2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今日のお天気は?

« 後半の始まり | トップページ | 経営の難しさ »

2017年7月 2日 (日)

乱読

○ 天気予報は外れ?「信ずるものは救われる」と言いますが,裏目に出ました。市図書館へ本を返却,そして新たに本を借りようと家を出ました。

 往路は日差しがあり,汗がダラダラ出ました。ハンドタオルが役立ちました。返却後,また新たに8冊の本を借り,エレベーターで1階に降りました。

 ふと目にしたのが,地元写真愛好家の写真展でした。入ってみて驚きました,本市の市長の作品が目に入りました。その後,1枚1枚力作を見させていただきました。

 80枚近い作品を見終わって,一番気に入った作品(カワセミが小魚を捕らえた一瞬)を改めて見ました。この写真を撮るためにどれだけの時間と忍耐を要したかと…。

 写真での表現は,難しいものがあります。大昔,土門拳先生がリアリズムを強調され,人為的な作為を排する作品を発表されました。一理あると思っています。

 写真における創造性は,絵画・彫塑の世界とは違った難しさがあります。私の好きなのは,感性に任せた直感を大切にした写真です。策を要したものは,好みません。

 久し振りに写真展を見させていただき,やはり私には難しい世界だなあと感じました。またこの世界,今やディジタルの世界です。一面において綺麗過ぎます。硬過ぎます。

 外へ出たら,何と雨が降っています。仕方なく自宅へ電話してお迎えを頼みました。運が悪く雨は止み,濡れてはいけない本だけを後部座席において散歩に切り替えです。

 図書館までの往復で約80分かかります。帰りは,いつもの散歩コースに近付き,プラス40分の散歩となりました。本当に久し振りに歩きました。1万歩突破でしょう。

 また借りてきた本(全部違うジャンルです。歴史小説はゼロです。)をじっくりと読めます。楽しみです。雨が降っても気になりません。暇つぶし?ができました。


○ これまた都市に住む人間の目線です。認知症の疑いを検査する75歳以上の免許更新,これ自体には事故を未然に防ぐ意味から,ある程度の効果はあると思います。

 まあ裏には,運転免許証取得者の減少=自動車学校の経営難があるにしても。どこでどうつながっているか知りませんが,くさい匂いが漂ってきます。

 そして今度は,矛先を自動車製造メーカーに向け始めました。安全装置(自動ブレーキ・急発進防止などの対策)の義務付けというものです。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017063000795&g=soc

 私がいつも行ってきていることですが,交通手段のある地域ならば運転免許証返納は,一理あると思います。が,地方にいったら交通手段すら満足にありません。

 先日行った群馬県の山間部や農村地帯,唯一の交通機関=バスすら廃止されています。バス停留所がないんです。福祉バスが一日数便あるくらいです。

 これでは買い物や通院に不便ですよね。そして若者は町に仕事で出て行ってしまう。農作業も待っています。となると,軽トラックの出番です。

 軽自動車の税金を上げたばかりです。今度は安全装置を付けた車となると,家計にも大きな影響があります。(現在軽トラックに自動ブレーキの付いたものはある?)

 福祉バスとて地方自治体の財源が乏しい中での運行だと思います。この運行補助をしなければ,過疎地の人達はどうやって生活をしていけということでしょう。

 自動車の安全装備の義務付けは賛成ですが,一方ではこういった過疎地に住む人達への配慮を忘れないでいただきたい。それが政治というものです。

○ 今日の1枚
Img249x


« 後半の始まり | トップページ | 経営の難しさ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/71024366

この記事へのトラックバック一覧です: 乱読:

« 後半の始まり | トップページ | 経営の難しさ »