2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 早く返ってこないかな | トップページ | 課題の先送り »

2017年6月 2日 (金)

正義はどこへ

○ 日本のテレビ番組の中には,実に長寿なものがいくつかあります。その中の一つに”水戸黄門(光圀)”があります。毎度話は単純そのもの,それでも人気があります(た)。

 日本人の多くが,正義を重んじ悪を憎む心をもっているのでしょうか。実話とはほど遠い話でありながら,息の長い番組で,再(再?再再?)放送されています。

 話を国会に転ずれば,一体どちらが正直なのか隠し事をしているのか,分からない状態です。マスコミも新情報を得ようと必死の毎日だと思います。

 二つの学園騒動,それでも内閣は高支持率だと伝えています。どちらも自分の都合のいいことばかり申し立て,不利となれば貝のごとく殻に閉じこもっています。

 今の国会には,国民の知る権利がないがしろになっていると思います。自公+維でもって圧倒的多数を占めているからでしょうか。誰がこうした状態を期待したのでしょう。

 期待される野党,中でも民進党のふがいなさ,目に余るものがあります。信頼の置けない政党ですが,野党第一党の責務をどう果たすつもりでしょう。

 正義が失われ,政治に無関心なことをいいことにやりたい放題,この先が思いやられます。政権をもち得る能力,取って代わる政党がないのも悲しいものです。


○ 安い裏には
”アマゾンジャパンは,通販サイトの出品者に競合サイトと同等の価格・品ぞろえを保証させる契約を結んでいたが,この契約条件の撤回を出品者に周知する。公取委は撤回の周知が確認でき次第,審査を終了する。公取委は昨年8月,同社サイトが有利になるよう取引条件を求めたとして,同法違反の疑いで同社を立ち入り検査していた。
 公取委によると,アマゾンジャパンは同社サイト上に書籍や美容製品などを出品できるマーケットプレイスの事業者数十万者(社)に対して,競合サイトよりも安く,豊富な品ぞろえを約束させる最恵待遇(MFN)条項とよばれる契約を,遅くても2012年以降に結んでいた。立ち入り検査後,同社はMFN条項を撤回,新規契約にも盛り込まないことを公取委に申し出た。公取委は改善策を受け入れ,審査を終了。同社は今後3年間,公取委に改善状況を書面で年1回報告する。
 独占禁止法は事業者に対し,取引相手の事業活動を不当に拘束する取引条件を,不公正な取引方法の一つである「拘束条件付き取引」として禁止。MFN条項自体は独禁法違反ではないが,公取委は,アマゾンジャパンが,優位な立場を利用して,MFN条項で常に最も有利な取引を続ければ,競合サイトの新規参入を妨げたり,競争をゆがめたりする恐れがあるとして,同法違反の疑いで審査していた。公取委によると,同社は,事業者の競合サイトでの出品状況や価格を定期的にサンプル調査し,自社サイトと比較。MFN条項違反があれば,出品者にメールや面談で同条項の順守を求めていた。”

 力のあるものが,圧力をかけながらますます肥大化していく,ここにも正義はない。法に触れるかギリギリの線での攻防,ひとまず落ち着くのでは?

 アマゾンと言えば,ヤマト運輸に対しても随分強気な交渉をしてきたと言われています。高額な商品以外,ヤマト運輸も佐川急便のように撤退すればいいのに…。

 ものは増えても利益が薄い,太っていくのはアマゾンジャパンだけ。アマゾンも自前の配達業者部門を作るべきでしょう。値上げ?それは仕方のないことです。

 ヤマト運輸の料金改定で異議を唱える人が少なかった,やはり配達業務に携わる人達の労働権に国民が理解を示したと言うことです。

 安い裏にある業者泣かせの行為,消費者の立場に立った公正な取引,公正取引委員会の正義を指示します。くれぐれも再び違反のないよう目を光らせてもらいたいものです。


◇ エンジンは一足お先に
”三菱重工業と三菱航空機,プラット・アンド・ホイットニーは,開発中のMRJが搭載するPW1200Gが,FAA(米国連邦航空局)の型式証明を取得したと発表。
 MRJは,PW製のギヤード・ターボファン・エンジンPurePower PW1200Gを採用。推力は1万7000ポンド。PW1200Gは,現行のリージョナル機と比べて機体の運航コストを10-20%抑え,排出ガスを最新基準に対して50%低減できる。
 FAAが定める型式証明の要件クリアに向け,15種類以上にのぼるシステムレベルの基幹試験に成功。これらの試験を通して,性能や耐圧,耐荷重,耐久性,排出ガス,騒音,鳥衝突,ファンブレードコンテインメントといった項目について,型式証明取得に必要なデータを得た。開発,証明作業,飛行試験を通じたエンジンの総運転時間・サイクルは6000時間,1万5000サイクルに達している。
 今回FAAから取得したのは,エンジン単体の安全性を証明する型式証明。今後は量産機納入の半年前にあたる,2020年初頭までに機体の型式証明取得を目指す。”


○ 今日の1枚
Dsc_3412


« 早く返ってこないかな | トップページ | 課題の先送り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70740518

この記事へのトラックバック一覧です: 正義はどこへ:

« 早く返ってこないかな | トップページ | 課題の先送り »