2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

選択の幅

○ 懐古趣味とは違いますね
”ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は,アナログレコードの自社生産を29年ぶりに再開すると発表。2018年3月までに量産を始める。ソニーはレコードの溝を掘る機械を2月に収録スタジオに設置。その場で録音した音源でマスター(原盤)を制作することができる。SMEのカッティング機材は社員が米国まで飛び,中古を見つけ出して購入。SMEはOBや他社のエンジニアにも協力を仰いだ。SMEはレコード専門レーベルも立ち上げたが,生産は国内外の業者に委託しているため販売枚数が限られていた。そこで自社生産の再開に踏み切る。
 再開するのはSMEの完全子会社,SONY DADC JAPAN。同社工場はCBS SONY時代に故大賀典雄氏が建設し,1969年からレコードを製造していた歴史ある工場。だがソニー自らが開発したCDの台頭に伴い89年にレコードの製造を終了。現在は音楽CDやプレイステーションのソフトなど,ソニーグループの光ディスクを製造。
 定額配信サービスが普及する中,日本はCDやレコードなど「パッケージ」と呼ばれる売上高がいまだに音楽全体の73.5%を占める世界でも珍しい市場。16年のレコード生産量は10年比約8倍の79万枚に増えたが,パッケージにおける比率はまだ1.5%。”

 あれは高校生の頃,ビートルズのヘイジュードが発売される前でした。この曲,大変に長くシングル片面に入るかどうかと級友とワイワイガヤガヤしたものです。

 カッティング技術の向上?レコード生産技術の頂点の頃?買ってきたヘイジュードには,鏡と思えるくらい細かな溝が切ってありました。大変に驚いたものです。

 レコードってその材質の関係で静電気が起きやすいものです。静電気防止のスプレーをかけ,ターンテーブルにのせ,静かに細かなゴミを取る。儀式です。

 私のもっている再生機器では,レコードの良さは分かりません。が,某市のYAMAHAの視聴室で聴くレコードは,惚れ惚れするようないい音でした。

 その頃平行してカセットテープが出現,上書きすることができる画期的なものでした。もちろんオープンリールデッキももっていました。ヘッド掃除も大変でした。

 音楽人生の3分の1をアナログで過ごしてきましたが,便利さでCDに移っていきました。LPで聴いていたような音ではありませんでした。

 世の中全体から見れば,LPの復活は単なる懐古趣味ではないと思います。ディジタルと並ぶ存在になれば,本物だと思います。(カメラもそうですよね)

 自分の趣味趣向に合ったものを選択できること,これが一番だと思います。お互いに一長一短があります。おちろん使い分けることができれば最高ですね。


○ 狭い視野ですが
 散歩をしていると,季節の移り変わりのみならず,お店の替わりようにも驚きます。コンビニ・GSは言うに及ばず,飲食店の閉店・開店は目に付きます。

 スーパーマーケットの客寄せパンダ,驚くほど低価格なんですが,その他のものは相変わらずのお値段です。4月・6月と段階的に値上がったものもあります。

 大変に狭い視野で言うのもはばかられますが,世の中そんなに景気が上向いているとは感じることはできません。相変わらず土曜出勤の人を見かけます。

 あれだけモデルチェンジを年二回繰り返し,右肩上がりの成長を遂げてきたスマホ,新製品の発表回数は減り,新製品の数も減ってきています。

 さらに日本の経済の牽引となっている自動車産業,為替相場の影響もありますが,国内販売も年々厳しい数字を出すようになってきました。

 これだけ長く銀行・郵便局の預金利率がゼロに近い状態で合ったら,どう考えたって財布のひもは緩くはならないと思います。アベちゃんの失政だと思うんですが。

 年金生活者としても新年度は,支給額が下がりました。それでいて保険料及び自己負担額を増額しようとすれば,ますます生活防衛に専念せねばなりません。

 ところで連日東京都都議会議員選挙の動向が報道されています。そろそろ1強に対する肘鉄を期待したいところです。某大臣のあの言葉,あの人らしい考え・視線ですね。

 ○○幹事長代理,この人って元文部科学大臣だったのでは?騒ぎの元の学園,随分前から手回しよく政治献金をしてたんですね。これまた強気な反論を…。

 その前は,某代議士の秘書への暴言・暴力,もう1強のおごり以外何物でもありません。やはり国民の生活を守るには,1強では相応しくないようです。

 これでは臨時国会は開けませんよね。逃げるしか手はないですよね。しばらくすれば嵐も収まる…国民を馬鹿にしていますねえ。「丁寧に説明責任を…」と言いながら何もせず。


○ 今日の1枚
Dsc_3761


2017年6月29日 (木)

歩きましょう

○ とある研究の一部を…一日の歩数と予防・改善できる可能性のある病気の目安だそうです。男女であったり,症状によっては大きく異なってくると思います。

”12000歩(肥満)10000歩(メタボ:75歳未満)8000歩(高血圧症・糖尿病・メタボ:75歳以上)7000歩(がん・動脈硬化・骨折)5000歩(認知症・心疾患・脳卒中)4000歩(うつ病)2000歩(寝たきり)”

 私,自宅からJRの駅までを最長と考えています。約45~50分かかります。それ以内ならば,歩きます。最もリュックサックとか両手で持てる荷物までですが。

 この習慣が付くようになると,車に乗る機会は激減します。エコドライブどころか,ガソリンを全く使いません。自らの習慣を自らの力で改善していくことです。

 もう一つは,自分の目を含めた感覚で四季の移ろいを感じることができます。自力で歩ける喜びを感じます。車椅子や松葉杖のお世話になる前にたっぷりと感じておきたい。


 

◇ どうなっているのこの会社
 国際線の旅行客を国内線ターミナルに誘導,入国審査なくして入国,それも二度も。人員削減,利益追求の最たる例です。 お上との馴れ合いともとれます。そうしたら今度は,
 
”奄美空港で,バニラ・エアの関西空港行きの便を利用した半身不随で車いすの男性が,階段式のタラップを腕の力で自力で上らされる事態になっていた。バニラ・エアは「不快にさせた」と謝罪。車いすでも搭乗できるように設備を整える。
 高校時代にラグビーの練習中に脊椎を損傷し,車いすで生活。木島さんとバニラ・エアによると,搭乗便はジェット機で,関空には搭乗ブリッジがあるが,奄美空港では降機がタラップになるとして,木島さんは関空の搭乗カウンターでタラップの写真を見せられ,「歩けない人は乗れない」と言われた。木島さんは「同行者の手助けで上り下りする」と伝え,奄美では同行者が車いすの木島さんを担いで,タラップを下りた。
 今度は関空行きの便に搭乗する際,バニラ・エアから業務委託されている空港職員に「往路で車いすを担いで(タラップを)下りたのは(同社の規則)違反だった」と言われた。その後,「同行者の手伝いのもと,自力で階段昇降をできるなら搭乗できる」と説明された。
 同行者が往路と同様に車いすごと担ごうとしたが,空港職員が制止。木島さんは車いすを降り,階段を背にして17段のタラップの一番下の段に座り,腕の力を使って一段ずつずり上がった。空港職員が「それもだめです」と言ったが,3~4分かけて上り切ったという。
 奄美空港だけ車いすを持ち上げる施設や階段昇降機がなく,車いすを担いだり,おんぶしたりして上り下りするのは危険なので同社の規則で認めていなかった。バニラ・エアは奄美空港でアシストストレッチャー(座った状態で運ぶ担架)を14日から使用,階段昇降機も29日から導入する。”

 規則遵守と人道的措置,その区別は難しいと思います。が,自力でタラップを登ろうとしている人を「それもだめです」と見ていた職員も職員です。血の通った人間?

 問題が起これば,あるいは多くの人に知られれば渋々改善する会社です。地方空港への就航を利益優先で考え,様々な乗客がいることを想定していないからです。

 公共交通機関,そこには様々な人が利用します。老若男女,障害をもった人など,あらゆる人の利用を考え施設・設備を整える時代です。残念ながらバニラ・エアにはない。

 公共交通の一翼を担う航空会社として,車いすの障害者にどうやって乗ってもらうかを想定するのは当然のこと。障害者差別解消法を管理職は読め!

 今や障害者への対応は,解消法によってコンプライアンス(法令や社会規範の順守)の問題です。世界の流れを本気でとらえているのか疑問の会社です。

 血の通った応対・臨機応変の応対ができない,こうレッテルを貼られる会社です。経営方針が根本から間違っています。先の間違い誘導しかり。


◇ 本当かなあ
”欧州格安航空会社最大手,ライアンエアー・ホールディングスは,経営破綻したアリタリア航空の買収を検討する可能性があると明らかにした。「大幅な改革やリストラ」の実施が前提としつつも,過半数の株式を取得する考えを示した。
 「発着枠の取得に興味はない」,買収に踏み切る場合には部分的ではなく,経営権を取得する方針。アリタリアにはこれまで多くの航空会社が協業の可能性などで関心を示してきたが,買収の可能性に言及したのはライアンエアーが初めて。
 ライアンエアーはイタリアで旅客シェアが首位で,同2位のアリタリアを買収すれば,イタリア市場での影響力を一段と高めることができる。一方,アリタリアは5月に政府に「特別管理」を申請して支援先企業を探しており,売却先が見つからない場合は事業の清算に追い込まれるおそれがある。”


○ 今日の1枚
Dsc_3984


2017年6月28日 (水)

疑問符

○ 九州や伊豆大島にお住まいの方には申し訳ありませんが,私の住む地域,なかなかまとまった雨が降りません。同じ県でも南の方は降っている(った)ようですがね。

 おかげさまで毎日汗だくになりながら散歩ができます。例年のことですが,我が県の蒸し暑さは有名です。蒸し風呂のような夏が普通です。

 この蒸し暑さに稲は大喜び,見る見る間に大きく育っています。今のところは用水を見ても水はたっぷりあります。これから約3ヶ月,成長ぶりを観察していきます。


◇ まだ国営?知らなかった
”インド政府は多額の負債を抱えるエア・インディア(AIC/AI)の一部または完全民営化を検討,タタ・グループが売却先の候補に上がっている。国の最高意思決定機関である閣僚会議は,売却計画の詳細が公表された後に議論を始める。インド行政委員会は,多額の負債を抱えるAIを完全民営化することで,ブリティッシュ・エアウェイズのような経営再建が可能だとみている。
 「AIの現状は存亡に関わる問題と言っていい。負債はすでに5200億ルピー(約9000億円)に上り,毎年400億ルピー増えている。単純に持ちこたえられない。結局,民間の手に委ねるべきだと思う」と,同委員会のアルビンド・パナガリヤ副委員長は述べた。ジャイトリー財務相も売却に賛意を示しており,航空省はAIの民営化について,すべての選択肢を検討する必要がある,と述べている。”

 ナショナルフラッグキャリア,今では死語のような言葉になりました。もういくつのナショナルフラッグキャリアの倒産(消滅)を見てきたことか。

 私のようにスポッター経験の浅い者でも指を折れば…。日本流で表現するならば「親方日の丸」なんでしょうね。経営の硬直化が最も大きな原因ではないでしょうか。

 そろばん勘定に長けた民間企業ならば見直すところを,従来通りと改善を怠る傾向が強いようです。自ずとざるから漏れる水のごとく,利益の垂れ流し状態になるわけです。

 国作りの黎明期ならば,国営はいた仕方がないと思います。明治時代の日本を思い浮かべれば,理解がしやすいと思います。むしろそれは,国の仕事でもあります。

 しかし,世の中の進歩は著しいものがあります。また,資本主義国家では,競争の原理が大切です。私企業の切磋琢磨した姿が,より強い国を作っていきます。

 ましてお空の世界は,国内はおろか海外との架け橋でもあります。さらに政治や経済の影響をもろに受ける交通機関でもあります。合理化の最前線に立たなければ…。

 ご多分に漏れず,インドではLCCの台頭は著しいものがあり,AIも(確か)第3位?第4位?位にまで落ち込んでいるはずです。民営化して競争力を付けなければなりません。

 また横道に入りますが,AZA/AZやMAS/MHはその後どうなっているのでしょう。どちらも毎日我が国に飛来しておりますが,そろそろ決断のときがやってくるのでは?


○ 相変わらずあきれかえるマスコミの姿
 市川海老蔵/小林麻央夫妻に関する報道です。一人の癌患者,日本にはもっともっと他にも癌が元で亡くなっておられる方がみえます。

 私のお袋も膵臓癌で逝っています。しかし,(残酷なようですが)お袋が逝ったことは悲しかったが,一面もうお袋は苦しまずに済むとも思いました。

 肉親の死,血のつながりがあるだけに悲しいです。こうブログを書いているときも,日本中では何人もの人が亡くなっておられます。

 彼女の死はマスコミの餌食です。残された二人のご子息まで引っ張り出し,私は市川海老蔵もおかしな人だと思いました。悲しみは一人で耐えるものです。

 口に出したり,ブログを書いたりすること,もうすぐ40にもなる人がすることかなあ。喪に服する気持ちがあるのかなあ。芸人って話題作りが優先するのかなあ。

 もう一つは,藤井颯太四段の快挙です。対局が終わったのは,午後9時過ぎです。月曜日です。彼は中学3年生です。プロ棋士とは言え,義務教育に通う身です。

 東京から愛知県瀬戸市まで帰り,翌日は登校せねばならぬ身です。「30年振りの新記録」に浮かれていていいのでしょうか。これについてどこも触れません。

 余程ニュースに飢えているマスコミ,もう取材対象が中学生と言うことを忘れています。これだけ平日に対局を組まれ,学校を休む。これも異常なことだと思います。違います?


○ 今日の1枚
Dsc_4844


2017年6月27日 (火)

疑うことも

○ 私は疑いの目をもっています。「○○の支持率は…。」が,まずその一つです。調査というものは,”先に結論ありき”です。決して行き当たりばったりではしません。

 自分(達)が望む結論になるように設問(選択肢)を考えるものです。無作為抽出は,隠れ蓑です。疑われるかもしれませんが,かなりの確信をもっております。

 もう一つは,「○○党,大躍進(大敗北)!」もそうです。”世論操作の典型的なもの”です。誰も結果を知らない,分からないのに活字になります。

 世の中いろいろな商業新聞・テレビラジオ局・雑誌などがあります。どれもこれも予想を出すことによって”部数・視聴者を増やすことを目的”としています。

 これに付随して逃げを先に打っています。それは「多くの浮動票の動きによっては…」とね。実は自分達も分からないんです。矛盾しているでしょ。

 外れるならば,後から「○○を予想していたのは…」と言い訳が出てきます。こうした売らんがためのマスコミの言動に惑わされてはなりません。

 活字になる・放映されることによって,入ってくるものが”正しい”と錯覚します。ものの見方・考え方は,そんなものではないはずです。

 嘘ではないものの真実と錯覚するのもおかしいです。これで今まで何度裏切られてきたことでしょう。東京都民の一人一人の己の良心を信じたいものです。

 御用新聞・御用放送局の判別くらいは,自分の頭の中に入れておかねばなりません。東京都議会議員選挙,大切なのは”自分の考えを託する人に投票”することです。棄権はいけません。


○ 世界経済の流れは
”リチウムイオン電池,パナソニックがサムスンをかわして首位。テスラの電気自動車向けが好調。リチウムイオン電池の中核部品のセパレーターも旭化成が首位。
 炭素繊維でも風力発電向けが好調だった東レがトップ。東邦テナックス,三菱ケミカルが続く。
 CMOS(相補性金属酸化膜半導体)センサーで首位のソニー,中国のスマートフォンメーカーなどから採用が増えてシェアを伸ばした。スマホ背面に2つのカメラを搭載する機種が増えているのも追い風。
 キヤノン,ニコン,ソニーの上位3社で7割のシェアを握るもののデジカメ,市場の見通しは明るくない。レンズ交換式カメラも同様。A3レーザー複写機・複合機もリコーやキヤノンが上位を占めるも,市場は縮小している。
 サムスン電子,アップルの2強に加え,華為技術(ファーウェイ)やOPPO(オッポ),vivo(ビボ)など中国勢が追い上げるスマホ。中国の格安スマホはインドなど新興国で着実に存在感を高めている。
 アップルが今秋発売するiPhoneの一部モデルで採用を決めた有機ELパネルも成長が見込まれる。ウエアラブル機器など用途も広がりそう。有機ELが普及すれば液晶パネルからの置き換えが進む,中小型液晶パネルで首位に立つジャパンディスプレイにも逆風が吹きそう。
 人工知能(AI)で音声に自動応答するAIスピーカーは,アマゾン・ドット・コムが先行。ドローンでは中国DJIが存在感を高める。
 3Dプリンターなど従来市場を変える可能性を持つ製品も生まれている。市場の転換に対応できるかが,企業の盛衰を決めそう。<日本経済新聞社が実施した2016年の世界シェア調査>”

 ものの売れ行き,それは”流行をいかに先取りするか”にかかっています。一攫千金を狙うのが,資本主義の落とし穴です。消費者は,飽きやすいですからね。

 ものが動かなければ,企業は儲からないと思っています。決して「いいものを長く使う」と考えられては,困るのです。ですから新商品の開発に必死です。

 型は古くなっても確かなもの,そういったものを大切にしようとする考えは,己の心にブレーキをかけられる人だと思っています。 

 何事も人よりも一歩も二歩も後を追いかけたり,眺めたりする位の心の余裕をもちたいものです。そういった考え方を体得した人は,自分の人生を大切にすると思います。


○ 今日の1枚
Dsc_2709a


2017年6月26日 (月)

恥ずかしいやら情けないやら

○ 私,自動車を運転し始めて45年以上経ちました。いろいろなハプニング・事故・違反をしてきましたが,一向に運転技術は(写真同様)上がりません。

 なかでも狭い道での走行や切り返しなど,自分でも呆れるくらい下手です。自分の車でありながら,車両間隔がうまく把握できません。

 こう書き始めたのも”石仏探訪”の折,何度もヒヤリとする場面に出くわしているからです。軽自動車が走る道(旧道・あぜ道・山林など)を普通車が走るわけです。

 「ナヴィがあるじゃないか」とも言われそうですが,私の行きたい所は,せいぜい細い線です。いや細い線もあればいい方です。行き止まりなんて何度経験したことか。

 今回も簡易舗装されてた細い道を入っていって舗装が途切れます。Uターンする場所がないから,突き進む。軽自動車の轍に行けるだろうと…。いつの間に山道に…。

 切り返し切り返しを繰り返し,あと少しでUターンができる。が,草地と思っていたら休耕田でした。粘土質の中に後輪2本が入り込み,見事にスタックです。

 周りは水田,その奥は雑木林です。民家?姿形も言えません。仕方なく元来た道を歩きました。運良く田植機を発見,おじいちゃんに来たわけを話しました。

 おじいちゃん,自宅からトラクターを運転してきてくれました。牽引フックを初めて装着,あっという間に脱出です。仕事の邪魔をして,道楽者に付き合わせてしまいました。

 おじいちゃん,ごめんなさい。そしてありがとうございました。あのおじいちゃんに出会わなかったら…。JAF?自分のいる場所も説明できないような私です。


○ これは昨日の話です。近くの公園には,地元の有志の方々のご努力により,花壇と蓮池があります。どちらもボランティア活動で管理されているものです。

 例年この時期,大賀蓮がきれいに咲き,目の保養になっています。もちろん開花時期を覚えていて,午前中は何人かのカメラマンが来ています。

 ぬかるみもあり,立ち入り禁止区域も設けられています。そこに一人の高齢者が,柵を乗り越え写真を撮っていました。さりげなく注意をすると…。

 「みんな入っている」ときた。周りを見ても,他の人は柵外で写真を撮ったり,鑑賞をしています。いい歳した者が,ルールを守らず,恥ずかしいとは思わないのかねえ。

 まるで小さな子どもが,「みんなもっている」と親にものをねだる発想です。また,「赤信号,みんなで渡れば怖くない」のでしょうか。可哀想な人ですね。

 例え年下であろうと,己の言動に対しての注意は謙虚に受け止めたいものです。このような情けない高齢者にはなりたくないものです。

 書き忘れました。梅雨空の元,蓮の淡いピンク色はいいですねえ。あれをゴールドにした航空会社がありましたが,国によって解釈が異なるのでしょうね。


○ 梅雨前線が活発になると天気予報で言っていました。朝起きて新聞を読んでいたら,グラグラ…,地震です。急いでウェザーニュースを開きました。

 時間が経つにつれ,被害の様子が伝わってきました。午後にも小さな揺れが二回ありました。地震…東北?熊本?もう数え切れないほど体験しています。

 幸い今回の地震で亡くなられた方はゼロ,よかったです。一安心かと思えば,今日から雨脚が強くなるとの予想です。昨年の夏,東北・北海道を襲った豪雨が…。

 早め早めの避難勧告をお願いしたい。尊い命,特に高齢者・独り身の方など,是非早めの避難を心がけて欲しいものです。泣くのは周り,残されたものです。

 本当に自然災害の多い国です。過去の教訓をいかし,少しでも災害によって尊い命が奪われることのないよう願うのみです。上州,大丈夫かなあ。


○ 今日の1枚
Dsc_7300

2017年6月25日 (日)

そんなに急いでどうするの

○ 昨日の散歩中の出来事。軽バンが止まっていました。横を通り過ぎようとすると,おかしな日本語で呼び止められました。どうやら道に迷って,細い道に入り込んだようです。

 何でもスマホの地図を頼りに運転してきたが,道がサッパリ分からないと言うことでした。行きたいところを聞き,私も調べました。分かりました。

 私のたどたどしい英語で,彼に道順を教えました。何とか通じたようです。彼は走り去って行きました。私も再び歩き始めました。暑いです。

 しばらく行くと,向こうから先程の軽バンが向かってくるではないですか。スピードを落とし,ニコニコしながら「
サンキュー」だって。用事を済ませることができたようです。

 前にも書きましたが,私は散歩コースを気紛れで選んでいます。一番の条件は,自動車からできうる限り離れることです。歩きながら排気ガスを吸いたくないからです。

 区画整理された水田の間,農業用通路は大好きです。蛙の鳴き声を聞きながら,野鳥の鳴き声を聞きながらの散歩は,最高に気分がいいです。

 この時期散歩をするとかなりの汗をかきます。暑いですが,8時過ぎに家を出て,約1時間程の散歩をすると,Tシャツは汗びっしょりです。

 帰宅しシャワーを浴び,水分補給をすると身体の調子がいいです。着替えを済ませ,読書の続きと時間は流れていきます。歴史小説や推理小説は,途中で止めるのが難しい。


○ 上州人のせっかち運転,これは県民性なんでしょうかね。信号が少ないこともありますが,とにかく速度を上げることが無上の楽しみ?

 私から見れば,ガソリンを捨てているような走り方です。また,当然安全な運転…他車や歩行者・自転車に対する安全意識は低いですね。

 高速道路,例のアイサイト(自動追従運転)の出番です。私は,95km/hに設定することが多いです。この速度に設定する理由は,流れをそんなに妨げないからです。

 それに公表されている燃費に近いか,ちょっと上回る位の値が出ることが分かっているからです。stop & goの多い地域では,アクセルの踏み込みは緩やかです。

 燃費至上主義ではありませんが,「そんなに急いでどうするの」と言う意識が,私の中にあることは確かです。上州人には理解しがたい考え方です。

笑えてきますが(前橋市は,地域の環境や生活,文化を生かし,スローライフを推進する都市「チッタスロー」(スローシティ)の考え方を広める国際的組織「チッタスロー協会」への加盟が認められた。日本からの加盟は,気仙沼市に続き2都市目。)だって。


◇ やっと後ろ姿が
”ボーイングが,B737では胴体長が最長となる737 MAX 10の開発を発表。B737 MAXは737の発展型で,新型エンジンを採用。標準型はB737 MAX 8(1クラス189席)。B737 MAX 8をLCC向けに座席数を増やしたB737 MAX 200(同200席),もっとも胴体が短い機体でB737-700の後継となるB737 MAX 7(同172席),胴体がもっとも長いB737-900ERの後継機B737 MAX 9(同220席)があり,B737 MAX 10は5機種目。
 B737 MAX 10はコミットメントを含めて326機を受注。このうち168機が確定受注,125機は既存受注分からの変更で,新規の確定受注は43機。
 また,B737 MAXとB787の間に位置する「MOM(ミドル・オブ・ザ・マーケット)」の機体「797(仮称)」については,シルエットを“チラ見せ”。2025年以降の就航が計画されている。”

 ボーイングやエアバスの小型機販売競争は,熾烈を極めています。一方前から指摘してきたようにB757/767の後継機は,発表されていません。

 B757/767は,日本を始め欧米で高い評価を得てきています。日本のガリバーもあと5年は使うと見られています。微妙な時期となりますが,どこの航空会社が…。

 もしもB797として出てくるならば,B787ではまだ大きすぎる路線に使えます。最新技術を投入すれば,航続距離1万2千kmは楽でしょう。


○ 今日の1枚
Dsc_6429


2017年6月24日 (土)

読書復活

○ 予報によれば,明日から梅雨空に戻っていくようです。今年の梅雨は空梅雨と思っていましたが,どうやら例年の梅雨になっていくようです。

 それにしても連日暑い!もう真夏日を記録しています。冷たいお茶が欲しくて欲しくて。まだまだ真夏日と言った猛暑には慣れていません。身体がぐったりとしています。

(向こう3ヶ月予報は,○7月:東日本太平洋側と西日本は,前半は曇りや雨の日が多く,後半は晴れの日が多い。○8月:東日本から沖縄は,太平洋高気圧に覆われやすく,平年より晴れの日が多い。○9月:北日本と東日本は,低気圧や前線の影響を受けやすく,平年より曇りや雨の日が多い。)

 ぐったりと言えば,野菜の生長が芳しくありません。キュウリは,今年もウドンコ病に罹ったようです。病気に強い苗とちょっと奮発した苗でした。

 ゴーヤの蔓も勢いがありません。その他の野菜も,今年はサッパリです。ここまで手間暇かけてきた積もりですが,やはり素人のやることは…。

 散歩の途中,農家の人達が育てられいるキュウリを始めとする野菜類,その成長具合を見ると,素人の限界を感じてしまいます。笑われますが,来年こそは…。

 そうそう梅雨空で思い出しました。昨日市の図書館へ行くと書きました。即実行です。様々な分野の本を7冊借りてきました。返却日:7月7日までに読みます。

 2週間あれば読めます。それに7月8日はお袋さんの命日です。物忘れが激しい私ですが,こうして先の予定が定まってくると言うことは,嬉しいことです。

 まずは歴史小説(建礼門院徳子)から読み始めました。能楽:大原御幸でも彼女を扱っていますが,源氏よりも平氏に興味をもつ私です。

 歴史小説ですから著者の面白可笑しく書いてあるところもありますが,やはり史実は曲げることができません。結末も分かっているだけに,創造性の難しさが出てきています。

 その他,宮大工・白洲次郎・納豆の起源などなど,今まで読んでこなかった分野にも挑戦しようと思い,借りてきました。離れず,くっつかず選んできたつもりです。

 そう自分の興味関心を軸に本を選ぶと,どうしても分野が偏ってしまいます。できれば推薦本を片っ端から読むのも面白い方法なのかもしれません。

 本を選ぶということ一つとってみても,少しリズムを変えてみることに挑戦したいです。優しいことから始めなければ,すぐに諦めてしまう意志薄弱人間ですから。


○ 地方選と位置づけるなかれ,東京都都議会議員選挙のことです。ここは組織の縛りよりも己の意思を投票によって示していただきたいものです。

 と言うのも,余りに横暴な国会運営,一国民として何ともしようがない,歯ぎしりばかりのこの1・2ヶ月でした。主権者の知る権利すらありませんでした。

 与党としては,数の力で逃げ切ったと思っていると思います。国政選挙がなければ,地方選挙であのような暴挙を止めなければなりません。

 自民党はさておき,いつから公明党は権力に溺れる政党になったのか。また,日本維新は一体何が目的なのか。己の主張さえ通ればいいのか。

 考えてみれば,これだけの暴挙を許したのは,国民です。選挙の折に甘い言葉につられ,投票したつけが回ってきています。民主主義の根付いていない証でもあります。

 それだけ選挙という行為は,しがらみにとらわれず,自分の意思を1票に託すものだと思います。「変わらない」と思うより「変えていこう」と言う気持ちです。

 と偉そうに書いていますが,残念なことにとって替わる政党が不在なのも事実です。そうなれば各政党が拮抗するような接戦を通して,新たな枠組みを期待したいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_4554

2017年6月23日 (金)

生活のリズム

○ 毎日のように描いているこのBLOG,苦労しています。理由は簡単です。少しずつ言葉を忘れているからです。文章を練る場合,言葉の数(語彙力)は大切です。

 その大切なものが少しずつ減っている,財産の目減りです。こう書き始めたのは,”石仏の美”のコメントに苦労したこともあります。これまで以上に時間がかかりました。

 いつもながら撮影したものを全部サイトアップ(石仏の世界),そして印象的なものをピックアップした(石仏の美)の作業を行いました。

 言葉の数(語彙力)を復活・増強するためには,やはり読書です。”一日の生活のリズム”も少し変えようと思っています。”読書の時間”を作らねば…。

 幸いなことに今日のお天気は晴れ,市図書館へ行って本を借りてきます。日曜日から雨/曇りの日が続くようですからね。それでも傘を差して少しは歩きますがね。

 振り返ってみれば,今回の一人旅で生活のリズムを少し変えようとする気持ちが生まれてきたように思います。それが言葉の数(語彙力)であったとは,恥ずかしいです。

 365日休日の身になって3ヶ月,こうやって少しずつ自分なりに改善していく必要がありそうです。これは食生活にも言えることだと思っています。

 昨日1ヶ月に一度の医者通い,先生から ○適度の運動 ○炭水化物の摂取量を減らすことを告げられました。あの先生の言われることは,守りたいです。

 自分で作る朝食・昼食において,まずは家族に告げずこっそりと実践をしていこうと思います。もちろん以前から続けている塩分摂取量には気を付けたいものです。


○ またまた出てきたうまい話
”「仮想通貨」の購入を巡る被害相談が増えている。「必ず値上がりする」と勧誘され,仕組みを理解しないまま高額を支払った高齢者からの相談が目立つ。取引所もなく,売却もできない通貨の購入を持ちかけられる被害も出ている。
 国民生活センターによると,仮想通貨を巡るトラブルの相談は2014年は80件だったが,16年は7.7倍の616件に急増。17年は6月21日時点ですでに660件に達し,昨年を上回った。相談者が支払った金額は平均190万円で最高額は4800万円に上る。16年は60代以上の高齢層が全体の4割を占めた。相談者から名前が挙がった仮想通貨は数十種類。
 仮想通貨は国内でも決済手段として利用できる店舗が増えるなど普及が見込まれる。悪質な業者が実態のない通貨の取引を持ちかけるケースだけでなく,広く流通しているビットコインなどでも価格変動リスクは高い。
 4月には仮想通貨を実際の通貨と交換する業者を登録制とする改正資金決済法が施行。仮想通貨を決済手段と認定する一方,登録業者はリスクを理解して取引できるよう,仮想通貨の説明などを義務付けられた。ただ,施行から半年間は登録の猶予期間とされ,登録が実効性を持つのは10月1日から。”

 (私もうまい話にのせられるかもしれませんが)660名の被害者,少々強欲ではないでしょうか。長い人生でうまい話には裏があることくらい…。

 振り込め詐欺とは違いますが,やはり一人で考えず,身近な人に相談をしているのでしょうか。冷静に考えられる人が,こういった人には必要なんだと思います。

 今後ビットコインが普及していくかも知れませんが,うまい話にのせられることのないようにしたいものです。現金至上主義のも一案かもしれません。


◇ まだ使う
”GEアビエーションは,全日本空輸と5年間にわたるエンジン整備サービス「TrueChoice マテリアル」の契約を結んだ。B767-300が採用しているCF6-80C2が対象。OEM部品の供給や最先端の修理,技術のアップグレードをGEが提供する。契約額は約446億円超。GEのエンジン整備サービス「TrueChoice」では,新品や中古品の部品供給やオーバーホール,エンジンのリースや交換,部品買い戻しなど,エンジン関連のさまざまなサービスを提供している。”

 赤組からB767の後継機の話が未だに出てきません。まだしばらくは使うのでしょう。青組は,貨物機への転換を図りながら使っています。

 最も青組の場合は,B787を大量に購入し続けています。旅客のB767は次第に減っていくとも考えられます。その為にエンジン整備は,必要不可欠なものです。

 世界中に中古B767はあふれ,FX/5Pなどは貨物機への転換し,活躍するようになりました。ボーイング・フィールドで改修を終えたB767の写真が出ています。


○ 今日の1枚
Dsc_6466


2017年6月22日 (木)

上州へ

○ 1週間ぶりにブログを再開します。上州一人旅,それでもいろいろな方のお世話になり,人の優しさに接する機会がいくつもありました。感謝でいっぱいです。

 今やテレビやインターネットのおかげで,日本はおろか世界中のニュースを目に耳にします。が,それらは”刺激”を求めるものであり,それにのめり込むと…。

 確かに刺激は胸に突き刺し,心動かされるものです。しかし,それを中心に動いている日々は,何と空虚なものと感じてしまいます。刺激が売り物となっています。

 一人旅をしながら,(一期一会の)出会いを求め,多くの方の人情に触れ,回っていく楽しさは格別なものがあります。刺激よりも人情です。

 「一人で寂しくないですか?」と聞かれたことがあります。「寂しいように見えますが,二人でいるとトラブルが増えます。」と,なかなか意味深な返事をしたものです。

 若者の恋ではありません。一日24時間のほとんどを相方と過ごす,もう気が狂ってきます。例え他人であろうと,さりげない会話ができれば十分です。

 一人旅は,日常生活とは違います。刺激に左右される生き方とは違います。不確定要素が多分に含まれている,いわば曖昧なものです。それが却って新鮮です。

 農業に従事している人達は,自分勝手な人が少ないと思います。特に米作は,部落及び部落間の意思疎通が大切です。水です。これが人格形成に大きな影響をもっています。

 日頃接している人達と顔が違います。何か刺激を求めギスギスした人間関係の中に生きるのとは,違います。多くの日本人が,効率優先のために忘れ去ったものがあります。

 もう一度書きますが,人情です。都会人は,思いやり一つでもニュースになります。米を作っている人達は,そんなことを意識していません。無意識に動いています。


 ところで旅の一つの楽しみに温泉があります。毎日違った湯に入っていると,(多分に好みですが)湯質の優劣が分かってきます。やはりヌルヌルの湯質が好きです。

 勤労者は週末や祝日・休日などしか温泉入浴ができない,となると平日の入湯客は高齢者となってきます。身体には,長い年月の疲労の蓄積が見えます。

 温泉に入ると言うことは,こうした疲労蓄積から少しずつ解放していくことでもあると思います。入浴中の顔を見ていると,難しい顔はありません。

 
 今回宿泊施設にはお世話になっていません。過去には,大型旅館を好んだ時期もあります。が,次第に部屋数10室以内の施設を探すようになりました。

 (多くは)移設設備は劣りますが,そこには施設独特の雰囲気やコミュニケーションがあります。一方では,ホテルのように不干渉の施設も好むようになりました。

 事務的な会話だけに終わるか,それとも人情に触れるか,両極端に好みが分かれるようになってきました。そしてそれまでも利用できない生活,せめて温泉だけは…。


○ 今日の1枚
Sdsc_6309


2017年6月16日 (金)

ことの裏には

○ 新聞の片隅に驚くべきものが…。私の住む市では,4月以来約1千万円の”還付金詐欺”があったそうです。「市役所です。保険料が戻ります。」の電話から。

 足が付かないようにATMから還付される,ここで個人情報を盗み出し,逆にお金を引き出す手口だそうです。うまい話には裏があります。

 これと似たのが,「お試し無料」や「お試し価格」です。友人から聞きましたが,新たに商品が届けられたそうです。慌てて電話をかけたら…。

 「自動更新の記載がある」と言う。確かめると小さな字で目立たないところに確かに書いてある。また,ダイレクトメールは頻繁に来ます。うまい話には裏があります。

 無料・低価格など,知恵のあるものはこれらを駆使し,上手い商売を考えるものです。生活が厳しい人ほどこのような言葉に弱いものです。

 そう言えば,こんな記事も見付けました。古い数字ですが,「総務省は平成26年度の歳入概算見積書の中で交通反則者納金として712億円」とありました。

 見積書,前もって金額を概算したものですね。これだけの金額が納入されると見積もった金額です。この歳入を元に歳出を考えるわけです。

 歳入が少なければ,一体どうなるでしょう。歳出面で金額を削る二重手間になります。これはできたら避けたいものです。なると概算と言いながら,目標額では?

 過去の違反者納金を元にすれば,各都道府県毎に数字をはじき出すことができます。そして市町の警察署毎にも同様なことが可能ではないでしょうか。

 もしも,もしもですよ。私の住む市の警察署の違反者納付金が激減していたら,どうでしょう。「我が署の担当エリアでは,違反者が減っていいことだ。」と思うのかしら。

 それとも「どうも違反件数が例年と比べ少なすぎる。これは厳しく取り締まる必要がある。」と出るのか。月の後半,一旦停止無視・駐車違反の取り締まりが増えるのは?


○ やもり/いもり/とかげは,全く気にならない娘。ところがゴキブリは大の苦手。大きな声で「ご!き!ぶ!り!だー」と叫ぶ声,我が家にもゴキブリがいるようです。

 そこで近くのドラッグ・ストアーにゴキブリ対策用品を買いに行きました。売り場を見て驚きました。いろいろな種類のものが山と積まれています。

 と言うことは,それだけの購買者=ゴキブリに悩む人がいるということです。ダニもそうですが,見えないことが多いから,余計に始末に困ります。

 ゴキブリ対策,箱状のものに餌を置いて退治する。スプレー状のもので燻す。いろいろあります。最近のテレビのCMではスプレー状のものがありました。

 ゴキブリの生命力,約3億年前からその姿形を変えてきていないことからも分かります。過去には病原菌を運ぶとも言われていましたが,真偽の程は分からないようです。

 いずれにしても製薬会社が力を入れている商品には間違いありません。すばしっこく闇を好むイメージ,ゴキブリも随分とそんな存在であると思います。

 で,結局スプレー式のものを購入しました。台所や家具の隙間の奥まで薬をまくことができ,ゴキブリ退治には好評だと思ったからです。


◇ まだ生きていたA340!
”キャセイパシフィック航空は,2018年中ごろをめどに,A350 XWBのうち,A350-1000機の受領を開始する。キャセイパシフィック航空は,A350-1000を26機発注済み。2018年の受領機数は未定。A350-900は22機を導入する計画,5月末現在14機を保有。
 退役が進むA340-300は,5月1日現在2機を保有。2017年末までに退役する。”


○ 今日の1枚
Img246a

明日から,しばらくブログを休ませていただきます。


2017年6月15日 (木)

実態とかけ離れて

○ 先日の東名高速道路の事故,まだ尾を引いています。三重県では,高速道路での死亡事故が全国第一と言います。やはり速度超過が最大の原因のようです。

 「制限速度を守る,安全な車間距離を保つ」と言われていますが,果たしてそうでしょうか。高速道路には,車間距離を測る目安が設置されていますね。

 仮に全車両がこの安全とされる車間距離で,かつ制限速度内で走行したらどうなるでしょう。恐らく渋滞がいくつも発生するのではないでしょうか。

 つまり「制限速度を守る,安全な車間距離を保つ」は,果たして現実的なことなのか,疑問に思うのは私だけでしょうか。1kmに約10台の車両ですよ。無理しても約12台です。 

 そうでしょ,東名高速/名神高速でやったら?大渋滞です。これを首都高(80km)でやったら?先程書いたようにICから合流は不可能です。違いますか。

 このように警察の強調している「制限速度を守る,安全な車間距離を保つ」は,現実離れしたものであると言うことです。完全な需要予測の失敗です。

指摘される車間距離よりも縮めて,指定される速度を若干上回って運転している多くの運転手の方が,はるかに賢明な運転をしていると思っています。

 もう一つ笑えてくるのが,SA/PAの進入/出口付近の駐車の問題です。危険なこと極まりありません。が,SA/PAの敷地には納まらない苦肉の策(と思います)です。

 「疲れる前の休憩」と呼びかけていますね。その休憩する場所がなければ,どうすればいいのでしょう。「事故を減らす=法を遵守する=休憩するな」に結び付きます。

 これに付け加えるならば,(何度も書いていますが)運送業者は本気でアイドリング・ストップに取り組まないと言うことでしょう。凄い排気ガスと騒音です。

 さらに不思議なこと。自動車のメーターです。ほとんどの普通車は,180kmまで刻んだメーターを装着しています。実際にここまでスピードが出せますか?

 日本の高速道路(自動車道)の最高速度制限は,100kmではなかったのかしら。180kmのメーターがどうして必要なのか,これまた不思議なことです。

 これを言い出すと,日本経済の屋台骨:自動車産業から猛烈な反対運動が起きるのではないでしょうか。非現実的なメーターが,堂々とまかり通っています。

 高性能な国産車ならば,このリミッターが効くまで走れるでしょう。もちろん高速警備隊のお世話になると思います。また,オービスも反応するでしょうね。

 高速道路のスピードの出し過ぎが事故原因ならば,今の10倍くらいオービスの数を増やしたらどうでしょう。人件費より安価ですね。また,115km以上に反応するようにね。

 結論,日本の道路事情に見合った法の整備と休憩施設の増設を望みたいものです。正直者が馬鹿を見ない安心・安全な道路にしてもらいたいものですね


○ 以前読売新聞のサイトが閲覧できない(google検索してサイト名をクリック→エラーメッセージが出る)ことを書きました。そこでIEをリセットしてみました。

 結果は,変わらずでした。回り道をすれば読売新聞は読めますが,それにしても新しいCP,トラブルが続いております。タブレットは閲覧可能です。

 復元機能を使えば,かなりのことが可能だと思います。が,そんなことに多くの時間を費やしたくないというのが,本音です。復元作業,これもかなりの時間を要します。

 間違っているかも知れませんが,先日のWindows update後にこの症状が出てきました。不思議なのは,読売新聞サイトのみということです。他紙は問題ありません。

 高性能をうたい文句に,そして自分のCP活用に合っていると購入したCPですが,思わぬトラブル続きの一ヶ月少々です。安定したCPを購入したかった。


○ 今日の1枚
Dsc_2925a


2017年6月14日 (水)

ささやかな幸せ

○ この1週間の間に散歩をしていて二人の先輩に会いました。同じ職場をともにしただけに,懐かしさとともにお互いの風貌の変化に驚きました。

 お一人は,これから農作業に向かう軽トラックを運転中。たんぼ道を歩いている私をよく発見できたものと,驚きました。さすが日焼けし精悍そのものでした。

 もうお一人は,歩行ステッキを両手にたんぼ道を歩いているときです。お恥ずかしいですが,お二人とも私の方が気付かず申し訳なく思いました。

 年金生活に入り,お互いの交流はほとんどなくなりました。私なんか,自分の仕事内容すらうろ覚えになってきています。42年間働いてきましたが…。

 「今何してる?」が会話の始まりのようです。簡単に話し,相手方の近況も教えてもらいました。そして何より「健康第一」が締めくくりのようです。

 ワイシャツ・背広・ネクタイ・革靴と言ったスタイルから,Tシャツ・ジーンズのスタイルに替わりました。「何かやらなくちゃあ」と言った気持ちが起きません。

 世の中,ものどころか人間まで消耗品扱いの時代です。絶えず新しいものを出し,購買意欲をかき立てる。プロスポーツも同様です。短いスポーツ人生です。

 へそ曲がりな私は,書棚から本を出して読みます。若い頃読んでいた感覚とは,随分違う読み方をしています。CDでも聴き方が変わってきています。

 別に新しいものを求めて生きている訳ではありません。平凡の非凡とも言いますが,必死に生きていく(家族を養っていく)歳ではありません。のんびりのんびり。

 散歩をしながら外の空気を吸い,必要なものがあれば歩いて買い物に行く。社交性のない人間だけに己の世界を大切にしたがる傾向があります。

 そうそう腕時計をしなくなりました。曜日感覚は,家の前のゴミステーションに出されるゴミの種類で分かる生活です。NHK:FM放送は,よく聴くようになりました。

 一杯の熱い珈琲,素晴らしい音楽,日陰で本をゆったりと読む。これでいいんです。ささやかな幸せ。税金・保険等,自然に出て行く額の多さには頭が痛いですが。


○ 将棋の世界の旋風のことは,先日書きました。どうやら今度は卓球のような…。以前は体操でしたっけ。これまた先の話ではありませんが,”流行”を追うようです。

 我が子をスポーツ選手に,もう五歳未満から○○クラブへの送迎です。試合となれば,応援のために休日返上です。ご苦労様です。

 が,これが中学校・高等学校の部活動となると,途端に親の姿勢が変わってきます。おかしなものです。子ども自身の判断,あるのでしょうかねえ。

 国挙げてオリンピックに向けて選手育成,国体の国版ですね。国体も開催県が優勝しなければ話になりません。不成績ならば,多くのコーチが切腹ものです。

 中学生・高校生ならば,自らの意思で入部を決めることができます。が,幼児には…。幼児期に体験しておかなければならいこともできません。

 頂点に立つくらいの才能が開花したものはいい,がそれは氷山の一角です。埋もれていくものの数は…。どんな人間に育っていくのか,その方を心配したくなります。


◇ 需要予想
”エアバスは,2017年から2036年までの20年間の民間航空機市場予測を発表。今後20年間で航空輸送量は年平均で4.4%ずつ増加,100席以上の旅客機3万4170機,10トン以上の貨物機730機の計3万4900機の新造機が必要との見通し。
 現在世界で運航されている航空機1万8890機が2036年までに2倍以上に増加,約4万機になると予測。1万2870機の経年機が,燃費の良い機体に置き換えられるとみている。
 航空輸送量の成長は,新興市場で最大の伸びを見せると予測。成熟市場における年間成長率3.2%の約2倍の成長率を見込んでいる。アジア太平洋地域は,今後20年間で新造機引き渡しの41%を占める見通し。第2位の欧州が20%,第3位は北米の16%と続いている。
 また,今後20年間で新造機の運航と整備には,パイロット53万人と整備士55万人が必要になるとの見通し。
 ワイドボディー機市場では,今後20年間で約1万100機,A330やA350といった中大型機は8686機,A380などの超大型機は74機減の1406機と予測。ナローボディー機市場では,20年間で2万4807機(前年比1277機増)の新造機需要がある見通し。
 輸送量増加に伴い,航空会社が発注する機体サイズを大型化する傾向が続いているという。”

 需要予測は,ボーイングでも似たような傾向です。要は人口の多いアジア・アフリカ・南アメリカでの小型機の需要が非常に高いと予測しています。

 パイロットや整備士の育成,空港等のインフラ整備など,今後も巨額な資金が必要になることは間違いありません。但し肝心の燃料費の高騰は,どこにもありません。


○ 今日の1枚
Dsc_5850


2017年6月13日 (火)

変化と注意

○ 誘導路や滑走路,かなりの重量のある機体を支えています。ストップライン手前や滑走路のエンドの路面は,凹凸ができています。安易に見える型式写真も泣かされます。

 同じように道路も凹凸ができています。舗装路はまだしも未舗装道路のわだちは,ハンドルをとられます。平坦に見えても最初からセンターライン付近を高くして作ります。

 毎日のように散歩していると,この道路の凹凸が気になります。歩道がある部分,ここにかなりの傾斜をつけた作り方をしていることがあります。

 歩いていても体が傾いていく様子が分かります。これが高齢者:手車で体を支えながら歩くとなると,この歩道内の傾斜が体に応えると思います。

 前にも書きましたが,歩道橋たるもの最悪ですね。ますます高齢者が増えていく日本の世の中,あの歩道橋は撤去すべきでしょう。横断歩道をもっと作るべきです。

 時代の変化とともに道路行政も変えていく必要があります。傾いた歩道を歩く辛さ,急階段の歩道橋など,抜本的に見直すときだと思うんですがねえ。


○ 久し振りに朝食のお話。もう自分で作り始めて何年になることやら。この時期は,苗をだ育て野菜・ハーブ類があり,変化が楽しめます。

 タマネギもたっぷりあります。意外とパセリ/イタリアンパセリもお気に入りに入っています。もう少しすれば,カラーピーマン(赤・黄)やミニトマトも…。

 とにかくウサギ族といたしましては,毎朝の野菜の大盛りはたまりません。もちろんオリーブオイルをかけるだけです。魚ソーセージも見付けてきました。

 ビヒタス,この商品当たり外れがあるのが残念です。凝固具合にかなりのバラツキがあります。森永さん,だまされませんぞ!と言って他のものは…。

 その森永さん,いい牛乳を出していますね。商品名”まきばの朝”です。牛乳,現役時代は避けに避けてきました。あの独特な後味が嫌いでした。

 その私の既成概念をぶち破ったのが,”まきばの朝”です。どういうわけ,この牛乳,非常に飲みやすいものです。”ビヒダス+まきばの朝”,森永さんに脱帽です。


○ "facebook",また友達の洗い出しを始めました。自ら投稿の少ない者・やたらシェアしたがる者・友達の数を誇る者,これらははじき出します。

 友達申請をされた場合,相手のページを見ます。そうすれば実態の一部が分かり,上記の者に入るかどうかチェックします。これで受け入れるかどうかを決めます。

 が,1・2週間経ってみてもう一度訪れてみます。変化がなければ,友達リストから外します。"Sorry,I don't accept your request(new friend) now"とやんわり断ります。

 どうしてこういうことをやるのか,それは現在の友達に迷惑をかけたくないからです。つまり悪意をもって(なりすまして)友達になり,アカウントを乗っ取る輩だったら?

 "facebook"は芋ずる式に情報を得ることがかのです。安易な友達申請の受理は,ひょっとしてアカウントを乗っ取られたら,多くの人に迷惑をかけます。

 自分の住所(○○市)生年月日などは,アカウントを乗っ取られた場合,パスワードのヒントを与えているようなものです。何せ覚えやすいですから。

 友達承認は,一歩間違えば情報の流出につながります。友達内での情報しかり,特に見知らぬ友達申請は,自分なりのチェックをするようにしています。

 また,プロフィールは必要最小限にとどめておくことです。要らぬお節介とおもわれることでしょう。しかし,もしも情報が漏れたら,責任をとれますか?

 「私は悪意をもっています」と言う人はいないでしょう。心に秘め,手当たり次第に当たって砕けろ方式に情報をかき集めているかもしれません。

 国内外を問わず,ご自分の友達チェックをして欲しいものです。怪しいものは,即刻削除が賢明です。自分のためにも自分の友達のためにもね。


○ 今日の1枚
Dsc_4478


2017年6月12日 (月)

気の緩みか

○ 運転免許証更新の折,安全意識を再確認させる映像を見せられます。いつしか「自分は事故を起こさない。」と言った過信が,誰しも芽生えているからだと思います。

 全国的には交通事故による””は,減少傾向にあるそうです。しかし,依然として多くの方が亡くなっておられます。東名高速道路の事故,悲惨でしたね。

 ドライブレコーダーの威力,これでドライブレコーダーを取り付ける人が増えること間違いなし。あの車が宙を飛びながら迫ってくる映像,ゾッとしました。

 さすがプロの運転手,とっさにハンドルを左に切っています。これももう一台のドライブレコーダーに映っていました。自分がハンドルを握っていたら…。

 私も歳をとりました,高速道路で120kmを超えるような運転をしなくなりました。怖いからと言う理由ではなく,そんなに急ぐような理由がないからです。

 某ICから東京ICまで,飛ばして運転しても約20数分の違いしかありません。これは自らの体験で立証済みです。ガソリン消費を問題にしているのではなく,心の問題です。

 キープレフト,私より遅い車は追い抜きますが,すぐにキープレフトです。それにアイサイト付きの車って,こういった運転を目指しているのではないでしょうか。

 車にはお節介な機能がたくさん付いていると高級に見えますが,オートマ+パワーウィンド+エアコンが当たり前の時代です。今度は安全運転に対する取組の時代です。

 大きく脱線しましたが,あの事故,恐らくスピードの出し過ぎ?脇見?私も幾度も通ってきたあの道,トンネルを抜けてスピードが増してくる区間です。

 運転手も若者ではなく,いい歳をされたお医者さんだったそうです。車は,一歩間違えば凶器に変わります。自分に限って…その心が事故を生みます。気を付けたいです。


○ 毎日コツコツ次の”上州詣”の下調べをしています。(笑われますが)寒くなる前に嬬恋・草津・中之条方面を終えておきたいと思っています。

 下調べをしていると,もうこの段階で欲張ってしまいます。現在の段階で,4泊5日の日程を組まないと回れません。それ位魅力的な地域だと言うことです。

 この時期雑草が生い茂り,探索に苦労します。雑草の勢いが弱まる時期まで待っている?しかしそれでは車中泊には厳しくなります。さてさてどこで折り合いを付けるのか?

 そしていかに無駄なく走るか,まだまだ下調べが続きます。毎度のことですが,これは非常に大切なことです。過去の失敗を繰り返さないためにも。

 これは自己満足の世界ですが,”石仏の世界”を見ていると,撮影した記憶が戻ってきます。特にお世話になった方々を思い浮かべます。一期一会の世界でもあります。

 終わりのない世界ですが,自分が無理せずできるだけの撮影を目指しています。これ程自己満足な世界はありません。それでも続けたくなる不思議な魅力があります。


○ 心意気
 「めし代のない人 お腹いっぱい ただで食べさせてあげます。但し食後30分間お皿洗いをしていただきます。18歳以上の学生さんに限定」

 今時食事に困る学生が…。それでも1日3人位は,皿洗いを申し出るそうです。自分が若い頃,食事に困ることがあったそうです。食の大切さを痛感したと言います。

 この方は,本当は皿洗いなんぞしなくてもいいと思っているそうな。「皿洗いさせて」と言う根性で十分だと言います。親の仕送りが減っている学生にはありがたいですね。

 最後の言葉が泣かせられます。
「世の中,自分の子どもさえよかったらいい、他人の子どもはどうでもいいという人が多い。せやけど,他人の子どもも大事にするんや。そうすると,自分の子どもに『徳』が返ってくると信じてる。そうやって,世の中がよくなっていったらええやん」

 こういう人がこの国におられること,同胞の身としては恥ずかしくもあり,誇りでもあります。将来を担う学生達,しっかり食べて学問を修めて欲しいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_2881a


2017年6月11日 (日)

変わらない?

○ 日本の上場企業ランキングを見ました。トップ10は通信4社,銀行3行,自動車3社が入っています。高い通信料,低い利率に支えられた稼ぎと言ったら言い過ぎでしょうか。

 経営のやり方で拡大再生産という言葉があります。出る利益をさらなる投資に向け,企業規模を拡大していくやり方です。利益は,還元するものではなく自社で使うもの。

 いつまで経っても利用者は,高額の通信料を払わされる/低金利に泣くという図式ができあがっています。これではいつまでたってもデフレ傾向からの脱却は難しいものです。

 アベちゃんはかっこいいことを言ってきていますが,実は自民党の体質=大企業の保護と言った関係は,何も変化がないと言うことです。

 税制上の優遇にあぐらをかき,利益の配分を従業員に回さない。私企業ですから,これ以上強くは言えない。一部の大企業のみが…。これではねえ。

 税制上の問題でも大企業保護は一目瞭然,高速道路のETC割引率を例に出すまでもなく,大企業優先がはっきりと現れています。この論議が国会で行われたことがあるでしょうか。

 プレミアム・フライデーしかり,大企業の従業員対象です。労働者の何%が謳歌しているのかな。週6日制の中小企業がたくさんあるというのにね。

 経済についてもいろいろな考え方があり,時の為政者がどの理論を採用するかで決まってきます。しかし,国民は馬鹿ではありません。身を守ることを常に考えます。

 笛吹けど踊らず,国民を馬鹿にしている施策に対して,国民は自衛策としてデフレ傾向を望み,倹約に努めています。貧富の差がますます開くだけに切実な問題です。

 国民の代弁者=国会議員,彼らのやっていることは税金の無駄以外何物でもありません。国会は,揚げ足取りの場ではありません。新聞を読むのも億劫になります。

 代表者(議員)になることが目標になっていて,政策勉強をしていない(しようとしない)人が当選すると言った民主主義の未発達がなせるものです。

 ですから反対しかできず,どちらが国民のためになるのか対抗案の検討することもありません。党利党略にばかり気をとられているのが,現状ではないでしょうか。

 議会政治が未発達であることの証であり,時間をかけながらも国民・代表者の成熟が望まれる国であると思っています。それとも国民性は変わらないのか。

○ 私,将棋は指しません。しかし,藤井聡太四段の活躍は注目しています。何せ中学生!ニキビ面の初々しさ,インタビューの受け答えもうまくなってきました。

 世界にはいろいろなゲームがあります。チェスなんぞ,その代表的なものです。これもルールがさっぱり分かりませんが,何か面白そうなゲームです。

 あれこれ書くのは,1対1のゲーム,年齢に関係がなくルールに則り相手を負かすところに興味関心がいきます。そうこれに尽きます。

 いつかは敗れるでしょうから,連勝記録なんぞ興味はありません。上位のものを負かす知恵と技,面白いですねえ。真剣勝負の醍醐味を味わうことができます。

 やっと巨人が勝った(翌日,また負けたが)ことを書きました。勝負には勝ち負けはつきものです。精神論だけで勝負に勝てる訳ではありません。経験から体得したものの積み重ねです。

 藤井聡太四段の人生は,まだ始まったばかりです。苦い経験をしながら,将棋界に新風を注いで欲しいものです。彼のおかげで,将棋界が活性化することを願っています。


○ 今日の1枚
Dsc_3608


2017年6月10日 (土)

若手育成

○ やっと連敗にストップがかかりました。「巨人・大鵬・卵焼き」(懐かしい)の世代としては,強さと好みの代表でした。それが球団ワースト記録を作りました。

 卵焼きはハンバーグ?になり,大鵬は白鵬になり,巨人は???その巨人,13連敗と球団の歴史を塗り替える停滞振りです。お客さんは入っているのにねえ。

 一昔前,東京六大学野球で○○大学の歴史的な連敗記録が話題になりました。しかしこちらはプロ野球です。スポーツに記録はつきものですが,これは恥ずかしいです。

 「俺の球を打って見ろ」「どんな球にでも食らいつくぞ」と言った野球の原点?これで即勝てるわけではありませんが,少なくとも気構えは必要でしょう。

 かつて巨人と言えば,誰しも入団したがった所です。人気も高い。セ・リーグの停滞の遠因は,ここにあると思っています。巨人戦の実入りで球団が成り立つ図式です。

 勝つためには,ビッグマネーを使って他球団あるいは海の向こうから有力選手をかき集めてきました。このやり方の結末のいい例が,今の巨人なのかもしれません。

 ”実力のパ”と以前から言われてきたパ・リーグ,オールスターゲームでセ・リーグを負かして鬱憤を晴らしているようでした。お客さんの少ないことも有名でした。

 イチロー・田中・ダルビッシュなど,大リーグに渡ったパ・リーグの選手の活躍,実力のパ・リーグだからこそできたことです。次は大谷?それとも?

 が,今ではパ・リーグの人気と実力は伴ってきました。実力の原因の一つは,選手の育成にあると思います。若手の育成,時間はかかるものの球団の財産です。

 夏の甲子園で全国的に有名なった菊池雄星(花巻東高),鳴り物入りで西部ライオンズに入団,プロの洗礼を浴び,下積み生活が長く続きました。あの苦しみが現在では…。

 彼は確か,高校卒後プロ野球選手になったはずです。現在いくつになったか知りませんが,5年間位は,2軍生活を送っていたはずです。本人の努力+コーチ陣の支えです。

 セ・リーグの力を付けるには,やはり若手の育成でしょう。花形選手もいいですが,先が見えています。先を見て投資をする,この姿勢が見えてくることを望みます。


◇ 恒例の発表
”エアバスの5月の引き渡しは60機(前年同月57機)。受注は59機(83機)。
 引き渡しの内訳は,A320シリーズが46機(前年同月48機),A330シリーズが6機(3機),A350シリーズが5機(3機),A380が3機(3機)。
 受注はA320シリーズが39機(前年同月77機),A330シリーズが0機(0機),A350シリーズが20機(6機),A380が0機(0機)。
 A320は39機中4機がA320neoシリーズで,匿名顧客1社から4機を受注。A350は中国南方航空から20機を受注した。”
”ボーイングの5月の引き渡しは56機(前年同月71機),受注は13機(125機)。
 引き渡しの内訳は,B737が36機(前年同月47機),B747が1機(1機),B767が1機(0機),B777が6機(9機),B787が12機(14機)。
 受注はB737が3機(前年同月124機),B747が0機(0機),B767が0機(0機),B777が0機(1機),B787が10機(0機)。B737は匿名顧客からB737-800を3機受注。B787はすべてB787-9で,カナダのウエストジェットから10機受注した。”

 月ごとの引き渡しと発注,やはり小型機中心の製造・販売ですね。燃料が比較的安価に安定しているためか,航空会社の発注数が増えませんね。

 両社ともに大型機はサッパリです。余程の高需要路線でない限り,燃費の悪い大型機は割が合わないのでしょう。また,座席を80%以上埋めるとなると…。


○ 今日の1枚
Dsc_4672


2017年6月 9日 (金)

公平・公正な世を

○ 新聞各紙を読み比べしていると,同じ記事でも随分ニュアンスの違いを感ずることがあります。特に国内政治に関するものは,違いますね。

 皆さんのCPで http://www.yomiuri.co.jp を入力されてみてください。悪いことをしたのか,私は昨日からつながりません。不思議なことにタブレットはつながります。

 私の”IPアドレス拒否”なんでしょうか,もしもそうならばやることがせこいですね。さてその読売新聞,いろいろなところで叩かれていますね。

 なかには「読売は死んだ」とまで酷評する人も出てくる始末です。「菅官房長官の代弁者」と言うのも目にしました。まさに「政権の提灯持ち」と言わんばかりです。

 アベちゃんが「読売新聞をお読みください」と答弁した頃から,急激に政権寄りの記事(論調)が目立つようになりました。第二の産経新聞になるのでしょうか。

 昨日読売新聞の記事に対して,毎日新聞は
https://mainichi.jp/articles/20170608/k00/00e/040/323000c 説得力があります。

 衆参議院において自・公・維で3分の2を占めます。次々に暴かれる松・加騒動,よくも強気で突っぱねるものです。国民の知る権利は,どこへいったのでしょう。

 この勢いで憲法改正発議をするつもりなんでしょう。国民も舐められたものです。こうなれば,東京都議会議員選挙で(嫌だけど)コイケばあちゃんに頑張ってもらわねば。

 そろそろ肘鉄を喰わす時期ではないでしょうか。悲しいかな替わるべき政党がないのならば,自民党内だけでも総裁を交代させる流れは出てこないでしょうかねえ。公平・公正な世の中を望みたいものです。


○ 基板の交換及びOSの再インストールのおかげで,タブレットは直ったようです。元のように使いやすいように設定するのには,まだまだ時間がかかります。

 まあ電化製品ですから,当たり外れがあるのでしょうね。私は外れ製品を買わされたのですが,クレームで直してもらいました。5年保証を付けています。

 同じく外れなのが,スマホです。Wi-Fiにつながりにくいのです。自宅での使用は,Wi-Fiモードでをモットーに節約志向人間ですから。これは修理に半月以上かかるそうです。

 docomoさん,その間代替え品を貸してくれるのならば…。答えは,否でした。外れをひいた人間(ユーザー)に冷たい会社です。こんなこともありました。

 現在の契約を聞こうとしたら,来店しなければ教えることができない。直接docomoに聞くならば,簡単な確認で教えてもらえます。馬鹿馬鹿しい通達があるようです。

 もう一つの外れ,ホームページビルダー17の欠陥です。Justsystemのすげないことは書きました。以前からユーザーに指摘されている欠陥,なぜ直そうとしないのかしら。

 私,時間はあります。ホームページビルダーを立ち上げ,あれこれ試行錯誤してみました。ありました。できました。サムネイルのやり方を替えたらできました。

 従来のような形式になるかどうかは,まだ試していませんが,とりあえずは一安心です。やはり「努力をしてみるもんだ」と,私でもできることがあるんだとね。ボケ防止になっているかも?


◇ これは驚異的な伸びです
”ピーチ・アビエーションが発表した2017年3月期決算(単体)は,売上高が前期比7.9%増の517億円、純利益は約1.8倍の49億円,いずれも過去最高を更新した。国際線を中心に訪日外国人客の利用増加が続き,旅客収入が好調だった。
 国際線と国内線を合わせた旅客数は前期の約455万人から約513万人に拡大した。新たに就航した関西―上海,羽田―上海線なども収益に貢献した。
 ピーチは今後,仙台空港と新千歳空港も夜間に航空機を待機させる拠点空港にする方針。国内外で路線を拡充し,当面の目標とする旅客数600万人強の早期達成を目指す。”

 フルサービスの親会社も頑張っていますが,子会社も勢いに乗っています。これほどやることなすことが,ことごとく当たるとは思いませんでした。


○ 今日の1枚
Dsc_2303a


 

2017年6月 8日 (木)

梅雨は涙か

◇ UAL/UAのB747-400の成田への運行も,約1週間(14日が最終便と聞いています。)で終わります。UA,クラシック(SPを含む)から塗装が三度替わりました。

 あの凄みのあるグレー塗装,チューリップは小さくなりましたが,健在でした。COとの合併で,面白くない塗装(現塗装)になりました。特別塗装もアライアンスだけ。

 散々悪口を言っても,もうUAのB747の姿は成田から消えます。梅雨に入り,成田へ行く機会は限りなくゼロになりました。またいつもの手を使うしかありません。

 DAL/DLは,夏スケ中は飛ばすようですが,前倒しもあり得る気配です。ヨーロッパからは,KLM/KLが最後でした。成田からB747の姿が…,寂しい限りです。

 B747,A380とは比べものにならない美しさをもっていると(個人的には)思っています。残るは?CAL/CIのみ?KAL/KE,AAR/OZも不定期にしか入ってきません。

 となると,旅客便のB747はこの夏スケで終了,替わってB777の時代となりますか。それともサイズダウンしてA330(本当に多くの航空会社が採用しています。)かな。

 もう一つの4発機,こちらもSAS/SK,SWR/LX,THT/TNとなりました。CPA/CX,CAL/CIからもいなくなりました。予想では,あと1年位したら旅客便の4発機はいなくなる?今年の梅雨は,涙なのかしら。

 ところでスペア・スライドを整理しながら,思い出に残るものをスキャンし,ディジタル化をしています。やはりB747の存在は大きいものがあります。

 写真を撮るならば,やはりB747です。自分が搭乗するならば,B767/B777ですね。A350は知りませんが,A330/A340の室内空間の狭さは好きになれません。

 空港へ行くと,「あー,いつもの」と姿を見るのですが,写真に収めよとするとする人は少ないようです。もったいないですねえ。せめて1コマでも。

 まあこれは,私のようなお上りさんの考えでしょうね。地元の人にとっては,無駄なことかもしれません。先程スライド・スキャンの話をしました。

 1ロールに定期便を順番に撮っていた時代がありました。同じレジを見かけますが,比べてみれば違いがあります。それは私の撮影技術の未熟さもあります。

 それでもどちらを残すか,どうしても比べてしまいます。ささやかな私の楽しみです。これがアクション・ショットとなると,そうはいかないと思います。難しいです。


 ここでデジ一眼の登場となります。気に食わねば消せばいい。しかし,ここでもこだわりが出てしまいます。下手なのに「一発で決めてやろう」と大それたことを…。

 「決まれば残す,決まらねば消す」,トリミングで細工をしない。ここでも決まったとき,一人でニヤニヤしてしまいます。福岡のRW16の上がりなんか,本当に面白いです。

 梅雨に入って,今までのように連続した晴天が望めなくなります。撮れないジレンマ,つまらぬことをあれこれ考えてしまいます。


◇ コミューター機の将来は
”離島路線をはじめ,存続が今後厳しくなるとみられる地方路線を運航する地域航空会社について,監督官庁である国土交通省航空局(JCAB)は,機材の共通化や大手2社をまたぐコードシェアなど,抜本的な見直しの検討を進めている。
 有識者会議の「持続可能な地域航空のあり方に関する研究会」は,地域航空会社の今後のあり方に関する提言の中間とりまとめ案を公表した。日本国内の人口減少や高齢化などにより,需要の先細りにどう対応していくかが,地域航空会社に共通の課題。
 検討対象となっている主な地域航空会社は,ターボプロップ機を運航する5社。日本航空のグループでは,日本エアコミューター(JAC/JC),北海道エアシステム(HAC,NTH/JL),コードシェアを実施している天草エアライン(AHX/MZ),全日本空輸系ではANAウイングス(AKX/EH),コードシェアするオリエンタルエアブリッジ(ORC,NGK)。さらにJALグループの琉球エアコミューター(RAC)。
 地域航空会社では,大手とのコードシェアや,JACと天草エアのように地域航空会社同士で予備機を共用する準備を進めたり,JACが天草エアとHACから整備を受託するなどの取り組みが見られるが,原則としてグループ内の連携にとどまっている。機材数も天草エアラインのように1機しか保有していない会社もあり,将来的に機材数などによるスケールメリットを出すのであれば,機材の共通化などが不可欠というのが,JCABの考え。
 こうした大幅な運航コスト削減,機材整備による欠航を防ぐため,地域航空会社の統合も含めたあらゆる選択肢が,今後の検討課題だとしている。”

 高齢社会,人口減少国,なかでも過疎過密の問題は,地域の政治経済などあらゆる場面で課題を抱えています。特に過疎の中でも離島では,今後さらに深刻な問題に…。

 新幹線網の充実とコミューター機の存在,どちらも地域住民にとっては大切な交通機関となっています(なっていきます)。記事にあるようにコスト削減が最大の課題か。


○ 今日の1枚
Dsc_1588a

2017年6月 7日 (水)

いよいよ梅雨入り?

○ 九州が梅雨入り,どうやらそろそろこちらも梅雨入りのようです。高温多湿,体に一番応える気象条件です。エアコンの除湿機能がありがたい見方です。

 降水+高温,これを好むのが””です。田植えを終えた苗を見ると,根が張りまっすぐ伸びてきています。蛙の鳴き声を聞きながら,稲は育ちます。

Sdsc_0030
 PLフィルターが欲しかったのですが,水田に写る”青空+白い雲”を見ると写真を撮りたくなります。これからグングン成長し,いずれ大きく育った稲ばかりになります。

 そう言えば,”姥捨の棚田”を思い出しました。”田毎の月”を一度見てみたいものです。あれこれ棚田の名所がありますが,これは夜間撮影に挑戦したくなります。

 1時間余りの散歩中,左右をキョロキョロ眺め,庭に植えてある紫陽花にも目がいきました。雨に濡れた紫陽花,開花して時間が経つと色が変わっていきます。

Sdsc_0027
 紫陽花ほど雨に似合う花はないでしょう。いずれ傘を差しながらの散歩をしなければならなくなります。狙いは紫陽花でしょうか。いいですねえ。

 ところで,昨日”10”の大きなアップデートがありました。IEの上に”エッジ”を強制的に表示されています。さてさて不要なものをどうしたら消せるのかなあ。

 まだあります。コントロールパネルを一発で探すことができません。右クリックで簡単に出てきたものを…。これも改悪の例に挙げると思います。

 Microsoftの意向としては,”エッジ”を核としてスポークを伸ばしていきたいのではないでしょうか。私のようにCPの一部分しか使わない者にとっては,いらぬお節介です。

 開発者は,Windows phoneまで拡張していくことを念頭に置いていたと思います。これはものの見事に崩れ去ったことは,ご承知の通りです。


○ 家電量販店,確かに安さをうたい文句にしているお店が多いようです。もちろん安さの裏には,様々なことが隠されていると思います。少なくても大量仕入れはあるでしょう。

 そんな中,どこの家電量販店でも広い売り場を占めているのが,テレビ売り場ではないでしょうか。同じ番組を違ったメーカーで見ると,その違いが面白いです。

 また最近デジ一眼でも動画撮影に力を入れるようになりました。最も進んでいるのは,”4K撮影”ではないでしょうか。これを大画面で見る,いいでしょうね。

 もちろん”4K”が再現できるテレビが必要です。そんなこと当たり前?しかし,メーカーはきちんとそのことを述べなければいけないと思います。

 家電量販店,テレビ売り場では”4Kテレビ”が,最も中心に置かれています。確かにきれいですね。まずもって”粒子の細やかさ”には驚きます。凄い技術です。

 新しい+新技術,これは売りたくなりますよね。が?”4K番組”って”BS”だけじゃないの?そこでこんな興味深い文章が目にとまりました。

”4Kの実用放送を見るには,それに対応した画素数を持つ液晶パネルと画像エンジンを積んでいる4Kテレビが必要。だが市販されている現在の4Kテレビは実用放送に対応したチューナーが搭載されていない。実用放送を見るには,別途チューナーを購入しなければならない。”

 これには正直驚きました。詐欺とは言いませんが,未発売のチューナー,一体何を見るテレビなのかしら。それに見えたとしてもNHK:BSのみの放送ではねえ。

 東京オリンピック前に大々的にキャンペーンが行われるのは,確実なことと思われます。そうなれば”チューナー+BS用のアンテナ”が必要になります。

 例えチューナーを内蔵したものが出てきても,パラボラアンテナは必要です。それともケーブルテレビで有料オプションを申し込むか,またまた余分な出費が…。

 我が家では,地デジ+ハイヴィジョンがせいぜいでしょう。NHKの受信料,数少ないBS視聴者に多大な投資をする,許される事業なんでしょうかねえ。

 前にも書きましたが,資金の潤沢なNHKだからできることです。地デジに切り替えでも民放の経営を圧迫したくらいです。ハイヴィジョン→4K→8K,民放は?


○ 今日の1枚
Dsc_4544


2017年6月 6日 (火)

充実した一日?

○ 先日の検診結果を楽しみ?にしながら,胃カメラ・超音波検査に行ってきました。毎度ながら,喉を通しやすくするための麻酔とショックを和らげる注射,嫌です。

 それでも毎年6月に行っているもので,胃カメラも難なく喉を通り,カメラの先をディスプレイで確かめる余裕?です。なかなか美しいピンク色です。

 検査を終わって検診検査の結果を聞き,ホッとしました。何せ20数年ぶりに引っ掛かる項目はゼロ!日頃の節制が効いていると思います。嬉しいなあ。

 残るは,”物忘れ+歯周病”です。これは難敵です。特に後者は,持ちこたえるのも難しい状態です。いずれは総入れ歯になることでしょう。8020運動は,夢物語ですね。

 一方,昨日またまたトラブル発生です。ホームページビルダーが,編集中に動作をストップし,プログラム終了となってしまう症状です。

 JUSTSYSTEMに電話をしたところ,「Ver.17はサポート終了製品です。」だって。極端な話,3年経ったら新しいソフトを購入せよということなのかしら。

 こうなれば無料ホームページ作成ソフトに切り替えようと思います。一体この会社,ソフトのサポートをどうとらえているのでしょうねえ。

 先日も「いいものを長く」と書きましたが,ホームページビルダーは当てはまらないようです。それともWindows10との相性が悪いのでしょうか。

 長年コンピュータを使ってきておりますが,こんなにトラブルが頻発しませんでした。カタログ上の性能を競うより,根本的なところに熱を入れて欲しいものです。


○ やっとタブレットが戻ってきました。が,あまりにタイミングが悪かった。PCもそうですが,Windowsのアップデートに重なり,多大な時間を要しました。

 自分が使いやすいようにWindowsを設定する前に疲れました。”10”になって,私には関係がないような更新ばかり。最も更新の詳細は分かりませんが,ますます…。

 それでもウィルスバスターをインストール(マカフィーの体験版が入っていますが,私には…),これまた思い出しながらやりました。少しは力が付いてきた???

 そもそも横着な性格で,分かりもしないのに突き進んでいくタイプです。そして皆さんもそうだと思いますが,一体いくつID/Pが必要なんでしょうね。

 「ID/Pを使い回ししないで欲しい」と言われても(これも最もな話なんですが),やはりメモ用紙が必要になります。ID/P管理ソフトも試してみましたが…。

 結局便利なように見えますが,やっかいです。そこでID/Pの後ろに数字(00~)を付けるようにしました。これ,案外楽になりますよ。


○ 私は,B-29が飛行している姿をフィルムでしか見たことがありません。特にニックネーム”エノラ・ゲイ”に至っては,広島に原子爆弾を落としたB-29です。

 アメリカの某博物館では,その”エノラ・ゲイ”を屋内展示してあります。この機体を整備し,飛行展示をしてみたら…。何せ歴史を作った飛行機ですから。

 これをクラシック機の飛行展示と見るか,忌まわしい思い出を振り返らせると見るか,これは賛否両論あると思います。二度と原爆・水爆を搭載しない平和への伝道師?

 「エノラ・ゲイ,○○年振りに広島の空に…」とマスコミは,はやし立てるのかしら?それとも抗議文・デモでもするのかしら。「日本人の感情を逆なでしている」とか。

 「ゼロ戦はよくてB-29はいけない」と考えるならば,その理由を考えてみたらいいと思います。ゼロ戦だってB-29だって,どちらも戦いに勝つために作られた軍用機です。

 お互いに撃ち落としたり撃ち落とされたり,尊い人命が失われています。人命を損なわない兵器なんてありません。ゼロ戦を賛美する方,エノラ・ゲイを賛美しないのかしら。

 そうでなければ「70年振りに東京湾にゼロ戦が飛ぶ」と,美化してもいいのかしら?これに反対運動はなかったのかしら?どうも腑に落ちないことばかりです。

 また,私が自衛隊を認めるのは,専守防衛の範囲内です。領土・領海・領空を守ってくれている自衛隊です。日米同盟による米軍の働きしかり。

(参考までにアメリカ国内では,エノラ・ゲイの投下した原子爆弾を「戦争の早期終了させるために仕方がなかった。」と考える人も数多くいるそうです。)


○ 今日の1枚
Dsc_6167


2017年6月 5日 (月)

人様に迷惑をかけないように

○ 皆さんは,どう思われますか?
 一つ目は,アルコールを手にして深夜親しい友と語り合う。実に美しい光景でしょう。これが庭先でやったら?アルコールが入っていると,自然に大きな声になります。

 二つ目は,24時間営業のコンビニの駐車場でのアイドリング・カーステレオの音のことです。暑い日の夜,エアコンを入れれば快適に過ごせますね。そこに好きな音楽…。

 三つ目は,食事中の隣人の痰を吐く音。家での中では痰を吐けませんから,玄関を出てやります。ウサギ小屋の並び,その音は筒抜けです。

 私とて「人様に迷惑をかけたことがない」と言えば,それは嘘です。本人が意識している意識していないに関わらず,思わずやってしまうことだってあります。

 上に書いた三つの例を出すまでもなく,人様に迷惑をかけていることだってあります。問題は,それを指摘されたときの心の広さです。逆ギレ,話になりません。

 自分(達)が意識しないところで人様に迷惑をかけている,それを指摘されたら素直に己の恥ずかしい行為を直す…こういった心の広さが求められます。

 いつしか隣人との付き合いが希薄になり,侘しい人生を送ったり,最悪孤独死に至る。プラスマイナスはありますが,隣人とのお付き合いは大切ですよね。


◇ 新しい商売のやり方
”日本政策投資銀行と三井住友銀行は,保険との組み合わせで航空会社の航空機購入に融資しやすくする世界初の仕組みを取り入れる。航空会社が融資を返済できなくなると銀行には保険金が支払われる。航空機の調達には1機で多額な費用がかかり,融資に適した格付けを持つ企業も限られる。銀行のリスクを軽くし,航空会社に必要な資金を回しやすくする。両行はこのほど,第1号として大韓航空と2機分の融資契約を締結。B787の購入資金として数百億円を融資する。期間は12年。融資にあたり独アリアンツや英領バミューダが本拠のアクシスなど4社と保険契約を結んだ。
 保険料は航空会社の信用力に応じて決め,破綻や資金繰りの悪化で返済が滞ると銀行に保険金が払われる。銀行側は元利金不払いの肩代わりで不良債権化を防ぐ。
 航空業界は世界的な景気変動や感染症,テロの影響を受けやすい。5月にアリタリア航空が自主再建を断念するなど経営は不安定な面がある。世界で700~800ある航空会社のうち,融資適格の信用格付けを持つのは10社程度にとどまるとの厳しい見方もある。
 一方,新興国中心に航空需要は伸びると期待されている。格安航空会社の成長で,機体数は今後20年で倍増し,4兆5千億ドル程度の資金が必要になるとされる。ボーイングは航空機ファイナンスの市場規模を約13兆円と推計する。
 今回の手法で融資先の信用を補完できれば,利用が広がる可能性がある。両行はまず国内外の航空業界の資金ニーズ掘り起こしを急ぐ。”

 欧米のガリバーとて政治・経済の動向に経営を大きく揺さぶられる航空会社,製造業の企業と比べれば,利益幅は狭い。肝心の新造飛行機は,1機数百億円もします。

 今後新造飛行機への需要数は高まるものの,その元手は?これまでは,リース会社が航空会社の高い需要を満たしてきました。そこに新たなやり方を考えたのが,これです。

 経営が傾き始めたら,返済できず立ち往生です。確かにプラス保険料は,余分な出費です。が,世の中様々な保険があります。負債を保険金で支払う,安心感をもてます。

 経営陣の甘い考え・強欲に経営が傾く例は,古今東西数え切れないほどあります。その中には航空会社も(当然)含まれています。リスクを避ける必要があります。


○ 今日の1枚
Dsc_3379


2017年6月 4日 (日)

またか!

○ 長野県で起きた教師の暴力事件,生徒どころか保護者にまで…。開いた口がふさがりません。が,これに似て「またか!」と言う事件が起きました。

 愛知県警,何と3人の警察官が容疑者に内部情報を漏らしていたと言います。裁判官・警察官=法の番人ではなかったのか,またやりました。

 これは明らかに地方公務員法(守秘義務)にふれるもの,仲間の捜査を妨害するものであり,厳罰に処することを願います。また,自主的に警察官を辞めるべきであろう。

 テレビ番組,昔の刑事ものは安月給ながら「武士は食わねど高楊枝」のイメージがありました。己の職務を一生懸命果たそうという姿,これでしたよね。

 最近の刑事もの,何もかもが美しすぎます。相棒なるもの最たるもの,コミカルさすら感じます。まあテレビ番組ですから,最後は一件落着が筋ですからね。

 最近やたらと””にまつわる事件が起こっています。空港で漁港で,密輸して利ざやを稼ごうというものです。多くが半島から流れてきているようです。

 因縁を付けて島を仏像をもっていったかと思っていたら,思わぬものを持ち込んでくれます。浅はかな考えながら,国交断絶してもいいような感じすら…。


○ これまた驚くことが
”厚生労働省が発表した人口動態統計によると,2016年に生まれた子どもの数(出生数)は97万6979人,1899年に統計をとり始めて以来はじめて100万人を割り込んだ。人口統計を取り始めたのは日清戦争と日露戦争の間にあたる1899年。この年の出生数は138万6981人。出生数のピークは1949年の269万6638人。団塊の世代が生まれた第1次ベビーブームの時期にあたる。16年の出生数はこの年に比べると3分の1近くにまで減った。
 16年の出生数は前年比では2万8698人減,05年に4万8191人減となって以来の大きな減少幅。
 16年は1人の女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)が1.44となり,前年を0.01ポイント下回った。前年を下回ったのは2年ぶり。出生率は05年の1.26を底に上がってきたが,14年以降は1年ごとに低下と上昇を繰り返している。16年の出生率は幅広い年代で低下。30~34歳の出生率が11年ぶりに低下。20歳代の出生率が低迷を続ける中,30歳以上の世代の出生率回復が全体の底上げにつながっていた。
 都道府県別に見た出生率は最高が沖縄県の1.95,最低は東京都の1.24。女性が第1子を産む年齢は30.7歳,過去最高だった前年と同じだった。16年の婚姻件数は前年より1万4633組少ない62万523組,戦後最少。初婚年齢の平均は男性が31.1歳,女性が29.4歳。初婚年齢が上がる「晩婚化」のペースは和らいでいるが,結婚をしない「生涯未婚」を選ぶ人も増えている。離婚件数は9410組減の21万6805組。
 高齢化の進展により,年間の死亡数は130万人台に乗った。前年比1万7321人増の130万7765人。出生数と死亡数の差はマイナス33万786人。10年連続の自然減。”

 日本の人口減,昨日も書きましたが将来を見ることができます。65歳以上の高齢者の比率は,歳とともに高まっていきます。その対応を政争の道具にしてはいけません。

 先を見る目が確かなものであったならば,高齢社会への対応や福祉に対する考え方が,もっともっと早い段階で手を付けていたはずです。

 北欧ほどではないにしても消費税は,15%程は必要と思っています。苦しいが家計をやりくりし,消費に対する考え方を改め,生きていくしか道はないのでは?

 カルロス・ゴーンに年間10億円を支払う日産を例に出すまでもなく,ますます貧富の差が広がってきています。自分を平均的日本人と思っていると…。

 日本の経済を牽引している企業が,新製品の開発に対する熱意の何分の一でもいいから,アフターサービスに力を注いで欲しい。いいものを長く使うライフサイクルを。


○ 余談ながら
 ペーパードリップをして珈琲を飲んでいます。漉し終わったものですが,以前はゴミ箱に捨てていました。が,知人より「猫よけに欲しい」と言われ,せっせと貯めていました。

 それが終わって,漉し終わったものを再生する方法をネットで検索しました。ありますねえ。そのままにして使う方法と乾燥させて使う方法に大別できます。

 そのまま小皿に移せば,トイレ(タバコ)の匂い消しとして使えます。活性炭と同じ働きをするわけです。早速トイレに置くようにしました。

 ある程度貯まったら,新聞紙に広げ乾燥させます。ガーゼにくるめば冷蔵庫の消臭剤,花壇やプランターに蒔けば,肥料・猫よけ・虫除けに役立ちます。

 捨てれば単なるゴミ,使い方によっては役立つドリップ後の珈琲豆のかす,これも年金生活者の一つの実践なり。こうした雑学をもっと学びたいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_3317


2017年6月 3日 (土)

課題の先送り

○ 新聞の折り込みチラシにユニクロのものが…。Tシャツと靴下を欲しいと思っていた所です。ウォーキングには,木綿の靴下やTシャツが最適です。

 もちろんユニクロには,どちらもより高級なものがあります。が,まあ長く使えるものでなし,特に靴下は消耗品です。早速ユニクロに行ってきました。

 Tシャツ,企業広告の入ったものがずらりと並んでいました。そんな中に…。YEBISを見付けました。ニタニタしながら,これにしよっと。靴下は,以前のものの改良版。

 お店であれこれ悩むのは,私の買い方ではありません。即決です。道は二本あっても選べるのは一本です。両方買うという気持ちは,私にはありません。余裕なし。

 こういった買い物の仕方,やはり定年後定着したようです。現役の頃ならば,後悔しないように両方買っていたかもしれません。年金生活が,徐々に定着してきたのか。

 ところでこの年金生活,年金を意識し始めた頃から,徐々におかしな制度に代わってきました。物価スライドにせよ,高齢社会に向けての年金の在り方を間違えてきました。

 理由は簡単です。消費税と同じです。政争の結果,課題を先送りし続けてきたためです。票のためならば,後の世のことなんか…。悲しいかなこれが日本の実態です。

 増え続ける高齢者,これは人口ピラミッドを見るまでもなく,20年以上前から分かっていることでした。その場その場をなんとかやりくりするやり方に終わってきました。

 勤労者の納める税金だって,一人にのしかかる税の高額なこと,それでいて自分達が高齢者になった頃…。医療費しかり。やはり辛くても早く消費税を引き上げねば。

 ところがアベちゃん,改憲のための数集めのためには,またまた引き延ばし票を得ようと甘い言葉を…。例え憎まれても将来を憂う気持ちはないようです。


○ くだらないカタログ上の数字
”自動車のカタログに記載される燃費の表示が変わる。政府が2018年10月以降に発売される新型車から国際的な試験法を導入する。消費者は実態により近い数値を参考に車を比較できる。
 燃費は現在,日本独自の試験法に基づく一つの数値だけを表示している。現行方式は理想値に近い。実際に走らせたときの燃費は,アクセルの踏み方などで差が出るため,一般にカタログの数値を2~3割下回る。新方式は「市街地」「郊外」「高速道路」を走行する場合を想定した三つの数値と,これらを組み合わせた総合値の四つの表示を義務付ける。国連が14年に定めた国際基準にのっとった。実力に近くなることから,カタログ上の燃費は現在より悪くなる。”

 ○菱や○ズキの不正燃費が話題になっても,いつしか時がことの重大性を忘れさせてくれる。カタログ上の燃費,誰が運転しているの?どこを走っているの?など不思議。

 カタログ上の燃費(数字)で一喜一憂しているようでは,少々情けないですね。アイドリングストップ機構,1リットル(約120円)を生み出すのにどれだけ走るの?

 アイドリングストップ車のバッテリー,どれだけ高価なのかセールスマンは教えてくれる?カタログ上?お上への努力結果?結局,消費者が馬鹿を見ています。

 確かに燃料消費は少なくなりますが,そのために消費者は余分な出費を…。ハイブリット車,その差額を取り戻すのにどれだけ走らねばならないのか,消費者をだましている?

 トヨタVITZで比較すると約30万円以上ハイブリットは高価です。リッター当たり8kmの差…これも眉唾物の数字,差額をゼロにするには…。馬鹿らしい位走らねば…。


◇ 青組の美点の一つ
”全日空の名古屋-旭川線が,就航二十五周年を迎え,中部国際空港で記念セレモニーが開かれた。1992年,名古屋空港(現・県営名古屋空港)発着で就航開始。中部国際空港が開港した2005年2月以降は中部発着になった。就航以来,一日一往復。”

 ローカル路線,しかも観光路線を長年維持していくことは,大変な努力が要ると思います。地道にコツコツと,青組の美点の一つだと思っています。

 我が国には,このような地道な努力を積み重ねる航空会社は他にはありません。参入→撤退は,よく聞きます。地方自治体の補助金は出ていないと思います。

 私はその他の路線は知りませんが,恐らく日本のローカル路線の中には,もっと息の長い路線があるように思えます。利益追求を第一に考えたら,とても25年もったかな?

 お上の顔を立てながらも,真っ先にMRJを発注したのも青組でした。五度の開発遅れにしびれを切らしながらも,じっと我慢の子の青組です。


○ 今日の1枚
Dsc_3567


2017年6月 2日 (金)

正義はどこへ

○ 日本のテレビ番組の中には,実に長寿なものがいくつかあります。その中の一つに”水戸黄門(光圀)”があります。毎度話は単純そのもの,それでも人気があります(た)。

 日本人の多くが,正義を重んじ悪を憎む心をもっているのでしょうか。実話とはほど遠い話でありながら,息の長い番組で,再(再?再再?)放送されています。

 話を国会に転ずれば,一体どちらが正直なのか隠し事をしているのか,分からない状態です。マスコミも新情報を得ようと必死の毎日だと思います。

 二つの学園騒動,それでも内閣は高支持率だと伝えています。どちらも自分の都合のいいことばかり申し立て,不利となれば貝のごとく殻に閉じこもっています。

 今の国会には,国民の知る権利がないがしろになっていると思います。自公+維でもって圧倒的多数を占めているからでしょうか。誰がこうした状態を期待したのでしょう。

 期待される野党,中でも民進党のふがいなさ,目に余るものがあります。信頼の置けない政党ですが,野党第一党の責務をどう果たすつもりでしょう。

 正義が失われ,政治に無関心なことをいいことにやりたい放題,この先が思いやられます。政権をもち得る能力,取って代わる政党がないのも悲しいものです。


○ 安い裏には
”アマゾンジャパンは,通販サイトの出品者に競合サイトと同等の価格・品ぞろえを保証させる契約を結んでいたが,この契約条件の撤回を出品者に周知する。公取委は撤回の周知が確認でき次第,審査を終了する。公取委は昨年8月,同社サイトが有利になるよう取引条件を求めたとして,同法違反の疑いで同社を立ち入り検査していた。
 公取委によると,アマゾンジャパンは同社サイト上に書籍や美容製品などを出品できるマーケットプレイスの事業者数十万者(社)に対して,競合サイトよりも安く,豊富な品ぞろえを約束させる最恵待遇(MFN)条項とよばれる契約を,遅くても2012年以降に結んでいた。立ち入り検査後,同社はMFN条項を撤回,新規契約にも盛り込まないことを公取委に申し出た。公取委は改善策を受け入れ,審査を終了。同社は今後3年間,公取委に改善状況を書面で年1回報告する。
 独占禁止法は事業者に対し,取引相手の事業活動を不当に拘束する取引条件を,不公正な取引方法の一つである「拘束条件付き取引」として禁止。MFN条項自体は独禁法違反ではないが,公取委は,アマゾンジャパンが,優位な立場を利用して,MFN条項で常に最も有利な取引を続ければ,競合サイトの新規参入を妨げたり,競争をゆがめたりする恐れがあるとして,同法違反の疑いで審査していた。公取委によると,同社は,事業者の競合サイトでの出品状況や価格を定期的にサンプル調査し,自社サイトと比較。MFN条項違反があれば,出品者にメールや面談で同条項の順守を求めていた。”

 力のあるものが,圧力をかけながらますます肥大化していく,ここにも正義はない。法に触れるかギリギリの線での攻防,ひとまず落ち着くのでは?

 アマゾンと言えば,ヤマト運輸に対しても随分強気な交渉をしてきたと言われています。高額な商品以外,ヤマト運輸も佐川急便のように撤退すればいいのに…。

 ものは増えても利益が薄い,太っていくのはアマゾンジャパンだけ。アマゾンも自前の配達業者部門を作るべきでしょう。値上げ?それは仕方のないことです。

 ヤマト運輸の料金改定で異議を唱える人が少なかった,やはり配達業務に携わる人達の労働権に国民が理解を示したと言うことです。

 安い裏にある業者泣かせの行為,消費者の立場に立った公正な取引,公正取引委員会の正義を指示します。くれぐれも再び違反のないよう目を光らせてもらいたいものです。


◇ エンジンは一足お先に
”三菱重工業と三菱航空機,プラット・アンド・ホイットニーは,開発中のMRJが搭載するPW1200Gが,FAA(米国連邦航空局)の型式証明を取得したと発表。
 MRJは,PW製のギヤード・ターボファン・エンジンPurePower PW1200Gを採用。推力は1万7000ポンド。PW1200Gは,現行のリージョナル機と比べて機体の運航コストを10-20%抑え,排出ガスを最新基準に対して50%低減できる。
 FAAが定める型式証明の要件クリアに向け,15種類以上にのぼるシステムレベルの基幹試験に成功。これらの試験を通して,性能や耐圧,耐荷重,耐久性,排出ガス,騒音,鳥衝突,ファンブレードコンテインメントといった項目について,型式証明取得に必要なデータを得た。開発,証明作業,飛行試験を通じたエンジンの総運転時間・サイクルは6000時間,1万5000サイクルに達している。
 今回FAAから取得したのは,エンジン単体の安全性を証明する型式証明。今後は量産機納入の半年前にあたる,2020年初頭までに機体の型式証明取得を目指す。”


○ 今日の1枚
Dsc_3412


2017年6月 1日 (木)

早く返ってこないかな

○ また新しい月が始まりました。光陰矢のごとし,意味のない日々を過ごしていても,時は確実に過ぎ去っていきます。もう背伸びはいたしません。

 5月22日にタブレットを修理に出しましたことは,先週書きました。その後一体どうなっているのか不安が…。昨日お店からASUSからの伝言がありました。

 何でもタブレットの心臓部:基板をそっくり交換するそうです。電化製品もご多分に漏れず,当たり外れがあります。やっぱり私は外れくじを引いたようです。

 充電できない,画面がちらつく,インターネットが不安定等々,挙げていくといくつかの問題点をもっています。今回の修理で全てが解決することを願っています。

 タブレットがないと,石仏探訪時に情報がつかめません。資料は全てタブレット内にあります。返却されない限り,上州には行けません。踏んだり蹴ったりです。

 場所情報がなければ,無駄な時間を過ごすだけです。群馬県地図だけでは,当たらずとも遠からず状態,自動車を止めて探したり聞き込みをしたりしなくてはなりません。

 ナビで大まかな場所を探し出し,タブレット内の情報で絞り込んでいきます。タブレットがない頃は,本当に苦労したものです。最もあっても苦労しますがね。

 だいたい1日の探索で充電ランプが点灯します。翌日に備えて充電する必要があります。2日間くらい長持ちするバッテリーならば,もっと好都合ですが…。


○ またまた散歩をしていて気付いたこと。これは上州でも至る所で見ることができました。一昔前,セイタカアワダチソウが話題になりました。覚えてみえますか。

 いわゆる”外来種”です。近頃は,セイタカアワダチソウの姿も少なくなりましたが,それでもしぶとく生き残っています。在来種を駆逐するものです。

 そしてこの世の春を謳歌しているのが,”オオキンゲイギク”です。黄色い花で,至る所で見ることができます。これも外来種です。現在栽培が禁止されています。

 カワラナデシコなどの在来種に悪影響を与える恐れが指摘され,2006年に外来生物法に基づき特定外来生物として栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止されました。 

 近所の庭にもなんとオオキンゲイギクを植えている方が…。外来種,日本の自然体系を崩すものがあります。オオキンゲイギクは繁殖力が非常に強いのです。


 

◇ 零戦
”旧日本軍の主力戦闘機「零戦」が東京湾上空へ帰ってくる。6月3~4日に幕張海浜公園で開かれる「レッドブル・エアレース千葉2017」でのデモ飛行を前に,準備を始めた。日本人が所有する零戦を日本人が操縦して飛ぶのは,終戦後72年で初めて。
 零式艦上戦闘機(零戦)二二型は,太平洋戦争中の1942年に製造された機体で,「第3858号」という機体番号。全長が約9m,最高時速は約540km。1970年代にパプアニューギニアで見つかり,米国人コレクターが取得して修理。日本人オーナーが約3億5000万円で買い取り,日本で飛行する準備を重ねてきた。
 零戦は製造工程でねじ1本まで徹底した軽量化にこだわった。航続距離が長いうえに戦闘能力も高く,連合国軍パイロットから「ゼロファイター」と恐れられた戦中の日本を代表する小型戦闘機。
 世界に4機(レプリカ除く)あるとされる不時着した機体を回収・修理した機体のうちでも,実際に飛行可能な機体は少ない。同機も計38万時間に及ぶ修理作業の末にようやく飛行が可能になった。当初搭載していた中島飛行機製のエンジンは使用できる状態ではなく,新たにプラット・アンド・ホイットニー社のエンジンを積み直した。
 私財も投じて「零戦里帰りプロジェクト」を進めてきた唐木芳典氏は「世界最高の技術水準で作り上げた零戦を動態のまま保存して残したかった」と話す。維持コストは毎年数千万円に達するため,趣旨に賛同する個人らに資金提供を呼びかけている。”

 零戦,小さい頃第2次世界大戦で活躍した飛行機です。別に戦争を美化するつもりはありません。小さい頃,プラモデル作りに夢中になっていた飛行機です。

 記事にもあるように零戦の飛行能力は,相当恐れられていたようです。それだけ飛行機の製造技術が高かった証明です。それだけにGHQは,飛行機の製造中止を命じました。

 戦後やっと国産機が…。そうYS11が生まれるまでは。この飛行機の製造も長いブランクの末,悪戦苦闘の末にできあがったものです。商業的には…。

 戦争を知らない私たちの世代,いや日本の人口の何分の一が戦争を体験しているのか,零戦飛行をどうとらえていいのか,私には判断が難しいです。

 戦争は多くの人達の人生を変えました。零戦,この飛行機でも多くの人命を奪っています。デモ飛行を観戦される人達は,どう思われるのか聞きたいものです。


○ 今日の1枚
Dsc_3464


« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »