2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« またか! | トップページ | 充実した一日? »

2017年6月 5日 (月)

人様に迷惑をかけないように

○ 皆さんは,どう思われますか?
 一つ目は,アルコールを手にして深夜親しい友と語り合う。実に美しい光景でしょう。これが庭先でやったら?アルコールが入っていると,自然に大きな声になります。

 二つ目は,24時間営業のコンビニの駐車場でのアイドリング・カーステレオの音のことです。暑い日の夜,エアコンを入れれば快適に過ごせますね。そこに好きな音楽…。

 三つ目は,食事中の隣人の痰を吐く音。家での中では痰を吐けませんから,玄関を出てやります。ウサギ小屋の並び,その音は筒抜けです。

 私とて「人様に迷惑をかけたことがない」と言えば,それは嘘です。本人が意識している意識していないに関わらず,思わずやってしまうことだってあります。

 上に書いた三つの例を出すまでもなく,人様に迷惑をかけていることだってあります。問題は,それを指摘されたときの心の広さです。逆ギレ,話になりません。

 自分(達)が意識しないところで人様に迷惑をかけている,それを指摘されたら素直に己の恥ずかしい行為を直す…こういった心の広さが求められます。

 いつしか隣人との付き合いが希薄になり,侘しい人生を送ったり,最悪孤独死に至る。プラスマイナスはありますが,隣人とのお付き合いは大切ですよね。


◇ 新しい商売のやり方
”日本政策投資銀行と三井住友銀行は,保険との組み合わせで航空会社の航空機購入に融資しやすくする世界初の仕組みを取り入れる。航空会社が融資を返済できなくなると銀行には保険金が支払われる。航空機の調達には1機で多額な費用がかかり,融資に適した格付けを持つ企業も限られる。銀行のリスクを軽くし,航空会社に必要な資金を回しやすくする。両行はこのほど,第1号として大韓航空と2機分の融資契約を締結。B787の購入資金として数百億円を融資する。期間は12年。融資にあたり独アリアンツや英領バミューダが本拠のアクシスなど4社と保険契約を結んだ。
 保険料は航空会社の信用力に応じて決め,破綻や資金繰りの悪化で返済が滞ると銀行に保険金が払われる。銀行側は元利金不払いの肩代わりで不良債権化を防ぐ。
 航空業界は世界的な景気変動や感染症,テロの影響を受けやすい。5月にアリタリア航空が自主再建を断念するなど経営は不安定な面がある。世界で700~800ある航空会社のうち,融資適格の信用格付けを持つのは10社程度にとどまるとの厳しい見方もある。
 一方,新興国中心に航空需要は伸びると期待されている。格安航空会社の成長で,機体数は今後20年で倍増し,4兆5千億ドル程度の資金が必要になるとされる。ボーイングは航空機ファイナンスの市場規模を約13兆円と推計する。
 今回の手法で融資先の信用を補完できれば,利用が広がる可能性がある。両行はまず国内外の航空業界の資金ニーズ掘り起こしを急ぐ。”

 欧米のガリバーとて政治・経済の動向に経営を大きく揺さぶられる航空会社,製造業の企業と比べれば,利益幅は狭い。肝心の新造飛行機は,1機数百億円もします。

 今後新造飛行機への需要数は高まるものの,その元手は?これまでは,リース会社が航空会社の高い需要を満たしてきました。そこに新たなやり方を考えたのが,これです。

 経営が傾き始めたら,返済できず立ち往生です。確かにプラス保険料は,余分な出費です。が,世の中様々な保険があります。負債を保険金で支払う,安心感をもてます。

 経営陣の甘い考え・強欲に経営が傾く例は,古今東西数え切れないほどあります。その中には航空会社も(当然)含まれています。リスクを避ける必要があります。


○ 今日の1枚
Dsc_3379


« またか! | トップページ | 充実した一日? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70768593

この記事へのトラックバック一覧です: 人様に迷惑をかけないように:

« またか! | トップページ | 充実した一日? »