2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« いよいよ梅雨入り? | トップページ | 公平・公正な世を »

2017年6月 8日 (木)

梅雨は涙か

◇ UAL/UAのB747-400の成田への運行も,約1週間(14日が最終便と聞いています。)で終わります。UA,クラシック(SPを含む)から塗装が三度替わりました。

 あの凄みのあるグレー塗装,チューリップは小さくなりましたが,健在でした。COとの合併で,面白くない塗装(現塗装)になりました。特別塗装もアライアンスだけ。

 散々悪口を言っても,もうUAのB747の姿は成田から消えます。梅雨に入り,成田へ行く機会は限りなくゼロになりました。またいつもの手を使うしかありません。

 DAL/DLは,夏スケ中は飛ばすようですが,前倒しもあり得る気配です。ヨーロッパからは,KLM/KLが最後でした。成田からB747の姿が…,寂しい限りです。

 B747,A380とは比べものにならない美しさをもっていると(個人的には)思っています。残るは?CAL/CIのみ?KAL/KE,AAR/OZも不定期にしか入ってきません。

 となると,旅客便のB747はこの夏スケで終了,替わってB777の時代となりますか。それともサイズダウンしてA330(本当に多くの航空会社が採用しています。)かな。

 もう一つの4発機,こちらもSAS/SK,SWR/LX,THT/TNとなりました。CPA/CX,CAL/CIからもいなくなりました。予想では,あと1年位したら旅客便の4発機はいなくなる?今年の梅雨は,涙なのかしら。

 ところでスペア・スライドを整理しながら,思い出に残るものをスキャンし,ディジタル化をしています。やはりB747の存在は大きいものがあります。

 写真を撮るならば,やはりB747です。自分が搭乗するならば,B767/B777ですね。A350は知りませんが,A330/A340の室内空間の狭さは好きになれません。

 空港へ行くと,「あー,いつもの」と姿を見るのですが,写真に収めよとするとする人は少ないようです。もったいないですねえ。せめて1コマでも。

 まあこれは,私のようなお上りさんの考えでしょうね。地元の人にとっては,無駄なことかもしれません。先程スライド・スキャンの話をしました。

 1ロールに定期便を順番に撮っていた時代がありました。同じレジを見かけますが,比べてみれば違いがあります。それは私の撮影技術の未熟さもあります。

 それでもどちらを残すか,どうしても比べてしまいます。ささやかな私の楽しみです。これがアクション・ショットとなると,そうはいかないと思います。難しいです。


 ここでデジ一眼の登場となります。気に食わねば消せばいい。しかし,ここでもこだわりが出てしまいます。下手なのに「一発で決めてやろう」と大それたことを…。

 「決まれば残す,決まらねば消す」,トリミングで細工をしない。ここでも決まったとき,一人でニヤニヤしてしまいます。福岡のRW16の上がりなんか,本当に面白いです。

 梅雨に入って,今までのように連続した晴天が望めなくなります。撮れないジレンマ,つまらぬことをあれこれ考えてしまいます。


◇ コミューター機の将来は
”離島路線をはじめ,存続が今後厳しくなるとみられる地方路線を運航する地域航空会社について,監督官庁である国土交通省航空局(JCAB)は,機材の共通化や大手2社をまたぐコードシェアなど,抜本的な見直しの検討を進めている。
 有識者会議の「持続可能な地域航空のあり方に関する研究会」は,地域航空会社の今後のあり方に関する提言の中間とりまとめ案を公表した。日本国内の人口減少や高齢化などにより,需要の先細りにどう対応していくかが,地域航空会社に共通の課題。
 検討対象となっている主な地域航空会社は,ターボプロップ機を運航する5社。日本航空のグループでは,日本エアコミューター(JAC/JC),北海道エアシステム(HAC,NTH/JL),コードシェアを実施している天草エアライン(AHX/MZ),全日本空輸系ではANAウイングス(AKX/EH),コードシェアするオリエンタルエアブリッジ(ORC,NGK)。さらにJALグループの琉球エアコミューター(RAC)。
 地域航空会社では,大手とのコードシェアや,JACと天草エアのように地域航空会社同士で予備機を共用する準備を進めたり,JACが天草エアとHACから整備を受託するなどの取り組みが見られるが,原則としてグループ内の連携にとどまっている。機材数も天草エアラインのように1機しか保有していない会社もあり,将来的に機材数などによるスケールメリットを出すのであれば,機材の共通化などが不可欠というのが,JCABの考え。
 こうした大幅な運航コスト削減,機材整備による欠航を防ぐため,地域航空会社の統合も含めたあらゆる選択肢が,今後の検討課題だとしている。”

 高齢社会,人口減少国,なかでも過疎過密の問題は,地域の政治経済などあらゆる場面で課題を抱えています。特に過疎の中でも離島では,今後さらに深刻な問題に…。

 新幹線網の充実とコミューター機の存在,どちらも地域住民にとっては大切な交通機関となっています(なっていきます)。記事にあるようにコスト削減が最大の課題か。


○ 今日の1枚
Dsc_1588a

« いよいよ梅雨入り? | トップページ | 公平・公正な世を »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70797164

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨は涙か:

« いよいよ梅雨入り? | トップページ | 公平・公正な世を »