2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« 乗客を選ぶ | トップページ | 自分で作る »

2017年5月 2日 (火)

疲労困憊

○ 先日,私事で(久し振りに)力仕事をしました。腰は痛い,握力はなくなっている,足も重いと三悪状態です。散歩も平坦な道,時間も1時間を切る距離です。

 足腰の衰えを感じていますが,本当に数日しんどかったです。握力がなく,鉛筆すらもてませんでした。写仏もできません。本を読むことに専念していました。

 これも先日書いたことですが,電話によるトラブル,顔を見ていないために相手の表情がつかめません。また,言葉の取り違えもザラにあり,トラブルを増長させます。

 この顔を見てということは,相手の目を見ることだと思います。余程の芸達者でなければ,目は心情を表出させるものです。ですから相手の目を観察することです。

 余程のことがない限り,相手の目が見えない時があります。一つ例を挙げると,自動車の運転時です。狭い個室に閉じ籠もり,たった一人で運転している時です。

 よく言われることですが,「ハンドルをもつと人が変わる」と。対向車の相手の目は見えません。横を走っている車の運転手の目も見ることは,難しいです。

 自動車を運転している時には,周りの人の目が見えないと言うことです。それがなんだ?それは,多くの場合自己本位の運転になる傾向が強くなると言うこと。

 トンネル内を無灯火で,朝夕の暗い内の無灯火で,ウィンカーを出さないでの進路変更,果ては信号のない交差点での我が儘な走行…。迷惑行為が分からないのです。

 これが隣に家族や知人が同乗していると,途端に運転が変わってきます。他人の目を気にするからです。別に会話がなくとも,同乗者の視線が気になるものです。


 また,話が大きく変わります。散歩をしていると,いろいろなことを観察しています。(例え名前が分からなくても)綺麗な花ならば,ちょっと写真を撮っておこうとね。

 庭木の気になる一つです。その部類に入ると思いますが,生け垣も気になります。帰宅して我が家の生け垣を見ると…。カイズカイブキが,歩道に膨らんでいます。

 一昨日・昨日と二日間かけて,生け垣の剪定を行いました。以前ならば,一日の作業工程でしたが,疲れもありますが体力がもちません。集中力も…。

 大きな燃えるゴミ袋を9袋使いました。しっかりと密集していると見た目はいいです。が,どうも防犯上好ましくないので,ところどころ穴を作りました。不細工です。

 本来ならば,条法50cm程切りたいのですが,この木はとっても堅いんです。生木切りのこぎりでは,作業ははかどりません。チェンソーならば…。

 しかし,仮に全部やったら,燃えないゴミに出すには,さらに細かく切り刻まねばなりません。そこまでやる気力も体力もありません。私には無理なことです。

 これで次回の生け垣の剪定は,軽くて済みます。年3回位を目安にやっていきたいものです。しかし,やはり助手が欲しいですねえ。誰も手伝いませんからねえ。


◇ 実現するか?
 結論,青組のB787-8が一番可能性があると思っています。ニューギニア航空,成田に週2便あったような気がします。一度ディレイしてRW34LでB767を撮った記憶があります。

 が,どういう訳か夜降りの夜上がり,手も足もでません。夜景写真は,全くお好みではありませんからね。やはりお日様の光の下で撮りたいです。

”国土交通省航空局は,パプアニューギニアの航空当局とオープンスカイなどについて合意したと発表。両国の航空各社が,羽田以外の空港に自由に乗り入れることができる。日本とパプアニューギニアの航空協定は1997年3月10日に署名し,同年6月27日に発効。
 日本側は羽田以外の首都圏空港を含むすべての空港で,パプアニューギニア側はすべての空港で路線を設定できる。旅客や荷物を積み込み,第三国へ積みおろすなど,以遠地点への輸送も相互に自由化する。両国の国内線もコードシェアの枠組みを拡大することでも合意。また,ミクロネシア連邦を経由して,双方に乗り入れる路線も設定できるようにした。”

 もう一つ気になるのは,フィジーです。これも過去楽しい想い出があります。B747/B767/B737を撮りました。ニューギニア航空同様なスケでして,降りをかろうじて…。

 そうそうBラン降りで,例の場所(今は誘導路の一部)で手抜き塗装のB767を…。ニューギニアもフィジーも観光客主体の路線です。やはり中・大型機は埋まらない?


○ 今日の1枚
Img408a


« 乗客を選ぶ | トップページ | 自分で作る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70441129

この記事へのトラックバック一覧です: 疲労困憊:

« 乗客を選ぶ | トップページ | 自分で作る »