増えそうです。豊田や川口の御大のように富が集まっている人がうらやましいです。同じ人間でも、大きな違いがあります。運命なのかしら。


◇ 私のホームベースであった名古屋空港、FDAの本拠地です。昨日E190の12号機が青空の歓迎を受け到着しました。FDA、先日は成田空港にまで現れたそうです。

E170/E190の混在はありますが、全12機エンブラエルに統一されています。フェリー・フライトの様子もネットで発表されています。4日間かかっています。

以前本拠地としていたJAIRは、ジェットストリームからCRJへ、そしてついにエンブラエルに統一となりました。赤組及びその仲良しは、エンブラエルがお好き?

確かに航空ファンのみならず、FDAの機体のカラフルなことは認めます。剥げかかっても飛ばす航空会社です。搭乗料金も高いですね。

そして1年後には、13号機を導入予定だそうです。次第にチャーター運用が増え、全国にFDAのカラフルな塗装が現れるようになることでしょう。


〇 今日の1枚
Dsc_1257

 

2018年3月14日 (水)

独裁者になるだけ

○ また遅れた話ですが,全国人民代表大会の様子をテレビで見ました。まあ国が大きいので,代表者の数も半端な数ではないことは理解できます。

 しかし,どうして社会主義の国って同じような会場で会議を行うのでしょうねえ。正面ひな壇には,偉そうに多くの者が座っています。もうここから嫌な雰囲気です。

 国によっていろいろなやり方があるとは思いますが,憲法改正までこの会議で行うことが面白いです。国民は,間接的にしか参加できません。

 人民代表を選ぶ地方選挙の時だけです。それも民主的に公正におこなわれているかどうか,疑問視しています。一党独裁国家ならではのやり方です。

 ここに至ると,もう私の我慢の限界を通り越しています。これが国政を薦めてく上で最上の手段とするならば,やはりこんな国には生まれたくないです。

 一番の注目点は,やはり憲法改正の件です。採決の結果を見て,さらに驚きました。99%以上が賛成,やはり一党独裁国家ならではの結果です。恐ろしいです。

 しかし反対した人が2名いました。いずれこの2名は明らかにされ,代表者の立場を(何らかの理由を付けて)辞めさせられると見ています。

 ここまでプーさんの権力を保障する,これまた異常な会議と言わざろう得ません。一人に権力が集中すれば,自ずと媚びへつらう者が出てきます。

 ロシア・ベネズエラ・半島(北)を見れば,歴史の過ちを学んでいないことがよく分かります。1代の大統領でも半島(南)の結末を見れば…。

 理論としては,マルクスの考え方は決して誤ってはいないと思います。が,実際に国のシステムとなると,話は別です。どうしても排除の論理が先立ちます。


○ ”引っ越し難民”,人ごとと思ってきつい言葉を生み出すものです。辞令一つで転勤を余儀なくされるサラリーマン,引っ越しができねばビジネスホテル生活?

 3・4月は年度替わり,どうしても異動や進学のために引っ越しする必要がある人が生まれます。業者に聞いても,忙しいのはこの時期だけだそうです。

 と言うのも,今年で言うならば17-18日の週末が,引っ越しのピークだそうです。長男も「早いこと業者と契約をして良かった」と言っていました。

 学生は,合格通知をもらわない限り予約は難しいようです。一方では,複数の業者に発注し,ドタキャンする人も結構いるそうです。

”最近はインターネットで複数の引っ越し会社の料金を比較し,運送の直前になってキャンセルを申し入れる依頼者も少なくない。これは引っ越しの人手不足に拍車をかける可能性がある。引っ越しの解約料金は,現状ならば当日は運賃の20%以内だが,6月以降は運賃の50%以内に引き上げる。作業料金も解約料金の対象に新しく含め,国交省は突然のキャンセルを抑制する効果を狙う。”

 こんなことまで国の仕事?と思ってしまいます。アルバイトを確保して営業を続ける業者,これも引っ越しの時期が集中しているためにやむを得ず?

 長男の引っ越しも主任格を除けば,あとはアルバイトばかりです。一日に2・3カ所を効率的に回るそうです。若いからできるものの,腰痛もちでは…。

 働き方改革と言っていますが,一方では通販業者は”期日指定“”翌日配達”などと,魅力的な言葉を連ねています。これが宅配業者の仕事を増やしています。

 残業を減らす,労働時間を短縮することなど,労働者にとって嬉しいことです。が, ”期日指定“”翌日配達”などのシステムを考えないと…。

 依頼主が時間に余裕をもつことに尽きます。先の国土交通省の通達改訂もそうですが,通販業者への指導もいずれ行う必要があると思います。


○ 今日の1枚
Dsc_1248


2018年3月13日 (火)

こんな時間に

まだ完全復旧はできていません。が、一応今日の分をあげておきます。疲れました。

○ 面白いですよね。先の衆議院議員選挙では,アベちゃんを始め与党の声ですよ。「森加問題をいつまで議論するのか,もっと大切なことが…」の連発でした。

 政治家独特の逃げの姿勢,あるいは論点の差し替えと言われるような言動であったと言わざろう得ません。隠している事実(真実)が明るみに出れば…。

 「真摯に向き合い,丁寧な説明責任を果たす」ともありましたね。こうやって過去を振り返ると,(元)悪徳代官の虚偽答弁で済ませよとしたんですよね。

 会話の記録録音は出てくる,怪文書と言われていたものまでが本物と分かる。愛媛県も加計問題での文書(復命書)の改ざんがあったようです。

 誰でも自分に都合の悪いことは隠したがる,これは理解できます。しかし,国有財産あるいは納税でもって国の地方自治体の諸政策は行われています。

 誰が見たって”公正”なお金の使い方が求められています。自分のお金ではなく,自分(達)がやりたいことのためなら手段・方法を選ばないことでは,困ります。

 選挙・世論調査のために出てくる言葉,”無党派層”があります。それは一番比率の多うものであり,”浮動票”の原因となっています。

 支持する政党が見当たらない=無党派と言うことでしょう。が,選挙で1票を投じなければ,己の意思を示したことにはなりません。ベターな考えしかありません。

 こう書くと,「どうせ選挙に行っても何にも変わらない」と返ってきます。これは自己の行動(棄権)を正当化する偽りです。民主主義国家の原点を思い出してください。

 間接選挙は,一人につき1票が原則です。選挙に逃げている人も1票,選挙に行く人も1票です。その中で多くの票を得た人が当選です。

 ですから極論を言うならば,選挙権を持つ人が全て投票すれば,はっきりとした民意を反映しているわけです。棄権する人が多いから,民意を反映していないのです。


○ 散歩中,警察官が見通しの悪い交差点に立っていました。遠くから次第に近くなるまで観察しながら歩いていました。女性が一旦停止,運転席の窓から子犬が…。

 警察官,何もしませんでした。道路交通法に疎い私です。運転席の窓から子犬が顔を出しているのは,違反にならないのでしょうかねえ。

 それとも女性だから大目に見ているのかしら?どう考えたって,運転に集中できる状態ではないと見ますが,皆さんいかがなものでしょうか。

 しばらく歩いていると,今度は子犬の散歩をしている女性に遭遇しました。リードが長く,犬は私の方に向かってきました。「リードを短く」とお願いしました。

 女性の反応が面白かった。「だめじゃない」と犬に問うているのではありませんか。私には何もありませんでした。過去には飛びかかられた経験をもっている私です。

 余程訓練をしなければ,犬は言語を理解することはできません。家から一歩出たら,飼い主は全ての責任を負う立場にあります。これが分かっていない=飼う資格なし。

 このブログでも何度も書いてきました。犬の糞を処理せずにしておく者,これに腹を立てて看板まで立てている人もいるくらいです。これも飼う資格なし。

 確かにペットは可愛いと思いますが,全ての人が認めているわけではありません。私のように飛びかかられたり,ジーンズを破かれた者だっています。

 先の女性ドライバー,何かの不注意で人様に傷つけたり,人様の車にゴツンしたらどうなるのでしょう。他人に迷惑をかけていることは明白です。警察官もおかしい。


○ 今日の1枚
Dsc_1244


2018年3月12日 (月)

生の会話

○ 昨日DLH/LHの汚いやり方に皮肉を込めて書きました。しかし,ドイツのやり方は空だけではないようです。ご存じでした,以下に実態を書きます。

 ヨーロッパの人々,車に関してはディーゼル車が主流を占めてきました。どこの国も国挙げて,ディーゼル車を賞賛してきました。特にドイツは有名でした。

 (随分前ですが)ドイツを旅行したとき,駐車してある車はディーゼル+5速+シルバーが大多数でした。メルセデスの広告塔には全車これが展示されていました。

 が,風向きが変わってきました。例のフォルクスワーゲンのデータ改ざん事件です。これは他のメーカにも波及し,ディーゼル車=大気汚染のレッテルが貼られました。

 ドイツの御三家は,いち早く電気自動車へ切替を始め,あっと言う間に世界の主流になろうとするまでに成長しています。変わり身の早さに驚きます。

 ところが,ディーゼル・エンジンへの多大な投資を回収しようと,輸出ではディーゼル車をどんどん売っています。いい例が,お人好しの日本です。

 日本人のドイツ車=高級車への憧れ,これを上手く使ってあらゆる車種にディーゼル車を投入しています。ガソリン車よりも高価格であるにも関わらず。

 逆に大陸となると,これまた排ガス規制に厳しくなると予測,ディーゼル車の生産あるいは輸出を控えると言ったあんばいです。やり方が汚いですねえ。

 大陸では,本国と同じ電気自動車の販売に中心を移す腹づもりです。お人好しの国とは大違いの対応です。儲け方を相手によって使い分けるやり方です。

 自国は大気汚染に配慮,無頓着な国にはディーゼル車をどんどん輸出です。高額だけに利益率も高い=儲かる。全く笑いが止まらない商売です。


○ 1年前通販アスクルの大きな倉庫が焼けたことを記憶されている方も多いと思います。火災のこともそうですが,一部商品の遅配が問題となりました。

 今度は,寝具西川産業の倉庫での火事です。上空からの写真を見ますと,アスクルと同規模の大きな倉庫です。相当数の寝具類が保管されていたと思います。

 驚くことに今回の火事は,放火が原因と言うことです。それも21歳の同社のアルバイトだと言うことです。放火理由は,ストレスがたまっていたと言うこと。

 おいおいストレスがたまるのは,誰でもそうですよ。彼だけではありません。あれだけの火事の補償,彼にはできるわけがありません。

 まだ若いのにストレス発散という理由で,自分の人生を台無しにしてしまったようです。ストレス発散の仕方を誤りました。回りに相談はできなかったのでしょうか。

 こう言う話を聞くと,こちらまでおかしくなってきます。もう気の毒を通り越し,思いとどまることがなぜできなかったのか,悲しくなります。

 恐らくマスコミは,彼の生い立ちを面白可笑しく取り上げるのではないでしょうか。私は,彼が特別な人間と思ってはいません。むしろ普通の人間ではないかと思います。

 それではなぜ?その原因の一つが孤独だと勝手に想像しています。SNSを通して仲間(友達)はいるように見えても,それはあくまで仮想の世界での結び付きだと思います。

 生身の人間として,顔を見て話しかける仲間がいないようでは,やはり孤独です。うぐにスマホの世界に入り込む若者,その多くは孤独ではないかと思います。

 ツィートが少なく腹を立てるような輩だっています。いいねをたくさんもらって有頂天になる輩もいます。会話の少ない悲しい現実です。

 ゲームソフトでも似たり寄ったりです。ゲームの世界であたかも自分が生きているような錯覚,現実と非現実の境目が分からなくなってきています。

 ですからストレスの発散の仕方も分からない,自分がやろうとしていることがどのような結果を生むのか分からない。生の会話をもっと大切にして欲しいものです。


○ 今日の1枚
Img_0632


2018年3月11日 (日)

親ばか

○ 長男は,私と違って”晴れ男”なんでしょうか,週間天気予報を見事覆しました。風はあるものの絶好の転居日よりでした。雨が降れば,段ボール箱が濡れます。

 これで今日積み込んだ荷物があちらに届きます。とりあえず本人の生活に困らない程度のことは,やってきたいと思っています。たった一人の転居で50個以上の荷物!

 まず組み立て式の棚を数個組み立ててきます。段ボール箱から出しても収納できる場所がなければ困ります。自分の一時転居のときを思い出しています。

 長男曰く「一人住まいでこれだけの荷物,家族転居になれば,一体どうなることやら。考えられない重労働だ」とね。実感がこもっていました。

 本人もおしりに火が付いていることは分かっていますから,金曜日は有給をとったくらいです。滅多なことでは仕事を休まない長男,目の色が変わっていました。

 昨日午後,長男が先に出発しました。まだまだゴミが出てきます。掃除機をかけて床を掃除しました。が,「壁紙を貼り替える必要だなあ」と思いました。

 本人は一時帰宅の際,今まで通り使おうとしていますが,部屋を空かしておくのはもったいない。家の中で一番日当たりがいい場所ですから。女・子どもが狙っています。

 初めての下宿生活,今までとは勝手が違います。家賃を払っていても,借りているという意識をきちんともたないと…。例の原状回復措置ですね。

 百均へ行って,フローリングを傷つけないようにマットをたくさん買ってきました。家具の足の裏に貼るためです。本人には意識はないと思って買ってきました。


○ 悪徳代官の辞任,大多数の国民は「やっと」と思ったのではないでしょうか。まああれだけ後からいろいろな事実が発覚し,答弁の嘘がばれたわけですから。

 悪徳代官の古巣,当初は「書き換えはなかった」と言っていたにも関わらず,ついに「書き換えはあった」と認めるという。悪徳代官を国会に呼んで事実を聞きたいです。

 新聞には,確定申告の際に全国でずいぶん嫌みを言われているようです。間もなく確定申告が終わりますが,恐らく指折り数えているのではないでしょうか。

 これでも麻生さん,頑張る積もりなんでしょうかねえ。そして頼みの綱まで切ってアベちゃん生き残る積もりなんでしょうかねえ。

 ここは潔く内閣総辞職が適当と考えるのは,私だけでしょうか。もう少しましな舵取りができる人が自民党にはいないのでしょうかねえ。


◇ こんな我が儘放題の…
”DLH/LH,運休中のフランクフルト-成田線について,運休を継続する。同路線は需給調整により,2017年1月10日の成田発便から暫定運休。成田での需要動向を分析しながら,再就航への検討を進める。今年の冬ダイヤまでに成田線復活の予定は,ない。
 現在,SWR/LXが,チューリッヒ-成田線を1日1往復運航。また,AUA/OSは5月16日から,ウィーン-成田線を週5往復で再開。”

 言い訳は言い訳,儲かる羽田路線で十分需要を吸収している。自分はやらないけど,グループでやっている。こんな我が儘放題の航空会社は,LHだけです。

 ヨーロッパからでは,BAW/BA,AFR/AFは成田・羽田の両空港に就航しています。きちんと日本との約束を遵守しています。これが日本のやり方です。

 フランクフルトかミュンヘン便の一便を成田に振り分けるならば,まだ理解できます。が,それもしません。国土交通省もなめられたものです。

 但し,LHは貨物便に関しては成田へ飛来しています。先日関空にも路線を引きました。あくまで貨物便の話で,旅客便とは切り離して考えなければ鳴りません。


○ 今日の1枚
Dsc_2760a


 

2018年3月10日 (土)

まとまりなく

○ やあ国内外の動きが激しいですねえ。トランプおじさんと白ブタ君,一体どんな顔をして会うのでしょう。悪徳代官の辞任と下っ端役人の自殺,どうなるのでしょう。

 それにしても役所の中の役所:財務省,悪いですねえ。都合の悪いことは抹消して国会に提出,それも二度もやりました。不信感という言葉が,まさに当てはまります。

 来週まで確定申告が続きますが,一般のサラリーマン=源泉聴取されている人達も納税に不公平感をもつことでしょう。これで強行突破を試みたら…。

 そしたら今度は国民が,アベちゃんの不信任をもつことでしょう。憲法改正も夢幻と終わるかも知れません。一番の頼みは,自民党の良識派の動きです。

 政治家の活動の原点は,国民のために汗を流すことです。私利私欲に走っているような政治家は要りません。三つ葉葵の印籠は持っていませんが,成敗したいです。


○ 一昨日の”今日の1枚”に載せましたヒヨドリ,ネットで検索したら面白かったです。ムクドリと非常によく似ていますね。これは驚きです。

 「仔飼いにすると非常によく慣れ,飼い主を見分けることから平安時代は貴族の間で盛んに飼われた。」とありましたが,あれを飼う気持ちには慣れませんね。

 糖分を好むためにロウバイやサザンカの花を突っつきます。我が家で言うならば,金柑を好んで食べに来ます。嘴を上手に使って食しています。

 またお隣のブロッコリーの葉を食べに来て,ご主人はプリプリです。そこでついに細かなネットを被せることにしたそうです。金柑もやりたいのですが…。

 そしてヒヨドリは,ほぼ日本固有の野鳥のようです。海外からバード・ウォッチングに来る人は,是非見たい撮りたい野鳥の一つだそうです。

 鉄道や飛行機の写真を撮りに海外に行く熱心な(裕福な)写真家はたくさんいます。海外の珍しい野鳥の写真を撮る人がいたっておかしくないですがね。

 散歩をしているとセキレイもよく見かけます。そうそう昨年は,カワセミに挑戦しました。これを撮るには,相当な長玉が要りますから,早々に諦めましたけどね。


◇ 成田空港で見ることができるDAL/DLの機材は,B757/B767/B777/A350の4機種です。なかでもB767はよく見るような気がします。あんなに来ていたA330はサッパリ…。

 個人的には,B767に巨大なウィングレットを付けた飛行機を撮りたくて,よく粘ったものでした。今では(ほとんど)全てに。B757にも付いています。

 日本の航空会社は,B757を採用しなかった訳で珍しいものです。しかし,レジをチェックしていると(ほぼ)張り付きなのが残念ですがね。

 例の羽田の件をきっかけにDLの日本飛ばしが始まりました。スカイチームの仲間がいないこともありますが,残念なことです。NWA/NWを吸収しただけにね。

 そのDLが増便ですって。中部及び福岡からのホノルル線にB767を5月から9月にかけてデイリー化するそうです。さすが羽田・成田からの便は変わりないですが。

 日本人の大好きなハワイ,なぜ夏の間だけと言いたくなります。むしろウィンター・スケジュールの方がお客さんが多そうに思いますがね。


◇ FR24を見ていたら,MAS/MHの成田便にA380が飛んでいることを発見しました。調べてみると,2日~24日まで投入されるそうです。レジを全部集めたいです。残りは…。

 それに8月16日~26日も予定されているそうです。昨年も夏季限定で飛ばしましたね。これでTHA/TGと並び…。UAE/EKはどうなったのでしょうねえ。

 旅客便のB747がほぼ絶滅品種に指定され,4発機はA340のみになるのかしら。SAS/SKは,A350を予定しています。SWR/LXは,ひょっとしてB777???

 そうそうTHT/TNは,B787でしたね。時々忘れて来るのが,PAL/PRでした。やはりA340もここ1・2年が賞味期限となりそうです。コツコツ撮っていこうかな。

 MAS/MHのA380,お願いですから洗ってください。あまりの汚さに機首部アップはためらう私です。窓からの水垢汚れ,せっかくの新塗装が…。

 新塗装で思い出しました。A330の新塗装ってあたっけ。A350は当然新塗装でデビューしていますが,一度も見たことがありません。それだけ台所が厳しい?


○ 今日の1枚
Dsc_1141


2018年3月 9日 (金)

美味しかった

○ 久し振りに散歩のお話です。豊明の御大の投稿に”土筆”の話が出ていました。「もうそんな季節になったのか」と思い,土筆を探してみました。

 先日の雨とその後のポカポカ陽気に土筆さんが…。両手いっぱい(ビニル袋を用意していなかった…馬鹿だねえ)採ってきました。嬉しいなあ…単純。

 早速はかまを取って,卵とじを作りました。もちろん女・子どものためにも作っておきました。今年初めての土筆の卵とじ,苦くて美味しかったです。

 これから土筆はどんどん出てくると思いますが,例年たくさん土筆が出てくる(元)畑は埋め立てられました。新しい場所を探さねばなりません。

 ところで先日”遙かな道”のことを書きました。連日,気が狂ったかのように作業に取り憑いています。いろいろなトラブルが生じていますが,やるしかありません。

 現在の状況は,"Links"にある"friend's photos No.3"は復活しました。"friend's photos No.2"に入ったところです。Uwe Meierは完了しました。

 今後,国内の3人の復活に向け,順次作業を続けていきます。このページが終わるのは,来月に入ると思います。とっても時間がかかります。

 それでもいいこともあります。それは,(記憶力が鈍いので)すっかり忘れてしまった写真(スライド)を再生する時です。これは何度も驚いています。

 今行っている作業は,99%はスライドをスキャンしたものです。と言うことは,スライドボックスのどこかに原版があると言うことです。

 一人一人のスポッターの足跡,「こんなページは不要」「誰がこんなページを見る」などと声が聞こえそうですが,やはりネットで見ることができることが大切です。

 スライドやHDDに入っていたら,滅多に見ないと思います。ましてや10年20年前のものを見るでしょうかねえ。私は見ないと思います。そこでサイトを見る…懐かしい?

 サイトを始めて18年目に入りましたが,改めてスキャン及び画像補正ソフトの進歩を感じます。再スキャンはしませんが,下手な画像処理も懐かしいです。

 そして作業をしながら,やはり記録に残すのは,”型式写真”と言うことです。アクション・ショットであっても,やはりレジは絶対です。


○ 昨日から今朝まで実によく雨が降りました。これで一段と春が近くなってくるのではないでしょうか。三寒四温を繰り返しながら,春がやってきます。

 先日2月からの最高気温の積算が600℃を越すと,ソメイヨシノの開花が始まるそうです。そこで予想すると,(この地域では)3月25日頃だそうです。

 昨年近くの公園でいい場所を見付けました。晴れて無風ならばカメラを持って行こうと思っています。サクラ・データベースを元に撮影場所を考えます。

 ところで長男の引っ越しが近付いてきました。自分のことばかりしておれません。燃えるゴミと燃えないゴミとビニル袋を2枚用意し,触ってよさそうな所をやっています。

 VHSやカセット・テープ,それにミニ・ディスク?がどんどん出てきます。それにゲームソフトの多いこと,彼がこれ程ゲームに凝っているとは…。

 今夜帰宅し,最後の梱包をすると思います。明日の午前中業者が荷物を取りにきます。恐らく時間切れとなると思います。午後も作業をしなければ…。

 その分はUターンする長男と日曜日に行く私の車に積んでいくことになります。心配なのは,東海北陸道の降雪・凍結です。北陸道は遠回りですから。

 一人ずつ家を離れ,次第に寂しくなってきます。特に長男は,男同士の会話ができるだけに余計に寂しくなります。一方では,彼の自立は仕方がないとも思っています。


○ 今日の1枚
Dsc_1093


2018年3月 8日 (木)

原因は

○ 一昨日,久し振りに車に乗りました。が,まずはエンジンがかからない!???三度目にやっとかかりました。こんな経験は初めてです。

 コンビニに寄って再びエンジンをかけるとかからない。二度目にかかりました。おかしい。そこで昨日,いつもの車屋さんに見てもらいました。

 エンジンルームを開けると,動物(たぶん猫?)の足跡が,黒いプラスチック(空気の吸気部分)の上にありました。その部分を開けてみると…。

 何とプラスチックの内部から,長さ5cm程の動物の骨が出てくるではありませんか。さすが車屋さん,足跡から原因が分かるんですねえ。しかし,ミステリーだなあ。

 何でもエンジンルームの下から小さな動物ならば侵入できるとのことです。暖房?防寒?いずれにせよ原因が突き止められ,再び快調に走るようになりました。

 その待ち時間の間にお隣のコンビニへ。今月から「日本の珈琲が変わる」とのことで,一度飲んでみたいと思っていました。タバコに次ぐリピート率の高い珈琲です。

 飲んでみて思ったこと,苦味が増しましたがすっきりとした味わいです。これでこれから何年も飲み続ける珈琲となります。このコンビニの珈琲は好きです。


○ 社会主義,やはり一皮剥けば独裁国家を目指すもの。ソ連・キューバなどの国々の歴史を見れば,他政党を認めないあるいは政治活動の制限が当たり前でした。

 近頃それでつまずいているのが,ベネズエラではないでしょうか。もう紙幣は紙くず同然の価値しかありません。企業の国有化により労働意欲減退,物不足です。

 そもそも財産の共有(国有)すら平等に見えて,実に不平等なものです。社会の格差は,ある程度は仕方がないものです。少なくとも賄賂よりはいいと思います。

 白ブタ君の恐怖政治,彼は一体何人殺めたら気が済むのでしょう。己及びその家族だけがいい思いをし,取り巻き連中には高級品をやって気持ちを引き付ける。

 己の権力保持のためならば,兄弟すら消してしまう輩です。彼が言う社会主義とは,己及びその取り巻き連中だけがいい思いをし,人民を搾取するだけです。

 人民のために政治を取り仕切るはずの人が,私利私欲に走っています。これが社会主義なんでしょうか。誠に自分勝手な考え方です。

 では,大陸はどうでしょう。部分的に市場を開放しているようですが,”来は良し,去る悪ろし”です。大陸撤退をほのめかそうならば,様々な嫌がらせが待っています。

 ここも共産党の一党独裁国家です。同じように賄賂国家です。毛沢東から始まった幾人かの主席,まさに権力闘争の歴史です。独裁国家ならではの実情です。

 これでプーさんが終身主席にでも就けば,ますます独裁国家の様相が顕著になります。気に入られるものと除けられるもの,そこには排除の論理しかありません。

 これらの国に共通することがあります。それは国民に基本的人権を与えていないか制限していると言うことです。マルクスの考え方は,独裁者によって曲げられています。

 私自身,仕事の関係もあり社会主義及びその国家の動向に関しては,おおまかにではありますが,注視してきました。そしてその考え方に疑問を持ち続けてきました。

 もう一つ共通することを挙げるならば,どこも上意下達の国であるということです。下から上へは,あり得ません。だからこそ基本的人権を保障しないのです。

 悲しいかな我が国には,ほんの一部ですが,このような考え方を理想とし,追い求めている人(集団)がいます。給料の○%は,上納させられる世界です。

 そして彼らは,上意下達の世界で市民運動に姿を変えながら(本質を隠しながら),党員を増やそうとしています。党の機関誌を何部売るかで立場が変わる世界です。

 先日も書きましたが,彼らは思想上天皇制を認める訳にはいきません。なぜならば一党独裁国家に天皇がいては困るからです。ここも隠しています。

 優しい言葉や笑顔の本質をとらえるならば,彼らは危険思想の塊です。戦前・戦中の経験より,本質を隠すことが一層巧妙になっていることに気を付けねばなりません。

 社会主義という甘い言葉の裏には,一党独裁=基本的人権を保障しないことを忘れてはなりません。独裁者≠統治者に不適格だと言うこと,歴史が証明しています。


○ 今日の1枚
Dsc_2351


2018年3月 7日 (水)

国歌

○ 昨日3月6日は,市内の中学校の卒業式でした。いつものように朝ご飯を食べ,ぼんやり外を見ていると,手ぶらの中学生を見かけました。?

 着替えて散歩に行こうと家を出たら,フォーマルな服装のご婦人を何人も見かけ,中学校の卒業式を知ったわけです。これで手ぶらな訳が解決しました。

 卒業式には,国歌君が代を唱うんでしょうねえ。新聞を読むと,毎年不可解な行動(国歌君が代を唱わない)をする教師の処分の話が出てきます。

 そうそう○産党支持者の市民団体と手を組んだ市長・市議会議長がいましたね。中学校の卒業式に招かれたかと思いますが,当然国歌君が代は唱わなかったでしょうね。

 国歌君が代と定められているのに,どうしてこのような行動をとるのか,理解に苦しみます。また,こういった教師の多くは,○産党支持者と言われています。

 恐らくその内容に天皇制参加を嗅ぎ取り,反対だと思われます。自ら国歌君が代を唱わない教師,失格ですね。よくもこんな人間を採用したものです。

(この国歌のテーマは皇統の永続性とし,歌詞は10世紀に編纂された『古今和歌集』に収録されている短歌の一つ)つまり天皇制に反対の人達(○産党支持者)ですな。

 第2次世界大戦の処理に当たり,日本の天皇制をどうするのか論議されたと言います。これを廃止するとしたら…多くの日本人の反感を買う…結局存続でしたね。

 ○産党支持者が国民全体の何%いるか知りませんが,彼らが政権をとることは無理です。彼らの真の目標は,○産党一党独裁国家の樹立です。

 戻って,やっと国内が静まりましたが,(例えば)オリンピックで金メダルをとると,選手の栄誉を讃え,母国の国歌が会場に流れます。何度も目にする光景です。

 先のオリンピックでは,ドーピング問題でロシアの参加は見送られました。せっかく金メダルをとり,表彰台の一番高いところに上がっても…。寂しかったです。

 私個人としては,確かに日本の国歌は唱い辛い曲です。しかし,何とも日本人らしい格調高い雰囲気をもった素晴らしい曲だと思います。そう思いませんか?

 日本の国歌である君が代,これは世界が認知しているものです。思想信条の自由が憲法で保障されているからと言って,国歌を唱わない人の考えは間違っています。 


◇ この先
”(営業利益率10%以上を維持した上で,2027年度までに実現を目指す)売上高2兆円,営業利益2500億円,時価総額3兆円,世界主要500都市乗り入れ,国際線旅客の海外販売額比率50%──。JALが2月28日に発表した中期経営計画のローリングプランには,2027年度までのグランドデザインが示された。
 2020年度末時点で国際線92機,国内線138機の計230機で据え置き。2017年度末の227機,2018年度末計画の228機と比べると,機材数はほぼ横ばいで,2019年度から国内線にA350-900や,B787-8が就航する。”

 赤組の戦略を一言で言うならば,堅実と言うことでしょうか。ただこの世界は,いつも言っているように政治・経済情勢に大きな影響を受けます。

 特にアメリカの自国第一主義が確固たるものとなったら,半島との局地的な紛争が起こったらなど,不安材料はいくつもあります。テロも忘れてはなりません。

 日本にも戦国時代(群雄割拠)がありました。世の中が不安定になることを願っている不届きな輩もいます。軍需産業…アメリカに集中…の発展には,紛争が必要です。

 堅実の一番は,所有機材の変化がほとんど見られないことです。この点は,青組と大きな違いです。もうNo.1にこだわらなくなったのでしょうかねえ。

 純利益が約1千5百億円を目指すとなると,これは凄いですよね。アライアンスを行かすだけでなく,1対1…赤組の得意とするやり方…が,プラスですな。


○ 今日の1枚
Dsc_0002a


2018年3月 6日 (火)

残念ですなあ

○ 昨日は,久し振りに終日雨でした。朝食後,のんびり庭を眺めていたら,小中学生の登校の様子を見ることができました。時間をしっかり守っています。

 雨と言えば,傘が必要です。子ども達の傘を見ていると,その色の豊富さに驚くとともに可愛いなあと思いました。制服と違って,傘の色は自由なようです。

 特に制服を着ている中学生にとっては,傘は自分の好みを出せる数少ないものだと思います。女の子のパステル調の傘は,可愛くもあり美しくもあります。

 と言って,画一的な教育を批判しているわけではありません。むしろその逆です。義務教育の9年間は,むしろ画一的に基礎・基本をしっかりと教えて欲しいと考えます。

 個性尊重とか個に応じた教育なんて言うのは,間違っています。長い人生の土台を作るのが義務教育です。土台を作るのには,(日本の場合)画一的な教育が必要です。

 狭い教室に40名近くの子ども達が学んでいます。1対40で個性尊重とか個に応じた教育が可能かどうか,誰が考えたって分かります。机上の空論です。

 傘からおかしな方向に流れていきました。私は持っていませんが,「番傘が1本あったらいいなあ」と思います。番傘には風情があります。

 地方の旅館なんかで雨の外出の際,(旅館名の入った)番傘を貸してくれると嬉しくなるものです。竹と和紙で作られ,いかにも日本と思ってしまいます。

 高級品ですが,蛇の目傘もいいですねえ。柄は木棒で作られ,持ち手部分には籐を巻いてあると,これまたいかにも日本という感じがします。

 時々若い人が,コンビニで売られている透明なビニル傘をさしている姿を見ます。全く風情がありませんねえ。まあ背広+番傘は似合いませんがね。


○ 残念の一言
”防衛省は2030年ごろから退役するF2の後継機について,国産開発を断念する方向で最終調整に入った。今週中にも米政府に対し,日本が必要とするF2後継機の性能に関する情報要求書(RFI)を提出し,米企業からの情報提供を求める。防衛省は今後,国際共同開発を軸に検討を進めるが,F35Aを追加購入する代替案もある。
 航空自衛隊の戦闘機はF15(約200機),F4(約50機),F2(約90機)の3機種のほか,F35A(1機)がある。F2は日米で共同開発され,00年度に導入。現在は空自三沢基地などに配備されている。日本周辺で中国やロシアの軍事活動が活発化するなか,老朽化後のF2の切り替えが大きな課題となっている。
 防衛省はこれまで,F2の後継機をめぐり①国産開発②国際共同開発③F2改良による延命の3案から検討を進めてきた。特に①については「日本の戦闘機技術を保つためには国産開発が重要」との考えのもと,将来の開発主体として三菱重工業が期待されてきた。だが,財務省は「巨額の開発コストがかかる」として難色を示した。 
 防衛省は19年度予算の概算要求で,F2後継機の国産開発にかかわる経費の計上を見送る方向。今後は国際共同開発を軸に検討を進め,今年末に策定する次期中期防衛力整備計画の期間内(19~23年度)に開発方針を正式に決定する。一方,F2とは別に,F35Aを42機調達することを決めている。”

 膨大な開発コストがかかることは理解できます。が,やはり自国の航空産業を維持・発展させていくためには,完成品を買うのでは逆効果となってしまいます。

 確かに三菱は,MRJの開発に手間取っていて余力がないと思います。そこでここは"ALL JAPAN"として,新たな製造機メーカーを立ち上げたらどうでしょう。

 これに他国との共同開発ならば,航空産業の先細りは防ぐことができます。開発能力のなさを嘆くより,開発能力を地道に作っていくことが大切だと思います。

 このことは,必ずしも軍事大国化につながらないと思います。自国を守る為に行うことです。いわゆる専守防衛の考え方です。いつまでも米軍のお世話になっていいものか。


○ これも残念の一言です。
”名古屋市教育委員会は,市立小学校の部活動を2020年度末で廃止する。社会問題になっている教員の多忙化を解消し,授業などで児童に向き合う時間を確保する狙い。21年度以降は,教員が携わらず外部指導員に委託するなどの形で,児童が運動や文化活動の機会を確保する方法を模索する。
 市教委によると,部活動は教員の「自主的な活動」だが,顧問になることをほぼ強制される側面がある。土日も出勤し,授業準備の支障となることもある。21年度以降は,地域や民間の活力導入なども含め幅広く検討するという。市立小学校の261校すべてに部活動がある。運動系が986部,文化系が227部という。”

 一つ目は,多忙化解消を理由にしています。誤魔化しです。1学級当たりの子どもの数,これを解消しない限り根本的な解決にはならないのではないでしょうか。

 二つ目は,土・日曜まで教師・子ども達を借り出すようなことをまず解消すべきです。市や地域の行事に参加する,これも土・日曜日ではないでしょうか。

 三つ目,これが一番言いたいことです。子ども達の声が出てこない。塾・習い事に振り回され,子ども達の人間関係作りが下手になってきています。

 記事を読めば,一つの学校で三つくらいの運動系部活動があります。異年齢集団の中で上下関係を学ぶのも大切なことです。何より自らが志願して入部するわけです。

 こういった子ども達の声を反映せず,教師の多忙化解消にのみ目が行くのでしょうか。地域・民間の活力導入,美しい言葉です。学校差が広がります。

 これは単に名古屋市だけの問題ではないと思います。必要なこととしてどんどん指導量を増やし続けている文科省,ここが一番の諸悪の根源です。

 理想に燃え,新施策をどんどん打ち出す文科省,現場のパンク状態なんぞ眼中にないやり方がずっと続いています。不易と流行は,一体どこへ行ったのでしょう。

 最初の話もそうですが,教育を第三者の目で見ていると,やはり文科省に一番問題があると思います。財務省の圧力に屈していることもありますがね。

 先の選挙でも(保護者の)教育費負担軽減を公明党が言い出し,自民党ものりました。所得税10%を当てにしての目先しか考えない政策です。


○ 今日の1枚
Img_0631


2018年3月 5日 (月)

睡眠,足りていますか

○ 朝晩の冷え込みも和らぎ,お天気も周期的に変わるようになりました。今日の予報は雨模様,それでも昨日洗車ランドは満員の状態です。

 愛車を綺麗にする気持ち,素晴らしいですね。野天の駐車場に止めてある我が愛車は,いつも汚れたままです。(車内は定期的に掃除機を使って綺麗にしていますがね。)

 予報が雨にも関わらず洗車する人達は,屋根付きの車庫に愛車を止めておくのでしょう。うらやましい限りです。我が家は,女子どもに駐車場を占領されています。


○ 2月20日に発送した郵便物,3月3日到着したそうです。いつもながらドイツ・ポストの怠慢さは,ひどいものがあります。他国では考えられない遅さです。

 メルケルさん,最近とんとマスコミに出てきませんが,どうしたのでしょう。連立政権樹立のために忙しいのかも知れませんが,ドイツ・ポストを何とかして欲しいです。

 それに空港の税関,チェックが終わったら早くドイツ・ポストに渡して欲しいものです。どちらもやる気がないのか,システムが悪いのか知りませんが,怠慢です。

 こう考えると,私達は本当に恵まれた国で生活をしています。優秀な税関そしてジャパン・ポスト,素晴らしい仕事ぶりです。宅配便も日本らしいですね。

 ご存じかも知れませんが,この冬のヨーロッパのお天気はひどかったようです。日本に向けての飛行機もよく遅れていました。BA/AF/KL/AY/LH/IB,どこもひどかった。

 facebookで見る最新作,お天気がいいものは少ないです。ディジタルの強みで曇天でも色は出ますが,どう見たって美しい写真とは言えません。まあ仕方がないですね。

 そして日本,あと1ヶ月も経たないうちにタンポポが咲き始めます。太陽の位置が高くなり,飛行機の機体下半分は真っ黒になります。早朝・午後3時過ぎが勝負です。

 そうタンポポが咲いている間は,昼間飛行機の写真撮影は難しいですね。そこで私は,上州詣に精を出そうと思っています。何とか今シーズンには終わりたいです。


○ 人生の約3分の1は…
”年齢とともに眠る力も落ちてくるそうです。睡眠と深い関わりのあるメラトニンというホルモンの働きが,加齢とともに落ちてくるからです。
 質の高い睡眠を手に入れるのに必要な二つの要素があります。一つ目は副交感神経を優位にすること,二つ目が深部体温を下げること。副交感神経は呼吸や血圧,排泄,代謝などを調節している自律神経のうち,リラックスしているときに活発になる神経。深く眠るためには,日中に活発だった交感神経をオフにして,副交感神経を優位にする必要がある。夜中にトイレに起きるのは,実は交感神経のスイッチが切れていないせいで,腎臓や膀胱が働き,「トイレに行け」という指令が出ていることも要因の一つ。一方,深部体温は内臓など体の中の体温のこと。朝目覚める頃から上昇を始め,昼間は高いまま,夜にかけて下降する。深部体温が下がると眠くなる仕組みが体にはあり,入眠時には手足から熱を放散して深部体温を下げる。
 ぐっすり眠るには,副交感神経への切り替えや,深部体温が下降するリズムを妨げない姿勢であることが大事。体を圧迫せず,血行にも良い基本の姿勢は,あおむけの大の字。広い面で体重を支え,手足を広げているので,体に熱がこもりにくい。ただし,睡眠中は喉の筋肉も緩むため,あおむけで寝ていると舌が喉の奥に落ち込み,気道を塞ぎやすい。いびきや睡眠時無呼吸などの心配があり,楽な呼吸を重視する人には,横向きのほうが向いている。
 寝返りは多い人だと,一晩に数十回打つ。硬めのベッドのほうが腰部分が沈み込まず,寝返りが打ちやすいため,神経も刺激されない。硬いベッドは,横向きになったとき肩が圧迫される。面では硬く支え,点では沈む構造の寝具であれば,肩への圧迫が小さい。
枕は高過ぎると気道が圧迫される。首の部分のアーチを埋める程度の低めのほうが呼吸をしやすく,横幅が十分ある広い枕のほうが,寝返りを打ちやすい。”

 小さい頃より爆睡型の私,睡眠に関してはほとんど悩みなく過ごしてきました。しかし,次第に体力は衰え始め,身体のあちこちに異変が生ずるようになってきました。

 人生の約3分の1は,睡眠の時間です。私はどちらかというと睡眠時間は長めです。若い頃はそれ程でもありませんでしたが,6時間では短いです。

 やはり自然な状態,自然動物のような状態がいいですね。下手に人間は電気を発明したために睡眠時間を減らしたと思っています。


○ 今日の1枚
Dsc_1874


2018年3月 4日 (日)

遙かな道

○ それはそれは大昔,ダークダックス(慶應義塾大学出身。同大学の男声合唱団ワグネルソサエティのメンバー)と言う,知的なグループがありました。

 2男の関係で,ダークダックスの後輩達の活躍の場を何度も聴いたことがあります。選曲が少々きざっぽいのが慶應ボーイなのかしら,しかし素晴らしかった。

 ダークダックスの4人が慶應ボーイと言うのも,肯ける気がします。慶応ボーイと言えば,その他にも一人知っていますが…。怒られるから止めよっと。

 そうそうそのダークダックスに「銀色の道」と言う素晴らしい曲がありました。調べてみたら,1966年にリリースされているんですねえ。高齢者愛唱歌だねえ。

 出だしは,「遠い遠い遙かな道は冬の嵐が…」です。あの頃はフォークソング(これを知っているのも高齢者の証)が大流行,その影響かな軽いです。

 (久し振りに)随分前置きが長くなりました。ここで言いたいのは,「遠い遠い遙かな道」だけなんです。ふざけるなとお叱りを受けると思います。ごめんなさい。

 私のサイト"New Japanese Spotter's Site"(キャプテンから「随分仰々しい題を付けられましたね」と言われました。)の"Friend's Photos"の手直しです。

 人間弱い者でして,なるべく負担がかからず見栄えがする所から手を付けたがるものです。"No.3"に取り組み始めたら,たった3人でダウンです。

 この作業は,予想していた以上にきついものです。HDDを開き,画像をチェックし,ホームページビルダーで一つ一つ手直しをして,リンクを張り直す訳です。

 先は全く見えません。遠い遠い遙かな道です。今日の作業の様子から想像するに,まあ数ヶ月はかかるでしょう。それ程支援していただいている量が多いと言うことです。

 四つのサイトを一つに合体させた訳で,同名ファイルを書き換えました。それを一つずつ戻しながら直していくわけです。どなたか手伝っていただけませんか。


◇ エアバスは,時として面白い飛行機を作ります。その一例が,A340-500です。400や600型は目にしたことがありますが,これは見た記憶がありません。

 ひたすら海外から送られてくるスライドだけが頼りです。自分で撮れないものをお互いに補完し合っているのが,スライド交換です。邪道でしょうか。

 さてA340-500ですが,とにかく超長距離をノンストップで飛びたい航空会社の要求で作られました。因みにこの型は,全部で34機のみだったそうです。

 これを注文した航空会社の一つが,SIA/SQです。シンガポール~ニューヨーク路線に就航させました。航続距離約1万7千km,もちろん世界最高です。

 このSIA/SQ,今度はA350-900ULR(Ultra-Long Range)を注文,早ければ今年後半にも商業運航をするそうです。路線は,A350-500と同じです。

 A340とA350では,全く違った飛行機です。A340はA300と同じ胴体径(これは何度も書いていますが,本当にひどい飛行機です。)です。狭いです。

 こうした性能を生かす路線は,本当に限られています。A380よりはましかもしれませんが,普通の長距離では力をもてあまし気味になります。7機注文したそうです。

 このSIA/SQ,随分A350に惚れ込んでいるようで,全部で67機の注文をしたそうです。もちろん追加注文をすると思っています。B787もたくさん持っています。

 ライフサイクルの短いSIA/SQですから,重整備に入る前に新しい同型機を導入することだってあり得ます。それでもA380の買換となると…。

 いずれにせよA350-900ULR,一度は自分の力で撮ってみたい飛行機になりそうです。(もう頭の中では,NRT RW16Rでの午後便が浮かんできます。…病気ですね。)


○ 今日の1枚
Dsc_1836


2018年3月 3日 (土)

またやった

○ やっとオリンピック騒動も終わりました。まあこれで儲けたマスコミも次なる獲物(話題)を狙う訳です。それでもしばらくは雑誌類は相当数出てくると思います。

 新しいものにすぐに飛び付き,熱しやすく冷めやすい国民性にピッタリではないかと見ています。何もかもが消耗品のように映ってきます。

 新聞を読んでいると,スケーターの一部は次の大会へ向け出国,慌ただしい帰国でした。オリンピックは,原則アマチュアの世界のはずですが,現実は…。

 相当数のスケーターは,企業(学校)のお抱えで強化費をサポートしてもらっています。これで「国民の皆様方の温かい…」とは,よくも言ったものです。

 これで東京オリンピックに向けてさらなる選手強化費が約束されるというもの。強化選手にとっては,寝ても覚めても「メダル!メダル!メダル!」ですね。

 人生で一番多感な頃,一つの種目にのめり込み,メダル人生ですな。考えてみれば,国体そのものも同じようなものです。開催県の名誉のためにやるようなものです。

 国を挙げて,県を挙げてこのような有様です。今月末にある高校学校選抜選手権の批判をするのは…。スポーツに対する冒涜以外何物でもありません。

 スポーツが商業主義に毒され,世界的にも最も権威あると見なされているオリンピックですら,もはや世界の商業主義的な催し物になっていると思います。

 それならば大金をつぎ込み多くの人々を歓喜させるプロスポーツの方が,はるかに面白いと思います。サッカー/F1に至っては,巨額な資金が動いています。

 こうなってくると日本のマスコミの弱点が浮き彫りになります。サッカー/F1の面白さに付いていけません。せいぜいサッカーWCか鈴鹿GP位でしょう。

 下火になったとは言え,以前多くのファンをもつプロ野球,もっともっと選手の待遇を良くして欲しい(年俸大幅アップ)。そこに夢があるから。

 その他のプロスポーツも同様,アルバイトをしながら生活しているプロ選手もいます。プロ選手の憧れ,これこそハングリー精神を培う最もいい方法です。

 年俸10億円なんて手にするプロ選手が出現すれば,そのスポーツの振興に役立ちます。また,それを夢見て頑張る少年少女が生まれてくると言うものです。


○ これも大失敗の話です。ディジタルカメラを深く検討せずに購入した結果です。何かというとメモリーカードの選択です。今後検討される方に参考になれば。

 ディジタルカメラには,保存用のメモリーカードがあります。このメモリーカードのは,それはそれはいろいろな種類のものがあります。

 同規格のものと言えども,その処理速度によってピンからキリまであります。また保存容量の違いも同様です。カメラの性能の向上にも役立っています。

 例えば,秒速○コマの性能です。○コマを瞬時に保存できるカードが必要です。またそれに見合った容量も必要になってきます。ここに落とし穴があります。

 私のもっているディジタルカメラ,連続撮影は約10コマ/秒です。私,ここばかり見ていました。これならば飛行機・野鳥でも撮影可能ではないかと…。

 ところがどっこいこの性能をもつのは,SONY XQDカードのみです。SDXC/SDHC/SDカードでは,性能がガクーンと落ちます。後者ではねえ。

 そのSONY XQDカード,その価格の高価なこと。64GBは最低1万3千円/128GBは最低2万1千円はします。カードって消耗品ですよ。涙が出ます。

 さらにSONY XQDカードのカード読み取り機に至っては,SONYの安いもので4千円台です。高価なものになれば,○万円もします。他メーカーもほとんど作っていません。

 そのカード読み取り機もXQD/SDの2ウェイドライブとなっています。このカメラ(D1/D850/D500)を持っている限られた者を対象とした製品です。売れるわけがない=高価格。

 このカメラのために金に糸目を付けずSONYに作らせたものです。このカードは,SONYのほぼ独占品です。高くて当たり前の訳です。出るのはため息です。

 このような金食い虫のディジタルカメラは,年金生活者が持つような代物ではありません。下取りに出してSDXC装備のカメラにしようかとも考えています。


○ 今日の1枚
Dsc_0003


2018年3月 2日 (金)

入浴

○ 随分前に五木寛之氏は,入浴しても身体を洗わないとインタビューで答えていました。頭髪も洗わないそうです。この方は,一般的には不潔なのかしら。

 あるブログに奥さんから「お風呂に入ったら,きちっと身体を洗ってくださいよ。加齢臭の元ですよ。」と言われたとも書いてありました。

 お風呂って毎日入るものかしら。日本人の清潔感は行き過ぎではないかとも言われています。夏場になれば,シャワーだけでも十分ではないでしょうか。

 思い出した”タモリ式入浴”もありましたね。部分的には洗うものの,基本的には身体を洗わず,ゆっくりと湯船に浸かるだけの入浴法です。

 仮に我が家でこれをやれば,女・子どもからクレームが来ますね。ただ頭髪を毎日洗うか否かは,女・子どもに関係がないのでクレームは来ないと思います。

 このブログでは,私の乾燥肌…恐らく一番多く書いてきた…辛いものです。毎日シャンプーを使って洗髪しようものならば,頭皮はカサカサ状態になります。

 私思うに,服を着ていますから,顔・手足+αだけ洗えばいいのではないかと。身体を守る油分を洗剤によって毎日落としていては,乾燥肌に悪影響です。

 また下着を身につけていますから,下着を毎日替えれば清潔感は保てると思います。(個人差はありますが)高齢者になると肌の老化は一段と激しくなります。

 毎日入浴,毎日頭から足先までシャンプー・石けんを使って洗うのは,若い頃でしょうねえ。湯治場へ行くと洗い場がないのは,湯に浸かることだけが目的なんですよね。

 温泉では,源泉掛け流しで身体全体に温泉成分を浸かる,これですね。ただ家庭の場合は,入る毎に湯を入れ替えることはしないから,ほどほどには洗わないとね。

 それにタモリさんのやり方では,バスタブが汚れます。水垢・油垢等を毎日ゴシゴシと落とす立場になれば,「止めてくれ」と言いたくなります。


○ これは驚きの光景を。カレーを作ろうと肉と福神漬けを買いにスーパーに行く途中のことです。某小学校の横を通りました。体育の時間でしょうか。

 子ども達がミニ・サッカーをやっていました。不審者と間違えられないように歩きながらですが,子ども達の中にはボール・コントロールが上手いのがいました。

 思わず見惚れてしまいました。恐らくサッカークラブにでも所属し,未来のJリーガーを夢見ているのではないでしょうか。回りをよく見ています。

 両方のチームに素晴らしい子どもが分かれていますから,余計にこのゲームは面白いです。最後は,フェンス横で立ち止まり見とれていました。

 私達の小さい頃は,プロ野球選手でした。今の子ども達は,サッカーはもちろんテニス・スケート・体操・将棋など,夢は多岐多様に渡っているのではないでしょうか。

 いよいろなスポーツのプロの世界に憧れる,現実は厳しいと思いますが,そういった夢をもってスポーツに励む姿は美しいですよね。

 例えば,土・日曜日にやっているジュニア野球,お揃いのユニフォームを着るだけで,立派な野球選手です。監督・コーチの指示に大きな声で返事をする姿,いいですねえ。

 まずは夢の甲子園へ,そしてプロ野球へと夢はつながっています。例え夢が叶わなくても自分のやってきたことに悔いはないと思います。これが人格を作っていきます。


○ 新聞の片隅に”日本の貨物船入港拒否”の話が載っていました。入港拒否の理由は,貨物船の船内から”カメムシ”が発見されたからです。

 何も驚くことはありません。日本の港湾の杜撰さと比べれば,ニュージーランド当局は立派な仕事をしています。これは見習わなくてはいけません。

 私はニュージーランドへ2回旅しましたが,入館手続きは大変に厳しいです。バナナ1本で約1万円近くの罰金をとられた大阪のおばあちゃんもいました。

 子どもの非常食にとレトルト・パックをスーツケースに入れましたが,「開けろ」と言われ,確認をするまで待っていました。驚きました。

 こんなに厳しい入管,過去の苦い経験がそうさせています。ガイドブックにあるルピナス,あれも本来は外来種です。繁殖力が強く,あっと言う間に全国に広まりました。

 国鳥キウイ,飛ばない鳥です。地上に外敵がいなかったので,いつの間にやら飛ぶことを忘れてしまいました。は虫類が好みそうな餌となります。

 先程日本の入管は杜撰と厳しく書きましたが,有害となる植物・動物などは水際で止めないと日本固有の植物・動物が絶滅する恐れがあります。

 美しい日本の自然を守るためには,こうした有害となる植物・動物を排除しなければなりません。ペットを勝手に捨てるなんてもってのほかです。


○ 今日の1枚
Dsc_1821


2018年3月 1日 (木)

汗をかかねば

○ 今朝は,雨戸を打ち付ける強い雨音と時折鳴る雷に起こされました。月が変わり,季節も同時に変わる宣言をされているようでした。

 久し振りの降雨,暖かくなりましたから雑草に勢いが出てきます。比較的抜きやすい雑草は,毎日気分転換を兼ねて抜いてきました。

 週間天気予報を見ると,全国的に来週は…。またしても遠征ができません。毎日の平凡なリズムを崩すには,遠征が一番なんですが,なかなか思うようには。

 平凡なリズム,自分自身は気に入っているのですが,運動不足のようです。お腹の周りの贅肉が目立つようになりました。これをとるのは大変なことです。

 塩分を控えめに食事を摂っているつもりです。お陰様で看護師の血圧測定では,毎度いい数字が出ており,医師からも「血圧に関しては,言うことなし」とまで。

 が,お腹の周りの脂肪+中性脂肪は,難敵です。汗をかくくらいの運動量が必要です。となると散歩の仕方を改めねばなりません。さてさて。

 まずは汗をかくようなものを着る,そして少しでも大股で腕を振って歩く…これは意識していますが,ついついスピードが落ちてしまいます。

 今着ているウィンドブレーカー,少々暖かくなっても着続け,汗をかくようにすることも考えています。次の目標は,汗をかくことです。


◇ 吉田兼好は,「死は後ろからやって来る」と書いています。元気だと思っていても,今の世の中何があるか分かりません。自然災害・交通事故…。

 先日ある人と話していたら,「都会の墓地では荒れ放題の所が結構ある」と話しておられました。やはり田舎と都会の違いでしょうかね。

 お墓のお守り役がいない,これは切実なことと思っています。が,世の中の一部分は,そういった現状になるのではないかと思っています。

 そうそうその際,「無宗教で葬儀を行いたい。戒名は不要」と過激なことも口走ってしまいました。生臭坊主にお経を唱えてもらう,ご遠慮申し上げたい。

 さらに法事,これも不要に願いたい。墓誌に名前を刻んでもらっても…。お墓のお守りは大変ですし,それを「子ども達がするのは当然だ」とは,ちと酷な話です。

 これならば墓地を撤去し,有料納骨堂に収まった方が賢明かも知れません。墓守が不要ですし,思い立ったときに参ればいい。MD-11を位牌代わりにしようかな。

 お金をけちる訳でなく,残されたものは己の人生を精一杯生きればいい。それでもちとリクエストがあります。フォーレのレクイエムを流して欲しい。これだけです。

 こう勝手気ままに思っていたら,”近親者だけで行う葬儀を選ぶ人も増え,4割近くの人が「家族葬」を行っている”そうな。やはり同じ考えの人が…。

 人生は一方通行,誰しも未体験なことばかりの連続です。振り返ってばかりいては,惨めなだけです。今できること精一杯やってのける,これですよね。

 おふくろさんも言っていました。「葬儀代くらいは残しておくからな」と。実際は,もっと多かったですが,3人の孫に分配しました。私は,ゼロです。


○ ますます増える訪日客
”観光庁は,2017年に国内のホテルや旅館に泊まった外国人の延べ人数は前年比12.4%増の推計7800万人(速報値)で,過去最多を更新した。三大都市圏を除く地方が全体の40.9%を占め,伸び率も三大都市圏を上回る15.8%。格安航空会社などの発着が増えた東北や九州を中心に好調だった。
 都道府県別の宿泊者数は,東京がトップの1903万人で,大阪1171万人,北海道743万人,京都559万人,沖縄460万人と続いた。伸び率でみると,青森の60.3%が最も高く,大分59.3%,佐賀51.9%,熊本51.7%の順。”

 宿泊業者は大喜びでしょうね。宿泊代が高騰していきますね。私は成田・福岡周辺しか知りませんが,確かに予約はとり辛く,宿泊代は高くなっています。

 まあお金のある人達は,しっかりした宿泊施設にお世話になればいい。私は,我慢して車中泊ですね。風呂もコインランドリーもコンビニもありますから。

 タイヤもバッテリーも(出費が痛かったですが)替えました。暖かくなったら,またいろいろ興味のあるものを撮りに出かけたいです。


○ 今日の1枚
Dsc_1869


« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »