今日のお天気は?

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ハンドルを握ったら | トップページ | 日本の教育の限界 »

2017年12月10日 (日)

ブレーキ役

○ 先日親しい人から「ネットにつながらない」と電話がありました。私も時々,同じような症状が出ます。私のやり方をお教えし,「無事つながった」とのこと。

 昨日,いくつかのスピード・テストをしてもネット回線は普通です。しかし,facebookに写真をアップしようとしても…。以前,メッセンジャーができず…。

 facebook,(私だけかも知れませんがねえ)こういった細かなトラブルが時々あります。どこかにメッセージを入れてくれるとありがたいのですがねえ。

 不思議なことに友達はどんどんアップしています。私だけかと思うと,また不安になります。ネットにつながっていても,こういった体験をする,困ったものです。

 ツィッターの方は,何らトラブルなくツィートできます。最もfacebook程熱心なユーザーではありませんがね。お付き合い程度です。また,横道に逸れますが

 ツィッターで思い出しました。トランプさん,言いたい放題ですが批判も多いですね。例のエルサレムの件しかり。世界に向かって握り拳を挙げたようです。

 いくら大統領選挙の公約と言っても,仮にもアメリカの大統領,国内だけでなく世界情勢を的確に判断し,物事を決断して欲しいものです。

 これでまたアラブ諸国でテロ事件が起きたら,エルサレムの件は正しい判断であったのか,世界の注目を浴びることになります。困ったものです。

 日本・半島・大陸の訪問,まるでセールスにでも出かけたようなものです。商談が上手くいったから歴訪は成功なんでしょうかねえ。首をかしげたくなります。

 アメリカ国民にケチをつける積もりはありませんが,とんだ人間を大統領に選んだものです。ロシアゲートが解明され,弾劾されないのかしら?して欲しいねえ。

 飛行機は買ってくれる,ミサイルも買ってくれるなど,いい気分なんでしょうか。そもそも貿易赤字は,自国の経営者の失敗が大きな要因だと思っています。

 TTPからの離脱でもそうでした。見方が狭く,かつ短絡的な思考であることがよく分かります。まもなく就任から一年が経ちますが,何か変わりましたか?

 私が期待するのは,良識あるアメリカ議会(上院・下院)がクレイジー大統領のブレーキ役をきちんと果たしてくれることです。ここがポイントです。


○ ファイターズの大谷翔平選手,エンゼルスへの入団が決定しました。余りに早い決断に驚くとともに,「俺は金ではない,環境が問題だ。」と言わんばかりのやり方です。

 ワールドシリーズを常時目指す常勝球団ではなく,あえて台所事情が苦しいエンゼルスを選んだように思えます。今まで海を渡った日本人選手とは違います。

 ピッチャーでありながら,打撃も得意な選手です。世の中「二刀流」と言いますが,どうもこの言葉はピンときません。こんな古い言葉を使うなんて…。 

 日本での実績が5年未満と言うことで,一人前の選手として認めてもらえませんでした。が,彼のもつ非凡の能力を大リーグのほとんどが認めています。

 確かにトレードマネーは,(例えば)ダルビッシュ選手と比べれば,何分の一で済みます。まさに格安の条件です。それでも大リーグに移籍したい彼の気持ちは…。

 世界最高峰のプロ野球集団の中で己の力を試してみたい,それも投げる・打つ両方で試してみたい野望でしょう。今まで送り出してきた選手とは,ここが違います。

 チームに溶け込み(きちんと英会話を勉強してください),お互いに信頼し合えるよう努力して欲しいものです。未知の世界を切り開いて欲しいものです。

 テレビで見ていますと,彼のストレートならば大リーグにはたくさんいると思います。日本人の投手の特徴であるコントロールの良さをエンゼルスでも見せて欲しいです。

 思い出しました。その後イチロー選手の動向が伝わってきません。これは残念なことです。50歳まで現役でいたいならば,オリックスに戻ってくるのも一方法かな。


○ 今日の1枚
Dsc_9263


« ハンドルを握ったら | トップページ | 日本の教育の限界 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/72420656

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキ役:

« ハンドルを握ったら | トップページ | 日本の教育の限界 »