2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« 疲労困憊 | トップページ | 騒がしい »

2017年10月 7日 (土)

景色の移り変わり

○ 時の過ぎゆくは,自分が考える以上に速いものです。郵便配達のお兄さんが,「今年もお願いします。」と,年賀状の申込用紙を持ってきてくれました。

 昨年のこの時期にも書きましたが,郵便局は相変わらず個人ノルマがあるようで,大変に気の毒に思います。いつも丁寧なお兄さん,協力するならば彼です。

 もう一つ,歯医者さんに行く前に本屋さんに寄ってみました。来年度用手帳とカレンダー売り場ができていました。さすが手帳やカレンダーを見ている人は…。

 今年も残り3ヶ月を切りました。商魂のたくましさを見たような気がします。現役を退役して半年あまり,もうすっかり昨年までのサイクルを忘れてしまいました。

 再び歩き始めて9ヶ月が経ちますが,やはり水田の景色の移り変わりが一番面白いです。早くも稲刈りをした水田では,落ち穂を求めて雀さんの大襲来です。

 生きるのに必死な雀さん,ひたすら落ち穂を探すのに必死です。人間のように好き嫌いは言っておれません。ただただ餌を求めて血眼になっています。

 ある水田の一角,休耕田にコスモスが植えてあります。風に揺れるコスモスを見ていると,心が和んできます。それに合わせススキの穂もだいぶ開いてきました。

 小さい頃,稲刈りの終わった水田でおばあちゃんと田螺(たにし)採りをしたものです。バケツにいっぱい採れました。家に持ち帰り,穴を掘り埋めておきます。

 わけぎ+たにしを味噌和えにします。今でもスーパーで売っているようですが,どれもこれも田螺が固い,あれはどういう田螺なんでしょうね。

 脱穀まで終わると,田の中心で籾殻を山のように築きます。これを燃やしながらサツマイモを焼きます。田螺もサツマイモも身近にとれるものばかりです。

 別に美食を心がける訳でもなし,身の回りにあるものや採れるものを食した時代です。これに秋刀魚があると,秋本番と言うことになります。良い時代でした。

◇ 9月のボーイング
”ボーイングの2017年9月の引き渡しは78機(前年同月72機),受注は72機(55機)。
 引き渡しの内訳は737が57機(前年同月46機),747が3機(2機),767が1機(2機),777が6機(10機),787が11機(12機)。737は57機中14機が737 MAX,サウスウエスト航空に9機,ウエストジェットに2機,アメリカン航空とシルクエアー,フライドバイに1機ずつ引き渡した。787は11機中10機が787-9。全日本空輸と日本航空に1機ずつ引き渡した。
 受注は737が61機(前年同月55機),747が0機(0機),767が0機(0機),777が6機(0機),787が5機(0機)。737は61機中59機が737 MAX,匿名顧客2社と米国のVIP顧客から受注。777はアエロフロート・ロシア航空から777-300ERを6機受注。”

 毎月ボーイングとエアバスの引き渡しと受注を知ることができる,便利な時代ですねえ。航空会社は,相当先の需要を見込んでメーカーに発注します。

 売れ行きを見れば,ますますその動向が分かります。アエロフロート航空のB777-300ERの発注,A330-300では需要に応じきれなくなることを予想したものでは?

 B747/A380程のキャパシティーではなく,かつある程度の省燃費を考慮に入れたものでしょう。A350-1000ではなくボーイングなんです。アメリカ製ですよ。

 それにしても売れるものは,B737がほとんどです。薄利多売な商売になったものです。最もエアバスも似たり寄ったりですがね。売れるのは,小型機ばかり。

○ 福岡ですかねえ
”スカイマークは,特別デカール機「下町ボブスレージェット」(B737-800,JA73NT)を羽田空港の格納庫で公開。6日から2018年12月ごろまでの運航を予定。”

○ 今日の1枚
Sdsc_9205


« 疲労困憊 | トップページ | 騒がしい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/71905013

この記事へのトラックバック一覧です: 景色の移り変わり:

« 疲労困憊 | トップページ | 騒がしい »