2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« トランプ大統領次第? | トップページ | 疲労困憊 »

2017年5月 1日 (月)

乗客を選ぶ

○ これも散歩の途中のお話。見通しの悪い左カーブに1台の軽自動車が止まっていました。ハザードランプをつけず,横まで来てのぞいたら,高齢者が電話中です。

 まずは,車をなぜ見通しの悪いカーブに止めるのか。電話をするならば,路肩に余裕があり,見通しの良いところに止めないのか,不思議に思いました。

 人のことは言えません。私も思い込みの強い人間です。知らず知らず人様に迷惑をかけているかもしれません。いつも自戒の念をもつようにしたいものです。

 今後,日本の社会は高齢者の占める割合がどんどん高くなります。運転免許証更新に関して,いろいろな制約を設けるようになりました。まだまだ不十分のようです。

 それにしても気温の上昇が,数週間前とは違って,一気に上がってきました。冷えた麦茶が美味しい季節になりました。麦茶って,どうしてあんなに美味しいのでしょうね。

 聞くところに寄れば,麦茶愛飲家が増えてきたそうです。ペットボトルの麦茶,もう夏の風物詩:飲み物ではなくなってきました。年間を通じて売れているそうです。

 恐らく麦茶の効用をテレビで放映されたからでは?それでもどこの家庭でも暑くなると,麦茶を作られると思います。後味さっぱり,あの独特の香ばしい香り,好きです。

 珈琲や紅茶の消費も増えてきていますが,やっぱり日本人だったらお茶ですよね。それだけに商品開発に余念のないメーカー,良い意味での競争原理が働いていると思います。


◇ 先日(28日)赤組の2017-2020年中期計画について書きました。3月末で"8.10ペーパー”は効力がなくなりました。それだけに大きな期待をもった人も多かったのでは?

 大方の期待をよそ目に出てきた計画は,機材更新に関しても慎重でした。B777からA350への順次移行,なかでも国内線用のものを先に更新するというものでした。

 しばらくこのことを考えて来ていましたが,やはり経営の方針が変わったからでしょうね。量より質への転換,利益重視の経営方針を貫くと言うことでしょうね。

 再建中,税の優遇措置の効力で純利益は,毎年10%以上を確保してきました。航空会社の経営としては,素晴らしい結果を出し続けてきました。

 また内部の利益余剰金は,青組の倍以上というものだそうです。これを機体内部のものへ,さらに上級クラス対象のラウンジへと投資をしてきています。

 つまり赤組を選んでいただく,さらにその中でも上級クラスを大切にすると言うことです。乗客の選別をし,価格だけならばLCCに流れても仕方がないと言うことです。

 高い収益性を維持していくため,LCCとは,あるいはライヴァルとは一線を引く経営をしていくと言うことです。IT投資やAI分野に先行投資は,その為に行うと言うことです。

 内向きな経営というか,10%以上の利益を確保するためには,どのような経営が適切なのかを検討した結果だと思います。選ばれた人に愛される航空会社になるのでしょう。

 ここまで書くと,青組とは対照的なことがよく分かります。青組グループとして,LCCのVNLどころかAPJも完全に子会社化し,総力戦にもっていくつもりです。

 当然国際線においても新規路線開拓には熱心です。アジア・中東へも新たな路線開拓があるのかもしれません。新規導入機材も活発です。実に面白い競争ですね。


○ 今日の1枚
Dsc_2887a


« トランプ大統領次第? | トップページ | 疲労困憊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70428772

この記事へのトラックバック一覧です: 乗客を選ぶ:

« トランプ大統領次第? | トップページ | 疲労困憊 »