2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« 気になるなあ | トップページ | 価格破壊 »

2017年10月 2日 (月)

ギャップ

○ 新東名高速の一部区間(新静岡~森掛川)の最高速度が100kmから110kmに引き上げる試行が決まったそうです1963年名神高速道路で100kmと定めた以来と言います。

何と54年ぶりのことです。この間に自動車の性能は、飛躍的に向上したことはご存知の通り。なんでも道路設計は、最高速100kmでなされているそうです。

今回新しい新東名高速は、カーブが緩やかであり、直線区間が多いです。また、最高速の設計は120kmでなされているそうです。ですから試行がこの道路で行うということです。

正直言って、なんと現実離れしたことをやっているのでしょうね。普通道路でも1割増し?の通行をしていないと、後続車に迷惑をかけるのではないですか。

実勢速度と規制速度について、お上はなんと考えているのでしょう。今や軽自動車でも100kmは楽に出すことができます。私はよく抜かれています。

高速道路の場合、最高速100kmが規制速度ですが、これを守っているのは何%いるでしょう。取り締まりも25km以上? 30km以上?取り締まるのも分かってやっている?

と言うのも、高速道路の覆面パトロール・カーは、約110kmで走っていても知らんふりです。無人取り締まり機でも同じではないでしょうか。

決めてあることと現実との差、問題はここにあります。50年の自動車技術の向上があっても、速度規制は変わらない、やはりおかしいと思います。

もう一つ、これもおかしいと思っていることがあります。“大型車の最高速度は、80kmです。しかも複数車線がある場合は、一番外側となっています。”

高速道路を走っていて、「異常に速度が遅いなあ」と思っていると、先頭には大型トラックがノロノロ追い越し車線を走っている。こんな体験をされた人は、少ない?多い?

片道3車線ともなると、大型車の走行レーンの標識があります。昔と比べると守っている大型車が増えてきています。が、相変わらず追い越し車線をノロノロ走行も現実です。

そういえば、大昔軽自動車は80kmを超すと電子音が鳴っていました。いつの間にやらこの電子音は廃止されましたね。一体あの規制は何だったのか!

さらに言うならば、あんなにフェンダーミラーにこだわっていたお上、今やフェンダーミラーはタクシー位ではないでしょうか。次はドアミラーがなくなる?

以上、現実と法のあまりに離れていることに解決する気持ちはあるのでしょうか、ここですね。小型車・軽自動車そして大型車のドライバーの意識改革が必要ですね。


〇 BSE(牛海綿状脳症)を覚えていますか?安価なアメリカやオーストラリアなどの牛肉を使う“牛丼御三家”の経営を揺るがしたものです。豚丼が生まれた背景です。

最近は、BSEや鳥インフルエンザなどあまり聞かれなくなりました。飼育の管理が行き届いてきたのかしら?鳥インフルエンザの撲滅は難しそうです。

輸入牛肉だけでなく、国産和牛もBSEの影響を受けました。そう国産和牛の輸出が難しくなりました。訪日観光客の食する“すき焼き”は、人気が高いそうです。

帰国しても日本の美味しい牛肉を食べたいそうです。BSEに対する安全宣言は出たのでしょうか?ついに台湾に和牛肉が輸出されたそうです。

ここにも現実と法(規制)のギャップがありましたが、見直しが図られたそうです。和牛農家にとって大変に朗報であったと思います。さらに増えるといいですね。


〇 今日の1枚

« 気になるなあ | トップページ | 価格破壊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/71862153

この記事へのトラックバック一覧です: ギャップ:

« 気になるなあ | トップページ | 価格破壊 »