2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« 読書復活 | トップページ | 恥ずかしいやら情けないやら »

2017年6月25日 (日)

そんなに急いでどうするの

○ 昨日の散歩中の出来事。軽バンが止まっていました。横を通り過ぎようとすると,おかしな日本語で呼び止められました。どうやら道に迷って,細い道に入り込んだようです。

 何でもスマホの地図を頼りに運転してきたが,道がサッパリ分からないと言うことでした。行きたいところを聞き,私も調べました。分かりました。

 私のたどたどしい英語で,彼に道順を教えました。何とか通じたようです。彼は走り去って行きました。私も再び歩き始めました。暑いです。

 しばらく行くと,向こうから先程の軽バンが向かってくるではないですか。スピードを落とし,ニコニコしながら「
サンキュー」だって。用事を済ませることができたようです。

 前にも書きましたが,私は散歩コースを気紛れで選んでいます。一番の条件は,自動車からできうる限り離れることです。歩きながら排気ガスを吸いたくないからです。

 区画整理された水田の間,農業用通路は大好きです。蛙の鳴き声を聞きながら,野鳥の鳴き声を聞きながらの散歩は,最高に気分がいいです。

 この時期散歩をするとかなりの汗をかきます。暑いですが,8時過ぎに家を出て,約1時間程の散歩をすると,Tシャツは汗びっしょりです。

 帰宅しシャワーを浴び,水分補給をすると身体の調子がいいです。着替えを済ませ,読書の続きと時間は流れていきます。歴史小説や推理小説は,途中で止めるのが難しい。


○ 上州人のせっかち運転,これは県民性なんでしょうかね。信号が少ないこともありますが,とにかく速度を上げることが無上の楽しみ?

 私から見れば,ガソリンを捨てているような走り方です。また,当然安全な運転…他車や歩行者・自転車に対する安全意識は低いですね。

 高速道路,例のアイサイト(自動追従運転)の出番です。私は,95km/hに設定することが多いです。この速度に設定する理由は,流れをそんなに妨げないからです。

 それに公表されている燃費に近いか,ちょっと上回る位の値が出ることが分かっているからです。stop & goの多い地域では,アクセルの踏み込みは緩やかです。

 燃費至上主義ではありませんが,「そんなに急いでどうするの」と言う意識が,私の中にあることは確かです。上州人には理解しがたい考え方です。

笑えてきますが(前橋市は,地域の環境や生活,文化を生かし,スローライフを推進する都市「チッタスロー」(スローシティ)の考え方を広める国際的組織「チッタスロー協会」への加盟が認められた。日本からの加盟は,気仙沼市に続き2都市目。)だって。


◇ やっと後ろ姿が
”ボーイングが,B737では胴体長が最長となる737 MAX 10の開発を発表。B737 MAXは737の発展型で,新型エンジンを採用。標準型はB737 MAX 8(1クラス189席)。B737 MAX 8をLCC向けに座席数を増やしたB737 MAX 200(同200席),もっとも胴体が短い機体でB737-700の後継となるB737 MAX 7(同172席),胴体がもっとも長いB737-900ERの後継機B737 MAX 9(同220席)があり,B737 MAX 10は5機種目。
 B737 MAX 10はコミットメントを含めて326機を受注。このうち168機が確定受注,125機は既存受注分からの変更で,新規の確定受注は43機。
 また,B737 MAXとB787の間に位置する「MOM(ミドル・オブ・ザ・マーケット)」の機体「797(仮称)」については,シルエットを“チラ見せ”。2025年以降の就航が計画されている。”

 ボーイングやエアバスの小型機販売競争は,熾烈を極めています。一方前から指摘してきたようにB757/767の後継機は,発表されていません。

 B757/767は,日本を始め欧米で高い評価を得てきています。日本のガリバーもあと5年は使うと見られています。微妙な時期となりますが,どこの航空会社が…。

 もしもB797として出てくるならば,B787ではまだ大きすぎる路線に使えます。最新技術を投入すれば,航続距離1万2千kmは楽でしょう。


○ 今日の1枚
Dsc_6429


« 読書復活 | トップページ | 恥ずかしいやら情けないやら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70959181

この記事へのトラックバック一覧です: そんなに急いでどうするの:

« 読書復活 | トップページ | 恥ずかしいやら情けないやら »