今日のお天気は?

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 水と油だから | トップページ | 食べ物 »

2017年12月15日 (金)

おかしなプロジェクト

○ 最近体調が優れませんが,距離を縮めて歩いています。アマゾンで格安で購入したウォーキング・シューズ,なかなかのものです。アシックス製(大陸製造)。

 歩いていてビックリしたのが,早くも”ロウバイ”の花を見付けたことです。我が家のロウバイは,例年1月中旬にならないと花は咲きません。

 品種が違うのかも知れませんが,雅な匂いにウットリしました。さらにそのお隣のお宅には,温州ミカンが植えてあります。少しずつ色がよくなってきました。

 今年は,柿と言い柑橘類と言い”豊作”の年でしょうか,我が家のキンカンもたくさん収穫できそうです。摘果したこともあり,大粒です。楽しみです。

 ところで,羽田空港では,”羽田空港ロボット実験プロジェクト”が始まったそうです。人手不足がここまで押し寄せているかと思うと,何とも複雑な思いがします。

 警備ロボット・物流関連ロボット・翻訳関連ロボットの活躍を期待するものだそうですが,サービスをロボットに任せることには疑問を感じます。

 確かにロボットは,作業には向いています。例えば,自動車の生産では産業用ロボットなしでは,余りに効率が悪くコストが上がってしまいます。

 休みなく,空調・照明も要らず,電力を供給する間ロボットは働き続けます。が,サービスはその作業と作業の間にある微妙な空気ではないでしょうか。

 ロボットに向かって”翻訳”を依頼する。ロボットは,プロミングされた作業を行うだけです。言葉の微妙なニュアンスは,そこにはありません。

 老若男女関係なく言葉を伝えるだけです。言葉というのは,正しく伝えようとすれば,相手の顔を見て(表情を見て)正しく伝わることが大切です。

 数年前に大流行した”おもてなし”は,心と心の通い合うところで成立するものだと思っています。慣れぬ異国でロボットに翻訳してもらう,冷たい国です。

 さらに厳しい見方をすれば,機械の合成音に暖かみはあるのでしょうか。機械における翻訳の中に何の価値を見出すのでしょう。おかしなプロジェクトです。


○ ユニセフの事務局長の話,改めて驚きました。と同時にその鋭い観察眼にも。これを政治家及び文部科学省の役人達は,どう思うことでしょう。

”レーク事務局長は,国連が掲げる世界の持続可能な開発目標「SDGs」が,あらゆる貧困の解消を掲げているにもかかわらず,日本の子どもの貧困率が先進国の中でも高い水準にあることについて,「日本のおよそ16%の子どもが深刻な貧困状態にある。SDGsの下で,とりわけ豊かな社会において子どもが飢えや格差に苦しむことがあってはならない」と懸念を示しました。
 そして,「相対的な貧困はどの社会にも存在するが,その原因の多くは医療と教育の不平等にある」と述べ,日本でも子ども達が医療や教育を平等に受ける機会が確保されるべきだという認識を示しました。
 また,今年の「世界子供白書」がネット空間での若者の保護を提言していることについて,「インターネットは若者にとってよい側面がある一方,悪用されることもある。ネット上のいじめや,残虐な事件,人身売買などに利用される影響は大きい」と述べ,各国の政府やIT業界と協力して対策を進めていく考えを示しました。”

 日本の子ども達の約5人に一人,医療や教育を平等に受ける機会が確保されていない。もちろん反論はあるでしょうが,これは驚くべきことです。

 先日私も”日本の教育の限界”と称しブログに書きました。奇しくもユニセフの事務局長の話が出てきて,「やはりなあ」とも思ってしまいました。

 内にいるとなかなか真実は見えないことがあります。義務教育内容のポリシーのなさ=産業界の代弁者,枝葉末節ばかりいじくり肝心要の部分を置き去りにしています。

 医療機関,慢性人手不足が続いています。自己負担額は,増えることがあっても減ることはありません。サポーター=日本医師会の代弁者ですから。

 医療機関になるべくかからないように売薬で済ませようとするやり方,心を病んでいる若者達が安心して治療に専念で知る医療機関の少なさ,票につながりにくいですから。


◇ まだまだ先だ
”B777Xはメーカー標準座席数が3クラス350-375席のB777-8と,400-425席のB777-9の2機種で構成。航続距離はB777-8が8700海里(1万6110km),B777-9は7600海里(1万4075km)を計画,エンジンはGE9Xを2基搭載。GE9Xは,B777-300ERなどが採用しているGE90の後継エンジン。
 B777Xの初飛行を,2018年末から2019年初頭にかけて実施するとの見通。初号機の引き渡しは,2020年初頭を予定。”


○ 今日の1枚 
Dsc_9320

« 水と油だから | トップページ | 食べ物 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/72458064

この記事へのトラックバック一覧です: おかしなプロジェクト:

« 水と油だから | トップページ | 食べ物 »