« 横浜ベイスターズ | トップページ | 再アップ »

2017年10月27日 (金)

年金生活者にとって

○ アルフレード・アインシュタインのメモ書きが,オークションにかけられたそうです。落札額は,何と約1億7千7百万円と言いますから驚きです。

 記事によると,帝国ホテルのボーイにチップの代わりに手渡したものだそうです。、「運が良ければ,これは普通のチップよりも価値あるものになるかもしれない」と。

 気になるそのメモ書きの内容ですが,「静かで質素な生活は,絶え間ない不安とともに成功を追い求めるよりも多くの喜びをもたらす。」と書かれているそうです。

 この静かで質素な生活,年金生活者にとって憧れに近いものではないでしょうか。私はどちらかと言えば,前者に比重を置きたいと思っています。

 長年対人関係の仕事に携わってきただけに,少々人間嫌いになっています。いかに摩擦を避け,刺激を避けて生きたいと願っています。変わっているでしょ。

 昨日書いたFacebookの友達も同じです。気を使うような友達関係,これって疲れます。静かな状態をかき乱す元です。あくまで同好の士が友達です。

 さて後者の質素な生活,入ってくるお金は年々減ってきています。生活を切り詰めていくしか方法はありません。安易な財産作りは,危険を伴います。

 残りの人生,やりたいことの何分の一でもいいからやってみたいものです。いかに支出を抑え,お金をつぎ込む時と場所を練っていきたいものです。


○ NASAとNIKON
”米航空宇宙局は1971年にニコンFを採用して以来,ニコン製のカメラを利用し続けている。ニコンは17年8月,新たに53台のD5をNASAへ納入。スペースシャトルが活躍していた時代には,機体の周囲のタイルを点検する用途に使われた。タイルが損傷したり,はがれたりすることがある。そうしたタイルを宇宙で修復する際に,状態を見る目的で撮影をした。NASAがニコンFを採用した理由は,システム化されたカメラの先駆けだったから。ニコンFが登場するまでのカメラは多くが距離計連動のレンジファインダー式で,機能がシンプルなものが多かった。ニコンFは交換レンズが豊富で,ファインダー交換システムを備え,フィルムの巻き上げを自動化するモータードライブも搭載できた。
 露出計付きファインダーを備えたフォトミックFTN,アポロ15号で使われた。本体の周囲はつや消し処理をした。光っているものが周囲にあると,宇宙船内の計器を読み誤る要因になり,命にもかかわる。レンズの種類を示す数字など,カメラを操作するために必要な文字だけを大きく印字。ゴムやプラスチックの素材は,アルミや真ちゅうなどの金属に変えた。当時のプラスチック素材は品質が低く,真空だと表面がガサガサになるなど変質をする恐れがあった。接着剤も使わない。宇宙船の中で化学変化して,ガスが発生するといった問題が起こりうる。本体の下部には,モータードライブを取り付けてある。宇宙船からケーブル経由で電源を得るようになっており,軍需用の大きなコネクターが付いている。ヒューズも付いている。衝撃や急激な加速度への耐性も重要。ロケットの打ち上げ時にはものすごい振動が加わる。無重力でも撮影できなければならない。宇宙では日なたで150度,日陰でマイナス100度になるため,超高温や超低温への耐性も必要となる。ハンダ付けの作業はNASAの基準による高度な技術が要求されるため,当時はカメラを組み立てる社員がNASAで研修を受けた。潤滑油は真空でも蒸発しない特別なものを使っている。なお,最近のカメラはほぼ改造を加えず,潤滑油を変えるだけでNASAに納めている。”

 こんな素晴らしい技術をもっておりながら,今日のNIKONの低迷を憂います。あのF2の堅牢性,重たかったけど信頼性は十分でした。今でも1台持っています。

 そう言えば,後数年でTOYOTAは販売する車種を約半減するというニュースがありました。豊富なラインナップを誇るより,資本投入を限定することになる訳です。

 ではNIKONは,銀塩カメラは2台,ディジタルに至っては(私には)区別がつかないくらいに出しています。資本投入を誤っています。今の半分で十分です。

 スマートフォンがコンデジを駆逐したように,ディジタル一眼カメラとて安心はできません。今のうちに整理しないと…。アドバンストカメラか一眼かとかね。

 特にアドバンストカメラは,家電メーカーが参入し,乱売気味です。あれだけ次から次へと新製品を出してくるのも考えものです。携帯電話も年1回になりました。

 家電メーカーやCANONとの熾烈な競争の中,NIKONの進むべき道をはっきりさせる経営を望みたいものです。40年以上NIKON製品を使っている者としてはね。

 そうそう3週間待たされたカメラの修理…許容範囲内であるので,修理の必要なしだって。SCでは,光軸がズレていると言われて出したのですが,一体これは…。

 3脚立ててファインダーをのぞき,ギリギリに撮ってサンプル出してですよ。明らかに右側の空間が広いことが分かるのですが…。これでも許容範囲とは…。


○ 今日の1枚
Dsc_5977


« 横浜ベイスターズ | トップページ | 再アップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金生活者にとって:

« 横浜ベイスターズ | トップページ | 再アップ »