2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日のお天気は?

« 速い!貧しい!生き残れ! | トップページ | 雷様 »

2017年8月22日 (火)

一回きり

○ 愛飲家へ…お酒を止めると
1 寝付きが良くなる  2 がんになるリスクが減少する  3 節約になる  4 食べ過ぎなくなる  5 ダイエットになる  6 肌がきれいになる  7 胃酸の逆流が減る

 先に書いておきますが,私はこういった類いのものは眉唾ものと思っています。なぜならば,個体差が大きく,最大公約数での結果と思うからです。

 「タバコは,百害あって一利なし。酒は,百薬の長」と言われています。しかし,タバコは吸うし酒も飲む人って結構いますよね。なに?どちらも関係がない!

 タバコがないとストレスがたまる。やはり晩酌がない生活は考えられない。まあ,人間って何とも仕方がない生き物だこと。他の動物にはないものばかりです。

 タバコは吸わない・酒を飲まない人,本当に長生きするのでしょうかね。また,成人病には罹らないのかしらね。やはり個体差が大きいと思います。

 もう一つは,遺伝です。私の場合は心臓・脳・癌の三つがあげられます。じいちゃん・ばあちゃん・そしてその兄弟姉妹・親父さん・お袋さんの死因の共通点です。

 話が変わりますが,私も「日本の国は少子高齢社会だ」と言ってきました。人口ピラミッドを見れば,そのことがはっきりと確認することができます。

 ここでは,高齢社会に話を絞ります。生を受けて死ぬまで,人間一人に付き一回の経験しかできません。「当たり前じゃないか」と言われそうです。

 ここで何を言いたいのかと言えば,”高齢=死が近付く”ことですね。そして一回しか経験できません。本屋さんに行って儲けるものがたくさん並んでいますよ。

 「死を迎えるに当たって」「高齢社会を豊かに生きる」などなど,現在進行形の人がこういった類いの本を書くのですよ。二回目の人生ならば分かりますが…。

 昔の人は,自分が死後どこに行くのか不安に駆られたことと思います。「地獄ではなく極楽に行きたい」と願った人は,星の数ほどいたと思います。

 人間死後どこに行くか?一回しかない人生,分かるはずがありません。私,宗教って怖いです。「信ずるものは救われる」と,冗談じゃない。

 人間の死後を見た人はいません。どこに行くのか分かるはずがありません。少なくとも無宗教の私には,そう思えてなりません。異説,結構です。人それぞれです。

 キリスト教・イスラム教・仏教など,世界中の人々に信仰されています。が,キリスト・ムハメッド・釈迦の話を聞くと読むと,どれも眉唾ものばかりです。

 医師から死を宣告された人が蘇った事例がありますか?と,余り突っ込みを入れると,熱心な信者から苦情が来るようですから止めます。

 高齢者の方々ならば,これまでの人生の中で二者選択を何度も経験されてきたと思います。一回しかない人生,悔いをいっぱい残しながら,欲深く生きようではありませんか。

 その為には,やはり身体が資本です。タバコ結構,お酒結構,しかしねやはり長生きしたいでしょう。その為にはほどほどにしておいた方がよろしいのでは?

 誰しも欲しいお金,棺桶に入れて灰にしますか?残せば,残された者の争いの元,迷惑のかからないくらいの金額を残し,あとは綺麗に使いましょう。


◇ 第二の人生
”ボンバルディアは,ネパール最大のヘリコプター運航会社シュリー航空(SHA)が,リージョナルジェット機CRJを就航させたことを明らかにした。
 シュリーはCRJ200を2機とCRJ700を1機導入。8月11日から最初のCRJ200(9N-AMC)の運航を始めた。同機は,ジェイエアが運航していた4号機(JA204J)だった機体。
 日本の航空会社でCRJを運航しているのは,ジェイエアとアイベックスエアラインズ。ジェイエアの機材はCRJ200で,今年度内に退役を予定。アイベックスはCRJ200とCRJ700を運航,CRJ200は今年度内に退役させてCRJ700に統一する。”


○ 今日の1枚
Dsc_7784


« 速い!貧しい!生き残れ! | トップページ | 雷様 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/71489781

この記事へのトラックバック一覧です: 一回きり:

« 速い!貧しい!生き残れ! | トップページ | 雷様 »