2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日のお天気は?

« 情けないですが | トップページ | 新しい月 »

2017年7月31日 (月)

地球温暖化と

○ 毎日のお天気を見ていると憂鬱になります。高温多湿状態が続き,夏らしい青空+白い入道雲を見ていません。台風の影響もあるでしょうが,それにしても異常です。

 そう異常気象と言う言葉が使われ初めて久しいですが,これを地球温暖化に結び付けるだけで終わっています。この地球温暖化すら政権維持につなげようとする輩もいます。

 確かに自国民を助けることは,権力者にとって大切な役割です。しかし,地球そのものが危ういとなったら,その考えは狭いものと捉えてもいいいのではないでしょうか。

 異常気象(局地的豪雨・干ばつなど)は,世界中からその事例を出すことができます。動植物の体系も変化し,撲滅種の危険も報告されています。

 誠に愚かな動物,世の中立派な人格者と呼ばれる人が多いのに,この有様です。権力の亡者,利益第一主義者など,グローバルな考え方をしている人は,いかほどに…。

 異常気象,地球が発する危険信号を受け止めることができない。そこには「まだまだ大丈夫だろう」と言う安易な考え,己の欲望を止められぬ弱さがあると思います。 

 ところで,テスラが3月末モデル3を発表しました。今まで高価なEVでしたが,いよいよ大衆車に参入する訳です。日産のリーフ…馬鹿でかい車…次は対抗車を出すでしょう。

 化石燃料を使わない(厳密には使っていますが)車,少なくとも地球温暖化の一因たるCO2の総排出量は減るでしょう。権力者よりも民間人の方が賢いです。

 カルロス・ゴーン,高収入経営者として有名ですが,彼の先を読む目は確かです。少なくともトヨタが出したMIRAIよりは,はるかに現実味を帯びています。

 さらに世界のビッグスリーの一角トヨタ,HVの分野では独走してきました。一方欧州は,ターボを伴うエンジンのダウンサイズ+ディーゼルで勝負してきました。

 高度な技術をもったHV,「これを世界中に広める」と言ったトヨタの戦略は,間違っていました。HVにかかる費用の高騰です。これではインド・中国などには無理があります。

 トヨタの進めてきたHV化は,まさに携帯電話の二の舞(ガラパゴス化)です。優れたものであっても,世界から支持を得られないものでは話になりません。

 世界市場は,確実にEVに流れを切っています。昨日書いた内容につながります。地球温暖化阻止に向けた取組,自動車産業においても流れを見極めたいものです。

 報道では,http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170730/k10011080811000.html

◇ 新天地
”天草エアラインで運用されていたDHC-8-100(JA81AN)が7月12日,ノルウェーのリージョナル航空会社フライバイキングに機体記号「LN-FVC」として引き渡しされた。
 フライバイキングは現在,3機のDHC-8-100を保有,このうち「LN-FVB」は元琉球エアコミューターで活躍した機体で,同社保有機の2機が日本の空を飛んでいた機材が北欧の空で活躍しる。”

 リース会社にとって,機体が返却されれば,次の航空会社探しが待っています。イルカ君が新天地で元気よく活躍してくれることを願っています。

 こうした中古機をうまく活用すれば,航空会社の経営も少しは楽になる?「日本の航空会社の整備状態はいい」と聞きます。きっとその前歴も知っての再リースかと思います。


○ 今日の1枚
Dsc_7694


« 情けないですが | トップページ | 新しい月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/71288477

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化と:

« 情けないですが | トップページ | 新しい月 »