2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 変化と注意 | トップページ | 実態とかけ離れて »

2017年6月14日 (水)

ささやかな幸せ

○ この1週間の間に散歩をしていて二人の先輩に会いました。同じ職場をともにしただけに,懐かしさとともにお互いの風貌の変化に驚きました。

 お一人は,これから農作業に向かう軽トラックを運転中。たんぼ道を歩いている私をよく発見できたものと,驚きました。さすが日焼けし精悍そのものでした。

 もうお一人は,歩行ステッキを両手にたんぼ道を歩いているときです。お恥ずかしいですが,お二人とも私の方が気付かず申し訳なく思いました。

 年金生活に入り,お互いの交流はほとんどなくなりました。私なんか,自分の仕事内容すらうろ覚えになってきています。42年間働いてきましたが…。

 「今何してる?」が会話の始まりのようです。簡単に話し,相手方の近況も教えてもらいました。そして何より「健康第一」が締めくくりのようです。

 ワイシャツ・背広・ネクタイ・革靴と言ったスタイルから,Tシャツ・ジーンズのスタイルに替わりました。「何かやらなくちゃあ」と言った気持ちが起きません。

 世の中,ものどころか人間まで消耗品扱いの時代です。絶えず新しいものを出し,購買意欲をかき立てる。プロスポーツも同様です。短いスポーツ人生です。

 へそ曲がりな私は,書棚から本を出して読みます。若い頃読んでいた感覚とは,随分違う読み方をしています。CDでも聴き方が変わってきています。

 別に新しいものを求めて生きている訳ではありません。平凡の非凡とも言いますが,必死に生きていく(家族を養っていく)歳ではありません。のんびりのんびり。

 散歩をしながら外の空気を吸い,必要なものがあれば歩いて買い物に行く。社交性のない人間だけに己の世界を大切にしたがる傾向があります。

 そうそう腕時計をしなくなりました。曜日感覚は,家の前のゴミステーションに出されるゴミの種類で分かる生活です。NHK:FM放送は,よく聴くようになりました。

 一杯の熱い珈琲,素晴らしい音楽,日陰で本をゆったりと読む。これでいいんです。ささやかな幸せ。税金・保険等,自然に出て行く額の多さには頭が痛いですが。


○ 将棋の世界の旋風のことは,先日書きました。どうやら今度は卓球のような…。以前は体操でしたっけ。これまた先の話ではありませんが,”流行”を追うようです。

 我が子をスポーツ選手に,もう五歳未満から○○クラブへの送迎です。試合となれば,応援のために休日返上です。ご苦労様です。

 が,これが中学校・高等学校の部活動となると,途端に親の姿勢が変わってきます。おかしなものです。子ども自身の判断,あるのでしょうかねえ。

 国挙げてオリンピックに向けて選手育成,国体の国版ですね。国体も開催県が優勝しなければ話になりません。不成績ならば,多くのコーチが切腹ものです。

 中学生・高校生ならば,自らの意思で入部を決めることができます。が,幼児には…。幼児期に体験しておかなければならいこともできません。

 頂点に立つくらいの才能が開花したものはいい,がそれは氷山の一角です。埋もれていくものの数は…。どんな人間に育っていくのか,その方を心配したくなります。


◇ 需要予想
”エアバスは,2017年から2036年までの20年間の民間航空機市場予測を発表。今後20年間で航空輸送量は年平均で4.4%ずつ増加,100席以上の旅客機3万4170機,10トン以上の貨物機730機の計3万4900機の新造機が必要との見通し。
 現在世界で運航されている航空機1万8890機が2036年までに2倍以上に増加,約4万機になると予測。1万2870機の経年機が,燃費の良い機体に置き換えられるとみている。
 航空輸送量の成長は,新興市場で最大の伸びを見せると予測。成熟市場における年間成長率3.2%の約2倍の成長率を見込んでいる。アジア太平洋地域は,今後20年間で新造機引き渡しの41%を占める見通し。第2位の欧州が20%,第3位は北米の16%と続いている。
 また,今後20年間で新造機の運航と整備には,パイロット53万人と整備士55万人が必要になるとの見通し。
 ワイドボディー機市場では,今後20年間で約1万100機,A330やA350といった中大型機は8686機,A380などの超大型機は74機減の1406機と予測。ナローボディー機市場では,20年間で2万4807機(前年比1277機増)の新造機需要がある見通し。
 輸送量増加に伴い,航空会社が発注する機体サイズを大型化する傾向が続いているという。”

 需要予測は,ボーイングでも似たような傾向です。要は人口の多いアジア・アフリカ・南アメリカでの小型機の需要が非常に高いと予測しています。

 パイロットや整備士の育成,空港等のインフラ整備など,今後も巨額な資金が必要になることは間違いありません。但し肝心の燃料費の高騰は,どこにもありません。


○ 今日の1枚
Dsc_5850


« 変化と注意 | トップページ | 実態とかけ離れて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70856398

この記事へのトラックバック一覧です: ささやかな幸せ:

« 変化と注意 | トップページ | 実態とかけ離れて »