2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 公平・公正な世を | トップページ | 変わらない? »

2017年6月10日 (土)

若手育成

○ やっと連敗にストップがかかりました。「巨人・大鵬・卵焼き」(懐かしい)の世代としては,強さと好みの代表でした。それが球団ワースト記録を作りました。

 卵焼きはハンバーグ?になり,大鵬は白鵬になり,巨人は???その巨人,13連敗と球団の歴史を塗り替える停滞振りです。お客さんは入っているのにねえ。

 一昔前,東京六大学野球で○○大学の歴史的な連敗記録が話題になりました。しかしこちらはプロ野球です。スポーツに記録はつきものですが,これは恥ずかしいです。

 「俺の球を打って見ろ」「どんな球にでも食らいつくぞ」と言った野球の原点?これで即勝てるわけではありませんが,少なくとも気構えは必要でしょう。

 かつて巨人と言えば,誰しも入団したがった所です。人気も高い。セ・リーグの停滞の遠因は,ここにあると思っています。巨人戦の実入りで球団が成り立つ図式です。

 勝つためには,ビッグマネーを使って他球団あるいは海の向こうから有力選手をかき集めてきました。このやり方の結末のいい例が,今の巨人なのかもしれません。

 ”実力のパ”と以前から言われてきたパ・リーグ,オールスターゲームでセ・リーグを負かして鬱憤を晴らしているようでした。お客さんの少ないことも有名でした。

 イチロー・田中・ダルビッシュなど,大リーグに渡ったパ・リーグの選手の活躍,実力のパ・リーグだからこそできたことです。次は大谷?それとも?

 が,今ではパ・リーグの人気と実力は伴ってきました。実力の原因の一つは,選手の育成にあると思います。若手の育成,時間はかかるものの球団の財産です。

 夏の甲子園で全国的に有名なった菊池雄星(花巻東高),鳴り物入りで西部ライオンズに入団,プロの洗礼を浴び,下積み生活が長く続きました。あの苦しみが現在では…。

 彼は確か,高校卒後プロ野球選手になったはずです。現在いくつになったか知りませんが,5年間位は,2軍生活を送っていたはずです。本人の努力+コーチ陣の支えです。

 セ・リーグの力を付けるには,やはり若手の育成でしょう。花形選手もいいですが,先が見えています。先を見て投資をする,この姿勢が見えてくることを望みます。


◇ 恒例の発表
”エアバスの5月の引き渡しは60機(前年同月57機)。受注は59機(83機)。
 引き渡しの内訳は,A320シリーズが46機(前年同月48機),A330シリーズが6機(3機),A350シリーズが5機(3機),A380が3機(3機)。
 受注はA320シリーズが39機(前年同月77機),A330シリーズが0機(0機),A350シリーズが20機(6機),A380が0機(0機)。
 A320は39機中4機がA320neoシリーズで,匿名顧客1社から4機を受注。A350は中国南方航空から20機を受注した。”
”ボーイングの5月の引き渡しは56機(前年同月71機),受注は13機(125機)。
 引き渡しの内訳は,B737が36機(前年同月47機),B747が1機(1機),B767が1機(0機),B777が6機(9機),B787が12機(14機)。
 受注はB737が3機(前年同月124機),B747が0機(0機),B767が0機(0機),B777が0機(1機),B787が10機(0機)。B737は匿名顧客からB737-800を3機受注。B787はすべてB787-9で,カナダのウエストジェットから10機受注した。”

 月ごとの引き渡しと発注,やはり小型機中心の製造・販売ですね。燃料が比較的安価に安定しているためか,航空会社の発注数が増えませんね。

 両社ともに大型機はサッパリです。余程の高需要路線でない限り,燃費の悪い大型機は割が合わないのでしょう。また,座席を80%以上埋めるとなると…。


○ 今日の1枚
Dsc_4672


« 公平・公正な世を | トップページ | 変わらない? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70816745

この記事へのトラックバック一覧です: 若手育成:

« 公平・公正な世を | トップページ | 変わらない? »