« 日本郵便は凄いぞ | トップページ | 迷惑な衆議院議員選挙 »

2017年10月10日 (火)

気の毒な若者

○ 散歩をしていると,至る所で”キンモクセイ”の良い香りを楽しむことができます。昨日書いた”コスモス・ススキ”といい,日本の秋を感じます。

 これで秋が深まれば,日本の象徴”キク”の登場となります。我が家にも小菊が植えてあります。キクの香りは,とっても上品で控えめなところがいいですね。

 毎日”紅葉情報”を見ています。信州の高所では,今週から見頃を迎えるようです。が,またしても週末は,全国的にお天気が崩れる予報です。

 ”サクラ”は,花曇りでも写真になりますが,紅葉となると素人は秋空が欲しくなります。落ち葉の頃となると,雨の日でもかえって風情があるのですが。

 日本は様々な災害に見舞われる国ですが,この”四季の移り変わり”は,毎年やってきます。サクラもいいし紅葉もいい,日本の国の素晴らしさですね。

○ 週末の夜,遠くからオートバイによる爆走の音が聞こえます。以前と比べれば,爆走するオートバイの数は減ったものの,依然ゼロにはなりません。

 私もこういったオートバイに前後を挟まれた経験があります。窓を閉めていても,爆音は聞こえます。何とか逃れようとするのですが,困っているのを楽しんでいるようでした。

 不思議なものです。こういった輩の取締は,ほとんどやっていません。短時間で場所を移動させて爆走する輩,警察もお手上げなんでしょうかねえ。

 こういった輩でなくとも,信号待ちの間にやたらとエンジンを吹かす輩がいます。あれって何のつもりでやるのでしょう。頭が固い私には,全く意味が分かりません。

 ただ爆走している輩を可哀想に思います。夜であるにもかかわらず,顔を隠し爆走するんです。ああいった行動しか己の存在を主張できないのでしょう。

 彼らにとってオートバイの違法改造は,自己主張の道具なんでしょうね。そういったオートバイでもガソリンを給油させるGS,こちらも困ったものです。

 私の勝手な想像で書くのですが,彼らは日常生活では目立たぬ存在ではないでしょうか。例えまともに働いても評価されない境遇ではないでしょうか。

 いわゆる社会のエリート層にはなれないドロップ・アウトした彼らでは?昼間は目立たぬとも顔を隠した夜間になると,妙に自己主張したがる。違うかなあ。

 ここまで書いてくると,彼らは日本の教育の落ちこぼれのように見えてきます。日本の教育は,いろいろな飾り文句をつけても,所詮学力第一主義に変わりがありません。

 ここで日本の教育と書いたのは,間違いかも知れません。世界各国も似たり寄ったりのように見えてきます。いや大昔から(形は違えど)存在していたと思います。

 オートバイによる爆走,それによってしか自己表現できない彼ら,気の毒に思えてきます。彼らを生かす社会を築くことができたら素晴らしいと思います。

◇ ベストセラーA330の発展型A330neo
 最終組立は2017年末,初飛行は2018年を予定されているそうです。外観の大きな違いは,翼端のシャークレットの有無です。

”A330neoは,A330-200と同サイズのA330-800neo(メーカー標準3クラス257席,最大406席)と,A330-300とサイズが同じA330-900neo(3クラス287席,最大440席)の2機種で構成。ともにA350の主翼技術を取り入れ,新エンジンと空力特性の改善で,1座席当たりの燃費を14%改善。航続距離は400海里(740.8キロ)延び,A330-800は7500海里(1万3890キロ),A330-900は6550海里(1万2130キロ)。
 8月末現在,A330-800neoはハワイアン航空から6機受注。A330-900neoは204機受注している。”

 初期投資を十分に回収したA330(時代の流れでA340は消えていきますが,これはしぶとい!)ですが,新型エンジンを積み,リニューアルして出てきます。

 個人的には,あの胴体径の細さ(A300のまま)=窓側席の天井の低さ,嫌ですねえ。乗り降り時の床の傾斜など,気にくわないことがいくつもあります。

○ 今日の1枚
Sdsc_9252


« 日本郵便は凄いぞ | トップページ | 迷惑な衆議院議員選挙 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気の毒な若者:

« 日本郵便は凄いぞ | トップページ | 迷惑な衆議院議員選挙 »