2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« 疑問符 | トップページ | 季節は »

2017年9月 2日 (土)

挑戦

○ いろいろ書かれていますが
 オーストラリアとの戦い,私にしては珍しく前後半全てテレビ観戦をしました。先発メンバーを見て驚きました。知らない名前がチラホラありました。

 良きにつけ悪しきにつけ監督の意向が出ていると感じました。後から分かったことですが,監督から見た”調子のいい選手”の起用だったようです。

 サッカーを詳しく知らない私だって,釜本選手以来少しは名前を覚えているものです。時折撮すベンチの様子,香川・本田などの有名選手の姿が…。

 マスコミは,世代交代?などと騒いでいますが,そもそもサッカー選手の選手寿命は短いものがあります。けがの多いタフなスポーツです。

 時折BSにてヨーロッパのサッカーを見ますが,アメリカの野球・バスケット並の人気を誇っています。サッカーというスポーツが,いかにタフなスポーツなのかが分かります。

 この試合を見て感心したことは,井手口選手のコメント(「全力で自分を出し切る。まだまだ自分に欠けるものがある。」)でした。日本人だなあ。

 古くは中田,今では本田,日本人らしからぬ度胸とおおぼら吹き,嫌いだなあ。スター選手を求めるファン,組織の戦いを好む私でしょうかねえ。日本人だなあ。

 それに井手口選手,(別に得点を入れなくても)私はあの顔が好きです。内に秘めた闘志,相当な頑固者だと思いました。まさに日本人だなあ。

 サッカーに限らず,まだまだ体格の貧しい日本です。欧米の選手と比べて,本当に貧弱な身体です。それでも勝負を挑むとなれば,組織(総力)戦にならざろうえません。間違っているか?

 体格が劣っていても,トレーニングと知恵をもって戦う,国技である相撲だって小さな力士が大きな力士を負かす…こういうのが大好きなのが,日本人ではありませんか。

 ただ一つ,国際試合にも関わらず”日の丸”が少なかったように見えました。カメラワークのせいでしょうか。ゴミ袋ブルーの応援よりも”日の丸”で応援していただきたかった。


◇ お薦めですよ
”日本の移動と観光に新たな選択肢,スカイトレックが提供するのは,小型飛行機とヘリコプターのチャーターをメインに使用した会員制の旅行会社。日本全国100箇所の空港やヘリポートを結んで,オーダーメイドの空の旅を実現。
 利用方法は,iPhoneの専用アプリで出発地と目的地,日程を入力,表示された旅のプランをタップするだけ。操作性は,電車の乗換案内やカーナビとほとんど変わらない。メール,電話での予約も可能。
 ビジネスとプライベート,どちらの利用も想定,例えば六本木のアークヒルズから成田空港までヘリコプターを使って20分程度で移動して大手エアラインに乗り換えたり,これまで足を延ばすのが億劫だった離島をホッピングすることもできる。移動時間が劇的に短縮。新幹線なら4時間かけて移動する神戸~出雲間が,小型飛行機を使えばわずか1時間弱。もう一つは,空から見る風景。通常の旅客機よりも低空飛行するため,移動中,窓から海に囲まれた日本列島を眺めることができる。すべての国内空港の情報を集めてデータ化,紐づけてアプリにした。このアプリはいずれ,大手エアラインの運航情報ともリンクさせて,小型機と合わせて最適なルートを提案。
 入会金は法人で1500万円,個人で1000万円。別途必要な年会費やチャーター料金を加わる。機体の維持や燃料費など固定費がたくさんかかる。小型機は座席数も飛ばす頻度も少ないので,採算ラインに乗せるのは難しい。まずは富裕層向けの会員制にしてビジネスとして成立させることを目指すが,日本には小型機をチャーターするという文化がない。
 航空法のレギュレーション上,保安検査など大手エアラインとほぼ同じ手続きが必要になり,日本国内でチャーター便を飛ばすこと自体,難易度が高い。さらに,日本全国で100箇所弱の空港,空港ごとに利用の申請方法,期限などがバラバラで,大手エアラインが使う空港以外は,ひとつひとつの空港に確認して調整する必要がある。
 スカイトレックは昨秋から限定200口の会員募集を始め,今年の8月にサービスがスタート。会員数は非公表。いずれは,もう少し価格が低い準会員の募集やインバウンドの取り込みも考えているが,海外進出も大きな目標。例えば,東南アジア,中国も日本と同じく参入が難しいがゆえに,小型機での移動という市場が開拓されていない。”

 悔しいが,私のような年金生活者には縁遠い世界です。負け惜しみを書きますが,ゆっくりと移動すれば,いろいろな発見があり,それがまた楽しいものです。

 日本にも富裕層を相手にした組織があるんですね。会員制リゾートホテルもその一つです。こう言う人達にとっては,年会費に関しては無頓着でしょうね。

 クレジットカードもゴールドの上がいくつもあります。会員権もそうですが,所有すること自体が,社会的なステータスなんでしょうね。ああ,無縁の世界なり。


○ 今日の1枚
Dsc_7851


« 疑問符 | トップページ | 季節は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/71590069

この記事へのトラックバック一覧です: 挑戦:

« 疑問符 | トップページ | 季節は »