今日のお天気は?

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ブレーキ役 | トップページ | 百均 »

2017年12月11日 (月)

日本の教育の限界

○ たまには難しいことも考えることもあります。例の”大学入試共通テスト”です。そもそもテストと名乗るからには,正答があります。

 知識偏重と寄って集って批判することは簡単なことです。知識ほどテストで測れるものはないですし,きちんとした正答があるからです。

 ですから,テスト=知識と言っても良いほどこれまで用いられてきたのだと思います。公正に客観的に結果を見ることができると言い換えてもいいでしょう。

 今回行われたプレテスト,私も一部挑戦しましたが,全く歯が立ちませんでした。”思考力・判断力”と言うのは簡単ですが,ペーパー・テストになじむものでしょうか。

 プレテスト,複数の文章や図や資料を読ませ,考える力や知識の活用力を測る問題ばかりです。学生の戸惑いが目に浮かびます。

 彼らの受けてきた教育は,10年毎にめまぐるしく変わってきています。知識→ゆとり→???とね。大学入試制度もコロコロ変わってきました。大学も変わりましたね。

 私考えるに,日本の大学は入るのに難しく出るのに(比較的)易しいのではないでしょうか。この大学教育を大きく変えることはできないのでしょうか。

 例えば,希望する大学への入学を(今より)容易くする。しかし,単位制度及び卒業論文の審査を厳しくすることはどうでしょうか。

 これが数年も続けば,背伸びした入学をする学生は激減すると思います。研究論文の内容を精査し,教授陣の精選を行うのもいいでしょう。

 最高学府としての尊厳を求め,質の高い教育を目指して欲しいものです。それに付いてこられる学生を求めていくことです。自然淘汰されていきます。

 小手先の大学入試改革よりも遙かに道は遠く,険しいものがあります。その為に知識・思考・判断を基礎とした学力を育成したいものです。

 こう大上段に構えて書いたとしても,肝心の文部科学省の義務教育の姿勢がフラフラでは難しいですね。まあここら辺りが,日本の教育の限界と見ます。


○ 厳しい生活がより一層厳しくなりますね。
”来年以降,個人の税の負担感が増す。政府・与党は2018年度税制改正を検討中,たばこは紙巻き・加熱式とも増税が決まり,森林環境税や国際観光旅客税も創設する。19年10月の消費税率10%への引き上げを控え,税の公平性や財源の使い道に注目が集まる。”

 現役時代,○○万博のために臨時に徴収された3年間がありました。有無を言わさぬ税の取り立てでした。あれが県民の何に役立ったのか,今でも分かりません。

 現在も(23年度まで)東日本大震災からの復興事業費として臨時に税が徴収されています。が,一体あのお金が何に使われているのか,サッパリ分かりません。

 来年度10月とも言われている消費税の増税,いつの間にやら教育費に一部化けるという話になっています。増税=福祉限定の話ではなかったのか。

 新しい税が産まれるたびにその目的が述べられていますが,林道整備・森林保全?観光庁の政策の拡充・出入国管理の強化?と非常に曖昧なものばかりです。

 疑い深い私,地方出身の国会議員の金のばらまきに使われることを危惧しています。林道整備はその最たる例です。これを一律に徴収する意味が分かりません。

 復興事業費が終わったら森林環境税に変わるシステム,国会で十分な審議がなされたのでしょうか。選挙でこういった話を聞いた記憶がありませんがねえ。


◇ DHC-8の到着
”琉球エアーコミューターは,同社5機目となるDHC-8-402 EC(Q400EC)を受領。レジはJA85RC。”
”全日空は,2017年度の3機目となるDHC-8-400を受領。レジはJA465A。” 

 RACは赤組グループ,ATRを選択するかと思っていたら,ボンバルディアです。青組の場合は,MRJの遅れに伴う措置です。到着も1日ずれていただけです。


◇ 帰ってくるな!
”桃園発バンコク行きのCI機内で日本人乗客3人が持ち込んだ酒を飲み,トイレで喫煙するなどのトラブルが起きた。安全を考慮し,航空機は離陸してから約30分後に桃園空港に引き返した。3人は航空機から降ろされ,航空警察局に引き渡された。
 福岡から桃園空港に到着し,バンコク行きの航空機に乗り継いだ。乗り継ぎの際,空港の免税店で酒を購入。搭乗してすぐに飲み始め,大声で騒ぎ,乗務員から何度も注意を受けた。3人の行為は民用航空法に違反した疑いがあり,最高で5万台湾元(約19万円)の過料が科される可能性がある。”

 酔いが覚めて自分達の愚かさを知るのは,単なる言い訳に過ぎない。酒を飲んでも酒に飲まれるな,飲まれるならば酒を飲む資格などありません。

 多くの人達に迷惑をかける,日本人として情けない。「日本に帰ってくるな」と言いたい。台湾の刑務所で強制労働でも10年位させたらいい。

 今時機内でタバコが吸える航空会社なんてありません。トイレであろうと煙探知機があり,当然作動します。これまた「酔っていて」は理由になりません。

 これで約20万円の罰金で済むのですか?4時間ディレイ,多くの人達は迷惑を被った訳です。これに対するお詫びをしなければなりません。全く呆れます。
 

○ 今日の1枚
Dsc_9327


« ブレーキ役 | トップページ | 百均 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/72428181

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の教育の限界:

« ブレーキ役 | トップページ | 百均 »