2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日のお天気は?

« 疑問符 | トップページ | 選択の幅 »

2017年6月29日 (木)

歩きましょう

○ とある研究の一部を…一日の歩数と予防・改善できる可能性のある病気の目安だそうです。男女であったり,症状によっては大きく異なってくると思います。

”12000歩(肥満)10000歩(メタボ:75歳未満)8000歩(高血圧症・糖尿病・メタボ:75歳以上)7000歩(がん・動脈硬化・骨折)5000歩(認知症・心疾患・脳卒中)4000歩(うつ病)2000歩(寝たきり)”

 私,自宅からJRの駅までを最長と考えています。約45~50分かかります。それ以内ならば,歩きます。最もリュックサックとか両手で持てる荷物までですが。

 この習慣が付くようになると,車に乗る機会は激減します。エコドライブどころか,ガソリンを全く使いません。自らの習慣を自らの力で改善していくことです。

 もう一つは,自分の目を含めた感覚で四季の移ろいを感じることができます。自力で歩ける喜びを感じます。車椅子や松葉杖のお世話になる前にたっぷりと感じておきたい。


 

◇ どうなっているのこの会社
 国際線の旅行客を国内線ターミナルに誘導,入国審査なくして入国,それも二度も。人員削減,利益追求の最たる例です。 お上との馴れ合いともとれます。そうしたら今度は,
 
”奄美空港で,バニラ・エアの関西空港行きの便を利用した半身不随で車いすの男性が,階段式のタラップを腕の力で自力で上らされる事態になっていた。バニラ・エアは「不快にさせた」と謝罪。車いすでも搭乗できるように設備を整える。
 高校時代にラグビーの練習中に脊椎を損傷し,車いすで生活。木島さんとバニラ・エアによると,搭乗便はジェット機で,関空には搭乗ブリッジがあるが,奄美空港では降機がタラップになるとして,木島さんは関空の搭乗カウンターでタラップの写真を見せられ,「歩けない人は乗れない」と言われた。木島さんは「同行者の手助けで上り下りする」と伝え,奄美では同行者が車いすの木島さんを担いで,タラップを下りた。
 今度は関空行きの便に搭乗する際,バニラ・エアから業務委託されている空港職員に「往路で車いすを担いで(タラップを)下りたのは(同社の規則)違反だった」と言われた。その後,「同行者の手伝いのもと,自力で階段昇降をできるなら搭乗できる」と説明された。
 同行者が往路と同様に車いすごと担ごうとしたが,空港職員が制止。木島さんは車いすを降り,階段を背にして17段のタラップの一番下の段に座り,腕の力を使って一段ずつずり上がった。空港職員が「それもだめです」と言ったが,3~4分かけて上り切ったという。
 奄美空港だけ車いすを持ち上げる施設や階段昇降機がなく,車いすを担いだり,おんぶしたりして上り下りするのは危険なので同社の規則で認めていなかった。バニラ・エアは奄美空港でアシストストレッチャー(座った状態で運ぶ担架)を14日から使用,階段昇降機も29日から導入する。”

 規則遵守と人道的措置,その区別は難しいと思います。が,自力でタラップを登ろうとしている人を「それもだめです」と見ていた職員も職員です。血の通った人間?

 問題が起これば,あるいは多くの人に知られれば渋々改善する会社です。地方空港への就航を利益優先で考え,様々な乗客がいることを想定していないからです。

 公共交通機関,そこには様々な人が利用します。老若男女,障害をもった人など,あらゆる人の利用を考え施設・設備を整える時代です。残念ながらバニラ・エアにはない。

 公共交通の一翼を担う航空会社として,車いすの障害者にどうやって乗ってもらうかを想定するのは当然のこと。障害者差別解消法を管理職は読め!

 今や障害者への対応は,解消法によってコンプライアンス(法令や社会規範の順守)の問題です。世界の流れを本気でとらえているのか疑問の会社です。

 血の通った応対・臨機応変の応対ができない,こうレッテルを貼られる会社です。経営方針が根本から間違っています。先の間違い誘導しかり。


◇ 本当かなあ
”欧州格安航空会社最大手,ライアンエアー・ホールディングスは,経営破綻したアリタリア航空の買収を検討する可能性があると明らかにした。「大幅な改革やリストラ」の実施が前提としつつも,過半数の株式を取得する考えを示した。
 「発着枠の取得に興味はない」,買収に踏み切る場合には部分的ではなく,経営権を取得する方針。アリタリアにはこれまで多くの航空会社が協業の可能性などで関心を示してきたが,買収の可能性に言及したのはライアンエアーが初めて。
 ライアンエアーはイタリアで旅客シェアが首位で,同2位のアリタリアを買収すれば,イタリア市場での影響力を一段と高めることができる。一方,アリタリアは5月に政府に「特別管理」を申請して支援先企業を探しており,売却先が見つからない場合は事業の清算に追い込まれるおそれがある。”


○ 今日の1枚
Dsc_3984


« 疑問符 | トップページ | 選択の幅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70997115

この記事へのトラックバック一覧です: 歩きましょう:

« 疑問符 | トップページ | 選択の幅 »