2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日のお天気は?

« ことの裏には | トップページ | 生活のリズム »

2017年6月22日 (木)

上州へ

○ 1週間ぶりにブログを再開します。上州一人旅,それでもいろいろな方のお世話になり,人の優しさに接する機会がいくつもありました。感謝でいっぱいです。

 今やテレビやインターネットのおかげで,日本はおろか世界中のニュースを目に耳にします。が,それらは”刺激”を求めるものであり,それにのめり込むと…。

 確かに刺激は胸に突き刺し,心動かされるものです。しかし,それを中心に動いている日々は,何と空虚なものと感じてしまいます。刺激が売り物となっています。

 一人旅をしながら,(一期一会の)出会いを求め,多くの方の人情に触れ,回っていく楽しさは格別なものがあります。刺激よりも人情です。

 「一人で寂しくないですか?」と聞かれたことがあります。「寂しいように見えますが,二人でいるとトラブルが増えます。」と,なかなか意味深な返事をしたものです。

 若者の恋ではありません。一日24時間のほとんどを相方と過ごす,もう気が狂ってきます。例え他人であろうと,さりげない会話ができれば十分です。

 一人旅は,日常生活とは違います。刺激に左右される生き方とは違います。不確定要素が多分に含まれている,いわば曖昧なものです。それが却って新鮮です。

 農業に従事している人達は,自分勝手な人が少ないと思います。特に米作は,部落及び部落間の意思疎通が大切です。水です。これが人格形成に大きな影響をもっています。

 日頃接している人達と顔が違います。何か刺激を求めギスギスした人間関係の中に生きるのとは,違います。多くの日本人が,効率優先のために忘れ去ったものがあります。

 もう一度書きますが,人情です。都会人は,思いやり一つでもニュースになります。米を作っている人達は,そんなことを意識していません。無意識に動いています。


 ところで旅の一つの楽しみに温泉があります。毎日違った湯に入っていると,(多分に好みですが)湯質の優劣が分かってきます。やはりヌルヌルの湯質が好きです。

 勤労者は週末や祝日・休日などしか温泉入浴ができない,となると平日の入湯客は高齢者となってきます。身体には,長い年月の疲労の蓄積が見えます。

 温泉に入ると言うことは,こうした疲労蓄積から少しずつ解放していくことでもあると思います。入浴中の顔を見ていると,難しい顔はありません。

 
 今回宿泊施設にはお世話になっていません。過去には,大型旅館を好んだ時期もあります。が,次第に部屋数10室以内の施設を探すようになりました。

 (多くは)移設設備は劣りますが,そこには施設独特の雰囲気やコミュニケーションがあります。一方では,ホテルのように不干渉の施設も好むようになりました。

 事務的な会話だけに終わるか,それとも人情に触れるか,両極端に好みが分かれるようになってきました。そしてそれまでも利用できない生活,せめて温泉だけは…。


○ 今日の1枚
Sdsc_6309


« ことの裏には | トップページ | 生活のリズム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70931143

この記事へのトラックバック一覧です: 上州へ:

« ことの裏には | トップページ | 生活のリズム »