« 景色の移り変わり | トップページ | 日本郵便は凄いぞ »

2017年10月 8日 (日)

騒がしい

○ 最近の日本のマスコミは,異常だと思っています。そう”衆議院議員選挙”に関する取材合戦,特に”希望の党”にまつわる記事は,憶測が多すぎると思っています。

 一人の人間の言動にいろいろな脚色をつけ,売らんがための記事ばかりです。そのためかアベちゃんの存在が随分薄くなってきているように思います。

 確かに東京都都議会議員選挙では大旋風を起こしました。熱しやすく冷めやすい日本人の体質,これが希望の党を結成したと言って全国に広がる可能性は?

 大変に失礼な書き方をしますが,東京都都議会レベルならばつむじ風位は吹くでしょう。が,全国には,その区その区の事情があります。果たして全国で吹くのかしら。

 それにあの方,都知事の仕事だって(豊洲問題)右往左往していて,関係者が苛立った位です。やったことと言えば,側近を固めたこと位では?

 都知事としての実績は,評価すべきものは何もありません。まだまだ未知数です。その上に突然希望の党の発表や党首宣言です。何様でしょうかねえ。

 あるのは知名度だけで,あとは寄せ集め,口先だけの○原以下,実力(経験)不足の者ばかり。数の論理(自民党と変わりがない)の横行です。

 民主党政権を思い出してください。素人集団では,国政は任せられません。(と言って,私は自民党の施策に全て賛成でもありません。)対抗馬には,力不足です。

 浮動票目当ての選挙では,熱が冷めたときには,再び無関心に戻っていきます。それに公約を見る限り,各政党重なっている箇所がいくつもあり,違いが分かりにくいですね。

 まあ自民党・公明党の議席が減り,併せて過半数ギリギリ位が一番現実的かもしれません。暴走させず,程々のところで立ち止まっているのがいいのでは?

 自衛隊の海外派遣は反対ですが,領土・領海・領空を自分達が守ることは当然のことです。米軍の支援を受けながらも,あくまで主体者は日本国民であるべきです。

 憲法改正,自衛隊を明記する位では生ぬるい。”皆兵令”を定め,自国を自分達の手で守る意識を徹底させるべきです。今こそ愛国心をしっかりと根付かせる良い機会です。

 くどいですが,戦争を仕掛けることは絶対反対です。大陸・半島の脅威が現実である限り,備えあれば憂いなしです。話し合い?平和ボケも甚だしい。


◇ 台所は火の車?
”ドゥテルテ政権は,企業の未払い税の取り立てを強化。フィリピン航空は1999年から第2ターミナルを独占的に使ってきたが,民間航空局などへの未払い額は72億ペソに達する。一括納付を要請した運輸省に対し,7年の猶予を求めた。未納の空港ターミナル利用料について,60億ペソ(約130億円)を払うことで合意。納付期限は年末。
 今回の支払いはフィリピン航空の経営に重い負担となる。同社は,機体や路線を積極的に増やすセブ・エアにシェアを奪われ,2012年に旅客数首位から陥落。16年の旅客数は1314万人で1900万人超のセブ・エアに引き離された。
 親会社PALホールディングスの16年12月期の純利益は39%減の35億ペソ,累積損失は177億ペソ。燃料費の上昇などが響き,17年1~6月期は16億ペソの赤字に転落。苦肉の策で資本金191億ペソを35%減資,累損を圧縮する計画をまとめた。荒療治に踏み切る狙いは,外国航空会社の資本を受け入れ,そのノウハウを活用して競争力を取り戻すこと。
 21年までに87機体制から96機以上に増やし,平均機体年齢が5年と若いセブ・エアに対抗。3月にはフィリピンからの出稼ぎ労働者が多く利用する中東路線を相次ぎ開設。
 今年初めには,外資規制上限である40%の出資を外国航空会社から受け入れたいと表明,年半ばの合意を見込む。来年以降,提携先探しを再開する意向を示している。”

 私の知る限り,東・東南アジアの航空会社の中にあって優良な企業は少ないようです。CX/SQとて勢いがありません。PRの苦しさは,随分前からです。

 新型機導入の折にはマスコミは飛びつきますが,航空会社の経営となると,一部経済誌を小まめに読むのが一番です。一番敏感なのは,やはり投資家です。

 フィリピンという国自体,財政悪化・治安悪化と言う大問題を抱えています。さらにあの大統領です。大陸や我が国を天秤にかけながら,経済援助を探る人です。


○ 今日の1枚
Sdsc_9343


« 景色の移り変わり | トップページ | 日本郵便は凄いぞ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騒がしい:

« 景色の移り変わり | トップページ | 日本郵便は凄いぞ »