今日のお天気は?

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

自転車に乗ったお兄さん

○ これも理解しがたい行為です。私の住む地域では,月2回”資源ゴミの回収”があります。瓶や缶が中心ですが,リサイクルとして利用できるものの回収です。

 この日の早朝,自転車に乗ったお兄さんが,家庭から出された資源ゴミを漁りに来ます。そうアルミ缶だけ抜き取るためです。その袋の様子からすれば…。

 抜き取った大量のアルミ缶は,恐らく回収業者に持ち込み,現金化していると思われます。各家庭から出た資源ゴミが,一個人のポケットマネーに変わっています。

 (余談ですが,トランプさんのおかげでアルミの国際的な高騰が始まっているそうです。輸入制限+輸入割当前のどさくさに紛れて…。こうなれば以前よりポケットマネーが増します。一段とアルミ缶の抜き取りに精が出るようになります。)

 その分,市の収入が減るわけです。正規の回収業者は,お得ではないスチール缶や瓶などを後から回収する役割です。そこには税金が投入されています。

 まあ関わりをもちたくないので見ているだけですが,自転車に乗ったお兄さん,その姿があまりにも堂々としているので驚きます。罪悪感なし。

 市の方でも困っていると思いますが,人手不足を理由に黙認していると思います。あるいは回収量が減って嬉しいのかしら,この点をお聞きしたいものです。

 まあ航空自衛隊を目の敵にしている市長・市議会議長のいる市です。税金=人の金,無駄と知りつつ面倒なことには首を突っ込みたくないのでしょう。

 毎年きちんと市民税を納めている一人として,本市のやっている一部のことに関しては疑問をもちます。市の広報などを通じて,止めるように働きかけ位したら…。

 こういった行為をする人は,本市だけなのかしら。なにせ国賊に近い人達が,市のトップレベルに並んでいる本市です。下々どもにもおかしなものがいたって…。


○ 大学生よ,情けない。
”全国大学生活協同組合連合会は,1日の読書時間について,大学生の半数以上が「0分」と回答したとする調査結果を発表した。「0分」が半数を超えたのは,同様の調査を行っている2004年以降で初めて。
 調査は大学生協連が昨年10~11月に全国30の国公私立大学で実施し,大学生1万21人の回答があった。1日の読書時間を「0分」と答えたのは53.1%。前年より4.0ポイント増え,5年前と比較すると18.6ポイント増加した。1日の読書時間の平均は23.6分で3年連続で減った。一方で,1日に120分以上読書をする学生は5.3%おり,04年以降4.5~7.5%と一定の割合で推移している。”

 大学生と言えば,(一応)最終学校です。ここを卒業し,実社会に出ていく訳です。サンプル数が少ないのが気になりますが,それにしてもお寒い状況です。

 文字を読むことは,専門知識のみならず己の教養を身に付ける最もよい手段だと思っています。ましてやペン(鉛筆)を持って書くことは,さらに大切な行為です。

 スマホの画面を見る時間があったら,本を読み,心豊かな人間性を養い,成長して欲しいものです。実社会に出れば,さらに読書時間は減るものです。

 ただそのときそのときの流行に流されることなく,人類の英知の詰まった良書をたくさん読んでおくことは,その後の人生にきっと生きてきます。


○ これは人ごとではありません
”75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が施行された昨年3月から12月末までの約9か月間に,検査を受けた172万5292人のうち,4万6911人(2.7%)が認知症のおそれがある「第1分類」と判定された。
 同法は75歳以上のドライバーに対し,免許更新時と,信号無視などの違反時に,認知機能検査を義務付けている。昨年3月の改正法施行以降,免許更新時に162万8002人,違反時に9万7290人が検査を受けた。その結果,認知機能低下のおそれがある「第2分類」は45万8215人,認知機能低下のおそれがない「第3分類」が122万166人。
 第1分類と判定された人は医師の診断が義務付けられ,認知症と診断されると免許取り消し・停止の行政処分を受ける。診断書を提出した1万2447人のうち1351人がすでに行政処分を受け,1255人が処分手続き中。残りの9841人は,免許の継続が認められたが,このうち7133人は「認知機能の低下がみられ,今後,認知症になるおそれがある」として,半年後の再診断が求められた。”

 まだまだ正常値の方々が多いのが救いですが,時として人様に迷惑をかける高齢者が増えてきているのは事実です。こうした現実を見ると,同法の成立は正しかった?

 
○ 今日の1枚
Dsc_1820

2018年2月27日 (火)

泥沼の中

○ 泥沼に入ってしまいました。すでに”@ページの閉鎖”については書きました。`ページのいいところは,サイト名を変えるだけで1G借りられたことです。

 そこでジャンルを分けてサイト・アップしやすいようにいくつも借りていました。今となっては,これが徒となりました。簡単に他の業者に移行できないんです。

 と言うのも,サイトを運営する人が減り,広告収入が目減りし,サーバー管理ができなくなった業者が続出です。残っている業者もありますが,問題ありです。

 と言うのも,@ページほど基準が甘くないのです。いくつかあってもホームページブルダーでサイトアップできるものは,限られています。

 なかには,テンプレートを選択するだけで貼り付ける無料ホームページもあります。これは使えません。となると,ますます選択肢は狭まってきます。

 選択肢は,五本の指で数えられるほどとなってしまいました。有料ならば,もう少し広がりますがね。その中で一番安いのが,今回のメインとなっています。

 今回は,(ふざけた名前ですが)”忍者と言う業者にお世話になることを決めました。メインページは移行を完了しました。以前のものは,28日午後に消滅します。

 さていかなる泥沼化と言いますと,@ページで作っていた"friend's photos No.1~No.3”をメインページに合体させようと考えたのです。

 ここで問題となるのが,同名のファイル(例えば,001.jpg)が何千とあります。合体させると,(例えば,001.jpg,001(1).jpg,001(2).jpg)のように括弧書きでできます。

 ここで困るのが,このようなファイル名では,リンクができません。括弧書きのないファイルにリンクしてしまいます。この括弧書きを直しています。

 例えば,001(1).jpgを001a.jpgのように書き換えています。先程書きましたが,これが何千とあります。気が遠くなる単純作業です。目が疲れます。

 そして全部を書き換えると,一括サイト・アップをする予定です。そしてリンクのおかしいものは,全部リンク先のファイルに書き換える訳です。

 合併する前にやった方が楽なように見えますが,どのファイルが重複しているのか分かりません。因みに総ファイル数は,2万以上あります。

 ここでどうして合併したかを付け加えさせていただくと,これまでお世話になった方々やスライド交換していただいた画像ばかりだからです。

 自分及びお世話になった人達の足跡を何とか残したいと思い,泥沼に入ることは分かっていましたが,時間をかけて移行作業を行うこととしました。

 前半の作業終了後サイト・アップしますが,思わぬリンク先に行くことがあると思います。以上のような理由で作業途中と思い,ご容赦いただきたいと思います。

 くどいですが,新しいサイトアドレスは,
 http://ja8582.omiki.com/  ブックマーク(お気に入りに入れてくださいね)

○ 新たな発見
”インフルエンザ感染者が普通に呼吸しているだけで,ウイルスが吐き出され,それが感染を広げる可能性がある。狭い空間での感染を防ぐには,こまめな換気を心がけ,インフルエンザに感染した可能性がある人は,できるだけ自宅で静養して人との接触を避けた方がよさそうです。”

 これまでは,インフルエンザ感染者の咳やくしゃみによる感染と言われていました。が,これに,インフルエンザ感染者の呼吸器でも感染する可能性が高いと言うこと。

 電車/バスなどの公共交通機関で,勝手に窓を開けたら寒くてひんしゅくをかいます。と言って,公共交通機関と使わねば,通勤通学に支障が出ます。

 日本人の大好きなマスクだけでは不十分,やはり何千円と支払って予防接種をすることでしょう。万が一感染したら,自宅で完治するまでおとなしくしていることです。

 私も4週に一度の通院時は,使い捨てマスクを持参しています。待合室もなるべく隅の方に腰掛けています。通院でインフルエンザ菌をもらっては…。


○ 今日の1枚
Dsc_2343


2018年2月26日 (月)

くっついたり離れたり

○ 先日DAL/DLのジャパン・パッシングについて書きました。成田からは,マニラ/シンガポールが残るのみです。どちらもLCCを含めた競合路線です。いずれは…。

 我が家も子ども達が小さい頃,グアム/サイパンに行きました。治安はいいし,飛行時間も短いし,いいところだと思います。DC-10/B767で行ったと思います。

 そんな魅力的なディストネーションにも関わらず,日本のガリバーは撤退しています。ハワイと比べると格段の扱いの違いです。かつてはB747も飛んでいた路線です。

 調べてみて,成る程と思いました。半島からのLCCが飛ぶようになり,半島の方の行く島になりました。騒がしく執念深い,金をせびる民族です。

 こうなれば静かな観光地であっても,魅力はなくなりました。ならば航空会社も飛ばす意味がない,路線撤退と相成りました。日本人,騒がしい民族を敬遠します。

 同じ北東アジアでも台湾は違いますね。相変わらず日本人の好きなディストネーションの一つです。半島/大陸とは,随分違う民族のように思えてきます。

 相変わらずビジネス客は金儲けに走り,大陸詣でを繰り返しています。よって航空会社も路線をたくさん敷いています。半島へは,どんどん撤退/機材縮小です。

 日本人の多くが好むのは,まず治安のいい所だと思います。また,その国に好感がもてるか否かも重要な要素だと思っています。台湾/シンガポールがいい例です。

 領土/領海/領空を狙っている大陸や金せびりの半島では,好感度は落ちる一方です。いくら平和ボケした日本人でも,嫌気がさす大陸/半島です。

 それでも面白いことに,大陸/半島からの訪日客は減るどころか増える一方というのが面白い。来て欲しくない民族が訪れる,お金を落としてくれるから我慢する?

 グアム/サイパンの人達も同じような気持ちをもっているのかしら。聞いてみたいものです。案外「日本人,戻ってこい」と願っているかも???


○ 基本的にせっかちな人間です。華のお江戸は,雨とも雪とも言われていますが,そろそろ冬用タイヤを履き替えたいと思います。中旬の金沢行きが心配ですが。

 雪国ならば覚悟しますが,どうも冬用タイヤの柔らかさは身体に悪いようです。乾燥板道路ばかり走っていては,なおのこと身体に悪いです。

 自宅におれば,雪が降ったら車に乗らないで済みます。旅先ならば,もう1泊すれば大丈夫と勝手に思っています。上州は信州経由ですから,まだ無理です。

 それに私は降雪よりも路面凍結が怖いです。過去の恐怖が未だにトラウマになっております。スリップ,これは怖いです。ハンドルが効きません。

 何でもそうですが,このタイヤでもピンからキリまであります。人に自慢するような立派なタイヤを履こうとも思いませんし,安さだけでは心許ない気もします。

 もともとカーショップの中では,イエローハットが近いのでここを使っています。今履いている冬用タイヤもしかり。夏用タイヤを予約しました。

 これはぼやきですが,スバルさんはいつもちょっとタイヤサイズが異なるものを標準にします。冬用タイヤの時も,選択の幅が狭まることを経験しました。今回も同様です。

 気に入って購入する車ですが,後からこのような懐に厳しいこともあります。アイドルストップ車のバッテリーしかり。差額でどれだけガソリンが買えるかなあ?


◇ これはよりを戻すと言うこと?
”全日本空輸は,日本郵船子会社の日本貨物航空と業務提携する。大型貨物専用機を保有するNCAと中型機を持つ全日空が連携し,輸送の効率化を進める。製造業が集中する東アジアは,部品のグローバル移動が激しくなっている。日本連合で大韓航空やキャセイパシフィック航空などアジアの貨物大手に対抗する。” 

 一緒になったり離れたり,そしてまた手を組んだり,ポリシーのなさが現れています。自前でB777Fを購入すると言ったニュースも流れているんですが。

 それまでの短期間の手を取り合いになるのか,大型機を断念するのか,分かりません。いずれにせよB767Fだけの運行(旅客機の下を除く)では,限りがあります。

”両社が持つ中国・アジアや北米への貨物路線を中心に共同運航(コードシェア)に取り組む。それぞれの貨物便の輸送スペースを効率的に運用するほか,全日空が整備士を派遣して整備作業を迅速化し,NCAの保有する貨物専用機の稼働率を高める。” 

 ここまで来ると,元に戻るようにも見受けられます。旅客機だけの利益ではなく,航空貨物の利益も期待されます。最も人以上に経済状況に敏感な貨物ですが。

 確かにNCAは,B747だけの運用です。それも国際貨物専用貨物会社のようです。せっかくの貨物を第二次的に他の航空会社の荷物になっています。

 そう言った意味からも青組のB767Fの運用にも幅が出てきます。NCAの那覇空港飛来も実現するかもしれません。(この点の詳しいことは,私には分かりません。)


○ 今日の1枚
Dsc_0994


2018年2月25日 (日)

街を歩けば

○ また週末,長男は洗濯物をどっさりと持って帰ってきました。雪がなければ,いつもの仕事ぶり,「もうあんなに降らないだろう」と勝手のいい予報を出していました。

 散歩をしていても,季節の移り変わりを感じることができるようになりました。一番は,梅の花を見ることができるようになったことです。春はそこまでやってきています。

 そうそう長男が,”加賀棒ほうじ茶”をお土産に買ってきてくれました。一般のほうじ茶+さらなる香ばしさが,加賀棒ほうじ茶の特徴です。

 騙されたつもりで,お試しとしてポッカのペットボトルで味わってみてください。とってもとっても美味しいです。感激しますよ。

 私,日本茶では安いものほど好きです。まあ分相応ですから,高級な日本茶にはお目にかかったことがありません。番茶・ほうじ茶が好きです。

 さて,昨日また図書館へ行ってきました。エッセイからは,しばらくお別れします。どうも一人の人物の話が続くと,次第に鼻についてきます。

 往き道,歩いていてふと店先に貼ってある紙を見ると,3月末閉店のお知らせでした。大型量販店に押され,街の電気屋さんがつぶれていきます。

 確かに街の電気屋さんは,同じ品物でも高いです。しかし,会話があり売るだけのお店とは違った味があります。アフターサービスも行き届いています。

 今はできますが,蛍光灯のランプ交換等,歳をとると自分ではできなくなります。量販店で安く買うだけがいいことではありません。困ったときの街の電気屋さんです。

 小売店どころか,スーパーマーケットさえ潰れる時代です。いや天下の大銀行(三菱UFJ銀行…ついに東京は消えます)ですら名前が変わっていく時代です。

 その図書館帰り,コンビニに寄りました。レジの横に募金箱が置いてありました。何気なく中身を見る(透明な容器)と”百円札”と”五百円札”が見えました。

 (恐らくオーナーでしょう)店の人にお伺いすると,東北大震災の折の募金の名残だそうです。同金額を店の人が交換し,残しておいたそうです。

 若い人には,百円・五百円と言えば,コインでしょう。私ら年寄りの若い頃には,これがお札でした。百円札(板垣退助)五百円(岩倉具視)でした。

 この2枚のお札,私も記念にととってあります。随分前に子ども達にも見せました。その後記念硬貨も少し集めましたが,止めました。もったいない。

 最も記念硬貨でも金貨ならば話は別ですが,富のない私には無縁の世界です。発行枚数の多い銀貨では,投資の対象にもなりません。国が喜ぶだけです。


○ これもつまらぬことですが,困ったことと思っています。何かと言えば,郵便受けに一方的に入れられる”各種チラシ”です。ただ配達アルバイトにはお気の毒ですが。

 ピザ宅配・中古住宅の募集・火災保険の勧誘などなど,中身を見ないでゴミ箱行きです。こうした一方的なチラシ配付は,なくせないものでしょうか。

 そんなに大きくない郵便受け,肝心の郵便が箱からはみ出ていることもあります。開けてみれば,火災保険の分厚いパンフレットが原因です。

 さらに言うならば,平日の昼間にかかってくる電話,電話代の無駄かと思うようなものばかりです。そうそう新宗教の勧誘に歩く人も迷惑です。

 携帯電話へのメッセージSしかり。電話番号関係なく手当たり次第に送ってきます。迷惑メール同様迷惑メッセージです。キャリアは,通信料欲しさに黙認ですね。

 PCメール,私の場合ですと半分以上は迷惑メールです。1・2月のレイバン・セールには参りました。送信先は違っても内容は同じでした。

 一時期(今でもそうかも知れませんが)卒業者名簿が売れました。成人式の晴れ衣装のダイレクトメール用だったと思います。今では住所録も付いていないようです。

 どうして世の中,こんなに迷惑なことばかりするのでしょう。こうした行為を規制すべきではないでしょうか。何か大事件が起きるまで野放図状態ですよね。


○ 今日の1枚
Dsc_1791


2018年2月24日 (土)

日課の一つに

○ 今日は自慢話から。我が家のロウバイ,どうもよそ様の宅のロウバイよりも遅咲きのようです。ひょっとしたら品種が違うのかも知れません。

 今年はまだ咲き続けています。よそ様の宅のものは,とっくに花が落ちています。例年の倍以上の長さ,これは驚いています。夜明け前の風のない時間帯,いい匂いが…。

 相また変わらず野鳥がいろいろやってきます。今年は,メジロまでがやってきます。あの鶯色の羽根は,とっても綺麗です。いい色です。

 メジロを含め,野鳥さん達はロウバイの花芽を突っつきに来ます。余程我が家のロウバイは美味しいとみえます。これは嬉しいような悲しいような複雑な気持ちですがね。

 もう一つは,金柑です。摘果してありますから,一粒一粒が大きいです。しかし,これまたよそ様の宅の金柑よりも実りが遅い。それでも女・子どもは食べますがね。

 この金柑,こんどはムクドリの餌の対象となってきています。突っついては落とし,必死で食べています。人間様の食するものを毎日食べに来ます。我が家のは美味しい?

 全く歓迎していないのは,野良猫です。盛りの時期は過ぎたのでしょうか,最近は求愛の声を聞かなくなりました。それでも野良猫は歓迎しておりません。

 そうそう野良猫対策に珈琲豆のかすを乾燥させ,野良猫の通りそうな場所に散布しています。効果があるかどうか分かりませんが,俗説を信じております。

 珈琲豆のかす,以前は燃えるゴミとして処分していましたが,今は天日干しして保存し,野良猫対策に使っております。まあ効果がなければ,花壇にばらまきます。

 簡単に書きましたが,天日干しは1日に数回はかき混ぜ,広く延ばし干します。これがいい加減だとカビが生えてきます。面倒ですが,日課となっています。


○ 豊田の御大のブログにBI(ブルーインパルス)のことが書いてありました。私も御大の考えに賛同するとともに,一市民として恥ずかしい限りです。

 BIの飛行が,何やら航空法に違反するとかしないとか。30年度のBIの予定には,小牧基地の名前はありません。理不尽な行動ですが,騒ぎを大きくしなくない?

 名古屋飛行場は,複数の地方自治体に囲まれています。その一角だけ「上空は飛ぶな」とは,何とも理解しがたい論理です。市長・市議会も同意していると言います。

 まあ物事賛否両論があってしかるべきです。BIどころか自衛隊すら違憲とする人達,現状認識が多くの国民と違っていると思います。

 憲法改定に賛成する人達,あるいは反対する人達が拮抗する中,自衛隊の存在を否定する人達は極めて少ないです。専守防衛の概念が理解できている人達です。

 確かに1機百億円以上もする飛行機を何十機も揃えれば,膨大な国費を使います。それだけの国費を福祉に使え,これも税金の使い方としては間違っていないと思います。

 しかし,大陸・半島あるいは北極熊の脅威にどう対処するのか,話し合いによる解決=歴史認識に欠ける考え方です。誰が領土・領海・領空を守るのか,教えて欲しい。

 社会的平等を謳った考え方,ソ連は(北)半島は大陸はその考えで建国されたはずです。今それらの地域で何が起こっているのか分かっていません。

 彼らの考えで日本を作ったら,新たな差別,それも上意下達による強制的な差別が生まれます。共産主義の内実は,権力闘争に他なりません。

 ソ連・キューバ・大陸・(北)半島が,彼らの目指す社会的平等なのかしら。これらの国に”真の自由”を保障する国はあるでしょうか。ありませんよね。

 プーチン・カストロ・習・白ブタの”独裁国家”と言ってもいいのではないでしょうか。どこも軍事力に力を注いできた(注いでいる)所ばかりではないでしょうか。

 そう理論としては素晴らしいものと認めますが,それで立派な国ができたという事例は一つもありません。理論と現実の違い,もう少し自己陶酔から目覚めたら。

 いい例が,国際連合(UN)だと思います。理想は高く掲げていますが,UNの限界を思い知らされる国家間の利害関係の複雑さ,理想と現実の差です。

 繰り返しますが,国を守るのは自国民の手でと言うのが,世界が認めるやり方です。専守防衛だけではあるいは外交の力だけでは,国家間はうまくいきません。

 BIは,航空自衛隊の一部隊です。毎年全国各地で飛行展示を実施し,日本国民に感動を与えてきています。2020年東京オリンピックにもきっと飛行展示するでしょう。

 世界的な人口密集地:東京のど真ん中での飛行展示,某市長及び市議会,自分達の行為が国賊並のレベルと分かっていない,恥ずかしい市長・議会もあるものです。


○ 今日の1枚
Dsc_1856


2018年2月23日 (金)

確定申告

○ (恐らく)最後であろう”確定申告”に行ってきました。朝一番?を狙って会場には,7時45分に到着です。が,順番は14番目でした。まあいいか。

 9時前には職員(何か今年は丁寧な言葉使い?)から,話があり受け付け番号札(7番)を渡されました。ちょっと早くなった。嬉しいな。

 と言うのも,①ヘルプ ②セルフ ③その他とコースが分かれるからです。私,面倒ですから①です。必要書類+αで済みます。入力を終わって数字が…。

 少しですが,税の還付金が出ました。初めてです。嬉しいな(単純,要は払い過ぎ)。会場を後にしたのは,9時7分!2時間弱で終了,やったね。

 午後にやって来て,いつ順番が回ってくるか分からない状態,それよりは朝一番に駆けつけた方が,おおよその時間が分かって気楽ですよね。お勧めします。

 税務署も考えました。自宅で申告しようとすると,マイナンバー・カード(当然読み取り機も必要)でしたが,来年度からは不要。IDとパスワードでできるそうです。

 脱線しますが,マイナンバー制度は未だに不人気ですね。一度取得したら永久版ではなく,有効期限は3年と聞いています。国民の財産を盗み見する道具でしょうかね。

 北風も穏やかな朝,延ばしに延していた床屋さんへ。こちらは2番目,待たずしてカットをしてもらいました。総合計6km以上歩きました。散歩の替わりです。

 帰りに喉が渇いたので自販機へ,”加賀棒ほうじ茶”を見付けました。日頃飲んでいるほうじ茶よりも香りがいいですね。今度金沢に行きますから,買ってこよっと。


◇ ホンダジェット,やりますねえ
”ホンダジェットの2017年の世界での納入機数が前年比20機増の43機となり,サイテーションM2を抜いて初めて首位となった。ビジネスジェット市場は世界的に成長が鈍化しているが,超小型機部門は,前年と比べ需要が5割増。ホンダにとっては苦戦が続くF1に代わるブランド戦略の柱となる。
 ビジネスジェット機全体では676機で前年比1.3%増。3年ぶりに増加に転じたが需要がピークだった2008年と比べ半減している。その中で超小型機はパイロットも含めた乗員が10人未満で,北米や欧州では主に都市間の移動に使われる。小回りの利く交通手段として,富裕層が個人所有するほか企業や航空機の運航会社向けに需要が伸びている。
7人乗りのホンダジェットのは,エンジンを主翼の上に置く独特の設計にある。胴体に競合機と比べて室内空間を広く取れ,騒音も小さい。世界的な燃料高も販売を後押しした。ホンダジェットは世界の航空機メーカーでは唯一,ジェットエンジンも自社で供給しており,燃費性能が競合機と比べて最大2割ほど高い。”

 ホンダジェット,カタログ価格は450万ドル(約4億8000万円)とビズジェットとしては,格安のお値段です。アメリカ国内やEU間を移動するのにもってこいの大きさです。

 振り返ってみれば,ホンダジェットは創業者本田宗一郎の夢でした。最初からアメリカに開発・生産拠点を置き,ビジネスを展開しています。

 大型機でもそうですが,”国産”にはこだわっていないと思います。そもそも100%国産と言う飛行機は,余りに現実を知らない者の考えです。

 自動車メーカーとして知られ,ホンダジェットのエンジンは自前です。居住性を含め,主翼の上にエンジンをレイアウトする考え,いかにもホンダらしいやり方です。

 と言うのも,自動車メーカーとしてのホンダは,余りに大きくなりすぎました。軽のZやCIVICを生み出している頃のホンダは,個性があり面白かった。

 さらに言うならば,ターボを搭載した頃のF1時代,セナ/プロストを擁して活躍していました。1万何千回転にもびくともしない耐久性,ホンダは立派だった。

 ゼロからの出発,それも一民間企業としてのビズジェット開発,まだまだ初期投資の回収の段階ですが,改良型エンジンの開発を行い,長い生産をして欲しいものです。

 ビズジェットの世界にもガリバーがいます。いたずらに機体を大きくしていくのではなく,身をわきまえた飛行機の開発をして,さらにシェアを伸ばして欲しいものです。


○ 余談ですが,アマゾンを見ていますと”PROVIA 100F”の5本パック,在庫がか細くなってきました。いよいよ5本パック製造中止の前触れなのかしら。

 考えてみれば,5本パックは1本ものと比べて経済的ですよね。売る方も買う方もニコニコできる5本パックです。どうして止めるんでしょうね。説明あったかしら。

 ヨドバシカメラ,5本パック5710円(税込み・送料込み)です。約1千円値上がりをしています。しばらく5本パックの争奪戦が行われると思います。

 とりあえず今年中の消費量は押さえましたが,単品で200円アップは年金軍団の一人として痛いです。来年からは,目的意識をさらにもって撮影しなければなりません。

 最高でも3コマが限度となります。そしてレジ集めのためには,1コマ撮影に徹しなければなりません。それも晴天順光の状態,あとはデジで我慢です。


○ 今日の1枚  
Dsc_0001


2018年2月22日 (木)

今頃になって

○ ここまでお上が口を出すとは
”給油所は,消防法によって厳しい規制が課されている。充電設備や水素供給設備は,給油スペースから離れた場所にしか設置できない。敷地内で事業者が提供できるのは給油や洗車サービスなどに限られ,コンビニやスーパー,宅配拠点などの設置は認められていない。
 セルフ式給油所でも,1人以上の従業員が常駐することを定めている。ITを使って遠隔で監視できるようにすることで,完全無人化も検討。地下に設置するタンクを地上にも置けるようにするなどで,経営効率化につなげる。
 ガソリンの需要は年1~2%ずつ減少,給油所の数は16年度末で3万1467カ所と20年間でほぼ半減した。”

 確かに引火性の強いものを扱うGS,その安全基準は国が定めるのは正しいと思います。が,時代の流れに法がついていっていないのも事実です。

 ハイブリット車の推進を後押しした結果,ガソリンの売り上げは減少=GSの倒産,大企業には手厚く,小売業(GS)には冷たかったことの現れです。

 私自身,写真撮影の為に地方に行くことがあります。GSの少ないこと,そしてGSがあったと思われる更地を何度見たことやら。地方の人達は大変です。

 地方には大変に敷地面積の広いGSがあります。これらと都市部の狭いGSと同じように取り扱うことが,まず疑問に思います。融通が利かない=いつものこと。

 給油(そのうちに給電)したついでにお買い物,国民の利便性を考えるならば,GS閉店が相次ぐ前に考えるべきだったと思います。

 副業あるいはコラボまでお上のお達しがなければできない,ここまでお上が口を出すとは,呆れかえります。お上のさじ加減で何ともなる=おかしな仕組みですねえ。

 先週から円高が続いています。これで(普通ならば)原油・天然ガスは下落するはずです。上げるときは素早く,下げるときは言い訳が先に立つ業界です。

 蛇足ですが,いつまでオクタン価の低いガソリンを製造するのでしょう。輸入車締め出しの最たるものです。そして誰もこのことを問題にしない=おかしなことですねえ。


○ 早く終わらないかオリンピック。新聞を読むと否が応でも目に付くオリンピック関係の記事,読みたくもありません。見たくもありません。へそ曲がりです。

 あれは確かバルセロナオリンピックで金メダルをとった岩崎恭子選手のコメント,中学生が「国民の皆様方の…」と,馬鹿らしいものでした。

 まあ帰りの機内で大人のコーチから助言されたのでしょうね。確かに選手強化費は国から出ています。しかし,微々たるものです。メダル報奨金も少額です。

 先に挙げたコメントは,メダルをとった日本人選手の常套文句化しています。例外は,アトランタオリンピックの有森裕子選手の「自分で自分をほめたい」くらいかな。

 マスコミは,選手から「国民の皆様方の…」を聞き出したくてインタビューしているようなものです。非情に不愉快です。求めるコメントは決まっています。

 天下の読売/朝日/毎日新聞までも連日メダルの話ばかりです。とれなければ「まさかの…」と書きます。国民以上にメダル至上主義のマスコミの姿勢です。

 そこに商業主義を見出すのは容易です。これでメダリスト達は,儲かる対象となります。スポンサー/CM依頼が殺到すると思います。

 私から見れば,夏でも冬でもオリンピックに出ることが素晴らしいことだと思っています。いやスポーツに限らず,世界大会に出場すること自体が素晴らしいことです。

 どんなにお金をつぎ込んだって,誰でも100mを10秒台で走ることはできません。素質と練習の賜物です。正々堂々と競技に臨む,これが素晴らしい姿です。

 視聴率稼ぎ・発行部数稼ぎ,オリンピックはどの手段となっています。天下のNHK,あれだけの報道に受信料が使われているかと思うと,疑問をもちます。


◇ 意味のない個人趣味ですが…
http://www.businessinsider.com/coolest-airline-paint-job-livery-world-2017-7#to-celebrate-its-80th-anniversary-the-airline-decorated-another-757-with-a-livery-depicting-the-vatnajokull-glacier-in-southeast-iceland-21

○ 今日の1枚
Dsc_8862


2018年2月21日 (水)

思わぬ社会現象

○ 東名高速道路下り,中井Pから約1kmの地点,未だにガードレールは凹んだままになっています。あそこを通るたびに例の事故を思い出します。

 あおり行為を繰り返し,事故以前にも警察にお世話になっている輩,心から反省する気持ちがなかったんですねえ。まだ若いのに残念なことです。

 それでも高速道路を走行していると,よく似た輩に出くわします。とにかく速く走りたいんですねえ。法定速度遵守の気持ちがないんですねえ。

 おかしなことに高級車に乗ると,自分が妙に偉くなったと勘違いする人がいます。数千万円もする高級車でも(失礼ですが)軽自動車でも公道では平等です。

 これが分からないんですねえ。クルーズ・コントロールで走行していると,これがよく分かるんですねえ。そんな高級車ドライバーも大型トラックの前では…。

 まあこれはどちらも常識の通じない輩同士ですから,どっちもどっちですがね。いずれにせよ自動車に乗ると人格が変わる人がいることは,事実のようです。

 ところで,あおり行為のお兄さん,某業界にとっては神様のような存在だと言われています。そうドライブ・レコーダー製造元です。

 あの事故を知ったら,自分もドライブ・レコーダーを取り付けようとする人が急増,人気ドライブ・レコーダーは品薄状態が続いているそうです。

 私もその一人でして,ドライブ・レコーダーを付けようと車屋さんに行ってきました。ところがS社のアイサイト装備車は,市販品の中でも取り付けられるものは…。

 S社のオプションを見たら,5万円以上もします。諦めました。バックミラーの向こうにどんと控えるアイサイト用カメラ,これの視界を妨げてしまうんですね。

 それに私の高速道路走行も変わってきました。キープ・レフトを原則とし,前車が遅い場合のみ右手親指を動かし,5kmアップ,追い越したら5kmの繰り返しです。

 因みにクルーズ・コントロールの設定速度は,95km/hです。約360kmの道のり,ぶっ飛ばしても15~20分しか変わりがありません。燃費良し,疲れ少なし。これでいい。

 蛇足ですが,スタッドレス・タイヤを夏用タイヤに履き替えたいです。燃費は悪いし,乗り心地も柔らかすぎます。曲がり道もロールが大きいです。


○ 久し振りに西洋風?野菜煮込み(ポトフ?)を作ってみました。昨日のブログではありませんが,野菜+キノコがメインにしました。味付けは,黒胡椒+岩塩のみ。(ま・ご・は・や・さ・し・い)

 オリーブオイルでニンニク・スライスを炒め,ベーコンを入れます。ここからが時間がかかります。タマネギを焦がさないように(カレー作りと同じ)炒めます。

 タマネギが飴色に近くなったら水・ロリエを入れ,ニンジンを煮ます。しばらくしてジャガイモ+セロリを投入,ここで約10分ゆっくりと煮ます。

 4種類のキノコ+アスパラ+オクラ+ウィンナソーセージを投入,黒胡椒+岩塩で味付けをします。少々味が薄い方がいいです。煮詰まってくると,次第に濃くなります。

 さて出来映えですが,ニンニクをけちりました。黒胡椒が効いていて,なかなかの味です。カレーではないですが,夕飯・朝食・昼食の分はありそうです。

 ライバルは,やはり娘です。気に入るとお替わりをします。昨日作った味噌汁も娘がお替わりをしてなくなってしまいました。まあ悪い気はしませんがね。


◇ DAL/DL,羽田問題が未だに尾を引き,どんどん日本離れが進んで行っています。成田では,午後のゴールデンタイムにB767/B777がやってきます。

 が,DLと言えばNWA/NWを吸収合併した会社,長く第1タミの一角はNW/DLカラーで塗りつぶされていました。今ではA330を見なくなりました。

 ミクロネシア路線・上海路線からも撤退,残るは?マニラとシンガポールのみです。あとはアメリカ路線ですが,これも次第に規模縮小の方向のようです。

 スカイチームの盟友:KAL/KE,CES/MU,CSN/CZとの関係を重視し,半島と大陸に拠点を動かしていくものと思われます。UAL/UA,AAL/AAとて似たり寄ったりですがね。

 UAの場合はANA/NHとAAの場合はJAL/JLとコードシェア便を設定すれば,自社の力点を大陸に置けばいいですから。人口減少国では儲かりませんからね。

 また年寄りじみたことを書きますが,成田=B747の時代が懐かしいです。約30年前,もっと成田詣をしておくべきでした。本当に悔しいです。


○ 今日の1枚
Dsc_0961

2018年2月20日 (火)

ま・ご・は・や・さ・し・い

○「この世の中,お金はどれだけあっても構わない」と,庶民は考えます。特に高齢者となると,介護への不安がそう言った思いを増幅するのではないでしょうか。

 振り込め詐欺や送り付け商法など高齢者を狙った詐欺事件は後を絶ちません。騙しやすい対象を選んでいます。自分だけは騙されないと思い込みがあると…。

 郵便局や銀行では,しきりに投資信託を薦めます。実は私も10数年前郵便局の投資信託を利用しました。過去形です。と言うのも,元本割れが続くようになりました。

 確かに最初の数年は景気が良かった。多少のお小遣い程度は手に入れることができました。が,通帳をじっと見ていると,徐々に金額が減っているのではありませんか。

 毎月の入金は,実は元本を取り崩して支払われる「特別分配」(いわゆるタコ足配当)と言うことが分かりました。自分の預けたお金の一部を使った入金です。

 解約となると郵便局・銀行に出向かなくてはなりません。人間,無精なものでついつい面倒になってそのままに…,傷口を広げていきます。

 これだけの低金利が長く続く中,大手銀行と言えどもリストラ・支店の統廃合などを進めています。契約すれば手数料が舞い込む信託,販売に励むわけです。

 ちょっと前に話題になった通帳の有料化も同じです。どこからでもお金をむしり取ろうとする魂胆です。ネットを通帳代わりにすれば,紙の通帳は要らないと言うこと。

 先の投資の件でも「投資信託取引残高報告書」が送付されてきます。見たくもない位小さな数字です。紙の節約なんでしょうかね。見られたくないのでしょうね。

 少子高齢社会に突入した今,高齢者にネットを通帳代わりにとは,非情以外なにものでもないと思います。大手銀行ほど,やることがあくどいと思っています。

 
○ これも高齢者の心境,「健康で長生きしたい」と思っていると思います。私も仲間入りしています。さらに勝手に「ぽっくりと死にたい」とね。

 これに目を付けたのは,カープス…50歳からの健康体操…スーパーやドラッグストアと併設されていることが多いようです。どんどん増えてきています。

 このカープス,実は女性専用です。入会金必要,月6・7千円のレッスン料,これが女性陣に広く支持され,会員増殖中だそうです。

 私も末席に連なっているウォーキング,近くのグリーンベルトでは,毎日多くの人が歩いています。皆さん,出で立ちがなかなかおしゃれです。私?悲惨です。

 本来ならば,きちんとした歩行の指導を受けた方がいいらしい。もう一つは,靴です。これはピンからキリまでありますが,旧製品が狙い所と思っています。

 歩いたら,ほうじ茶(麦茶)で水分補給です。新聞を読みながら,ヨーグルトをいただくのも嬉しいことです。牛乳は,朝食時に飲んでいます。

 世の中,70代後半になると食欲が減退し始めるとあります。まあ毎日粗食に甘んじていますが,傾向としてタンパク質の摂取が不足しているように思います。

 「ま・ご・は・や・さ・し・い」…「ま」は豆,「ご」はゴマ,「は」は発酵食品,「や」は野菜,「さ」は魚,「し」はしいたけなどのきのこ類,「い」はイモ類。

 味噌汁の具,野菜,キノコ類,豆腐などが好きな私です。塩分控えめの味噌を用意し,「ま・ご・は・や・さ・し・い」を考えながら,毎日作っています。

 脳卒中と糖尿と癌の遺伝子をもつ私です。いつ死を迎えるか分かりませんが,気持ちは健康で長生きです。誰も一度しか経験しない老後と死,不安がありますね。


◇ ロシアで,そしてイランで飛行機の墜落事故がありました。改めてお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。どちらも生存者ゼロの悲劇です。

 そして昨日は,青組のB777の右エンジンのオイル不足の点灯に為に羽田に戻ったと言います。当然右エンジンへの給油はカット,片肺飛行でした。

 国内ガリバー2社,昨年も同じような事故が相次ぎました。久し振りの事故ですが,あってはならないことです。飛行前のチェックでは異常なしだったそうですが。

 いずれにせよ一度空に舞い上がったら,乗員乗客の命がかかった乗り物です。オンタイムを目指すのは結構ですが,複数の目での安全確認をお願いしたいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_0673


2018年2月19日 (月)

交代してよ

○ 庶民の商品に関する価格は敏感です。誰しもいいものを安く買いたいものです。また,ファーストフードの元気のいいのもやはり価格でしょう。

 ここ数年,企業の成績は絶好調です。が,内部留保の考え方が,労働者のベース・アップにつながっていないのも事実です。今や国がベース・アップを催促する時代です。

 昨日も書きましたが,来年度は増税ラッシュです。なかでも消費税10%は,国民生活に与える影響が一番大きいと思います。高額商品ほど大きな影響を受けます。

 と言うのも,週末になるとハウジングセンターを訪れる人が,驚くほど増えてきました。全国的には,ハウジング・センターは低調と言われているのですが。

 低金利+消費税10%を考えると,マイホームの夢実現のために一大決心をした人が多いと言うことでしょう。心配は,建築ラッシュに労働者が追い付いていくかです。

 我が家の3軒隣に改築の家があります。働いている人は,一体どこで休みをとっているのか,週末も何か工事をしています。下請けの弱みにつけ込んでいる大手です。

 そうそうハウジング・センターでウサギのぬいぐるみを着た人を見かけました。中の人を確認していないのですが,恐らく若手の男性だと思います。

 恐らく大学を卒業,一流の企業に就職した人です。そんな人が,客寄せのぬいぐるみを着せられ,寒風の中必死で愛嬌を振りまいています。哀れな姿です。

 売る方も必死の姿ですが,いざ建築となると労働者不足,そしておきまりの下請けいじめです。儲かるのは,大手企業のみという図式です。

 これだけの低金利政策をしながらも,国民生活には充実感がないように思います。そしてこの姿が,正常な国民生活と受け止めているアベちゃん,もう替わって欲しい。


○ 私もお世話になっているネット通販,ついに
”ネット通販3社の販売額は,楽天とヤフーの国内販売額を示す取扱高に,米アマゾン・ドット・コムの日本事業の売上高を合算。17年は大手3社の合計で約6兆7000億円に達し,前年から13%増加した。経済産業省によると16年の個人向け国内電子商取引の規模は約15兆円。大手3社はその4割程度を占めている。
 アマゾンは低価格と素早い配送で日本で利用者を増やし,17年の日本の売上高を119億ドル(1兆2500億円)と10%伸ばした。楽天とヤフーは,ポイントの割合を増やすなどサービスを拡充している。取扱高はそれぞれ,13%増の3兆4000億円,14%増の2兆500億円に拡大した。
 国内小売業で売り上げ規模が最大のスーパーもネット通販の急拡大に押されている。17年のスーパーの販売額は12兆9175億円と2年連続で減少した。スーパーは共生を模索する。西友は楽天と提携し,共同で生鮮品や日用品を扱うネットスーパーを始める。
 セブン&アイ・ホールディングスはアスクルと食材の共同宅配に取り組んでいるほか,イオンはヤフー,ソフトバンクと提携する。
 アマゾンがホールフーズ・マーケットを買収したほか,無人コンビニの運営も始めた。アリババ集団が大型スーパーに出資するなどネットと店舗の融合が加速する。
 ネット通販の急拡大のあおりで宅配の人手不足も深刻化する。アマゾンジャパンは4割の宅配料金の値上げに応じた。国内宅配個数は20年代には60億個まで増えるとの予想もある。”

 最初のお話ではありませんが,ネット通販が成長著しいことは分かります。アマゾンの大きな倉庫を見て驚いたことがあります。さらに増えるのではないでしょうか。

 足柄の湯で一緒になる長距離運転手との会話,私には考えられない距離を長時間運転しています。それでも運転手募集をしてもなかなか集まらないと言います。

 これに加えて宅配,日本人の律儀さと正確性を重んずることが,長距離運転手や宅配運転手を苦しめています。そうそうクロネコさんも運転手不足だそうです。

 結局弱いところにしわ寄せが行く,いつものパターンです。コンビニだって浮き沈みが激しく,パテント料をしっかりと稼ぐ本社の儲けが増えるだけです。


◇ 見事に外れた12号機の色
 FDAの12号機,一部緑色の機体が重なっていますが,誠にカラフルな機体が勢揃いしております。ネットでは,12号機の色当てクイズがありました。見事に外れ!

 一番無難な”白色”に決まりました。大昔アメリカには,ブラニフ航空という変わった航空会社がありました。1機1機塗装が異なり,大いに盛り上がったものです。

 そのブラニフ航空には,(確か)白色はなかったと思います。白色ならば,他の航空会社の塗装で見ることができます。一番平凡な色です。

 FDA,これまで随分と楽しませていただきました。海外のスポッターでも人気のある(もちろんブラニフ航空の思い出と重ね)ものです。残念でした。


○ 今日の1枚
Dsc_0970


2018年2月18日 (日)

善政とは

○ 長男が納付している”ふるさと納税”ですが,今度は土佐国から”冷凍鰹”が送られてきました。見るからに美味しそうな鰹です。

 その長男,洗濯物をどさっり持って一時帰宅を繰り返しています。コインランドリーでも使えばいいと思うのですが,雪道に厭きてきたようです。

 さてその鰹,水に浸してじっくりと解凍,その間にニンニク・岩塩・青ネギを準備させてもらいました。何でもニンニク+岩塩が土佐流とか?

 味噌汁を私が作り,長男は酢豚に挑戦(長男の方が料理の腕は上ですから),娘は準備が終わった頃にご帰宅,これもいつものことです。

 3人で鰹のお刺身をいただき,土佐国の思い出に花を咲かせました。一体いくら納税すれば,こんなに美味しい鰹が食べられるのでしょうねえ。

 ところでこの”ふるさと納税”,納付する方は返礼品目的なのは確かです。困るのは,いつその返礼品が配達されるのかが分からないことです。

 まあ365日ホリデーの私が在宅していますが,ベッタリというわけではありません。宅配業者泣かせではないでしょうか。特に冷凍・冷蔵品は困りますよね。

 ところで,”確定申告”の時期に突入,税務署は少しでも仕事を減らそうとネットを使って欲しいそうです。これならば待ち時間なしですから。

 しかし,佐川国税局長官を思い浮かべると「破棄しました」「記憶にありません」など,国民を馬鹿にしたような役人の顔を思い浮かべてしまいます。

 ”確定申告”には,様々な書類を整備し,漏れのないようにしなければなりません。「破棄しました」では済みません。国民には厳しく,内向きには都合良く。

 いくら順送りの人事とは言え,佐川が国税局とは馬鹿にしていませんかねえ。ここまでアベちゃん,やりたい放題ですな。国会喚問は一体どうなったのかしら。

 いつの時代でもどこの国でも役人自らが法を守り,国民に模範を示していくのが善政だと思っています。森・加問題から,この国は狂い始めたように思います。


○ 藤井聡太五段,羽生善治2冠を破るのニュースを見て驚きました。彼の師匠は,前日「勝率は55%」と語っていました。予想が当たりました。

 この後,広瀬章人八段を破り優勝,そして六段昇格です。谷川浩司九段は,藤井聡太五段を讃えながら,20~30台の棋士にハッパをかけることを忘れていません。

 羽生善治2冠・谷川浩司九段,悔しいだろうなあ。オリンピックに将棋にマスコミは大喜びですね。これだけビッグ・ニュースが出てくるんですから。

 昔ある仕事をするのに立派な先輩に出遭いました。スケジューラーです。全員に気持ちよく働いてもらうためにコマを慎重に決めていきます。

 私がやるとコマが埋めきれません。ところがその先輩,1コマ1コマを確実に埋めていきます。このコマを入れるためには…。他のコマをいくつも同時に動かします。

 つまり1コマのために相当な先を読み,不都合の内容にコマを埋めきる訳です。何手先まで読めるんだろうと,隣で興味津々と眺めていました。

 最高10数手は読んでいました。将棋や囲碁の世界と同じではないでしょうか。片や隙間なくコマを埋める。片や相手よりも陣地を多く,王将に手が届くの違いです。

 先を読む,相手も同時に読んでいます。相手よりも多くの手先を読み,勝利に導くのが試合です。これが商売であったら,相手にいかに買ってもらうのか読むことです。

 生きた人間を相手にする場合,相手の心理状態を的確に読むことが大切です。先日書いたネット・ショッピングの場合でも,トータルでの利益を考える訳です。

 ただ人間関係で読み過ぎると,却って関係悪化につながる可能性があります。昨年流行語にもなった”忖度”なぞ,その際たる例ではないでしょうか。


◇ エアバスのA320 neoに対してボーイングはB737 MAXを用意しています。世界中の航空会社,とりわけLCCはこのどちらかを使っていると言っても過言ではありません。

 大量に出回っているから,補修部品も他と比べると安い。中古機であってもこの2機種ならば,買い手が付くと言います。航空会社に優しい機種です。

 A320の上にA321があるように,B737 MAX8の上にもB737 MAX9があり,さらにB737 MAX10まで用意されると言います。ここまで来るとほぼB757-200と同じです。

 エアバスもボーイングも胴体径を変えずにきています。開発費の抑制につながり,航空機の値上がりを少しでも防ぐ目的も兼ね備えています。

 さてA321 neoに対抗したB737 MAX9がいよいよ販売開始となるようです。アメリカ連邦航空局から”型式設計変更”を認証されました。開発が凄い速さです。

 B737 MAX9は,737-900ERの後継機で座席数は1クラス220席、最大航続距離は3550海里(6575km)と言います。東京~ケアンズとほぼ同じですね。

○ 今日の1枚
Dsc_1473a


2018年2月17日 (土)

私は遅すぎますけど

○ まだまだ寒さが断続的にやってきそうですが,季節は動いているように思えます。先日も書きましたが,雑草に勢いが出てきました。人間以上に気温の変化に敏感です。

 歩いていても後半は,ウィンド・ブレーカーを着ていると暑く感じられます。帰宅すると下着を替える日も出てきました。また,空が白くなってきました。

 寒肥(乾燥鶏糞)を順番にやっていくことにしました。穴を掘って鶏糞を入れ,しっかりと土を被せないと臭ってきます。2・3日かかります。

 木の根はまだ眠っていると思いますが,暖かくなると眠りから覚め,土から栄養分を補おうとします。遅効性の鶏糞・牛糞・油かすなどは,植物にとって優しいものです。

 今年の花や野菜作りの元肥としても鳥糞を使います。敷き藁も確保してあります。腐葉土は買ってこなければなりませんが,敷地の一角に腐葉土作りを始めたいです。

 先日読んだ平山郁夫氏の本でも書いてありました。人間の成長には,教養が大切だとね。もちろん食べ物も大切ですが,幅広い知識を育てることの大切さを説いています。

 私は,「若い頃にこのような大切なことを知っておれば」と悔やんでおります。何もせずしても身体だけは大きくなりますが,教養は違います。

 幼少の頃からの親の教え,義務教育での道徳教育など,人として生きていくための心の鍛錬は大切なことです。それに「様々な知識を貪欲に吸収いていけ」と言うことです。

 自分を振り返ってみても,二度と後戻りができない時を過ごしてきました。いろいろな後悔がありますが,人として一番悔やまれるのが教養のなさです。

 植物は,自然の厳しさに耐えて生きています。その点人間は,植物以上に耐えうることができます。が,その代わり人間には様々な苦難が待ち受けています。

 植物の根が硬いものを避けながらも成長のために根を伸ばす,人間も成長のための栄養と教養をバランスよく摂り,苦難を乗り越えたいものです。私は遅すぎますけど。


○ ゴールが先に…
”政府は,高齢者政策の新しい指針「高齢社会対策大綱」を閣議決定した。65歳以上を一律に高齢者とみることについて,「現実的でなくなりつつある」と指摘。画一的な高齢者像からの転換を打ち出した。65歳以降も働き続けられる環境を整えるとともに,公的年金の受給開始を70歳より後にできる制度変更の検討も明記した。
 大綱は基本的考え方として,年齢によらず意欲・能力に応じて働ける「エージレス社会」の構築▽高齢者の住宅確保や移動支援など地域の生活基盤整備▽人工知能(AI)など新しい科学技術の活用促進を掲げた。具体的には,定年延長や65歳以降の雇用延長をする企業への支援拡充の考え方を明記。年金制度の柔軟化も打ち出した。受給開始(原則65歳)を遅らせれば受給額が増える制度に関し,現行の「70歳まで」とする制限を改めるべきだとしている。
 これらに対応して,日常生活に支障のない健康寿命(2013年時点で男71.19歳,女74.21歳)を25年に2歳以上延ばす目標を設定した。政府が目指す「介護離職ゼロ」は20年代初頭に達成し,介護職員数を現在より約50万人増やして231万人にする。高齢社会を理解する若者の力を養うため,学校での社会保障に関する教育を進める。
 生活基盤整備では,都道府県などが高齢者や低所得者の入居を拒まない賃貸住宅を登録する「住宅セーフティーネット制度」(17年10月施行)を推進し,20年度に17万5千戸の登録を目指す。科学技術の活用策としては,高齢者の生活の質の維持・向上と介護の負担軽減に役立つロボット開発を促進。過疎地での移動手段の確保などのため自動運転システムの開発を進め,新たな移動サービスを25年度をめどに実現するとしている。大綱は1996年に初めて作られ,3回目の見直しになる。”

 来年度は,増税ラッシュの年です。消費税の10%へのアップはもちろんですが,「とれるだけとろう」と言うのが見えてきます。歳出の見直しは…。

 消費税の一部が教育費に回される暴挙,復興税が森林税に様変わり,どれだけ国会で論議されてきたのか,未だに理解に苦しむ増税です。

 国民の平均年齢の上昇が,大綱の読みの甘さになっています。定年延長・雇用延長などの施策が,どれほど浸透していくのか,注視する必要があります。

 少子高齢社会における問題はいくつも指摘されていますが,若者の労働意欲と老後への不安に取り組むことも大切だと思います。夢をもたせたいものです。

 社会年金も所得税も源泉徴収の労働者にとって,先の見えない人生は耐えられないものです。難しい問題ですが,もっと若者対策を充実させて欲しいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_0827


2018年2月16日 (金)

浮かれているときか

○ フロリダの高校で銃の乱射事件。もう何度繰り返されてきたことか,それでも銃を手放さないアメリカ国民,考えられない国です。

 日本でも銃(狩猟用)を持っている人はいます。調べてみると,相当面倒な手続きが必要です。違法に所持しているのは,怖いお兄さん達か。

 文明の利器である銃,そもそもは人に向けるためのものではないはずです。それが人の命を奪うものになってしまいました。人間の愚かさの一つです。

 事故であっても人命を奪う行為は,批判されます。例えば,飲酒運転による交通事故,厳しい罰則のためか,飲酒・酒気帯び運転が減ってきたことはいいことです。

 さて,現在世界には74億人以上の人がいます。このうちたった一人狂っていると見なされているのが,白ブタ君です。人命そして人権軽視は,収まりそうにありません。

 たった一人の人命を抹殺することができれば,世界は多少平穏になると信じています。いくら核兵器に国費を使っても,持っているだけです。

 白ブタ君が仮に太平洋上で核実験を行ったら,これは現在の制裁どころではありません。恐らく習おじさんも黙っていないでしょうね。

 核開発及び長距離弾道弾につぎ込むお金があったならば,為政者として国民生活を第一にした政治を行えないものでしょうか。狂った白ブタ君です。

 世界の大国は,自国との利害関係で動いています。習おじさんやプーちゃんは,白ブタ君を守っている=自国の利になるとでも思っているのでしょう。

 昼間どころか夜間,空からの偵察を気にしながら石油の密輸をしている国です。いくら強がっていても,私から見れば犬の遠吠えです。

 オリンピックまで政治の道具と考えている白ブタ君,それに安易に乗っている南の指導者,世界の良識ある人々から呆れかえって見られていることも分からない。

 オリンピックに浮き足立ってメダル報道ばかり流している某国のマスコミ,白ブタ君が何をやっているのか分からないようです。これも呆れかえる平和ボケです。

 人命は尊い,そして国民の命を守るのが為政者の最高の最大の仕事です。そして自国の領土・領海・領空を自分達の手で守る話し合いをして欲しいものです。


○ インフルエンザの大流行が止まらないとニュースにありました。人混みの中には久しく行っていませんから,現実味を帯びた話ではありませんがね。

 それでもインフルエンザによる高齢者の死亡が気になり,予防接種をしました。また,ヒート・ショックには気を使っています。また,救急車には乗りたくありません。

 大昔から「アメリカが風邪を引くと日本も…」と言う言葉があります。インフルエンザ菌なんぞ,飛行機によって一日で世界中に拡散します。

 銃の件に引き続きアメリカの登場ですが,どうも弱いドルがお好みの大統領です。自国のものをたくさん買ってもらうためには,ドルは弱い方がいい。

 インフルエンザ同様,日本の株式市場は連日大揺れです。また,通貨価値も安定期かなあと思っていたら,あっと言う間に3円ほど円高状態です。

 経済は疎い私ですが,株と通貨の連動がいまいち理解できていません。ただ言えることは,どちらも国内の状態から発したものと言うより,アメリカからの影響が…。

 そして円高傾向が続くならば,原油・天然ガスの輸入価格は下がります。一方では,輸出産業は随分痛手を被るはずなんですがね。それでも株式は上昇???


◇ A350-1000の約20時間の羽田滞在,オリンピックに押されてたいして話題になりませんでした。赤組のフラッグ・シップとなる飛行機です。

 植木社長のコメントが,とっても面白かったです。
「実際に触れて,さわってみて,匂いまで嗅いでこれだな,と確信をもって選定した」
「飛行機はお高いもので,分厚い契約書があり,トータルの金額を見て手が震えたのを覚えている」

 この人,赤組の社長になってどんどん体重が増えたように思います。ストレス太り?まあ貫禄が付いたと言えば,聞こえがいいですがね。

 先日もA350-900の増殖のことを書きましたが,正直言って「私はB787の方が好きだ」。空力を考え,どちらも機首部分は非常に似ています。

 胴体の上のライン,エアバスは伝統的に真っ直ぐ後方まで延びていました。が,A380から変わってきました。A380は巨体ですから,分かりにくいかもしれません。

 現在A350-900を見る限り,上のラインは美しくない。さらに下のラインも急激に上がっています。上と下のライン(シルエット)を見る限り,美しくない。

 これは海外のスライド交換相手から送ってきたスライドを見たときから,ずっと思っていました。さらに実機を見ると,型式写真家といたしましては…。


○ 今日の1枚
Dsc_1777


2018年2月15日 (木)

また年寄りの…

○ 宅配便のお兄さんが…。宛名を見たら私,中身は???。何とYebisの最高級品Meister305mlの瓶入りです。嬉しいなあ,Yebis beer,嬉しいなあ。

 昨年だったかなあ,娘が誕生祝いに贈ってくれたことがあります。Yebisだけでも感激なのに最高級品ですよ。日本のビールの中で一番好きなものです。

 あんなに暴飲をしていた私が,歳のせいでしょうか飲む機会が激減しました。それでもたまに気が向くと飲むことがあります。自分の気に入ったビールを買います。

 350mlの缶ビールで十分です。じっくりと喉ごしを感じながら飲むビール,いいですねえ。日本酒のように種類が多くないだけに選ぶのも簡単です。

 娘ならずともYebisを贈っておけば安心,それ程に好きです。昔ヨーロッパで飲んだいろいろなビール,懐かしいとともにYebisの品質もここまで上がったかと嬉しくなります。

 いつものように話はガラリと変わりますが,スパードライ/黒ラベルなど日本でよく売れているビール,何とも水っぽいものです。コーンスターチが曲者です。

 飲みやすさを求め,音楽会では聴き易さが蔓延しています。凄いテクニックに裏付けされ,素晴らしい録音技術に支えられ,極上の音を聴かせてくれます。

 しかし私のような昔者には,「確かに綺麗な音だけど感動しないせんねえ」と言いたくなります。つまり心に響く音楽にはほど遠いものばかりです。

 一応NHKFMで聴いてみて,CDを買うかどうかを決めるのですが,買いたいと思う新録音は年数枚かなあ。交通整理されたように整然と鳴り響く,あーつまらん。

 と言って,私は昔のものが全ていいとは思っていません。音楽を始めとする芸術は修業時代が長い=人生の積み重ね=試行錯誤の繰り返しだと思っています。

 音楽に限って言うならば,紙がすり切れるほど楽譜をめくり,読み取ることです。構成を把握するのみならず,その音の裏に何があるのか深い思索が必要です。

 この深い思索が,昔の人の方が秀でていたと言うことです。かつそこに強烈な個性が加わってくるから,なおさらいろいろな音楽観に出会える楽しみがありました。

 極道とは,道を究めると書きます。そのためには長い人生,切磋琢磨し,しっかりと楽譜を読んで欲しい。安易な安売りをしているようでは,先が見えます。


○ 私は,これまで意識して避けてきた学問があります。これはこれからも避けていくと思います。そうは言っても”苦味”も味わいたくなる悪魔の誘いです。

 避けてきた学問,それは哲学です。「われ思う,故にわれあり」(デカルト)のような言葉,「それが何だよう」と言いたくなるような言葉が満ちあふれています。

 さらに言うならば,「哲学って学問なのかしら」と素朴な疑問があります。それにこれって西洋の学問であって,東洋には存在したのでしょうか。

 これ分かりますか。「美しい花がある。花の美しさというものはない」(小林秀雄),小林秀雄は哲学者ではないと思いますが,どうもそれに近い存在だと思います。

 古今東西,哲学者を含めて知識人というものは,使う言葉が非現実的で難解なのが気にくわない,もっと日常会話の中に出てくる言葉で表現できないものか。

 今日のブログの出だしは,訳の分からない,一体何が言いたいのか…。実は,小林秀雄の評論集に挑戦中です。実に約45年振りの再挑戦です。

 高校生の頃,小林秀雄の作品の中で短編ばかりを集めた文庫本を買いました。「無常という事」「モオツアルト」などが収められています。

 その中で日本で一流の知識人と言われていた小林秀雄の音楽に対する考え,これに興味がありました。今以上に音楽をよく聴いていた時代です。

 読み始めた小林秀雄評論集,難し過ぎてなかなか進めません。気を緩めれば,すぐに挫折してしまいそうです。自分なりに挑戦していますが…。


○ 今日の1枚
Dsc_0222

2018年2月14日 (水)

時代が変わると

○ 良き友とは正直・義理堅い・博識,悪しき友とはおべっかい上手・表裏のある・口先巧み,これは論語に書かれています。人間社会の本質は変わっていません。

 先日読んだ平山郁夫氏は,全ての根底に”教養”を挙げておられました。これに類することを強調されている先人を幾人も知っております。

 逆に嫌みになりますが,ニュースなどでインタービューに答える博識者(その多くは大学の教授),背景に書籍が並んだ前での映像です。

 字幕(コメント)で大学の教授と出ます。「おれはこんなに勉強しているんだぞ」と言わんばかりのシチュエーション,あれは偽の博識(知識)だと思います。

 正直・義理堅いはさておき,私は博識(教養)は人間を測るバロメーターだと思います。専門的知識を頭に入れていても,今や(一部)AIにも劣ります。

 例えば,パイロットであっても美術に歴史に文学に溶け込むことが大切だと思っています。役に立つ立たないと物事を決めつけることはありません。

 まして時間に余裕のある年金生活者ならば,なおのことさらに博識になるよう日々努力すべきだと思います。軽薄なテレビ番組では,得るものはありません。

 仮にあったとしても教養とは言いません。知の受け売りです。自分のものとなっていません。博識な方とお話をする喜び,自分の至らなさを感じ,精進するものです。

 最初に書いた論語の言葉,ネット社会では得られないものです。出てくる言葉は,練られておらず軽い言葉の羅列です。時には思いつきさえあるのでは。

 ネットの社会で身の上相談があると聞きました。それも有料相談,ここまで世の中落ち込んだかと思うと悲しくなります。時には匿名の怖さもあります。

 ここまで極端な話でなくとも,電車・バスなどに乗ってみると,黙って液晶画面を見ている人の多いこと。下手を知れば,会話すら聞こえない不気味な空間です。

 このような社会環境の中で,果たして良き友・悪しき友すら分からないのではないかと危惧しています。アメリカや半島の情報を得ると,日本の先が見えてきます。


◇ 自分にとって搭乗機会すらないであろうA380は,SQ/EK/QF/AF/LH/KE/CZ/MH/TG/BA/OZ/QR/EY+NHが導入あるいは導入予定です。

 この中で没落組は,MHでしょうか。超大型機だけに運航路線が限られます。当然です。コンスタントに需要がある路線は限られています。

 これはよく知られていることですが,EKがあんなにたくさん(100機以上)A380を注文しなかったら,大失敗作と言われるところでした。

 事実生産ラインは,細々と(B747-8同様)しかり生き機延びているだけです。双発機+point to pointが世界中の航空会社の潮流です。これに逆らってどこまで…。

 さらに言うならば,上級クラスの確保が常に見込める路線となってきます。多くの乗客+航続距離では優れていて,一人当たりの燃料はそれ程でもないとも…。

 もう一つ忘れてはならないことは,飛行機というものはスペア部品が必要だと言うことです。この費用が馬鹿になりません。エンジン1機○○十億円とも。

 世界のLCCを見ても分かるように同一機種に揃えています。そのほとんどがB737/A320でも分かるように,たくさん売れているからスペア部品も安いんです。

 昔からSQは機齢が短いことで知られています。いろいろな理由がありますが,このスペア部品を最小限に止める=経営を圧迫しない,これが大きいのです。

 確かにA380のような超大型機をもつことは,航空会社のステータスにつながると思います。が,経営面から見れば最低10機は欲しいですね。

 でないと運航による利益が,減価償却に結び付きません。経営トータルから見れば,恐らくほとんどの航空会社は,他から穴埋めしていると思います。


○ 今日の1枚
Dsc_0223


2018年2月13日 (火)

経験値とあまのじゃく

○ 天気予報は言うに及ばず、人間は自分に都合のいい判断をしがちです。私なんぞ、その代表的な一人だと思っています。あの降水確率が怪しい。

 積雪程には至っていないものを含めると、今年の降雪の回数は驚くべき回数です。朝起きて庭を見るとうっすらと雪化粧という具合です。

 先日も晴れ間がのぞいていたので、天気予報は当たったと思い出かけました。途中でにわかに黒い雲が空を覆い、雪が舞い始めたではありませか。

 あの時は慌てました。何せ雨宿り(雪宿り?)する場所がありません。帰宅し、もう一度天気予報を見たら、晴れるものの降水確率が高いことに気付きました。

 これも先日あった話ですが、道路工事(年度末の恒例行事)のためにえらい道路が混んでいました。抜け道を知っているので、そちらに回ったら…。

 同じことを考える人が多いです。狭い道、すれ違うのにも難儀な道でした。結局、最初に混んでいた道路の方が早かった。路線バスの運転手を見習いたいと思いました。

 まあ凡人の浅知恵とでも言いましょうか、考えることは皆同じです。自分の判断が賢いと思っていると、このような落とし穴が待っているものです。

 高速道路(有料道路)が混んでいるとき、私はできうる限りノロノロと同じ車線を走るように心がけています。ジグザグ運転は、決して早くないことを知っていますから。

ついでに言うならば、片側2車線の道路では、外側の車線の方がスムーズに走れることを経験値で知りました。内側車線の方が早く着くと思いがちですがね。

自分の都合のいい判断の逆をとるのも一手です。皆が考えていることの逆を選択する訳です。割り込みされても無視です。やりたいようにやらせておけばよろしい。

イライラしたらガムでも噛んでいると、心に余裕が出てきます。これまでの経験値を大切に、そしてたまには逆の選択をすることも理があるようです。


〇 航空先進国アメリカでは、私の想像する域をはるかに超えたことが起こるものです。先日スピリット航空に搭乗していた乗客のハムスターが、トイレに流されたと。

考えてみれば、ハムスターを客室に一緒に乗り込むこと自体、私は首をかしげたくなります。動物を客室に、他の乗客への影響を考えないのでしょうか。

ところが、エモーショナル・サポート・アニマル(病気で苦しんでいる人を精神的に支える動物)ならば許されるそうです。さすが航空先進国です。

今回の大騒ぎは、どうやら航空会社と該当者の誤解が原因らしい。しかし、医学的にエモーショナル・サポート・アニマルだと証明できるのか、不思議です。

自分がかわいがっている動物と一緒に飛行機に乗りたい、もしもこれだとするならばとんでもないことです。医師の証明が果たして簡単に得ることができるのでしょうか。

もう一つは、アメリカは己の権利を主張し、通らなければ裁判でもって争う国です。日本では考えられない訴訟件数です。あきれ返るものもあります。

自分の肥満の原因が、マックにある。マックを訴えた人もいました。残念ながらその訴訟の結末は知りませんが。日本企業もいくつかやられましたね。

〇 くどいですが、@ページから忍者に無料ホームページを乗り換えました。
http://ja8582.omiki.com/が移行先のアドレスです。

 My photos(No.1&No.2)は合併し、No.1の下にある“NEXT”からNo.2に行けるようにしました。また、赤組のB747に青組のB747をドッキングしましたが…。

これが完全にドッキングできなく、時間をかけて訂正をしていきたいと思っています。LINKSもリンク切れがあります。これも整理しなくてはなりません。

久しぶりにホームページビルダーを触ったら、エラーが頻繁に起きるようになりました。ない知恵を振り絞りながらやっています。時間が欲しいです。

最大の難関は、“Welcome to NGO””Japanese Spotter’s Site”がなくなってします可能性が大きいことです。アップ用のデータの紛失です。泣けてきます。

あと”Friend’s Photos“も同様に困っています。何せ古いものは、17/8年前にアップしたままになっています。1枚1枚コピーをするにも時間がありません。ごめんなさいね。


〇 今日の1枚
Dsc_0225


2018年2月12日 (月)

SNSは

○ これが毎日続くかと思うと,新聞を取る手も…。「オリンピック,○○選手メダルを…」を始め,メダルの話ばかり。記事を書く人の人格を疑います。

 それにしても白ブタ君,やりますねえ。南のこそばゆいところを熟知しています。南に巨額の資金を使わせておいて,堂々と実を取る手際よさ,頭がいい。

 白ブタ君の妹,まさに羊の皮を被ったオオカミに見えてきました。突如怒り狂う白ブタ君の虐殺行動を知っているんですから,これは普通の感覚ではないです。

 私思うに,初めて南を訪れ,空港・鉄道を含め目にするもの全てが北と違う,違うどころか月とすっぽんの違いがあると思います。経済力の違いです。

 北の一般人民に見せたくないですよね。自国のみすぼらしさ,何よりも自由がある。南にも経済格差がありますが,権力の横暴さはないと思います。

 軍隊が強かたって,ミサイルがあったって,人民の一番の望みは安心して暮らせることです。一部の者の権力維持のために人民の命と生活が犠牲になっています。

 それに白ブタ君は,南の代表を招待するって言う話もありました。理由は簡単,たかりです。同じ民族の我々,お互いに助け合うのが道理ではないかとね。

 私,「今度のオリンピックほど(半島内部の)政治のドロドロにまみれたものはない」と思っています。トランプも習も来ないはずです。


○ これも知らなかった。佐賀県神埼市で起こった自衛隊ヘリの墜落事故のその後です。新聞で家を失った人が,「許せないですよね」の言葉が載せられたそうです。

 これを受けてツイッター上では,賛否両論が繰り広げられたと言うことです。SNSの怖さです。思ったことをツイートすればいいのですから,無責任この上もありません。

 まずは,新聞の記事(私は読んでいません)では,この言葉だけだったのか,それとも前後があったのか,知りたいものです。探しましたが,分かりませんでした。

 数年前,民間機の墜落事故が東京都調布市でもありました。あの時も幸いなことに燃えた家は不在でした。が,搭乗していた数名の人達の尊い命は奪われました。

 民間機と自衛隊機では違いますか。民間人と自衛隊員の命は違いますか。どうも(失礼ながら)深く考えず,書き込むことができるから,ついつい言葉を選ばず…。

 被害を受けた家には,防衛大臣が陳謝しに出かけています。亡くなられた2名の自衛隊員,本当に尊い命でした。国土防衛のために命を捧げられました。

 事故原因を特定するのには,相当の時間がかかると思います。安全が確認されたらAH64Dの飛行訓練を再開して欲しいものです。国土防衛のためには必要です。

○ 昨日は,猛烈な北風が吹く中,図書館通いでした。家を出るときはそれ程強いとも思いませんでしたが,歩き始めたら次第に風が強くなってきたように思いました。

 それでもグリーン道路では,ウォーキング・ジョギングをする人の姿を見かけました。皆さん,足腰を鍛えておられますね。感心いたします。

 片道約40~45分の道のり,気の向くままに歩くコースを変えて楽しんでいます。往復すれば日頃の歩数を歩くことになります。ただ1カ所信号のある交差点が…。

 今回は,エッセイを4冊借りてきました。難しい本を選んできましたから,ここらで気分転換です。それにしてもプロは上手い文章を書くものですね。

 帰宅し,ネットで各地の天気予報を眺めていたら…。


○ 今日の1枚
Dsc_0227_2


2018年2月11日 (日)

サイトの移行

まだ不備な点が多々ありますが,一応サイトを移行しました。
従来のサイトは,2月28日15:00まで生きています。

誠に恐れ入りますが,お気に入りの変更をお願いいたします。

http://ja8582.omiki.com/
今後ともよろしくお願いいたします。

ngo-spotter

音と言葉

○ 長男が一時帰宅,先日の豪雪の話をしてくれました。駐車場から道路に出られない状態,除雪車に雪をどけてもらいやっと出勤だったそうです。

 また,国道8号を福井に向かって走っていたが,Uターンする車を見て自分もUターンしたそうです。その際積んでいた除雪スコップが役に立ったとも。

 あのまま職務に忠実であったら,約3日間車中に閉じ込められるところだったそうです。転勤で北国に移ったお祝いに豪雪,また来週も雪との格闘が始まります。

 私の住むこの地域でも,降雪の回数は例年になく多いです。道路にしっかりと積もったのは,3回です。牡丹雪や風で飛ばされてきた雪を含めれば,やはり多い。

 昨年スタッドレスタイヤの恩恵は少なかったのですが,今年は役に立っています。ただ凍結した部分では,スタッドレスタイヤでもハンドルがぶれますね。

 ところで,昨日の散歩(またかと言わないでください)の折に,どこからか音楽が聞こえました。こんなのは初めてで気になりました。

 約1時間程の行程を終え,自宅に向かっていく途中,音源を発見しました。公園でおじいちゃんがピアニカを吹いていました。孫から譲られたピアニカかな。

 自宅では回りの邪魔になるのでしょうか,寒い公園のベンチで一生懸命練習しておられました。曲名は分かりませんでしたが,おじいちゃんなかなかやります。

 先程も書きましたが,なかなか見られない光景です。小さなこの練習かなあと思っていましたら,おじいちゃんと言うことで驚きました。

 音楽は万国共通のものです。言葉が違っていても音楽ならば伝わります。しかも相手の心にまで響いてくるものです。音の純粋さでしょうね。

 そう言えば,言葉で気持ちを偽る人が気になりますね。言葉巧みと言うと,あまり良いときに使いませんね。巧言令色は少ないかな仁と言いますね。

 この国で一番言葉巧みに言い逃れするのが,時の首相ではないかと思っています。己に不利になると途端に役人用語を使いまくり,何を言っているのか分かりません。


○ これも数日前から話題になっていることですが,感覚を疑います。東京都中央区立泰明小学校和田校長の感覚を指しています。ここまで落ちたか,校長がこれでは…。

 まず学校が(組織が)トップダウンで上手くいった例しがない。少々短期間上手くいったからと行って,長く続くものではありません。歴史が証明しています。

 私立の学校ではありません,公立の学校です。地域・保護者の考えを吸い上げながら,全職員で検討すべきことです。いずれによせ独断と偏見は,経営(運営)者として失格。

 学校は校長の私物ではないともいます。この学校の教頭のコメントを是非聞きたいと思います。校長に遠慮して本音は言えないでしょうね。出世できませんから。

 標準服と言う言葉にも違和感を感じます。私なんぞ,ランドセルや中学・高校の制服ですら疑問視しています。ジャージでいいのではないかとも思ったりします。

 近所の小学生を見ていると,思い思いの私服で登下校しています。中学生は制服ですが,体操服も認められているようです。外観より中身で勝負して欲しいです。

 華のお江戸の銀座にある伝統校であっても,別に着飾ることで学校の何が評価されるのでしょう。この学校の体質こそが一番問題視されていいと思います。

 考えてみれば,民間企業でも制服着用の所もあります。が,名のあるデザイナーのものとなると,航空会社や鉄道関係位しか思い当たりません。

 全日空と銀座の小学校,デザイナーは違いますが,同じに考えることこそおかしいと思います。また,保護者の負担,先の衆議院議員選挙でも問題となりました。


○ また珈琲
 好きなんです。許してください。まあ珈琲は嗜好品です。豆屋に行けば,いろいろな種類の豆を売っています。浮気をしましたが,ここ数年同じ名前の豆を買っています。

 朝は,女・子どもも飲みますから,私がガリガリしながら淹れています。外出すると,それも運転をしているとコンビニの看板が気になって仕方がありません。

 朝ならばセブンに入り,午後ならばファミマに入ります。ローソンには滅多に入りません。何と言っても深いコクがあるのは,セブンだと思っています。

 そのセブンの珈琲,来月に大々的にチェンジするそうです。これは期待しています。飛行機・石仏撮影の際でもセブンの珈琲にはお世話になっています。


○ 今日の1枚
Dsc_1777


2018年2月10日 (土)

困った

○ ついに来ました。
”@PAGESサポートです。いつもご利用いただきありがとうございます。
@PAGESでは,サービスを維持するためにさまざまな検討を重ねてまいりましたが,お客様にご満足いただけるサービスを提供することが困難と判断しました。
そのため,誠に勝手ながら,2018年2月28日(水) 17:00をもって@PAGESはサービスを終了します。サービス終了に伴い,2018年2月28日(水) 17:00よりページ上での閲覧を含むすべての機能を停止いたします。
皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。”

 数日前に書いたばかりのことが,昨日1通のメールにて現実なものとなりました。前回書いたように,何とか自分のサイトを維持していきたいと願っています。

 その為には,新たな無料ホームページを探さなければなりません。しかし,考えてみれば,扱いやすい無料ホームページは,ほとんど使っています。

 ですからそれらの中で何とか二つ目のサイトを許可してくれる(裏技は,別のメードアドレスと家族名)ところを物色中です。最低1Gは欲しいです。

 それに欲を出すようですが,自分の記録"PART.1&PART2"が消えてしまいます。@ページを利用しているからです。これを動かすとなると,相当な容量が…。

 いずれにせよ10数年使わせていただいてきた@ページが消滅することは,(ちょっと)早いですが)今年一番のショックでもあり,時代の流れを痛感しております。

 トップページ移行が決まりましたら,ホームページ/ブログ/facebookにてお知らせいたします。移行完了したら,私のホームページへお立ち寄りをお願いいたします。


○ 茶番劇ですね
 オリンピックが始まる前から,半島の動きが面白い。気に入らなければ,ストップをかける白ブタ君,慌てふためく南のお偉らさん達,笑えてきます。

 おまけに北の選手や応援団などの経費は,全部南もちです。おまけに帰りの船の重油までただで入れてあげる。白ブタ君は,高笑いでしょうね。

 確かに南北統一は,民族の悲願であることは認めます。が,白ブタ君をどうするのでしょう。一番のビジョンが南のどこにも出てきていません。

 白ブタ君は,南をまともに相手にしていません。「せびるだけせびってやろう」くらいしか思っていません。何か南とどこかの国の関係みたいですね。

 アメリカが北を国家として認め,敵対政策を止めてくれること。内政干渉しないこと。これだ真の狙い,南との統一?考えてもいないと思っています。

 それにしても北の女性,身に付けているものは高価そうですね。お化粧までしている。北の一般人民の服装は?女性のお化粧は?もの凄い格差と矛盾ですね。

 そして日本のマスコミ,昨日の朝日新聞には堂々と”金メダル予想”が載っていました。常々記事にしている主義・主張は,一体どこへ行ったのでしょう。

 これでしばらくは,オリンピックの報道ばかりが続きます。そして金メダルの数が問題になるでしょう。ノーベル賞もそうですが,日本のマスコミは狂っています。

 まずは,オリンピックに出場できるまでの一人一人の努力,これをまずもって讃えるべきではないでしょうか。一人一人が国民の代表です。

 そして結果は,実力もさることながら時の運もあります。スポーツにはつきものです。そしてメダルを噛むポーズをカメラマン,要求しないで欲しいものです。

 国民の代表としてオリンピックに参加し力一杯頑張った,それがこれまで頑張ってきた選手へのご褒美です。そしてその経験が,次の世代に受け継がれると思います。

 今回のオリンピックは,ロシアの不参加が寂しいです。マスコミは,ロシアのことをほとんど報道しません。国家挙げての薬物が問題になりました。

 いろいろIOCの体質が問題となってきていますが,この薬物に関しては一貫して反対をし,厳罰を期してきました。ロシアは,個人参加となりました。

 独裁者プーチンの恫喝にも屈しなかったIOC,竹島入り統一旗を認めなかったIOC,まだまだ不満はありますが,よくやっていると思っています。


○ 今日の1枚
Dsc_0852


2018年2月 9日 (金)

心温まる話も

○ 先日某市長及び市議会について書きました。ついでに書いておきますが,某市の上空は拒み,他ならば黙認をしています。行政人・議員としての資質を疑います。

 随分前に”陸橋”のことを書きました。高齢者が増える中,あの急な階段の上がり降りは苦痛だと思います。車優先の世の中,どこか狂っていると思います。

 交通事故死,犠牲になっている人,一番多いのが高齢者です。道路を安全に渡れる施策を本気になって取り組んで欲しい。そして陸橋は撤去して欲しい。

 こういった取組を地道に行うことが,市民に対する行政の責任ではないでしょうか。高齢社会に見合う行政に切り替えていかなければなりません。

 散歩コースの市道,舗装工事がやっと終わりました。陸橋もそうですが,この写真を見てください。一体どこを歩けと言うのでしょう。
Dsc_0001

 BIを「市民生活を守る」を元に反対する某市,日頃市民が使っている市道の状態は,こんなものです。歩行者・自転車に対する配慮はどこにあると思いますか。

 くどいですが,一体どこを歩けと言うのでしょう。本当に危ないところです。約700m信号なし,見通し良し,スピードが出て当然の道路,危険です。

 ○産党の甘い言葉にたぶらかされ,市議会までも反対運動をしている市です。年1回のことに叫き散らし,日々市民が使う道路はこのような有様です。

 私実際に歩いてみて,徐行してくれる自動車の少なさにガッカリします。瞬時のことですから,警察も取締ができないと思います。監視カメラでも…。

 それに歩行者保護違反,点数も低いし,懐に入ってくる罰則金も少ないし,割が合わないと思っていることでしょう。パトカーの巡視も税金の無駄使いです。


○ 国道8号の大雪による立ち往生,解消までに長い時間がかかりました。これに関して朝日新聞の社説を読みましたが,空調の効いた部屋での頭だけの文章でした。

 まるっと2日間,狭い車内におれば身体の変調を来すものです。そんな中,餃子の王将某店は,500食もの餃子や中華料理を振る舞ったと言います。

 また,立ち往生に陥った山崎パンも避難所や立ち往生のトラック運転手に配付したと言います。困ったときは助け合う,心温まる話です。

 こうした話は,行政には決してできません。心優しい人だけができることです。また,餃子やパンの配付を決めた経営者も立派だと思います。

 災害の状況を伝えるマスコミ,中継車の中に食料でも積んでいったらどうでしょう。彼らには人助けの気持ちはさらさらありません。スクープしか頭にありません。

 東北でも広島でも福岡でもそう思いました。上空から撮影するついでに水や食料を投下する気持ちはないのでしょうか。これが人間のやることかと思います。

 そうそう台湾東部で大きな地震があり,建物の崩壊の様子を知らせていました。海外からの報道は,「日本人の…」のワンパターンです。現地の人のことはそっちのけ。

 同じ人間でも優しい人と使命しか考えられない人がいるようです。報道のついで?に「○○放送局は,人助けの一助を担いました」と知らせて欲しいものです。


◇ また新塗装にやっきになる人が…
”尾翼などに描かれているルフトハンザのシンボル「ツル」は,1918年にオットー・フィルレが制作。2018年で100周年を迎えることから,変更する。
 これまで主翼にデザインしていたツルのロゴは,変更後は紺色の円に白いツルをデザインする。また,円の罫線をやや細くする。ウェブサイトも,黄色をベースにしたものから紺色に変更する。2018年末までに,40機を新デザインに変更。2025年までの7年間で,全機を塗り替える。今後2年間で,食器やアメニティ,毛布なども交換する。
 現在のデザインは1990年から導入。今回の新デザインは,28年ぶりの変更となる。”

 成田・羽田・中部・関西に飛来するLH,残念ながら成田には旅客便は飛来しません。ごり押しの成果でしょうか。あるいはLHの交渉の巧さでしょうか。

 私は,他の3空港には行きませんから,この塗装変更は興味がありません。まあUwe Meierから送ってくるスライドくらいでしょうか。GEC/LHは最後でしょうね。

 本来ならば,旧塗装で未撮影のものを撮りたいのですが,撮る空港がありません。悔しいですが,仕方のないことです。諦めですね。


○ 今日の1枚
Dsc_0839


2018年2月 8日 (木)

大雪とヘリの墜落

 福井県北部の大雪,北陸自動車道の閉鎖による一般道の混雑が加わりました。ニュースに寄れば,雪に慣れた地元の方々も驚く積雪量になったと言います。

 こうした自然災害に対して人間は弱いものです。しかし,ライフラインたる道路(国道)の通行確保は,優先順位が高いものがあります。

 今回も福井県知事は,陸上自衛隊に災害派遣を要請しました。ライフラインの確保とともに福井県民の健康と安全を守るためであったと思います。

”自衛隊は,天災地変その他災害に対して人命または財産の保護のため必要があると認められる場合は,都道府県知事等の要請(ただし,特に緊急を要する場合は,要請を待たずに)に基づき,防衛大臣またはその指定する者の命令により派遣され,捜索・救助,水防,医療,防疫,給水,人員や物資の輸送など,様々な災害派遣活動を行います。また,自然災害の他,航空機や船舶の事故等の救援,医療施設に恵まれない離島などでは救急患者の輸送などにも当たっています。”(自衛隊HPより)

 大雨による水害では,陸上自衛隊の大型ヘリの活躍をよく見ます。日頃の訓練の成果でしょうか,ひどい条件下でも国民の救難・救助に当たっています。

 一方佐賀県では,AH64Dが墜落しました。2人の尊い人命が失われました。ここに深く哀悼の意を表したいと思います。安らかにお眠りください。

 某ドライブレコーダーに残された映像を見ました。水平飛行からほぼ垂直に落下する様子が残っていました。飛行記録を丁寧に分析,再発を防いで欲しいものです。

 アメリカ軍のヘリ墜落及び緊急着陸の時と同様,同機種の安全点検をすることは言うまでもありません。この素早い対応については,評価できます。

 ヘリも航空機もそうですが,その日最初の飛行に当たっては,相当時間をかけていることを知っています。機体の状態をチェックする時間が必要です。

 ○菱で定期点検を受けた航空自衛隊機(工場内は分かりませんが),滑走路の末端で2・3回エンジンを回します。ここで異常が見付かると,工場に戻っていきます。

 今回のAH64Dも同じようなチェックをしたと思います。飛行できる状態とパイロットが認めたので試験飛行に出かけた訳です。安易な批判はできません。

 折しも国会では,憲法に自衛隊を明記するか否か論議がなされています。ただ言えることは,自分達の力で領土・領海・領空を守るのは,国家として当たり前のことです。

 先日も某市長及び市議会を批判した私ですが,現在領土・領海・領空を守っているのは,自衛隊であるという事実です。都合のいいときだけに使う組織ではありません。

 こう書くと○産党を含む野党の一部には,「話し合いによって解決できる」と言います。歴史認識・現状認識ができていない机上の空論にしか過ぎません。

 徴兵令ほど過激なものでなくとも志願制度を設けたらどうでしょう。現在の自衛隊は,一般企業と同じ採用制度をとっていますが,もっと数を増やす必要があると思います。

 北東アジアの緊張はかつてないほど高まってきています。尖閣・竹島から始まり,大陸の覇権主義の台頭,白ブタ君のミサイル遊び,日本を守り切れるか。

 戦後70数年,日本人は日米安全保障条約によりアメリカ軍に守られてきています。半島と違って,ブレはありません。平和ボケという後遺症を残していますが。

 確かに沖縄県民の皆様方にとっては,「なぜ我々だけがアメリカ軍の犠牲にならなければならないのか」と言う素朴な声を聞きます。事実ですから。

 沖縄の置かれている地理的な位置が一番大きな原因だと思っています。三沢基地から佐世保基地まで米軍は駐留しています。それでも量・質の面から言えば沖縄です。

 現実的にできることはと言えば,基地軽減と沖縄振興策くらいでしょうか。抜本的な解決には,相当な時間がかかると思います。難しい問題です。


○ 今日の1枚
Dsc_1533


2018年2月 7日 (水)

商売上手

○ また散歩中の話で恐縮です。いつものコースを歩いていたら,新築工事に出遭いました。大きなクレーンの台車部分が,道のほとんどを占領しています。

 交通整理の方が両端に立っておられる点は,法令遵守ですね。ただ図面を持った方(恐らく現場責任者)は,「通られるんですか」と迷惑そうな声で…。

 「公道を歩いて何が悪い」と思いましたが,「すいません,通してください」と下手に出て通らせてもらいました。内心,この業者は…。

 この業者,トヨタ・ホームの人達です。天下のTOYOTAのグループ会社です。県下ではトップ・セールスをしている会社です。車だけではありませんよ。

 トヨタ・ホームは,工場でブロック(部屋)毎に外枠を作ってきます。車作り同様,ジャスト・オン・タイムでブロックが運ばれてきます。

 違う角度から眺めていると,本当に人の動きに無駄がない。困ったことは,数百メートル離れた道路にブロックを積んだトラックが待機していることです。

 ジャスト・オン・タイム第一主義で,他車の迷惑なんて考えてもいないと思いました。ジグザクに約1時間歩いていますが,ずっと入れ替わりトラックが…。迷惑だ。


◇ 最新鋭機?
”エアバスは2018年2月5日,A330neoファミリーの最新機種となるA330-800がロールアウトしたことを発表。A330-800は250座席を備えるエアバスの次世代ワイドボディ機,251トンの最大離陸重量と8150海里の最大航続距離を達成。A330-200の汎用性や人気,成功を引き継ぎ,次世代の経済性を達成した。
 機体はA330-900と99%を共有,同一のフレームやトレント7000エンジンを採用,クルー教育も共用。またA350XWBの技術を利用したシャークレットは翼長を64mに延長,最先端の空気力学的特性を実現。A330-800は2018年半ばに初飛行を予定。”

 正直言って,エアバスは本当に商売が上手です。○ エアバス製飛行機の移行訓練が,きわめて短期間で済む。○ 同じ胴体径を長く使う。○ リスクの分散などです。

 もちろん旅客機で初めてフライ・バイ・ワイヤーを採用するなど,最先端技術を惜しげもなく使っている点も素晴らしいと思います。

 A330とA340,極端に言えばエンジンの数が異なるだけ。200型300型と全く同じ。違うのは,A340-500/600が航空会社の要望で作られたことでしょうか。

 4発機,アメリカでもロシアでもヨーロッパでも作られました(作られています)。が,風前の灯火であることには間違いありません。エンジンの開発技術の向上です。

 A300-800/900,これも飛行機をいかに安く作るかを熟知しているエアバスです。A300(1972年初飛行)からもう46年経っています。ずっと同じ胴体径です。

 悪口ですが,省エネに関しては素晴らしい進歩だと思います。航空会社は喜ぶことでしょう。燃料費節約につながります。これは死活問題です。

 が,乗客側から見るならば,「あの狭い客室をまだ作り続けるのか」と言いたい。A330/A340に搭乗し,「これは乗りたくない飛行機だなあ」と思いました。

 それに比べ,B777は「何と広い空間なのかしら」と思いました。それ位胴体径は重要です。A350の開発に当たって,胴体径に関して航空会社から注文があった位です。

 A350に”XWB(eXtra Wide Body)”が付いているのは,その証です。A350は,全くの新造機だけに当然価格は上昇,B787/B777Xと競合しています。

 例えば,FIN/AYは,A340からA350に機種変更しました。SAS/SK,SWR/LXなども追随するのでしょうかねえ。A330-200/300は,A330-800/900へ?

 勝手な予想ですが,A330-800/900はLCCが好みそうな飛行機ではないかとも思ったりします。もちろんメガキャリアも乗り換えると思いますがね。


○ 今日の1枚
Dsc_1662


2018年2月 6日 (火)

ホームページの危機?

○ 私のホームページ"New Japanese Spotter's Site"ですが,突然閉鎖に追い込まれるか不安です。理由は,”@ページ・サービス”は,今年1月5日に終了しました。

 この話に入る前に,少しサイトの構築について書いておきます。飛行機・石仏などいろいろな分野に手を広げてきました。サイトの構成に悩みました。

 一つのサイトでページを分担する方法が一番易しいです。しかし,私の場合はそのほとんどが画像です。となるとサーバー負担は,大変に大きなものとなります。

 ですから,各分野毎に違った無料サーバーと契約し,つなぎ合わせてきました。基本は,サイト名を変えればどんどん借りられた@サービスでした。

 例え広告が挿入されても無料サーバーに頼ってきました。各分野の更新が楽ですし,契約容量をオーバーする確率が低くなるからです。

 更新(某トラブル後,パスワードを新たに更新する)を忘れ,@ページの中でも更新できないもの(例えば,sightseeing)が出ていています。

 が,個人サイトに魅力を感じなくなった人が増え,無料サーバーは減少の一途です。@ページ・サービスもそのような世の中の変化に耐えられなくなったのでしょう。

 プロバイダー(biglobe)の無料容量は少なく,私のサイトを全部こちらに移行したら,月々相当な負担となります。これではサイト運営はできません。

 と言うことで,@ページが突然閉鎖される可能性が出てきました。その場合,他の無料サーバーを探しますが,今までのような運営は不可能だと思います。

 私は,自分のみならず写友の”足跡”を残すためにサイトを運営しています。これをなくすことは,現在の私には考えられないことです。

 今のところ安泰なのは,ブログ(スポッターのひとり言)だけかもしれません。これは容量が相当余裕があり,続けていきたいと願っているものです。

 インターネットを本格的に使うようになって20年が経ちました。通信回路の速度も格段に速くなり,接続も無制限(最初は時間制)になりました。
 
 マイクロソフトもOSを定期的に替えながら,莫大な利益を得てきました。が,スマホ・タブレット等に世の流れは移り,CPの売れ行きも随分落ちてきました。

 USBの接続もレベルアップしてきました。強力なライバルの出現が,さらなるスピードと小型化を促してきました。USB-TypeCに替わってきましたね。

 ここまで書いてくると,私の頭の中には,方丈記の冒頭部分の文章が思い浮かんできます。漠然とインターネットと言っていても,その中身は替わってきています。

 余談ですが,世の中便利になるのはいいことですが,アプリや周辺機器が使えなくなるようなことは,できることならば避けて欲しい。使えるものを捨てたくありません。

 高齢者にとって使い慣れたものが一番です。新たな知識が必要なアプリや周辺機器は,金銭的なもの以上に苦痛になってきました。住み辛い世の中ですねえ。


○ 錦織圭選手,そして今度は松山英樹選手など,プロスポーツで活躍してきた選手がおかしい。身体の痛みを感じ,その治療に多大な時間を要するようです。

 ゴルフでは,ターガー・ウッズ選手もそうです。サッカー選手に至っては,その選手寿命の短いこと短いこと。試合数が多すぎるのかしら。

 プロの選手ともなれば,主催者・スポンサー側から見れば,金のなる木です。多くの入場者や関連グッズ,そこから得られる膨大な富,欲しいはずです。

 選手としての栄華は短く,そしてその後の没落とともに忘れ去られていく。必死にもがいているのが,松坂大輔選手であろうか。不人気球団で良かった。

 万年Bクラスの球団にとって,彼は絶好の客寄せパンダです。安い年俸で雇い,1日から始まったキャンプだけで元が取れる程ではないでしょうか。

 スポーツ新聞も客寄せパンダに寄り添い,毎日記事にしてくれます。雇い主はほくほく顔でしょう。2・3月は,新聞ネタに困るだけに客寄せパンダは嬉しい。

 シーズンが始まれば,毎日記事に困ることはありません。ネタを入手するために,この時期はどこも針小棒大に記事を書きます。評論家とて同じです。

 プロ選手は,原則個人経営者です。浮き沈みは己の成績にかかってきます。それだけに試合に出られないということは,相当なストレス・収入源につながります。

 しかし,もしも再起可能なけがであるならば,完治するまで我慢することです。大相撲の稀勢の里のような醜態を見せて欲しくないものです。

◇ 救世主?
”UPSは,B747-8Fを14機とB767-300Fを4機の計18機を追加発注。いずれも機材更新ではなく,業務拡大のために導入。
 B747-8F,、2016年10月に14機発注,2017年12月末時点で3機受領。B767-300Fはこれまでに59機発注,全機受領済み。現在は保有機とリース機を合わせ,500機以上の貨物機を運航している。今回発注分の18機を含め,2022年末までに発注済みの全機が引き渡される見通し。”


○ 今日の1枚
Dsc_1004


2018年2月 5日 (月)

ボイコットしましょう

 先程今日のBLOGをアップしたばかりですが,これは書いておきたいので例外扱いです。

 半島は,「自分達を一流国」と思っているようです。彼らの思考は,経済が発展し国が豊かになることをもって国の繁栄を指しているようです。間違いです。

 経済の発展もさることながら,国民性が一流国の証であることを知りません。この定義から言えば,日本という国もまだまだ一流国とは言えません。

 さて間もなく半島で冬季オリンピックが開催されます。彼らは,オリンピックを政治的にも使っているようです。彼らが開催すると,平和の祭典もありません。

 白ブタ君を説得するのに多額の裏金を使っているとの噂が絶えません。過去にも同じような手段を講じているからです。これは国連の決議違反が明白です。

 彼らにとって南北の統一は悲願でしょう。が,ドイツのようにはいかないと思っています。彼らには,忍耐がありません。若者の不満は,一層激化すると思います。

 さて本題,南北の統一旗として”竹島”を描いたものをIOCは却下しました。IOCは,政治的意図を感じ,認めなかったと言うことです。よくも申請したものです。

 さらに驚くべき事は,練習用ユニフォームには”竹島”が描かれていると言います。試合用のには”竹島”は描かれていません。IOCが認めません。

 もう一つ,観客席からの応援旗には,練習用ユニフォーム同様”竹島”が描かれたものを使うと言います。国内向けの苦肉の策です。

 さらに,アイスホッケー男子韓国代表GKのマット・ダルトンは,IOCの反対により李舜臣将軍像が描かれたヘルメットを使えないことになった。

”韓国政府関係者は,「開会式など国際オリンピック委員会(IOC)の公式行事では韓半島と済州島だけが入った韓半島旗を使うが,南北の応援団や民間団体の行事では鬱陵島と独島が入った韓半島旗を使用してもよいという方針を決めた」と明らかにした。”

 私思うに,アベちゃんは開会式に行かない方がいいと思うようになりました。そして(悲しいですが)オリンピックをボイコットした方がいいとも思っています。

 仮にアベちゃんが行っても,国益を損なうような結果になるだけです。断言します。その証明は,あと数日で世界中に知らされると確信しています。

復活か

○ ネットで嫌なバナーを見かけました。何かって?アディーレ法律事務所のものです。そして懲りもせず過払い金を取り戻す内容です。最も同様の件の法律事務所のものも。

 てるみくらぶ・はれのひ等の件,インターネットを使った広告とずさんな経営,どうしてこんなに欲にくらんだ人間(企業)の多いことでしょう。

 何よりもお金が大切と思っていたり,まさか自分は騙されないだろうと思っていたり,人それぞれだとは思います。しかし,今後も新たな手を使って同様なことが…。

 私思うに,一つは対面方式を尊重することだと思います。上手い言葉にコロリと騙されないように顔を見ながら,話を聞くことです。もちろん第三者を入れてね。

 商店街が大型ショッピングセンターにつぶされてきました。小資本では,豊富な品揃えはできません。しかし,対面方式ならば信用が絡んできます。

 ディスプレーを見ての買い物のようにはいきません。得る方も買う方も信用が大切になります。少々お値段が張っても,後々のことを考えれば安いものです。

 家電製品,修理よりも新品購入を勧められる時代です。大型家電店は,安く売ることしか考えていないような気がします。やはり街の電気屋さんの方が安心です。

 もう一つは,冷静になることです。先日も書きましたが,欲しいと思ったら懐を見ます。余裕があったら,買わずに我慢することです。

 時間をおいて冷静になったら,懐が寂しくなったら,もう一度欲しいのか考えます。そこでどうしても欲しいと思ったら,無理してでも買うことです。

 逆に購買欲がそれ程でもないならば,購入を諦めることです。「前から欲しいと思っていた」と言うのは,悪い意味での自己弁護です。

 最初の話に戻りますが,法律事務所は法律のプロです。トラブル予防に読みたくなくなるほどの小さな文字で,言い逃れを書いておくものです。保険と同じです。

 「契約書をきちんと読んでいないあなたに責任がある」と言われるだけです。私も部屋を一時借りるとき,読まずに失敗しました。”原状回復措置”に関してです。

 
○ シンガポール・エアーショウ
”シンガポールで6日から開催される航空ショーを前に,アジア諸国の空軍による展示飛行が行われた。シンガポール空軍のF16Cやマレーシア空軍のSu30,韓国空軍の曲技飛行隊「ブラックイーグルス」などがアクロバティックな曲技飛行を披露し,その性能や操縦技術をアピールした。”

 おいおい我が国のブルーインパルスにはお呼びがかからなかったのか,残念です。練習機では,空中給油ができないから行けないのかしら。

 エアーショウに曲芸飛行,日本ではオリンピックや世界遺産姫路城の修理完成などの行事にブルーインパルスの見事な飛行展示が行われています。

 ところが,日本の中には市長・市議会を挙げてブルーインパルスの飛行展示に反対,それだけでなく訴訟まで起こそうというのですから,おかしな自治体もあるものです。

 言うまでもなくブルーインパルスは,航空自衛隊の中の一隊です。一般人には曲芸飛行だけが注目されていますが,それだけではありません。

 航空自衛隊は,日本の領空を守っています。もちろんその運営は,国家財政でまかなわれています。ブルーインパルスに対する曲解も甚だしい市長・市議会です。

 こうした裏には,市民団体の圧力があると思っています。市民=共産党支持者と言っても過言ではありません。市長・市議会もうまく(羊の皮を被ったオオカミに)騙されているものです。

 東北の人達がブルーインパルスの飛行展示を見て,感動したり,勇気付けられたことを知らない輩のやることです。同じ日本人でもこうも違う。

 話が変わりますが,確かに沖縄の基地負担は著しいものがあり,沖縄県民に対して申し訳なく思います。沖縄の地理的戦略的な位置付け,簡単には解決は難しいと思います。

 と言って,半島のように米軍に冷たい態度も考えものです。経済の戦後復興の裏には,米軍の傘の下に経済復興に専念できたことが大きいと思っています。

 そうした経緯には目をつぶり,(私もその一人ですが)平和ボケした日本国民,「米軍出て行け」とは言えません。自衛隊だけでは,自国を守り切れないからです。

 先の市長・市議会のような見識の狭い,広く他者の意見を聞きながら己の見識を広め深める市長・市議会になって欲しいものです。これでは日本の恥です。


○ 今日の1枚
Dsc_1386


2018年2月 4日 (日)

重い腰を上げ

○ 朝早くに家を出たので,吉牛で朝食(納豆定食)を食べました。牛丼御三家の中で,牛丼そして納豆はは吉牛が好きです。お味噌汁は最低ですがね。

 食べながら壁に貼ってあるポスターを見たら,”クーポンはソフトバンクの「SUPER FRIDAY(スーパーフライデー)」キャンペーンで配布。2月の毎週金曜日限定で,吉野家の牛丼並盛(税込380円)が1杯無料でもらえる。なお,同社の「学割」の対象となる25歳以下のユーザーは2杯分が無料。”とありました。

 2日(金)は混み合っただろうなあ。これに対抗してdocomoは,(高齢者が多いから)丸亀製麺のうどんくらいを提供したらどうでしょう。

 残るauは,マックのハンバーガーできまり!このような妄想をするって楽しいですよね。難しい話ばかりでは疲れますよね。肩の凝らない話もいいですね。

 笑点:大喜利,毎週楽しみにしています。滅多にテレビを見ない私ですが,これを見てチャンネルを変え,世界遺産を見るのが日曜日夕刻の定番です。

 落語,好きですねえ。日本の誇る芸能の一つだと思います。道具?は,手ぬぐいと扇子のみです。小さい頃からおじいちゃんとラジオで落語を聞いていました。

 おじいちゃんは,滅多なことで表情を顔に出しませんでした。が,落語のオチを聞くと大きな声で笑っていました。おじいちゃんの一番好きな瞬間でした。

 喜怒哀楽,人間は知能をもっただけにこの四つにつきまとわれています。最初(喜)と最後(楽)だけの世界があったら,人生バラ色ですよね。


○ 話の順序が逆になりましたが,安曇野市を流れる犀川には毎年多くのコハクチョウが越冬をしにやってきます。最初に訪れたのは,2015年でした。

 「撮りたい撮りたい」と思っていても,なかなか重い腰が上がりませんでした。サイトでチェックすると,犀川の2カ所で約700羽が飛来しているそうです。

 お天気をチェック,下道をトロトロ往復です。遠征は,往路は深夜です。空いていますが,雪がチラホラ降ってきました。外気温はマイナス5度です。

 それでも週間天気予報では,一番暖かい朝です。路肩は凍った雪の塊です。幸いなことにアイスバーンはありませんでした。二度目でもワクワクします。

 が,天気予報は見事に外れました。霧がどんどん深くなり,写真を撮るには…。それでも約400コマ切りました。ディスプレイで見たら,ピンぼけの…。

 帰りに家族の好きな”おやき”を忘れずに,そうそう”野沢菜”もありました。松本~塩尻は,大変に混んでいました。これが良かった?

 そう言えば,塩尻市内でとりこぼしの双代道祖神があった。あとから知人に場所を聞きましたが,再訪を果たしていませんでした。ちょっと寄り道です。

 場所は分かっていましたが,たどり着くには約20cmの雪の中を歩かねばなりませんでした。久し振りに雪の中に立つ双代道祖神を撮りました。嬉しいなあ。

 結局復路は,往路よりも1時間以上も余分にかかってしまいました。土曜・日曜に動くと,こうなるんですよね。大変に疲れました。

 そうそう約400コマの内,耐えられるのはたったの8コマ(facebookにアップ済み)でした。いかに撮影技術が未熟だと言うことが証明されました。


○ 今日から水曜日まで,これまでにない寒波が襲来する予報が出ました。火曜日の朝,ひょっとしたら降雪を見るかも知れません。今年は良く降ります。

 今度の寒波,東海以西は前回以上のものらしい。お気の毒に日本海側の地域は,大雪の予報です。長男,車の運転大丈夫かなあ。心配です。親ばかです。

 私の小さい頃は,今よりももっと寒くて,降雪も多かった記憶があります。おふくろさんが,水道管にぼろ切れを巻いて紐で縛っていました。

 外の水道管,破裂したら水道代がたまりません。おふくろさんがやっていたようにぼろ切れを巻き,濡れないようにゴミ袋を被せ,ビニルで縛りました。

 立春が嘘のような日となりそうです。また,散歩以外は家に閉じ籠もりとなりそうです。寒さに弱い私です。風邪を引かないように着ぶくれしています。


○ 今日の1枚
Dsc_1676


2018年2月 3日 (土)

大失敗

○ 明日が立春だというのに滅茶苦茶毎日寒いです。散歩に行くとき,ハーフパンツをはいていますが,約1km程歩かないとガタガタ震えます。

 ヨーロッパ便の大幅なディレイもFR24で確認できます。新聞を読むと西シベリアでは,-60度!例年になく寒いと伝えています。地球温暖化は,一体どこへ。

 と言うわけで,2月になっても家籠もりが続いています。最近読んだ本では,平山郁夫氏の”ぶれない”が面白かった。古本で注文しました。

 家籠もりしていますが,どうしてもdocomoショップに用事があり,出かけました。今はやりの(ネット)予約制ですから,待ち時間はほとんどゼロでした。

 何かと言えば,Wi-Fiルーターの解約をしたいと思ったからです。docomoのWi-Fiはスピードが出ません。コンビニのフリーWi-Fiの方がはるかに早いです。

 御三家ならばどこでもフリーWi-Fiができます。ローソンが一番制約が緩い?,しかし楽しめるコーナーが少ないのが欠点です。コンビニのWi-Fiは好きです。

 そうdocomoのルーターですが,聞いてみると2年縛りがあり,今解約するととんでもないお金がかかることが判明しました。これが悪評高い違約金と初めて知りました。

 仕方なく5月を待つことにします。家では,スマホもタブレットもWi-Fiです。使いたい放題です。セキュリティーもしっかりしています。覗かれることもなし。

 電話も滅多にしないし,滅多にかかってきません。最低の契約料でも余ってしまうのが,(恥ずかしいですが)私の現状です。ああ無駄なものです。

 が,一端外に出かけると連絡が取れないのは,家人に迷惑がかかります。私,今年で22年目を迎える携帯生活です。面倒なので他社乗り換えもしないずぼらな人間です。

 と言うことで,この5月にルーターの契約解除をしなくてはなりません。カレンダーには,GW開けdocomoとメモを書いておきました。高くて遅い,大失敗でした。


◇ 稼いでいますね
” ANAホールディングスは,2017年4―12月期の連結営業利益は前期比27.4%増の1660億円,4―12月期として過去最高を更新。
 JALグループは,同時期グループ連結売上高(営業収益)は前年比7.2%増の1兆460億円,営業利益は5.8%増の1452億円,経常利益は4.5%増の1421億円,四半期純利益は5.4%増の1141億円。”

 単純に数字の比較はできません。所有する(運行する)や機数(便数)を考慮すると,赤組の奮闘の方が数字に出ています。これが怖いんです。

 民間企業の体力は,自己資本率にあります。この比率を見るならば,逆転しています。積極的に機材を求め,路線を広げている青組です。

 現在ではこの数字ですが,もう少し長い目(中期)で見るならば,営業利益はもっと差が付くのかも知れません。世界の政治・経済状況が変わらない条件付きです。

 どこかで政情が不安定になったり,紛争が勃発すれば燃料費はあっと言う間に値上がりします。燃料費+人件費が,航空会社の支出の大部分です。

 話が変わりますが,長い人生の中では山あり谷ありがあります。順調なときは短く感じられ,不運なときは長く感じるものです。私は現在切実にそう思っています。

 ですから,順調な時ほど物事に対して慎重に臨むことが好ましいと思っています。苦しくなったときに備えておくべきだと思っています。

 これは臆病風に吹かれて言っているのではありません。己の人生に照らし合わせてみれ,ご理解いただけるものと思っています。穏やかな人生ってありますか。

 まして企業ともなれば,大勢の社員=家族を抱えている訳です。いつも拡大再生産が適うものではありません。あのTOYOTAですら,何度も苦境に立ってきました。

 航空会社は華々しい人気のある企業ですが,その割に利益幅は小さいです。まして空には魔物が潜んでいます。順調な時こそ内部利益を確保していく必要があるのでは。

 こういった考え方に異論を唱える人もいると思います。そう言った考えをしている人は,アメリカ・ヨーロッパの航空会社の歴史を学ぶ必要があると思います。


○ 今日の1枚
Dsc_0839


2018年2月 2日 (金)

思考の変化

○ 欲しいものは
 「あなたが今欲しいものは?」と問われたら,どう答えます。例えば「シリアルナンバーの入った○○の限定商品」と答えたとします。

 見事に商売にのせられた買い方です。この類いのものは,冷めた頃にまたやります。「大切なものだから」と未開封にする。これが本当に欲しいものかしら。

 これは人間の”所有欲”に過ぎません。まあお金の使い道に困っている人ならば分かりますが,私のような年金生活者には無縁の世界です。

 それでもお金があって欲しいときには,どうするでしょう。私は,我慢します。少なくともこの生活に入ってからは,そうするように心がけています。

 振り返れば”消費は美徳”の時代を通り過ぎてきた私です。簡単には考え方を切り替えられないのも事実です。しかし,これからのことを考えると…。

 ただ必要なものは買います。「便利だから,新しいから」と言う理由では,買わないと言うことです。不便になれてくると,そんなものは気にならなくなります。

 毎月の限られたお金,欲しいものを買っていては生活が成り立ちません。月末の懐が乏しくなったとき,欲しいものがあったら買ってみるといいと思います。

 乏しい懐からお金を出すのですから,本気モードです。買い物は,こういった本気モードにならないと後悔することばかりです。これまでの私は後悔だらけでした。

 飽食の頃には,ただただ美味しいものを探し求めていたような気がします。一汁一菜の生活をしていると,何でも美味しく感じられるようになりました。

 生活の変化もこのように必然的に替わっていくものです。これを切り替えられないと,老後破産が待っていると思います。残すものはたいしてありませんが。

 今一度書きますが,作り手(売り手)は買い手の心理を考えます。安い・格段の性能アップなどの謳い文句に騙されるようでは,切り替えのできていない証です。

 生活のために働いてきた生活から,お上からいただくお金の生活に替わると,こうも自分の考え方が替わるものかと,我ながら驚いています。


○ ポイントカードは必要でしょうか
 私も現代人?ポイントカードは何枚ももっています。と言うか,多過ぎて別にカード入れを持っているくらいです。このカードの中には,有効期限もあるものまで。

 業者(売り手)も強気ですね。今ではこのポイントカードのないお店の方がすくないのでは?それでもなかには不要なカードも何枚もあります。

 ポイントカードがいっぱいになったら,○○と交換とか○○円分のお買い物などと銘打っているものばかりです。そんなにポイントって貯まるもの?

 どうしてかというと,例えばイエローハットのポイントカードを持っています。チラシを見ると,明らかに○○の方が安い。○○のポイントカードを持っていない。

 簡単なことです。顧客を囲い込みするためのカードです。顧客に店の選択の自由を奪うためのものであり,その分の些細なお裾分けというわけです。

 さらにこのポイントカード,質が悪い。発行に関して個人情報を聞き出そうとするものがあります。DMの為です。「このカードご持参くださると…」,これです。

 余程個人的につながりがあるお店ならばいざ知らず,私はこのポイントカードを少しずつ整理しています。その都度,目で確かめ品定めする買い物への切替です。

 別に顧客割引で失うことより,店を選ぶ選択の自由をとりたい。また,安易に個人情報を知られたくありません。これも納得できる買い物の一方法だと思います。

 但し,クレジットカードやキャッシュカードは大切にしています。もう一つは,ETC関係ですね。1万○千円分初期投資しています。元手を回収せねばなりません。

 夜間割引・休日割引だけでなく,いやいや支払った通行料の1割は返していただきた。有効期限がありますが,無効になったことはありません。

 図書館のカード・通院の為のカードなど,必要最小限度のカードで十分だと思うようになりました。ポイント交換で得した?それだけ奉仕しているんです。


○ 今日の1枚
Dsc_0836


2018年2月 1日 (木)

教育の衰退

 私が学校で学んでいた頃,分かりやすい授業の先生は,学生から人気がありました。一方的な講義調の授業しかしない先生は,人気がありませんでした。

 一日の大部分を過ごす学校において,授業内容が分かる・分からないは,学ぶものにとって最も興味・関心が行くところでした。過去を思い出してみてください。

 分からない授業に臨む出来の悪い私,それはそれは苦痛以外何物でもありませんでした。教科書やノートに落書きをして過ごすから,ますます分からない悪循環でした。

 もちろん学校では,知識だけを学んでいた訳ではありません。分担して掃除をしたり,給食の用意をしたものです。休憩時間の級友との会話も楽しかった。

 中学では,「色の黒い秀才になれ」とハッパをかけられたものです。私は,色の黒さでは合格でしたが,どうも学業はふるいませんでした。

 大学を卒業するとき,もう二度とこのような楽しい学舎に戻れないかと思うと,寂しく思ったものです。ただ今でも級友を大切に,つながりをもっていますがね。

 ところが昨今の学校のニュースでは,いじめ・自殺・登校拒否など,考えられないような暗いものばかりです。いつから学校=暗いイメージになったのでしょう。

”福井県教委が2016年度に行った調査で,休憩1時間を除く平均勤務時間は中学校が最長の11時間22分,小学校は10時間28分,高校は10時間7分,特別支援学校は9時間18分だった。17年度の調査では,休日の部活動指導などで1カ月の超過勤務が218時間に上った県立高の教員がいた。
 18年度に小学校,19年度に中学校で道徳が「特別な教科」となり,県内では小学校の英語教育も18年度から先行導入される。次期学習指導要領への対応も必要で教員の負担は増すばかり。昨年の12月県議会で東村健治県教育長は「(教員から)生徒に向き合う時間が取れないと聞いている」と認めた。”

 商業新聞中でも○日新聞の教育現場叩きは,古くから有名です。あの慰安婦問題でも結局ムヤムヤに終わり,国家の威信を著しく陥れた新聞です。

 この新聞のみならず,商業新聞にとっては,教育現場ほど叩きやすい相手はいないと思っています。まあ不祥事ならば仕方がないですが,ペンの暴力ここにありです。

 悪口はこれくらいにして,10年に一度改訂される学習指導要領,これほど教育の根幹をなすものが,この70年の間経済に政治に利用され,ぶれてきたものは他にありません。

 今やゆとりは死語であり,再び知識偏重の教育へと軸足を戻しています。記事にもありますように新しい内容が加味される,次期学習指導要領です。

 面白いのは,現行学習指導要領の趣旨は残され,新しく加わっている点です。つまり増えるだけで減ることのない内容と言うことです。これを繰り返してきました。

 つまり仕事は増えるが減ることはないということです。それでいて1学級当たりの児童生徒数は変わりがない。その結果が,長時間労働につながっているのでは…。

 社会に目を向ければ,今や大学卒の人間なんてごまんといます。別に教師でなくても大学卒ばかりです。権利・自由ばかりを強調してきた教育を受けたものばかり。

 その一方では,己の義務を忘れ,道徳心を失い,勝手な行動をとることを良しとする風潮が蔓延しています。給食費の不払い・モンスターペアレントの出現…。

 例えが悪いですが,日本料理において大切なことは,素材とともにそれを生かすための下ごしらえにあると思っています。裏の仕事は,私達には見えません。

 塾の先生は,学習内容に特化した仕事です。それでも膨大な時間を費やし授業の準備をしていると思っています。そう下ごしらえに時間を費やしているのです。

 では,学校の先生はどうでしょう。仕事は,授業だけではありません。学校運営に携わり,様々な仕事をしています。部活動指導もあります。スーパーマンです。

 記事にもあるように授業の準備や様々な仕事をこなすとなると,児童生徒が帰宅しなければ仕事ができないとあります。これで分かる授業ができるのでしょうかねえ。

 それでもトラブルが起これば,マスコミの絶好の餌食,まさに踏んだり蹴ったりな職業です。こういった現場の実態を文部科学省は,把握し改善しようとしているかしら。

 つまり文部科学省の役人は,政治・経済の世界の要請を受けて仕事をしているだけです。また,「教員の数を増やすことは財政的に難しい」と麻生さんは言っています。

 ならば教育内容の精選をしたらどうでしょう。新しいものをやりたかったら,過去の何を削るのかはっきりさせたらどうでしょう。

 教育の衰退は,国家の衰退です。少子高齢社会に突入しただけに,福祉・教育の充実をしなくてはなりません。これを阻害しているのは,一体何でしょうね。

 記事にある福井県,全国学力状況調査では毎年全国トップレベルです。上からの締め付けが厳しいのではないでしょうかね,東村健治県教育長。ここは記事にはない。


○ 今日の1枚
Dsc_0758


« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »