今日のお天気は?

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 落とし穴に注意 | トップページ | ブレーキ役 »

2017年12月 9日 (土)

ハンドルを握ったら

○ 5日ぶりに自動車を運転しました。珈琲豆を買うためです。お昼前と言うこともあり,道路は比較的空いていましたが,気になることが…。

 片道2車線,ウィンカーを出さずに進路変更する自動車,それもダンプトラックです。ビックリしました,ビビりました。緑ナンバーが泣いています。

 ところで信号待ちで停車中に追突されたら,あなたはどうしますか。過失のない事故では示談代行を保険屋さんはやってくれません。と言うか,できません。

 保険に入っていないようなダンプトラックに追突され,相手方が損害賠償請求に応じなかったら…。これは過去にたくさんの事例があります。

 では今の制度では,どうしたらいいのでしょう。答えは,弁護士に依頼することです。当然報酬・訴訟費用または仲裁・和解・調停に要したお金は要ります。

 信号待ちでの停車中の追突は,シートベルトをしていてもむち打ち症になる可能性が高いです。車両の損害はまだしもむち打ち症の通院は,長くかかります。

 そうならないためにも自動車保険,ただ金額だけで決めないで,弁護士依頼項目も加わったものにした方が賢明かと思います。ここはけちる所ではありません。

 帰りの道,対面通行の道でした。前の車が急にブレーキをかけました。こちらも慌ててブレーキ,そういたら回り始め,初めてウィンカーを出しました。

 ナンバー・プレートから見て,地元の人です。ウィンカーを出すタイミングが遅すぎます。出さないのも困りますが,曲がり始めてのウィンカーも勘弁して欲しい。

 私が神経質なのでしょうか,例え自動車の運転と言えども他人に迷惑をかけたくないと思わないのかしら?自転車・オートバイがいたら…。

 今年流行語にもなったあおり運転でもそうです。ハンドルを握ったら,他人に迷惑をかけない・一呼吸を置くなどに心がけたいものです。


○ 「天皇陛下の退位日を2019年4月30日と定める政令を決定」,ついに決まりました。終身在位制が続いてきた中,異例の退位となる訳です。

 過去にも書きましたが,天皇の国事行為があまりに多岐にわたり,ご高齢の身にはお気の毒なのは誰が見たって分かります。天皇家のお仕事なんですが…。

 そして天皇家を担ぎ出す団体の多さも考えようです。冠に天皇家ご一族をと願うこと,団体の格付けにもなります。が,調べてみると余りに多いことに驚きます。

 天皇家の国事行為を減らす,これはもはや国体を変えねばできないと思っています。例えば,大統領制なんかはどうでしょう。実際の政治は従来通りですが。

 この大統領は,内閣総理大臣と違って国民投票で国民が直接選ぶ,どこの政党にも属さないなどが考えられます。大統領が,(天皇家の)国事行為の一部を行うことです。

 政治に直接タッチできない日本国憲法,言いたいこともやりたいことも口に出せないようでは,お気の毒です。大統領ならば民間人,発言は自由です。

 自衛隊の憲法への位置付けも考えねばなりませんが,三権と天皇家(宮内庁が間にありますが)との関係もスムーズにいくような気がします。


◇ エアバスの11月の納入結果が出た(ボーイングもまもなくでるでしょう)。74機中54機が,A320ファミリーです。B737と同じ小型機です。A350も11機納入です。

 ガリバーの他では,なんと言ってもエンブラエルの躍進です。Eシリーズ,累積1400機の販売という大記録です。FDA/JLでも使っているものです。

 1999年にローンチし、2004年に引き渡しを開始したEシリーズ,年間平均100機です。ブラジルの貴重な外貨稼ぎです。年を追う毎に進化しています。

 E195ならば130人ほどを見込める機体にまで大型化してきました。大量に購入しない限り,エアバス/ボーイングよりも安価です。また性能も素晴らしい。

 シリーズの中では,E170/175がリージョナル・ジェットとして適しています。FDAは,いいところに目を付けたと機種選定に驚いたものです。

 ボンバルディア/ATRのプロペラ機以上に速い,燃費も良いなど,ジェットエンジンを積みながらも経済的です。しかし,バランスの悪いことが難点だとか…。


○ 今日の1枚
Dsc_9275


« 落とし穴に注意 | トップページ | ブレーキ役 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/72413222

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルを握ったら:

« 落とし穴に注意 | トップページ | ブレーキ役 »